~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

今雌雄は土曜日の三面川の..
by 雪だるま at 21:34
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:37
今回はガイド役でしたか♪..
by kai at 17:46
>KOJIさん こんに..
by hototo-gisu at 15:20
なんか、自分に鮎釣りを教..
by 狂的KOJI at 19:00

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

コジロー、元気になろうね!

6月26日(日)の早朝4時のこと・・・

同じ部屋で寝ているコジローが、足をバタつかせている音が止まないので、ケージから出して居間に連れて来ました。
コジローがウチに来て3日目に、動物病院に連れて行ったいきさつは先日お話しした通りですが、今回はかなり深刻な状態のようです。
a0056140_23253868.jpg
症状としては、本人の意思とは関係なく、足が痙攣したみたいにバタついてしまって、じっと立つことが出来ないし、その為に、ちゃんと眠れていない様子なのです。

(このまま、足のバタつきが止まらなかったらどうしよう…)
(歩けなくなってしまうんだろうか…)

いろんなことが頭をよぎりながら、まんじりともせず、6時までコジローを見守っていました。
そして、kaiさんのアドバイス通り、鳥専門の獣医師がいる動物病院をネットで検索し、山田動物病院で、コジローをちゃんと診て頂くことにしたのです。

幸いなことに日曜日でも診療していて、院長先生が診て下さいました。
検便やレントゲンなどから、足の症状は、「市販のあわ玉の挿し餌」を与え続けていることによる
「ビタミンB1欠乏症(多発性神経炎)」いわゆる「脚気」であるとのことでした。

私は、コジローを飼い始めてから色々なオカメインコのサイトを見て、「市販のあわ玉は粗悪品が多くて、栄養がほとんどない」ということが書かれていたのは知っていましたが、私がコジローを買ったお店はとても親切に挿し餌のことなども教えてくれたし、「一ヶ月ぐらいしたら、大きなケージに移して、一人餌に切り替えていくように」と言われ、その時に勧められた「あわ玉」の袋には「天然ハチミツ・卵・クロレラを添加した栄養満点フード!」とか書かれていて、“このあわ玉と、勧められた「小松菜粉末」を与えていたら大丈夫”と思い込み、その通りにコジローに与えていたのです。
良かれと思ってやってきたことが、コジローの健康をどんどん損ねていたなんて…。

すると院長先生が「この子はもしかすると4月生まれかも知れない。生まれてからブリーダーやペットショップでビタミンBやビタミンAが足りていない食事を与えられてきたわけですから、その状態を改善していくには、その倍以上に時間が掛かりますよ。それから“メガバクテリア症”の菌も持っているので(顕微鏡の画面で、その菌を見せて下さいました)、人間が糖尿病になるといろいろな病気を併発するように、この“メガバクテリア”はいろいろな悪い作用を及ぼすので、これも治していかないといけません。この菌も、ブリーダーやペットショップで感染するケースがほとんどです。」とおっしゃいました。
a0056140_14443751.jpg
「4月生まれなら、もうそろそろ皮付きの餌も食べれると思うんだけど…」とおっしゃるので、「数日前からカットルボーン(イカの甲)は食べているんですが…」と言ったら、「それじゃあ、皮付きの餌も大丈夫だ!」とおっしゃって、奥から皮付きの餌をひとつまみ持ってきて、コジローの目の前にバラまきました。
すると、ガツガツ食べ始めました!Σ(◎o◎;)
「皮付きの餌は栄養が豊富なので、徐々に一人餌に切り替えつつ、今日処方するお薬を挿し餌に混ぜてあげてください。」
・・・というわけで、ビタミン剤2種と、抗生物質、そしてメガバクテリアの薬、計4種類の薬を処方されて帰ってきました。
a0056140_1522115.jpg
コジローは食は細いのですが、これまで食欲はあったので、それが救いでした。
しかし、薬入りの餌は美味しくないのか、あまり食べてくれません。
Takeちゃんから、「生ぬるいアワ玉を、無理矢理食べさせる鬼嫁」と冗談めかして言われていた私ですが、薬を取ってくれないと治らないので、少量づつでも根気良く食べさせるようにしました。
一方、皮付きのエサも、硬いヒマワリやサフラワーの種はペンチで割って、餌箱にセットしたら、少しずつ食べているようです。

しかし、病院に行った次の日が一番症状がひどくなり、足のバタつきが休み無く、ひっきりなしになってしまったのです。
「何かあったら電話して下さい」と言われていたので病院に電話すると、副院長先生が応対して下さいました。
「ずっと足をバタバタさせているので、眠れてないんじゃないかと思います。麻酔か何かで一時的にでも発作を止めて、休ませてあげることは出来ないでしょうか?」と言う私に、副院長先生は、注射は小鳥の身体にとって負担になることや、薬やビタミン剤を投与しつつ、長い時間をかけて治していくことが大事だということを、丁寧に説いて下さいました。
それを聞いて少し落ち着きを取り戻した私は、このままコジローの足が治らなくても、命のある限り大切に育てていこう・・・と前向きに思えるようになったのです。
せめて同じ症例が見れないかと、ネットで「オカメインコ 脚気 治る」といった検索をしたら、オカメインコの具体的な症例はなかったのですが、偶然にも山田動物病院のブログがヒットし、そこにはコジローと同じ症例の(コジローよりも重症でしたが)セキセイインコについてアップされていました。
セキセイインコでもこんなに回復するなら、コジローもきっと大丈夫!
日本(というかネット世界が)広しといえども、「オカメインコ 脚気」で、静岡の山田動物病院がヒットするとは、単なる偶然とは言えない不思議な縁を感じました。

病院に行って3日目からは、足のバタつきが激減してきました。
a0056140_15344968.jpg

ビタミンAが豊富という小松菜もバリバリかじって食べるようになったし、薬入りの挿し餌も“別鳥”になったみたいにガンガン食べ始めました。

そして7月1日(金)の午前中に、再診していただきました。
症状は改善されていますが「メガバクテリア」は菌が見られるので、またさらに一週間、ビタミンと薬を投与しながら様子を見ることになりました。
院長先生はとても野生鳥類に造詣が深いようで、そういう鳥をペットにするというのは軽々しく考えてはいけないと諭すようにおっしゃいます。
「セキセイインコや文鳥と違って、オカメインコは難しい面がある」といった感じです。
私もセキセイインコを飼っていた経験があるから、オカメインコのこともセキセイインコと同じように考えていたのが大きな間違いでした。

「私、オカメインコを飼い始めたんですよ」と人に話したところ、「自分もオカメインコを飼ったことあるけど、飼って4日目にエサを食べなくなって死なせちゃいました。」とか、「オカメインコは飼って1年目が大変なんだよね。」という言葉を聞くにつけ、その難しさを改めて感じました。

飼ってから後、一度もペットショップには行っていないのですが、行ったら挿し餌のことについて言おうと思っています。今後のオカメインコのヒナちゃん達の健康のために…。
なぜなら、最初にコジローに足の異変が出た時にショップに電話をしたら、「売り場のヒナも同じようになっています。」って言われましたから…。
もちろんエサ代とか採算の問題があるでしょうから、ショップのエサを改善するのは無理にしても、せめてヒナを買い求める初心者には、脚気になるおそれがあるのでビタミン剤とかも一緒に挿し餌に混ぜることなどを指導するようにして下さいーーーと申し上げたいです。

私の場合、最初に連れて行った動物病院でちゃんとしたアドバイスが得られたら、コジローもこんな大変な目にあうこともなかったのかも知れません。
「鳥も診れますよ。」という言葉を信じて診て頂いたのですが、やはり鳥専門に診ることの出来る先生に診てもらわないとダメだということを、kaiさんのアドバイスが身にしみてわかりました。
kaiさん、ありがとうございましたm(_ _)m

ーーーというわけで、オカメインコ初心者の私の経験が、他のオカメインコのヒナを飼った初心者の方々の参考になれば幸いと思い、コジローの病気について長々と書かせてもらいました。
どうかコジローが一日も早く、健康な身体になりますように☆
[PR]
by hototo-gisu | 2011-07-04 16:47 | DIY、物作り、クレイアート | Comments(16)
Commented by 狂的KOJI at 2011-07-04 18:47 x
鳥には全く疎い狂的KOJIですが・・・
毎回upされる記事を読んでいてコジローに愛着すら沸いてます。
ホッペの色とトサカ?がホントに可愛くて(^^)

はやく「もっと」元気になって欲しいと願わずには居られません。
Commented by combatfox at 2011-07-04 20:43 x
こんばんは、良い医師のいる病院が見つかって何よりです。私も色々な動物を飼っていた経験上、動物病院にも、それぞれ得意分野があるようなので専門医が居るとこがベストですねw頑張れコジロー君ファイトホトさんですw写真でも分かりますよ、コジロー君だいぶ顔色が良いように思いますwコジロー君&チームヤマセミが元気であることを応援してますwちなみに鳥類の餌でミルワームってありますが、アレも食べさせすぎると良くないらしいです。人間も動物も食のバランスの重要性は変わりませんね!きっと山田動物病院のスタッフの方も飼い方のアドバイスとかしてくれると思いますので、気軽にたずねてみると良いと思います(^-^)自分の思い込みの偏った知識で悪影響を及ぼすこともありますし(私の過去の過ちです)専門書など読んで、勉強はしていたのですが・・・やはりプロの意見は参考になりますwこれからもチームヤマセミの元気な姿と、コジロー君のおちゃめっぷりに期待しますwやんちゃなくらいが可愛いw
Commented by KK at 2011-07-04 20:49 x
お晩だんしー、MURAKAMIさんのサツキマス?
サクラマスでねーが?
まーんずはーえがったなんしー(@_@;)
おらも頑張って釣るぞ―・・・・・・
コジロウ君大変だったなー。 読んでるとまさに、家族であるとともに
子供ですよね、お大事に してたんせー。


Commented by kai at 2011-07-04 22:02 x
オカメインコの飼育の難しさは私も知りませんでした…。
画像を見る限り、目がパチッ♥としてて元気を取り戻してるように感じますよ(^o^)b
信頼出来る主治医が見つかったことは何よりも心強いことと思います。
コジローの病気が完治して、「小さい頃は病弱だったのにね~」と、笑話になるくらい元気になってくれることを願ってます!
Commented by hototo-gisu at 2011-07-04 22:23
>KOJIさん
可愛いですか〜! ありがとうございます♪
コジローを呼ぶ時、もちろん「コジロー」って呼びかけているのですが、Takeちゃんも私も、ついつい可愛さ余って、「コジちゃん」とか、「コジさん」とか呼んだりしているので、ある時、KOJIさんのこと思い出しちゃいました(^-^;
これからも温かく見守ってあげてください☆
Commented by hototo-gisu at 2011-07-04 22:30
>combatfoxさん
そうなんですね〜。
今回のことで、せっかくオカメインコについて勉強したつもりでも、自分の思い込み(←ペットショップを過信したこと)で誤った育て方をしてしまったこと、深く反省しています。
でも、信頼出来る主治医に出会えたし、これからは気をつけて育てていきますね!
コジローのお茶目っぷりは、ハンパじゃないですよ〜。
そのうち、また爆笑動画でも編集してみます(⌒-⌒)/
Commented by ちゃぼ at 2011-07-04 22:33 x
コジロー、良い病院があってよかったですね。鳥にも脚気ってあるんだ(@@ あと、メガバクテリアとか云うのがいなくなるとほぼ完治になるのだろうか?(^^;
 先日(土曜)に興津の川見をしてきました。初めてな為どこから川に行けるのか判らず。橋、橋から見て回りました。ヤマセミの湯の上まで行ったのですが、下流部のリバティーオート?の辺りが気に入った場所だったかな?それと、和田島の手前の県道75と195号交差点付近の吊橋ノ所がよかったかな(^^ 興津川って結構、地元の水遊びの場所なんですね(^^ 行く所行く所グループや家族連れがBBQしてた(^^
Commented by hototo-gisu at 2011-07-04 22:52
>KKさん
静岡県の川は、アマゴが降海して海で暮らし遡ってきた個体なので、見た目はサクラマスに似ていますが「サツキマス」なんですよ(⌒-⌒) でも、出会えるチャンスはもちろん、釣り上げる難しさは、サクラマスもサツキマスも同じです。
特に興津川ではサツキマスが釣れた…というのを見たり聞いたりした人がいなかったので、MURAKAMIさんみたいに、いつか釣れると信じて、片道数時間をかけて興津川に8年も通ったというのと、MURAKAMIさんは、ルアーではなく、「延べ竿」でエサ釣りしてゲットしたところが、「たまげたなんしー」です。
KKさんも一度掛けたことがあるし、きっと釣れると信じて続けていたら、雄物川(か玉川か桧内川)の神様がサクラマスを釣らせてくれると思いますよ☆ 
コジローも毎日リハビリに頑張っていますよ(⌒▽⌒)/
Commented by hototo-gisu at 2011-07-04 23:08
>kaiさん
いやいや、赤霧クンを育てるのもすごく大変だったのではないかと思いました! 
病院も「動物病院」ならどこでも良いのではないこと、身にしみてわかりました。ありがとうございました!
早く1年以上たって、別鳥みたいに丈夫になって、おっしゃるように笑って振り返られるようになりたいです☆
Commented by hototo-gisu at 2011-07-04 23:45
>ちゃぼさん
メガバクテリア以外にも、顕微鏡では色々な菌がいるのが見えましたよ(^-^;
特に悪さをする菌がメガバクテリアで、その他にも4種類ぐらい菌が見えました( ̄▽ ̄;)

>和田島の手前の県道75と195号交差点付近の吊橋ノ所
オ〜ッ、ちゃぼさん、なかなか目が肥えてますね〜!
その辺りは「高瀬」っていう所で、広い駐車場もあるし、解禁から終漁まで、ずっとコンスタントに釣れる場所です。

興津川は、これからが行楽客がすごいんですよ!
まるで、ビーチのようです。
水着姿のギャルもたくさん…なので、鮎釣りと目の保養にピッタリかも…???
そういう場所は必然的に、日中「竿抜け」になっているので、行楽客がいなくなった夕方に入れ掛かりになったりするようですよ♪
私は経験ないけど…(爆)
Commented by ニコパ at 2011-07-05 00:44 x
鳥ではないですが、権兵衛の父親です。(笑)コジロー早く良くなるといいですね。川で会う事を楽しみにしています。ペットショップの店員さんは良くも悪くも勉強中が多いです。(知識が少ないんだよね)一番アプローチしやすい場所ですから大きな心で接した方がいいですよ。権兵衛もいろいろありましたよ。鬼が行ってもらちが明かなくて僕が行ってドス利かしたりして(笑)今のペット事情はともに見守ってくれるペットショップがいいかもね。どうぞお大事にしてください。
Commented by hototo-gisu at 2011-07-05 15:20
>ニコパさん
コジローはドライブが大好きなので、また川に連れて行ってあげられたらいいな〜って思っています。その時は、ナデナデしてあげて下さい(笑)
>大きな心で接した方がいいですよ。
なるほど〜。天使のニコパさんらしい助言、痛み入ります。
権ちゃんもいろいろあったんですね〜。
またお話を聞かせて下さいね☆
Commented by ボルボ at 2011-07-05 20:37 x
こんばんわ。コジロー君の具合はどうですか?心配ですね。
僕は甲斐犬を飼っているけど、そういう時の気持ち良くわかります。言葉が通じなくてもどかしいし心配だし、本当にペットって家族と同じなんですよね。
縁があってホトさんの家に来たコジロー君!こんな優しい主人の元なら喜んでいるはずです。良くなる事を祈っています(^_^)
そうそう、サツキマスを釣りに行った帰りにフクロウの子供を捕まえた事がありました。家に持って帰り飼うつもりでしたが・・・家族の反対にあい、結局は元の場所に放しに行きました。腕にのせて暫らくしてから、腕を動かすと飛んで森に帰って行きました。
逃がして正解だったのだけど、野生の動物を見つけるとすぐに捕まえたくなってしまって(笑)
Commented by よしよし at 2011-07-05 20:58 x
まぁ、普通の夫婦じゃないし、(笑)
お二人が居れば、コジローは元気に成長していくと思います。
早く聴きたいですね~~「キョウモボウズ」 「ヘタクソ~ォ」 な~んて人真似をさ ^m^

チークを付けたようなホッペ! やっぱりオカメインコの名前はそこからですか?
もしオスだったら・・・・・どうなる?(マツコデラックスかミッツ・マングローブ?)
Commented by hototo-gisu at 2011-07-05 21:52
>ボルボさん
こんばんは(⌒-⌒)
コジローは一時に比べたら症状が随分軽くなって、徐々に快復に向かっているようです。時間が掛かるようですが、きっと元気になると思います☆ 心配して頂いてありがとうございます(⌒-⌒)

フクロウの子どもですか?!Σ(◎o◎;)
それはまた珍しい出来事ですね〜。飼いたい気持ち、良くわかります(^-^;
でも、ご家族の反対もわかりますよ〜、餌もヒヨコとか与えなくちゃならないし、それこそ大変だったかも・・・。
甲斐犬も珍しいですね! 野性味あふれる感じで、ボルボさんらしいです。
Commented by hototo-gisu at 2011-07-05 22:01
>よしよしさん
普通じゃないって、どーゆーことよ?(笑)
オカメインコの名前は、おっしゃる通り、ホッペの模様からきてるそうです。
言葉を覚えるのは、オスだけだそうですよ〜。
コジローはたぶんオスだと思います。メスはもっと大人しい(声を出さない)らしいので。
コジローはウルサイですよ〜、私には「エサくれ〜!」ってジャアジャア鳴き叫びます。私のことは「飯炊き女」ぐらいにしか思ってないみたいです。
…で、Takeちゃんには、普通に、「ピッ!」と鳴いたり、甘えた声を出したり・・・で態度が随分と違うんですよ〜。
Takeちゃんも、なぜかコジローには、オネエ言葉で話したりするので、「アナタ達は、おホモダチなの〜?」って言ってます(笑)
ヘンな言葉を覚えなきゃいいのですが・・・(汗)