~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

今雌雄は土曜日の三面川の..
by 雪だるま at 21:34
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:37
今回はガイド役でしたか♪..
by kai at 17:46
>KOJIさん こんに..
by hototo-gisu at 15:20
なんか、自分に鮎釣りを教..
by 狂的KOJI at 19:00

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

2017年、渓流釣りが解禁になりました♪

3月4日(土)
今年も渓流釣りが解禁になりました。・・・が、去年のアクシデントが心理的に足をひっぱって、どうも腰が重い・・・。
っていうか、確定申告の手伝いをしていて、去年の医療費の領収書とかを見ると、思い出したくもないことを思い出してしまったのです。
おかげで、渓流ベスト(中身は去年の事故当時のまま)に入っている仕掛けなどもチェックする気にもなれず、そのままで川へ出かけることにしました。
(実はTakeちゃんも渓流ベストが当時のままで、ポケットからは入れっぱなしになっていた手袋がカビカビになって出てきました。)

お昼過ぎに川に着いたのですが、Takeちゃんが何か見つけたようです。
a0056140_15301695.jpg
尺は優に超えるアマゴではありませんか!( ̄◇ ̄;)
解禁直前に本流域に放流された魚みたいです。
他にも数匹、その近くを泳いでいたので、たくさん放流したんですねー。
私達はそれを釣る気はないけど、生の魚体を見たおかげで、俄然「渓流釣りモード」になってきましたよ〜。

それから支流に入渓してしばらくすると、「ククッ…」と反応が・・・。
竿を合わせると、魚ではなく、この子が針に掛かってきました。
a0056140_15484756.jpg
いきなり、「もくずがに」ですか?!
様々な「外道」がいるけど、渓流釣りで「もくずがに」は珍しいですね。
私が写真を撮っている間に、自分でサッサと針を外して、スタコラサッサと住み家に帰って行きました。

その他のアタリは全然なし。

Takeちゃんも釣れてないかもなぁ〜。 ーーーなんて思っていたけど大間違い!
a0056140_15584140.jpg
a0056140_15590242.gif
良型のアマゴをGETしていました。
背中に金粉をまとっている、キレイなアマゴ・・・。 
さすがTakeちゃん。 よくぞ釣ってくれました。

そして、別の渓に移動しまして・・・。
a0056140_16063998.jpg
先ほどの場所より標高が高いので、開ききっていない「ふきのとう」があちこちに顔を出していました。
このふきのとうを細かく刻んで、お味噌に混ぜたもの(東北地方では「ばっけ味噌」と言います)をアマゴの腹に詰めて塩焼きにすると美味しいんです。
さっきTakeちゃんがアマゴを釣ってくれたから、さっそくやってみようと思います♪
a0056140_16315774.jpg
この沢では、以前、イワナを釣ったことがあります。
でも、今日は釣れませんでした。
真面目に釣ってはいたのですが、頭の片隅には去年のことがあるので、(ココの岩は動かないかなぁ)とか考えて、石をグラグラさせてみたり、手袋をはめたり外したりして、釣り以外のことにも気持ちがいっていたのです。
そのおかげで、(この沢は、大丈夫そう。)とも思えたので、恐怖心が薄らいできたことが嬉しいと感じられました。
     (ワタシって、どんだけ臆病なんでしょうね。情けないわ〜。)
そんな私を尻目に、Takeちゃんはちゃんと釣ってましたよー005.gif
a0056140_16493533.jpg
こんなイワナさんや、
a0056140_16505054.jpg
こんな良型イワナも☆
a0056140_16515345.jpg
いいなぁ〜、私も早く、この綺麗なタモに、自分が釣った魚を入れてあげたいものです。
次回は必ず、釣るゾ〜〜っ!!(^▽^)/o


a0056140_16553911.jpg夕飯では、ばっけ味噌を詰めたアマゴとイワナの大きい方を塩焼きにして、小さいイワナは素焼きにしてから「骨酒」にしました。
アマゴは、ばっけ味噌と一緒に味わうと、芳しい「春」の香りがして、(渓流が解禁になったんだな〜)という実感が湧いてきました。
そして、大好物のイワナの骨酒も、去年は味わえなかったので、ひときわ美味しく感じられました。
出汁が出終わったあとのイワナも、塩でいただくと、お酒の風味とあいまって、なかなかオツでしたよ♪

そんな感じで、出かける前はそんなに「乗り気」ではありませんでしたが、やっぱり川に行って良かったと思いました。
それはTakeちゃんも同じだったかも・・・。
なにしろ去年は1ヶ月間ぐらい大変な毎日でしたから、Takeちゃんには本当に負担をかけてしまいました。
明日であの日からちょうど一年になりますが、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして私のトラウマも、渓流に行く機会を重ねるごとに薄らいでいくのではないか・・・そんな確信が持てた、今日の釣行でした。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-03-06 21:08 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(8)
Commented by nigapeclub at 2017-03-07 00:28
こんばんわ^^

いよいよ解禁になりましたね♡ワクワク
釣り上げた獲物が、モズクガニww
実は私も興津川水系で経験あるんです(笑)
バッケ味噌を入れた料理・・・知らなかったわ
確かに川魚に合いそうですね!
今度試してみます。そうしたら川魚食べられるかも♪
今年はお互い怪我なく釣りを楽しめたらいいですね。

フデリンドウの花の画像を追記しました。
2015年春に撮影したものですが(笑)
Commented by MURAKAMI at 2017-03-07 22:05 x
ホトさん、たけちゃんこんばんは!
大変ご無沙汰いたしております。いよいよ渓流解禁ですね、今年も宜しくお願いいたします。
ふふふ、記念すべきシーズン一匹目はズガニ君をでしたか。私は昨年最終釣行の最後の一匹がズガニでした(笑)。
以前皆さんとご一緒させていただいた西伊豆の渓で、ニコパさんが大物を3回バラした例の大淵で、私も大物を掛けたのですが
これまたバラしまして(笑)、熱くなって粘ってようやく掛けたと思ったらコイツがぼよーんと、、、気が抜けて納竿とあいなりました。
今年は久しぶりに興津にお邪魔します(もちろん鮎解禁後です(笑))、是非川でお会いしましょう。
追伸:私も未だガラケーですう
Commented by kai at 2017-03-07 22:25 x
そちらも解禁ですね♪
解禁当初なのに良型が釣れてるじゃないですか(^^)b
去年は大変な目に遭われたこともあって
渓に出かけるのに躊躇いがあるのは当然だと思います。
でも、そんな気持ちを癒してくれるのも自然界なんですよね~♡
Commented by hototo-gisu at 2017-03-07 23:05
>nigapeclubさん
こんばんは(^_^)
バッケ味噌って、よくあるのは油で炒めて、お味噌、砂糖、みりん等で甘辛く味付けしたのですが、これはバッケのみじん切りとお味噌を混ぜただけのシンプルなものです。
アマゴの内臓を取った腹に詰めて焼くと芳ばしくて、オススメですよ♪

フデリンドウの花、UPしてくれてありがとうございます。
綺麗ですね☆
またいろいろ教えてください♪
Commented by hototo-gisu at 2017-03-07 23:34
>MURAKAMIさん
こんばんは(^∇^)
あの例の場所で大物をですか・・・クゥ〜ッ、残念ですねー。
で、ズガニ君がぼよーんと・・・。
ズガニって、ホント、ぼよーんって上がってきますね(苦笑)
まぁ、今回の私の場合は、ズガニ君でも掛かってくれて、ありがとう・・・って感じでした。
久々の渓流釣り、嬉しかったです。
>今年は久しぶりに興津にお邪魔します
ちょうどMURAKAMIさんの話をしていたところでした。
たけちゃんのタモが壊れてしまって、見ていただきたいそうです。去年、慌てて山から下る時にダメージがあったのかもしれません。
それはともかくとして、お会いできるのを楽しみにしています☆
今年も宜しくお願いいたします(^▽^)/
Commented by hototo-gisu at 2017-03-07 23:40
>kaiさん
こんばんは(^_^)
こういうのを「トラウマ」っていうのかも知れませんが、この日、渓流釣りをしたことで、不思議なほど恐怖感が無くなりました。
キャッシュな私です♪(笑)
自然界の癒しでしょうか。
でも、気を抜かずに釣行したいと思っています。
Commented by 片岡相模原 at 2017-03-08 04:31 x
「転ばぬ先の杖」の「用心」が、「後遺症」にすんでよかったですね。
安倍川には1回行っただけで、とやかく言えるものではありませんが、白い浮游微粒子は記憶にあります。相模川などのドロ?の浮游微粒子ではなく、「水質日本1?」になった川という感じがしていました。

堰堤は、高さ15mまで、それを越えると、ダム、という定義であった、と。
四万十川の家地堰堤が、利水で、下流を水無川にしていたこと、今は義務放流量が2トン?になっていること、JR東日本が、木曽川水系?のダムの義務放流量を「年間」の「平均」で運用していて、水無川にしていることが発覚して、水利権が暫く停止される処分をされたこと、当然、水を生活圏とするお魚や虫は亡びるしかなかったとこと、等、「経済合理性」が、もたらした「負の作用」が、どのように安倍川に生じるのかなあ。

大井川の地名の昭和橋近くに、赤煉瓦の発電所廃屋があった。多分、何処かで取水して運ばれて来た水で発電をしていたのでしょう。井川ダムからの水ではないのでは。
そのための堰堤は、溯上を阻害する高さ、規模ではなかったのでは。
安倍川の行く末も心配でしょうが、刹那的な楽しみ、潤いも愉しんで下さい。
Commented by hototo-gisu at 2017-03-08 14:15
>片岡相模原さん
こんにちは(^_^)
「用心が後遺症」とは、まさにその通りで良かったです。
ありがとうございます。

安倍川の水力発電建設の件は決定になった模様です。
ニュースで「120mの落差を利用する発電所」と言っていたから、15m以上という定義からすると、立派な「ダム」ですね。
中電は、そんな表現してませんが。
導水路トンネルが4.5とか4.8キロって言ってましたから、その区間の安倍川本流部分は、他河川の前例のように水無川になるかもしれませんね。完全に水がなくならなくても、導水路で下流にもたらされる水は、上流からの様々な豊かな自然成分が失われてしまうのではと危惧いたします。

大井川も、リニア新幹線建設で、南アルプスの地下が20キロ以上も大規模に掘られて、さらに影響が出そうですね。
静岡のこの豊かな自然を失うようなことばかりして、神様が怒ってますね、きっと。
そういう私も電気とか無しでは生きられないから、刹那的に生きて、神様からお咎めを受けても仕方がないと思っています。
同じお咎めを受けるなら、今ある自然を満喫することに努めましょう♪