~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:53
子供の頃、川潜りで遊んで..
by よしよし at 23:21
>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 14:58
私も15日の釣行でしたが..
by kai at 23:16
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:29

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

福養の滝に行ってきました

3月20日(日)
この週末は三連休でしたが、Takeちゃんは立て込んでいる仕事を片付けたり、お彼岸なのでお墓参りもしたり、私もウエディングベアの製作をしたり・・・と、ちょっと引きこもり気味の毎日を送っておりました。
・・・が、これでは少々、不健康なのでは?ーーーというわけで、「ドライブがてら、藁科川の上流探索に行ってみよう〜♪」となりました。

なんと私たち、藁科川には、もう三年も行っていません。
理由は、藁科川の鮎らしからぬ、背中が黄緑色がかった鮎が釣れるようになって、失望したからです。
おかしな鮎を放流することに対しての、ささやかな「抵抗」の意思表示です。
(って言っても、漁協は痛くも痒くもないでしょうけど。)

久しぶりに見る藁科川は、三年前に比べると、川相が少し回復してきているように見えました。
また、あの”青紫色の鮎”が戻ってきてくれたら、会いに来たいものです。

そして、藁科川の湯の島付近まで来て、どうせなら「福養の滝」まで行ってみようーーーということになりました。
・・・が、前もって調べてきていなかったので、湯の島からどのくらいかかるのか、道路にも案内がないので、さっぱりわかりません。
カーナビも電波の誤作動で、道路から外れたところを表示してしまうし…(^_^;)
a0056140_15573327.jpg
山道をどんどん上っていくと、とても美しい渓相が見られました。
落葉樹に囲まれていて、川に生気が感じられ、Takeちゃんも「ここはアマゴがいそうだね!」と言っていました。
こういう風景が見られただけでも、今日は来た甲斐があったというものです。

さらに上っていくと、日当たりのいい所に集落があり、「縁側カフェ」との看板がありました。
テレビで紹介されていた、「オクシズ」の民家の方々が縁側でおもてなししてくれるカフェというのが、これかも・・・と思いました。
ホント、日当たりが良くて風もないし、縁側でくつろぐには最高の場所です。
私たちは、着くあてもない「福養の滝」を目指していたので通り過ぎましたが、あとで思うと、少し惜しいことをしました。

それから少し行って、ようやく「福養の滝」の看板と駐車場に到着しました。

「ここから歩いて、どのくらい掛かるんだろうね?」
「そういうインフォメーションが、何も書いてないね。」(←あとで観光案内図をよ〜く見たら、「現在地から300m」と書かれていました)

などと話していたら、そこに一台の車が到着し、ちょうど滝から戻ってきた二人連れに「ここから、どのくらい掛かるの?」と尋ねて、「そんなに遠くないですよ。歩いて5分ぐらいだと思います。」「200mぐらいって、言ってました。」と答えているのが聞こえました。

「じゃ、私たちも行こうか。」
「滝のそばで、お弁当、食べよう♪」

ーーーというわけで、リュックにお弁当と飲み物を詰めて、滝に向かいました。
a0056140_16321035.jpg
5分って言ってたけど、もっと近く感じられました。
道が整備されているからですね。(でも、落ち葉や石がゴロゴロしているので、足元には注意が必要だと思います。)
a0056140_16363361.jpg
これが、「福養の滝」です。
案内の看板には、「高さ100メートル幅4メートルの滝の水は滑らかにそして岩をはうように流れ飛び散る水玉は、陽光に映えて、あたかも宝石を散りばめたように美しい。また、このあたりは不動尊が守る神地とも伝えられ奥深き趣を感じます。・・・云々・・・」とありました。
しかし、ここのところ雨が少ないせいか今日は水量が少ない様子で、本来の美しい流れが見られなかったのは残念でしたが、この滝を前にすると気持ちがス〜ッと良くなる気がして、いわゆる「パワースポット」のような「気」が感じられるようでした。

お弁当を食べるつもりで来ましたが、滝のそばは思いの外寒かったので、断念しました。
実は、駐車場がとっても暖かかったので、ここに来るのに、きっと汗だくになるだろうと思っていたTakeちゃんは、フランネルのシャツを脱いできてしまっていたのです。

駐車場に戻ると、やはり風もなく、日当たりが良くてポカポカでした♪
人も来ないので、テーブルと椅子を広げ、のんびりとランチをいただきました。
この心地良さは、「縁側カフェ」が人気なのもわかる気がします。

帰りに「川小屋」さんに寄ってみました。
誰もいないかな〜と思っていたら、常連のNさんがいらっしゃいました(^◇^)
「指は大丈夫?」と聞かれて、気遣って下さっていたんだな〜と思い、ご無沙汰しているのにありがたく思いました。
そのうちに、まっちゃんも現れました。
実は3年前に寒い日、ミミズ堀りを手伝ってくれたお礼に渡そうと「鮎子」をジムニーに積んでいたのですが、それ以来来れなかったので、ずっとそのままになっていたのです。
今日はそれが渡せて嬉しかったです。
そして、永浜さんもいらっしゃいました。
皆さん、偶然にも、今日、私たちが行った付近で渓流釣りをしてきたらしいのです。
ともあれ、三年ぶりにお会いできて、皆さんお元気そうで、本当に良かったです。
そして、みんな渓流釣りに行っているんだな〜と思い、私もグズグズしていられないな〜と思いました(^_^)

それと冒頭にも書きましたが、今年こそぜひ、藁科川に”青紫色の鮎”が戻ってきてくれますように・・・。
福養の滝の不動尊さまが、きっと見守って下さっていることでしょう。








. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
[PR]
by hototo-gisu | 2017-03-22 20:20 | 自然 | Comments(4)
Commented by 鮎猫 at 2017-03-23 12:58 x
こんにちは~
恥ずかしながら福養の滝を始めて見た気がします(^^;)もしかしたら子どもの時に行ってて記憶にはないだけかもしれませんが…高さのある滝なんですね~(^^)
藁科も年々、あの大きな台風から回復している気がします!あの時は酷かったですよね…私も台風の後は3年間釣りには行きませんでした…
安倍藁科の鮎が戻るように、私もささやかに抵抗していきます(^^)/最近、他の河川の釣り人や釣りをしない友人からも、安倍川に水力発電は可笑しいという意見が出ています。漁協が釣り人をはじめ市民からも信頼を得られるかどうかの岐路に立たされていると感じています。
Commented by hototo-gisu at 2017-03-23 14:45
>鮎猫さん
こんにちは(^_^)
案内看板によると、岐阜県の「養老の滝」に似ているということで「福養の滝」と名付けられたそうです。
今回は水量が少なかったのですが、観光名所になるだけの威厳が感じられる滝でしたよ☆

鮎猫さんも「ささやかな抵抗」に賛同して下さいますか(^_^)
安倍川の水力発電所建設は、どう考えても、自然破壊じゃないかと思います。この発電所建設で賄える電力と、破壊される自然とを秤にかけたら、自然のほうに重みがあると思うのです。電力は他の方法でも作ることが出来るからです。
漁協が何のインフォメーションも出していないことが不思議ですね。
Commented by nigapeclub at 2017-03-23 16:58
こんちわ^^

縁側カフェ・・懐かしいわ~
数軒回って食べまくりましたよww
田舎料理がとても美味しかったわ♪
アマゴも不思議な個体がいる川だった記憶があります。
やっぱりどこの渓流も渇水ですね!

Commented by hototo-gisu at 2017-03-23 21:58
>nigapeclubさん
こんばんは(^_^)
縁側カフェ、体験済みですか〜〜さすが、nigapeさんご一家!!
不思議なアマゴ・・・そうなんですかぁ〜。
渓によって、アマゴの外見(?)にも特徴があるので、興味深いですね。
nigapeさん達は静岡でアマゴの利き酒・・・ならぬ、アマゴの川当てコンテストがあったら、優勝間違いなしだと思いますよ☆d( ̄  ̄)