~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>非公開さん こんばん..
by hototo-gisu at 23:47
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:36
こんばんは。 今回は賑..
by kai at 22:50
>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:08
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:52

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

カテゴリ:DIY/クレイクラフト/物作り( 72 )

サンマと物作りの秋〜♪

9月25日(日)
度重なる大雨で、川は増水しているので、鮎釣りはお休みです。
今日は久しぶりに雨が上がったので、夕方、七輪でサンマを焼いて食べました。
a0056140_23275981.jpg
a0056140_23281984.jpg
長かった猛暑も終わり、ようやく秋の気配が感じられるようになりました。

私達の創作意欲も、出てきましたよ〜。

Takeちゃんはミシンで「ポーチ」を作りました。
a0056140_23335775.jpg
a0056140_23342334.jpg
ファスナーを開くと、口のところにぐるりと入れてあるワイアーが大きく開いて、中の物が取り出しやすくなっています。
中にもポケットがたくさんあって、とっても使い勝手が良さそう♪

しっかし・・・こういうファスナーとか、他の布地と一緒に”裏返し”にしてミシンで縫うわけですが、縫った後、表にひっくり返した時に、ちゃんとした形になるように設計?するなんて、一体、どーゆー頭の構造をしているのかしら?
ーーーなんて思ったら、Takeちゃんも、「実はネットで動画を見ながら作ったんだけど、これを作っている先生って、どうしたらこういう風に出来るって、思いついたんだろう?」と感心していました。
世の中には、「3D」的発想に長けた人がいるんですねー。

何はともあれ、Takeちゃんの「鶴の恩返し」状態は、いまだに継続中です♪
(「鶴の恩返し」では、鶴が機を織っているところを覗いてしまったら、機を織るのをやめて、空へ帰ってしまったという話なので、私もTakeちゃんがミシンで縫っているところは決して見ないようにしているのです。)
おかげで、私は苦手な裁縫から解放され、繕い物などは全部、Takeちゃんがやってくれているので、助かっています\(⌒▽⌒)/

私もクレイアートを再開しました。
手始めの「スズラン」を作った後、課題の「猫」を作ろうと思っていたのですが、ある時、YouTubeでPrinceのギターに一目惚れしたのです。
(ギターそのものも美しいのですが、Princeのギターがホント、素晴らしくて美しい音色で、この動画でも、他のそうそうたるミュージシャンを圧倒していました。惜しい人を亡くしました。合掌。。。)
それが日本人が設計した「MAD CAT」というギターということを知り、日本人であることを誇りに思いました。
そして、偶然の「猫」つながりで、「猫にMAD CATを持たせよう」と思ったわけです。

・・・で、指がまだ不安定な時から、ギターだけは作っておいたので(出来がイマイチですが)、今、猫を製作中です。
a0056140_027133.jpg
・・・首が無いと、不気味ですね(^-^;

しばらく製作をしていなかったので、色々と忘れたり、思ったように指が動かなかったり・・・と、反省しきりです。やっぱり「継続は力なり」ですね。
でも、作ることは楽しいです。
どんな「MAD CAT Cat」(?)が出来ますことやら。。。







.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-09-28 00:36 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(4)

ファースト ペンギン

a0056140_1656371.jpg1月25日(月)
今朝は今年一番の冷え込みとなりました。
昨年末から暖冬が続いていたので、この寒さは堪えますねー。
道路に面したところに置いてあったベゴニアは凍ってクターッとなってしまい、満開のガーデンシクラメンも、シナーッとしおれてしまいました。
そんな中、さすが梅は強いですね。
この梅の盆栽ですが、昨年の夏に、私がバラの手入れに追われている隙に数十匹の青虫にたかられて、あちこち食い尽くされてしまったのですが、なんとか難を逃れた花芽が咲いてくれました。
青虫が梅にも付くなんて・・・。
油断禁物ですね。
今晩も冷え込みそうなので、生き残ったベゴニアやシクラメンは、凍らないように避難させようと思います。

先週はゴタゴタして、ブログをアップ出来ませんでしたが、暇と気力がある時に、久しぶりにクレイアートを作りました。

当初の予定では「ユキヒョウ」だったのですが、去年の暮れに、庭のバラに飾ってあった「ヤマガラ」ちゃんを壊してしまったので、それに代わる「アカゲラ」を作ろうとしていたのですが・・・

なんか「ペンギン」が作りたくなって、以前、とある水族館で一目惚れした「ジェンツーペンギン」をモデルにして作りました。
a0056140_17204735.jpg
これは、ニスを塗る前に撮った画像です。

NHKの朝ドラで「ファースト・ペンギン」が話題になっていたので、その影響もあるのですが・・・。
(素直に認めちゃうわけ?! (^-^;)
私にとっては、この子が今年最初のクレイアートであり、最初に作ったペンギンですから、巷で言われている「ファースト・ペンギン」とは意味が違うんですけれども、私にとっての「ファースト・ペンギン」なのであります。
しかし、しばらく作らないでいると、腕も鈍るし、塗りもダメダメで、ニス塗りもグズグズになり、反省しきりです。

話は変わりますが、先週、用事で出かけた際、鴨の軍団に出会いました。
嬉しくなっちゃって、もっと近くで見たくて、たぶん餌付けされている鴨サン達だろうと思った私は、バッグから白い紙を取り出し、遠くの鴨に向かって、「来い、来い!」と言いながら、紙を振り続けました。
すると、気がついた「オオバン」が先頭になって、こちらに向かってきました♪
a0056140_17423716.jpg
やっぱり、誰か餌付けしてるのねー(⌒-⌒)
ゴメンネ〜、呼んだけど、今日は何も持ってないの(^-^;

すると、キャッシュな鴨サン達は、そそくさと泳いで行ってしまいました。
a0056140_1746418.jpg
その「見切り」の早さに、脱帽です(笑)

そして、我が家のコジローも、寒いのが苦手なオカメインコなのですが、なんとか頑張ってくれています。
a0056140_17492912.jpg
コジローに、「寒いけど、暖かくなるまで、頑張ろうね!」という気持ちを込めて、宮沢賢治の「雨ニモマケズ、風ニモマケズ、雪にも夏の暑さにも負けず・・・」と言いながら、(その先、何だったっけ?)ということで、ネットで検索をして、詩の全文を読みました。
そして、この詩のモデルになった実在の人物がいたことも初めて知りました。
コジローに、この詩を読みつつも、「じゃ、アナタは、どうなのよ?」って、自分にツッコミをいれているワタシなのです。

     *     *     *     *     *     *

先週、鮎釣りで知り合った方の訃報がありました。
私のブログにも時々書かせていただいたことがある、東京から興津川によくいらしているご夫妻の旦那様が、1月初旬にお亡くなりになったそうです。
a0056140_21471639.jpg
画像は、興津川の『土村』で撮ったご夫妻のツーショットです。

奥様は最初のころ、旦那様の付き添いで鮎釣りに付き合っていたそうですが、今ではすっかり友釣りに夢中になってしまって、数年前に興津川の渓流解禁日にお会いした時には、「女房が『鮎釣りまで待てない!』というので、今日は彼女の『渓流釣りデビュー』なんですよ。」と、旦那様が嬉しそうに、そして愉快そうに話をしてくれたことを、つい昨日のことのように思い出します。
その旦那様がお亡くなりになるなんて・・・。

川でお会いして、ご存知の方もいらっしゃると思い、ここに書かせていただきました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by hototo-gisu | 2016-01-25 22:34 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(6)

やる気が出てきた!

11月21日(土)
午前中、Takeちゃんが病院で薬をもらってから、興津川に行きました。
a0056140_1413721.jpg
a0056140_1419843.jpgやっぱり川は・・・というか、自然の中に身を置くのは、気持ちがいいな〜♪
今日は文字通りの「小春日和」で、とても気持ちが良かったです。

ところで、今日の目的は「クルミ拾い」だったのですが、河原のあちこちで工事が行われていたので、思うようにはいきませんでした。
この『土村』も川に重機が入っていて、川の砂を掘って、トラックで運び出していました。

「大水で堆積した砂を運び出しているのかなぁ?」
「大きな石は、ちゃんとよけて取ってあるみたいだから、終わったら川に戻してくれるつもりかも☆ 漁協から言われて、そういうところはちゃんと考えてくれてるのかもね。」
「いや、砂を運び出すのに邪魔だから、単によけてあるだけかもしれないよ。」

え〜っ? そうなのかなぁ・・・。
どうか、大きな石は川に戻してくれますように・・・。

11月22日(日)
今日、11月22日は語呂合わせで「いい夫婦の日」だそうです。
いいも悪いも、それにかこつけて(?)、プチ贅沢なアウトドアランチとシャレてみました。
a0056140_1551852.jpg
ロブスターや・・・
(写真だと立派に見えますが、実際は小さめデス(^-^;)
a0056140_1571186.jpg
牡蠣を七輪で焼いて、お庭でランチしました♪
a0056140_1582273.jpg
最近、ややこしい仕事が増えている上に、新調したMacが新しいOSで、今までの「iPhoto」をやめてしまったことから、とんでもなく大変な目に遭っているTakeちゃんですが、少しは気が晴れたかな?
仕事のことは、ややこしいと儲かるからいいのですが(苦笑)、新しいMacはちょっとヒド過ぎるかも…。
スティーブ・ジョブスが生きていたら、きっとこんなことにはならなかったと思うし、もし生きていたら、絶対、抗議の手紙を書いてやる!022.gif
「イタコに、スティーブ・ジョブスの霊を呼んでもらいたいものよね!」
「大○隆法なら、すぐに呼んでくれるよ!(爆)」

今のアップルはiPhone主流に動いているので、純粋なMacユーザーを置き去りにしているような気がします。
新しいOSに入っていた「写真」というアプリ(ヘンなネーミングだし…)を見限り、アドビの「Lightroom」で写真管理をしていくことを決意したTakeちゃんに、明るい未来がやってきますように…☆

11月23日(月)
干支のお猿さんにニスを塗ったのですが・・・
a0056140_1604562.jpg
ニスで粘土が微妙に溶けてしまい、仕上がりがプラスチックっぽくテカテカになってしまって残念です。
もったいないと思い、クレイフラワー作りで余った粘土を使ったことが原因なのです。
今後も、粘土とニスの相性を気を付けないと…。
それに気付けて、むしろ良かったーーーと思うことにします。

今日は、ある本の影響で、今まで私が作ってきたクレイアートの動物達の「履歴」を整理する作業に没頭していました。
その本というのは・・・
a0056140_16112910.jpg
「はじめての木彫りどうぶつ手習い帖」という本です。
以前エキサイトブログでお見かけしたはしもと みおさんが本を出版なさったと知り、先週、購入したのです。
もともと、「鮎子」を木彫りで作っていたこともあり、一時は木彫りにハマりそうな私でしたが、やってみるととても難しく、挫折してしまいました。
そんな私を(またやってみたい!)と思わせるほどに、初心者にもわかりやすく、道具や作り方を詳しく教えて下さっています。
とはいえ、私はクレイで動物を作っていきたいと考えていますが、みおさんの動物に対する愛情や美術に対する考え方に共感が持てて、とても勉強になりました。

「できあがった日付を、その子の誕生日として覚えておきましょう。名前のない子なら名前を付けてあげ、その子の名前で呼んであげましょう。」

そう書かれているので、私も今まで作ってきた子達の、作った日にちと名前を整理し始めたわけです。

ちなみに、今回作ったお猿さんは、左が「えて吉」で右が「トシモン」といいます。
タカアンドトシのトシに似ているトシモンを我が家に残そうと思っています。

みおさんの木彫りの動物たちは温かくて、可愛くて、どれも素敵なのですが、私はクレイを使って、私なりに愛を込めて丁寧に動物たちをこれからも作っていきたいな〜と、俄然やる気が出てきました053.gif

暮れにむけて忙しくなりそうですが、次のお題「ユキヒョウ(雪豹)」に取り掛かろうと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2015-11-24 19:00 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(4)

暖かい日が災いして…(;´ー`)

11月15日(日)
せっかく良い感じに干し柿が乾いてきていたのに、今朝のこの暖かさは、いったい何?
このまま干していると、皮が干し上がるまえに実が熟しすぎて、柔らかくなり過ぎてしまいそう・・・。
仕方がないので、全部撤収することにしました。
a0056140_2042043.jpg
a0056140_20422424.jpg中身は甘くてトロットロで味は最高なのですが、皮の乾き具合がイマイチなので、ちょっとヘタが当たっただけでも皮が破れてしまうのです。
せっかく良い柿をいただいたので、最高の干し柿が出来そうだったのに・・・とガッカリです。
でも、食べる分には美味しいから、いいか!

そう思って、干し柿好きなTakeちゃんのお母さんに届けたところ、もの凄〜〜く喜ばれました003.gif
「アンポ柿みたいで良いじゃない!」「冷蔵庫に入れておけば、もっと美味しくなるよ。」と、手放しの喜びようでしたので、ちょっと落胆していた私の気持ちも晴れてきました。

ーーーで、帰ってきてからクレイアートの創作活動に専念しました。

今回は「干支」の置物ということで、「猿」です。
お義母さんの分も含めて、2体作っています。
今日のところは、ここまで出来ました。
a0056140_21151224.jpg
「作家の個性が表れている」と、Takeちゃん。
まぁ、作風が一貫していたほうが、いいですよねっ♪

最後に・・・

我が家の大文字草は、まだ満開状態が続いています。
a0056140_21391698.jpg

その大文字草の去年のこぼれ種がコーネリアの根元に飛んで、可愛い花を咲かせたので盆栽の鉢に植えました。
a0056140_21465323.jpg
はかなげだけど、力強さも感じられます。
親株のように、大きく育つといいな〜っ☆
[PR]
by hototo-gisu | 2015-11-16 21:58 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(8)

「立冬」に・・・

11月8日(日)
今日は、暦のうえでは「立冬」。
1週間前まで鮎釣りをしていたのに、なんだかもう、遠い昔の出来事のように思えてきた。
a0056140_15155331.jpg
a0056140_1517392.jpg
先週、山のようにいただいてきた生姜の数々を、いろんな料理方法で保存食にしてみた。
画像は「ガリ」。
ざるの中の新生姜、1.2キロを、ぜ〜んぶ「ガリ」にした。
作る時に包丁で切ると、ガリガリいうから「ガリ」というーーーって書いてあったけど、ホントかな?
大量だったからスライサーを使ったので、「ガリガリ」ではなく、「シャリシャリ」っていってた。
だったら「シャリ」じゃないのか?(笑)
呼び名はともあれ、自家製のガリは美味しい♪
他にも、「紅ショウガ」「醤油漬け」「味噌漬け」「佃煮」も作った。
それらが詰まった保存瓶が冷蔵庫を開けるたびに目に入る。
一仕事を終えたような、達成感。。。
と同時に、映画「リトル・フォレスト」を思い出しました。

Takeちゃんのオススメで、まだ「冬・春編」しか観てないけど、日本の暮らしの原風景って、こういうのだったんだろうな〜って、なんか懐かしさを感じる映画です。
「自然の恵みを食べて、元気を充電する」ーーーその時折々に得られた食材で料理を作って、新鮮なうちに保存食もこしらえるのって、なんか好き053.gif
スーパーの食材はいつでも買えるから有難いけど、作り手の見える旬の食材のほうが、なんか嬉しいし、ヤル気が出るのよね〜。
アーア、近くに「産地直売所」が出来ないかなぁ〜。

そんなことを思っていたら、次なる食材が届きました☆
a0056140_16135164.jpg
「四つ溝柿」です。
「駿河の柿」とも呼ばれ、脱渋すると糖度が高く歯触りの良い柿で、甘柿とは違った美味しさが楽しめるとのこと。
部分的に熟したのがあったので早速食べてみると、と〜っても甘くてほっぺたが落ちそうになりました(⌒_⌒)
干し柿を作るつもりですが、一部、焼酎で渋抜きもしてみることにしました。
a0056140_1620107.jpg
干し柿が出来るまで2週間ぐらいかかるので、その間、こちらの渋抜きの柿が楽しめそうです。
a0056140_16224753.gif
干し柿を作るのも、久しぶりだったので(前回、どうやって吊るしてたかな〜)と自分のブログをチェックしていたら、Takeちゃんが吊るし柿用に作ってくれた部品の存在を思い出してくれました。
そのおかげで作業も着々と進んで、見事な吊るし柿が出来ました。
a0056140_16305777.jpg
これだけの柿を、枝をある程度残しながら切って、箱詰めして送って下さった方に心から感謝です。
柿と一緒に入っていた「醤油漬けの新生姜」も「紫蘇の実の塩漬け」も、「これがホントの『いい塩梅』って言うんだろうね。」とTakeちゃんが絶賛していたけど、私のような「にわか保存食作り」には真似出来ない味付けで美味しかったです。
新生姜って、漬けると水分がたくさん出てしまうのですが、そういうことも経験してみないとわかりませんでした。
a0056140_16451568.jpg

学ぶことは尽きないな〜っ。
ねーっ、コジちゃん♪

最後に、昨日ニスを塗って出来上がったクレイアートのリースをアップします。
a0056140_16541318.jpg
a0056140_16543250.jpg
玄関が暗いので、思いっきり派手に作ってみました。
前回よりも花びらを薄く作ったので、どこまで風雨に耐えられるかな…?
[PR]
by hototo-gisu | 2015-11-09 18:27 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(8)

新しい粘土を試してみたり・・・

10月10日(土)〜12日(月)
a0056140_20352071.jpg
「アユの時期はアユ!」と、とあるオトリ店のご主人がおっしゃいましたが、果たして今は、どういう時期なのでしょう??
奇しくもTakeちゃんが、8月の初旬頃には「今年は(鮎釣りは)ダメだなー。来年の鮎釣りに期待するよ。」なんて言ってたけど、まさかそういう事態になるとはねぇ・・・。

というわけで、この3連休も創作活動にいそしみました。
a0056140_2050321.jpg
赤霧くんのクレイアートに、Takeちゃんが台座を作ってくれました♪
色合いもマッチして、思ったように仕上がって嬉しいです。
こうして出来上がりを見ると、まだまだ反省点だらけですが、こうやって作ることによって色々な気付きがあり、勉強になりました。

次に作る動物も決まっているのですが、ここはちょっと一息ついて、1年ぶりにクレイフラワーを作ることにしました。
ーーーというのも、以前買ってあった新しい粘土を試してみたくなったからです。

私は独学で「粘土細工」を始めるにあたり、ネットや本で「粘土作家」の方々の作品を拝見し、どんな粘土を使っていらっしゃるのか参考にしようと思ったのですが、どなたも粘土のブランドや配合などを公表していらっしゃいません。
作家の方によっては、ご自分のブランドを教室のみで販売していらっしゃるようです。

今までは、(企業秘密なのかなー?)と思っていましたが、今回、新しい粘土を試してみて、(それもわかるなぁ〜)と思えるようになりました。
今回の新しい粘土も、実に使いにくくて、(もう使うの止めちゃおうかなー)と諦めかけましたが、他の数種の粘土と混ぜたりしてサンプルを作り、なんとか使いこなす自信がついたからです。

一口に粘土といっても、今、日本市場に何十種類ものブランドがあり、特徴もいろいろです。
それを実際に使ってみて、自分が作りたいものはパーツによってどの粘土が合うのか、それは自分自身じゃないとわからないことなのかも知れません。
a0056140_21315158.jpg
バラの作り方にしても、教科書通りではなく、自分なりに工夫しなければ・・・ということが、1年経った今、ようやくわかりました。(遅過ぎ?)
でも、それに気付けて嬉しいです。

一方、Takeちゃんは最近、「手縫い」を勉強中です。
それで作ったのがこれです。
a0056140_21401871.jpg
余った布とファスナーで作った、マカロン型の物入れです。
画像では大きさがわかりませんが、カスタネットよりも少し小さいくらいです。ーーーっていうか、ファスナーを開けるとカスタネットにそっくりです(⌒-⌒)
ストラップを付けて携帯しやすいようにして、薬とかを入れて持ち歩くのに良いかも。

そして、こんなのも・・・
a0056140_21473836.gif
「バネポーチ」と言うそうですが、タバコとライター(内側にポケットが2つ付いてます)を持ち歩くのにピッタリのサイズです。
もしかして、そういう目的で作ったのぉ〜?ヽ(`⌒´メ)ノ
本人曰く、「今、このバネの大きいもので作ったバックが流行っているそうなので、試しに作ってみたかったんだ。このバネ、100円ショップで売っていて、2個入りで100円。ついでにこの布もそこで買ったよ♪」とのこと。
私も一つもらって、化粧ポーチとして使うことにしました♪
a0056140_21591840.jpg
いよいよ我が家のホトトギスの花も咲き始めました☆
もうすっかり秋ですねー。

秋のバラも咲き始めました。
a0056140_2211593.jpg
夏から薬散布をさぼっていたのでちょっと病気がちです。

カメラを向けていると、あれっ?  何か、ヒゲのようなものが・・・??

ギャ====ッ!
a0056140_2265649.jpg
大きなキリギリスがいるではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)

カメラを向けてシャッターを切ると、なんと私のエプロンに飛びつくではありませんか!
キャーーーッ!!

慌てて道路の向かいの草むらに放ちました。 フゥ〜〜ッ。。。

ーーーというわけで、それなりに収穫もある連休となりました。
・・・が、そろそろ鮎釣りにも行きたいですね・・・。
釣れないかもしれないけど、まだ納竿には早いですものね。
[PR]
by hototo-gisu | 2015-10-14 22:26 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(4)

ハリスホークの色付け&ニス塗りが終わりました♪

10月4日(日)〜5日(月)
また「爆弾低気圧」のせいで、川が増水してしまいました。
とはいえ、Takeちゃんの足がまだ完治していないので、気兼ねなく療養が出来るというものです。

なかなか着手出来なかったクレイアートのハリスホーク、自称(?)「赤霧くん」の色塗りに専念し、ニス塗りまで終わらせちゃいました\(⌒▽⌒)/☆
a0056140_1628167.jpg
Takeちゃんから、「足の色が赤過ぎない?」と言われましたが、ハリスホークの和名は「モモアカノスリ」というくらいだし、実際、モモが長くて特徴的な色なんですよ。
なかなかその色を出すのが難しいわけですが、作者である私としては現時点でこれが精一杯なので、これで良しとします(^-^;

それにしても、写真を撮るのもなかなか難しいのです。
自然な太陽光が入る部屋で写真を撮ろうと思い、コジローのいる部屋で撮影をしていたら・・・。

コジローが「ケージから出して〜っ!」と、暴れまくるので、しぶしぶ出してあげたところ・・・
a0056140_16401768.jpg
いきなり、タタタターーーッと赤霧くんに近づき、バクッと口撃するではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)

コジロー、やめてぇ〜っ!

ーーーと叫ぶも、時、すでに遅し。
a0056140_16451646.jpg
緑色の円のところの黒い爪の先が、1ミリほど破壊されてしまいました(泣)
ただ、後ろ指だし、止まり木に食い込む部分なので目立たないところだったのが幸いでした。
a0056140_16475534.jpg
その後も、私が赤霧くんを撮影していると、ぬいぐるみのワンちゃんを齧るのをやめて、邪魔しにきました。
コジロー、赤霧くんにヤキモチを妬いているのね〜(⌒-⌒)
カメラで撮られるのも結構、好きみたいなので(笑)、「私も撮ってよ!」とばかりに、カメラのショルダーストラップを噛みに来たりして、落ちついて写真も撮れません( ̄▽ ̄;)
a0056140_16564119.gif
a0056140_1657845.jpg
ーーーとまぁ、こんな感じに出来上がりました。
あとは、Takeちゃんに台座の加工をしてもらうことになっています。

イケメンの赤霧くんには申し訳ない感じのところもありますが、精一杯、頑張りました☆
出来上がったら、ぜひ手に取って見ていただきたいので、kaiさんに差し上げたいと思っています。
気に入っていただけるかな・・・(*^o^*)
[PR]
by hototo-gisu | 2015-10-06 17:40 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(4)

なかなか思うようにはいきません

今まで9月に「5連休」なんて、あったのかしら?
「シルバーウィーク」?  最近になってから、初めて知りました(^-^;

せっかくの連休ですが、川も調子が悪いみたいだし、Takeちゃんの足もまだ治っていないし、コジちゃんもオカメパニックから回復していないし・・・で、連休中はボチボチ、クレイアートの創作にいそしみました。

今回のモデルは、kaiさんのブログ「猛禽生活Ⅱ」のハリスホーク「赤霧くん」なのですが・・・008.gif

Takeちゃんが「作るんだったら、羽を広げた形に挑戦してみたら?」と言うので、そうしてみたんですけど・・・
a0056140_23533253.jpg
(*注…まだ色塗りをしていない状態です)
Takeちゃんから、「普通、鷹が羽を広げている形って、頭を低くして、翼の肩のところをグッと前に出した感じのイメージじゃない?」って言われました。

ホラ、きた!
そーなんですよ。
バードカービングの作品を見てみたら、鷹はみ〜んな、そんな格好してました。(最近、気付きました。)
ですが、私の赤霧くんのイメージは、kaiさんの腕に止まろうとして羽を広げている赤霧くんなのですよ。
だから、これは、「木に降り立ったばかりの赤霧くん」という設定なんですっ。

実は、『腕に止まる赤霧くん』ということで、腕を粘土で作ってみようかとも思いましたが、腕だけ作るっていうのも何だかグロテスクな感じがして、それで木に止まらせることにしました。

その台座となった「木」ですけど、Takeちゃんに台座の元になる木を組み立ててもらって、その上から粘土で「木」を形作りました。
それを作る際、いろんな画像サイトを見て、流木っぽいような、「様になる木」を探してみたのですが、なかなか見つかりません。

すると、TakeちゃんがMURAKAMIさんが作って下さった「渓流タモ」を持ってきて、「このタモの柄を参考にしてみたら?」と言うではありませんか!

さすがTakeちゃん!
容赦ないダメ出しもしてくれますが(笑)、アドバイスも的確なので感謝、感謝ですm(_ _)m
a0056140_0234866.jpg
MURAKAMIさん作のタモの柄を見ながら、粘土で同じような「味」が出せないかと試みたのですが、タモの柄にあるような木の節の絶妙な美しさが、どうしても表現出来ませんでした。
あらためて、MURAKAMIさんの表現力や技術の高さというのを感じました。
こんな写真を出して恥ずかしいですが、次にはもっと良いものが出来るように努めるのみです☆

さっきから「赤霧くん」がモデルだと散々書いておきながらナンですが、赤霧くんはもっと「イケメン」なハリスホークなんです。
私のは、ちょっと翼が小さいし、頭でっかちになっちゃったかな・・・。
あとは「塗り」で、どこまで挽回(ごまかし?)が出来るかどうか・・・。

kaiさん、未熟な私をお許しくださいm(_ _)m

最後に、少しずつ元気になってきたコジちゃんの、「お口直し」じゃなかった、「お目直し」の画像を貼らせていただきます。
a0056140_0512383.jpg
好物の紫蘇の実のおかげで、食欲も出ているようです。
Takeちゃんの足もだいぶ良くなってきたみたいで、お義母さんが言うところの「肥立ちもの」なのかもしれませんから、あせらずじっくりと治してもらいたいです(⌒_⌒)
[PR]
by hototo-gisu | 2015-09-25 08:01 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(4)

撒き餌に引っ掛かったわけでは、ありません

8月9日(日)
最近、週末になると体調が悪くなることが多い私・・・。
おかげで今週も川に行けなくて、Takeちゃんにも申し訳がありません。

なのに、先週はTakeちゃんをちょっと怒らせてしまいました。

私が突然、「単焦点レンズを買いたい。」と言い出したからなのです。
デジタル一眼レフカメラを購入してからほんの数週間しか経っていないのに、「このズームキットレンズでは、私が思ったような画像が撮れないから・・・」と言い始めた私に、今、手元にあるレンズでなんとか撮ろうと努力もせずに、ちまたで「撒き餌レンズ」と言われている物を買おうとしていることに、考え方があまりに安直過ぎると思われても仕方がありません。

ーーーが、私なりにいろいろと努力していたし、この“優柔不断な”ワタクシが、「こんな画像が撮りたい」という明確なビジョンを持つなんて、とっても稀なことなのに・・・(^-^;

そのことを伝えようと、あれこれ資料を持ち出して、なんとかTakeちゃんの理解を得ることが出来ました。

Takeちゃん曰く、その時の私は「新興宗教にハマってしまった、妄信的な信者のようだった」そうです。(苦笑)

そうして入手した「Canon EF50mm F1.8 STM」。

Takeちゃんが言う通り、レンズを変えたからって、いきなり良い写真が撮れるはずもありませんが、私の好きな画像が撮れそうな予感を感じさせてくれるレンズです。
a0056140_17512477.jpg
これは私が今日の夕暮れに撮った、ケージに入ったコジローの画像ですが、夕暮れ時の青い光につつまれたコジローが、とてもロマンチックに撮れていて気に入った一枚です。
誰を撮ってもこんな写りになるから、別名「シンデレラレンズ」と呼ばれているのでしょうか?

ただし、Takeちゃんが言うには、このレンズは実は「望遠」に使えそうなのだとか・・・。
昨日は空気にモヤがかかっていて視界が悪かったのですが、Takeちゃんが夕暮れ時の海を撮った写真がコレです。
a0056140_1841265.jpg
撮れたままの画像を検証するため、一切、加工していません。
しかし、普通のズームレンズに比べて、解像度が高いというか、波の微妙な揺らぎまでドラマチックに撮れているように感じられます。
(モヤまで、忠実に写っていますが…(^-^;)
なんか、何気ない風景が「絵」になるような感じがするのです。

クレイアートも、こんな感じに撮れました。
a0056140_18565458.jpg
a0056140_18571619.jpg
私がクレイアートで表現したい「温かみのある」雰囲気というのを画像でも表現したかったのです。

こんなドラマチックな画像だって表現出来ます。
(少々、画像処理をTakeちゃんに手伝ってもらいましたが…(^-^;)
a0056140_191465.jpg

「コジローは見た!」

私が具合悪そうにしていると、顔に近づいてきて、覗き込んだりするんですよ。
コジローも、何も考えていないようで、ちゃ〜んと見てるんですね。
a0056140_1972117.jpg
L.D.ブレスウェイトも他のバラも、派手さだけではない“表情”を画像に残してあげたいと思っています。

思ったような画像が撮れるようになるまで、まだまだ掛かりそうですが、「撒き餌」に引っ掛かっただけではないということを証明出来るように努力します☆
[PR]
by hototo-gisu | 2015-08-10 22:43 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(13)

ついに・・・

7月18日(土)
台風11号による影響で川が増水し、今週も鮎釣りは出来なくなりました。
おまけに、体調もすこぶる悪いので、大人しくしていようかな・・・と。

ーーーそれとは、まるで“無関係”の出来事なのだけど・・・

ついに「デジタル一眼レフカメラ」を買ってしまいました。

数年前から欲しいと思っていたけど、防水デジカメで充分に事足りていたし、レンズ交換とかいろいろ面倒そうだし…と思って、敬遠していたのです。

しかし今年、満開のバラを写真に収めながら、(一眼レフだと、もっと綺麗に撮れるのでは…)と、何度となく思ったり・・・。
クレイで作った動物を写真に撮る度に、(実物はこれよりも、もうちょっとマシなのになぁ〜)なんて思ったりして…(^-^;

それでも買う気はなかったのに、おととい(16日木曜日)、たまたま見かけた「ヤフオク!」で、「Canon EOS kiss X3」が6,800円で入札されていたのです。
残り時間48時間。
Takeちゃんが常々、「自分はアンチCanonだったけど、ホトちゃんのCanonの双眼鏡のクォリティの高さからして、もし一眼レフを買うとしたらCanon製だな。」と言っていたのを思い出しました。
そこで「Canon EOS kiss X3」について、いろいろ調べてみることにしたわけです。
もう5年ぐらい前の機種らしいのですが、初心者が使うには、とても評判が良いみたい。
一眼レフは初めてだし、高いと手が出ないので、入門機にはちょうど良いのでは?ーーーなんて、勝手に思ったりして…(^-^;

一夜明けて昨日(金曜日)。

「ヤフオク!」をチェックしたら、6,800円が12,800円になっていました。
やっぱり人気なんだ!ーーーと、自分の思い込みに自信を持ちました。(苦笑)
そこで初めてTakeちゃんに、事のいきさつを話してみたのです。
すると・・・。

「その機種じゃなくて、もっと新しいのはアマゾンで、いくらぐらいなの? 一眼レフはデジタル機器だから、古いのは機能が劣化していると思うので、やめたほうがいいと思う。」と言われたのです。

そうは言われても、新しいのは高いのよぉ〜?

しかし、そう言われたからには、ちゃんと調べてみて、そして判断しようーーーと思いました。

今までコンデジを使っていて、撮るときは「インテリジェントオート」で、全てカメラまかせ。
ブログにアップする時に「Photoshop」で色合いを修正したりしていました。
だから、「絞り」とか「シャッタースピード」とか、全然興味なかったし、全然知らなかったというか、知ろうともしなかったワタシ・・・。

そのワタシが、生まれて初めてカメラに興味を持ったのですよ!
人生って、わからないものです(*^o^*)

金曜日の4時間ぐらいで学んだ知識で、「Canon EOS kiss X7」に標準レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」が付いたキットを買おうと決めました。
お値段、40,000円。
初心者ですから、「標準レンズ」が使いこなせるように勉強しようと思ったのです。

その旨をTakeちゃんに話したところ、「他のレンズはないの?」というので、「ちょっと待って・・・え〜っと、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMっていうのがあるけど、これはCanon EOS kiss X7iっていう上級クラスのボディに付いているレンズキットなんだって。」と、ワタシ。

「じゃあ、それにしたほうがいいよ。55mmのレンズはホトちゃんには良いかもしれないけど、ボクが使うには135mmのレンズじゃないと持つ意味がない。」と言って、脅されてしまった。(笑)

「Canon EOS kiss X7は女性が持つにも軽いらしいけど、X7iは重くて、このズームレンズを付けると、持ち歩くのが苦痛だっていうレビューが書いてあるよ! それに値段だって3万も高くなるし。」と、ワタシも食い下がったが、Takeちゃんは引く気配がない!(^-^;

ーーーというわけで、「Canon EOS kiss X7i」に18-135mmのレンズが付いたキットを購入することに決め、アマゾンの「お試しプライム便」で注文したのが昨日の午後10時頃でありました。

ついに、一眼レフを買うことになってしまったが、買うと決めたら、少し世界が広くなったような気がしてきました。

そして、「詰め込み学習」で身につけた知識を駆使して、手元にあるコンデジ(SONY Cyber-shot DSC-TX5)の「絞り」とかを初めていじって、写真を撮ってみたのがコレ↓
a0056140_833730.jpg
今までコジローの動くところを、こんなに綺麗に撮れたこと、なかったかも・・・。
学習の成果が、こんなにも顕著に出るなんて、もっと早くにカメラに興味を持てば良かった…。

そして午後5時頃に「Canon EOS kiss X7i」が届きました☆

バッテリーに充電して、Takeちゃんが「シーン・インテリジェントオート」で何もいじらずにシャッターを切ったのがコレ↓
a0056140_2357559.jpg
記念すべき1枚目でしたが、「おお〜っ、まさに一眼レフ!」ーーーって感じの写真じゃないですか☆
コンデジと違って、対象物がより現物に近い見た目に撮れていることに感激しました。

ワタシは数値をいじって撮ってみました。
a0056140_842280.jpg
もう、Photoshopで微調整しなくても良くなるかも〜♪

ーーーなぁ〜んて調子に乗っていたのは「ビギナーズラック」的な、ほんの最初の数枚のものだけ、だったのであります。

7月20日(月)
1日おいて、今日は「海の日」。
海の日だけど、用事があって興津川に出掛けました。
ついでに、新しいカメラで写真も撮りたかったし・・・(*^o^*)

しかし、世の中、甘くありません。

たくさん写真を撮りましたが、家に帰ってきてパソコンに取り込んでみると、もぉ〜っ、全然ダメダメ、グズグズ! 
とても他人様に見せられない写真が大量生産されていて、ガッカリするやら、情けないやら、悲しいやら・・・。
まぁ、最初から上手くいくはずありませんよね。
以後、精進します・・・008.gif

そんな中、唯一、まともに撮れていたのはコレ、たった一枚でした。
a0056140_710403.jpg
他に、川の様子を撮ったり、花も、ランチのサンドイッチも撮ったのですが、どれもボツです。
写真を撮るのがこれほど難しいとは、初めて知りました。
と、同時に、休日を楽しんだ記録が残らなくて、これじゃ、何のためのカメラかわかりません。
当分はインテリジェントオートで撮らないといけないかな?( ̄▽ ̄;)

なんか、カメラの話ばかりになってますが、この日の興津川は暑かった! 
Takeちゃん自作のタープと日除けが大活躍でした♪
日除けに水を掛けたら、通ってきた風が涼しくて、なかなか良いアイディアだったかも☆
川は普段よりも数十センチ増水していたのですが、石は真っ白!
鮎釣りのことも忘れて、心置きなく、河原でのんびりと出来ました。

ーーーというわけで、突然(?!)、デジタル一眼レフを買って、カメラに目覚めてしまった事の顛末を記録しておきました。
とはいえ、カメラを撮ること自体がワタシの目的ではなく、いろんなものを見た目に近いかたちで、美しく残しておきたいというのが本来の目的です。
a0056140_7365695.jpg
これはTakeちゃんが彫った鮎です。
こんなふうに、自分たちが創作したものも、出来るだけ実物に近く、綺麗に撮って残したいです。
そのためにも、本命のクレイアートのほうも頑張らないといけないな・・・。
[PR]
by hototo-gisu | 2015-07-22 08:10 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(10)