「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

カテゴリ:料理、日本酒、ワイン( 39 )

さようなら、2016年

12月31日(土)
今年も残すところ、あと数十分となりました。
紅白を観つつ、今年最後のブログをUPします♪

今朝、新年を迎える準備も着々と進んで、おせちも「お煮しめ」と卵焼きを焼くだけになった頃、美味しい「便り」が届きましたemoticon-0142-happy.gif
a0056140_23260500.jpg
振り返ると、3月に指を怪我した時も新鮮な食材を届けていただいて、元気付けられたことを思い出します。
やっぱり「食」は大事ですね〜。
この便りを見ただけでも、料理をする気がバリバリに湧いてきます☆

これも神様の思し召しーーーということで、お煮しめの里芋や椎茸は、こちらの届いた食材を使って作りました(^_^)
a0056140_23333630.jpg
そして、今年も無事におせちが出来ました。
達成感がありますが、まだ一仕事残っていました。
それは、「年越しそば」を作って、家族で食べることです。

今年は、桜エビのかき揚げを作って、「天ぷらそば」にする予定でしたが、届いた食材の中から「春菊」「椎茸」「オクラ」を選んで、一緒に天ぷらにしました。
a0056140_23383892.jpg
これを各自でお蕎麦の上にトッピングして食べました。
トッピングとしては、春菊の天ぷらが絶品でした!
届けて下さった方に感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、いよいよ今年も残すところあとわずかとなりました。
いろいろありましたが、終わり良ければすべて良しーーーということで(*^_^*)

皆様、良い年をお迎えください☆







.


[PR]
by hototo-gisu | 2016-12-31 23:49 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(6)

ふるさと納税で「うず潮カキ」が届きました

2月7日(日)
昨年11月頃、「ふるさと納税」をしました。
ちまたで騒がれているほど得をするわけじゃないような気がしますが(多分、高収入の人ほど、メリットがあるのかも…)、ふるさと納税のサイトで、我がふるさと、「長崎県西海市」のページを見つけたのです。
そこに載っていた、「ふるさと西海応援寄付金のお礼品」の一つ「うず潮カキ」に食指が動かされた・・・というわけで・・・(^-^;

「お礼品のお届けは1月〜3月」って書かれてあったので、気長に待つことにしました。
ーーーっていうか、本来、「寄付」なんだし。(^-^;
でも、寄付した直後に、西海市長からの丁寧なお礼のお手紙は届くわ、お年賀状まで頂くわ…で、牡蠣はさておき、「寄付して良かったな〜」と心から思ったのであります。
(寄付したのはTakeちゃんなので、我がふるさとが、このようにきちんとした対応をしてくれたことを誇りに思ったというのが本音です。)

そして、ついに「うず潮カキ」が届きました。
a0056140_18225548.jpg
3.5kg、32個ものカキと、料理のしおり、カキを開くナイフ、軍手が入っていました。
生きているので生でも食べられそうですが、漁協の意向で「加熱してお召し上がり下さい」とのことですので、鍋で蒸して食べることにしました。
a0056140_1417508.jpg
蒸しても身が縮まず、プリップリです☆
ゆずを絞って口に含むと、カキの旨味もさることながら、貝柱がすごく弾力があり、「まるでハマグリのような食感だね。こんな歯ごたえのあるカキは初めて!」とTakeちゃん。

数年前に里帰りした時には、まだ時期が早過ぎて食べられなかった「うず潮カキ」。
その時、市場で購入したカキは同じ長崎県産で美味しかったのですが、この「うず潮カキ」は、その歯ごたえが特徴です。
説明によると「冬の早朝には、湾内が凍りつくと言われるほどの厳しい極寒の地で育った「うず潮カキ」は、程よいバランスの大きさと味わいを誇る、地元以外にはあまり知られていない隠れた名産品です。」とのこと。
カキらしからぬ食べ応えのある貝柱のおかげで、6つも食べたら大満足してしまいました。
a0056140_14424431.jpg
届いて2日目に「カキフライ」にするため、殻を開く作業をしたのですが・・・。
カキにかぶせてあった海水で湿らせた新聞紙をそ〜っとめくり、うっすらと口を開けた隙間にナイフを入れて開けるのですが、モタモタすると、カキが口を閉じて、ナイフが入らなくなってしまいます( ̄▽ ̄;)
そこで、また新聞紙をかぶせて、そ〜っとしていると、油断して口を開けるのです。
そうやって、騙し騙しカキを開けている間も、「ピュッ、ピュッ♪」とカキ達の呼吸をしている音がして、その生命力の強さを感じました。

先月、長崎では記録的な大雪が降りました。
私が小さい頃も雪は降りましたが、小さな雪だるまを作ることさえ難しいくらいの雪の量でした。
だから、先月のような雪景色っていうのは、ビックリですね。

小さい頃・・・で思い出したけど、その頃はカキなんて食べたことがなかったです。
いつか、それを叔母に話したら、「そういえば、カキって海にたくさんあったけど、誰も食べなかったねぇ」って言ってました。
ア〜ン、損しちゃった〜っ。 もっと早く教えてよ〜っ ヽ(`⌒´)ノ
いまじゃ、「九十九島カキ」とか言って、名産になってるみたいなのに・・・。
案外、「埋もれた名産品」っていうのが、どの土地にもあるのかも知れません。
たとえば、焼津市がふるさと納税でお礼品に加えた、「深海生物オオグソクムシ」も、その一つ・・・?

いずれにしても、「ふるさと納税」のおかげで、知名度の低い市町村でも「こんな素晴らしい名産品があります」ということをアピールする良い機会になっているように思いました。
我が「長崎県西海市」を、今後とも宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

そして・・・
気が付けば、もう2月。。。
a0056140_15233668.jpg
節分も終わり、暦の上では、春になりました。
来月の渓流釣り解禁の頃には、少しは暖かくなるのでしょうか。

      *      *      *      *      *      *
それから・・・長くなりますが、もしかしたら誰かの役に立つかもしれないので書きます。

それまで何ともなかったのに、朝、目が覚めたら、突然「耳が聞こえない」。
それは、「突発性難聴」という病気です。
この病気は、一刻も早く「ステロイド剤」の点滴による治療を始めないと、時間が経てば経つほど、治る率が低くなるそうです。
ですので、「即、入院」して治療が始まるーーーということを覚悟して病院に行くことです。
入院とか治療って言われても、治療費とか、かかるんでしょ?ーーーということが心配ですが、静岡県では「突発性難聴」も国が指定した「特定疾患」に新たに加えられた病気なので、所得に応じてですが、医療費についてはかなり軽減されます。(他の県については、県にお問い合わせ下さい)

あっ、そのためにも、県が指定した「指定医」のいる病院にかかる必要がありますし、「特定疾患医療受給者証交付申請」をする必要があるので、まずは県の窓口に問い合わせることをお勧めします。
その「指定医」のいる病院なら、その病気についても確かな治療が受けられると思いますので。

なぜ、こんなことを書いたかというと、Takeちゃんのお母さんが突然、朝、目が覚めたら右耳が聞こえなくなっていたからです。
そんなに重大なことと思わず、近所の耳鼻科に行ったところ、「今、紹介状を書いて電話もしておいたから、某病院に今すぐ行くように!」と言われ、そのまま某病院へ。
すると、「これは『突発性難聴』なので、すぐに治療しないといけません。最初にガツンと強い『ステロイド剤』を点滴で投与するので、副作用の恐れがあるため、今から入院していただきます。それと合わせて、効果が期待出来る『高気圧酸素療法』も行います。ただし、耳が聞こえるようになる可能性は、三分の一、少し良くなる程度が三分の一、聞こえない可能性も三分の一です。」と言われました。

エーーッ?! 即、入院?

義母は去年7月にも入院・手術しているので、「もう入院はしたくない」という気持ちが強かったのです。
しかし、通院では強い薬は使えないし、この病気は、治療が遅れれば遅れるほど、治る確率が減るので、もし一週間も経って、「今から治療して下さい」と来られても、「今からでは、治療しても治りません」と、お断りしますーーーと、きっぱりおっしゃいました。
迷っている義母に、「もし治療を受ける決意が出来たら、明日の朝一番に受診に来て下さい。」ということでした。
帰り際に看護師の方が、「(その治療)オススメしますよ♪」と耳打ちしてくださったのと、なんと、その日にたまたま会った近所の方2人が、それぞれ「私も突発性難聴で、ステロイドの治療して、聞こえるようになった」とおっしゃるではないですか!Σ(◎o◎;)
これって、単なる偶然にしても、凄過ぎました。
・・・で、渋っていた義母も、入院して治療することを決意したわけです。

次の日、入院手続きをしていた私達に、看護師の方が、「特定疾患医療受給者申請書」を持ってきて、手続きして下さいーーーとのこと。
ここで初めて、治療費の優遇措置があることを知りました。
(とはいえ、義母は何度か手術・入院をしているので『高額療養費限度額認定証』を持っていたので、ある程度安心ではありましたが…)

そんなこんなで、12日間入院・治療をしましたが、今のところ、まだ聞こえるようにはなっていません。
(あの日、即、入院していたら・・・)と思ったりもしますが、義母もやるだけのことをやって頑張ったから、悔いはないという感じで、前向きに考えるようにしているようです。

この「突発性難聴」は原因不明の病気で、若い人にも増えているそうです。
ストレスや睡眠不足が引き金になるケースも多いようなので、気をつけたいところです。
そして肝心なのは、一刻も早く治療を始めることだと知りました。
もしもの時のために、参考になればと思いました。
[PR]
by hototo-gisu | 2016-02-10 20:51 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(4)

「干し柿」作りに、今年も挑戦してみた。

去年、初めて干し柿を作って、その美味しさにハマってしまった私。
「干し柿」というと、一般的に白い粉をふいている、ちょっと硬めの干し柿を思い浮かべますが、自分で作ると「あんぽ柿」のように柔らかくて甘〜〜いものが作れることに目覚めちゃったのですemoticon-0115-inlove.gif

「渋柿があるんですけど、台風が近づいているので、もし良かったら送りますが…」とのメールに、「あんぽ柿作るので、送って下さ〜い!!」と、思わず即答してしまいました(^-^;
a0056140_18131875.jpg
目の前に広がる「宝の山」に、思わずニヤニヤしてしまいます〜(^-^)
去年、干し柿作りに目覚めちゃった時、実が放置されている柿の木を見ては「あの柿、もったいないよね〜。不要な柿の木があったらレンタルしたいくらいだわ〜」って話していたことを思い出します。

そして、ふと、一緒に届いた「焼酎で渋抜きしてある柿」(画像の左奥にビニール袋に入ったものがそれです)を食べてみたところ、これまた、「目からウロコ」のような美味しさじゃあ〜りませんか!
今まで、焼酎で渋抜きしてある柿を食べて、こんなに感動したことはありません。
作り方も伺ったのですが難しそうでしたし、私としては「こんなに美味しくなるなら、きっと干し柿にしても美味しいに違いない!」と思いましたので、全部干し柿にすることにしました♪
a0056140_18262298.jpg
量がまとまっていたので、Takeちゃんに柿を吊るす部品を作ってもらい「吊るし柿」にしてみました。
(実は届いた渋柿以外にも、お向かいのお宅からも「台風が来るから…」ということで渋柿をいただいちゃったのです。)
台風27号が今夜未明に接近するという予報だったので心配でしたが、今度の台風は「大雨」には警戒が必要だけど、風はそうでもないのではないか・・・と、軒先にぶら下がる柿を見ながら根拠もなく「大丈夫!」って思い込もうとした私。
丹精込めて吊るした柿が、暴風で崩壊してしまうなんて、想像したくなかったからです。

そして台風27号が10月26日(土)の朝に静岡市に大雨をもたらしながら、徐々に東北のほうへ進路を進めていきました。
おかげさまで、台風の被害を逃れることが出来ました(;´ー`)
a0056140_1835126.gif
画像は台風が過ぎ去った直後に撮ったものです。
夜のライトに照らされる吊るし柿も美しかったけど、太陽の光に透けたように見える吊るし柿もまた美しいですemoticon-0157-sun.gif
約2週間後に出来上がる“自称”「あんぽ柿」が楽しみでなりません。(⌒-⌒)

しかし・・・相次いだ台風で「鮎釣り熱」もすっかり覚めつつあります。。。
この前、藁科川の鮎を塩焼きにした時、たまたま「子持ち鮎」を食べることが出来た私は、超〜ラッキーだったのでしょうか(^-^;
Takeちゃんに申し訳ないから、なんとか1匹ぐらい釣って食べさせてあげたいと思うのですが…。

最後は、絵面的に柿と同系色(?)なコジローのヘンガオで癒されたいと思います。
a0056140_18523262.jpg
クチバシにお弁当を付けて、なにやら嬉しそう♪
やっぱり、笑顔が一番だね、コジローちゃん!!
[PR]
by hototo-gisu | 2013-10-29 21:03 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(6)

ガンガン、のほほ〜んのお正月☆

1月2日(月)
a0056140_16492993.jpg
a0056140_16494933.jpg
今日はキクちゃんのところに家族が勢揃いする日。
Takeちゃんの甥っ子が成人式を迎えるというので、キクちゃんから鯛の煮付けとお赤飯を炊くことを任命された私は、朝からガンガンに気合いを入れて作りました。
Takeちゃんが昨日作ってくれた竹の器も、お正月らしい雰囲気を演出してくれて、とっても好評でした。

ーーーそういえば私の成人式なんて遠い昔の話だなぁ〜・・・東京某区で行われた成人式で「野坂昭如」氏が来て講演をしてくれたけど、何を話してくれたのか全然記憶にありません。まぁ、あんまり夢や希望のある話じゃなかったことは確かですけど…(^-^;
それに反して私自身は夢も希望もあったので、バリバリでした! 若かったなぁ〜☆
Takeちゃんの甥っ子にも、悔いの無いように、日々を大切に過ごしていって欲しいものです。

それにしても楽しい宴会でした。
途中、日本酒の話になりました

義理の姉「コッコウ(国香)いいよね〜。コッコウが一番好き♡」
Take「コッコウが好きな人、知ってるよ。」
義理の姉「そうでしょ? コッコゥ、サイコ〜♪ コッコォ〜美味しくて大好き〜♪」

そこへTakeちゃんのお姉さんが口をはさみました!
「コッコォ〜、美味しいよね! バナナもあるけど、最近はチョコレートのコッコも…」

一同「チョコ・・・? あっ、『こっこ』のこと〜〜〜?!」(大爆笑!!)
  (*注…「こっこ」とは、静岡で名の知れた銘菓の一つです)

今後も、こんな穏やかで楽しいお正月が一緒に過ごせたらいいな〜って思いました。

a0056140_1804143.jpg1月3日(火)
昨日は大役が果たせたので、今日からは、のんびり、のほほ〜んとお正月を満喫するゾ〜!!

早速、初詣に行き、おみくじを引いたら、私は「末吉」。
昨日、義理の兄や姉は揃って「大吉」だったし、Takeちゃんも「大吉」なのに、私だけ「末吉」だなんて、ちょっと悲しくなりました…(;д;)
…っが、まっ、いいさ!
「昔は“凶”が出たこともあったから、それより良いよ。」とTakeちゃんも慰めてくれるし(爆)、元気を出していこうと気持ちを切り替えました♪

a0056140_23113149.jpga0056140_23164758.jpg
その後、近くのホームセンターに行ったら、ちょうど「餅つき」が行われていました。
つきたてのお餅を、きな粉と餡子でいただいて、ちょっとラッキーな気分♪
さっき「末吉」を引いたけど、これで厄が落ちたかな〜?(それとは関係ない??)

そして、家に帰ってからは、暮れにいただいた手打ちのおうどんをいただいて、あまりの美味しさに、これまた幸せな気分に浸りました。

a0056140_23185635.jpg
この「ロウバイ」も、暮れに近所の方が蕾みの付いた枝を下さったのですが、今日、初めて開きました。
「末吉」だ何だ…って言ってるけど、気がついてみたら、いろんな方から幸せを頂いているじゃありませんか!
「末吉」を引いたのは、何事にも謙虚さを忘れずに・・・との戒めなのかも知れません。
心したいと思います。

1月4日(水)
今日は、Takeちゃんのもう一人の甥っ子が子どもをつれてキクちゃんのところに来ました。
キクちゃんにとっては、「ひ孫」になります☆
a0056140_2334360.jpg
「子どもは、動物が好きかも〜」と思って、私達もコジローを連れて会いに行きました。
人見知りをしない子で、ついでにコジローに対しても怖がらないで、果敢に手を差し伸べたりしていました。
この子が2歳で、コジローは8ヶ月ぐらいですが、年々、この子達が一緒に成長していく様を撮っておくのも良い記念になるのでは…と、Takeちゃんが写真を撮っていたのですが、甥っ子君も同じように思ったらしく、コジローの写真も「デジタル一眼レフ」でバシバシ撮ってました。
その写真がこちらです。
a0056140_23414193.jpg

なんとまぁ〜、コジロー君のカワイイこと♡
目のキラキラが、普通のデジカメでは写せない美しさです。

ついでにもう一枚。
a0056140_23433545.jpg

これまたカワイイじゃあ〜りませんか☆
そういえばこの前、義理のお姉さんにコジローの写真を見せたら、「スマイリーで可愛いけど、チークの入れ方がザンネンだねー(笑)」と言われてしまいました(爆)
お洒落なお姉さんらしいジョークだなぁ〜って、ひたすら感心してしまいました!

さて、Takeちゃんも5日からは仕事初めです。
私も気合いを入れて、来週からはバラの手入れを始めなくっちゃ!
[PR]
by hototo-gisu | 2012-01-06 00:06 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(4)

2012年元旦 本年も宜しくお願い申し上げます

a0056140_169929.jpg
a0056140_1694489.jpg
新年早々、親バカぶりをさらけ出しておりますが、お屠蘇のせいだということでカンベンして下さいましm(_ _)m

元日は静かに明けて、今年こそ明るく平和な一年になればいいな…と切に願っています。
龍のように、力強く、復活の一年でありますように☆a0056140_16221846.jpg





お正月用に買ってきたお酒を開けてみました。
「小夜衣の詩」は、山田錦を原料とした純米吟醸なのですが、誉富士を原料にした純米酒の「小夜衣」の方が好みかな…と思いました。でも、ふっくらと豊かな味わいは、この蔵ならではの個性を感じられて、イイお酒だなぁ〜幸せだなぁ〜と思います。

で、問題は、隣の焼酎です!
Takeちゃんが「久保山酒店」で見つけて買いました。
なんと、名前が「やませみ」とは!Σ(◎o◎;)
「チームやませみ」としては、見逃せない一品であります。
a0056140_1648298.jpg
a0056140_16484041.jpg

そして、なんと、「宮崎県」の酒造会社が、あの美味しい「ヒノヒカリ」を原料にして造った「米焼酎」だということで、2重、3重にビックリです。
味わいは、上品で辛過ぎない感じ…。クセが少ない感じです。
中身もいいけど、この味のあるラベルが素敵ですね〜☆
自分達が作ったわけでもないのに、ちょっと自慢したくなっちゃいました。

そんでもって、Takeちゃんですが、元日からDIYしてました。
a0056140_1705290.jpg
ホントは元日に竹の器で…と思っていたのですが、いろんな「大物」を作っていた為、すっかり忘れていたそうで…(^-^;
でも、明日、家族が勢揃いする予定なので、その時に使おうと思っています。
皆が喜んでくれるといいな・・・。

・・・というわけで、主婦はまだまだ忙しくて、3日あたりは、の〜んびりと過ごしたいな〜〜なんて、贅沢な悩みを心でつぶやいています(^-^;
[PR]
by hototo-gisu | 2012-01-01 17:09 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(10)

combatfoxさんの美味しいジャガイモ君たち☆Part2

combatfoxさんが作った、珍しいジャガイモ君たちを紹介します!!
a0056140_11195928.jpg
今回もこのように大切に包まれ、佐賀から静岡まで2日がかりで届きました☆
a0056140_11225112.jpg
さっそく袋から取り出し、初対面のご挨拶をさせていただきました。
どれも初めて見る種類ばかり! 真ん中の黒っぽく見えるのは、濃紫色の肉色が珍しい「シャドークィーン」、それから時計回りに、貯蔵すると甘みが増し煮物に最適の「シェリー」、“幻のジャガイモ”と言われるほど採れる量が少なく旨味の濃い「マチルダ」、アントシアニン色素を多く含む赤い肉色の「ノーザンルビー」、そして栗のような風味で煮崩れが少なく濃い黄色で食味に優れる「インカのひとみ」です。
ジャガイモって、6月に収穫され、長期間保存しながら食べる野菜なんですねー。その間、芽を出さないように管理され(家庭では、リンゴと一緒に保存すると芽が出ない…とか)、今回届いたジャガイモ君たちは、貯蔵するほど甘みが増すとも書いてありました。

ちなみに今回ジャガイモ君たちが届いたのは6月15日でした。採りたてのを送って下さったんだと思います。
a0056140_11451893.jpg
ちょうどこの日はキクちゃんと夕食を食べる予定でしたので、さっそくポテトサラダを作ってみようと思い、煮てみました。
右上の「シャドークィーン」から時計回りに、「ノーザンルビー」「シェリー」「インカのひとみ」の4種類です。ご覧の通り、とても美しい色合いですが、味もそれぞれコクがあり、どれも違った旨味があって、(ジャガイモって、こんなに味があって美味しいんだぁ〜)と驚きました。
そんなわけで、味付けしなくても充分美味しかったけど、ポテトサラダにしてみました。a0056140_13411658.jpg作っている途中で、色がとても綺麗だったので、マヨネーズで和えるのはやめようかと思ったのですが、今回はマヨネーズを使ってみました。
キクちゃんに食べさせたところ、「こんな珍しい貴重なものを食べさせてもらって、寿命が延びるよ。くれぐれもその方によろしく伝えておいてね!」と、とても喜んで、美味しい、美味しいって食べていました。

後日、ジャガイモ本来の色と味を生かすため、オリーブオイルと塩とお酢と胡椒で味付けした、シンプルなポテトサラダを、前回のジャガイモから「シェリー」を除いた3種類で作ってみました。
a0056140_1353448.jpg
やはりこのほうが、ジャガイモそのものの色と旨味が生きます。
「インカのひとみ」のコクのある甘み、「シャドークィーン」の独特の旨味、「ノーザンルビー」の上品な旨味がオリーブオイルに生きています。
ポテトサラダを作る時は、普段は味をしめる為、玉ねぎのスライスを特製ビネガーに漬けたものを加えるのですが、combatfoxさんはじめ、こちらのブログをご覧の方に、「ポテトサラダを超簡単に美味しくするマル秘情報」をお教えします!
それは・・・玉ねぎのスライスのかわりに、(甘酢漬けの)ラッキョウを細かくみじん切りにしたものを混ぜるのです。ほんのちょっとのことですが、隠し味になって、ポテトサラダに旨味が増しますよ☆

a0056140_1493290.jpg
Takeちゃんは大の「フライドポテト好き」なので、ジャガイモといえば、フライドポテト!☆
「幻のジャガイモ」と呼ばれる「マチルダ」で作ってみました。
マチルダも皮が柔らかいので、皮付きのまま料理するのに向いています。
これまた簡単にフライドポテトを作る方法としては、まず、電子レンジで丸のままチンして、硬めにゆでて(?)おきます。
それを1センチ角ぐらいの棒状に切って、160度の油でカリッと色付くまで揚げ、揚げたらすぐに塩をササッと振って、出来上がりです。

a0056140_14202896.jpg
ジャガイモとベーコンのバターソテーも、電子レンジでゆでたジャガイモを使うと簡単です。
バターをフライパンに溶かし、玉ねぎのスライスとベーコンを刻んだものを玉ねぎがしんなりするまで炒め、そこに上記のゆでたジャガイモを一口大に切ったものを加え、塩コショウを加えて炒めます。塩味はきかせたほうが美味しいです。
炒めるときは、あまり混ぜ過ぎないで、ちょっと焦げ目がつくぐらいに待って引っくり返すのがポイントです。

ワタシの「ナンチャッテ料理」でも、抜群に美味しくいただけたcombatfoxさんのジャガイモ君たちですが、これだけの新しい、珍しい品種を、こんなに立派に育てあげたcombatfoxさんに、心からの賞賛の拍手を贈りたいです。パチパチパチ〜☆
どうか、本物の料理人の方にこのジャガイモ君たちがめぐり会うことが出来て、もっともっと美味しく料理してもらって、多くの方に召し上がっていただけたらいいなぁ・・・と、心底そう願っています。
どうか皆様、宜しくお願い致しますm(_ _)m

ついでに・・・と言ってはナンですが、昨日、アユカケ君を無事に成仏させてあげられました。
a0056140_14354283.jpg
ものすご〜く時間をかけて丸揚げにしてみたのですが、中骨と頭の中心部は硬くて食べられませんでした。
・・・っが、それ以外は、身も皮も美味しくいただけました! 塩コショウし、レモンをかけて食べると、絶品でした!! 今度釣ったら、ちゃんと3枚下ろしにして揚げようと思っています。
a0056140_14463251.jpg
kaiさん曰く「アユカケ界の主」君、ワタシは今回のことで、アユカケが大好きになっちゃいました♪
先日のブログで書きましたが、このアユカケ君、背中に別の方のハナカン周り仕掛け&イカリ針を背負っていました。(口に掛かっているのが、Takeちゃんの3本イカリです)
百戦錬磨の「アユカケ界の主」君、ありがとう☆


さて、長かった梅雨も明けました。
Takeちゃんとワタシは、ここいらでババ〜ンとたくさん美味しい鮎を釣って、combatfoxさんとkaiさんにお送り出来るよう、明日も頑張って釣りたいと思っています☆
[PR]
by hototo-gisu | 2010-07-23 11:16 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(8)

combatfoxさんが作った美味しいジャガイモ君たち☆

2月5日(金)
佐賀で農業従事者の資格をとり、農業を始めたばかりのcombatfoxさんが、獲れたてのジャガイモを送って下さいました。
a0056140_17521262.jpg
届いたジャガイモを見て、ビックリしました!Σ(◎o◎;)
combatfoxさんは出荷なさっているから当然なのですが、どれも立派な姿形のもので、ウチの近所のスーパーで売られている、どのジャガイモよりも立派なのです!
Takeちゃんと、「さすがプロだねー☆」と、感心すること、しきりでした。

右端が煮崩れしにくい「メークイン」、その隣奥にあるのが長崎ゆかりの「デジマ」、1番手前がビタミンCやカロチン豊富な「キタアカリ」そして、皮が赤いのが「アンデスレッド」です。
a0056140_184425.jpgアンデスレッドは、ジャガバターにして食べると、他のジャガイモに比べて“クリーミー”な口当たりがして、今まで食べたことのない旨味を持つジャガイモだと思いました。Takeちゃんも大絶賛です!
ポテトサラダやマッシュポテトだと、その旨味が生かされるような気がしました・・・が、赤い皮が特徴的なので、「ポテトチップス」にしてみました。実はこのポテトチップスは、油で揚げていないのでヘルシーだし、食べたい時にすぐに作れます。
***ノンフライド・ポテトチップスの作り方***
1) 洗ったジャガイモの皮をむき、1mmにスライスする。(アンデスレッドは皮つきのまま、やりました)
2) 電子レンジのターンテーブルにクッキングシートを敷き、1)を重ならないように並べ、塩を振り(少なめにした方が良いです)、600Wで約6〜7分加熱し、パリッと乾燥したら出来上がりです。
(コツ・・・途中、上下をひっくり返したりして、まんべんなく乾燥させるようにして下さい。加熱途中、電子レンジの庫内に付いた水滴は、フキン等で拭き取りながら加熱すると良いようです。加熱時間は、電子レンジによっても違うので乾燥具合をチェックしながら調節して下さい。)


次に、「キタアカリ」という品種ですが、切ると、黄色味が強いので、色を生かして「ジャガピザ」にしてみました。・・・といっても、これまた“超手抜き&簡単”な、「な〜んちゃってジャガピザ」でございます。
a0056140_2124432.jpg
***な〜んちゃってジャガピザの作り方***
1) 洗ったジャガイモを電子レンジで5〜6分加熱し、皮をむいて、3mmにスライスしたものを皿に並べる。
2) マヨネーズとケチャップを適当に混ぜたものをジャガイモの上にぬる。
3) 玉ねぎのスライスと、ベーコンもしくはウインナーをスライスしたものをジャガイモの上にのせて、好みで塩こしょうをする。
4) 3)に、溶けるチーズを散らし、バジルを振り、オーブンでチーズが溶け、焼き色が付くまで加熱する。(ちなみに、↑は、焼き色が付くまで待てませんでしたぁ〜(^-^;)


combatfoxさんから、「おちゃめなTakeさんのレシピを楽しみにしてます」とリクエストがありましたので、お応えしましょう( ̄^ ̄)・・・ということで、Takeちゃん発案の「カリカリポテトのシチューフォンデュ」であります。
a0056140_2144559.jpg
見た目は、なかなか思い通りにいきませんでしたが、初めて作ったんですから、大目にみて下さい( ̄▽ ̄;A
***カリカリポテトのシチューフォンデュの作り方***
1) まずは、ホワイトシチューを作っておきます。(←この作り方は省略させていただきます)
2) ジャガイモ2個を長さ4センチぐらいの細い棒状に切り、ボールに入れ、塩小さじ1を振ってしんなりさせる。
3) 小さいフライパンにバター大さじ1を溶かし、溶けたら、2)のジャガイモに回しかけてなじませる。
4) さらに、その小さいフライパンにバター大さじ1を溶かし、中火のまま、3)のジャガイモを入れて押し付けながら、丸く形を整えながら、片面に焼き目が付くまで焼く。
5) 片面にカリッと焼き目が付いたら、ひっくり返して、もう片面もカリッと焼き目が付くように焼く。
6) 焼け上がったら皿に載せ、ホワイトシチューが入った器を添えます。
そして、食べる時に、カリカリのジャガイモをホワイトシチューに付けながら召し上がって下さい。

こんな感じで、いろいろ作って美味しくいただいています。あまり目新しい料理は思いつきませんでしたが、ジャガイモ自体が美味しいから、味は最高でした☆(⌒-⌒)
デジマ(長崎の「出島」が由来だそうです)は、ワタシが幼い頃から馴染みのあるジャガイモで、これで作った「肉じゃが」が1番好きかな〜♪

combatfoxさん、どうも、ありがとうございました!!
おかげで、ますますジャガイモが好きになっちゃいましたよ\(⌒▽⌒)/
[PR]
by hototo-gisu | 2010-02-08 22:40 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(4)

長崎から帰ってきたら、今度は宮崎か???

1月31日(日)
旅行の疲れか知らないけど、昨日は原因不明の高熱でダウンでした〜emoticon-0141-whew.gif
今日はボチボチ、親戚におみやげを届けながら、鴨の付き場でも探してみることにします。

午前中は、安倍川の近くに住むTakeちゃんのお姉さんの所に行ったので、そのまま安倍川、足久保川(水が有りませんでしたが…)、玉川・・・と見て回りました。
「鴨の付き場を探す」と言いながらも、(鮎釣りに良さそう〜♪)とか、(アマゴが釣れそう)なんて、頭に浮かぶことは釣りのことばかりです。(^-^;
a0056140_159979.jpg
ここも本流竿でなくちゃ攻めきれないような大場所なので、例の「翠隼」で狙っちゃお〜っと(⌒_⌒)v
3月の解禁が待ち遠しいものです。

その後、静岡市内のTakeちゃんのお兄さんのところにお邪魔して、夕方家に着いたら、すぐに宅配便が届きました。
「あっ、kaiさんからよ〜☆」
開けてみると、ワインとスパークリングワインが入っていました。
とっても綺麗な色のロゼです。嬉しい〜♪
たまたま友人から頂いた「桜えび」があったので、夕食に天ぷらにし、ワインを開けてみることにしました。
a0056140_1523514.jpg
「都農ワイン・マスカット・ベリーA」です。ルビーのような輝きのある色で、香りはマスカットの甘い香りがします。
その甘い香りに惑わされたのか、最初に口に含むと、少し甘口なのかな?と錯覚してしまいましたが、二口めからは、甘さは感じなくなり、フルーティで、若干の発泡感がある生き生きとした辛口で、天ぷらに本当に良く合って美味しいワインだな〜と思いました。
なんでも、この宮崎県の「都農(つの)ワイン」は、ワイン作りには非常に難しい気候と土壌の土地でありながら、改良に改良を重ねて、"WINE REPORT2004"で「将来性のあるワイナリー」の1位に選ばれたのを皮切りに、その後も作り出すワインが世界的に評価を高めているらしいのです。

なんだか、この先日、長崎に帰ったせいじゃないけど、九州って、美味しい地場産のものに恵まれて、「食」が豊かだな〜って、しみじみ思ったのですよ。 
つい最近になって「東国原宮崎県知事」のおかげで宮崎の美味しいものが脚光を浴びるようになりましたが、それは、最近急にそうなったのではなくて以前からそうなのであって、そして宮崎に限らず、九州各地でそうなんですが、北海道や本州や北陸、四国、沖縄に比べて、あまり知られてないのではないかと思うんですね。
このTSUNO WINEを飲んでいると、作り手のワインに込める意気込みや愛情や真心とかいったものが、ひしひしと伝わってきて、このワインは、このワイナリーに行って飲みたい・・・と、心底そう思いました。
a0056140_16255971.jpg
a0056140_16262051.jpg
美味しいといえば、これもkaiさんにいただいた宮崎の焼酎ですが、この左の写真の祥雲・亮天(しょううん・りょうてん)は、絶品でした!!
芋焼酎なのですが、洋梨の香りのような、とにかく華やかな香りが高く、口当たりはまるで上等のオー・ド・ヴィか、グラッパか…といった、ブドウの蒸留酒かと思ってしまうような味わいなんです! 驚きの美味しさでしたね〜。
写真右の焼酎も同じ佐藤焼酎製造所で作られている麦焼酎で「銀の水 Black(黒麹)」というのですが、これもまたスッキリとした喉ごしながらも黒麹の特徴のコクと香ばしさがあり、お正月に家族にもお裾分けしたら「美味しいね〜」と絶賛でした。

う〜ん、おそるべし宮崎県・・・(^-^; 
こんなに美味しいお酒を作り出しているというのは、すなわち、美味しいお料理に恵まれているからなのではないかと、容易に想像がつきますねー。
「美味しい料理に合う美味しい酒を作る」という意気込みが、ワインからも焼酎からも伝わってきます。
まさに、「あなたの知らない世界」を教えてくれたkaiさんに感謝です☆

「宮崎にも行きたかねぇ〜(「行きたいね」の意)」という感じで、まったく困ったことになりそうです(苦笑)
[PR]
by hototo-gisu | 2010-02-02 17:15 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(8)

久しぶりに里帰りしてきました(⌒-⌒)

今回は、と〜っても長いブログになっております〜(⌒-⌒)
副題は「長崎(西海市)への旅のすすめ」ってカンジでしょうか(^-^;


1月23日(土)
結婚した時に、「静岡空港が出来たら、長崎にお墓参りに行こうね!」と話していたのですが、静岡空港の開港が延び延びになり、やっと去年の6月に開港し、ついに今日、実現することになりました☆
a0056140_23425787.jpg
「富士山静岡空港」から、「福岡空港」に行き、レンタカーを借りて、故郷の長崎の「大島」を目指します。先割チケットを購入した関係で、午後出発の便になりました。

富士山静岡空港から福岡空港まで1時間40分ほどで着きましたが、なんと福岡の気温は5度!Σ(◎o◎;)
静岡は快晴だったのに、福岡空港から高速にのった途端、小雨が降り始めました。
うわぁ〜、月曜日は天気が崩れるという予報だったけど、今日の雨は想定外ですよ〜(-"-;)
それでも、「故郷に帰れる」という喜びが先立っているので、多少の雨ぐらい大目にみましょう(苦笑)

佐賀県をまたいで、1時間半ちょっとで長崎県に入り、しばらく走ると「ハウステンボス」の文字が…。
交差点のところに"HUISTENBOSCH"と花文字で書かれてあるのを見たTakeちゃん、「ハウステンボッシュだね〜♪」
「ボッシュ?」
ああ、昨日、ボッシュ(BOSCH)製のサンダーが届いて、今朝さっそく、雨戸のサビをゴシゴシしてたわね。
ふ〜ん、同じスペルなんだ。
「まったくぅ〜、ここまで来ても、DIYですかぁ?」(笑)
ハウステンボッシュ(^-^;は、異国情緒にあふれて、美しいたたずまいです。
a0056140_21194435.gif
オランダの街並を再現しているそうですが、建物の向こうが海になっていて、日本風なビルや人工物が見えないところがそれっぽいんですね〜。(…と、Takeちゃんが言ってました。)
入場料がちょっと高く(大人3200円)、気軽に立ち寄れなかったので、外から眺めて楽しませてもらいました。

やがて、島に渡る「大島大橋」が見えてきました。
a0056140_2129214.jpg
うわぁ〜、こんなカッコイイ橋だとは知らなかった!Σ(◎o◎;)
いつも「佐世保」から船で大島に渡っていたので、ワタシもこの橋を渡るのは、今回が初めてなのです。
福岡空港から大島まで、車だと約2時間で来れるのね〜。
「ウチから気田川に行くより、早いんだね。」「ホントね〜。」
福岡県、佐賀県、長崎県と3県をまたいでいるのですが、こんなに早く着くなんて、嬉しい驚きでした!

今日の宿は、大島に上陸してから、さらに15分ほど西の端に向かった「崎戸」という所にあります。
着いた時には、もう真っ暗になっていました。
a0056140_21404435.jpg
『ホテル咲き都殺人事件』みたいな写真になっちゃったよ〜。」
ちょっと待ってよ〜、「ホテル咲き都」は、とっても素敵なホテルなんだからぁ〜(-"-;)。
「ラストサムライ」の撮影クルーが夕日の撮影に来たという噂もあるほどで、九州の最西端にあり「日本三大夕日」が見える宿なのです。
今日はあいにく悪天候&到着が遅くて夕日どころではありませんでしたが、このホテルにたどり着くまでの景色の美しさに、Takeちゃんはすっかり魅了されてしまったようです。
確かに薄暗かったけど、暮れなずむ海辺の景色の美しさは、ワタシも自慢したくなるほどでしたもん(⌒-⌒)v

景色だけでなく、ここの売りは「崎戸(咲き都)エビ」と呼ばれる1kgを超えるエビが味わえるということです。
a0056140_21555111.jpg
「崎戸」で伊勢エビが獲れるなんて知りませんでした。
叔母に話したら、「私は西海橋で食べたことあるよ〜。昔から獲れてたよ。」とのこと、
さらに言うと、つい最近まで、この界隈の島で「カキ」が獲れてたなんて、知らなかったワタシ…。
な〜んか、ソンした感じですよ。(苦笑)

それはともかくとして、このエビはプリップリで甘くて、もぉ〜っ、抜群の美味しさです!
しかし、これ以外のお料理も最高に美味しくて、エビが先か、料理が先か…って感じで食べていたら、もう満腹になっちゃいました。
地元で獲れたカワハギのお造りも絶品でしたし、その他にも地元の魚や野菜を生かした料理の数々…。「咲き都エビ」がなくても、この料理を食べる為だけに、このホテルにまた来たい…と心からそう思ったのであります。

ここのホテルには、「ラジウム温泉」があるのですが、そこでたまたまTakeちゃんが湯船につかりながら「地元の方ですか?」と声をかけた人が、偶然、ワタシの父と炭坑で同僚だったそうです!Σ(◎o◎;)
こんな偶然があるんでしょうか・・・。
おかげで、ワタシの知らない生前の父のことを聞くことが出来ました。
きっと父が会わせてくれたのかも知れませんね。。。

1月24日(日)
朝起きると、6時半過ぎているのに、外は真っ暗です。
ああ、ここは「西の果て」だったわね…。日の出は7時20分頃なのです。
静岡と比べると、約1時間も違うことになりますねー。Takeちゃんは、カルチャーショックでしょう(笑)。
a0056140_22465313.jpg
夜明けが近づいて、空が白んできました。
ふと海を見ると、浮かんでいる岩の上に、「鵜」のような影が・・・と思ったら、なんと釣り人でした。
釣り船もたくさん走っていて、きっとこの辺りは良い漁場なんでしょう。
a0056140_22505244.jpg
日の出が見れて嬉しいです♪ 今日は良いお天気になりそう…。
ホテルから遊歩道で「北緯33度展望台」に行くと、ワタシが小学校4年生まで暮らした「池島」も海の向こうにうっすらと見え、「五島列島」もかすかに見えます。
a0056140_22585115.jpg
眼下の岩場は、とっても透明度が高くて、小さい頃にミナ(巻貝)を獲ったり、ウニやタコを突いたりして遊んだことを思い出します。

思い出に浸りながらも、「ホテル咲き都」をあとにして、これからお墓参りに行きます。
お花を買うため、懐かしい「大島商事」(島で唯一の市場のような所)に向かいました。
a0056140_2365024.jpg

すると、建物が新しくなっていて、名前も「大島楽市(パイン)」という名前になっていました。
中もすっかりスーパーの形態に変わっていました。
a0056140_2311858.jpg
地元で獲れた魚がメインに売られていました。
1番手前の「トビウオ」は、「五島産」って書いてありました。「トビウオ」って、飛んでるのは見たことあるけど、食べたことはないなぁ…。
懐かしい「アラカブ」も売ってました。「アラカブ」は「カサゴ」のことだって言うけど、ワタシは「アラカブ」は「アラカブ」だと思うんだけど!( ̄^ ̄)b
そんなことより、早くお墓参りしないとねっ!
a0056140_23174836.jpg
いやぁ〜、晴れて良かったです。
「長崎は今日も雨だった〜」って言うけど、曇りの日も多いしねー。
晴れていたって、必ずこんな大きな雲がプカプカ浮いているのが普通で、小さい頃は、雲の上に神様がいるんだって、本気で信じてました。
そんな空しか知らなかったので、東京に住み始めた頃は、都会なのに青空があまりに綺麗なので、ビックリしましたっけ…。
a0056140_23232943.jpg
とにかく海は透明度が高いです。
小さい「キビナゴ」らしき小魚がいっぱい群れて泳いでいるのが肉眼で見えます。
岸壁では何人もの釣り人が竿を出していました。
「京都」ナンバーの車の方に話しかけたら、「アオリイカ」をエギングで釣っていらっしゃるとのこと。「結構釣れますよ〜。」とおっしゃっていました。

お墓参りを終え、本家に行き、叔母さんから手料理で温かい歓迎を受けました。
a0056140_23284112.jpg
こちらの地方独特のお寿司で、一般的には「大村寿司」で知られています。
久しぶりに食べましたが、懐かしくて美味しかったです。
定番の「アラカブのお味噌汁」も出して下さいました。こういった料理を食べると、故郷に帰って来たんだなぁ…という実感が湧いてきます。
静岡生まれ静岡育ちのTakeちゃんに、今回の長崎旅行での「食べ物の味付け」に馴染んでもらえるかどうか心配でしたが、全然問題ないみたいで良かったです(⌒-⌒)

さて、こうして墓参りを終え、大島を後にしました。
今日滞在するのは「西海橋」のそばにある「西海橋コラソンホテル」です。
a0056140_23382777.jpg
こりゃまた、ド派手な外観ですねー。
昨日泊まったホテルとは、また雰囲気が違って、いかにも典型的な「ホテル」っていう感じです。
ワタシの母が「西海橋」に良く連れて来てくれたので、「西海橋」観光ついでに、そのそばにあるホテルにした…というわけです。
その「西海橋」ですが、「日本三大渦潮」の一つが見られるということなのです。
小さい頃、何度か来たけど、渦潮が見所だったなんて、全然関心が無かったから、知りませんでした。
a0056140_23442356.jpg
この赤い橋が「旧・西海橋」で、ワタシの記憶にある橋です。(この奥に見えるのが、「大村湾」です。)
そのすぐ隣に薄水色の「新・西海橋」が出来ていて、車道の下に遊歩道があり、歩いて橋を渡ることが出来ました。
ちょうど中心部の足下に、“渦潮を覗く窓”が設置されていて、その上に足をのせるとなかなかスリリングだったのですが、残念ながら今日は「凪」で、全然渦潮が見れませんでした(;д;)

しかし大村湾と反対方向に、気になる塔が3本建っていました。
a0056140_2357525.jpg
あとでTakeちゃんが調べた所、「針尾送信塔」といって、大正時代に建てられ、太平洋戦争時に「ニイタカヤマノボレ」と発信されたのは、この塔からだそうです!Σ(◎o◎;)
3本建っているのにも、送信する為に意味があったそうなのですが、現在では、このうちの1本だけが、アメリカ海軍と、日本の自衛隊が使っているとのことです。
佐世保の米海軍基地も近いから、なにかと都合がいいのかも…。

さてさて、今日の夕ご飯ですが、昨日は新鮮な魚介類尽くしだったので、今日はこちらのホテルが近くの焼肉店と提携してやっている「黒毛和牛食べ放題」であります。
ホテルから送迎してくれたのですが、片道約15分ぐらいかかるところにある「やきにく倶楽部」に行きました。
a0056140_0112577.jpg
お肉屋さん直営店ということで、お肉の卸しもしているそうです。
a0056140_0135084.gif
ワタシ達は「定番2000円コース」とのことですが、「西海橋コラソンホテル」のスペシャルサービスメニュー(ステーキを2品も含んでいました)が5つも付いていて、そのどれもがメチャクチャ美味しいのです。
「こんな美味しいカルビ、食べたことない!!」と、思わず口走っちゃったほど。 とにかく脂身が全然「牛」臭くなく、脂っぽくなく、スッと口に馴染むのです。
この画像の「牛すじ煮込み」も、とっても柔らかく煮られていて、絶品の味付けでした。
ウ〜ン、これ、真似して作れるかなぁ…?
なんだか、2000円でこんなに美味しいものを頂いて、その上、デザートもコーヒーもサービスして頂けて、感激しちゃいました。
こんなお店が近所にあったら、どんなにいいだろうな〜なんて、ついつい思っちゃったのであります。

1月25日(月)
今日は朝から雨が降ってます。
「あ〜あ、長崎は〜、今日〜も、雨〜だぁ〜った♪」まぁ、仕方がありません。
これまた美味しくて豪華な朝食をいただいて、昨日の「黒毛和牛食べ放題」を含め9800円だなんて、申し訳ないくらいです。
売店の女性もとっても親切で、地元の方の温かい人情に触れられ、またぜひ来たいと思いました。

そうしてホテルをあとにし、ホテルから車で3分以内に到着した「魚魚市場(とといちば)」が、行ってビックリ玉手箱〜☆でした。
a0056140_0504239.gif
入ってすぐの所にある蒲鉾屋さんでは、ワタシが子供の頃から食べていた、懐かしい「天ぷら」(平たく言うと、「さつま揚げ」のようなもの)が何種類もあって、おみやげに買ったのですが、その時にサービス「魚のコロッケ」を下さったのです。お昼にそれを食べてみたら、「天ぷら」にも勝るとも劣らない美味しさで、買わなかったのを後悔したほどです。
a0056140_0553937.jpg
いやぁ〜、今が旬の「カキ」がお買い得でしたよ! それに「サザエ」も激安です。
カキとサザエがたくさん詰まった3000円のセットを買いました。
a0056140_14594.gif
(ついでですから、1月27日に義母と一緒に食べた時の画像をUPしておきます。サザエの壷焼きや焼き牡蠣も美味しかったけど、生牡蠣がサイコーでした☆)
「魚魚市場」、ぜひぜひ、また行ってみたいところです♪

さてと、今日の帰りのフライトは午後6時10分発ですが、雨も降っているし、ちょっと早めに帰りの高速に乗ることにしました。
それでも、ちょっと時間が余りそうなので、途中、佐賀県の「吉野ヶ里遺跡」に立ち寄ってみることに決定♪
a0056140_1442887.jpg
なんと、「勾玉作り」体験も出来るとのこと!
すごく惹かれたのですが、1時間以上かかるらしいし、それだけの為に入場するのも気が引けます。
なにしろ雨が降っているので、遺跡の見学どころではなさそうだし…。
迷っていたら、案内所の女性から、「吉野ケ里遺跡を紹介する15分ぐらいのビデオが放映されていますから、それだけでもご覧になってはいかがですか?」と勧められました。
お言葉に甘えて、そのビデオを拝見させて頂くことに…。
a0056140_1524325.jpg
このビデオがとても良く出来ていて、吉野ケ里遺跡のことがわかりやすく紹介されていました。
いまだ謎である「邪馬台国」があった場所は、ココなのでしょうか?
晴れた日に訪れたら、とても気持ちがよい場所なのではないかと思いました。

ここで昼食タイムにしましょう♪
昨日、「ホテル咲き都」で購入していた「“プチ”佐世保バーガー」をいただきました。
a0056140_955642.jpg
最近有名になった「佐世保バーガー」…ワタシは、正直その存在さえ知らなかったんですけど、長崎出身で佐世保バーガーを食べたことがないーーーなんて、ちょっと悔しいですからね〜(苦笑)
このプチバーガーは、実際の佐世保バーガーが直径18センチぐらいあるのに対し、直径5.5センチしかありませんが、レギュラーサイズのものを忠実に縮小しているので、「佐世保バーガー」として公式に認定されているそうです。
食べてみましたら、味のハーモニーが良くて、とても美味しかったですよ(⌒▽⌒)v
名古屋の名鉄百貨店でも「ホテル咲き都」が出店して、販売しているそうですので、機会がありましたら、お試し下さいね〜。(すっかり地元企業のPRに努めているホトトギスであります)

さて、せっかく佐賀県に立ち寄ったので、最寄りのスーパーを覗いてみることにしました。
a0056140_284039.jpg
すると、有明産「赤貝」がたくさん入ったパックが298円とか、鍋用の「ふぐ」が398円とか、海産物がお買い得なお値段になっていました。長崎といい、佐賀といい、こんな新鮮で、いろいろな種類の魚をお手頃価格で買えるなんて、本当に羨ましいことです。
赤貝とか、買って帰れば良かったな〜。

そうして、心残りを感じつつ、「福岡空港」に着きました。
レンタカーの走行距離は全部で360キロメートルでしたが、ガソリンは21リットルしか使っていませんでした。さすがトヨタ・カローラです!
ETCカードも持参していたので活用し、高速道路の割引が受けられて良かったです。Takeちゃんは、すっかり「九州自動車道」の走りやすさが気に入ったようです。
レンタカーにして、良かったね♪
a0056140_2253723.jpg
帰りのフライト時間は、飛行機が追い風にのるので、たったの1時間でした!Σ(◎o◎;)
JALが富士山静岡空港から今春撤退する予定なので、次回行く時は、FDAかな…。
FDAさん、どうぞ割引率をJAL並にお願い申し上げますm(_ _)m

「仕事のことがなかったら、長崎に住みたいね〜」と言い出したTakeちゃん。
リップサービスかも知れないけど(笑)、気に入ってくれたのは間違いないようで、嬉しいです。
「でも、長崎に住んだら、鮎釣り出来ないよー。」とワタシが言うと、「気軽には行けないけど、熊本とかに行けるし、むしろいいかも…」なんて言ってくれたりして〜、もぉ〜、喜んじゃうよぉ〜(爆)

「故郷は遠くにありて、思うもの」ーーーと言いますが、今回久しぶりに里帰りして、故郷の良さをあらためて知ることが出来ました。そして、そこで生まれ育ったことを、誇りにさえ思いました。

今、住んでいる所もとても良い所なのですが、日常当たり前になり過ぎて、他にはない良い所を沢山見落としているんだろうな〜って思います。
この「第二の故郷」の良い所をいっぱい見つけて、今度、長崎の人達にも教えてあげたいな〜と思いました。

※追記…Takeちゃんによる今回の旅の体験記は「Takechan☆House」をご覧下さい(⌒_⌒)
[PR]
by hototo-gisu | 2010-01-28 10:13 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(8)

食べて、飲んで、お祝いしました☆

1月2日(土)
今日はTakeちゃんのお兄さんの誕生日でもあり、年に一度、家族が皆で集う日でもあります。

昨日とはうってかわって、風も無く、穏やかな小春日和となり、外はポカポカ陽気です。
ワタシ達は、自慢のピザを七輪の窯で焼き、皆に振る舞い、大好評でした。
a0056140_1635512.jpg
火をおこしたついでに、エビやカニも七輪で焼き、おまけにサツマイモも焼いて、どれも美味しかったこと♪

食べて、飲んで、騒いで・・・おまけに、女性陣(Takeちゃんのお姉さんと、お兄さんの奥さんとワタシ)には、Takeちゃんのお母さんから突然「お年玉袋」が渡され、3人で思わず
「イェ〜イ!☆」なんて、口走っちゃいました(笑)
ワタシ、お年玉をいただくなんて、数十年ぶりですよ\(⌒▽⌒)/
去年、80歳にして脊椎管の手術をした義母ですが、術後の経過も良くて、皆で安堵しています。
そんな皆への、義母の粋な心配りなのでしょう。
ありがたく頂戴して、今度の射撃大会の参加費に使わせて頂きます(⌒-⌒)

今年も皆、元気でいてくれて、来年もまた、こうしてお祝いが出来ますように・・・。
[PR]
by hototo-gisu | 2010-01-05 17:04 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(0)