~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんにち..
by hototo-gisu at 22:51
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:33
お久です 此処に書くこと..
by ちゃぼ at 13:16
あいちゃんの動画で和ませ..
by kai at 10:43
>鮎猫さん こんばんは..
by hototo-gisu at 21:15

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

カテゴリ:鮎釣り( 317 )

みんなで楽しく大井川♪

10月8日(日)
今日はJさん、スー師匠、よしよしさんと、大井川でご一緒させていただきました♪
数日前に大雨が降ったので、どんな状況かな〜と心配でしたが、水も澄んでいて、石も磨かれていたので、釣れそうな予感。。。

それに・・・。
「先週は、あの石から下の・・・」とスー師匠が私にポイントを教えてくださったかと思えば、よしよしさんも「先週はね、・・・」と念を押すように釣れる場所を教えて下さって、「1に場所、2にオトリ・・・」っていうセオリーからすれば、そんな私に釣れないはずがありません(*^_^*)
a0056140_22581959.jpg
養殖オトリが大き過ぎて扱いにくかったのですが、ようやく1匹目が釣れました☆
大井川の鮎にしては小ぶりですが、オトリにするにはちょうど良いサイズです。

・・・で、川を手前から奥の方に攻めていったところ、ドチャラな瀬が石がピカピカに磨かれていて、鮎が跳ねていたので、そこを重点的に攻めてみたところ、午前中は6匹釣れました。

Takeちゃんはスー師匠やよしよしさんと一緒に上流の瀬で釣って、良い型の鮎を数匹ゲット出来たみたいです。
ただ、バラシもあったそうで、「スー師匠、あそこに反応があるんですけど、やってみて下さい!」って、スー師匠にお願いしたところ・・・
a0056140_23124746.jpg
その反応があった場所で、すぐに釣って下さったそうです。 さすがですね〜☆
a0056140_23171414.jpg
Jさんとは、興津川の解禁日に、離れた川越しに挨拶を交わしただけで、こうやってゆっくりとお話するのは久しぶりでしたね。
それにしても、Jさん、タフですよね〜 もっと、その秘訣を聞いておけばよかった!(*^_^*) 

さて、午後からも午前中のドチャラ瀬を釣ってみましたが、ピリッとも来ません。
もっと早くにポイントを見切れば良かった。。。(^_^;)
a0056140_23330867.jpg
トボトボとTakeちゃんのところに行ったら、「ポツポツ釣れてるけど、肩が痛くなっちゃって、休み休み釣ってる。」って、場所を譲ってくれました。
この画像じゃ良くわかりませんが、今日はTakeちゃん、熊本から取り寄せた「くまモン帽」をかぶって釣ってます。
耳付きで、なかなか似合っているんですよ(^_^)
a0056140_23415809.jpg
さて、場所を譲ってもらったおかげで、こんな大きな鮎も釣れました☆ 楽しい〜〜っ♪(^▽^)/
a0056140_23455403.jpg
画像は、今日のTakeちゃんと私の釣果です☆
しかし二人合わせても、スー師匠の釣った分には及びませんでした!(◎_◎;) スー師匠、やっぱりすごいです!!

今日は良く晴れていましたが体調も問題なく、ホントに楽しい1日でした。
「また大井川に行きたいね〜」って、Takeちゃんも言っているから、また行っちゃうかも・・・☆

さて、話題は変わってーーー
a0056140_00154224.jpg
久々のあいちゃんの登場です♪
今、羽が抜け換わっている最中です。 これが終わると、大人の羽になるのかなぁ?
画像は、プランターに植えてある紫蘇の実を食べているところです。 
あいちゃんは、とにかく良く食べる!! コジローの4、5倍の量を食べているかも・・・。
その分、よく飛ぶし、動くし、出すものは出すし…(笑) 
このまま、すくすくと育っていってくれることが願いです。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-10-11 00:28 | 鮎釣り | Comments(4)

「ぬし」が釣れたよ〜っ☆@興津川

9月30日(土)
水曜日から木曜日にかけて降った大雨で、この週末は鮎釣りは出来なさそう・・・と諦めておりましたら、興津川漁協のHPで、釣りが出来ているらしいことを知り、興津川へ・・・。
川に着いてみると、思ったほど水位も高くなく、垢も結構、残っている感じでした。
(青ノロも残っていたのには、ガッカリしましたが…(^_^;))

最初、ほんのお遊びで、某支流に竿を出してみましたら・・・
a0056140_16463776.jpg
ちょうど「オトリごろ」な鮎が釣れました♪
しかし、その支流は草に覆われて釣りにくいし、イカリ針がすぐに石を拾ってしまうので、即退散!
私が鮎を釣ったところを、たまたま見かけた釣り師の方が、私の下流に入って釣り始めたのですが、(どうぞ、どうぞ、釣ってください。)って感じです。(⌒-⌒; )

その後、本流でこんないい鮎が釣れたので・・・
a0056140_17051533.jpg
あんな「せせこましい場所」で釣らなくても良かったかも・・・と思いましたが、何事も、やってみなくてはわからないので、あれはあれで良かったのだと思います。
いちおう1匹、ゲット出来たし♪
a0056140_17082875.jpg
Takeちゃんも、今日は初心に返って、「引き釣り」することにしたようです。
最近、「肩に負担が少ない」との理由で、「泳がせ釣り」ばっかりでしたから・・・。
でも、Takeちゃんの鮎釣りの真骨頂は、誰も竿を出さないガンガン瀬や、超〜竿抜けポイントを見極めて攻めることーーーこの2点に尽きますφ( ̄ー ̄ )
鮎釣りを始めた頃、そんなトコばっかり釣っていたから、みんなから「恐れを知らない初心者!」って言われてたものねー。(´∀`)
鮎釣りも残り少ないから、悔いの残らないようにしたいねーーーなんて思って釣っていたら・・・。

「”ぬし”を釣っちゃったよ!!」って、Takeちゃんが言いながら戻ってきました。

ぬし? 大きい鮎ってこと?
この辺は攻められ過ぎているから、そんなの残っているのかなぁ?・・・と半信半疑な私。

ーーーそして、釣りを終え、今日の二人の釣果を記念に撮っておこうーーーということになり、私のタモにTakeちゃんの友舟から鮎を移したところ、「ぬし」がデデーーーンと現れました!(◎_◎;)
a0056140_17430201.jpg
体高があって、片手では持てませ〜ん。(◎_◎;)
が、なんとか持って、ようやく写真が撮れました。
これは、この前、承元寺の下流で釣った24~25センチの鮎よりも、間違いなく大きいと思いました。
a0056140_17484895.jpg
ちなみに、これはTakeちゃん自身が撮影した「ぬし」。
Takeちゃんの手は太くて大きいですから、「ぬし」の体高の大きさが伝わりませんが、体長が長いのはわかりますねー。

「今日は増水気味だけど、多分、普段からガンガンになっている瀬で、ここは竿抜けだろうな〜と思ってやってみたら釣れたんだよ。」とTakeちゃん。

まさかこんなに大きいのが残っているなんてねぇ・・・。 まさに「ぬし」です。

「掛かったら、『ゴンッ!』って、一瞬止まってね、その直後、ガガガーーーッて、すごい勢いで段々瀬を上流にのぼったんだよ。」
「それで、引き抜いたの?」
「うん。 だけど、引き抜いて、コレが水を切って姿が見えた時、『やばい、デカイ!』って思って、陸地に下がって、竿もウ〜ンと高く上げて、ようやくタモに入れたよ。」
「はぁ〜っ、私の作った仕掛けが切れなくて、良かった〜〜っ。」

そんなやり取りをしていたら、釣果の写真を撮るのを、すっかり忘れていました。
「ぬし」がひときわ大きくて、他のノーマルサイズの鮎さん達が小さく見えました。
画像が残せなくて残念・・・。 Takeちゃん、ごめんなさいm(_ _)m

今日釣った鮎は、差し上げる方がいたので手元には残りませんでしたが、とても喜んで頂けたので良かったです。
それに、その方が水槽に入れて生かしたまま受け取ってくださったので、鮎が水槽の中で元気そうに泳いでいるのが見れて、なんとなく私たちとしても嬉しい感じがしました。

今朝も、「鮎釣りも、あと4、5回かな・・・」って話をしていたところです。
そうなってくると不思議なもので、急に鮎釣りを止めるのが名残惜しくなります(⌒-⌒; )
このまま天候にも恵まれて、静かに残りのシーズンを楽しみたいものです。

     *      *      *      *      *

昨日、とってもすてきなプレゼントをいただきました。
a0056140_20253075.gif
世界に二つだけの「チームやませみ」ストラップです。
「工房 竹広」さんで作っていただいたそうです。ありがとうございます(⌒-⌒)
紅葉の木で作られているそうで、軽いけど味があって、気に入ってます。
早速、ジムニーのキーホルダーと、私のキーホルダーに付けました☆ 

「チームやませみ」も結成10年を超え、私のブログも来月で満12年を迎えますが、本当によく続いたものだな〜と感慨深いです。
「川や自然の中で遊ぶのが好き」だし、それに関連する出来事の記録を綴るというのが一番の動機なのですが、こんなブログでも心に留めて読んで下さっている方々がいらっしゃるのも大きな支えになっています。
あと何年続けられるか・・・と時々弱気になりますが、「女心と秋の空」ということで先のことはわかりませんが、もうしばらくは頑張ろうかな〜と思う、今日この頃なのであります。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-10-02 20:57 | 鮎釣り | Comments(6)

雨の日は、調子が上がるねっ♪@興津川

9月23日(土)
昨晩、少しまとまった雨が降ったので、今日は興津川へ・・・。
さぞや混んでいるかと思いきや、今日は空いていました!(◎_◎;)
ここのところ、平日がすごく混んでいたみたいですから、平日釣行が出来る釣り師の方たちは、土日は敬遠しているのでしょうね。
おかげで今日は自由に動けて、私にしては「拾い釣り」が楽しめました。
a0056140_17033459.jpg
a0056140_17460050.jpg
Takeちゃんが、ちょうど良いタイミングの写真を撮ってくれたので、ズームしてみました♪
タモに入った鮎の、黄色い追い星がくっきりと確認出来ます。
それにしてもMURAKAMIさん製のタモ、2年経っても本当に綺麗で、使いやすくて最高です☆
今日みたいに掛かってくれると、本領発揮出来て、タモさんも喜んでくれているでしょう。
(いつも活躍の機会が少なくて、ゴメンナサイm(_ _)m)
a0056140_17041945.jpg
こんな黄色い追い気のある鮎が所々にいて、それを拾って釣った感じです。
昨日の雨で、川がリセットされたのでしょうか?
a0056140_17063838.jpg
こんな大きいのも釣れたし☆
いつもは粘って、辛抱の釣りを強いられている感じですが、こんな日もあるんですね〜♪
ーーーっていうか、今日もいつのまにか途中から雨が降っていました。
私は釣りに熱中していたので、しばらく気がつかずにいたのです。(^_^;)
a0056140_17201688.jpg
あらあら、雨でレンズが濡れて、ピンボケです。
あっ、そうそう、今日私は、買ったばかりの「コールマン」の偏光グラスをかけていたのでした!
その偏光グラスは、横からの光を遮る形状になっているので、余計に雨が降っていることも気付けなかったのかも☆
言い換えると、それだけ釣りに集中出来たのかもしれません。
今までTALEXを愛用してきましたが、ホームセンターで買った3千円のグラスのほうが、釣果が上がるなんてこともあったりして・・・?
確かにTALEXは明るく見えるので、目への負担は少ないと思いますが、最近の私は、早朝から日暮れまでガッツリと釣ることはないので、TALEXじゃなくてもいいのかも・・・と思いました。
a0056140_17341941.jpg
興津川でこんなに良型揃いが釣れたのも久しぶりです。
先週もそうでしたが、”バンパイヤ体質”の私は、雨の日は、調子が上がるのかな〜?

気がつけば、もう秋。
あと何回、鮎釣り出来るかわかりませんが、今日みたいな日がもう一回ぐらい、あったらいいな〜っ☆








......................................................................................................

[PR]
by hototo-gisu | 2017-09-25 18:28 | 鮎釣り | Comments(6)

雨ニモマケズ・・・@大井川

9月16日(土)
朝から台風18号の影響による雨が降っていましたが・・・これから雨が強まる予報でしたが・・・それに、昨日に比べて急激に気温が下がるのもわかっていましたが・・・。
「連休は気田川か大井川に行ってみよう」と楽しみにしていたし、「大井川はダムがあるから、すぐには増水しないかも…」「出来なくても、ドライブのつもりで」ということで、雨が降る中、大井川に向かいました。

国1バイバスを降り、神座のあたりからチラホラ鮎釣りをしている人の姿が見えたので、(良かった〜、鮎釣り出来そう)と思いました。
a0056140_16304638.jpg
a0056140_16341769.jpg
予想通り、ダムの放水はされていませんでしたが、雨で笹濁りになっていたので、石の状態が良くわかりません。
しばらく竿を出してみましたが、全然反応がないので、場所移動しました。

とにかく様子がさっぱりわからないので、鮎釣り師の車が停まっている場所まで行ってみることに・・・。

すると、すでに釣りを終えて帰ろうとする、浜松ナンバーの釣り師の方が、すれ違いざまに声をかけてくれました(⌒-⌒)
そして「あそこの瀬は、鮎が小さいよ。」とか詳しく教えてくださったので、それを頼りに釣ることに・・・。

釣り始めてまもなく1匹目が掛かったのですが、引き抜き体制に入ろうとする間にバレ・・・。
さらに、2匹目は、掛かるなりバシャッとジャンプしてバレました。
(おもわず「ニジマスかっ?」・・・って言いたくなりました(^_^;))

まだ釣れてもいないのに立て続けに2匹もバレると、普段ならテンションが下がるところですが、今日は雨で、苦手な太陽光線にやられないので(笑)、集中力が途切れません♪

それに大井川とは相性が良いと思っているので、そういうところもプラスに働いたのでしょう。
ようやく1匹目をゲット出来ました。
a0056140_17033504.jpg
口掛りで18センチぐらいの鮎でしたが、アタリも強いし、なかなか上がってきませんでした。
その後も、掛かるたびに引きの強さに翻弄され、引き抜きにも苦労しました。
Takeちゃんの目の前でも、大きな鮎をキャッチミスしたし・・・。(⌒-⌒; )
なんでだろう〜?と思ったら、天井糸の移動部分が伸ばされてました。
さすが大井川のスーパー鮎! 力が違います。
掛かったらグゥーーンと横に走り、1、2歩下がったぐらいじゃ引き抜くなんて出来ません。
a0056140_17231935.jpg
見て下さい、この苦しそうな引き抜き姿・・・。
オトリも掛かっている鮎も21~22センチぐらいですが、7.5mのソリッド穂先の竿で大井川の鮎じゃ、ちょっと無理があるかな〜と感じました。

そうやって鮎に散々、弄ばれましたが、雨の中、出かけてきたかいがありました。
a0056140_17341328.jpg
(画像は大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」です)

今日は雨が強まることはなかったのですが、今後の台風18号の影響が心配です。
どうか皆様もご無事でありますように。









[PR]
by hototo-gisu | 2017-09-17 17:49 | 鮎釣り | Comments(6)

「鮎とニジマスの美肌効果か?」と「うなぎの採捕について」などなど。。。

9月9日(土)
雨も降っていないので、先週見た興津川の青ノロはそのままだと思うけど、今日は上流でのんびりしたいねーーーということで、上流にやってきました。
a0056140_14560569.jpg
思っていたよりも釣り人が多くて、どんどん上流へ追いやられ、とうとう『大島橋』へ。
残暑の日差しがギラギラ強かったので、まずは日陰でのんびりと腹ごしらえをしました。

前回来た時よりも鮎の姿が見えていたので、今日は楽勝かと思いきや、鮎が全然追いませんねー。
散々攻められているのでしょう。
立って釣ったら鮎から丸見えなので、草に隠れてそぉ〜〜っと竿を出すと、やっと追ってくれました☆
a0056140_15263903.jpg
「これぞ、興津川上流の鮎」って感じの、大きさとフォルム。(*^_^*)
同じようにして釣ると、またきました♪
a0056140_15290078.jpg
立て続けに3匹釣れたので気を良くしたのですが、そのあとが続きません。
結局、2匹追加して終わりとしました。
(最近、竿をたたむのが早くなりました。 粘っても釣れないってこと、学習しましたからね♪)

帰ってから塩焼きにして食べたのですが、そろそろ小さな「白子」を持ち始めたようです。
もう、そんな時期なのですね・・・。

次の日の朝、お肌の調子がすごくイイみたい・・・と感じました。
お化粧のノリが全然、違います。
この歳になると、ちょっとした違いがわかるようになるのです(*^_^*)
鮎の塩焼きを久しぶりに食べたからかな? 鮎の内臓って、ビタミンAが豊富で美容に良いらしいと何かで読んだし…。
そもそも、鮎って、魚類で一番、ビタミンEが豊富らしいし、冷凍しても、その効果が変わらないそうだし…。

そういえば、周りの鮎釣り師を見回しても、元気な人たちが多いな・・・と、ふと思いました。
「誰それが、認知症になった」ーーーとか、ぜんぜん聞かないし。
鮎釣り自体もボケ防止に良さそうですが、実は、天然鮎を食べることが老化防止に役立っているのかも・・・な〜んて、お化粧をしながら、そんなことを考えたりして・・・。

ーーーーん?
そういえば、数日前に「ニジマスの漬け丼」を食べたのも影響しているのかな?
鮎とニジマスの相乗効果なのかな?

いずれにしても、鮎って、すごい健康食品なんだな〜って思いました。 (いまさら気がつくなんて、遅い?)
高齢化社会を迎えているので、今に注目されるかもしれません。

     *     *     *     *     *

さて、ここからは先日開催された「内水面漁場管理委員会」について、少しだけ書かせてもらいます。

今回、うなぎの資源保護のため、

静岡県内の内水面で、10月1日から2月末日まで、うなぎの採捕を禁止する

という決定がされました。
ここでいう「内水面」というのは、「海面」を除く場所で、県内の川や河口、ちょっとした水路などもすべて含まれます。
(川と海との境界線は、今後、個別の河川について、県知事名で公表されます)

なぜ10月1日から禁漁なのかというと、「産卵のために海へ下るうなぎ」を保護するためです。
うなぎが絶滅危惧種に指定された2014年から、内水面委員会でも、うなぎ資源の保護のためにいろいろ議論がされてきました。
当初、「うなぎの遊漁を全面的に禁止してもいいのでは」という声もあって、当時、うなぎの穴釣りを始めたばかりの私は、(一般の遊漁者が、うなぎ釣りで採るうなぎの量なんて、ほんの僅かではないか)とも思いましたが、それを発言するのが許されないような危機的状況でした。

ここ数年はシラスウナギの漁獲量も少しは回復しているようですが、うなぎ資源が減っている状況にさほど変わりはありません。
うなぎが減っているのは、遊漁者がうなぎを採っているせいではないにしろ、これから先のうなぎ資源を守るために、せめて産卵のために海に下る親うなぎを採るのは禁止しましょう。そのために、うなぎは10月1日から禁漁にしますーーーということになったわけです。
将来、「全面禁漁」になることがないように、なんとかうなぎ資源が回復してほしいものです。
a0056140_17144708.gif
今回の委員会は、富士宮市にある静岡県水産技術研究所「富士養鱒場」で開催されました。
ここは、ニジマス養殖を産業化するため、昭和8年に国内で3番目に開設された歴史ある養鱒場です。
富士川水系の「芝川」の水源地に開設されていて、年間を通じて水温が10℃の湧き水でニジマスが生育されています。
a0056140_22491764.jpg
画像は「アルビノニジマス」です。
昭和31年に出現し、それ以降「優性遺伝」で増えているそうです。
こんなに目立つ色をしているのに「劣性遺伝」じゃないなんて、きっとこの養鱒場では他の生き物に襲われる危険性がないから優性遺伝で増えているのでしょうね。(←私の勝手な推測です(^_^;))
養鱒場の方が、「アマゴは人間の姿を見ると逃げるんですが、ニジマスは寄ってくるんですよ。」っておっしゃって、その話ぶりから「ニジマス愛」がひしひしと伝わってきました。
(少しアマゴが気の毒に思えましたが・・・(⌒-⌒; ))

静岡県はニジマス生産量が日本一だそうですが、富士養鱒漁業協同組合の「紅富士(あかふじ)」というブランド虹鱒は、世界に誇る味として、スモークをはじめ、いろいろ商品化されて販売されているそうです。
しかし今回、お昼にお弁当として注文してあった「白糸滝養魚場」のフジヤマレインボー桜咲鱒(さくらさきます)というブランドの「ニジマス漬け丼」で、私のニジマスに対するイメージ(食材としてですが)が変わったような気がします。
a0056140_23321654.jpg
こちらのニジマスも、同じく富士山からの湧水を使用していて生食でも安全で美味しく食べられることが売りなのですが、実際に食べてみて、まるでクセがないし、脂が上品で、本当に美味しいお刺身だと思いました。
今、「アスタキサンチン」という抗酸化作用のある成分を含んだ食材として輸入サーモンが人気ですが、トレーサビリティという観点からしても、こちらのニジマスや「紅富士」が今後、人気が上がってくるのではないかと思いました。
今度、機会があったら刺身のサクを取り寄せて、手こね寿司やカルパッチョを作りたいです。

そして・・・。
「富士養鱒場」での委員会の後、富士川の「四ヶ郷頭首工」を見学する予定だと知らされていましたが、まさかココのことだったとは・・・!(◎_◎;)
a0056140_15102192.jpg
私達が「松野の堰堤」と呼んでいた、とても馴染みのある場所のことでした。

水産資源課の方が、「ここ数年、富士川の鮎の数が激減しているという話を受けて、鮎の専門家として有名な高橋先生に調べて頂いたところ、泥水などの問題もあるそうですが、この『四ヶ郷頭首工』で鮎の遡上が阻害されているという調査結果だったのです。それで県でも調査したのですが、やはり問題であることが明らかになりました。」と、本日の見学の意図を説明して下さいました。
a0056140_15405659.jpg
私の記憶にある「松野の堰堤」の水量と比べると、この日は”超渇水状態”です。
この画像は右岸側の部分ですが、鮎の遡上する頃はもっと水量があるので、右の階段のように見えている部分が遡上しにくい形状だというだけでなく、左の石段が組まれている部分は、その石段が縦横整然と組まれているのが問題で、むしろ、石が大小ランダムに配置するだけでも遡上しやすくなるそうです。
a0056140_15495706.jpg
そして、こちらが左岸側の画像です。
この頭首工は、農業用水を取水するために作られたもので、こちら側に取水口があります。
そして、ご覧の通り、超渇水時でもこのように激流になっているので、鮎の遡上が難しいということなのです。
県の調査では、今年はこの頭首工の左右の流れから遡上した鮎の総数は6万尾弱ぐらいだとか・・・。
この広大な富士川の流れに6万尾って、とても少ないですね。
この調査結果は、しかるべきところに上げられているそうです。

興津川で他の鮎釣り師と話をすると、以前は、「先週、富士川で大きな鮎を釣ってきた♪」といった話をよく聞かされていたものですが、今じゃ全然聞きません。
・・・っていうか、私達も富士川の大鮎釣りに挑戦したことがありましたが(その時のブログがコチラです)、その後は川の調子が良くなくて釣れなくなったーーーと諦めていたら、鮎が激減していたとは・・・。

ふと、その富士川で鮎釣りをした日付を見たら、「2007年10月6日」となっています。
ヒェ〜〜っ! あれから、10年も経ったってこと〜〜っ!?
うわ〜、そりゃ、お肌も”曲がり角”どころじゃないわねーっ。

せっせと、鮎とアスタキサンチンの多いニジマスを食べなくっちゃ!(◎_◎;)







[PR]
by hototo-gisu | 2017-09-13 16:22 | 鮎釣り | Comments(4)

久々の承元寺堰堤下流@興津川

9月3日(日)
昨日は久しぶりに頭痛がひどくて、家で大人しくしていました。
ーーー今朝も少し痛いけど、とりあえず薬を飲み、川に行くことに・・・。
実は、Takeちゃんが「度付きの偏光メガネ」を新調したので、それも試してみたかったからです。

まずは『茂野島橋』から川見をしたのですが、ヘチは青ノロがあるし、いつもよりも鮎が少ないように思いました。
次に『大網』も吊り橋から見たのですが、これまた青ノロはひどいし、鮎も少ないみたいです。

そうやって上流から下りながら見ていって、行き着いた先は『承元寺の堰堤下』。

「大きい鮎が掛かっているらしいから、そういうのが釣れたらイイね♪」

ーーーというわけで、釣り始めたところ、すぐに掛かりました☆
a0056140_14513768.jpg
なかなかの良型で、20センチはあると思います。
掛かった後の抵抗はそれほどでもなかったのですが、重くてなかなか上がってきませんでした(⌒-⌒; )
そして、この子をおとりにして釣り始めたら・・・
a0056140_14573195.jpg
2匹目も釣れて、少しサイズもアップしたみたい♪
大きいから手応えも楽しいのですが、オトリ鮎をめがけて、どこからともなくぶつかって掛かる様子が見えたので、それがスリリングで面白いと思いました。

ただ、掛かった鮎は大きいけれど、ちょっとパワー不足のような感じ・・・。
水温も上がってきたので、弱りやすいように思いました。
その時点で、Takeちゃんはまだ釣れていなかったので、この次に釣れた野鮎をTakeちゃんに譲ってあげようと思って釣ったら、18センチぐらいのオトリにちょうどいい感じのが掛かりました。

それをオトリに釣り始めたTakeちゃんが、掛けました!!
ーーーが、なかなか引き抜き体制に入れません。
大きいのかなぁ・・・?と思ったら、ようやく引き抜いてタモに収めて、「大きいよ〜っ、オトリの1.5倍はあるよ!」と言うではありませんか!
a0056140_15143725.jpg
あらまぁ〜ホント、1.5倍はあるわね!(◎_◎;)
24? 25センチぐらいあるかも・・・。
どおりで、引き抜きに時間が掛かったわけです。

その後も順調に釣れたみたいで・・・
a0056140_15101895.jpg
周りの釣り師の方々も良く釣れたみたいですし、楽しく釣り談義も出来て、今日はここで釣って良かったなぁ〜と思いました。

ただ一つだけガッカリしたことは、Takeちゃんのおニューの偏光グラスが鮎が良く見えたのに対し、私のTALEXが(2年ぐらい前にレンズを交換したのに)鮎が見えにくくなっていたことが露見してしまったことです。
いくらTALEXでも、レンズっていうのは劣化しやすいものなので、私が使用するには、少し安価のものでも、頻繁に新調するくらいがいいのかも・・・と思いました。
(私の場合、TALEXを車のダッシュボードのところに置きっ放しですから、それも良くなかったのかも…)

最後は、今日のあいちゃんの画像です♪
a0056140_15480864.jpg
a0056140_15490043.jpg
あいちゃんは、ひとり遊びが好きで、遊んでいると自分の世界に没頭する性分のようです。
途中で邪魔をすると、「ブーブー」言って、カンシャクをおこしたりするんですよ(笑)
夢中になっている姿や歩く姿を上から見ると、「ツチノコ」みたいなんです。(イメージですけどねっ♪)
Takeちゃんいわく、「尻尾が短くて、左右にクネクネ動くからかも…。普通、鳥の尻尾って上下に振れるからね。」
うんうん、まさにその通り。
そして、触った感じは鳥というよりも「ハムスター」とか「リス」、「フェレット」のような、グニュグニュ系?で、指のすきまから、グニュグニュッと這い出す感じ。

同じインコでも、コジローと全然違っていて、それはそれでイイなぁ・・・と思う。
育て方やしつけの面で、私がコジローに対してよりも、あいちゃんに対して甘いのは、「長男に対してよりも、次男に対して甘い」みたいなものかな〜と、そんなことを思う、今日この頃なのでした(*^_^*)







..........................................................................................................

[PR]
by hototo-gisu | 2017-09-05 20:41 | 鮎釣り | Comments(6)

鮎がた〜くさん見えるのですが・・・@興津川

8月19日(土)
今日も興津川へ、の〜んびりと出かけてきました。
上流部は行楽客で賑わっているので、下流部で釣ろうか・・・ということで、久しぶりに「いしがき小屋」へ・・・。

お店のそばの橋から川を見ると、結構たくさんの鮎が見えます♪
上流部で川を見ても、全然鮎が見えませんから、俄然ヤル気が出てきました(^_^)
a0056140_17004636.jpg
小一時間、釣ってみましたが、鮎はいっぱいいるはずなのに、全然掛かりません(ー ー;)
・・・が、Takeちゃんは3匹ほど釣れたようです。
Takeちゃん、でかした!!
午後からは、天然オトリ、1匹使わせてね♪

そして「いしがき小屋」に戻り、日陰のテーブルを借りて、お昼ご飯をいただくことにしました。
他の鮎釣り師の方々も次々に戻っていらしたので、いしがき小屋の奥様が差し入れて下さったスイカを皆でご馳走になりながら、鮎談義に花を咲かせました。
スイカもとっても美味しくて、大きいのを2切れもいただいちゃったりして、まったりと昼休みを取ることが出来ました。
どうも、ごちそうさまでしたm(_ _)m
a0056140_17364997.jpg
午後からは、ますます日射しが強くなり、(頭痛が出ないといいんだけど・・・)と心配していたのですが、スイカを食べたおかげか、頭痛になることもなく、釣りに集中することが出来ました(⌒-⌒)

しかし、掛かる鮎が小さくて、なかなかオトリになりません。
a0056140_17441822.jpg
いや、小さくても、一応オトリとして使ってはみるのですが、今日の状況では厳しそうなので、またTakeちゃんからもらった天然オトリに出動してもらう・・・その繰り返しです。

そして、ようやっとオトリサイズの鮎が釣れたーーーと思いきや、「脳天」掛かりで、オトリに使えず・・・。

仕方なく、またTakeちゃんオトリで釣っていたら、オトリサイズの良い鮎が掛かったのですが・・・引き抜きしたら、空中分解してしまいました(泣)

もう、さすがにTakeちゃんオトリが可哀想だし、私の釣る気力も失せてしまいました。

いしがき小屋に戻ると、ご主人がお客様のために、畑からたくさんのスイカを採ってきたみたいでした。
昨日から体調がすぐれなかったらしいのですが、大丈夫なのかな・・・。 
元気になられたら、是非あの釣法を見せていただきたいです☆

さて、来週は予定が入っているので、鮎釣りはお休み。
嬉しいイベントなので、楽しく過ごせればいいなぁ・・・と思います。
a0056140_18110252.jpg
a0056140_18114770.jpg
話は変わって、我が家のニューフェイス、サザナミインコのあいちゃんですが、日を増すごとにヤンチャ度合いが上がってきています。
動きも速いし、色が濃いので、写真を撮るのが難しいです(^_^;)
サザナミインコのユニークな動きを紹介したいのですが、動画じゃないと伝わらないから、そのうち動画編集したのをアップしたいと思います。
・・・が、その前に動画ソフトの使い方を勉強しないといけないな〜(⌒-⌒; )








......................................................................................................................

[PR]
by hototo-gisu | 2017-08-21 22:02 | 鮎釣り | Comments(6)

第二回 国際友釣り大会@気田川

8月6日(日)
今日は気田川で開催される「第二回 国際友釣り大会決勝戦」に出場することになりました。
トーナメントとか、もう生涯出ない!と決めていたワタクシですが、内水面関係のほうからの話で断り辛く、腹をくくることにしたのです(⌒-⌒; )

「西部地区の予選を勝ち残ってきた選手との決勝戦だからねぇ。だからと言ってボウズじゃ恥ずかしいから目標6匹に設定して、頑張ってみれば?
それに、もともとホトちゃんは、最初に決めたポイントから移動しないで釣ってたじゃん。 大会は他の選手がいるから自由に移動出来ないので、かえって良いかもよ。」

そうTakeちゃんから励まされ、「目標6匹!」を胸に、大会に臨んだのであります。
a0056140_16171818.jpg
当日予選の結果発表の間、招待されたトップトーナメンター4名の記念撮影が行われていました。
この4人の顔ぶれを見ても、(アア、トップトーナメンターっていうのは、なんか底知れぬパワーを持っている人たちだなぁ〜)としみじみ思ったのであります。
そういえば、この中でTakeちゃんが一番最初に接したのが谷川さんでしたが、その時は谷川さんが「うなぎ捕り」の話ばかりして「鮎」の「ア」の字も出なかったので、私が「谷川さんって、強いトーナメンターなのよ。」って話しても、ピンとこなかったみたいで…。
その後、いろんなトーナメントで上位入賞を果たしてくれたので、私の言ってたことがようやくTakeちゃんに信じてもらえてホッとしました。(^_^;)
a0056140_16332530.jpg
天野勝利さんは、鮎釣りもそうですが、渓流釣りのビデオでも何度も拝見してすごく有名な方なので、こんな間近に見られるなんて光栄でした♡
そして高橋祐次さんも、鮎釣り界のスーパースターですからね〜、私がもっと若かったら、「キャーッ!!♡」とか言ってたかも…(*^_^*)
そしてそして井川弘二郎さん! 狩野川の「カリスマ鮎師」として名を馳せた井川弘仁さんの息子さんですが、いまや亡きお父さんの遺志を引き継いで、鮎釣りのみならず、今春からは伊豆の国市議にもなられて活躍しています。
「友釣り発祥の地」といわれる狩野川をよろしく頼みますよ♪(…と皆が願っています☆)
a0056140_17113564.jpg
ーーーと、前置きが長くなりましたが、総勢76名による決戦大会となりました。
この赤い前島橋をはさんで、上流に行くか、下流に行くか・・・で悩むところですが、午前の予選会では、「上流では1匹も釣れんかったらしいよ。」という情報もあったりして、私も悩みました。
実際、今年の解禁頃に釣った瀬は小砂利で埋まって、ずいぶん変わってしまっていたのです。
しかし、午後からは鮎の追いも良くなるはずだし、だいぶ前になるけど「友釣り21」の取材の時に釣った場所で、”心中するつもりで釣ろう”と、腹をくくりました!

いつもなら、「太陽に向かって釣る」ことは絶対にしないワタクシですが、今日はそんなこと言ってられません。
「目標6匹」釣るため、背バリも使ってみたり、苦手なオモリも使ったり・・・。
a0056140_17404785.jpg
途中、太陽がまぶしくて気持ちが萎えそうになったけど、胸のポケットに忍ばせたコジローの羽に手を当てて、気持ちを仕切り直したり・・・。
釣れなくなると他の場所が気になってキョロキョロしたけど、Takeちゃんから言われた「釣れた場所で動かないで、釣果を伸ばす」ことを信じて、丁寧に釣ることに気持ちを集中しました。
a0056140_17480696.jpg
そして、目標の6匹がクリア出来ました☆\(^o^)/
ーーーが、よ〜く考えてみたら、私たち、決勝戦は「2時間勝負」だと思っていたのですが、実際には「3時間勝負」だったわけです。
そうなると「目標9匹」が正しいってことかな?ーーーなんて、そんなことを考えたりもして・・・。
いやいや、そんなことどうでもいいから、とにかく最後まで釣りに集中しようと思いました。

そして終了時間となりました。

最終釣果は、「おとり込み10匹」
他の人たちが何匹釣っていようとも、私自身としては上出来だと思いました。
普段の釣りでも真面目に釣っていたつもりでしたが、それとは違い、メンタル的にも技術的にも、今日の釣りから得られたことは本当に勉強になったし、今後の私の釣りにプラスになる良い経験が出来たと思いました。

そして、結果発表&表彰式が行われました。(詳細はこちらでご覧いただけます)
a0056140_18215511.jpg
a0056140_18234241.jpg

高橋祐次さんが昨年に続いて、2連覇です☆
本当にお見事というか、凡人のワタクシにはきっと想像し得ない努力と経験に基づく結果なのだな〜と思いました。
そして2位の井川弘二郎さんも、ホームの狩野川と気田川とは違ったタイプの川ですが、そういうのに左右されない釣技が身についているんだな〜と感心しました。
個人的には、錦ちゃんが入賞してくれて嬉しかったです。
心から拍手を送りました♪

それで満足していたのですが・・・
a0056140_18065562.jpg
「込み10匹」で、「レディース賞」をいただいちゃいました。
頑張ったかいがあったな〜って、しみじみ嬉しく思いました。
a0056140_21374001.jpg
表彰式のあとは、「お楽しみ抽選会」☆
高橋祐次さんがマイクを握り、おまけにクジまで引いて、会場を盛り上げてくれました。
ワタシはクジ運がまるで無い人間なので、他人事のように楽しんでいると・・・
a0056140_21423129.jpg
なんとビールが当たりましたっ☆
天野さんから「重いですよ」と声を掛けていただけました。優しいお心遣いに感謝です。
そして、これにはビール好きのTakeちゃんも大喜び♪
「サンキュー、高橋祐次〜〜っ\(^o^)/!!」と叫んでいました(⌒-⌒; )
(呼び捨てして、スミマセンm(_ _)m)

この大会に参加したおかげで、久しぶりに「気田川金曜会」の皆さんにもお会いできたし、釣り三昧さんあかみちさん「金曜会」のブログの管理人さんともお会いし、お話が出来て楽しかったです。
他にもタープのこととか、インコのこととか(笑)、皆さんに気軽に声をかけていただけて、大会に出場しなかったTakeちゃんも楽しむことが出来て、感謝、感謝です。

ーーーというわけで、ワタシにとってはこの上なく思い出深い、良い一日になりました。
この大会を主催してご尽力下さった「静岡県内水面西部連絡協議会」の漁協関係者の皆様に、心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。









.....................................................................................................

[PR]
by hototo-gisu | 2017-08-08 22:56 | 鮎釣り | Comments(10)

青ノロとボウズハゼに悩まされ・・・@興津川

7月29日(土)
最近、自宅で携帯電話で通話していると、前触れもなく突然通話が切れてしまうーーーといった現象を、私もTakeちゃんもしばしば経験していたのですが、昨日は、仕事でTakeちゃんにかかってきた電話全てが、途中で切れてしまうようになってしまいました。
これでは仕事に支障をきたすので、すぐにauに連絡したところ、今日、サポートセンターから電波状態を調べにきて下さいました。

それによると、我が家の電波状態は非常に良好とのことですが、なんらかの原因で、微弱なほうの電波を拾いがちになるのか、妨害電波が発生しているのか、はっきりした原因は不明とのこと。
携帯を新調しても原因が解消されなかったら仕事にならないので、電波を強化して届けてくれる機械(小型スピーカー型のもの)を設置して下さって、様子見となりました。

しかし、この機会に、携帯電話を新調することも考えつつ、午後からauショップへ行ってきました。
これまでの経緯を話すと、Takeちゃんと私の携帯電話のICチップを無料交換してくれつつ、新規機種への変更した場合の料金等の見積りを出して下さったのですが、なんと、今じゃ「ガラケー」って存在しないんですね!(◎_◎;)
「ガラケー」と「スマホ」の中間の、「ガラホ」になるみたいです。(⌒-⌒; )
それに、スマホも随分、料金が下がってきたみたい・・・。 競争が激しいからですねー。
とりあえず今日は機種変更は保留にしてきました。

ーーーというわけで、ここ数年恒例だった「安倍川の花火大会の日は、安倍川で鮎釣りをして、花火に送られつつ帰路につく」というのが今日は果たせませんでした。
ちょっと残念。。。
明日はライトに興津川で釣ろうと思っています。

7月30日(日)
久しぶりの興津川ですが、どこもかしこも行楽客で賑わっていて、これまた夏恒例の「興津川ビーチ化」真っ盛りでした。
おまけに「青ノロ」がスゴくて、びっくりです。

「やまびこ橋」から川見をしたら鮎が見えたので、「青ノロ」も気になったけど、とりあえず釣ってみることに・・・。
すぐに1匹釣れたのですが、たまたま運が良かっただけのことで・・・
a0056140_17142619.jpg
とにかく「青ノロ」の入れ掛かりがすごいです。
おとり鮎を放したらすぐに青ノロまみれになって、針にも青ノロが絡み付いて、釣りになりません。
おまけに、上流で行楽客が川遊びしているので、青ノロが流れてくる始末・・・。
あまりにひどいので、お昼休みをしつつ、場所移動することにしました。

とりあえず「茂野島」に行ったのですが・・・。
そこも、ゴムボートが3つも川に入っていて、驚きの光景が広がっていました(⌒-⌒; )
・・・が、お腹が空いたし疲れたので、タープを設置して、しばし休憩することに・・・。

すると、「この前も、いらしてましたね。」と、一人の釣り師の方が話しかけていらっしゃいました。
その時に、このタープを見かけて、興味をお持ちになったそうです。
その方は関東の方からいらっしゃったそうですが、一人でタープを張り、装備などから、キャンプに関しては、かなりのベテランさんのようにお見受けしました。
それだけでも、私たちからしたら「尊敬のまなざし」だったのですが、実は釣りが終わってから着替えるために「茂野島」に寄ったところ、その方も帰り支度をなさっていて、その間、鮎を炭火で焼いていました。
a0056140_17422956.jpg
奥様が、炭火で焼いた鮎が美味しいとおっしゃるそうで、家では焼けないから・・・ということらしいのです。
丁寧に踊り串を刺して、鮎のまわりをダンボールで囲って焼いているのを見て、さすが達人だな〜〜と思うと同時に、タープの下で休みをとりながら、今の興津川でこれだけの鮎を揃えて釣ったというのも、達人だな〜って、思いました。
そして、焼いているそばには、火の後始末をするための水が入ったバケツと、後片付けをするスコップが用意されていました。
そういった用意周到できちんとした感じに、心から尊敬した私たちなのでした。
その方から、興津川のことを褒めていただけて嬉しかったですし、そうやって遠方からでもはるばる来たいと思える川であり続けるように、大切にしていきたいものです。

ーーーアレアレ? これで今日のブログは終わりそうな勢いですが、午後の釣りのこと、いちおう書いておきます。

午後、あちこち放浪して、結局、「大網」で釣ることにしました。
相変わらず青ノロは酷かったのですが、川で遊ぶ若者が比較的少なかったのが、大網にした理由です。
a0056140_18063257.jpg
Takeちゃんは乗り気じゃなさそうでしたが、私は知っています。
本人の好き嫌いとは別に、Takeちゃんとはなぜか相性の良い場所だということを!
その読みが当たって、まぁまぁ楽しい釣りが出来たみたいで良かったです。
a0056140_18113227.jpg
私ですか?
私も一時は入れ掛かりで釣れそうな気がしたんですが、まぼろしに終わりました(笑)
ボウズハゼは爆釣しましたけどねー。 それと、青ノロもたくさん釣りました。
そのせいで「青ノロノイローゼ」に掛かりまして、最後のほうでは、釣れた鮎が青ノロまみれになっていたのを見て、「鮎じゃない魚」だと思ってしまい、タモを引っ込めてしまいましたよ。
(じゃ、いったい何ていう魚なのかしら〜?)
今日はそんな感じでしたが、鮎がたくさんいるのはわかりました。
青ノロがなくなるくらいの、ほどほどの雨があれば・・・と思いました。

そして、来週の日曜日ですが・・・

「第2回 国際友釣り大会」が気田川で開催され、私も行く予定です。
参加するも良し、名手の釣りを観れるチャンスでもあるので、ぜひ気田川にいらしてみてはいかがでしょう。

     *     *     *     *     *

さて、我が家のアイドル、あいちゃんですが、こんな可愛い仕草も得意です。
a0056140_18473963.jpg
インコ飼いの間では、「ニギコロ」と呼んでいます。
オカメインコは強烈に拒否しますが、サザナミインコは嫌がることもなく、ひっくり返すとこんな格好をしてくれます。
ニワトリも仰向けにすると、しばらくジ〜ッとしていたので、鳥によっては、そういう習性なのかもしれません。
a0056140_18511002.jpg
あいちゃんは「バードテント」も大好きみたいです。
Takeちゃんの裁縫技術が、こんな風に生かせるなんて思ってもみませんでしたし、あいちゃんがすぐになじんで愛用してくれるので、作りがいがあるみたいで良かったです。
これからも色々作ってもらって、元気に育ってほしいです。










[PR]
by hototo-gisu | 2017-07-31 21:19 | 鮎釣り | Comments(4)

大井川上流に行ってきました

7月22日(土)
お盆やら何やらで、ずっと慌ただしい毎日が続いていたので、今日は久しぶりの息抜きです。
Sさんに声をかけられて、大井川上流に行くことになりました。

いつもの(…と言っても、毎年1度ぐらいしか来れないけど)「高橋おとり店」に向かったのですが、着いたのが11時頃だったので、ご主人と奥様がいらっしゃったのを見て、ホッとしました。
おとり鮎は、Sさんが釣ってくれてるから心配ないのですが(笑)、日釣り券がないと困りますものね〜。
なんだか、ホッとし過ぎちゃって、鮎釣りは出来ればいいや・・・ぐらいな感じになってしまいました。

そして、久しぶりのSさんですが、1年ぶりかな? でも、全然、変わってなかったです。
a0056140_17334078.jpg
もう11匹ぐらい釣れたそうで、「今日は地元でお祭りがあるので、家族で食べる分が釣れたから、もう満足。」っておっしゃっていました。

すぐ目の前の瀬を釣ったそうなので、「Sさんが釣ったのは、どの辺りですか?」としっかり確認をして、そのエリアを避けて釣り始めました。
すると、すぐに釣れちゃいました♪
a0056140_17393193.jpg
やっぱり名手が釣ってない場所で釣るのが肝心ですね!
その後、Sさんから、「もっと下流もやってみたら?」って勧められて釣ってみたけど、そこはSさんが釣った場所だったから、な〜んの反応もありませんでした(⌒-⌒; )

そして、着いてから1時間ぐらいしてお昼休みにしました。
a0056140_17450072.jpg
Takeちゃんが、タープの屋根を、わざと逆さまに設置しました。
大井川は風が強いので、このほうが煽られないのではないかと検証したかったそうです。
幸いそれほど強い風も吹かず、タープの日除けが効果を発揮して、とっても快適なお昼休みがとれました。
Sさんも仕事の疲れで、お昼寝モードに・・・。
このままもう少し休んで頂いたら良かったのですが、「河原をジムニーで走ることが、鮎釣りよりも好きなTakeちゃん」が、早々にタープを片付けて、「川見をしてくる♪」と言いながら、河原を上に下にと爆走しに行きました。

Sさん、ごめんなさい m_ _m
Takeちゃんもああ見えて、仕事のストレスがたまっているのです(^_^;)

・・・で、「ホトちゃん、下流にホトちゃんが好きそうな水深のあるところで、鮎が跳ねていたよ。車で行けるから、移動しよう♪」とTakeちゃんが言うので、「私が好きそうな水深」というワードに惹かれて、即、移動したのですが・・・。

鮎、跳ねてないし〜。
おまけに、鮎の姿も見えないし〜〜?

というわけで、好きな水深のところは反応がなく、他で釣れないかと「放浪の旅」に出たのですが、石がある良い瀬がありませんでした。
散々歩きまわり、釣り回りましたが、骨折り損のくたびれ儲け・・・って感じです。

でも、Takeちゃんが釣れたから、いいか!
a0056140_18064905.jpg
そこは石組みが良い瀬になっていました。やっぱり大井川は、こういう瀬が良いですね!
a0056140_18094118.gif
20センチを超える鮎も釣れ、我が家でも美味しい塩焼きが出来る分が確保できて何よりでした。
でも、私としては近々リベンジをしたいところです。

この日は2時半頃から雷が鳴り出し、3時半には竿を畳まざるを得ませんでした。
その後は雨も降り出しましたので、早めに上がって正解でした。
おかげで早く帰宅できたので、あいちゃんもゴキゲンでしたよ。
a0056140_18163728.jpg
あいちゃんも私たちや我が家に慣れて、だんだん自我が目覚めてきています。
と同時に、「熱帯雨林」の山岳地帯出身という「サザナミインコ」のユニークな生態が徐々に明らかになってきて、とても興味深いです。
一番驚いたのは、雨が降った時の反応なのですが、いつかブログでも紹介したいと思っています。

その「雨」ですが・・・。

局地的に異常豪雨をもたらして、各地で大きな被害が出ていますが、この日は秋田に被害が出ていると報道されていました。
kkさん、大丈夫でしょうか。
早く異常な雨の前線が無くなって欲しいです。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-07-24 18:25 | 鮎釣り | Comments(7)