~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんにち..
by hototo-gisu at 22:51
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:33
お久です 此処に書くこと..
by ちゃぼ at 13:16
あいちゃんの動画で和ませ..
by kai at 10:43
>鮎猫さん こんばんは..
by hototo-gisu at 21:15

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

仁科川に行ってきました☆\(⌒▽⌒)/

5月8日(土)
本日ようやく、念願だった「仁科川釣行」が実現しました。
仁科川の評判の良さは、いろいろな人から聞かされていたのですが、根っからの静岡県人である某◯ちゃんが、「伊豆の道は混む」…とかなんとかで、なかなか行けずに至っていたのです。
そこに「多摩川山女魚道」のMURAKAMIさんからお声が掛かり、ニコパさんもご一緒するということになりました。

狩野川中流域のコンピニで待ち合わせし、MURAKAMIさんの先導で3台連なって、いざ仁科川へ〜♪

約一時間ほどで、「民宿 辻道」に着いたのですが、車を下り、目の前の仁科川に目をやったMURAKAMIさんとニコパさんの顔色が曇りました。
「水が少ないなぁ・・・。」と心配そうなのです。
へぇ〜っ?そうなんですか? 興津川を見慣れているワタシ達には、とっても良い水量に見えるんですけど…。
日券を購入して、最初のポイントに向かいました。

すると・・・。

川を見るなり、車をUターンさせたMURAKAMIさん・・・。
「あそこを釣ろうと思っていたんですよ。「堰堤フェチ」のお二人にピッタリの深い落ち込みがあったのですが…。」

その言葉に、川を見てみると、なんと、テトラポッドが川に山積みに…。その不自然さといったら、ハンパじゃありません。
誰が見ても「異様な光景」にしか見えないと思う…。
さっき「辻道」の方が、「あちこち工事が入って…」と暗い顔でおっしゃっていたのは、このことかな…? 

ショックが隠せないMURAKAMIさんでしたが、次のポイントに向かいました。
車をとめて川をのぞくと、そこには深みをたたえた美しい堰堤がありました。
a0056140_16145860.jpg
さっそく川に下りて、堰堤に向かいましたが、途中にも深みのある落ち込みがあって、どこもワクワクするポイントだらけです☆
a0056140_16175755.jpg
MURAKAMIさんが、詳しくポイントの説明をして下さいました。
すすめられるまま、一級ポイントから釣らせて頂くことにしました。
a0056140_16304392.jpg
皆が竿を出していないのに釣らせてもらえるなんて、ちょっと緊張します。
でも、早くも一投目で大きなアタリがありました・・・・っが、ちょうど流木が2本邪魔をして、合わせ損ねてしまいました(泣)
その後もアタリが頻繁にあるのですが、なかなかハリに乗りません。合わせが早過ぎても遅過ぎても合わず、ようやく15センチぐらいのが一匹釣れました!

ちなみに・・・「堰堤フェチ」なのは、ワタシじゃなくて、Takeちゃんが大御所なのです。
これからはTakeちゃんのことを「堰堤大魔王」と呼んで下さい!(爆)
さっきまで写真を撮っていたTakeちゃんは、ワタシの隣に陣取るやいなや、こんなん釣っちゃいました〜!
a0056140_16413192.jpg
「堰堤大魔王」おそるべし〜〜〜( ̄  ̄メ)

その後、ニコパさんのところに行くと、なにやら大物を3匹もバラしたそうな…!Σ(◎o◎;)
a0056140_164644.jpg
ニコパさん、今日は大の苦手の「ミミズ」を、勇気を振り絞って使ってるのにね…。「細糸信仰」にハマっちゃっているからなぁ〜。
でも人には人の“美学”というのがあるので、それをかたくなに貫くニコパさんっていうのも、ニコパさんらしくて良いんじゃないかな〜。
だけど来週あたり、「太仕掛け」を引っさげて、また仁科川に立つニコパさんの姿が頭に浮かぶようです(爆)
ニコパさんのブログ「清流で釣りGO!!」もお楽しみください☆
a0056140_16534055.jpg
ワタシもTakeちゃんも、魚影の反応がそれなりにあることに楽しくって、その上、箱庭のように美しい景観に心癒されているのに、MURAKAMIさんは川の状態が芳しくないことを気にして、ワタシ達が釣れるまで竿も出そうとしません。
今回の釣行で、MURAKAMIさんの面倒見の良さと、伊豆の川を熟知していることに、深い感銘を受けたワタシ達なのであります。
a0056140_1743340.jpg
実はワタクシ、「合流点&大淵フェチ」なのです☆
この美しい大淵・・・こういうところで竿が出せただけでも、来たかいがありました!
仁科川には、こういう淵がたくさんありそうなので、また来て心ゆくまで堪能したいです☆
a0056140_1710589.jpg
その後、やっと20センチぐらいのアマゴを釣りました。
背中がグリーンで、パーマークがワタシ好みの丸っこい形のアマゴです。
ウ〜ン、魚信はあるのですが、合わせるタイミングが難しいです。
次回はきっと攻略するゾ〜!! ーーーそう心に誓い、竿を畳みました。

それから車に戻って着替えが終わった後も、道路っ端に立ったまま、皆の話は尽きることがありません。
ジイさんからも「終わったらいらして下さい」と声を掛けられていたのですが、あたりは暗くなってきたのに、なかなか終わりそうにないので電話をすると、わざわざ来て下さいました。
a0056140_1723170.jpg
自家製の麺や、甘夏ミカンや獲ったタコなどをレシピと一緒に持ってきて下さいました。
今回はゆっくりお話も出来なかったのですが、こうやって仁科川に来るきっかけが出来たので、またゆっくりお邪魔したいと思っています。
こうやってジイさんにも会えたし、仁科川の素晴らしさも知ったし、魚影も、ワタシ達にしてみれば「濃い」と感じられたので、楽しかったのですが、MURAKAMIさんはなぜか申し訳なさそうな感じでした。
帰宅してから「辻道」のHPの掲示板を見たTakeちゃんによると、仁科川を今回初めて見たワタシ達には想像もつかないほどに工事で変わってしまった仁科川を憂う人達の書き込みで一杯だったそうなので、(そうだったのかなぁ…)と思います。
興津川とか安倍川とか、“ドM”な釣り師の集う川で釣っているワタシ達には、仁科川はパラダイスに見えるんですけど…。

皆と別れを惜しみながら、帰宅したのは午後11時でした。
MURAKAMIさん、今日はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
ニコパさんも大物を逃しちゃったけど、大物を掛ける腕を持ってることが肝心よねー。お疲れ様でした!
遅くなっちゃったけど、皆が無事に帰宅出来ますように・・・。

5月9日(日)
夕べ遅かったので、今日はのんびりと「ブランチ」を食べてから出掛けようーーーということになりました。
晴れて気温も上がってきたので、お外で食べるのも良いのでは・・・と、さっそく昨日ジイさんから頂いた麺を、ジイさんのレシピ通りに作っていただくことにしました。
a0056140_18103332.jpg
シコシコした麺が、薬味として頂いた自家栽培の「辛み大根」と「柚子」を入れたつゆに良く絡んで、なんとも言えぬ美味しさです♪
初めての味わいと、外で食べた気持ち良さが相まって、どこか料理店で食事しているかのような錯覚にとらわれました。
このままのんびり・・・もいいけど、よしよしさんのブログを読んだら、(興津川に鮎を見に行かなくっちゃ〜)という気持ちがつのって、いてもたってもいられません。

今年の春の増水で、川がどのように変わったか見たいので、上流の大平あたりから、徐々に下ってみることにしました。a0056140_1830724.jpg
すると、MURAKAMIさんから写メが届きました。
実は昨日、仮眠をとってから帰宅しようと思ったらしいのですが、そのまま爆睡して、気がついたら朝になっていたそうなのです。
無理もありません。仁科川初釣行のワタシ達にすごく気遣ってくれて、自分はほとんど竿を出さずに案内し、行きも帰りも車で先導してくれて・・・。特に帰りは疲れているのに加えて、道路に鹿が飛び出してくるわ、イタチが横切るわ、狸が佇むわ…で、危なっかしくてしょうがなかったですものねー。疲れたまま運転して帰るより、そのまま眠ってしまったと知り、安堵しましたよ〜。
そして今日、目が醒めて狩野川で竿を出したら、この33センチの「戻りアマゴ」が釣れたとのことです!
さすが、MURAKAMIさん! ワタシ達も嬉しいですよ〜\(⌒▽⌒)/☆ 

そんな嬉しいニュースがあったのですが、『大島橋』では、堰堤で犬を泳がせていたから少ししか鮎が見えなかったのは仕方がないのですが、『八幡の橋』も・・・???で、そして、『片瀬の広場前』に来た時には、ショックでした。さらに砂が増え、かろうじて残っていたヘチの石もちょこっとしか見えなくなっていたからです。
大平からずっと「また砂が増えてる・・・」って感じていましたが、ここに至っては・・・。
4~5年前までは、ここは人の頭大の石がビッシリと敷き詰められていた平瀬の好ポイントだったので、それを思い出す度に、悲しくなります。
今年、宮ちゃんとてっちゃんが「興津川源流釣行」した際、支流の大規模の土砂崩れを発見したそうです。
それが近年の興津川の砂流出の原因らしいのですが、なんとかならないものでしょうか…。

その後、『土村付近』で本流釣りをしてみました。
深いところに沈んでいる石を数匹の鮎が食んでいるのが見えましたが、数が少な過ぎます。
しかし、80センチぐらいの水深の、底にビッシリと石が敷き詰められた平瀬には、たくさんの鮎が見えました! 
Takeちゃんは別のポイントで釣ってたのですが、これが掛かったそうです。
a0056140_1925798.jpg
良く見たら、やはり底石がしっかりしているところには鮎が群れているそうなのです。
いずれにしても、砂が多い所は、垢も少ないから鮎も付かないし、鮎も石が少ないとエサの垢が少ないから、大きくなれないのかも…。
鮎が居る所と居ない所がはっきりしているみたいで、まるで去年の解禁直後の川の状態と同じです。ーーーあ、これは、『土村付近』までしか見れていないから、それから下流はわかりません。
ワタシ達の見方が悪いのかも知れないから、くれぐれも参考にはなさらないで下さいね。
a0056140_19103864.jpg
夕飯にジイさんからいただいたタコを料理しました。
生のタコを料理したのは初めてですが、ジイさんから教わった通りに作ると簡単でした♪
生のタコで「タコ飯」を炊くと、タコもとっても柔らかいし、色も綺麗なんですね〜☆
タコには「精神安定剤」的作用があるそうなので、『片瀬』のショックが治まらないワタシには、いい薬になったかも・・・。
とっても美味しくて、先日の鯛といいタコといい、海の恵みって最高〜☆
だからといって、海釣りに転向したほうが良いなんて今のところは考えられないし…。
鮎が釣りたいんだもん〜(^-^;

ジイさん、ほんとうにご馳走様でしたm(_ _)m
[PR]
by hototo-gisu | 2010-05-10 19:31 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(11)
Commented by ジイ at 2010-05-10 22:31 x
お疲れさまでした。
遠路をご来川していただきましてありがとうございました。
一番気にしていた天気が回復してくれてよかったです。
釣果は太陽を引きこんだ事かも・・・・
仁科川や私の事が多くて恐縮やら恥ずかしいやらです。
天然アユの遡上が多かったのを見ていただけなかったのが残念。
又のお越しをお待ちしております。
後になりましたが、あれはおいしかったです。
そしてあれは、車に同乗してもらってます。
タケちゃんにもよろしく!
Commented by ニコパ at 2010-05-10 23:12 x
お二人とも仁科釣行ごくろうさまでした。いい川だと思っていただけたようでうれしかったです。アユも最下流はホトさんにたっぷりと川底に座って釣りをしていただけますしたけちゃんには急行爆撃出来るポイントにお連れしますよ。MURAKAMIさんあそこで一泊!?しちゃったの?それで戻りアマゴとはさすがだなぁ!!
>だけど来週あたり、「太仕掛け」を引っさげて、また仁科川に立つニコパさんの姿が頭に浮かぶようです・・・結論は出ました結果はブログをお読みください。ではでは!!
Commented by よしよし at 2010-05-11 12:42 x
仁科川は渓相の良いところですね。
ホトさんが座ってる写真の景色は最高! ここだけ切り取って庭にしたい。

堰堤フェチには悪いけど、堰堤があるとそれまでの景観が台無しな気分になります。
安倍藁科川も同様に、沢に入れば必ず堰堤にぶち当たります。
日本の河川は堰堤が無ければ、その景観を維持出来ないのですかね~?
でも、堰堤下は魚の宝庫(^^)

興津川の上流にある砂利には驚きました。
勝治さんなんか、あんぐり口をあけて呆然としてましたよ。(笑)
Commented by hototo-gisu at 2010-05-11 16:41
>ジイさん
お会い出来て嬉しかったです(⌒-⌒)
自家製麺もタコも美味しくいただきました。ご馳走様でした!!

そして仁科川の素晴らしさは想像していた以上でした☆ 
今回、行くことが出来て本当に良かったですし、ぜひ鮎の時期も訪れたいと、タケちゃんも申しております。
また宜しくお願い申し上げます。
Commented by hototo-gisu at 2010-05-11 16:46
>ニコパさん
お疲れさまでした〜(⌒-⌒)/
逃がした大物、ホント、残念でしたね〜。でも、きっと秋まで釣られないでニコパさんの再来を待っててくれるんじゃないかと…。
鮎釣りもぜひ楽しみたいですね♪
Commented by hototo-gisu at 2010-05-11 16:59
>よしよしさん
いい渓相ですよね〜。
興津川の上流部(大平から上)も、こんな大淵があったのですが、ここ数年で砂利に埋もれて浅くなってしまいました(泣)
このままだと、上流域はどんどん砂利に埋もれてしまうのではないかと悲観的になります。石がないと、鮎のエサが無くなっちゃう〜(;д;)

>堰堤フェチには悪いけど・・・
ウチの「堰堤大魔王」が、「苔むした古い堰堤はカワガラスの巣にもなるし、景観的にも問題ない」「川底をコンクリートで固めたり、テトラを入れるのが無粋だ」などと申しております(笑)
Commented by MURAKAMI at 2010-05-11 19:55 x
ホトさん、タケちゃん先日はお疲れ様でした。で、お世話になりました。
あまり遠征しないお二人にわざわざ西伊豆まで来ていただいたのにスミマセン、また良いコンディションの時に行きましょう。
当日は水量が平水以下だったので堰堤下や淵狙いにしたのですが、本来この季節なら瀬で良型がガンガン餌にアタックしてくるんですよ。
でも仁科川の良いところはご理解いただけたようで少しホッとしてます。
>美しい堰堤、、、ってホトさん、変わった表現ですね(笑)、さすが堰堤&大淵&合流点フェチを自認されだけありますね。で、ダメですよ~堰堤大魔王ばらしちゃ・・新・堰堤大魔王のタケちゃん、今度秋に苔むした大堰堤に大アマゴ釣りに行きましょう、ニコパさんの嫌いなドバミミズ持って。後、お土産有難う御座いました。凄く美味しくて、あっと言う間に完食でした。
翌日のトコは手打ちうどん屋のホームページかと思いましたよー、やはり「ホトさんちは毎日パーティー」という表現は間違ってなかったです。
私も早く興津に行かねば・・。
ジイさん、いろいろいただきモノしまして、大変有難う御座いました。特に冷麦は大変美味しかったです。
Commented by hototo-gisu at 2010-05-11 21:53
>MURAKAMIさん
こちらこそお世話になりましてありがとうございましたm(_ _)m
あれで平水以下とは、想像つきません。
堰堤&大淵&合流点フェチのワタシ達には、あのままで充分ですので、もう変な所にテトラを入れないで欲しいものです(笑)

>今度秋に苔むした大堰堤に大アマゴ釣りに行きましょう…
ムフッ♪ まだ秘密のポイントがあるんですかぁ〜?\(⌒▽⌒)/
楽しみです〜☆

そうそう堰堤大魔王ってバラしちゃマズかったですか…ちょっと本文直しておきました。ゴメンナサイm(_ _)m 

完食したアレ・・・そんなに気に入って頂けたのでしたらまた作りますよ〜☆
興津にいらっしゃる時は前もって連絡下さいね〜お礼に、チームやませみ特製ピザをごちそうしたいと思っていますよ(⌒-⌒)b
Commented at 2010-05-12 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by combatfox at 2010-05-16 13:54 x
こんにちは~、遠征されたんですねw釣りも、猟も自分の好みのポイントシュチュエーションって、ありますよね~私は川の釣りでは、奥山などの堰堤直後の深みや、そこに水面近くまでオーバーハングしている木の枝の下などが、よだれが出るほど好きですね~大物が潜んでいそうな雰囲気を感じてしまいます。川の合流地点では、うまの背からの落ち込みが好きですwターゲットの種類によっても、定着場所が違うと思いますが一度美味しい思いをしたシュツエーションはフェチになっちゃいます(^-^;これから、暑くなりますが、急な冷えj込みや、体調にはくれぐれも注意してくださいw頑張って行きましょ~(^-^)V
Commented by hototo-gisu at 2010-05-16 22:58
>combatfoxさん
美味しい思いをしたシュチュエーションと似た状況に出会うと、ワクワクしますよね〜♪ combatfoxさんも、同じなんですねー。
そんなポイント見つけると、「あそこに居そう〜☆」とか思うし、その読みが当たると、喜びが倍増しますね! だから釣りも猟もやめられな〜い(笑)

今日は天気が良かったけれど、午後からは気温も上がらず、今も肌寒い感じです。
お互い、この不安定な気候にめげず、頑張りましょう(⌒▽⌒)/