~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

今雌雄は土曜日の三面川の..
by 雪だるま at 21:34
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:37
今回はガイド役でしたか♪..
by kai at 17:46
>KOJIさん こんに..
by hototo-gisu at 15:20
なんか、自分に鮎釣りを教..
by 狂的KOJI at 19:00

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

美しい天女魚に出会った…2013年渓流釣り解禁☆

3月2日(土)
ついに昨日3月1日、渓流釣りが解禁しました☆
昨日の夕方から大雨が降り出して大荒れの天気になってしまったのですが、興津川に着くと、(若干水位が高くなったかなぁ〜?)ぐらいだったので、ホッとしました。

年券を買いに「宮原おとり店」に着くと、宮ちゃんのお父さんが「(宮ちゃんは)女の子2人を連れて、釣りに行ったよ。」とのこと。
昨日の解禁日もあまり釣れてないので、自分が行って「釣れるんだ」というところを見せないと、お客様が来ない・・・ということなのでしょう。(ーーーということに、しておきましょう♪)

宮ちゃんのお父さんに川のことをいろいろ聞きながら、美味しい「モクズガニ汁」をご馳走になって、身体も心もポカポカに温まったところで出陣することにしました。

最初に入ったところは、過去にも何度か入ったことのあるポイントです。

・・・しかし、ピクリともしません。
もしかして、昨日、釣られちゃったのかな…。先行者が入った形跡があったし…。

でも、解禁当初は食いも悪いし、食い渋っているのかも…。
そう信じて、時間をかけて攻めてみることにしました。

すると、あまりのしつこさに根負けしたのか、やっと食ってくれました☆
a0056140_1516793.jpg
やっぱり居たんだね〜!
なかなか食ってこないなんて、おヌシ、やるわね〜( ̄ε ̄;)
見るからに天然アマゴっぽくて、型もマァマァだし、力強い引きを堪能出来たので、(今日はもう、これで満足だわ〜)なんて思っちゃいました。(^-^;

すると、カメラの開閉音が数回聞こえたような気がしたので、あたりを見回しましたが誰もいません。
私のデジカメの音かと思い、カメラを取り出して確認しましたが、異常なし。
ヘンだなぁ〜と思いながら上流を見たら、Takeちゃんが魚と格闘をしていました!Σ( ̄□ ̄|||)
タモに取り込んだのを見に行ったら、こんなビッグなアマゴでしたよ〜☆
a0056140_15245687.jpg

「泣き尺って感じだね。身体全体が赤くて、いかにも天然アマゴって感じで、こんなのがいたんだね〜(゜o゜;) 」と、Takeちゃん。
(ちなみに帰宅してから測ったら、ほぼ30センチだったので、生きている時は30センチ超えていたと思います。)
「この前、中道師匠が、こんな赤みの強い天然アマゴは貴重だとかで、県の試験場に持って行ったとかおっしゃっていたよね。」
「いやぁ〜、こういうのが釣れて、感動したよ! 瀬で掛かったし!」

まだ1匹づつしか釣っていない私達でしたが、すっかり満足してしまいました。

そして、お昼御飯を食べながら、Takeちゃんが「フキって、いつ採れるんだっけ?」と聞くので「4月になってからだよねー。」って答えると、この近くにフキが採れる場所があったのを思い出しました。
「フキが採れるんだから、フキノトウもあるはずなんだけど、あるわけないか〜」なんて半信半疑でその場所に行ってみたら、数個ですが、フキノトウを発見しました☆
a0056140_15521887.jpg
これで作った「ばっけ味噌」(「ばっけ」とは、東北の言葉でフキノトウのことです)を渓流魚の内臓を取った後の腹に詰めて焼くと、とても香ばしくて美味しいのですが、静岡に来てからはフキノトウを採ったことがなかったのです。
今日は早速「ばっけ味噌」を作って、アマゴの腹に入れて焼いてみようっと♪
それにしても、Takeちゃんがタイミング良く「フキ」のことを聞いてくれたものです。
あんな天然アマゴも釣り上げるし、何か憑いているんじゃないでしょうね〜( ̄□ ̄;)

さて、午後からはどこで釣りましょうか?

現在、興津川では数カ所で河川工事が行なわれているのですが、この渓流釣り解禁の3日間だけは濁りを出さないように、工事は行なわれないとのこと。
この機会に本流を釣っておかないと、濁りの為、釣りが出来なくなるかもしれません。

そう思った私達は、『倉庫裏』に入ることに・・・。

しかし、なぜかどんどん濁ってきたではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)
a0056140_1612742.jpg
それでも、(ミミズを使えば大丈夫!)と思い、集中力を切らさずに釣っていたんですが、ピクッともアタリがありません。

そのうちに風は吹いてくるし、太陽が翳って寒くなってきました。

最後にココだけは攻めておこうーーーと、思ったポイントに数回振り込んだら、グングンという強い引き!
本流竿でやりとりしていたのですが、本流竿にしておいて良かった〜♪
a0056140_16282451.jpg
釣れたのは、放流された銀毛アマゴでした。
でも、すっごくシビアな流れの筋に居たし、ファイトも素晴らしかったので、感激しました!
a0056140_16305789.jpg
気がついたら濁りが取れてきたので、それで食いが立ったのかな〜と思いました。
やっぱり初期は活性度が低いですから、「濁り」は致命的ですね(;´ー`)

「ささぶろ」の駐車場に車を停めさせて頂いていたので、報告がてら「ささぶろ」に寄ると、宮ちゃんが帰ってきていました。
女の子2人に合計32匹も釣らせてあげたとか!(゜o゜;)  
さすがですね〜。釣りも上手いけど、釣り指南は、もっと上手いと思う。マジで!!
さらに上手いのは、「イノシシ料理」。
撃って獲るのも上手いんでしょうけど、宮ちゃんのイノシシ料理はホントに美味しい。
天然イノシシの「モツ汁」をご馳走になりましたが、肉はプルップルで味加減が絶妙で、Takeちゃんが「絶品だね!」と太鼓判をうってました(^-^)
きっと、釣りで身体を冷やして戻って来るお客様の為に作って用意してあったのでしょう。
宮ちゃん、お父さん、ごちそうさまでしたm(_ _)m

・・・というわけで、今日の釣果は二人で3匹だったけど、1匹1匹の存在感がビッグなので、大満足の解禁日でした。
明日は川見がてら、藁科川そして安倍川方面に行って来ようと思います。

3月3日(日)
藁科川に行く気マンマンだったのですが、とある事情で、急遽、興津川に変更に・・・。
さてと・・・それでは、どこに入りましょ?
実は、Takeちゃんは解禁前から「去年の禁漁前に行った渓でイワナが釣りたい☆」って言ってたのですが、「ずっと寒かったから、岩場とか凍っているかもしれなくて危ないし、そもそもイワナだって、サビて、真っ黒で、痩せていると思うよ。せっかくのイワナが美味しくないし、4月に入ってからでも良いんじゃない?」と、私がダメ出ししたので、昨日もアマゴ狙いになったわけです。
でも、ここのところ暖かいせいかどこも凍っていなさそうなので、今日はイワナ狙いで行こうと思います♪

・・・っが、行ってみたら、先行者の車があちこちに停まっているではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)

仕方がないですよね〜解禁日直後の日曜日なんですもの。。。

しょうがないから、あきらめて移動しました。

初めての渓流でしたが、イワナを期待して釣ってみることに…。
a0056140_1745022.jpg
ちょっとした落ち込みに竿を入れると、引ったくる様なアタリが・・・。
そのアタリからして、きっとイワナだと思ったのですが、なんか赤いゾ・・・・???
a0056140_1783140.jpg
あらまぁ〜、立派な天然アマゴではありませんか!!Σ(◎o◎;)
すごいね〜〜、ココ、ちょっとしたことだけど、竿抜けになっていたのかな…?

すると、Takeちゃんのほうでも釣れたようです!
a0056140_17105397.jpg
「MURAKAMIさん! MURAKAMIさん手造りの、この素晴らしいタモに見合うような立派なアマゴが、ようやく釣れましたよ!」
Takeちゃんは、取り込んだ際にそう思ったそうです。
(「MURAKAMIさん、私もアマゴが釣れる度にそんなことを思ってますよ〜」(^-^))
それにしても大きくて、この独特の赤みがかった、中道師匠のところで見た写真のような天然アマゴが実際に見れるなんて夢を見ているようです。
昨日に続き、今日までも、こんなに素晴らしいアマゴと出会えるなんて・・・。
a0056140_18182449.jpg
実物はもっと体高があり、身体の色も鮮やかなのですが、写真じゃ上手く撮れないのがもどかしいです。

とりあえず、この2匹は車に戻ってオトリ缶でブクを付け、生かしておくことにしました。

その後、さらに上流をめざして釣り上がったのですが…。
a0056140_18222825.gif
チビアマゴとミニアマゴしか掛かりませんでした。
もしかしたら昨日釣った人がいて、チビちゃんとミニちゃんは残しておいたのかもしれません。
a0056140_1824119.jpg
私もハリをわざと大きめにして飲まれないようにしていたのですが、この1匹だけは飲まれて、ハリを外す時に弱らせてしまいました。
この子だけは、やむを得ず持ち帰ることにしました。
a0056140_18275057.jpg
Takeちゃんも1匹、まぁまぁの型のアマゴを掛けたらしいのですが、上に木が覆い被さっていて、取り込む際に逃げられてしまったそうです。

そんなこんなで、今日も二人で3匹キープとなりました。

今日は早めに帰って、アマゴに敬意を表して、炭火で焼いて頂くことにしました。
a0056140_18313944.gif
昨日釣った天然アマゴ2匹と、今日私が釣った天然アマゴ2匹を焼きました。
Takeちゃん特製「火起こし器」が大活躍です!
炭に早く火がつくし、火の粉も飛ばないので、とても安全なんですよ♪
耐火モルタルで作った「串挿し立て器」もバッチリです!
おまけにオーブンのようにしっかりした「囲い」や風防も作ったから、とても効率よく遠赤外線でじっくり焼けるのです。
a0056140_18384958.jpg

焼き上がりました☆
もともとの魚体がサビているせいか、なんだか黒くなってしまいました・・・が、味はやっぱり昨日Takeちゃんが釣ったアマゴ(焼いた中では、一番大きい)が、コクとうまみがあって美味しかったです。
ちなみに2匹は「ばっけ味噌」を作って腹に詰めて焼いたのですが、初めて食べたTakeちゃんにも抵抗がなく、美味しく食べていただけたようです。
独特の苦みの中に潜んでいる爽やかな味わいが「春」って感じで美味しかったです♪

ーーーで、今日Takeちゃんが釣った天然アマゴですが・・・

「たぶん、これから先、こんな素晴らしい天然アマゴは釣れることはないだろう。」
「自然環境の悪化で、川もどんどん荒廃しているし、釣り人はどんな沢にも入っているから、こんな出会いはもう無いかもね。」
「剥製にして、大事にとっておきたいね。」
「そうしたいね。」

Takeちゃんにとって、この赤みを帯びたアマゴの美しい姿は、衝撃的かつ神秘的で、これまで渓流釣りをしてきて数々のアマゴとの出会いがあった中でも、最も感動的だったようなのです。
私もこれまでに随分と渓流釣りをしてきたわけですが、この天然アマゴを渓流釣りの「象徴」という形で残しておきたいという思いが浮かんできました。

今回も思いがけない形で、昨日今日と2日続けて天然アマゴと出会い、彼らがひっそりと、でも確実に、それぞれの渓で生き続けていてくれることを知ることが出来ました。

私は東北でヤマメを釣っていたある時から、「このヤマメを私が釣ってしまうと、ヤマメが絶えてしまう。」と思うようになり、「年魚」であるアユ釣りのほうが、心置きなく釣りが出来るような気がしていました。
(「命」の重みは等しいので、その考え方は“気休め”でしかないのですが…)

でも、また渓流釣りを始めて、今回のように天然アマゴに出会えて、こう思えるようになったのです。

こうやって家に帰ってきても、ふと川のことが頭に浮かぶ時、(ああ、あの渓にアマゴがひっそりと生きてくれている。)と思える安心感が出来たことを。

ヘンな理屈かも知れないけど、そんなふうに思うと、心が安らいできます。

Takeちゃんの釣った天然アマゴの剥製が出来てきたら、それを見る度に川や渓流へと思いがつながって、きっと安らかな気持ちになれそうな気がしてきました。

昨日行ったような小さな渓が他にも存在して、これからも絶えることなくアマゴやイワナが棲み続けていてくれることを切に願いつつ・・・。
また今年もいろんな魚との「一期一会」を大切にしていきたいと思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2013-03-04 23:00 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(58)
Commented by NAO at 2013-03-05 00:10 x
お久し振りでぇ~す。
いや~見事なアマゴですね、いいもの見せてもらいました。

自分は花粉症が酷くてまだ怖くて山に近づけません。
でも、このブログを見て渓流に行った気になりましたよ。
山歩きはくれぐれも気をつけてくださいね。

さて、俺も・・・今週は安倍藁科の年券を買うとするかな。
Commented by よしよし at 2013-03-05 00:28 x
興津川って、不思議な川ですね。
水量のわりに大きなアマゴがいるし、安倍藁科なんてチビばっか(笑)

スマホからなので、たくさん書けない
(^^;;
Commented by ちゃぼ at 2013-03-05 09:17 x
おはようございます(^^
立派な綺麗なアマゴですね~ 「私をアマゴと言わずして、何をアマゴという?」って・・・ 言ってるかも(^^;
私らも、2日に初FLY行ってきました。 が、餌釣り者の後ですから。。フライに出てくれませんでした(--; 使うフライはまだ、ライズがなかったのでドライでなくニンフです。何回か川を変えて釣行したんだけど、どこも釣り人ばかり。。。 また来週もロッドを振りに行くんでしょうね(^^;
 振りにですよ(^^ 釣りにですよじゃないとこが・・・(^^;
Commented by 坪ちゃん at 2013-03-05 11:53 x
綺麗なアマゴですね〜。
数が釣れなくても満足感がありますね。
(^_^)
Commented by 八兵衛 at 2013-03-05 12:56 x
こんにちは
いつも楽しく拝見させてもらってます。まずは、渓流つり解禁おめでとうございます。初釣行から天然のヒレピンをゲットできるなんて幸先いいですね。私も、ホトさん、タケちゃんと同じく、自然の恵みや命の重みに感謝して、釣りに出かけたいとおもいます。
私は花粉症なので、花粉が一段落したら出動です。今シーズンもよろしくお願いします。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-05 15:40
>NAOさん
こんにちは(⌒-⌒)
花粉症は辛いですね〜確かに、山は花粉で霞んで見えてました(;´ー`)
まだ魚もサビているし食いも悪いので、ボチボチいきましょう♪
私達もまだ安倍藁科川の年券、買いそびれているし・・・。
今年は一緒にアユ釣りしたいですね☆
Commented by hototo-gisu at 2013-03-05 15:45
>よしよしさん
そうなんですよ〜。ホント、不思議です。
安倍藁科は攻められ過ぎなんじゃないですか?
よしよしさんが釣り切っちゃったからとか・・・(;¬_¬)
スマホかぁ〜、いいなぁ〜〜☆
でも私が持っても、きっと使えない…メカは苦手!(^-^;
Commented by hototo-gisu at 2013-03-05 15:50
>ちゃぼさん
こんにちは(^-^)
この前、ルアーって釣れないね…って話をしてたけど、フライのほうがもっと難しいですよね〜。
難しいからこそ、自分で巻いたフライで釣れた時の喜びは何倍も大きいんでしょうね(⌒-⌒)b
よく考えてみたら私達も「ボウズ」と紙一重でしたからね〜(爆)
来週は危ない・・・。竿を振りに行くだけかも・・・(汗)。。。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-05 16:00
>坪ちゃん
ありがとうございます(⌒-⌒)/
今回は思いがけず、綺麗なアマゴに出会うことが出来ました☆
渓流釣りは鮎釣りと違って「数」じゃないですものね〜。
あれっ?でも、最近の私達の鮎釣りは数が出ないから、鮎釣りも「数」じゃなくて「中身」重視かも・・・(^-^;
Commented by hototo-gisu at 2013-03-05 16:06
>八兵衛さん
いつもご覧いただいて、ありがとうございます。
今年の渓流解禁は二人して幸運だったと思っています。
八兵衛さんも花粉症ですか・・・早く花粉が少なくなって釣りに出掛けられるといいですね! たぶん、その頃が山も川もベストなのではないでしょうか☆
こちらこそ、今年も宜しくお願い申し上げます(⌒▽⌒)/
Commented by あきこっち at 2013-03-05 20:38 x
はじめまして。以前から拝見させてもらってました。主人に連れられ、鮎やらヤマメやらに同行してます。会話にいれて頂ければ幸いです。
Commented by kai at 2013-03-05 20:53 x
解禁早々大物連発じゃないですかー!(◎o☆)
オメデトウ(^▽^)ゴザイマース♪
しかし、嬉しい半面うしろめたいと言うより畏敬の念さえ感じます。
剥製にするというのは良い考えだと思います。
いつまでも、そんな自然が残されるよう切に願いたいですね。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-05 21:17
>あきこっちさん
はじめまして(⌒-⌒)
以前から見て下さっていたとのこと、嬉しいです♪
>主人に連れられ、鮎やらヤマメやら・・・
これ読んで「羨ましい〜っ」って思っている人の顔が目に浮かびますよ(^-^)
このブログにコメント下さっている皆さんは、とても紳士的な方ばかりなので、どうぞ気軽に書き込んで下さいね。
お待ちしてます\(⌒▽⌒)/
Commented by hototo-gisu at 2013-03-05 21:32
>kaiさん
どうもありがとうございます(⌒-⌒)
「1点豪華主義」みたいな、一歩間違うと「ボウズ」みたいな…そんな感じですが、とても幸運な解禁釣行だったと思います。
おっしゃる通りで、ここまでひっそりと生きてきたアマゴですから、畏敬の念を感じますね・・・kaiさんから、剥製にすることを良い考えだとおっしゃって頂けて、嬉しく思っています(⌒-⌒)
Commented by あきこっち at 2013-03-05 23:29 x
鮎とかヤマメを釣りに連れてってもらうのですが、あのタイツが恥ずかしいです。鮎もヤマメもハードな場所なので、仕方ないですが、タイツの上にキュロット着用はアリですか?
Commented by hototo-gisu at 2013-03-06 00:14
>あきこっちさん
タイツが恥ずかしいっていうの、よーくわかります!
ウチのTakeちゃんも、「バレリーナみたいでイヤだ」って、それが理由で鮎釣りをやりたくなかったくらいですから(爆)
私が渓流釣りや鮎釣りを始めた頃は女性釣り師もいなくて、あの格好しか選択肢がなかったから疑問に思わなかったのですが、最近は釣りガールも増え、山ガールやトレッキング、ソロキャンプの女性ファッションを見ていると、川ガールも同じように可愛いくしたいのに…と思います。
そんな思いをTakeちゃんがこんな記事にしてくれました。

http://www.geocities.jp/takechan_house/diary/2011_02.html#20110224

若いあきこっちさんなら、こういうの似合うし、ステキだと思うな〜☆
私も10歳ぐらい若かったら着てみたいけど、ちょっと手遅れかなぁ〜と。(笑)
タイツの上にキュロットを着用しても安全性に問題はないと思うし、近い将来、川ガールのファッションも、あきこっちさんが恥ずかしくないように変わってくるように思います。
その時は私も“どさくさに紛れて”キュロット、着ちゃお〜っと♪
Commented by あきこっち at 2013-03-06 06:43 x
川ガール・・(w  私の地方では鮎釣りガールがとても少ないです。その上、主人が釣りに夢中になって、あの格好でコンビニに弁当を買いに走らされたりするので大変です。主人いわく、「ビーチバレーはもっとはずかしい格好だろうが!」です。夫婦二人とも鮎釣りは上手ではありませんが、こんなやり取りをしながらたのしんでいます。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-06 21:25
>あきこっちさん
「ビーチバレーは…」ですか! 
アハハッ、ユーモアのある旦那さんですね♪
「川の近くのコンビニだったら、鮎釣りの格好で行っても違和感がないから、他の人も気にしないかも。」とTakeちゃんも言っています。でも、気になるのよねぇ〜女の子なんだもん(^-^)
でもでも、あきこっちさん、鮎釣り、やめないでねぇ〜☆
夫婦で共通の趣味を持てるって幸せなことだと思うし、夫婦円満の秘訣かも!
その趣味が自然の中で遊べる渓流釣りや鮎釣りっていうのは、なんかイイじゃありませんか〜ステキですよ〜☆
釣れても釣れなくても、あ〜だこ〜だ言いながら、楽しみましょう☆
こっち(静岡市)の川が調子が良かったら、ブログに書きますので、ぜひお二人で遊びにいらして下さい!
一緒に楽しく釣りたいですね☆
Commented by あきこっち at 2013-03-07 07:25 x
おはようございます。
こちらの地方は、渓魚は主にアマゴちゃんですが、ひと山越せば日本海側なのでヤマメがいます。ゴギというめずらしいイワナもいますよ!
鮎は「利き鮎会」でグランプリに輝いた宇佐川という川が近くにあり、鏡を張ったような透明な水なんで、警戒されてなかなか釣りにくいです。
今週末、天気がよければアマゴちゃんに会いにいこうと計画してます!
いつかご一緒できればいいですね☆
Commented by hototo-gisu at 2013-03-07 14:15
>あきこっちさん
「利き鮎会」でグランプリの宇佐川が近くにあるんですか!(◎o◎;)
羨ましいですね〜☆
そういう清流がいつまでも残っていて欲しいです!
いつの日か、そちらのほうにも釣行出来る日を夢見ています☆
今週末、あきこっちさんもアマゴちゃんに会えますように(^-^)v
Commented by combatfox at 2013-03-07 17:20 x
天候不順とか体調がよくないとか、いろいろありましたが、こんなすばらしいアマゴに出会えるんなら、ちょっとくらい無理したくなっちゃいますよね~wしかしおっしゃるとおり今後どれだけ自然環境を保全していけるか・・・大きな過大だと感じます。私も花粉症でアウトドア大好きなのにつらい病です。何とか無理せずブッシュクラフトなどしながら、楽しんでおります。お互いに良い自然を残したいですね~
Commented by あきこっち at 2013-03-07 20:44 x
週末、こちらは天候にめぐまれそうです。
主人が、高校野球の指導をしている関係で、今週の釣りは土曜日午前中のみですけれど、今季初の出撃ですので楽しみです!
昨晩、主人から「いいかよく聞け、アマゴはな・・・云々・・かんぬん」とアマゴ釣りのレクチャーをお聞かせいただきました。ウザいwでしょ?
きっと、かわいいアマゴちゃんがほほ笑んでくれると信じているワタクシです。
錦帯橋で有名な錦川という近所の川へ行く予定です。HPもブログももっていないので画像での報告ができないのが残念です。錦川は鵜飼いでも有名で、なかなかの鮎の産地なんです。山の形や周辺の景色、とってもいい雰囲気で大好きです。お暇なときにでもググってみてくださいね!
ちなみに私、静岡は大好きです。友達が静岡県に数人いまして、何度か行きました。空気も環境も景色もよくて、人柄もおだやかで大好きです。
ちょっと背伸びして、街を歩くことが好きだったのに、「あの子は肘の使い方がおしいね(野球)」とか「盛期の本流はイカリじゃなくヤナギに限るよネ(鮎)」とか、そんなオナゴになりつつある、あきこっちでした☆
週末、よいご報告できましたらまたカキコしますネ☆
Commented by hototo-gisu at 2013-03-07 23:00
>combatfoxさん
花粉症、辛いですね〜(;´ー`)
最近、イチゴをすりつぶしたのが花粉症に効くとネットで読んだのですが、combatfoxさんも自分用にイチゴを育ててみては…?
イチゴは私も作ったことがあるのですが、自分用ならあまり手もかからず、増やすのも容易だったように記憶してます(曖昧でスミマセン)
いずれにしても、早く飛散のピークが過ぎて、combatfoxさんの大好きなアウトドアが清々出来るといいですね☆
Commented by hototo-gisu at 2013-03-07 23:34
>あきこっちさん
高校野球の指導をなさっているんですか〜!
「ビーチバレーは…」の発言も“体育会系”なので納得です(^-^)
あきこっちさんは静岡にお友達がいらっしゃるそうですが、私は下関に友達がいるんですよ。以前、下関の近所には鮎の川がないのかなぁ〜って検索したら、錦川がヒットしたので、もっと近かったらなぁ〜なんて思ったことがあるのですよ。
山口県も萩や秋吉台には数回行きました。
下関弁は最初ぶっきらぼうで荒っぽく聞こえたけど、すぐに心根が優しい人ばかりだとわかりましたし、大好きです!
一度しかない人生ですから、街歩きもいいけど、いつだって誰だって出来るし(?)、野球の話や鮎の話が出来るオナゴって「ブチ、イケちょるやん♪」
報告、楽しみにしてますね\(⌒▽⌒)/
Commented by ニコパ at 2013-03-08 00:47 x
渓春おめでとうございます。見事なあまごですね。惚れ惚れ見てました。昨年はあまりにも悪かった興津川でしたけどなんとなく復活の予感(根拠なし)だけはしますね。(笑)僕も行きたいけど突然花粉症がめちゃくちゃひどくなったので今年は諦めの境地です。でも対策のためのその1をしようとしてますが・・・今年もアマゴ釣りに行きますので遊んでね。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-08 20:59
>ニコパさん
こんばんは(⌒-⌒)/
今年は良さそうな気がしますよ〜っ♪ 私も根拠なし…ですけど(^-^;
花粉症、今年はひどい人が多いですね( ̄~ ̄;)
ニコパさんもそうなんですか・・・大事になさって下さい。
少し落ち着いたら、ニコパさん十八番の細糸だけでなく、ちょっと太めの糸も用意して、遊びにいらして下さいね♪
Commented by MURAKAMI at 2013-03-08 22:50 x
ホトさん、たけちゃん、ありがとうございます。       タモも餌箱も大切に使って頂いて幸せです
解禁早々良い釣りをされてますね、素晴らしいアマゴです。
そしてなによりも、興津川が元気でいてくれたことが本当に嬉しいです。私は例年以上に仕事漬けの毎日です。また桜の季節に興津の川辺でお会いしましょう。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-08 23:50
>MURAKAMIさん
見て下さいましたか!
タモも餌箱も使うほどに味わいも愛着も増して、使う度に感謝、感謝です。
こちらこそ、ありがとうございます!!
興津川は数カ所で工事が行なわれているので本流は濁りが入りますが、MURAKAMIさんがいらっしゃる頃には、工事が終わっているといいのですが…。
今年は例年以上に仕事漬け?! 大丈夫ですか?
どうか、身体に気をつけて下さいね。
そんなMURAKAMIさんには、興津川の神様がまたビッグな贈り物を用意して下さっているのではないかと…(⌒-⌒)b☆
興津川のアマゴちゃんともども、お会い出来るのを楽しみにしています。
Commented by あきこっち at 2013-03-09 14:49 x
こんにちは。
今期はじめての渓流釣りにいってまいりました。
多少風があったんですけど、天気も良くって気温も高くって、絶好の釣り日和でした(笑
ですが・・・サイズが揃わず、おチビちゃんばかり(泣  キープサイズは1匹のみでございました。この子は天然魚のような綺麗な尾をしてましたよん。数が揃わなかったのでリリースしてあげました。ご主人様はボーズ!「おれは流芯にいるのしか釣らねんだよ!アイツら、まだ流芯に出てねえな」だそうです。言い訳は容赦なく無視。今季は友人の山ガールを川へ誘ってみようとおもっています。今日は、夕方から修行僧が数人、わが家へ来ます。主人とこの球児さんです。練習で徹底的に鍛えられた体と、色黒の風貌はまさに修行僧なのでそう呼んでいます。
この子たちもこれからが本番。過酷な練習に耐えるためにも、今日はスタミナ満点の料理を作ってあげたいと思います。鮎師にとっての鮎のように、夏には素晴らしい感動をくれることでしょう。
小さいけれど、かわいいアマゴちゃんの顔が拝めました。アマゴちゃんに感謝です☆
Commented by hototo-gisu at 2013-03-09 21:57
>あきこっちさん
渓流解禁、おめでとう〜(⌒-⌒)☆
綺麗なアマゴちゃん達に会えたようで、良かったですね!
旦那様は残念でしたけど…(^-^; もっと活性が上がれば釣れますね♪
お友達の山ガールも、川ガールになってくれるといいのにね〜♪
高校球児かぁ〜若い時に打ち込める何かがあるって素晴らしいですね。
過酷な練習も、過ぎてみれば良い思い出になるし、社会人になっても必ず心の支えになります。
ご自宅に呼んで手料理でもてなすとは、旦那様もあきこっちさんを信頼なさっているんだろうな〜って思いました。
「今どきの若い子は…」って言葉、良く聞くけど、その若い子を育てるのは大人なんですよね〜。
旦那様の良きご指導や、あきこっちさんの思いやりが教え子さん達に通じて、これからも成長していって欲しいですね☆
Commented by あきこっち at 2013-03-10 17:27 x
今日は釣りでなく、お友達と里山トレッキングにでかけました。午後からよい天気にめぐまれて、山頂でお抹茶タイム。かなり汗かきましたけど見下ろす瀬戸内海はキラキラで、絶景でした。
ところで、秋田・鉄砲・釣りのフレーズ。主人の話ですが、彼は釣りキチ三平が好きで、作品に出てくるマタギに興味を持ったことで文献あさりから始まって、大好きな三平の故郷でもある秋田までマタギ取材に行った過去があるんです。阿仁地方というところ。吉村昭の小説にマタギものがあるんですが、私も無理に読まされました。こちらの猟友会の方からも免許をすすめられたのですが、実現はしてません。ブログを拝見させてもらって、気になったフレーズです。 byあきこ
Commented by hototo-gisu at 2013-03-10 22:15
>あきこっちさん
山頂でお抹茶ですか〜おしゃれですね☆ ステキっ♪
瀬戸内海の絶景も素晴らしいでしょうね〜(⌒-⌒)
いい時間が過ごせましたね!

旦那様も自然が好きな方なんですね。
マタギ取材にいらっしゃったなんて、驚きました。
私も阿仁には良く行きましたよ〜鮎釣りとサクラマス釣りで。
秋田も山が深くて山菜も豊富でイワナやヤマメも良く釣れて、人々はラテン系で明るくて、いい所ですが、雪も深いですからね…昔のマタギの厳しい生活がしのばれます。
私は鳥猟しかしないのですが、雪山での熊撃ちの話は聞いたことがあります。熊は冬の間は冬眠しているのかと思っていましたが穴から出てくることもあるそうで、そういう熊を狙うとか・・・。
命がけですね。
鉄砲撃ちも釣りも、獲物のことを熟知しないと獲れない(釣れない)わけですから、おのずと、その生き物のことに詳しくなります。
知れば知るほど、生き物の賢さや命の尊さ、自然の尊厳を知るようになりますので、旦那様もそういうことに深い興味があるのでしょうね。
自然が大好きなあきこさんをお嫁さんに選んだ、旦那様のことがわかるような気がしたエピソードでした(⌒-⌒)b
Commented by あきこっち at 2013-03-11 20:09 x
秋田の人たちはラテン系なのですかぁ・・びっくり!取材というと大げさですが、卒業論文でマタギをテーマにしたらしいのです(でも自然や猟とはまったく関係ない学部です)。山や川での抹茶、おすすめですよん♡
主人が取材に行ったマタギさんは老齢で、単発銃しかない時代を知っている方で、撃ち損じに備えて槍を持って山へ入ったそうです。熊の息がかかるくらい引きつけて撃たないとし損じるんですって!不発もしょっちゅうあったそうです。自然と生きるって、ほんとに命がけなんですね。
ホトトギスさん(でよろしいのかしら?)、女性でサクラマス・阿仁なんて玄人でカッコいいですね。私なんぞはまだまだ赤ん坊のような経験値です。
ホームグランドの錦川にはサツキマスがのぼってきます。時効ですが、主人は子供の頃、淵に潜ってヤスで突いてたそうです。今は、シーズンになると、ルアーマンが朝早くからルアー投げてます。すごくやりたいのですが、アマゴちゃんのベストな時期とダブるし、なかなか出合えない魚のようなので、まだ私には早いかな。
明日は仕事帰りに、鮎用のアンダーシャツ買いにいきます☆

Commented by hototo-gisu at 2013-03-12 16:36
>あきこっちさん
そうなんですよ〜いつか、あきこっちさんも秋田に行けるといいですね☆
食べ物も美味しいし、釣りも楽しめるし、きっと気に入ると思います。
錦川にはサツキマスがのぼってくるんですか!
私も、サツキマスを本流竿で釣るのが夢なんですよ。
あきこっちさんも、いつか旦那様と一緒に、「本流竿」でサツキマスに挑戦してみて下さい☆
鮎用のアンダーシャツ、気に入ったのが買えましたか?
鮎のメーカーのは、デザインがいまいちなので、同じ様な素材で出来ているゴルフウェアとか、ウォーキングウェアとか、そういうのから見つけるとステキなのが見つかりますよ(⌒-⌒)
Commented by あきこっち at 2013-03-12 20:54 x
アドバイスありがとうございますぅ♡トレッキング系とかウォーキング系にかわいいのありますよね。見た目はチャラ男ナンパ系と、ふにゃふにゃおっとり系の夫婦ですが、もとは私達、ゴルフ競技で知り合ったんです。コンペとか和気あいあいのでなく、アマの試合。で思うのですけど、ゴルフウェアはオシャレなのに機能的にはいいのがないんです(泣   
私は真夏のカッカ照りつける中での鮎釣りが好き(変態!)ですんで、野球用アンダーシャツなのです。真夏でもサラサラですし、人がそばを通っただけで、ひんやりするんですよ!ゴルフやトレッキング用はべたつく感じがしています。でも、パステル系のアンダーシャツなどないので、今回はエンジにいたしました。本格スポーツ系は、オシャレっ気ゼロですが、やっぱスゴく機能的です。釣り業界って、機能もデザインもすごく中途半端(すみません)なのではないかと・・・。ゴルフ用品も今だにそうなんです。街着は男性がかわいそうなくらい女性ファッションは恵まれていますけど、スポーツやレジャーのファッションって、まったく逆ですよね!安全でオシャレな、画期的な女性用鮎タイツとか、タカちゃんさんに発明してほしいです☆
Commented by hototo-gisu at 2013-03-13 00:45
>あきこっちさん
ゴルフ競技で知り合ったとは!(*_*)
二人揃って「体育会系」だったんですね〜。
それも、見た目と中身が違ってるぅ〜みたいな。(^-^;
魅力的なお二人じゃないですか!!

そっかぁ〜、ゴルフウェアはベタ付くねぇ…。
フムフム、そうかも…ワタシのル・コックも、そういえば、そんな気が…。 

タケちゃんは「商品企画部」とか「新商品開発部」に絶対向いてると思うのですが、本人はそういう職業に興味ないみたいです(^-^;
Commented by あきこっち at 2013-03-13 18:52 x
そうでしたね~☆おねいさん、こないだ誕生日でしたね!いつかの記事で読ませていただいた記憶が。ワタクシは3月27日です。んでもって、娘が13日(今日です)なんです。
そうですね・・体育会系でございます。ワタクシは少女~高校バレーボールとゴルフ。主人は少年~高校を経て実業団まで野球、と少年サッカー、陸上短距離です。ゴルフはプロを目指していましたがプロテスト不合格で断念。見た目チャラ男ですが、高校野球では有名強豪校でピッチャーでした。 と、なんだか自慢になってしまってごめんなさい。
でもでも、鮎用アンダーには野球用が一番だと思っています。ゴルフやってた頃、野球のアンダーシャツを着てびっくりしました。ゴルフって、スポーツ扱いでなく、レジャー扱いなんだなぁと。釣りもそうですね、値段ばかり高いけど!機能は本格ガチなスポーツで、デザインはオシャレにできないのかしら。センスに優れたタケちゃんさんみたいな人が開発部にいないのかなぁ。私の鮎釣りスタイルを主人が笑います「クロカワムシに似ちょう!」って。
娘が塾から帰ればパーティーです。はぁぁ・・片づけがぁ・・。ホトトギスさん、お誕生日おめでとっ☆
Commented by hototo-gisu at 2013-03-13 23:12
>あきこっちさん
おやまぁ、あきこっちさんも娘さんも3月生まれでしたか!
ゴルフねぇ〜、私も若かりし頃、少しやりました。ラウンドで他の人に迷惑が掛かるといけないので、ちゃんと基本から練習したので、フォームとかは身についているかも…。
確かにゴルフは接待ゴルフとかで、ウェアや靴とかもゴルフ用のがあって他の種類(?)のは身につけちゃいけないような風潮がありますから、メーカーも強気ですよね。
旦那様、プロゴルフ界に行かなくて良かったじゃないですか。
高校球児…っていうか、若者を育てる仕事って、尊敬します☆
しかし…「クロカワムシに似ちょう!」ですって?! 
タケちゃんにウケてました(^-^; 「きっと、黒ずくめなんだろうな〜」って。
今回はエンジにしたそうなので、少しは良いかも!(⌒-⌒)
娘さん、ステキなご両親にお誕生日を祝ってもらって、幸せですね☆
Commented by あきこっち at 2013-03-14 22:27 x
ご主人さんからのプレゼント、うらやましス!やさしいご主人さんなんですねぇ~!うちのハズバンドに見習わせたいワぁ・・。うちのは亭主関白で、よその奥さんにも亭主関白(笑  そのへんのガキ大将がそのまま大人になったような感じです。今週末、友達夫婦と私・娘の4人で行く予定だったトレッキング・・・地方誌での熊の出没情報で微妙です。行けたらいいナぁ~・・・。
接待ゴルフ・・・嫌な響きですねぇ・・。主人が接待ゴルフに参加して、取引先の役員を怒らせたことがありました。飛ばしすぎ、ウマすぎで。接待ゴルフは、日本だけの文化なんですよね。接待ゴルフなんて、ゴルフを馬鹿にしてますねぇ・・・。私はバレー出身で、球を直に扱ってたので、道具を介して球を扱うスポーツは本当に難しいと痛感してます。
私ももうすぐ誕生日!でも・・また一つ歳とっちゃいます。娘からのプレゼントが楽しみです。一方、主人からのプレゼントは、「西部警察」みたいな偏光グラスだと判明です。ネットで購入履歴を確認してしまいました。今シーズンの私は、カマキリみたいなグラサンに、下半身がクロカワムシみたいになりそう・・・カワムツにモテそうですね  では。


Commented by hototo-gisu at 2013-03-15 14:14
>あきこっちさん
亭主関白なんて言いながら、あきこっちさんの手のひらの上で泳がせられている(?)旦那様の姿が目に浮かぶようです(笑)
接待ゴルフって、ホント、イヤですよね〜。
自分より上手いからって怒る役員さんも、人間がチッチャイなぁ〜。
真っ正直な旦那様も、ゴルフを真面目にやってきた人だから、「手加減する」ってことが出来なかったんでしょうね〜(;´ー`)
そんな旦那様も、ちゃ〜んとプレゼント用意してるんじゃないですか!
パソコンの履歴を見たことは伏せといて、喜んであげないとスネちゃいますよ(^-^) 
もしトレッキングに行くとしたら、腰に鈴とかラジオとかつけて、常に音を出して人間がいることを知らせないと!
熊は本来臆病で目が悪いから、急に鉢合わせすると怖くて襲っちゃうっていいますよね。
くれぐれも気をつけて下さいね。
Commented by あきこっち at 2013-03-15 20:41 x
こんばんは。なんだか、連貼りで、ストレス解消相手みたくしちゃってすみません。以前、ハズバンドが熱心にパソコンの画面見てるので、気になってのぞいてみたら、全国亭主関白連盟(だったかナ)のHP。略して「全亭連」だそう。いやぁ~ん☆くだらなぃぃ~! で、「言ぅちょくけど、くだらん団体に加入せんでよ!」とクギをさしておきました。
今年の3月は暖かくありませんか?鮎の夏ももうすぐですネ!鮎のほかに、わが家ではテナガエビもブームなんですよ。河口で釣るんですけど、車エビか!ってほどおいしいんです。おねえさんなら、きっと洋風にアレンジされるのではないかな。家の前の小さい川で、ウナギの穴釣りもします!ご近所に恥ずかしいですけど・・。朝のみそ汁に入れるシジミも、朝、取らされてます、小川で!近所だけはやめて・・と最初は思ってましたけど、慣れました。鮎の取り込みも、家の前の空き地で一人練習させられまして、ガキは寄ってくるし、変態と思われてないかすごく不安でした(笑  
では☆        


Commented by hototo-gisu at 2013-03-16 08:24
>あきこっちさん
おはようございます(^-^)
「全亭連」ですか!(゜o゜;)  
そこまでこだわるって、「そうありたい!」とおもっちょるんじゃないん? (突然の下関弁(^-^;)
あきこっちさんを前に、そうなりきれない自分を自覚しちょるんよ。
ほっとき、ほっとき〜♪
こっちは急に夏みたいに暑くなったり、急に冬に戻ったりの繰り返しで、身体がついていきません(;´ー`)
エ〜ッ?! テナガエビがブーム?
ウチもTakeちゃんが去年から始めました。
まだ数匹しか食べてないけど、美味しいですね♪
私達も、うなぎの穴釣りを去年から始めたし〜。
あきこっちさん達のほうが先輩ですね!
それに、シジミが近所で採れるなんて〜〜スゴすぎる!( ̄□ ̄|||)
鮎の取り込みを空き地で練習〜〜っ?! 自主トレ、すばらしい!!
Takeちゃんが「あきこっちさんって、面白いからブログを始めたほうがいいよ。」と言ってます。
私もおすすめします!
きっと家族の楽しい記録になること間違いなしですよ(⌒-⌒)b
Commented by あきこっち at 2013-03-16 18:47 x
娘の学校では、「貝拾う人」と呼ばれているそうです。実は、ショック・・。
テナガは、こちらでは誰もやる人いないので、ブチおります。一度の釣りで、数十匹。サイズもナイスです。「こねぇに釣ったら、おらんようになるんじゃないん?」と思いましたが、大丈夫。自然って、すごい!感心♡です。でも、テナガ、まじでポイント高いんです!おいしいし、ミミズ3匹あれば一日もちます。主人なんか「エビに恋したど!マジで!」とまで言ってるんですよ!「宅八郎が森高に恋しちょるじゃろ、あれとおんなじ!」と。
穴ウナギはピアノ線で釣ります。デカいのになると、私の力では穴から出せません。夏休みの時期、小川で、ガキらぁが見ちょんのに、私がウナギを引き出そうとし、横で主人が「行け!バカタレ、引っ張れ!角度がワリぃ!わしに代わってみぃ!こりやぁ、奥に引っ込んじょる!一気に引けぇ言うたろうが!」って大騒ぎ。やっと引き出したら、ギャラリーが、「おぉ!」って。でまた、ガキが「オバサン、スゲーのォ!それ、サバじゃろう」って。”ウナギとサバくらいは区別せぇや"ですよね♡
ブログでこんなの公開する勇気ないです・・今んとこ・・。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-17 08:04
>あきこっちさん
気にせんでもいいやん、言わせとき〜っ( -"-)
天然シジミを採って朝から食べられるなんて、最高の贅沢なんよ☆
話を総合すると、娘さんは逞しくて素敵なご両親に恵まれて、幸せだと思うんよ〜ご両親が胸を張って生きていたら、人から何を言われても平気なんじゃないかな(⌒-⌒)
それにしても、手長エビとかウナギとか、スゴいね〜天然食材の宝庫やねっ☆ 
マジうらやましいっ!!
それにしても、「サバ」が小川にいるわけないでしょうに、今どきの子どもって、「魚が切り身で泳いでる」と思ってるって聞いたけど、ホントなんですね(*_*)!
話を聞けば聞くほど、ブログ開設が楽しみになっている私達です♡
Commented by あきこっち at 2013-03-17 16:52 x
鮎竿新調・・うらやましぃ!もうすぐ夏ですね!わくわく!
今日は中国山地まで散策に行ってまいりました。国定公園で、滝百選・水百選にも選ばれてるとこ。
亡き母は、山が大好きでした。若いころは、なけなしのお金を握りしめて夜行に飛び乗って、上高地をベースにアルプス縦走などのハードな山行をしていました。母の生前、山にまったく興味がなかった私。里山の散策にすら同行したことがありません。あんなに愛してくれたのに、散歩にすら付き合ってあげませんでした。
手元にモノクロの写真があります。まだあどけなさが残る表情でお花に囲まれて寝そべっている笑顔の女の子。写真の裏には、母の名前と「霧ヶ峰」の文字。娘が嫁にいくまでに、一緒に一度は訪れたいなぁ・・。
母が通った上高地や北アルプス、そして霧ヶ峰。
霧ヶ峰のそよ風に吹かれながら、やさしかった母の思い出にひたってみたいなぁ。
そんなことを感じた散策でした。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-17 23:10
>あきこっちさん
そうですよ〜、鮎釣りまで、アッという間です♪
中国山地かぁ〜、そうやって聞くと、なんとなく身近に思えるから不思議です。
あきこっちさんもお母さんを亡くされているんですね。
私も母が亡くなってから、ああしておけば良かったとか、話をもっと聞きたかったとか、本当に後悔しました。今も悔やんでいます。
身近過ぎる存在ほど、存在が当たり前って思ってしまうものなんですね。
そんな後悔をしたくないから、今は出来るだけ「言葉」で伝えるように心してます。「以心伝心は無い」というのが私の信条です。
お母さんのことを思い出しながら散策をする・・・お彼岸のこの時期に、いいご供養をなさっていますね。
今、あきこっちさんが山や自然に親しんでいるのも、お母さんの血を引いているからかも知れませんね。
いつも見守って下さっていると思います。
あきこっちさんも娘さんや旦那様に、言葉で思い(感謝していることとか、大切に思っていることとか)を伝えることを忘れないでね(⌒-⌒)
Commented by あきこっち at 2013-03-18 19:50 x
言葉で伝える・・ちょっとテレくさいけど、とても素敵なことですね。
アルプス以外にも、絶対に達成したい夢がありまして、スコットランドのセント・アンドリューズ・ゴルフクラブ・オールドコースでのプレー(世界最古のゴルフ場で、プロ達も憧れるゴルフ発祥の聖地)、釣りでは、モンゴル・タイメン釣り、カナダ・マスキー釣り、アマゾン釣行、ドイツ・ブラウン釣り・・。釣りでは特にドイツ!森のはずれの、牧場の横の小川なんか最高ぅ~。木蔭で、冷えたドイツワインを飲んだり小鳥のさえずりを聞いたり・・♡主人は「おい、ワインっちゅーか、チェルシーじゃろーが。ソコは」って、この方にとって、チェルシーって、そんなイメージなのネ。ドイツの牧場でチェルシー舐めれるように、しっかり働いてもらわんにゃあいけんネぇ。
主人が「教えちょっちゃれ(教えておいてやれ)」だそうですが、いつかの記事で、「これはオイカワでしょうか・・」→カワムツだそうです。これは私も馴染みの外道で、オイカワはキープ対象なので判別は簡単です。
それから「カマツカ」ですが、臭みもなく、塩焼きにしたらとても旨いそうです。砂地にすむ魚で、子供のころ、足で踏んで捕っていたそうですよ。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-19 17:02
>あきこっちさん
こんにちは(⌒-⌒)
昨日、NHKのお昼の番組で「錦川」が出ました!
去年の利き鮎大会で錦川のアユが優勝したって紹介されていましたよ☆ 水も豊富で綺麗で、日本酒やレンコン栽培に生かされているそうですね〜そりゃ、シジミも獲れるでしょ!と思いました。とてもイイ所ですね〜!
あきこっちさんの夢って、なんか私の記憶を呼び覚ますようなものばかりでオドロキです。
セント・アンドリューズはウン十年前に接待する側で行く機会もあったのですが、女子トイレがないとか、クラブハウスは女人禁制で私は行きませんでした。タイメンは、ロシアのアムール川の支流で釣りました。1mちょっとのを…。巨大な「鮎ミノー」で釣れたんですよ。ロシアに鮎って居ないのに面白いですね!
ドイツってワインを輸入してたから何度か行きましたが、その頃は釣りに無関心だったから、アドバイス出来なくて残念…。
「チェルシー」が頭に浮かぶ旦那様って、なんかカワイイです♡
アレはカワムツだったんですか!
旦那様に教えて下さったお礼、伝えておいて下さいね♪
カマツカを足で踏んで…自然の中で遊んで育って旦那様が「釣りキチ三平」が好きなのもわかりますね♪
Commented by あきこっち at 2013-03-19 20:43 x
ヴぇ~!タイメン釣ったんですかぁ~?セント・アンドリューズって、同じ名前のゴルフ場は世界中にあるけど、本物のアソコの、オールドコースのことですよね?いやぁ~ん、あんたぁ、何者?私の夢をひとつは叶えて、ひとつはスルー!んで、ワタクシ、ずっと昔、ドイツワインの会社に勤めていたので、たまたまワインの発想になったのです。ワインは、南米産のが好きなんですけどネ。ドイツなら、蜂蜜みたいなベーレンアウスレーゼもいいですが、等級下のQBAやフランケンワインが好みです♡
イトウは、北海道でもアムール水系でもなく、モンゴルなんです、私的に!北欧のパイクではなく、カナダのマスキーなんです。開高建そのまんまですけど(うふっ☆  おねえさんとお酒でも飲みながらこんな話しをすればきっと盛り上がるでしょうネ。ご主人様が壇蜜の動画を楽しんでおられる最中にpcを取り上げたので、ここらで返します。では。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-19 21:33
>あきこっちさん
私は特にタイメンに興味があったわけではないけど、もろもろの事情で行ったんですよ。蚊のものすごい襲撃に遭ったりしたけど、ロシア人のガイドさん達が皆、楽しい人達で、とっても楽しかったです。
つい最近、Takeちゃんがイトウを検索してたら、モンゴルのタイメン釣りがヒットしたらしくて、モンゴルのタイメンってどんなだ〜?と思って見たら、ロシアのタイメンよりも色黒なのね(^-^) それとスコットランドにあるセント・アンドリューズ・オールドコースに、間違いないと思います☆
あきこっちさんも昔、ドイツワインの会社に勤めてたの?!
まさかピーロートじゃないでしょうね〜(爆)私は違いますが…(^-^)
私も普通にQBAが好きです。モーゼルか、ラインか・・・と聞かれたら、酸味があるモーゼルワインのほうが好きです。甘い天つゆで食べる天ぷらにドイツワインって合うんですよね。最近飲んでないけど、買ってみようかな♪
ホント、話が合いそうなので一緒に飲めたら楽しいだろうな〜☆
その時は宜しくね♪
Commented by あきこっち at 2013-03-19 23:00 x
残念ながら、青いボトルの直販の会社ではないんです。ワイン会社って言ったのでややこしいんですが、洋酒会社。飲料メーカーですね。そこの輸入部門の・・・いやぁん、会社名バレるし・・。
Stアンドリューズで接待?すごいですね。あそこ、事前に予約できたんでしたっけ・・?くじ引きですよね?たしか、大統領や国王のコネさえ効かないゴルフ場らしいですが。
おねえさん、三平みたいぃ!イトウ、サクラ、鮎、ヤマメ、阿仁、猟犬、鉄砲!でも女の子なので、ゆりっぺが進化してゆりっ平(主人いわくです・・・すみません 失礼で)ですね!知識も経験も、とてもかなわないです☆おねえさんにモノ言えるとしたら・・カワムツ・ヌマムツとオイカワの区別くらいですね!  おやすみなさいませ・・z
Commented by hototo-gisu at 2013-03-19 23:49
>あきこっちさん
某飲料メーカーですか!・・・といえば大手ですね(^-^)b
Stアンドリューズの件ですが、ウン十年前は予約はそんなに難しくなかったんじゃないかな〜と思います。普通に頼めていたみたいですから…(^-^;
あきこっちさんの興味があるものに、偶然ピタッとハマってしまっただけですよ〜。私よりもあきこっちさんのほうが、さらなる可能性を秘めてます。手長エビやしじみやウナギといった貴重な天然食材も家族でGETしたりしてるし、夫婦揃ってゴルフもプロ並みだしアスリートだし、おまけに高校球児も育ててるなんて…☆
「ブログで今までのエピソードを小出しにUPして欲しいね!」とTakeちゃんからのお願いをお伝えしつつ…おやすみなさいzzz...
Commented by あきこっち at 2013-03-21 19:23 x
昨日は、主人の友人のプロゴルファーとその友達のプロ、主人の同級生の元プロ野球選手2人がわが家にいらして食事会をしましたよ!
みなさん、スポーツの話ばかりかと思ったら、まったくスポーツの話なんてしないんですよ。バカ話ばっか(笑  主人の中学校時代の写真を持って来てくれて、爆笑。映画のクローズzero(?)そのもので。持ってきたその人も同じような写真で。山口の西の端と東の端なんだけど、陸上の短距離県大会で毎回出会い、本職の野球では、県の決勝戦でお互いピッチャーで。やんちゃ同士の紛争(?)では、両軍の大将どうしで、「ありゃ、てめぇか、また」って。そんな昔ばなしを聞きながら、楽しくくだらない一日をすごしました。
Commented by hototo-gisu at 2013-03-21 21:47
>あきこっちさん
へぇ〜、プロゴルファーの友人や元プロ野球選手とか、体育会系が勢揃いするなんて、さすが、あきこっち邸ですね!
話の端々に、彼らがいかに学生時代、スポーツに青春をかけてきたかがわかりますね〜いいねぇ、男同士のそういうのって!
バカ話で盛り上がれるって良いよね〜。
話は違うかもしれないけど、男の鮎釣り師が集まると、きまって鮎釣りの話しかしないよ〜。放っておくと、一晩中でも鮎釣りの話してる。他の話は一切なし!
それはそれで、はたからみていて、微笑ましいですよ。
それだけ燃えてるんだな〜って思います。
まぁ〜話を総合すると、男って面白いね〜ってことですね(^-^)b
Commented by あきこっち at 2013-03-21 23:27 x
うらやましぃ!一晩鮎の話しなんて。
私、じつは、歯科医でして、・・・。
ところで、ここらの鮎師、上手いです!瞬掛けでオトリ捕るんですもん。三平の世界でなく、脚立を河原に立てての完全な「見釣り」。これで10尾くらい釣るんです。見て、引っ掛ける。瞬発力と集中力がいるので、野球みたい。
おねえさんのまわり、うらやしいですよ。鮎バカとか自然バカばっかで。うちは、スポーツバカばっか。いろんな、プロとか来るんで、気使うんです。
主人、ボクシングもプロライセンス持ってるもんで。ライセンスおたく?
野球の練習からもうすぐ戻ります。もう12時前です。朝は朝練があるので4時起きです。ハード過ぎますけれど、こんな毎日です。

Commented by hototo-gisu at 2013-03-22 15:34
>あきこっちさん
歯が痛い時って、耐えられないでしょ〜? そんな時に歯医者に行って痛みがピタッと止まると、歯医者さんのことが「神様」に見えます☆
あきこっちさんは、「女神様」ですね〜☆ スゴイなぁ〜〜(*_*)
そちらは「アユ掛釣」で鮎のオトリ捕ってもOKなんですね〜。
こちらでは県の規則で禁止されているんですよ。
たとえそれが許可されているとしても、たぶん…というか、10尾捕るなんて不可能だと思います。それだけ魚影も少ないってことかなぁ…。
旦那様、ボクシングのプロライセンスも持ってらっしゃるの?
スゴ〜い!! おたくら、何者〜〜〜?! (爆)
友人が集ってくれる家っていうのは、良いことなのよ〜。
娘さんにとっても、良い影響になってると思います。
旦那様もハードな毎日で大変ね。あきこっちさんがついているから大丈夫だと思いますが、身体を過信しないで大事にしてね!
娘さんの為にも、いつまでも元気で明るいお父さんでいて欲しいです。私からもお願いしますm(_ _)m
あきこっちさん、優しく、肩とか揉んであげてねっ♪ 
Commented by あきこっち at 2013-03-22 18:18 x
肩もみねェ・・・昔、父にしてました。主人の体は触っちゃいけないの。「素人が下手に触るな」と。筋肉が鉄みたいに頑丈なので揉んでも意味ないですけどね。鍛えてるから肩こりにならないんです。ところで、錦川上流の宇佐川、去年も利き鮎グランプリ取ったんですね♡私、数年前にグランプリや準グランプリに輝いたのは知ってましたけど。いやぁん☆やるじゃん、ホームグランドったらぁ!錦川も上流部の鮎ってスンゴいんですよォ、香りが。追い星がまっ黄色で、甘ぁいスイカのいい香りがプンプンします。なんか、エロ~い!主人の頭の中でのイタリア男って、女性と見れば所かまわず声かけて引っ掛けて、ナンパするイメージのようです。「イタリアにゃあ、気ィ付けェ!」と心配してくれますが、そのへんにゃあ、イタリア人おらんし。錦川の鮎は、速攻でナンパしてきてくれます。キューンって突進、ガツーン!目印なんて3メートルくらいぶっ飛ぶ感じ。主人が「ここの鮎っちゃあ、イタリア人みてぇじゃのォ」って言うんですよ。私から言わせれば、自分こそイタリア人じゃったクセに(怒
静岡は友釣りの発祥地ですよね!いつかいけたらイイなぁ~♡

Commented by hototo-gisu at 2013-03-24 08:22
>あきこっちさん
へぇ〜、素人が肩もみしちゃいけないんですね〜。
やっぱりプロの世界は違うなぁー(*_*)
いつか錦川も宇佐川も行ってみたいな〜☆
追い星まっ黄色かぁ…こっちのほうでは、最近、そういうのがあまり釣れません。皆で仲良しの「群れ鮎」になっちゃって…( ̄~ ̄;)
イタリア人みたいな鮎ね! わかるぅ〜。
針とか糸とか見えてないワケないのに、本能で追っちゃうというか、追わずにいられない、気がついたら針に掛かっちゃってる〜って感じ? 
イタリア人も、女性を見ると声をかけずにいられない…のかも(*^o^*)
私もイタリア人みたいな鮎が釣りた〜い!!
静岡の狩野川が鮎釣り発祥の地と言われています。
鮎は気難しくてなかなか釣れませんが、とっても良い所ですよ☆
いつか一緒に釣れると良いですね☆