「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

これがホントの“空気銃”!?

1月18日(土)
先週、射撃練習の帰りに数カ所のポイントを見て回りましたが、鴨に全然会えませんでした。
もちろん、「どんど焼き」の影響もあったのかも知れませんが、年々、鴨の姿も少なくなっているような気がします。
今日行くところには銃禁もあるので、そこを見れば「渡り」の実態もわかるかもしれません。

・・・しかし・・・。

海鴨やアイサの姿はありましたが、カルガモどころか、コガモやマガモの姿も皆無でした。
2年前に来た時は、鴨の連合艦隊が見れたのに…。

今日はプチ遠征してきたけど、鴨が居ないんじゃ、ただの「ドライブ」だね〜♪
まぁ、それも楽しいからイイか!\(⌒▽⌒)/

そうやって、「欲」がなくなると、見えてくるものです。
a0056140_1453878.jpg
100mほど離れた土手のところを、オスキジらしき影が歩いてこちらに向かってきているのが見えました。
(100mあると肉眼では識別不可能だけど、シルエットでピンときたのです!)

「Takeちゃん、あれってオスキジだよね!」

その時、Takeちゃんは別の物体に気を取られていました。
それは後に「メスキジ」だとわかりました。

近づいてくる姿で「オスキジ」だと確信した私は、サイクロンを用意し、どう攻めるかTakeちゃんと相談していると・・・。

なんと、散歩の男性が後ろから通り過ぎて、キジの方に向かって歩いて行きました。

ア〜〜ッ! キジがボサに入っちゃう〜〜。

案の定、キジは人から隠れるように、土手の向こう側のボサに降りて行ったようです。

しかたがないからサイクロンと三脚を手にボサの方に行きましたら、「ケンケン!」と鳴いてオスキジが飛び立ちました。
そのあと、2羽のメスキジも飛び立ちました。

今どき、2羽もメスキジを連れているオスキジなんて、珍しいものです。

降りたところはボサが深くて、姿が見えないとエアーライフルでは太刀打ち出来ません。
勝負出来なかったのは残念だったけど、キジに会えて、素直に嬉しかったです。
私はもうキミには会えないけど、どうか長生きして、子孫繁栄して下さいね☆

その後も心当たりのあるポイントを見て回りましたが、鴨は全然いません。
昨シーズンは一度も来なかったし、今シーズンも今ごろ来たところで、他のハンターの人達に獲られてしまった後なのかもしれない…と思いました。

そうやって、年々「出会い」が少なくなるし、狩猟を辞めるのにちょうどいい潮時なのかも…。

そんなことを思っていたら、カルガモを4羽見つけました。

運良く50mまで近づけたので、三脚に銃をセットし、引き金を引きました。
a0056140_15225243.gif

アレッ? 全然当たってない???
(ちなみに、狙っていたのは向かって一番左のカルガモです)

「Takeちゃん、全然、当たってなかった?」
「うん。4羽ともグラッともしないで飛んで行っちゃったよ。」

そうなの・・・。
まぁ、完全に外れたほうが、半矢にするより「心のダメージ」がないから、イイか!

そう思って、銃からマガジンを外したら・・・。

なんと、マガジンに弾が4発、残っていました!

ガーーーーン! さっきの、弾が入っていなかったんだぁ〜emoticon-0107-sweating.gif

私は実猟の時は、マガジンに4発しか、弾を込めないのです。
5発込めると、マガジンを装着するだけで自動的に弾倉に弾が入ってしまうので、それを防ぐためです。
でも先週、射撃練習した時に最初から5発込めてず〜っと練習していたので、その影響で最初のコッキングを忘れてしまった…というわけでして・・・。

「Takeちゃん、さっきのは弾が入ってなかったの。うっかりして、コッキング忘れてた。」
「そうじゃないかと思ったよ。なんか、撃った時の音がそんな気がしたんだ。でも、『まさか弾を入れ忘れた?』なんて、失礼だと思って聞けなかったんだよ(笑)
それはまさに、ホントの「空気銃」だね!」

まったくよね〜。 
しっかし、あのカルガモ達も、「空気」であんなに遠くまで逃げなくったっていいのにねぇ〜(^-^;

そんなわけで、本日の大チャンスを大ボケで逃してしまい、今日はボウズです(^-^;
でも帰り道で、ほんの数分前に起こったと思われる「交通事故」に巻き込まれることもなく済んだし、一日を振り返ると、獲物以外の「心の収穫」は大きかったので、それで充分だと思いました。
今日の教訓を胸に、明日も頑張ろうと心に誓ったのであります☆

1月19日(日)
今日は昨日にも増して、寒さが厳しいですぅ〜〜ブルブル〜〜〜〜ッ{{{{(;>_<)}}}}
今日も期待薄ですが、猟期も残り僅かだし、今猟期で狩猟も最後と決めているので、悔いの残らないようにしたいと思って出掛けることにしました。

何箇所か見て回りましたが、今まで鴨を見つけていた場所だったのに全て空振りでした。
昨日も思いましたが、本当に「潮時」なのかも知れません。

最後の望みをかけて行った場所で、ついにマガモが数羽いました!!

しかし、鴨までの距離が遠いんです!
だからこそ、他のハンターに追われないで残っているのかも知れませんが…。

三脚と銃を手に、ボサの中を這うようにして近づいたのですが、67mまでしか近づけません。
逆光で眩しくて、スコープの覗き口を片手で覆っても良く見えないし、風は強いし、風のせいで手前の草が揺れて視界や銃口の先の邪魔をするのも気掛かりです。
・・・ですが、これ以上待っても条件は変わらないので、思い切って撃ちました。

見事に外れましたm(_ _)m

しかし、少し上流に降りたようです。

私もボサの中を上流に向かうことにしました。

「ちょっと待って、ホトちゃん。 いったん仕切り直したほうが良いよ。」

確かに、上流に降りた鴨は、もっともっと上流に泳いで行って、私の視界からは見えなくなっていました。

Takeちゃんのアドバイス通り仕切り直しすることにしましたが、やはり鴨までの距離は80mぐらいあります。
私が躊躇していると、

「70と同じ、1ミルドット下で撃ってみたら? 撃ち下しだから!」

そうね、これ以上近づけないし、遠いほうが弾が効くようだしね。

マガモのオスを狙っていたのですが、さっき狙われたから警戒しているのか、全然とまりません。
それどころか石の影に隠れて、見えなくなりました。
仕方がないので、見えているメス2羽を狙うことにしました。
距離はちょうど80mぐらいです。
風は強いのですが、ここは逆光ではないのでじっくりと狙って、1ミルドット下のメモリを頭の中心に合わせて引き金を引きました。

すると・・・

当たった様子で、すぐに石の裏に隠れてしまいました。

「Takeちゃん、当たったけど石の裏に隠れたから、どこに出てくるか見ていて!」

・・・とトランシーバーで言い終わるやいなや、さっき撃った場所に姿を見せましたので、すかさず2発目を撃ちました。
これも当たったようですが、念の為3の矢をかけ、マガジンに弾がなくなったので、

「今、マガジンに弾を充填するから、どこに行くか見てて!」

とTakeちゃんに伝えて、マガジンに弾を充填しようとするのですが、手先が凍えて弾が持てなくて、マガジンの穴に入れるのに手間取っていました。
近づいてきたTakeちゃんに、

「まだ鴨、見えてる?」

と聞くと、

「もう止まって、流れてるよ。」
「エッ? じゃ、追い矢かけなくても大丈夫ってこと?」
「うん、大丈夫だよ。ゆっくり流れているから、回収してきな!」
a0056140_17151785.jpg
無事、回収することが出来ました。

毛を毟ってみると、1発目は首の少し下から胸にかけて貫通していました。
2発目は頭のてっぺんに当たり、3発目も下半身に当たっていました。

「Takeちゃんが言った通り1ミルドット下で撃って正解だった!」
「先週の射撃練習を見て、射手もサイクロンも絶好調だとわかったから80mでも勧めたんだよ。調子が悪かったら、いつものように50mまで近づかないと気持ちに迷いが出て、当たらないだろう? おまけに早撃ちの練習をしておいた成果も出たね!」

う〜む、さすがTakeちゃん、読みが鋭いです。
おかげさまで、今猟期初の鴨が獲れました☆ ありがと〜〜\(⌒▽⌒)/!!

エアーライフルを始めた頃に「羽の付け根を狙え」というネットでの情報を鵜呑みにして失敗していましたが、今思うと、それはサイクロン以外の銃には該当する情報なのかもしれません。
35ft/lbsのサイクロンで50mで羽の付け根を撃っても、きれいに貫通してしまってダメージが少なかったからだと思います。
ですから、ヘッドを狙うようにしたことで、確実に獲れるようになりました。
そして70〜80mぐらいの遠射になると、弾の威力が効くような気がします。
(それ以上は経験がないので、私にはわかりません。)
ここ数年で獲物が激減して、鴨に合うチャンスが少なくなってしまって残念ですが、少ないチャンスを大切にして、半矢をなくしたことは、大きな成長かな〜って自己満足しています(⌒-⌒)

獲りたかったマガモが獲れて、本当に嬉しいです!
早速、夕食でレバー、心臓、砂肝を焼いて食べたら、良い感じに脂がのっていて美味しかったです。
今後、獲物が獲れない可能性もあるので(苦笑)、このメスのマガモさんの肉は、これまで以上に大事に食べないといけないですね(^-^)

ーーーというわけで、とても有意義な2日間でした。
さて来週は、そろそろバラの植え替えも始めなくちゃいけないな〜。
寒さに負けず、コツコツ進めていきたいです。
[PR]
by hototo-gisu | 2014-01-20 22:09 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(4)
Commented by 坪ちゃん at 2014-01-21 09:52 x
キジさん惜しかったですね。
深追いせずに時間をおいたら、結構また出てきますよ。でも、見れただけラッキーかな?
マガモGETおめでとう!来年もカモをたべるには、サイクロンはtakeさんに譲りましょう。(^O^)/
Commented by hototo-gisu at 2014-01-21 21:03
>坪ちゃん
その後、また見に行ったんですけど、やっぱり見つかりませんでした。
犬無しでは、「ワンチャンス」ですねー。
おっしゃる通り、見れただけラッキーです☆
Takeちゃんは全然、興味ないというか、自分がやるくらいなら、ホトちゃんがやるべきだーーーとかなんとか言ってます(^-^;
Commented by kai at 2014-01-21 22:37 x
初物おめでとうございます!
さすがスナイパーホト♪
思い残すところなくシーズンを楽しんでください(^^)v
Commented by hototo-gisu at 2014-01-22 20:11
>kaiさん
どうもありがとうございます(⌒▽⌒)/♪
前日の「空気銃」事件には、まいりましたが…(^-^;
終猟まで思う存分、楽しみたいです☆