~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:05
新しい家族のお迎え、おめ..
by kai at 21:38
>雪だるまさん こんば..
by hototo-gisu at 22:05
今雌雄は土曜日の三面川の..
by 雪だるま at 21:34
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:37

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

カテゴリ:鮎釣り( 306 )

鮎釣り初体験をさせたくて☆

6月17日(土)
「鮎釣りをしてみたい」とおっしゃる方を、興津川にお誘いしました。
どこの川も渇水がひどくて、どこに連れて行ったら鮎が釣れそうーーーということもないので、興津川が良いでしょう・・・と思いましたが・・・。

な、な、な〜んと・・・
興津川に着いたら、鮎釣り師が全然居ません!?(・_・;?

下流のほうから上流まで、ホントに全然いないんです。
高瀬の広い駐車場も一台しか停まってなかったし、いったい何が起こったんでしょう・・・。
「例えて言うなら、もう鮎釣りを納竿して、11月頃に興津川に遊びに行ったら、『あっ、あそこに鮎を釣ってる人が、まだ居たよ!』というくらいに、居ないよね。」と、Takeちゃん。
そうそう、その例え、この状況をドンピシャに言い当てていると思う!

『茂野島』も釣り師が一人しかいなくて、もう一台は川遊びの家族の車でした。

川を見ると、確かに渇水状態で、ヘチは青ノロに覆われているけど、垢腐れはそれほど酷くなさそう。
鮎は見えないけど、小さいのが跳ねたりしているから、いないわけじゃなさそうだし、まぁ、釣り師が全然いないから、自由に場所変え出来る点では、良いかも♪
a0056140_15040322.jpg
・・・というわけで、「初心者鮎釣り体験会」始まり始まり〜〜♪

本当は、「オトリ鮎を手前から静かに沖に出す・・・」が基本なんだけど、手前が青ノロだらけなので、どうしても鮎を投げざるを得ません。
そして、水深が超〜浅いので、初めての方には、なかなか鮎のコントロールも難しいと思われました。
・・・っていうか、私も、何と言って指導したらいいか、さっぱりわかりません(⌒-⌒; )
さぞや、初心者さんも、困惑していたことでしょう。
にもかかわらず、黙々と鮎を泳がせていて、時々、ハッとするくらい良い感じに泳がせていたので、普通だったら鮎が釣れてもおかしくないのですが、やっぱり追い気のある鮎が少ないんですね。
私が1匹釣ったのですが、それは「目掛かり」で、追って掛かった鮎ではないことが明白でしたから。
ちなみにTakeちゃんが釣った1匹目も・・・
a0056140_15143499.jpg
尻尾に近いところに掛かったみたいです。
追い気がないんですねーー。
それでも、Takeちゃんはポツポツ釣ってましたから、釣れないわけではなさそうです。
a0056140_15165492.jpg
私たちとしては、鮎を釣らせてあげたい気持ちと同じくらい、「川って、楽しいんだよ〜っ♪」というスピリットを伝えたかったので、のんびりとお昼休みを楽しむことにしました。
a0056140_15195525.jpg
久々に七輪持参で、焼き鳥や鮎の干物を焼いて食べました。
鮎の塩焼きもしたかったんですが、それをしたら、オトリ鮎が無くなりますので、断念しました(笑)

茂野島でお会いした方(いつもブログをご覧下さって、ありがとうございます。コジローのことも、ありがとうございました)が、「私も長年、鮎釣りをしていますが、こんなに興津川に釣り師がいないのは、見たことがありません。平日でも、こんなに入ってないことはないですよ。」とおっしゃっていましたが、本当に今日はどうしたのでしょう?

気をとりなおして、午後の部を開始しました。

午後からは、初心者さんに竿を任せて、自由に釣ってもらうことにしました。
a0056140_15324169.jpg
ただ、川に「青ノロ」がひどいので、すぐに針や仕掛けに青ノロが絡んで、なかなか厳しい状況です。
それにも関わらず、粘り強く鮎を操作していましたから、偉いなぁ〜と思いました。
a0056140_15361697.jpg
そして、午後からもTakeちゃんは好調みたいで、こんな良型も掛かりましたよ☆

・・・で、二人して初心者さんの釣りを見ながら、「(オトリを)良いところに泳がせているんだけどね〜」「掛かりそうだけどね〜」なんて話をしていたら、ついに、掛かりました!!
a0056140_15420227.jpg
「掛かったら、海釣りみたいに”合わせ”ないで、そのままにして・・・」って教えてあったのですが、すぐに手元に引き寄せてしまった初心者さん。
そりゃ、そうしますよねー。 なんてったって、初めて掛かった鮎ですもの☆
バレなくて、本当に良かった!!

「おお〜っ、良型じゃないの! 自分で釣った鮎、持ってみたら?」と言う私に応えて、
a0056140_15484710.jpg
慌てて「鷲づかみ」してました(笑)
そりゃ、いきなり言われたら、そうしちゃいますよね。(⌒-⌒; )
a0056140_15392138.jpg
その後も、2匹目を釣るべく頑張っていましたが、残念ながら釣れませんでした。
でも、この厳しい状況下に、1匹でも釣れたら、上出来ですよ!!
私たちでさえ、興津川ではよく「ボウズ」になってましたもん〜。
今日、初心者さんが釣ってくれたことは、自分自身が釣れたことよりも、何倍も嬉しかった私たちです。

それにしても、今日は外道が良く釣れました!
a0056140_15575493.jpg
引き抜きを、バッチシ動画で撮ってもらいましたが・・・
a0056140_15593780.jpg
ウグイでしたぁ〜( ̄O ̄;) タモが臭くなってしまうから、慌てて川にお帰りいただきました(⌒-⌒; )

ーーーというわけで、初心者の鮎釣り体験会が終わりました。
これが10年も前なら、追いの良い鮎がワラワラいて、もっと簡単に、数も釣れていたかもしれませんが、ここ数年は厳しいですね。
それは、興津川に限ったことではありません。
これじゃ、鮎釣りの面白さを初心者の方に体験していただくのは至難の業ですが、また状況が良くなったら、お誘いしてみようかと思っています。

6月18日(日)
昨日の夕方に、「スィートコーン」をいただきました。
今年は雨が極端に少ないので大変だったようですが、その分甘みが強く、芯が小さくて粒が大きい、とっても美味しいコーンでした。
添えられていたお手紙に、「コーンが好きだったコジローちゃんにも、あげて下さい」とありましたので、ありがたく、そうさせて頂きました。
a0056140_16373366.jpg
コジローが喜んで、「ウマウマ〜」ってしている幸せそうな顔が目に浮かびます。
良かったね〜、コジロー♪ ちゃんと、あの世でお礼をするんですよー。

Takeちゃんが、「今日は藁科川で、マスターズの大会なんだって! 昨日、興津川が空いていたのは、そのせいもあるかもね。」と言っていました。
なるほど〜〜。 そうだったのね。
あれだけ鮎師が居なくて静かなら、天然遡上の鮎さん達が伸び伸びと育ってくれるといいんだけど・・・。
そのためには、この渇水、なんとかならないかしら・・・。










.................................................................................................................................

[PR]
by hototo-gisu | 2017-06-20 16:57 | 鮎釣り | Comments(6)

久しぶりに、気田川へ♪

6月10日(土)
渇水で厳しいかもしれないと思いつつ、癒しの「気田川」に行ってきました。
久しぶりに「中道おとり店」に行き、中道師匠にもお会いできて、気分的には、大満足♪
あとは広い河原でタープを張り、のんびりランチをするーーーというのが、Takeちゃんの希望でした。
先週、新しいタープを作ったばかりなので、それも試したかったようです。
a0056140_14420234.jpg
河原に着くと、目の前では無数の鮎が跳ねているではありませんか!
興津川でも安倍川でも、今年は鮎の跳ねを見ることがなかった私は、それだけで大興奮!!
もうすぐお昼だけど、少し釣りをしてから昼休みにすることにしました。
a0056140_15080637.jpg
入ってすぐに、Takeちゃんが釣れたようです!
その時の鮎がこちら。
a0056140_15112916.jpg
天然遡上の鮎かな〜☆ 
さぁ〜、私も頑張って、釣るぞぉ〜〜!!

ーーーと、あの手この手で全力を尽くしましたが、全然釣れませんでした。 ガックリ…(T ^ T)
a0056140_15152860.jpg
まぁ、午後に期待するとして、まずはお昼休みです。
新しく作った、横からの陽射しを避けるタープがとても効果的で、強い陽射しもしっかりとガードしてくれました。
こんな布一枚ですが、さすが「遮光ネット」だけのことはあります。(もともとは、『農業用遮光ネット』ですけどね♪)
気田川の河原はホントに気持ちが良くて、少し遠いけど来た甲斐があります。

英気を養った後は、場所移動して、釣ってみることに・・・

あちこち見て回っていると、地元の釣り師の方に声を掛けられ、これから釣れるという場所に案内して頂くことになりました。
地元の釣り師の情報ほど確かなものはありません。
以前、藁科川でボウズの危機に遭っていた時、お会いした地元の釣り師の方から「今、3時だから、あそこにある岩の頭で鮎が掛かるはず・・・」と言われてその通りにしたら釣れて、危機を脱出したことを思い出しました。
その方のことを、私たちは密かに「炭焼きの仙人」と名付け、今も楽しい思い出になっています。(「炭焼き」とは、藁科川のそのポイントの地名です。)

そうして、「これから釣れる場所」というところに着きました。

「ここは、午前中は釣れませんが、夕方は掛かりますよ。」
そして・・・「誰でも釣れます。」とも、おっしゃいました。(⌒-⌒; )

・・・で、私の後ろでその方が見守って下さっているので、ここは釣らないわけには参りません(汗)。。。

緊張しつつも、養殖オトリを言われた場所に泳がせると、引ったくるような強いアタリで掛かりました!!
a0056140_16333386.jpg
うわ〜っ、良い鮎じゃないですか!
アタリも良かったし、もう、これ1匹で満足です♪ 

ーーーなんて言いながら、そこは私も釣り師の端くれですから、だんだん欲が出てきまして・・・
a0056140_16365234.jpg
2匹目も釣っちゃいました。
すると、見守って下さっていたその方も、並んで釣り始めました。
さすがに釣り慣れていらっしゃって、良く釣ります。
ただ、「誰でも釣れる」わけではなくて、釣れる釣り方があることもわかりました。
おかげで、楽しい釣りが出来て、感謝、感謝です☆

久しぶりの気田川、楽しかったな〜っ(⌒▽⌒)♪
天然遡上の鮎がたくさんいるので、今後もますます楽しみです。

6月11日(日)
昨日釣ってきた鮎を干物にしました。
a0056140_16502732.gif
追い星がくっきりと残っていますね☆
1匹づつ脱気パックして、冷凍保存しました。
来週末、ちょっとしたイベント?があるので、その時に焼いて食べようと思っています。

     *     *     *     *     *

そして、今日、6月11日は、コジローが我が家に来てから6年目の記念日のはずでした。
(あっ、ここからは暗い話になりますので、その旨、ご了承の方はお読み下さい。)
情けないことに、いまだにフッと苦しい思いにかられます。 
ペットロス症候群というのが何なのか、身をもって知り、”戦って”いる感じです。

そんな時、心和む「お便り」が届きました。
a0056140_17024778.jpg
a0056140_17032838.jpg大きなニンニクで、フライドガーリックをたくさん作りました。
今回はサラダ油にオリーブオイルを混ぜたせいか、ちょっと塊が出来たけど、パリパリ感に変わりはないし、パッと見、「コーンフレーク」みたいですが、味は最高です。

ビワも小粒だけど甘くて、干物も良い塩梅で、好物の夏みかんも美味しかったです。


最近、食欲もなくなっていたけど、これで元気が出てきましたよ〜☆
本当にありがたいことです。

それに昨日は気田川にも行けたしねっ♪

そうやって、何か用事をしていたり、楽しいことに夢中になっている時は気が紛れているけれど、コジローの存在が私たちの日々の生活からな無くなってしまったことが、こんなにも喪失感を生むものかと驚きをもって知り、時々、発作のように、途方にくれている私って、本当に情けないことです。
いままでも肉親との別れを経験してきたのに・・・その悲しみとは明らかに違う感情に苦しんでいます。

時間が解決してくれるのかもしれないけど、そして、コジローの代わりにはならなくても、100ヶ日が過ぎたらまた新しいオカメインコをお迎えしようと心に決めました。
それまで辛いけど、頑張るしかありません。
すみません、暗い話になってしまいました。
もう書かないから、許してくださいね。









..................................................................................................................................

[PR]
by hototo-gisu | 2017-06-13 18:45 | 鮎釣り | Comments(9)

「一人一瀬」どころか・・・

6月3日(土)
6月1日に解禁になった安倍川に行ってみました。
安倍川は雨で濁ると長期間釣りが出来ないので、今のうちに行っておこうーーーということになりまして。

ーーーが、安倍川本流には、全然、友釣り師がいないではありませんか!
あらぁ〜、釣れていないのかしら?
岩崎おとり店に行ったら、常連さん達から「解禁になってから本流には釣り師が入っていないから、釣れるかどうかは何とも言えない」と言われる始末・・・。

橋の上から川見をしたのですが、なんだか、石垢がとんでるみたい。。。それに、鮎は見えないし・・・。

でも、「今年は天然遡上が多い」って、さっきもおとり店のご主人がおっしゃっていたし、鮎が居ないことはないでしょう。
そう信じて釣り始めたら、釣れましたよ〜〜〜。


Takeちゃんが、例の「GoProモドキ」を私の方に向けて、撮ってくれました。
遠いけど、引き抜き場面が撮れてます♪
a0056140_22525663.jpg
その時に釣れた鮎がこれです。 ピッカピカの、一年生♪(笑)
1匹目にして、こんな良い鮎が釣れたら、その後に期待しちゃいますよねー。

でも、その後はパッタリと釣れませんでした。(泣)

その後、Takeちゃんが釣ったのは、おそらく天然鮎ではないかと思います。
GoProモドキで撮影した、Takeちゃんの”自撮り”動画をアップしてみますね。



GoProモドキは、なかなか臨場感があって、良いですね☆
広角レンズで、まわりの風景が広がりを持って撮れているところがいいです。

しかし・・・この日は気温もどんどん上がって、絶好の鮎釣り日和だったのに、鮎の跳ねは全然見えず・・・。
いえ、鮎の跳ねどころか、鮎師の姿が”皆無”と言っても過言でないほどです。
私たちが入ったところは、天然遡上の鮎の姿も見えなかったし。。。
でも、「今年の天然遡上は多い」とのことなので、これだけ釣り師が入ってなければ、鮎もすくすく育ってくれるはず。
考えてみれば、北関東の鮎の解禁は6月中旬だし、東北なんか、7月1日とか7月10日とかだし、天然遡上の鮎を釣るとしたら、やっぱり梅雨明けになるということなのでしょうね。
「もしかしたら、大当たりで爆釣かも・・・」なぁ〜んて、「抜け駆け」しようだなんて、そうは問屋がおろしません(爆)
でもまぁ、そういったことがわかって、気が済んだので良かったです。

6月4日(日)
Takeちゃんは、外でソーイングに勤しんでいました。
作ったのは、カーサイドタープの横からの陽射しをさえぎる「サイド日よけ(?言い方がわかんないけど)」。
a0056140_17425433.jpg
a0056140_17430516.jpg
強い風にもある程度対応出来るように、工夫されています。
広い河原でこれを設置して、のんびりしたいな〜。 気田川に行こうかな〜っ♪

ーーーで、私は、コジローが亡くなってから、なかなか進まなかったクレイクラフトをボチボチ始めまして、ようやく形になりました。
a0056140_17473373.jpg
知ってる人は知っている、知らない人は知らないと思う(笑)、ディズニーアニメの「塔の上のラプンツェル」に出てくる主人公のペットで、「パスカル」という名のキャラクターです。
Takeちゃんが、キャラクターものを作ってみたら?ーーーと言うので、作ってみました。
色を塗ったら、可愛くなるかな〜?
この子が出来上がったら、等身大のコジローを作ってみようかな・・・って思っています。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-06-06 18:09 | 鮎釣り | Comments(16)

解禁から2回目の釣行でしたが・・・@興津川

5月27日(土)
鮎釣りの解禁から1週間経ちました。
解禁以降、「茂野島橋から上流域が釣れてる」という噂で上流はかなり攻められて渋くなっているようですが、今日は覚悟の上で出かけるというか、そんなの関係なく楽しみなことが2つ・・・。

一つはコレ。
a0056140_00130853.jpg
Takeちゃんが、またオモチャをポチッとしたみたいです。(本人が「オモチャ」と言ってました。)
これはGoProの廉価版とも言えるモノですが、Takeちゃんが先週、ビデオで自分の釣りを自撮りしているのを見て、(そろそろGoProみたいなのが必要かも…)と思っていたら、同じことを考えていたみたいです。
さて、どんな動画が撮れるか、楽しみです☆

そして2つめの楽しみなことは・・・

ちょっと急な出来事がありまして(事故ではありませんよ♪)、クルマ屋さんから「代車」を借りることになりました。

hoto「代車、スズキのアルトかなぁ?」
Take 「キャンパスだったら、いいのになぁ〜。」

なぁ〜んて話をしていたら・・・
a0056140_23422242.jpg
まさかの、「ハスラー」でした ☆\(⌒▽⌒)/ 
キャンパスよりも、嬉しいかも〜♪
ニクイね〜っ、クルマ屋さんも!ーーーっていうか、次はぜひ、このクルマを・・・って作戦かな?
ただの試乗じゃなくて、代車で乗れるっていうのが妙に嬉しくて、テンションが上がる私たち・・・。
これで川に行っちゃうよ〜〜っ♪

ーーーというわけで、興津川にやってきました。
a0056140_00025164.jpg
今日から狩野川が解禁なので、少しは空くかと思いきや、上流域は噂通りの混みようです。
先週来た所も、車を停めるスペースがありませんでした。

仕方がないから、ダメもとで「和田島」へ・・・。
a0056140_00383765.jpg
ランチをした後、出陣することにしました。
和田島の堰堤を見ましたが、小さい鮎しか見えなかったので、堰堤下流を釣っても無駄と判断し、和田島の橋の下流のほうに行くことにしました。
しかし、全然鮎の姿は見えず・・・。
a0056140_00450796.jpg
ここはTakeちゃん十八番のポイントなので、ここで釣れなかったら、即、場所移動しようと思っていました。
すると、案の定、鮎は釣れません。 釣れたのは、私がボウズハゼ、Takeちゃんはカワムツでした。
その下流の淵に鮎が群れているのか見に行きましたが、鮎の姿は見えませんでした。
試しに石も投げてみたけど、やっぱり鮎は居なさそう・・・。
せっかく良い川相なのに、残念です。

仕方がないので、最初に行った場所へ・・・。

すると、さらに駐車している車が増えていて、車が停められません。
仕方がないので、Takeちゃんを降ろし、私は石沢川との出会い付近に車を停めて釣り始めました。

石沢川の合流点上から、八幡温泉、そして堰堤上付近まで釣り下りましたが、ほんと〜〜に鮎が見えません!!
もう、悲しくなってきました。
そして、解禁で私が釣れたのは、本当に運が良かったんだと思いました。
なぜなら、解禁で釣れた場所だけ、やっと1匹釣れたからです。
a0056140_01000199.jpg
これでボウズは免れましたが、納得いきません。
Takeちゃんに連絡したら、「こちらはポツポツ釣れてるよ。」とのこと。
やっぱりポイントが悪いんだと思い、車で移動して、先週も釣れた場所に入りました。
すると・・・
a0056140_01051780.jpg
すぐに1匹目が釣れて、ポツ、ポツと3匹釣れましたが、釣り下ると、もう全然釣れませんでした。
やっぱり上手い方々が釣った後は、釣れません。
また元の場所で釣ろうかと思いましたが、もう気力が残っていませんでした。

「茂野島橋から上の上流域」とは言え、もうかなり厳しい感じです。
6月1日に静岡県の他の河川が解禁になったら、少しは静かになるでしょうから、その間、小さい鮎さん達が順調に育ってくれることを願います。

そういうわけで、釣り的には不満もあったけど、「二つのお楽しみ」は大満足でした♪

まず、一つ目の「GoProモドキ」ですが、オモチャと言っては申し訳ないくらいのクォリティでした!
今回アップした画像で、上から2番目(ハスラー)、3番目(川の様子)、5番目(第二東名の景色)がそれを使って写したものですが、ハスラーは「写真モード」で撮ったもので、3番目と5番目は動画で撮ったものからキャプチャーした画像です。
いずれも画像がビビッドで、今風なSNS映えする画像が撮れる感じです。
(レンズが広角レンズなので、その点を考慮する必要がありますが)
動画も臨場感溢れる感じに撮れていて、究極の”自撮り”(自分は写らないけど、自分が見ているものが自動で撮れる)が出来る点で、すごく良いな〜と思いました。
ただ、問題点もいくつかあったので、そこは今後、改善出来ていくことと思います。
そのうち、「Takeちゃんの入れ掛かり動画」がアップされる日が近いかも☆

そして、2つ目の「ハスラー」ですが、これまた、すごく快適な乗り心地で良かったです。
「S・エネチャージ」がすごく「エコ」な感じでしたし、シートがジムニーやエッセに比べて非常に良くて、車から降りたくない・・・って感じ。
(比べる対象が、悪過ぎですかね(^_^;))
走っていても安定性が高くて、ハンドルの切れもすこぶる良い感じ♪
クルマ屋さんにお返しする時、かなり残念に思えました。 もっと乗りたかったな〜って。
いやいや、それではクルマ屋さんの思惑通りになってしまいますねー。
ただ、ジムニーが帰ってきたら、(やっぱりジムニーが良いなぁ)と思えたので、内心ホッとしました。
ジムニーも20年間、モデルチェンジしてないそうなので、来年あたり、モデルチェンジするのでは・・・と噂されているようです。
ぜひ、「S・エネチャージ」付きで、少し高速性能を良くしていただければ…と思っています。

最後に今朝の我が家のバラをアップして終わります。
a0056140_08535133.jpg
a0056140_08541774.jpg
う〜む、写真がイマイチですね。
私の場合、カメラがどうのよりも、もっと撮り方を勉強しないと・・・。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-05-30 08:56 | 鮎釣り | Comments(10)

2017年、鮎釣りが解禁になりました☆@興津川

5月20日(土)
毎年、5月20日は興津川の鮎釣り解禁日なのですが、平日だとTakeちゃんの仕事の関係で出かけられません。
ーーーが、今年は「土曜日」ではないですか!!
これは、ぜひとも行かずにはいられません。

そう思って、解禁前に下見もするつもりでしたが、コジローの一件があって、下見どころではなく。。。
ただ、4月30日に渓流釣りに行った際、一か所だけ川を見たら、”たまたま”そこに、ワラワラと鮎が居たのです!
それも、4月末にもかかわらず型が大きくて、しっかり縄張り争いをしていました。

「下見は、あそこしかしてないけど、今年は遡上も良いようだし、あそこにあれだけ居たら、どこも良いんじゃない?」

そんな話をして、期待に胸をふくらませていました。

そして、昨日「大網」入りした「雪だるまさん」からの情報で、「漁協裏には鮎がたくさんいて、追い合っていましたよ。上流はM君が見に行ったら、渇水で水が無いそうですよ。」とのこと。
そうなんですか〜、やっぱり中流域は魚影が濃いのかもねー。「清地」とか、混むだろうなぁ〜。
まっ、いずれにしても、鮎はたくさん居るみたいだし、天気は鮎釣り日和になりそうだし、釣り師もいつもよりたくさん入って、激混みの解禁日になりそうだなぁ。。。

そう思って眠りについたのですが、思ってたよりも早く目が覚めちゃった!・・・と思いきや、Takeちゃんのほうがもっと早く起きてた!!

でも、のんびりと支度して出掛けて、興津川に着いたのは午前7時ごろ。

例の、鮎がワラワラ見えたポイントには釣り師が入っていましたが、車を停めるスペースもまだ空いていて、歩いて探せば、なんとか入れる所がありそうな感じでした。

そしてTakeちゃんも私も、それぞれ無事釣れるスペースを確保して、いよいよ2017年の鮎釣りがスタートしました。

釣り開始してまもなく、雪だるまさんからケイタイが・・・。
なんと、もう10数匹も釣っているとのこと! 
そうかぁ〜、もう鮎が追っているんですねー。 私も頑張らないと!!

やっと鮎釣りのスイッチが入ったら、1匹目が掛かりました☆
…が、タモに入れたら、痛恨の「心臓掛かり」で、瀕死の重体です。(T . T)
仕方がないから、また養殖オトリさん出動してもらうと・・・
a0056140_17404794.jpg
こんなチビちゃんが掛かりました。(↑3匹目が掛かった後に写真を撮ったので、逆さバリを打った痕があります)
小さかったけど、すかさずオトリにして泳がせたら、すぐに3匹目が掛かりました♪
a0056140_17442935.jpg
養殖オトリよりは少し小さいけど、いわゆる「若鮎」って感じで、ようやく友釣りが出来るなぁ〜と安堵しました。

ちょうどその頃、Takeちゃんより連絡が来て、「こっちは良い型のが、ポツポツ掛かっているよ。」とのこと。
その良い型というのは・・・
a0056140_17484872.jpg
こんな感じで、全身、黄色味を帯びた、追い気満々の鮎が掛かっていたそうです。
私が釣れた鮎は、どれも白っぽい色の、地味〜〜〜な鮎ばかりでしたが???
a0056140_17514702.jpg
10時頃には全然掛からなくなったので、竿をたたんで場所移動しようとしたところ、私のすぐ上で釣っていた方が、「さっき監視員の人が、この付近で釣れているのは、私とアナタだけだって言ってたよ。他は釣れてないって。場所移動しても釣れないよ。そこで釣っていたほうが良いよ。」とおっしゃるので無下にするわけにもいかないし、確かにそうなのかもしれないな〜と思い、しばらく粘ってみました。
11時頃に竿をたたむまで、2匹ぐらい追加出来たので、それはそれで良かったかも・・・。

結局、かなり渇水だったので、水通しのいい場所に鮎が固まって居た感じなのかな…?
運良く、そのポイントを攻めることが出来たので、午前中は14匹釣れました。
去年の鮎釣りでは、中指が完治してなかったので引き抜きに失敗していたけど、今年は引き抜きミスはゼロ♪
MURAKAMIさん作のタモも、さぞ喜んでいることでしょう101.png

かたやTakeちゃんは、午前中、おそらく20匹近く釣っていたんじゃないかと思います。
a0056140_18115964.jpg
・・・で、Takeちゃんの今日の釣果は・・・
a0056140_18154618.jpg
なんと、45匹ですよ!! すごいですね〜☆
かたや私は、午後からはパタッと釣れなくなりまして・・・いや、正確に言うと、午後入ってすぐはパタパタッと調子良く釣れて、その後、シーーーーーンと、釣れませんでした。
それで、今日の釣果は、
a0056140_18194472.jpg
21匹でした。
私にしては、上出来です♪
a0056140_18204732.jpg
   (画像は、ちゃぼさんが撮って下さいました。川面が綺麗で、気に入った一枚です。)
今日は、ちゃぼさんにも初めてお会い出来たし、久しぶりにスー師匠やよしよしさん、Jさんの顔も見れたし、周りの釣り師の方々も気持ちの良い人ばかりで、恵まれた1日でした。
帰る時に、車を停めさせて頂いた所の地主の方とお会い出来たので、釣れた鮎を差し上げたら、とても喜んで下さいました。
それから「大網」にいらっしゃる雪だるまさんに会いに行ったのですが、すれ違いになって会うことが出来なくて、それは残念でした。
でも、激混みの中、雪だるまさんは38匹も釣ったそうですから、来た甲斐がありましたね☆

a0056140_20441045.jpg今年は前評判通り、皆、そこそこ楽しい釣りが出来たのでは・・・と、他のポイントを全然下見してなかったノーテンキな私たちは、大網に着くまでそう思っていました。
大網の橋の上でお会いした人に、下流域の状況を聞くまでは・・・。

帰宅してから他の方々のブログを拝見させていただいて、私たちはとても運が良かったのかもしれないと思いました。

小さい鮎は唐揚げにし、唐揚げで残ったものは南蛮漬けにしました。
良型の鮎は、定番の干物を作りました。
a0056140_20525653.jpg
来週の鮎釣りは厳しいだろうな〜って思います。
前評判通り、天然遡上が良いというのは本当らしいので、梅雨明け後に期待するとしましょう♪

最後は今日の我が家のバラの画像をアップして、終わります。
a0056140_20593984.jpg
a0056140_21000327.jpg
a0056140_20594903.jpg
コジローは虹の橋で、幸せに暮らしてるかな・・・。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by hototo-gisu | 2017-05-22 21:04 | 鮎釣り | Comments(14)

まぼろしのSA-S スリムウェーダー

4月11日(火)
せっかく桜が満開になりましたが、ここのところ雨ばかりで、ちょっと残念です。ーーーと思うのは人間ばかりで、川のアマゴや、遡上中の鮎さん達は、ウキウキ♪かもしれません。

そんな中、私にも「ウキッ♪」とするものが届きました。
a0056140_14513966.jpg
ダイワのスリムウェーダーです。 サイズは一番小さい「SA-S」。
このサイズがネックなんですよねー。
今や、ダイワ(グローブライド社製)以外、このサイズ以下のウエーダーは取り扱いがありません。
(このSA-Sでさえ、足のサイズは24~24.5センチで出来ていますから、ブカブカなんですが…)
シーズン途中に破損しようものなら、「今期はもう生産が終了しております。」と言われ、SA-Sは生産数が少ないのか、どこの釣り具屋さんにも(問屋さんにも)在庫がないーーーという困った事態になります。(←経験者は語る)

「転ばぬ先の杖」ってことで、今のウェーダーが使えているうちに、準備しておいたほうが、いいんじゃない?

そんなTakeちゃんの勧めで、3月5日にAmazonに注文したのです。
すると、1ヶ月も経った4月5日に突然、「お届け予定日が変更になります。(4月14日から5月26日)。・・・さらに入荷にお時間を要する場合や、入荷の見込みがないことが判明した場合は、その旨をEメールでご連絡させていただきます。」とAmazonからメールが来たではありませんか(; ̄O ̄)

何?? もしかして、入手出来ないかもしれないってこと?

ネットで他もあたってみましたが、「SA-S」については、どこも「在庫切れ」とか「要・問い合わせ」と書かれてあります。
ここはAmazonを信じて、待つしかないな〜。 もし入荷出来なかったら、その時に考えよう。

ーーーと、思っていたのですが、昨日いきなり「出荷しました」というメールが来て、今朝、無事に届いたというわけです。

ふぅ〜っ、良かった(^_^;)
オーダーで注文することも考えましたが、ちょっと値段的に手が出ません。
高いから長持ちするものでもないので…。

hoto「それもこれも、メーカーがSA-Sを作ってないのが問題だよねー。これじゃ、女性や子供のユーザーを増やそうったって無理でしょ。『すそ野を広げる』なんて、本気では考えてないのかも…。」
take「そうだね。TORAYとか、鮎釣りから撤退したんでしょ? もしかしたら、釣りメーカーでは『鮎釣り』っていうのは弱小部門になっていて、そんな小さいサイズなんて売れないのに作ってやっているんだから、むしろ感謝されるべきだぐらいに思っているかもよ。」

そうかぁ・・・。そうなんですね。(←途端に、弱気になる。)

グローブライドさん、SA-Sのウェーダー、作ってくれてありがとうございます!

これで、よろしいでしょうか?(^_^;)

・・・と、ウェーダーの話はここまでにして。。。
a0056140_17100853.jpg
さて、ウェディング・ベアの背景を飾るトロピカルな花「モカラ」を粘土で作りました。
後ろの「つい立て」はTakeちゃんが作ってくれました。
いよいよ完成が近づいてきましたよ〜〜。









. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

[PR]
by hototo-gisu | 2017-04-11 17:20 | 鮎釣り | Comments(6)

「目標増殖量」について、つぶやいてみる。

12月12日(月)
今日、内水面漁場管理委員会が行われ、いくつかの議事が取り上げられた中に「今後の目標増殖量のあり方について」も意見が交わされました。
この委員会に参加させて頂くまでは、「天然遡上の鮎がたくさんいるのに、なぜわざわざ鮎を放流するんだろう? 必要が無いどころか、天然鮎の健全な生育にとって悪影響なのでは? 漁協が遊漁券を販売するために、建前上、放流しているのかな。」などと思っていました。
でも、それは大きな勘違いで、漁協は「漁業権の対象となっている水産動植物について、県が定めた目標増殖量を履行することが法律で義務づけられている」ことを知りました。

すなわち、「遊漁対象魚に関して、県が決めた量の放流をしないと、漁協の免許を取り消されますよ」ということなのです。

その理由は、「遊漁によって採捕された資源を、積極的な増殖方法(放流)によって賄わなければならないから」ということです。
「資源を守るための増殖(放流)」という位置づけなのですが、それが本当にうまく機能しているのか、常々疑問に思っておりました。

今日の委員会では、うなぎの生息場所の保全や、釣り人口を増やす提案等々、今後の内水面漁場を守るべく、多岐にわたって積極的な意見が出されました。

現状では、「積極的な増殖方法」である「放流」が国により推奨されていますが、その他の「産卵床の造成」や「くみ上げ、くみ下し放流」など、放流以外でも可能な増殖方法でも認められるように、今後さらに検討されていく予定です。

さて、ここからは私の「つぶやき」みたいなものですが、お時間のある方は、お付き合い下さい(^-^;

遊漁対象魚は、「アユ」「ニジマス」「アマゴ」「うなぎ」「オイカワ」「コイ」「モクズガニ」等がありますが、今回は「アユ」に絞って考えてみます。
ーーーと言いますのも、多くの漁協で、遊漁料収入が一番見込めるのが「アユ」釣りであるので、目標増殖量どころか、それを上回る量のアユを毎年放流しています。

例を上げると、県内河川の某漁協組合長のブログ(2016年5月)に、「この6年間で放流金額は、約1億5千万円程となっていた」と書かれています。
単純計算で、毎年2千500万円分のアユが放流されているということになりますが、そのブログでは、「組合長、鮎が昔程釣れない原因は、何にかね…」と聞かれて、こういう話が出たということなので、それだけの金額をかけて放流しても、アユを増やすには効果がなかったことになります。

また、他の河川でも、解禁前に予想外の大雨が出ると、それまでワラワラ見えていたアユが、すっかり姿を消してしまうという現象が見られます。
その原因は何なのでしょうか?
公には語られないけど、「冷水病じゃないか?」と、釣り師の間では「暗黙の了解」のようにささやかれます。
アユがたくさん釣れるようにと大金が投じられても、一瞬のうちに無駄になってしまう・・・。
そのお金もさることながら、アユの命が無駄になってしまう空しさを感じずにはいられません。
「目標増殖量」で「量」が定められていますが、「量」よりも「質」で、もっと病気に強いアユならば、「量」が少なくても「歩留まり」が高いので、漁協の経済的負担も減らせるのではないかとも思うのですが、なんとかならないものかな〜と、つい思ってしまうのです。
(冷水病については、参考までに、(機関誌ぜんない40号)に最新の研究成果についての記事がありましたのでリンクさせて頂きます。)

さらに、「ヘンなアユを放流したら、その河川本来のアユの生態系に悪影響を及ぼすのではないか」って、ついつい思ってしまいます。
そのへんについては、「たかはし河川生物調査事務所」のHPで、「アユ放流の諸問題」という項目を読ませていただいて、(やっぱりそうなんだ)と思った次第です。

でも、「放流しないと免許取り消し」だし、他の方法で増殖するにしても、それを「増殖」と認めてもらうすべも無し・・・。
さらには、近年のゲリラ豪雨や爆弾台風により河川が破壊され、上流から土砂が流れて淵は埋まり、生物の生息する石や岩場も砂床になってしまって、アユの付き場が無くなるだけでなく、川のあちこちで河川工事が行われ、天然鮎の遡上時期にも工事が終わらないし…。
その上、異常気象で海水温が上がり、10月とか早く産まれたアユが海に行けずに死んでしまうため、遅く産まれたアユが遅く遡上することによって、天然遡上のアユの減少と遡上時期の遅延につながっているそうです。
おまけにカワウまで増えて食害するし…。
漁協としても、川をアユでいっぱいにして釣り師を呼びたい気持ちは変わらないでしょうけど、こう悪いことばかり続けば、諦めの境地になってしまいますね(;´ー`)

そこにきて、とかく鮎釣り師というのは、ネットやフェイスブックを駆使して「たくさん釣れている川」を探して行く傾向にあります。
漁協もそういう「数釣り第一主義」的な鮎釣り師から、やれ「アユがいない」だの、「チビ鮎が邪魔でしょうがない」とか文句を言われ続けると、「遅く遡上してくる天然アユは、いらない」とか「人工鮎でも放流して、アユがたくさん釣れるようにすればいいのだ」と思うようになるのも無理はないのかな…と思ったりします。

でも、そういう鮎釣り師ばかりではない・・・ということも知って欲しいですし、主に地元の方達が組合員となっている漁協の人達だからこそ、本当のところは、自分達の川の天然のアユやアマゴ、うなぎなどを守っていきたい気持ちが強いのではないかと思うのです。

現在の豊かな自然を…河川環境を、後世に残したい。

私の悪い頭をいくら使っても具体的な案はひとつも浮かばないし、何も出来ない自分が本当に情けないのですが、せめて思っていることをつぶやいてみることにしました。







[PR]
by hototo-gisu | 2016-12-14 00:02 | 鮎釣り | Comments(10)

納竿する決心がつきました@興津川

a0056140_17431349.jpg11月5日(土)
我が家の大文字草も満開を迎え、「そろそろ鮎釣りも、終わりですよ。」と、告げられているかのようです。
ーーーが、今日みたいに朝からポカポカ暖かいと、まだまだ出来そうな感じがして、「納竿なんて、まだまだ・・・」という気になったりして…(^-^;
とまぁ、私の往生際が悪いのは毎度のことですが、とにかく、今日の釣りで決めることになりそうです。

どこに入ろうか迷いましたが、空いていたので『大網』へ。
先週入りたかったのですが、どこかのチームが納竿会をなさっていたのか、テントが張られて、車がいっぱい停まっていたので諦めていたのです。

今日も数台の車が停まっていましたが、川はガラガラでした。
それもそのはず、鮎が全然、見えないのです。
いや〜、大網はいつも、「見えても釣れない」っていうのが定番でして、そのうち目が慣れたら、見えるようになるだろう・・・と思いながら、釣りを開始したのですが・・・
a0056140_1894065.jpg
鮎の姿を求めて、どんどん上流に行ったのですが、鮎の姿が一匹もみえません。
この大網で、こんなことは初めてです。
先日ニコパさんに、「興津川は12月になっても、落ちない鮎がたくさん見えるんですよ。 えっ? 見たいですか? それだったら、大網に来たら見れますよ。」と申し上げましたが、その発言、撤回させて頂きます!
今年はダメですね〜。
ニコパさん、ごめんなさいm(_ _)m

1時間ほどで大網を見切って、茂野島橋の上流に入ろうと思いましたが、すでに先客がいて車が停められず、パス。
仕方なく、茂野島橋の下流で釣ることにしました。
a0056140_21361255.jpg
今日は陽射しが強くて、日向では暑いくらいでした。
これで鮎が見えたら最高なのですが・・・。
鮎、見えないけど、居るのかなぁ・・・・?

すると、鮎がポチャッと跳ねました!

あっ、居た〜〜っ!! あそこだ!!!

すかさず、跳ねがあったところを攻めたところ、掛かりました☆\(⌒▽⌒)/
a0056140_2144610.gif
a0056140_21443370.jpg
お腹がぷっくりとしたメスの鮎が掛かりました。

次も鮎が跳ねたところを狙うと、次に釣れたのはオス鮎。
そして、そのオス鮎をオトリに使ったら・・・
a0056140_21531956.gif
口掛かりで、メスが釣れました☆
バレなくて、ホッとしました。
(強い西日の逆光で、画面が暗く撮れてます。いつものように、真っ暗になるまで釣っていたわけではないんですよ〜(*^o^*))

最後は瀬で掛けたのですが、水中バレ。(T_T)
根気が続かなくなって終了しました。

今日、釣った感じからして、今期はもう終わりかな〜と、諦めがつきました。

11月6日(日)
a0056140_2214133.jpg
朝から、Takeちゃんが鮎釣り道具一式を丹念に洗って干していました。
これでホントに納竿です。
竿はまだ綺麗にしてないけど・・・(←竿を磨くのは、私の担当です(^-^;)

さて、来年のことを話したら鬼から笑われますが・・・

来年は、「追わない鮎をいかに掛けるか」ーーーこれまでの鮎釣りの概念を一部一掃して、新しい鮎釣りを勉強したいね・・・とTakeちゃんと話しています。
本当は、そんな釣りをしなくても、天然遡上がたくさんあって、追い気の強い鮎が1番鮎、2番鮎、3番鮎…と釣れてくれたら良いのですが、そういう古き良き時代の再来って、夢のまた夢でしょうから・・・。

それはともかく、今期は鮎釣り自体が出来るかどうか微妙だっただけに、鮎釣りが出来て本当に良かったです。
解禁当初は中指が不自由で、ボロボロと鮎をバラシまくったことがありましたが、そんなことも無くなって・・・。
今はただ、鮎釣りが出来たことに感謝しつつ、来年のシーズンに思いを馳せて、来年も元気で鮎釣りが出来たらいいな・・・と思います☆








.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-11-07 22:59 | 鮎釣り | Comments(6)

寒くて、やめたくなったけど…@興津川

10月30日(日)
a0056140_15384354.jpg
昨日は雨。
窓辺で、コジローと、そぼ降る雨を眺めてため息をつきました。

ーーーで、今日は雨も上がり、午後からは晴れるとの予報。

川に行く前に、久しぶりにたいちょ〜さんに会いました。
最近のたいちょ〜さんは、環境省の鳥獣保護管理捕獲コーディネーターとして、富士山国有林をはじめとする全国各地で、増え過ぎた鳥獣の生息数調整に関わる仕事をなさっているとのこと、本当に頭が下がります。
かなりハードな任務をこなしていらっしゃるようなので、お身体に気をつけて、今後もご活躍を祈っています。
(鮎師的観点からは、何千万円もかけて放流される鮎がカワウに捕食されている実態をお話しておきました。)

そして、興津川に向かったのですが・・・

大網は、釣りクラブの納竿会が行われているのか、車がいっぱい停まっていました。
他も「青ノロ」がはびこっていたりして、パス。
そうこうしていたら、先週と同じポイントに着いていました(^-^;

すると、懐かしいボルボさんがいらっしゃるではありませんか!\(⌒▽⌒)/
話をすると、もうすっかり「鮎釣り師」になられていて、鰻の穴釣りのほうはあまり力を入れていない様子でした。
(^-^)
寒くなってきたので上がるところだったのに、釣り姿のまま引き止めて話込んでしまいました(^-^;
またゆっくりお会いしたいですね。

それにしても、ホント、寒いです〜〜{{{{(;+_+)}}}}
とりあえず、腹ごしらえをして、川見をしましたら、先週あんなに見えていた鮎がいなくなっていました!( ̄□ ̄|||)
オトリ鮎を買ってきてしまって、この時ばかりは心底後悔しました。
鮎も見えないし、鮎釣りをする気持ちが萎えてしまって、「Takeちゃん、場所、移動する〜?」なんて泣き言を言ってみましたが、多分、移動しても同じだと思ったのでしょう、ココで釣ることになりました。
(この時点で、もう2時半でしたからね〜(^-^;)

で、先週と同じように釣ってみたけど、居ない鮎は釣れないですね。←当たり前でしょ(苦笑)
いや、見えないけど、多少は居るかと思いまして…。 (^-^;

でも、Takeちゃんは釣りましたよ!
a0056140_1725886.gif
a0056140_17253424.jpg
丸々、ツヤツヤの子持ち鮎さんでした。

これを見た私も、なんとか1匹でも・・・と思い、瀬に挑みまして、どうにか1匹ゲットしました。
a0056140_17313722.jpg

やれやれです。
しかし、感じからして、この辺りはもう、鮎が落ちちゃった感じですね。

ふ〜っ、ブルブル〜〜っ、寒いし、水は冷たいし、空は暗いままだし・・・。
誰だぁ〜? 午後から晴れるって言ったのは〜〜?!ヽ(`⌒´メ)ノ

でも、たいちょ〜さんとボルボさんに会えたし、来たかいはありました。

「ところでTakeちゃん、もう納竿する?」と、たずねたら、「納竿する?と聞かれたら、するつもりはないよ。 晴れて、暖かい日があったら、河原でのんびりとランチをしながら釣りが出来たら…と思っているよ。」とのこと。

よ〜し、そうと決まったら、防寒対策を万全にして、また出撃しますか〜〜!!






 
[PR]
by hototo-gisu | 2016-11-01 18:14 | 鮎釣り | Comments(4)

噂をすれば・・・@興津川

10月22日(土)
今日は午前中、用事があったので、午後から興津川に出動しました。
相変わらず、どのポイントも混んでいたので上流の方へ向かうと、やまびこ橋から上は、ほとんど釣り人がいませんでした。

お昼ご飯を食べながら、「そういえば、ニコパさんが先週『藁科川』に行ってたね。」という話になり・・・。

H「ニコパさん、安倍川で会った時、『興津川の十八番ポイントに行ってみる』って言ってたのに、藁科川に浮気したとはねぇ。」
T「それじゃあ僕達で釣って、『ニコパさんのポイントで、こんなに釣っちゃいました〜』って、ブログにUPしようか。」

・・・というわけで、ニコパさんの十八番ポイントへGO!! (*^o^*)

そそくさと川に降り、オトリを送り出したその時、Takeちゃんが誰かと話をしているのを目にしました。
あれっ? あの車は・・・
a0056140_235779.jpg
なんと、ニコパさんでは、ありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)
「噂をすれば、なんとやら・・・」って言うけど、ものすごいタイミングの良さにビックリです(*_*)!
驚きましたが、内心、ホッとしました。
だって、「また抜け駆けした〜!」とか、言われちゃいますもん〜♪(苦笑)

その二人から、「鮎、いっぱい見えるよ〜」と言われるのですが、なかなか掛かりません。
もぉ〜っ、そうやって見られてると、釣りにくいな〜〜っ! (/-\*)
・・・と思いつつ、釣りに集中すると・・・
a0056140_1518832.gif
a0056140_15183330.jpg
真っ黄っ黄の鮎が、やっと釣れてくれました☆
ご覧の通り、掛かりどころが悪かったのですが、バレなくて良かった〜(^-^;
a0056140_15203068.jpg
その後、ニコパさんも釣り始めました。
ニコパさんが来て下さったことで、Takeちゃんも釣りに適度な緊張感が加わったのか、ポツポツ釣れたようで…(*^o^*)

それにしても私には釣れません。
テーピングした右足をかばいながら釣り下ったのですが、その後2匹追加しただけ・・・(^-^;
でも、釣りたかった場所で竿を出すことが出来たので、悔いはありません。
なにより、ニコパさんに会えたし、ダベリングも楽しかったから良かったです♪
a0056140_1532295.jpg
あと何回、竿を出せるかわかりませんが、残り少ないシーズンを心残りなく楽しめたら・・・と思っています。







.
[PR]
by hototo-gisu | 2016-10-27 15:55 | 鮎釣り | Comments(6)