~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:16
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 22:02
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 21:55
こんばんはー  最近何..
by ちゃぼ at 23:28
こんばんわ^^ 雨..
by nigapeclub at 22:08

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

激シブな藁科川 & 無法地帯の興津川 ( ̄~ ̄;)

8月25日(土)
a0056140_1610567.jpg今日は満を持して、藁科川へ行くことにしました。
なんてったって、解禁以来、藁科川で鮎釣りが出来たのは、たったの1回だけです。
たぶん他の鮎釣り師も同様だと思います。
藁科川は去年から雨が降ると、降水量の大小にかかわらず「シルト」という細かい砂が水中に舞って、濁りがとれにくくなっているので、なかなか鮎釣りが出来なかったからなのです。

「今日が『解禁日』みたいなものだね♪」

「鮎が少ないって言うけど、私はね、強い鮎が必ず生き残っていて、強い鮎ほど上流に遡っていると思うの! だから、数は少ないかもしれないけど、きっとイイ鮎が上流で釣れると思う!!」

「じゃあ、この前作った“自家製キンカ炉端”で、藁科川の天然の青い鮎が焼けるねっ☆」

「そうよ、そうよ、きっと立派な鮎が釣れて、美味しい鮎の塩焼きが食べられるわよっ☆」

ーーーそう言って、Takeちゃんをそそのかして、藁科川上流の『坂の上』に連れて行ったのですが・・・。
(*右上の画像…Takeちゃんがブリキを加工して、“キンカ炉端風”にも、スモーカーにも使えるように工夫して作った“自家製キンカ炉端&スモーカー”です☆)
a0056140_15244463.jpg
ココは大岩がゴロゴロしていて見事な「渓流相」だったのに、全体的に砂が流れ込んで、浅くて緩やかな流れになってしまっていました。

地元の方がご家族で“涼み”にいらしてましたが、「鮎は全然、見えませんよ」とおっしゃっていました。
でも、僅かですが、流芯にハミ跡がありました。縄張りを持っているハミ跡ではありませんが…。

下流に行ったり、上流に行ったり、深いところも攻めてみたり・・・オモリも背バリも使ってみて釣ってみましたが、やっぱり鮎はいないみたい…。

私はイイ鮎が釣れる気満々で、期待に胸をふくらませて来ただけに、鮎が全然見えないというのに、すごくショックを受けました。
確かに、途中、『和田橋』で川見をした時も、鮎が1匹も見えませんでしたから…。

仕方がないので、大きく下って、『マンボウの瀬』で釣ることにしました。
その前に『リハビリ病院駐車場』の所の橋の上から川見をしたのですが、やはり鮎は1匹も見えず…。
a0056140_15381419.jpg
『マンボウの瀬』も、以前は左岸側が本流だったのに、左岸は見事に広大な河原となり、右岸側だけの川へと変身してしまいました。
『マンボウの瀬』のトレードマークだった“壊れた堰堤”も右岸側にそれらしきものが残っているだけで、その上流も砂で真っ平らな流れになっていました。

右岸の瀬には2~3人の鮎師が入っていたので、上流に向かおうとして歩いていると・・・

チャラ瀬で鮎がツツツ〜ッと逃げ惑う姿が見えました!
もしかしたら、チャラ瀬で釣れるのかも♪

そう思って、上飛ばしで釣り始めて間もなく・・・

掛かりました〜〜っ\(⌒▽⌒)/

これは、チャラ瀬で入れ掛かりのパターンか?!

ーーーと、ふと対岸を見たら、車がとまって鮎師が川見を始めたのです。

(あの人に釣れたのを悟られないようにしなくては…!)

そう思って、寄せ取ろうとしたら、途中でポロッと掛かり鮎が外れてしまいましたぁ〜(泣)

それから2度と、鮎が掛かることはありませんでした・・・。

上流で釣れると期待して来たことも裏切られ、掛かり鮎にも逃げられ…その後も全く釣れず…。
Takeちゃんを鮎のいない上流に誘ってしまったことも申し訳ない気持ちでいっぱいでしたし、あんなに鮎の塩焼きを作るのを楽しみにしていたのに…。(;д;)
そんな責任も感じて、私は途中から胃が痛くなってしまったのです。

ボロボロに打ちひしがれて藁科川を後にしようとしていたのですが、Takeちゃんが「川小屋さんに顔を出してから帰ろう」と言うので、そうすることにしました。

今朝、川小屋さんの常連さんに、「“人柱”になって、上流に行ってきます!」と言って張りきって出掛けた私達でしたが、ホントに“人柱”になろうとは…トホホホ。。。

でも、川小屋さんに寄って良かった・・・。

常連さんに事の一部始終を報告出来たし、ウナギの話も聞けたし、永浜さんにも愚痴を散々こぼして・・・そして、胃薬をいただいて、「胃には、梅干しもいいんじゃない?」と美味しい自家製の梅干しを食べさせてもらい、帰り際にはお土産までいただいて・・・キャッシュな私は、帰る頃にはだいぶ元気になっていました\(⌒▽⌒)/

ちなみに今後藁科川にいらっしゃる方に正しい情報を・・・。

鮎は川小屋さん裏辺りから富厚里橋付近までが魚影が濃いらしいけど、なかなか追わないみたいです。
今日はスー師匠が10数匹釣って、1匹は23センチもありました(*_*)!
全部、川小屋さんの水槽に放流してありますので、水槽でご覧頂く事が出来ます。
鮎釣り初心者の方が川小屋さん裏で釣ったそうなのですが、4匹掛けて2匹釣ることが出来たそうです。この難しい藁科川で2匹釣れたなんて、鮎釣りのセンスがありますね〜☆
それから「上流」についてですが、「八幡」より上は、かなりキビシイ状況のようです。
今年は私達みたいに“冒険”すると、“人柱”になってしまう可能性が大ですね( ̄▽ ̄;)

そういうわけで、辛〜い藁科川修行の一日だったわけですが、木陰で暑さも凌げたし(笑)、あとで(上流に行けば良かったかなぁ?)なんて後悔しなくて済みますし、結局は、(やっぱり行って良かったなぁ〜)と思ったのであります。

8月26日(日)
さて、今日は興津川です。
暑いから日陰で釣れるとこ・・・という理由で、とある橋の下で釣り始めました。
a0056140_16502181.jpg
ほとんど「鏡のトロ場」を上飛ばししてたのですが、4匹掛かって2匹バレ・・・。
上飛ばしで掛かると、昨日もそうですが、バレが多発しますねー。
竿を絞ってハリ掛かりを深くさせるーーーって言うけど、あまり自分より上で掛かると、絞るもなんも上手くいかないです。。。
a0056140_16541651.jpg
Takeちゃんは瀬で、こんなに良型な鮎を釣りました!
塩焼き用にイイ鮎が釣れて、良かったね♪

午後からも同じ所で釣り始めたのですが・・・

私達がお昼を食べている間に行楽客がバシャバシャ入って、かなり場を荒らしてしまったようで、トロ場の鮎は見えなくなりました。
おまけに深いところにはモリを持った男性がメガネを付けて潜っているし…。

瀬落ちはまるで観光地のプールのように行楽客でごったがえしているし、瀬で釣っていたら、川幅3〜4mしかないのですが、竿を出しているところに青年達がバシャッと飛び込むし、大人の女性も私達が釣りをしているのを知っているのに平気で川に入ってくるし…。

我慢強いTakeちゃんもこういった状況に堪え難くなったようで、「場所を移動しよう」ということになりました。

でもね、今日の興津川はまるで「無法地帯」でしたよ。
釣り禁止になっている堰堤内にモリを持った人が何人も入って、何か獲物を探しているし、淵になっている所もそうだし・・・。
興津川の深みという深みは、そんな感じでモリを持った人に潜って荒らされています。
これもTV番組の影響なのかも・・・。
今はド渇水なので、こんな時にそんなことされたら、アマゴとかいなくなっちゃう〜(;д;)

それに・・・どこに行っても、行楽客がいっぱいで、鮎釣りに入る場所なんてありません。
夏休み最後の日曜日だから、しょうがない・・・と諦めるしかありません。

で、行楽客の少ない『八幡温泉付近』に、逃げるようにやってきた私達です。
a0056140_17135277.jpg
ま、ココも行楽客はいますけど、モリを持った人は居ませんから・・・。
だって、深いところのない「ドチャラ」様ですもの♪
(でも、禁漁区域である片瀬の堰堤には、竿を出している行楽客がいましたけど…もう知らないっ!)
a0056140_17174581.jpg
ここで私が釣れたのは1匹でしたけど、小柄だけどアタリも強くてキレイな鮎が釣れたので、もう満足でした。

今日の釣果はTakeちゃん6匹に、私は3匹。
でも、良くやった!!・・・と褒めてあげます! 自画自賛ですっ!!(爆)

9月になれば、少しは川に落ち着きが戻ることを願ってやみません。

a0056140_17232598.jpg
最後に、今日のコジローのコーナーです。

コジローはとにかくTakeちゃんが大〜好き♡
画像のように片時も目を離しませんし、耳を“ダンボの耳”にして、Takeちゃんが何をしているのか、いつも探っています(笑)

そんなある日・・・

Takeちゃんが、「ギャ〜ッ!」と叫びました!

「血が出てるじゃないかぁ〜、とんでもないことをしてくれたな、コジロー!!」

珍しく大声で怒鳴ってます。

エッ? 流血??
コジロー、何したの・・・?

話を聞いてみると、手の甲にあった傷のかさぶたをコジローが嘴で一瞬に剥がしたそうです。
それで血が出てきたそうな・・・。

オカメインコに好かれるのも楽じゃないわね・・・。

そんなことをクールに思ってしまった、ホトトギスなのでした。(⌒-⌒)
[PR]
by hototo-gisu | 2012-08-27 18:22 | 鮎釣り | Comments(18)
Commented by 雪だるま at 2012-08-27 21:17 x
今晩はです。  興津は無法地帯ですか、 河川管理の方々は何を見ているのでしょうか。厳罰と罰金ですね。

今週末は神通川に出かけます、  今年は高原川も鮎は共良い感じですよ。

皆さん熱中症に注して鮎と格闘しましょう。  後半に乾杯(^_^)v
Commented by hototo-gisu at 2012-08-27 21:37
>雪だるまさん
こんばんは(⌒-⌒)/
興津川の件は「見て見ぬフリ」じゃないでしょうか。
私が見ても、モリを持って潜っている人のほとんどが、今どきの身体がガッチリとした若者ですので、突然キレられたら怖いっていうのもあるのかも…。
怖い世の中になったものです。

雪だるまさんは、イイ鮎釣りが出来ているようでなによりです(⌒-⌒)
雪だるまさんの場合は、熱中症よりもスピード運転に注意して下さいねっ!(笑)
お互い、残りのシーズンも鮎と楽しく格闘しましょう♪
Commented by 片岡相模原 at 2012-08-28 03:47 x
すごい探求心ですね。
観察において、「なになにをした」ということは誰でも観察するけど、「なになにをしない」ことも観察することがプロであり、大事であると。「ゴリラがあくびをした」という観察だけでなく「ゴリだがあくびをしなかった」ということの観察、記録が重要である、と。

「釣れなかった」という「観察」のはずであるのに、「釣ってしまった」とはすごいですね。
ヤスの使用は、はるか前に多くの所で禁止になっているはずであるのに、若者が釣りではなく、ヤスに関心を持つとは…。幸い、相模川では透明度が低いため、また、魚の密度が低いため、ヤス族は見かけないが。

大きい石が「転石している」川に戻ることがあるのかなあ。去年の9月20日ダム放流で頭を出した相模川の「大きい石」も、今年のダム放流で見事に元の木阿弥に。

石が小さく、また、流れが貧弱になると、三面川のようにチャラしか釣れる鮎がいない、という状態にあっちこっちの川がなってしまうのかなあ。
Commented by hototo-gisu at 2012-08-28 15:23
>片岡相模原さん
褒められてるのかな…? きっとそうね!(笑)
釣れないなりにも、いろいろ発見があるので、なかなか楽しいんですよ♪

「黄金伝説」っていうTV番組で、海に潜っていろんな魚をモリで突いて「獲ったど〜!」ってやっているんです。
漁協や地元の許可を得て海や川で自分で獲ったものを自分でちゃんと料理するので、「魚は切り身で泳いでいる」とか勘違いしているチビッコ達には食への啓蒙的番組だと思っていましたが、「モリで獲物を獲る」ということを安易にするようになるとは思いもよりませんでした。
先日も釣具店に入ると「モリ」が目玉商品として展示販売されていましたから、売れれば良いのか?…って感じです。
今の日本、なんだか理不尽なことばかりで、気が滅入りますね。

地元の人は「また砂が流れて、石は出てくる」っておっしゃるけど、興津川について言えば、全体的に砂が流入して浅くなり、大増水の度に石が出てくるところもあるのですが、次の大増水でまた埋まり…を繰り返し、結局はだんだん平らな川になっているようです。
今日、「日本かわうそ」が絶滅種に指定されましたが、鮎だってアマゴだって、川がそんなじゃ、いつかそうなってしまうのかな…。
Commented by ちゃぼ at 2012-08-28 17:02 x
こんにちは(^^
 無法地帯のですか・・・・ 私も興津川見にいったときに、川原でBBQやってる集団(幾つもの)を見てビックリしました(^^; 「エ?(@@ 海水浴場?」って思ったくらいです。
でも、ヤスを持って魚を捕るって、密漁ですもんね(漁協の居る河川では)。
密漁だから、警察にお願いすればいいのにね。
神通川では以前、日釣り券なくてよく県外からの釣り人とよくもめてました(パトカーが来てね(^^;)。

 コジローはオカメインコって名が付いてるけど、オウムの仲間なんだってね(^^ネットで見てて判った(^^ 凄く人懐っこいらしい。
頭ナデナデして~って、頭下げながら寄って来るって(^^ なんかコジローの写真見てるとそんな姿が想像できて、微笑ましくなりまする。

明日、出陣(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

Commented by kai at 2012-08-28 17:51 x
またもや新兵器の登場ですね!?
是非、レポートお願いします♪

川で遊ぶのは自由ですが、後片付けはキチンとしてもらいたいですね。
Commented by ニコパ at 2012-08-28 19:30 x
こんばんはァ!水ないですねェ~釣れそうもないですな!(笑)興津って行楽客とか多いけどその中に水着ギャル多くないですか?他の河川は行楽客は多くても水着ギャルはそんなにいないと思うけど・・・気のせいでしょうか?やっぱり水が綺麗からかな?9月9日満をじして伺います。イシグロカップでの優勝勇姿を撮影してくれませんか?(爆)
Commented by hototo-gisu at 2012-08-28 21:54
>ちゃぼさん
先週の日曜日の興津川のスゴさも、ぜひ見て頂きたかったですねぇ〜(笑)
あ、なるほど〜、警察ですか!
確かにあれは、堂々とやっているけど「密漁」ですものねー。
あんなに大勢で堂々と、どこでもやられたんじゃぁ、文句を言う私達のほうが間違っているのかと錯覚しそうです(^-^;

そーなんです、オウムの仲間なんですよ♪
ヒナから飼うと、とっても良く懐きます。…が、身体が弱いし、すぐパニックを起こすので、ヒナのうちは、育てるのがなかなか神経使います(^-^;
コジローは「オレ様」なので(笑)、頭ナデナデして欲しくても、頭を下げて自分から寄ってくることは、滅多にありません。
頭ナデナデして欲しい時は、ジーッとして、目で合図してくるからわかるんですよ♪
動画で撮りたいけど、両手がふさがるから、一人では無理なんです(^-^;

明日、釣れると良いですね(⌒▽⌒)/☆
Commented by hototo-gisu at 2012-08-28 22:02
>kaiさん
新兵器ですけど、またどんどん進化している最中です♪
近々、成果をお披露目出来たら・・・と思っています。

後片付け・・・そうなんですよ!
あきらかに行楽客が捨てたとわかるゴミの山があちこちに出来ていて、閉口させられます。
今年は特に、キャンプやアウトドアが流行っているのか、ものすごい数でして、川のすぐそばの河原にまで陣取ってやっているのですが、流行はいいですけど、マナーを守ってほしいです。
そばで大人の素行を見ている、子ども達のためにも・・・。
Commented by hototo-gisu at 2012-08-28 22:09
>ニコパさん
水着ギャルも、水着で筋肉隆々の若者も、外国人も、もう、飽きるほど見てきたので、新鮮味がなくなっちゃいました(笑)

イシグロカップ、出るんですかぁ〜(*_*)!
会場はマスターズと同じ「大網」ですよね。釣れませんよ〜。
でも、皆に等しい条件だから、ニコパさんにも勝機があります!
優勝したら連絡下さいね、飛んでいきますから☆\(⌒▽⌒)/
Commented by MURAKAMI at 2012-08-28 22:47 x
ホトさんこんばんは。
何ですとぉ~!?興津が無法地帯ですと!?モリに外人に水着ギャル!!むーまさに無法・・・アマゴがいなくなっちゃうじゃないか・・・マイ・カーティス・クリーク興津川危うし!ホトさん無法者は興津の番長・宮原さんに追っ払ってもらってくださいな。
Commented by hototo-gisu at 2012-08-29 15:04
>MURAKAMIさん
こんにちは〜(⌒▽⌒)/
そーなんですよ、MURAKAMIさんっ!(笑)
興津川のアマゴ、モリで獲られちゃう〜〜っーーーって、私が大騒ぎしていたら、Takeちゃんが「そんなに簡単に獲られるわけがない」っていうけど、興津川って今、ド渇水だからチョ〜心配(;´ー`)┌
興津の番長さんは、最近、興津にいないことが多いから、留守中にそんなヤカラが横行しているのかなぁ〜( ̄~ ̄;)
Commented by あかみち at 2012-08-30 17:25 x
いつもブログ楽しく拝見させていただいています
一昨年の気田川JPAの大会でお会いしました9月2日(日)気田川の大会行く予定です。じゃんけんのシード権まだ有効かな ?
えっと、興津ロイヤルバレイ団の話(笑)しました。又お会いしたいです
Commented by hototo-gisu at 2012-08-30 21:25
>あかみちさん
こんばんは〜お久しぶりです(⌒▽⌒)/
え〜っ?! 気田川の大会?? 聞いてませんよぉ〜(^-^;
シード権は有効期限切れなのかも・・・(笑)
そもそも、こんな私がJPAの鮎釣りのプロの方々が参加する大会に出るなんて、恐れ多い事でして…滝汗。。。かんべんしておくんなまし…m(_ _)m(笑)
あかみちさんはぜひ、頑張って来て下さいね〜応援してます\(⌒▽⌒)/
あかみちさんは大井川水系がホームでいらっしゃるんですか?
興津ロイヤルバレイ団員さんが、大井川でのリベンジを数年来待ち望んでいますので、あかみちさんのブログを拝見させて頂いて良さそうな時を見計らって行きたいと思います☆
またお会いしたいですね(⌒-⌒)v
Commented by combatfox at 2012-09-01 20:57 x
無法地帯化は悲しいですね~何事もマナー&ルールを守らなければ保てないかけがえの無いものがあるから作られた決まりだと言うことを理解してほしいものです。自分さえよければと言う考えで今現在の地球環境悪化を引き起こしてきたことを肝に銘じてほしいです。話は変わって、コジローちゃんのTAKEさま好きも相変わらずなんですねwそんな追っかけコジローちゃんを楽しく観察しているHOTO様の姿が浮かぶようです。動物も人間の男女が認識できるらしいですからね~wオス犬なんかは人間でも割りと女性へなつくとか・・・( ̄∇ ̄;)だけどいくら好きでも瘡蓋はキッツイ・・・・
Commented by hototo-gisu at 2012-09-03 16:15
>combatfoxさん
おっしゃる通りですねー。
一応、漁協のほうにも、こういった現状をお伝えしておきました。
モリとか危険ですし、安易に遊びで扱うというのを見逃していてはいけないと思ったからです。

コジローの追っかけには、最近はTakeちゃんも困っているのかなぁ…「コジローはマイペース過ぎる」って言ってたし…(^-^;
好かれて文句言うなんて贅沢〜っーーーと、片思いの私は思うのですが、飼い主としてはコジローが嫌われることになると可哀相なので、少し節度ある態度をコジローに求めたいと思います。
(なんか、政治家みたいな言い方・・・(爆))
Commented by ぱらまた at 2012-09-12 21:48 x
「キンカ炉端風・スモーカー&オーブン」すばらしいっ!\(◎o◎)/!
ぱくらせてもらいます。ヽ(^o^)丿
Commented by hototo-gisu at 2012-09-13 15:06
>ぱらまたさん
どうぞ〜(⌒-⌒)
日本が誇る伝統調理具の「七輪」と、食材の味を2割アップさせる「炭」を生かして、美味しいウナギを焼いて下さい。
ーーーーとか何とか、Takeちゃんが申しておりました。
ただし! ( ̄^ ̄)b
ブリキの切り口は、そこいらの包丁よりも良く切れます!
スパッ!と切れますので、加工の際には充分、お気を付け下さいね(⌒-⌒)b