~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:58
こんちわ^^ 縁側..
by nigapeclub at 16:58
>鮎猫さん こんにちは..
by hototo-gisu at 14:45
こんにちは~ 恥ずかし..
by 鮎猫 at 12:58
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 23:59

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

ノン・フィルターのボージョレーの思い出があってね・・・

a0056140_0151289.jpg
友人が、ボージョレー・ヌーヴォーを
まだ飲んでいないというので、

「ちょっと待ってね、買って行くから!」

と、先日の失望に懲りずに買ったのが
コレ→

『ラブレ・ロア社』
もう15年くらい前だろうか・・・
私がワイン業界にいた頃の取引先の
ロベールとフィリップのコタン兄弟の
叔父さんがやっている会社ということで
日本にエージェントを探していた。
その頃決まったのが、サッポロ・ビール
だったのだと思う。
当時は仕事にしか興味なかったが、彼等はなかなかハンサムだったなぁ・・・
おまけにお父さんは、Ch.ムートン・ロスチャイルドの販売会社の社長
だったはずだ。 惜しいことをした・・・(って、何が?)

それだけで、このワインを買ったわけではない。

それより、さらに数年昔の話・・・

私は輸入の仕事をしながら、自分が輸入に携わったスコッチウイスキーを
販売したくて、百貨店まわりをしていた。
まだ、営業になり立てのホヤホヤのある日、東急日本橋店(無くなったのかな?)の
お酒売り場のT氏と話をしていたら、そこに、東急本店のM氏から電話があった。

「おたくの会社のボージョレー、『オリ(澱)』が出てるから、問屋に70ケース
全部返品したんだってよ。」

「え~っ?! 70ケースも?!」

真っ青になって会社に戻り、夕方、問屋から返品になったワインを倉庫に
検品に行った。
大きなライトを照らし、一本一本、ビンを逆さまにして、光に照らすと、
ビンの底から、ドーッと赤い血の塊のようなものが降りてくる。

「澱が出るのは、いいワインの証拠なんだけどなぁ・・・」
部長のこの一言で、私のワインに対する好奇心に火がついた。

それまで、甘いドイツワインにしか興味なかった私が、次の日から
社内販売でボージョレーの村名ワインを買って、毎日飲み始めた。
やがて、同じガメ種100%から作られているのに、それぞれが個性を
持っていることがわかった。
偶然なのだが、その名前からくるイメージ通りの味わいなので
覚え易かった。
「フルーリィ」は、花のような、華やかな味わい、「ブルイィ」はちょっと
それよりも荒い感じ、「シルブルー」は、その中間ぐらいで、
「レニエ」は愛らしく、「ムーランナバン」は力強い味わいで、
「サンタムール(聖なる愛)」は、優しいながらも、しっかりとした
”秘めた強さ”を持つ味わいのワインだった。

『ノン・フィルター』だから、あれだけの澱が出ることもわかったし、
それぞれのワインの個性がはっきりと感じられることがわかった。

ちょうどその頃からだと思う。 ワインの製法にフィルターが
どんどん取り入られるようになったのは・・・
澱が出るリスクも減るに伴い、ボトルの形状まで変わってきた。
昔は澱が溜まるのを想定して、ボトルの底の”窪み”が深かったが、
今のボトルは、底の窪みが浅くなっている。
そして、ワインの個性もどんどん薄らいできてしまったと感じるのは、
私だけではないと思う。
1986年以降くらいからのボルドーには、その影響があるのでは・・・?

今じゃ、『ノン・フィルター』と、わざわざラベルに明記するぐらい珍しくなったってことかな?

あの事件があって、会社はその製造元からのボージョレーの輸入はやめてしまった。
でも、私は今でもChanut Frereのボージョレー達は最高だったと思っている。
私にワインの面白さを教えてくれて、本当に感謝している。

今でも無性にガメ種のワインが飲みたくなるのは、郷愁のせいなのだろう。

それで、「ラブレ・ロア『ノン・フィルター』」を飲みたかったのだ。
友人2人(1人は全く飲めない)をよそに、私は悦に入って、

「やっぱ、ノン・フィルターだわ~♪ 果実味がしっかりしていて、美味しいわ~~!!」
と、ほとんど半分以上飲み干し、大満足で帰ってきた。
すっかり、ボトルの写真を撮るのも忘れて・・・

ちと心残りだったので、お酒屋さんに行き、こっそりラベルだけ撮影してきちゃった♪
それが右上の写真!
お酒屋さん、帰りに「ベイリーズ」買ったから、許してね!
[PR]
by hototo-gisu | 2005-11-20 23:13 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(0)