「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

カテゴリ:と或る日常のこと( 36 )

心身ともに、リセット出来ました♪

11月12日(土)
今日は、絵に描いたような秋晴れで、とっても暖かく、最高の釣り日和・・・いえ、洗濯日和です。
あまりの天気の良さに、ちょっぴり、鮎釣りへの未練ゴコロが湧いてきてしまいました(^-^;
a0056140_11561557.jpg

Takeちゃんは朝から丹念に、ジムニーの洗車をしていました。

洗車するなんて言ってなかったので、「罪滅ぼし」の意味か・・・それともネットの影響か?

そう思ったのには、いきさつがあります。
実は、先週ホームセンターに寄った際、ダイハツの「キャンパス」が展示され、トヨタの人が販売していました。
世の中、業務提携やら合併やら、はたまたライセンス契約の解除やら・・・と、いろんな業界で再編、再編で、消費者としては、ついていくのが一苦労ですね。
それはともかく、この「キャンパス」、CMで「見た目で好きになるほど、子どもじゃないの」って言ってたけど、実際、見た目で好きになっちゃう車でした。 車内も、軽とは思えないほど広く、デザインも素敵です。

買う気はないけど、心を動かされたっぽいTakeちゃん。
早速、車関係のサイトを読みあさって、「浦島太郎にならないように、現在の車事情について勉強してみた!」そうです。
そこに「ジムニー」を讃える記事を見つけたそうで、「やっぱりジムニー♡」ーーーと惚れ直した感じなのかもしれません。
鮎釣りも終わって、ご苦労様の意味合いを込めての洗車だと思うけど、ついついうがった見方をしてしまうワタクシなのでした。(^-^;
a0056140_1434227.gif
暖かいので、コジローも水浴びして、気持ち良さそう♪

私も久しぶりに、ボ〜〜〜ッと過ごすことが出来ました。
鮎釣り期間中は、休日といえども、なんか落ち着かない感じですからねー(^-^;

     *     *     *     *     *     *     *     *     *     *     *     *
今年も宮崎のkaiさんから、新米「にこまる」と、珍しい焼酎をいただきました。
a0056140_1412496.jpg
ピカピカ、ツヤツヤで大粒の美味しいお米で、その名の通り、ニコッと笑顔になって、丸をいっぱいあげたくなるお米です☆
今年は宮崎も局地的な豪雨に見舞われて、川の堤防が決壊する被害がありました。
そんな厳しい気象状況にも負けずに育ったお米・・・本当にありがたいです。

焼酎は「黒霧島」でおなじみの霧島酒造社製で、金色の「金霧島」には「冬虫夏草」が、赤い「Ax霧島」には「アスタキサンチン」が原料に使用されています。
「美味しいお酒を飲みながら、健康で、幸せになってほしい」という願いを込めて作られたお酒だそうです。

「冬虫夏草」といえば、「冬は虫の姿で、夏は草になる」という、実はキノコの仲間だとか。
世界で800~1000種が生息しているそうで、現在は人工培養が可能になっているそうです。
活性酸素を除去し、免疫細胞を活性化して、動脈硬化や老化を防ぎ、悪性腫瘍の分裂を阻害する働きがあるなど、ガンの治療にも活用されているそうです。
「アスタキサンチン」は、女性なら誰もが知っている、美容に良いとされる成分で、今、一番人気があるのではないでしょうか。

どちらもクセはなく、見た目は甘そうに見えますが甘くなく、まろやかな辛口の美味しい焼酎です。
Axのほうは、ローズヒップやダージリンも使用されているので、後味が爽やかで良い香りが残り、美容効果だけでなく、味も女性受けすること間違いなしです。
「病は気から」と言いますが、「老化を遅らせる効果がある」と思えば、なんだか嬉しくなっちゃうのがオンナゴコロですものね♪

この週末は、う〜〜んとのんびりして、美味しいものを食べて飲んで、心身ともにリセット出来ました。
さぁ〜て、バラの手入れや、暮れからお正月の準備などに向けて、ひと頑張りするか〜〜っ!(⌒-⌒)







.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-11-15 18:34 | と或る日常のこと | Comments(2)

6週間ぶりに川へ・・・

a0056140_13502228.jpg4月16日(土)
今朝、先に起きていたTakeちゃんが開口一番に、「未明に熊本でマグニチュード7.3の地震があって、気象庁が、今回のが”本震”だって言ってたよ。」と、言いました。
また、そんなに大きな地震が・・・。
もともと今回の地震は、熊本でも地震が起きにくいと考えられていた所で起きたそうで、突然の恐ろしい揺れに見舞われた方々の気持ちは想像するに余りあります。
大きな余震も頻繁に起きているようですが、被害に遭われた方々が一日も早く、少しでも日常を取り戻せますように・・・とお祈り申し上げます。
そして、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

心にそういった思いを持ちながら、今日は6週間ぶりに川へ行くことにしました。
そう、あの日・・・。
指を失いそうな怪我をした、「あの日」以来です。

家を出る際、ジムニーに乗るのも、あの日以来初めてだったのですが、ちょっとした恐怖心が蘇ってきました。
怪我をした指をかばいながら病院へと急いだ、あの時の気持ちが思い出されたからです。

ーーーが、しばらく経つと、大丈夫になってきました。
”単細胞”なのが、私の取り柄ですね(*^o^*)
内心、恐怖心が消えなかったら…と不安だったけど、もう平気です。
a0056140_2158481.jpg
Takeちゃんがタープを設置して、火の準備をしている間、私は川に御神酒とお花とお線香を供えて、般若心経を唱え、山の神様、川の神様に自分の非を詫びました。
以前、「山の神様は女性だから、女性であるアナタはお清めの『塩』を携帯したほうがいいですよ。」とアドバイスされ、それ以降毎年、渓流釣りの解禁前に新しいお塩を包んで、渓流釣りのベストに入れてあったのですが、今年はそれを怠っていたのです。
怪我をしたのはそのせいじゃないと重々承知はしていますが、やはり自分の心の持ち様が悪かったせいで怪我につながったという自覚もあり、そういったことを払拭するためにも、今日は川で改心したかったのです。

タープの下でランチをとり、くつろいでいると、どこからかビーグルが現れました。
a0056140_17301258.jpg
まだ子犬っぽい面影のビーグルで、私達はてっきり、隣りで(といっても、ちょっと離れてますが…)アウトドアを楽しんでいるご家族が飼っているワンちゃんだと思っていました。
動物にしては珍しく?(笑)、Takeちゃんよりも私のほうにスリスリしてくるので、「可愛いヤツじゃのぉ〜、ウチに来るぅ〜? 」なんて冗談を言っていたのですが、しばらくすると、どこかへ行ってしまいました。
a0056140_17405029.jpg
そして、もうそろそろ帰ろうか・・・と片付けを始めようとしていたら、近所に住んでいるらしい男性がそのビーグルを紐で繋いで、私達のところに来ました。

男性「この犬は、お宅のですか?」
たけ「いいえ、あの車の家族のじゃないんですか?」
男性「違うそうです。 この辺りで飼われている犬じゃないし・・・。 ウチにも柴犬がいるけど、とりあえずウチで預かっておこう。」

そう言い残して、そのビーグルとともに歩いて行ってしまいました。

「そういえば、あのビーグル、この後ろの草むらから現れたからヘンだな・・・と思ったんだよ。」とTakeちゃん。
確かに、ず〜っと河原を探索しているようだったし、今考えると、ヘンでした。
首輪もしているし、まだ若いので捨てられたとも考えられないので、興津川にキャンプに来ていた家族からはぐれてしまった迷い犬なのかもしれません。

あの男性は、この『茂野島』にお住まいの方だと思われます。(歩いて連れてきたから、茂野島橋近辺の方かも)
ビーグルはもともと猟犬で行動範囲も広いので、もしかしたら『和田島』辺りから来たのかもしれないし・・・。

もし飼い主の方が探していて、このブログをご覧になられたとしたら、あの連れて帰られた男性のことを聞いておけば良かったのですが、この近くの「和田島交番」で、「茂野島橋周辺で柴犬を飼われている男性」を尋ねるか、茂野島橋下流に向かって左岸側のお宅をあたってみるか、もしくは茂野島橋のそばの「野菜直売所」のおばさん達(きっと情報通なので)に聞いてみると手がかりが得られると思います。
a0056140_18203381.jpg
あのワンちゃん、ホント、可愛かったなぁ〜(*^o^*)
スー師匠のところのローズちゃんも、元気かな〜?

あの怪我のせいで、川に対するトラウマが出来たかと心配でしたが(ジムニーに乗った時に、心がザワザワしたし…)、全然そんなこともありませんでした。
正直、ホッとしました。

それにしても・・・
興津川の『やまびこ橋』も『茂野島橋』も鮎が見えないゾ〜〜(;´ー`)
見えたのは、土村の堰堤の下の段に、ちょこっとした一群だけ・・・。
あの大掛かりな承元寺の堰堤工事で、天然の鮎が遡上出来なかったのが痛手かも…。
それだけ、例年は天然遡上の鮎が上流まで来ていたっていうことですね。
ーーーそれに限らず、年々、川を取り巻く状況も厳しくなってきてるし、異常気象もさらに深刻になってきているし、今まで通りの「鮎釣り」は、もはや望めないかもしれません。

「そんな悲観的な見方をしてたけど、開けてみたら、鮎、ワラワラだね〜。」

・・・だと、良いのですが。。。






.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-04-19 22:02 | と或る日常のこと | Comments(4)

お箸が使えるようになりました(*^o^*)

4月10日(日)a0056140_15542646.jpg
先週、負傷してから1ヶ月が経ちましたーーーと報告しましたが、正直、指がつながったとはいえ、何かの拍子に傷口が開いてしまうんじゃないかという”危うさ”を感じることがありました。

ーーーが、しかーし!!
それからの1週間で、”体感的に”指がしっかりつながっているみたい・・・というのが、日を追うごとに確信に変わり、思い切ってギブスを外して、写真のようにサポーターを2重にして、お箸を持ってみました。
(*注…ここから怪我についての記述がありますので、そういうのが苦手な方は読むのをご遠慮下さい。)
a0056140_1664113.jpg今回負傷したのは右手中指で、左の緑色の点線部分から反対側にかけてスパッと切れて、私が見た時は、上にパカッと開いて、指先の青い線の部分でかろうじてつながっている感じでした。
(画像は、図解のために右手人差し指をアップしました。)
救急外来で縫合してもらって、次の日に先生が指先を触った時は、触られたという感覚がありませんでした。
指先は神経も細くて接合することもせず、神経がつながらなくても仕方がないと思っていましたが、傷口もきれいで、早く縫合してもらったこと、その後「アルミホイル療法」で手当を受けていることを偶然知ったわけです。
(アルミホイルを巻いたまま、2週間も放置されそうでしたから…)
ネットでいろいろな症例をみて、「アルミホイル療法」も「湿潤療法」も、皮膚などの再生を促すという点では同じなのですが、「湿潤療法」のほうが、神経なども含めて、「再生力が高いし、治りも早い」ということがわかったのです。湿潤療法の驚くべき再生力を信じて、私もそれに賭けてみようと思いました。
私の傷は縫合した時点で「湿潤療法」は無意味かと思われたのですが、アルミホイル療法が行われるのならアルミホイルをラップ療法に換えるのも有りだと思ったのです。
患部を良く洗って、湿潤状態を保つことで、あんなにひどかった指がつながり、神経さえもつながって、ここまで「再生」していることに、ホント、人間の身体というか細胞の不思議をつくづく感じます。

指先の骨折はおそらくそのままになるとして、あとは「爪」がどうなるか・・・です。
爪は「爪母」で作られるそうで、ちょうどその付近が指から切り離されてしまったわけですから、爪母が無事なのか、それとも神経と同じように再生されたのかどうか、今後も大事に見守っていきたいと思います。

ーーーということで前置きが長くなりましたが、怪我をしてから5週間目にして、ようやくお箸を使えるようになりました\(⌒▽⌒)/☆
それまでは、食事はフォークやスプーン、料理をするのもトングを使うという不便さでしたが、それももう終わりです♪
嬉しくて、ジーーーーンとします。

怪我直後からしばらくの間、炊事や料理をしてくれたTakeちゃんに、ホント、感謝感謝です。
ビーフシチューを作ってくれたり、ある時は、スーパーの店先で移動販売車で売っている「焼き鳥」を買ってきてくれたり・・・。今までは、そういうのを買ったことなかったから、いろいろ思うこともありました。
スーパーで「焼き鳥屋さんの移動販売車」を見かけると、あの頃のことを思い出し、胸がキューッとなります。(^-^;
そういえば、Takeちゃんの私が知らなかった一面が明らかになったり・・・。
それは、食事の時に、お皿が空になり次第、サッサと片付けられたこと・・・。
そういうことをしたことがなかったので、(もともとは、そういう性格だったのかなぁ…)と、私も今後はそうしたほうが良いのかな…と思ったりしたものです。
たぶん、しないけど・・・。 実際、してないし。(笑)

このブログを通じて、有形無形に励まして下さった皆様にも、心から御礼申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m

それにしても「お箸が使える」という、ごく当たり前のことが出来るようになったことが、こんなにも嬉しいなんて・・・。

ついつい心も軽くなっちゃって、ここ数年買ってなかったバラの苗を、ネットで「ポチッ」とやっちゃいました。
a0056140_2231229.jpg
またバラの季節になったら、ご紹介しますね♪




.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-04-14 21:10 | と或る日常のこと | Comments(10)

悩みに悩んだ末、思い切ってやってみたこと。

3月28日(月)
前回診察を受けたのが3月14日で、次の診察日が2週間後の3月28日でした。(すなわち、今日ですが…)
先週の水曜日(23日)に傷を見た時、爪とその周辺が黒くなってきていたのです。
「指先は壊死するかもしれない」という先生の言葉が頭から離れなくなり、とうとう居たたまれなくなった私は、セカンドオピニオンを得ようと、かねてから気になっていた個人病院に行きました。(3月24日のことです)

・・・で、結果ですが・・・。

すぐに抜糸していただきました。
指は壊死することもなく、ちゃんとくっついて、経過も良好だったようです。
しかし、指先の骨折のほうが今後問題になってきそうだということでした。

「傷は毎日、水で良く洗うように」と指導されたので、まだ見るのも怖々だった私も、早く治すためには・・・と意を決して、恐る恐る傷口と向き合うことになりました。

結果、今後はこちらの個人病院で治療を続けることになったわけですが、最初の病院に診察の予約をキャンセルをするにあたって、何か道義に反した行為でもしたかのような「自己嫌悪」に苛まれることになりました。

あの、救急でお世話になった「キムタク先生」は、いろいろ怖いことをおっしゃってくれたけど、適切な処置をして下さっていたから、指がくっついたんだなぁ・・・と感謝しつつ・・・。
外来の先生の「壊死するかも・・・」の言葉がなかったらとか、診察を1週間後にしてくれていたら、こんなに悩まなくて済んだのに…とか。

経過が良好なのにもかかわらず、余計なことでクヨクヨする私にTakeちゃんが、

「そもそも病院っていうのは、患者さんを死なせないで『生かす』ことが重要課題で、整形外科だったら、見た目が綺麗に元通りになるかどうかより、『指がきちんと機能するようにすること』が大事で、患者さんが不安に思っているだろうかとか、心のケアなんていうのは、してくれなくて当たり前なんだと思うよ。沢山の患者さんを抱えてるから、いちいち気にしていられないんじゃないかな。だから、大きな病院から近くの個人病院に移る人も多いと思うよ。」

ん〜、確かにそうかも・・・。
a0056140_16341246.jpg
それよりも、指がちゃんとくっ付いたことを、もっと喜ぼうっと\(⌒▽⌒)/♪
神経も、大分つながっているような感じだし♪
爪はどうなるのかわかりませんが、爪の元のところが指にくっ付いているようなので、Takeちゃん曰く、「今のは剥がれちゃっても、きっと新しいのが生えてくるよ。」と。
くだけた骨はそのままになってしまうかもしれないけど、爪があれば日常に支障がないともネットでは書かれているので、とにかく今は第二関節が柔軟に動くようにしておこう・・・と。

そして、今の先生の指導通りに、毎日患部を丁寧に洗うことにしています。
最初は傷を見るのも恐る恐るでしたが、だいぶ慣れてきました(^-^;
今では、早く抜糸していただいて良かったと思っています。

壊死するのかと悩んだまま、抜糸をせず今日(元の病院の再診日)を迎えるより、心身ともに今のような状態で今日を迎えることが出来て良かった・・・と思います。
もうクヨクヨせずに、前を向こう♪





.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-03-28 21:27 | と或る日常のこと | Comments(4)

傷の状態を見てみました(画像無しです)

3月21日(月)
右手中指を怪我してから、2週間ちょっと経ちました。
今週の診察はないので(お医者さまが必要なしとの判断なのでしょう)、傷口も包帯を外したりすることなく、ずっとそのままにしていました。
爪の両端の皮膚が、少し突っ張るような痛みがありますが、言い換えれば「無痛」に等しい感じです。
ただ、「傷がどうなっているのか、全然見えない」部分で、とっても不安になったりします。
a0056140_16482138.jpg
そうです。
今年の春夏の流行色は2色あり、その一つが「ブルー」だそうです。
(正確には、「ベビーブルー」。 ↑画像の文字の色が、それです。そしてもう一つが「ペールピンク」だそうです。)
・・・って、流行などどうでもよくて、私の気持ちがブルーなわけですが・・・。emoticon-0101-sadsmile.gif

と、いうことで、”現状打破”するために、いざ、包帯を外してみようと決心しました!!

包帯を取り、ガーゼを外すと、「アルミホイル」が指先に被さっていました。

思い切ってそれを外してみると、爪の両端と付け根が黒っぽくなっていました。

そこで、怪我に関しては大先輩の(負傷経験が大変豊富な)Takeちゃんに見せると・・・

「思ってたよりも、イイじゃん!  いやぁ〜、これだったら、結構いい感じに治ってきてると思うよ\(⌒▽⌒)/」

と、すっごく安堵したかの様子。

まぁ、「まだまだだねぇ〜」とか言われるよりはマシですが、やっぱり先は長いように思えてなりません。

ただ、「アルミホイル」を巻いていたとは知らなかったので、そういう治療法があるのか調べてみました。

すると、「アルミホイル法」という治療法らしくて、「皮膚欠損部が乾燥しないようにカバーしてやり、肉が盛り上がったり皮が形成されたり」しやすくする、「湿潤療法(うるおい療法,閉鎖療法)」の一つであるらしいということがわかりました。

ただ、最近の湿潤療法は、アルミホイルではなく、それ専用の被覆材があって、その療法が私の負った傷には、とても効果的であるようなことも書かれていました。

どうもTakeちゃんは、過去にその湿潤療法を経験済みだったらしく、見事に指が再生されています。

その湿潤療法をする医院もわかったのですが、私の場合は、もう「傷は縫合済み」だし(湿潤療法は、基本、縫合はしないそうです)、感染症や破傷風の危険からも適切に処置をしていただいた今の病院と先生に今後も診て頂きたいと思っているので、余計な心配をするのはやめましょう・・・。
a0056140_173713100.jpg
さて、次の診察まで、どのくらい回復しているかな・・・。
どうか、黒くなっているところが減りますように・・・。





.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-03-22 18:06 | と或る日常のこと | Comments(10)

白くなっていて、一安心。

3月14日(月)
前回の診察から1週間が経ち、今日は外来診察2回目。
患部を動かさなければ、痛みは感じなくなっていたのですが、患部がどうなっているのか見えない分、不安が募ってきて、心が押しつぶされそうでした。
・・・というのも、前回の診察の時、患部をチラっと見たら、指の先が真っ黒(濃い紫色?)だったからです。
「壊死」という言葉も出てたし、(あのまま、そうなっちゃうのでは・・・)と思うと、正直、平静ではいられませんでした。

不安なまま、診察室の前で順番を待っていると、名前を呼ばれました。

「診察の前に、『薬浴』をします。 患部をこのお湯に10分間浸して下さい。」と言われ、看護師さんに包帯を取って頂いて、右手を洗面器のお湯に浸けました。

「10分経ったら来ますね。」と言われ、看護師さんはその場を離れました。

怪我をしてから初めて、右手を水(お湯ですが)に浸けましたが、全然傷にしみません。

患部からずっと目をそらして、見ないでいたのですが、ここは勇気を出して、見てみよう・・・と思いました。

ドキドキしながら、中指の先を見てみると・・・

アレッ? 黒くない!!

爪の左右に血が滲んでいるようになっていて、腫れてはいますが、爪も指も肌色になっていました。

ちょっと嬉しくなって、指先の感覚がどのくらいあるのか、そぉ〜っと指先を洗面器に押し付けてみました。

指の腹は、ジン、ジンとした痛みを伴った感触がありました。
しかし、指先は何も感じないようです。
爪のところは、やっぱり怖くてチェック出来ませんでした。

10分経って看護師さんが来て、手を拭いて指先にガーゼを巻く時に指先を軽く掴んだのですが、「痛っ!」と飛び上がりそうになりました。

今回の私の傷名は「中指末節骨開放骨折」というらしいので、骨折しているから、掴んだら痛いんだな〜と思いました。

そして、お医者さんに診て頂きました。

患部を見るなり、「ああ、良いですね」と、ちょっと明るい表情になりました。
そして薬を塗りながら、「次は2週間後に来て下さい。」とおっしゃるので、「抜糸はいつ頃になりますか?」と聞くと、「しばらく先になります。」とのこと。
「ただ、第二関節は曲げたり伸ばしたりして、動かすようにしてくださいね。そうしないと、固まって動かなくなって、後が大変ですから。」と言われました。
「動かして、糸が取れたりしませんか?」と聞くと、「それは大丈夫ですよ。」とのこと。
a0056140_18171879.jpg
・・・で、こんな具合に、また包帯グルグル巻きのまま2週間過ごすことになりました。
早く抜糸して、自由に水が使えるようになりたかったけど、ダメでした(T_T)

hoto「それにね、今回よく見たら、傷を縫っている糸が『黒色』なの。 それが傷の周りにツンツン出ているから、まるで傷から毛が生えているみたいで、気持ち悪くて・・・。」

take「へぇ〜、抜く時に見えやすいように、そうなっているのかなぁ。」

第二関節を良く動かすように・・・って言われたけど、こんなにガッチリと包帯を巻かれていたら動かしにくいので、もうちょっと経ったら、Takeちゃんに良い方法を考えてもらおうっと♪

ーーーと、いうわけで、少し安心しました。
あのまま、指が真っ黒いままだったら、いくら前向きに…と思おうとしても、なかなか厳しかったかも・・・。

そういった意味でも、先週は心身ともに厳しかったです。emoticon-0107-sweating.gif
人差し指と親指があるのでなんとかなるだろうと思っていましたが、まず炊事(水仕事、包丁を使うこと、お箸を使うこと)が出来なくて、Takeちゃんに全部やってもらいました。
怪我から4日目の9日は私の誕生日でしたが、その日は指の痛みもピークだったので、誕生日どころではなかったし…。
とにかく、早く傷を治したくて、ネットで「早く傷口が治る食品」を調べてプリントし、極力食べるように努めていました。

そんな時、「明日葉、高菜、春菊、うど、ふきのとう、のらぼう菜・・・」といった「春の便り」が届きました。

俄然、ヤル気が湧いてきました。 
こういう生きの良い、芽吹くような野菜は、まさに今の私には“効く食材”ではないかと・・・。
a0056140_22282020.jpg
a0056140_22284192.jpg
Takeちゃんに、天ぷらを揚げてもらいました。

hoto「アシタバって、『明日、何々に、なろう』とかいう名前で、いかにも身体に良さそうだよね。」
take「それって、『あすなろ』の間違いじゃない?」
hoto「そ、そうでしたか・・・。 失礼しましたm(_ _)m(爆)」

おかげで傷の回復も早まったのではないかと思います。
これからも、頑張るぞーっ☆






.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-03-15 22:47 | と或る日常のこと | Comments(12)

人生初の ボウリング☆

1月31日(日)
10年くらい前のこと。
友人からメールで、ボウリングのお誘いがありました。
そこで、「恥ずかしながら私、今まで一度もボウリングをしたことがありません。」と返信し、おことわりしたのです。
そうしたら、その友人、私のそのメールをボウリングで一緒にプレイしていた人達に見せたそうなんです。
「『恥ずかしながら…』なんて、笑っちゃうよね〜っ♪」とか、そんな感じで・・・。
そこにはTakeちゃんもいて、一緒に来ていたTakeちゃんの従兄弟が「いまどき、こんな面白いこと言う人に、ぜひ会ってみたい」と言いだしたらしいのです。
振り返れば、それが私達の出会いのきっかけになったわけです。

その後もボウリングに行くことはなく、時が流れて・・・・・・。

先週、突然、Takeちゃんが、「ボウリングに行ってみようか。」と言い出しました。

hoto「私、このまま、『一生、ボウリングしたことはありません』で通してもいいと思ってる。 珍しいから『特別天然記念物』みたいじゃない?」
take「でもさ、ボウリングをしたら、『VS嵐』の『バンクボウリング』を見るのが、より一層楽しめると思うよ。」
hoto「バンクボウリング・・・? 」

まぁ、一生に一度くらいは、やっておこうか・・・。
少しは運動の足しにも、なるでしょうし・・・。

というわけで、買い物のついでに、思い切って行ってきました。

初めてのボウリング場の印象ですが、思っていたよりもピンまでの位置が遠いな〜って思いました。
座席(?)からだと、ピンまで50mぐらいあるんじゃないかと思ったくらいです。
(岩本山のライフル射撃場を思い出しちゃいました(^-^;)

Takeちゃんから、立ち位置やボウルの持ち方、狙い方などを教わり、おそるおそるやった一投目・・・
a0056140_1831135.jpg
案の定、ガーターでした(*^o^*)
・・・が、コツをつかむのが天才的なTakeちゃんが、「わかったよ! こうしてごらん。」と言うではありませんか(*_*)! 

ボウルを1段階軽いものに変えて、言われた通りにやってみると・・・
a0056140_18343982.jpg
なんか、9本とか倒れたりしてます。
Takeちゃんからは「オール・オア・ナッシングみたいなスコアだね。」と言われましたが、初心者にしては良いと褒められちゃいました。

・・・っが、そうやって褒められると調子に乗るーーーってわけじゃないんだけど、力が入っちゃうのか、Takeちゃんのアドバイスを忘れて我流になっちゃうのか、だんだん当たらなくなってきました。

かたやTakeちゃんは、私に指導をしながらも、バンバン倒してます。
Takeちゃんもボーリングをするのは、およそ30年ぶりだと言うから、体が覚えてるのかもしれませんね。
(正確には、この記事の冒頭にあるように、10年前に2ゲームやったみたいですけど…)
a0056140_1844413.gif

そして私も初めてのスペアが取れました☆
まずは、これで・・・
a0056140_18465046.gif
今日、何度か目の「9本倒し」でしたが・・・
a0056140_18475216.gif
ようやくスペアが取れて、すっごく気持ちよかったです♪

2ゲーム目のスコアはこちらです。
a0056140_18494369.jpg
決して慣れてきたわけじゃないのですが、最初に教わったことを忠実に守ることの難しさを感じました。

とりあえず、これで「ボウリング」も初体験出来たということで、少しだけ世界が広がったかな?
Takeちゃん先生に、感謝ですemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2016-02-02 20:58 | と或る日常のこと | Comments(14)

久しぶりのアウトドアです♪

1月10日(日)
a0056140_18192926.jpg
新年早々、お見苦しい画像かとは存じますが、これも記録ということで・・・emoticon-0111-blush.gif
今日は久しぶりに、川に行ってきました。
第一の目的は、Takeちゃんが新しく入手した「防水ビデオカメラ」の性能を確かめることなのですが、(クルミがあったら拾いたいな〜)というのが私の希望だったのです。

今の時期は下草が枯れて、クルミが見つけやすいのでは・・・と思いきや、クルミを包んでいる果肉(?)が中途半端に朽ちているので、意外にも見つけにくく苦戦しました(^-^;
↑の画像は、ビデオカメラから切り取ったものですが、Takeちゃんはビデオを撮ったり、一服したりしつつも、私の倍の量のクルミをGETしていました!(◎o◎;)
アハハッ、まいったな〜っemoticon-0111-blush.gif
でも、たくさん採れたから嬉しいです♪
a0056140_20563922.jpg
a0056140_21452643.jpg
今日は陽射しが暖かく、いつのまにか風も止んで、良い日和になりました。
のんびりとお昼休みをとった後、川でクルミを洗いました。
クルミに付いた果肉が落ちて綺麗になるのを見ながら、(縄文人もこうやって、クルミを洗っていたんだろうな〜)なんて思いました。
自然の恵みに感謝です☆

ところで、防水ビデオカメラ(画像で黄色い円で囲っているのが、それです)の調子はどうなのでしょう。

Takeちゃんによると、このビデオカメラ、ハイビジョンで光学40倍ズームが効くそうです。
ということは、肉眼では良く見えない遠くの被写体でも、結構撮れることになります。
a0056140_2159098.jpg
ちなみに、この鴨も100メートル以上離れていたのですが、このくらいの鮮明さで撮れていました。
Takeちゃんはこれを携帯して、渓流釣りや鮎釣りで「動画」を撮影するのを楽しみにしているようです。
写真も良いのですが、やはり動画だと「臨場感」があり、後で再生した時に、より鮮明に記憶が蘇るように思えるからです。
自然環境が劇的に変化している今、現状を記録しておくことの重要性も感じられるし、「一日中ガッツリ釣りをしてもあんまり釣れなくなってきてるし、写真やビデオを撮りながらっていうくらいがちょうど良いよ」ーーーだそうです。

どんな動画が撮れるのか・・・。
カメラを向けられた時に釣れるように、ワタシも心して釣らないといけないな〜っemoticon-0107-sweating.gif

さて、今日はクルミだけでなく、コジローにも、おみやげがあるのよ〜☆
a0056140_22283576.jpg
コジくんが好きな「ヒヨコ草(ハコベ)」です。
美味しそうにパクつく姿に、癒されます。

      *      *      *      *      *      *          

先週でバラの土替えも全部終わったし、来週は「硫黄合剤」を塗らなくては・・・。
今年は、バラを育て始めてから過去一番の暖冬なので、バラの芽もだいぶほころんでいるので、芽に気をつけて塗らないと・・・と思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2016-01-11 23:01 | と或る日常のこと | Comments(7)

2016年 あけまして おめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げますemoticon-0100-smile.gif
a0056140_16554753.jpg

昨年暮れからず〜っと走りっぱなし(精神的に…)で、ようやくホッと息をついているところです。

せっかくですから、記録をかねて、画像をアップさせて下さいm(_ _)m
a0056140_171226.jpg
クリスマスイブには、恒例のチキン丸焼きを作りました。
忙しさにかまけて、鶏肉を買い忘れてはならないと思い、台所のカレンダーに「トリ1羽」と書いていた私。
ある時、カレンダーを見たTakeちゃんがフリーズしていたのを見逃しませんでした。

「『トリ1羽』って・・・。コジローの他に、鳥を飼う約束でもしたんだっけ・・・?」

アハハッ、コジローがTakeちゃんにべったりなので、私がさびしくて他のインコを物色してるとでも・・・?
しない、しない! 
コジロー1羽で充分です♪
a0056140_1715321.jpg
Takeちゃんは、年賀状をプリントしつつ、同時進行で、昔のビデオテープを「デジタルデータ」に変換する作業をしていました。
そうすれば、ビデオテープを処分出来るし、いつでもパソコンやTVで気軽に再生することが出来ます。
そのおかげで、今年1月2日に家族皆で集まった時に、27年前に撮られたTakeちゃんのお父さんやお祖母さんが生きていた頃の家族会のビデオを上映したら、とても盛り上がりました☆
a0056140_1731243.gif
12月30日には、居間のカーペットを新調しました。
暮れが迫っている時に・・・と思いましたが、思い切ってやって良かったです。

そして年が明けて、1月2日。
我が家で家族会が開かれました。
a0056140_17345443.jpg
Takeちゃんは新しく購入した「防水ビデオ」で動画を撮影するのに忙しく、私もカメラを撮る余裕がなくて、あまり写真が撮れてませんでした(^-^;
そして・・・撮れた動画は、私はまだ見ていませんが、きっとまた何年後かに見たら、「あの時は、若かったねぇ〜」という話になるんでしょうね(^-^;
みんなが集まると、決まって「どこそこが痛い」だの「調子が悪い」という話になるのですが、まぁ、そう言いながらも重篤な病気ではなくて、こうやって集まれるのですから、それが何より嬉しいことです。

そして1月3日には、近くの神社に初詣に行きました。
a0056140_17465968.jpg
今年は、お義母さんも一緒に行きました。
去年の7月にも手術をしたのですが、最近、少し良くなっているような感じがするので、今年はもっと良くなるといいな・・・って思います。

そして今日、1月4日。
Takeちゃんの甥っ子家族がお義母さんのところに来るついでに、我が家にも寄ってくれました。
a0056140_17565875.jpg
やんちゃ盛りの男の子2人はコジローが珍しいようで、上の子は画像撮影が出来るゲーム機でコジローを撮りまくっていました。
コジローも人見知りしない性格だし、カメラにも慣れているのですが、こんなにカメラを向けられると、ちょっと緊張気味ですね(^-^;
でも、人前でも大人しく餌箱のエサをついばんだり、糞は手からおろして「ウンチ、プーンして」って言うとしていたので、あまりの優等生ぶりに、飼い主としてもちょっとビックリでした。
コジローは、やれば出来る子なんですね〜☆(←親バカ、丸出しですemoticon-0111-blush.gif

そんなこんなで、慌ただしくも良いお正月を過ごすことが出来て、感謝、感謝です。

明日はTakeちゃんも仕事初め。
私も気持ちを引き締めて、いろいろやらなくちゃいけないこと、やりたいことが盛りだくさんです。
今年も頑張るど〜〜! オーーーッ!!\(⌒▽⌒)/☆
[PR]
by hototo-gisu | 2016-01-04 18:31 | と或る日常のこと | Comments(8)

人形は何も語らないけれど・・・

11月28日(土)
Takeちゃんのお姉さんは、アメリカで賞を頂いたこともある「オートハープ」の奏者なのですが、「清水で紙芝居のBGMをやるので、観に来てね♪ Takeちゃんに、マイクとアンプの接続を手伝ってもらえると有難いな〜っ」と言われました。
よくよく話を聞くと、これまで動画とかで記録したものが全然無いというではありませんか!

そこでTakeちゃんは、もう7年ぐらい放置してあったビデオカメラを納屋から引っ張り出して、ちゃんと作動するか確認し、撮影をすることにしたのであります。
a0056140_11503822.jpg
舞台がなかったので、演者が観客の頭と同じ高さになり撮り辛かったため、こんなところにカメラを設置せざるを得ませんでした(^-^;

さて、今日の紙芝居の内容ですが、実話で、現在進行形の物語です。
a0056140_14302060.jpg
タイトルは『太平洋を越えた人形たち』です。

大まかな内容ですが・・・

昭和2年(1927年)、3月3日のひな祭りに間に合うようにと、アメリカから「日米の平和」を願って、12,739体の「青い目の人形」が贈られてきました。
我が国では、これを全国の小学校と幼稚園に配り、静岡県には253体の人形が届きました。
この人形の贈り物に感激した日本人の間から「返礼」の声がわき上がり、当時の実業家渋沢栄一氏が発起人となって、「答礼」として日本人形を58体、同じ年のクリスマスに間に合うように、横浜港からアメリカに向けて送ったのです。

しかし、その後、平和を願う両国民の思いとは裏腹に、第二次世界大戦が起こります。
平和の使者として贈られた人形達も戦争の渦に巻き込まれてしまいました。
日本においては、「青い目の人形は敵国の玩具」ということで、軍事訓練の竹槍の標的にされたり、無惨な末路をたどっていきました。
また、「答礼」として贈られた日本人形も、アメリカにとっては「敵国の象徴」として、人々の視界から遠ざけられたのであります。

あれほどの酷い戦争が終わり、70年という長い歳月が経ちましたが、なんとアメリカ国内では、確認されているだけで30体余りの日本からの答礼人形が、各州の博物館や大学などに保管されているということです。
また、日本に贈られてきた「青い目の人形」は全国で195体、静岡県内では僅かに4体残っているということです。
最初にアメリカで「日本に人形を贈ろう」呼びかけたギューリック博士の3世から、戦火の中、人形を大切に保存してくれたことを感謝して、新たに人形が贈られたりして、いまでも民間レベルでの平和を願う交流が続けられています。
a0056140_1592297.jpg

ーーー紙芝居では、以上のようなストーリーが語られています。
a0056140_1510048.jpg
この紙芝居は、現代美術家として有名な丹羽勝次先生とその奥様(この画像のご夫妻です)によって各地で講演されているのですが、このご夫妻がずっと気がかりだった人形があったのです。

それは、アメリカに「答礼人形」として静岡県から贈られた1体で、後に人間国宝に認定された平田郷洋氏が製作した市松人形で、当時の静岡県知事の長谷川久一氏が名付けた「富士山三保子」ちゃんという名の人形です。
(静岡の象徴である「富士山」と「三保の松原」から、こう名付けられたようです。)
ずっと行方知れずだったのですが、丹羽先生ご夫妻が「最後の願い」と訴えたことがあちらこちらで実を結び、来年、静岡に里帰りすることになったそうです。
a0056140_15305592.jpg
この「富士山三保子」ちゃんの、アメリカでの波乱万丈の人生…いえ、人形生は、発見された経緯も紆余曲折があったようですので、今回の里帰りは、まさに奇跡のようです。
a0056140_15421252.jpg
「日米友好の・・・」とか、そういったありふれた言葉で、この人形たちのことを語りたくないな〜と、私は思うのです。
戦時下に、自分や家族が生きることでさえ精一杯だった時に、敵国からであっても「人形に罪はない」というのは万国共通の意識なのか、人目に触れないように守ったという行為に思いを馳せると、「国」ではなく、「人」レベルだと、やっぱり人間って一緒なんだな〜と思うわけですが…。

しかし、「人間ってみんな一緒」なんだけど、「生い立ち」「貧困」「教育」などで変わることも確かなんですね。
ISも、武力だけでは制圧出来ないというのは、そういうところに原因があるからかも知れません。

ーーーそんなことを思いながらも・・・。

お義姉さんのオートハープの演奏もとても素晴らしく、講演の後も観客の方から質問攻めに遭ってました(^-^;
お義姉さんの旦那様も、自称「マネージャー」としてサポートに徹していらしたし・・・。
本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
Takeちゃんのビデオカメラも久しぶりに活躍出来たし、こういう機会がいただけて、本当に良かったと思います。
(ビデオカメラがまだまだ使えそうなので、来年の鮎の時期は活躍しそうです♪)

丹羽先生ご夫妻も年齢(84歳と81歳)を全然感じさせない、とってもお洒落で気さくなお人柄でした。
このブログの上から3つめの画像に写っている怪獣は丹羽先生がお遊びでお作りになられたもののようですが、こうやってみると、やっぱり芸術的だな〜って感じです。
見れば見るほど、欲しくなってきました(^-^;

同じく、今日出会えた地元のご夫婦もとても素敵で、またお会い出来る楽しみが出来ました☆
ア〜ア、私もしっかりせんば〜!!(どこ弁?) 

[PR]
by hototo-gisu | 2015-11-29 19:08 | と或る日常のこと | Comments(2)