~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:05
新しい家族のお迎え、おめ..
by kai at 21:38
>雪だるまさん こんば..
by hototo-gisu at 22:05
今雌雄は土曜日の三面川の..
by 雪だるま at 21:34
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:37

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

初物のエゾ鹿が届きました~♪

a0056140_18362893.jpg北海道のエゾ鹿猟解禁日って、10月25日だったのね!
昔は11月1日でしたから、去年も前日に届いたので、(有害駆除にでも、参加したのかなぁ)と思ってました。
大変、失礼しましたm(__)m

それにしても、こんな美味しいエゾ鹿肉が頂けるなんて、ア~、幸せ☆
今回届いたのは、ヒレ肉1本、背ロース1本、スペアリブ片腹分、前足1本です!
食べることも幸せなんだけど、解体するのも、楽しいのよね~ワ・タ・シ♡

今年は自分で猟もするので、鴨を保存する為に・・・と、「真空パック器」を注文してあったのですが、それが届いたと同日に、エゾ鹿が届きました! やはり、シンクロニシティです。

a0056140_18553397.jpg真空パック器は、以前、「フードセーバー」を使っていたのですが、専用の袋が高価なところが不満でした。 もっと惜しげなく、市販のビニールでも対応出来るものを・・・とネットで探して見つけたのが「脱気シールくん」という、いかにも怪しげな商品・・・
でも、これしか、値段に見合って、市販のビニール袋が使えそうなのがなかったんだもん~
届いた箱には、「業務用卓上密封包装機SQ-202」としか書いてなくて、「脱気シールくん」という商品名は、箱にも、説明書にも、どこにも書いてない!
ますます、怪しいのです。。。

で、良~く見ると、「製造元 シャープ株式会社」の文字が・・・
エ~ッ、ネットでは、そんなこと、どこにも書いてなかったじゃない?
でも、今をときめく”SHARP”の製品なら、まぁ、安心でしょう。 ホッ♪

使用した感じは、脱気力がフードセーバーより弱いけど、使い勝手はいいし、念願の「市販のビニール袋」が使い放題なのが何より嬉しい!
a0056140_19142463.jpgエアーライフルの弾まで、パックしちゃいました!
だって、最初に買った「FXプレミア」、錆びちゃったんだもん。
え? 普通は錆びる前に練習で使っちゃうはずだって? 
ハイ、おっしゃる通りでございます。

解体に使用した「骨スキ包丁」と、100円ショップで調達した「のこぎり」です。
この骨スキ包丁、使い易くて大~スキ☆
のこぎりは、スペアリブの長さを半分にするのに必需品です。
夜中に一人っきりで「のこぎり」を使って、生身の骨をゴリゴリひいている姿を想像すると、ちょっとコワ~イですよね!
あ、想像しなくて結構です。(笑)
a0056140_19313688.jpg
明日、ゴミ出しの日なので、コレを出すんだけど・・・
毎回、不安になるのよね~
ゴミ収集の人から「人骨」と間違われやしないかと!
去年は、後ろ足の骨だったから、もっと大きかったのよね。
でも、問題なかったので、このくらいなら大丈夫かな?

今日は県の「狩猟免許登録証」も入手してきました。
やっと、また、この季節に野山を駆け巡ることが出来る・・・
あきらめなくて良かったと思います。 
[PR]
by hototo-gisu | 2006-11-01 19:43 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(20)
Commented by ニコル at 2006-11-01 21:51 x
僕も真空パック器が欲しいと思っていたのですが、おいくらでした?
ヤフーショップやオークションで見つけたくても標準小売価格がわからないと検討のしようが無いですよね
それに使い勝手ですよね 今後もレポート願いますね
Commented by うりゃ at 2006-11-01 22:21 x
確かにコヤツがゴミ袋から透けて見えるとテラコワスwww

去年友人の鴨解体に付き合ったんですが
その友人が「分別分別♪」といいながら
鴨の首がイッパイ詰まったゴミ袋を出してきた時は・・・・・

さすがに引いたっすwwww

真空パックは例の専用袋のヤツあります。
高いんですよねぇ・・・・・・袋

天下のシャープ製、レビューをもっとkwskおながいします。
Commented by Lucky at 2006-11-01 22:26 x
凄い!
やりますね。流石!
鹿肉の食べ方教えて下さい。去年も貰って、今年も欲しいならやるよとDUCKのメンバーから言われています。
 シシ肉は別ルートから手にはいり、これは煮豚が我が家の定番ですが、鹿肉はまだこれといった食べ方知りませんので。
 空気銃の弾保存、アメリカのフォーラムにも真空パックがベストと書いてありました。錆びたというか色が変わったのは、洗剤で洗って自転車のチェーンオイル(テフロン系の油ーーーキットBCー1とかWAKOのフッソオイル105(バイク屋で売ってます3,500円位等だと思います。銃身掃除に使って問題ない油)を噴霧して真空パックして冷暗所(キット冷蔵庫?)で保存なんて書いてありました。
 油噴霧は実際やった事ないんでお勧めしませんが。
Commented by kai at 2006-11-01 22:53 x
お~!今夜はパック三昧ですね♪空気銃の弾まで・・・クスッ。
でも、その気持ち分かりますよ~。いろいろ実験してみないとね?

私、刃物にも興味ありまして…。渓流釣りに行く時には、腰に『叉鬼山刀』を挿してますよ。何度か、出会い頭に猪や鹿に遭遇したことがあったので…(汗 切れ味良いですよ  ( ̄ー ̄)



Commented by hototo-gisu at 2006-11-02 00:38
>ニコルさん
家庭用で気軽に使えて、それでいて、脱気力がプロ並みなのは、「フードセーバー」です。 19,800円で売られています。 あの仕様でこの値段なら、安いとさえ思います。 そのくらい、優れています!
しかし、専用の袋が高いのです。 2ロールで4,200円もします。(1ロール、何メートルか忘れました。スミマセン。でも、鴨とかをパックすると、アッという間に無くなってしまいます) 
ですので、あまり頻繁に使わないけど、コレは!というものだけ、しっかり真空パックにしたい・・・という方には、迷わずフードセーバーをおすすめします。

このシャープの製品は、フードセーバーを使用していた私には、脱気力がイマイチで、(空気、きちんと抜けてないじゃん~)と、つい思ってしまいます。 でも、市販のビニール袋(厚さ0.04~0.08ミリのポリエチレン製)が、惜しげもなく使え、とりあえず脱気し、きれいにシール出来るので、冷凍焼けも起きにくいと思われますので、良いんじゃないかな~と思っています。 値段は定価が178,000円のところ、114,800円でした。
Commented by hototo-gisu at 2006-11-02 00:39
(続きですが・・・)
フードセーバーは、連続使用に弱いですし、水分が多いものは、シールする所に水分が付くと、シール出来ないという不便さもあります。
シャープ製のほうは、連続使用にも強く、水分が多少あっても大丈夫なように工夫されています。(どちらも汁物はパック不可能です)
シャープのは、一応、「業務用」と書かれているし、114,800円なら、この程度だろうという感じです。 脱気力以外の点では、文句ありません。

Commented by hototo-gisu at 2006-11-02 00:45
>うりゃさん
上記のレビューで、ご満足頂けましたでしょうか?(笑)
フードセーバーの脱気力は、優れていたんだな~とつくづく思いました!
そうか、うりゃさんも持っていたのか・・・
うりゃさんと私って、ブツに対する嗜好が似てるのかもwww
ただ、私の場合は、うりゃさんみたいに使いこなせていない・・・という点が、違うんだなぁ~。。。
Commented by hototo-gisu at 2006-11-02 00:50
>Kaiさん
「叉鬼山刀」ですか? 由緒ある「刀」なのでしょうか? メモメモ・・・
あとでネットで見てみようっと☆

私は、カモシカと出会い頭に遭遇したことがあります!
顔を上げたら居たので、「キャ~ッ!」と叫んだら、カモシカさんも固まっていました。 で、二人でしばらく睨めっこしたあと、カモシカさんが逃げていってしまいました。 カモシカ食べた~い☆
Commented by hototo-gisu at 2006-11-02 01:04
>Luckyさん
鹿は、やっぱり、「お刺身」が一番美味しいです! (しょうがとニンニクを薬味にして) でも、生ですから、どうやって処理されたのかが明確じゃないと安心してお刺身に出来ませんよね! 私にエゾ鹿肉を下さっている方は、食肉用解体のプロですので、肉質が素晴らしいですよ!
(これについて書き始めると、眠れなくなるので、次回に回しますが・・・)
同じく、洋風お刺身みたいな感じで、「カルパッチョ」・・・薄くスライスした鹿肉に、ワインピネガー、オリーブオイル、塩(少しお醤油)に、トマトとかアサツキとかをトッピングしたりするのもいいですよ!

でも、お刺身がダメなら、トンカツ風にすると、誰からも喜ばれます。
それから、ローストビーフ風にして、好みのタレで召し上がるのもいいですね!
同じく、ローストしたものには、生クリームベースのソースが合います。
鹿肉は鉄分が多くて、消化も早く、コレステロールも低く、健康には良いですよ~☆
Commented by マコト at 2006-11-02 07:36 x
凄い凄い凄い!!!
業務用購入してしまったんですね!
猟期は銃持たないで、ホト様とたけちゃんのガイドに徹しようかな♪
エアーの方が良い肉がいっぱい獲れそうだもんね!
そんで、たけちゃん鴨キャッチ♪
Commented by hototo-gisu at 2006-11-02 09:56
>マコトさん
買っちゃいましたよ、買っちゃいましたよぉ~~~♪
あとは、マコトさんちのお庭に、レンガで燻製器を組み立てれば、計画完了よ~ん(笑)  
たけちゃんと私でレンガで組み立てて~、そして、ワタシが鴨、キジ、鹿、そのうちサクラマス(ホントか?)等を燻製器で仕上げて~、マコトさんにちゃんとお裾分けするってことで・・・ダメ?(笑)

あ、青首のいるトコに連れてって下さい!
私が外したのを、マコトさんがバサッと落とす・・・カッコイイ~ッ☆
宜しくお願いします!
Commented by Lucky at 2006-11-02 18:32 x
Hotoさん、こんばんは。
カツレツですね、トンカツと言うよりより旨そうなイメージ。
料理教室で習いました、筋に包丁を入れる要領がいまいち判らなかったですが、やってみようかな!
 クリフ・リチャード。2007年2月18日横浜でコンサートやります。
http://www.eonet.ne.jp/~cliff-richard/
Commented by ニコル at 2006-11-02 20:45 x
うんうん 一万一千四百八百円かーーー 手ごろだなと思ったら
十一万円もするんですかーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2・3万円の機械で高い袋を使う気になったら、大量にパックすれば元が取れるのかな
ホトさん 鴨・キジはもとより、来期は鮎を1万匹も釣ってパックしましょう
冷凍室を空けて待ってますよん
Commented by hototo-gisu at 2006-11-03 13:48
>Luckyさん
ぜひ”鹿カツ”作ってみてください。
パン粉に、パルメザンチーズをおろしたものを4分の1ぐらい混ぜると、香ばしく仕上がりますよ。
それから、もし「鹿の脂身」があったら、鹿を焼肉にする場合に、その脂身で焼くと、肉が硬くなりません。 お試しください。
クリフ・リチャード、まだ”現役”なのですね! 
Commented by hototo-gisu at 2006-11-03 13:54
>ニコルさん
そうなんです、フードセーバーは優れているんだけど、あの袋が高いし、いちいち注文して取り寄せなくてはならないので、送料もかかるし・・・で、長い目でみると、不経済なんですよ~

鮎1万匹ですかぁ~? 真空パックするのも飽きちゃいそうですね!
取り越し苦労ですが・・・(笑)
Commented by Lucky at 2006-11-03 14:31 x
○○さん、見てる。
と言う事で”鹿の脂身と肉”調達して下さい。
 欲をいうなら寒くなってからのがいいな!
Hotoさん風”鹿カツレツ”作ります。
Commented by かっくき at 2006-11-03 21:28 x
コメントの中に若干誤認識があるようなので、書き込ませて頂きました。「市販のビニール袋(厚さ0.04~0.08ミリのポリエチレン製)が、惜しげもなく使え、・・・・・」とありますが、ポリエチレンは安価ですが酸素をよく透過しますので、長期間真空パック保存されるのは避けたほうが良いでしょう。その対策として、どんな物があるかはご説明が長くなりますので別記URLでもご参考頂けれればと存じます。 失礼致しました。
Commented by たいちょ~ at 2006-11-05 09:20 x
話には聞いていましたが・・・欲しいけど高いよ~
これで真空パックして、更に師匠みたいに紙で巻けばカンペキかも・・
そういえば魔界の牧場で売ってた鴨肉の燻製も真空パックでした。高くて買えなかったです・・。
ここは一つサイクロンで撃ちまくって安価で商品化してください。
買いますよ~(味付けは濃い目が好みです)

追伸、本日ちょっくら練習してきます。
Commented by hototo-gisu at 2006-11-05 22:02
>かっくきさん
初めまして! ご指摘ありがとうございます。
ポリエチレン製の袋が酸素をよく透過するというのは、認識不足でした。
ただ、私の場合、長期間保存するわけでもなく(すぐに消費しちゃうタチなのです)、保存するのに、サランラップやジップロックじゃ面白くないからというのが一番の動機です。 
脱気してシールすると、な~んか”クロウト”っぽくて、カッコイイではありませんか! ただ、それだけの理由です(笑)
Commented by hototo-gisu at 2006-11-05 23:12
>たいちょ~さん
練習、いかがでしたか?
たけちゃんが、「ホトちゃんを射撃練習に誘わなくなったのは、たいちょ~さんも、ホトちゃんのことが、ようやくわかってきたんだね!」と言っていました。 アハハッ♪ 
あ、笑ってばかりもいられないか・・・!
射撃場だけでのサイクロンではなく、実猟でどんなもんだか、知りたいです。 その結果、射撃場通いを、し始めることになると思いますよ!