「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

カテゴリ:料理、日本酒、ワイン( 39 )

つきなみですが、クリスマス・イベントしました☆

12月24日(木)
今日は「クリスマス・イブ」ということで、ちまたでは、すっかり“クリスマスムード一色”になっております。
クリスチャンじゃなくても、季節の風物詩の一つとして、楽しませていただきました。
a0056140_221551.jpgケーキを作るのも、だいぶ慣れてきたみたいです。何でも、「習うより慣れろ」ですね。
こんな感じで、たくさん撃つうちに、鴨を獲るのも上手くなればいいな…と思います。
(なんのこっちゃ?)

毎年、この日の夕食メニューは、「丸ごと鶏のロースト」となっております。
今日は、ここずっと続いていた冬型の気温が緩んで、比較的暖かかったので、外で「七輪」でローストしてみようか・・・ということになりました。
これはワタシ達も初めての試みです。
a0056140_22113864.jpg
七輪の上に鉄板をのせて、その上に下ごしらえした鶏や野菜、そして先週の日曜日に獲った「山鳩」をのせて、“鉢”をかぶせて、その上にも、火のついた炭をのせて、じっくりと蒸し焼きにしました。
なんと、この“鉢”は、コニファーなどを寄せ植えにしていた、本物の(?)「植木鉢」です。
それを「窯」として使おうと考えたTakeちゃんの発想には、ホント、感心してしまいます。

さて、発想は良いとしても、実際、上手くいきますかどうか・・・

待つこと数十分・・・。
その間、「鉢」いえ、「窯」の中からは、「チリチリチリ…」と煮えているらしい音がしています。
そして、時々、忘れた頃に「プシューッ!」と、圧縮されたらしい空気が、窯から抜ける音がして、驚かされます( ̄▽ ̄;)

さてさて、出来上がりは、いかがでしょうか。。。
a0056140_2225169.gif
おお〜っ、見事に「蒸し焼き」になっております〜♪
焼き色が付いたほうが、もっと美味しそうに見えるので、バーナーで皮を炙りました。
a0056140_2227946.jpg
出来上がりです〜☆
あら、まぁ〜、「山鳩」ちゃんが、小さく見えます(笑)。
鶏は、蒸し焼き効果か、骨離れが良くて、とても食べやすくなっていました。

初めての料理法でしたが、美味しく出来て良かったです☆
これを機に、この「窯」で、また別の料理も作ってみたいものです。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-12-25 22:42 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(4)

明けまして、おめでとうございます☆

1月1日(木)
a0056140_15192454.jpg
どうか平和で、皆が元気に過ごせる一年でありますように・・・。
a0056140_15264133.gif
ワタシも加齢に負けず(?)、元気に頑張りたいと思っています。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げますemoticon-0157-sun.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2009-01-01 15:31 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(12)

災難でしたね〜(-"-;)

10月3日(水)
夕飯が終わった頃、ニコルさんから電話がかかってきた。

Hoto「着きましたぁ〜?(ルンルン♪)」
ニコル「それが、まだ着かないんですよ。 あまり早く電話すると、催促しているみたいなので、遠慮してたんだけど、着かないから…」

エ〜ッ?! (◎o◎;)「調べて、折り返し、お電話しますね!」 ガチャン!

鮎の干物と南蛮漬けと、例の黒はんぺんを30日(日曜日)に送ったから、もうとっくに着いているものだと思っていたのに…。
問い合わせてみたら、ナント、まだ、荷物を受け付けた近所のスーパーの冷蔵庫に入ったままでした! ガァ〜ン・・・・ ( ̄□ ̄|||)

早速、そのスーパーの店長代理が自宅まで謝りに来ました。

代理「申し訳ありません。早急に同じものを私のほうで入手しまして、送らせて頂きます。」
Take「黒はんぺんは買い直すことが出来ますが、その干物は、ウチで手作りしたものですよ! 鮎を釣って来て、干物にして、そのラベルも真空パックも、全部ウチで作ったものです!」
代理「エッ?! 売ってるものではないんですか?(と、まじまじ、ラベルを見る)」
Hoto「もう3日たっているし、これは送れません。 仕方がないから、これは明日、店長さんがいらしたら、お見せして、ぜひ、食べてみて下さいよ!」
  (・・・と、訳が分かんないけど、一パック、あげちゃいました)
代理「では、黒はんぺんは、明日、私が焼津に行って、同じものを買ってまいります。」
Hoto「じゃあ、鮎の南蛮漬けについては、ウチで汁に漬けた状態でとってあったものを詰め直して、一緒に送ることにしますよ。」

ということで、鮎の干物を除いては、明日、改めて発送することになり、Takeちゃんからニコルさんに、事の顛末を電話することになりました。

Take「ニコルさん、このたびはくれだましみたいなことになっちゃって、スミマセン!」
ニコル「アハハハ!」 (『くれだまし』って、何?)←ワタシ
Take「明日、黒はんぺんは新しいのを買って来てくれるらしいから、それと一緒に、ウチにある鮎の南蛮漬けを送りますよ!」
ニコル「たけちゃんが店長さんに、『今すぐ、同じものを買ってこい!』って怒鳴ったんでしょう。 情景が、目に浮かぶよ、ハハハッ!」

電話が終わった後、Takeちゃんがボソッとつぶやいた。
「オレって、そんなに粗暴なイメージなのかなぁ・・・」

そんなわけ、ないでしょ!(⌒-⌒) 
それにしても、鮎の干物が残念です。 改良に改良を重ねて、ようやく納得のいくものが出来たのに…
a0056140_16375982.jpg
    < ↑ 送るはずだった「鮎の干物」と「鮎の南蛮漬け」の画像 >

10月4日(木)
スーパーの店長さんと店長代理の方が、お見えになりました。

店長「今後、このようなことが起こらないよう、周知徹底させていただきます。 鮎の干物については、なんとお詫び申し上げたら良いか、わかりません。」
Take「また鮎を釣って来て、1から作らなくてはなりませんが、この時期になってくると、あまり釣れなくなるものですからね。」
店長「お詫びと言っては何ですが、どうぞ召し上がって下さい。」
a0056140_1639257.jpg
羊羹をいただいても、鮎の干物の代わりにはならないんですけど…

『追分羊羹』って、地元の銘菓なのですが、今まで一度も食べた事がありませんでしたので、興味津々で開けてみました。 竹の皮に包まれて、平べったい羊羹です。
味は淡白で、甘みも上品で、少しモチッとした食感で、少し「ういろう」にも似た感じです。 
いずれにしても、今回のことを振り返りながら『追分羊羹』を食べていると、美味しいけれども、ちょっとムカついたりもして、今風に言うならムカ美味しいって言うのかなぁ。 
さてと・・・また鮎を釣って来て、鮎の干物を作らないといけないなぁ〜☆
干物を作るのは問題ないんだけど、良い鮎が釣れるかなぁ…ちょっと心配です。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-10-04 15:56 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(11)

また一つ、トシとっちゃいました〜(^-^; )

3月9日は、私の誕生日でした。
もう自分が何歳なんだか、忘れてしまいそう。でも、要は、気持ちの問題ですよね! いくつになっても、Deep Purpleを聴くとノリノリになってくる自分でいたい☆ それと、一つトシを取る毎に、去年よりは、何かしら成長した自分でいたいと思います。

そこで所信表明演説しときまひょか? 

え〜、今年はIllustratorを勉強し始めましたので、これを難しいからと途中で投げ出さずに続けていきたいと思っております。

それと、新しい鮎竿も注文しちゃいましたので、鮎もバンバン釣ります!
猟に関しましては、目標、ヒヨドリ 100羽であります!
(キジを獲りたい…と、宣言出来ないトコが、ちょっと悲しい…)

このくらいにしとこ〜っと! 政治家みたいに、実行出来ないといけないから…
a0056140_23331782.jpg
秋田の友人夫妻から日本酒が届きました。右は「太平山」の純米酒…大平川は小さな河川だけど、ヤマメが入れ掛かりです。そして左は、皆瀬川のほうのお酒だとか…渓流釣りに行くなら、秋田ダスナァ〜
Takechanが川釣りを覚えたら、きっと秋田に行こう!
こっちの川じゃ考えられないほど、魚影は濃いし、ルアーもエサ釣りもどちらもOK!の川ばかりですから。

明けて、3月10日。
Takechanと知り合う機会となった女友達二人が、結婚後初めて遊びに来ました。
結婚祝いと私の誕生祝いを兼ねているらしいけど、こちらがおもてなしをする側なので、ついつい画像を撮り忘れてしまいました。
a0056140_15225210.jpg
a0056140_1523316.jpg気がついたのは、1つ目のデザートを食べ終わった時!( ̄□ ̄|||)
デザートは“3本立て”で、全てTakechan手作りでございます。
友人の言葉を借りると、「女の子のハートを掴む、ぷるぷるプリンに、さくさくミルフィーユ、しっとりバナナクレープ」の3品で、特にクレープはフレンチの達人ばりの出来で、皆、大喜びでした♪ (↓がバナナクレープです) 

久しぶりに会ったけど、間にTakechanが加わった事で、女同士だけでは出ない話もしたりして、今まで知らなかった彼女達の違った一面もかいま見られて、楽しいひとときでした。
a0056140_15525850.jpg
次回は「たこ焼きパーティー」になる予定です。

「男同士は、誕生日プレゼントの交換なんかしないなぁ〜」と、Takechan。
そういえば、そんなの聞いた事がないよね〜。フムフム。。。 
一言で言うなら、女は“雰囲気”が好きだってことよね♪
[PR]
by hototo-gisu | 2007-03-11 23:49 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(27)

特選食材ばかりでございます♪

(主婦になると、ブログにUPすることも無くなるかなぁ~)と思っていましたが、そんなことは全くありません。 ただ、PCがワイヤレスで接続されているので、時々、通信不可能になるのと、たけちゃんが、”おまけ”で入手した『お魚飼育ソフト』の面倒を見るのに夢中になってしまって、つい、ブログがおろそかになっている、今日この頃です。 
反省。。。 そして時系列がバラバラでも、書き留めておきたいことは、追ってUPの予定です。

a0056140_18322457.jpgと、いうわけで・・・
見て下さい、この美味しそうなコジュッケイ!
21日(日曜日)に、マコトさんから頂きました。

私、コジュッケイは獲ったことがないので、触るのも食べるのも、これが初めてです。

河原でマコトさんからコジュッケイを受け取った私は、たけちゃんの目に付かない所で羽をむしることにしました。 だって、あんなにカワイイ鳥を、わざわざ愛鳥家の目前でむしるなんて、デリカシーに欠けるものねっ(*^_^*)

ホトトギス「マコトさん、これ、どうやって獲ったんですか?」
マコトさん「この辺だな・・・と目安をつけた場所で、耳を澄ますと、コジュッケイの足音が聞こえるんですよ。 それで踏み出して、撃って落として自分で回収! 犬の役割を全部自分でするんです。」

ん~、さすが、マコトさんです。 清水近郊~静岡の生き物の生態は、マコトさんに聞けば、何でもわかるんじゃないか・・・と、たけちゃんも言っています。

そんなマコトさんから鴨の付き場を教えてもらったので、早速移動することにしました。
途中で、たけちゃんのデジスコ仲間がヤマセミを”張り込み”しているところに立ち寄りました。

Mさん「バラしてたでしょ?」(^^)/ (ニヤニヤ)
Wさん「夕飯のおかず、出来た?」( 一一) (ニヤニヤ)

何のことだろう・・・・?

Wさん「何の鳥をバラしていたの? ハサミで切ってたでしょ?」

エ~~ッ?! まさか・・・・・・・・・

Wさん「デジスコで、良~く見えたよ。 ほら、このレンズ覗いてごらん。」

ゲ~ッ! 他の人に見られないようにって、ススキの陰に隠れて羽をむしってたのに・・・
まさかデジスコで、あの場所がこんなにハッキリ見えたなんて・・・ 
向こうからは見えなかったよ~~ デジスコ、恐るべし・・・(@_@;)

デジスコの人達には、私がハンターだってこと隠していたので、慌てました!!
たけちゃんまでが白い目で見られては、いけないと思って・・・(-_-;)
とうとう、バレちゃったか(・_・;)
だけど、あまり気にしていないみたい。 良かったです。

でも、Wさんの奥さんが、たけちゃんに言ったそうです。
「旦那さん(たけちゃんのこと)は、一度も羽をむしっているところには見に来なかったから、きっと旦那さんは、嫌なのよって、皆と話をしていたのよ。」

そうそう、そう思われていたほうがイイよね!
a0056140_2250058.jpg
次の日、焼き鳥にして頂きましたが、上品な味で、まるでヤマドリの肉のような感じで美味しかったです。 ただし、内臓(レバー、砂肝、ハツ)は、臭かったなぁ。。。 マコトさんの忠告を聞いて、やめておけば良かった!

23日、火曜日・・・たいちょ~さんから、鹿肉を分けて下さるとの電話連絡がありました。
たいちょ~さんは、一人で忍び猟をして、今猟期は20頭もの鹿を倒しているのです。
スゴイ人です・・・
しかし、たいちょ~さんの師匠は、もっとスゴイ人です。
鹿肉を引き取りに行くと、たいちょ~さんは仕事で出掛けた後だったので、師匠と話をしたのですが、この師匠にして、あのたいちょ~さんがあるんだなぁ~と思いました。
クーラーボックス満タンの鹿肉を持ち帰り、仕分けして脱気パックしたのですが、きれいに処理された鹿肉を見ながら思いました。
厳しい寒さの中、山に一人入って鹿を倒し、その鹿を足場の悪いところから回収して解体する・・・さぞや大変だろうと。 
私はそんな根性もないし、銃の腕を上げようという向上心もない、ハンターの風上にも置けない人間です。 ただし野生を生きる鳥獣を食べるのが目的で銃を所持した人間ですから、自分が獲れなくても、千葉のサンタさんからの鴨や、マコトさんからの初コジュッケイや、そして、たいちょ~さんからの日本鹿を有難く頂戴して、美味しくいただけることを心から幸せに思います。

たいちょ~さんからの鹿肉は、一部、新しい料理法を試すのに使わせていただくことにしました。 上手く出来たらいいのですが・・・
スペアリブは、焼いただけでは硬かったので、赤ワイン煮込みにして頂きました(^^)
a0056140_23383760.jpg
たいちょ~さんが「ユッケ用」と書いてあった、若いメス鹿肉は、その通り、「ユッケ」にして頂いたら絶品でしたよ!

皆さんから頂いてばかりで甘んじていてはいけない・・・と思った私は、昨日、近所に猟に出掛けました。 
キジは見つからなかったけど、ヒヨドリがたくさんいるポイントを発見!
辺りをしばらく見渡して、人がいないか、矢先が大丈夫かを充分に確認しました。
そうこうしていると、造園業の人が車でやってきて、私の目の前で、「あの木がどうのこうの・・・」と、距離を測ったりし始めました。 私のことなど、目に入っていないようです。

ヒヨは・・・というと、ヒヨも、造園業の人など、全然目に入っていない様子で、2羽でじゃれ合ったりしています(・_・;)

10分ほどで、造園業の人がいなくなったので、ヒヨを狙って1発撃ちました。

当たりました!! 距離は10メートルちょっとぐらいです。 近いです~♪

他のヒヨは飛んで逃げてしまって、しばらく待ったのですが、戻ってきません。
仕方がないので、車に戻ることにしました。

すると、私の車のほうに向かっている男性が一人・・・・・
そして、私を見るなり、いきなり怒鳴ったのです。

男性「水平撃ちしただろう! 弾が流れてきたぞ!!」

私「エッ? 下に向けて撃ちましたよ。」

男性「下に向けるなんて、なおさら悪いじゃないか!」

私「土手のところから、下に向けて、土に向かって撃ったんです!」

毅然とそう言ったら、男性はブツブツと口ごもりながら、その場を立ち去りました。
「流れ弾」なんて、行くわけないでしょ!!! 散弾じゃあるまいし。 
300mぐらい離れていた、その男性の位置も確認済みでしたし。 
全然、方向違いましたよっ、まったくぅ~~~(ーー゛) 

ハァ~ッ、これだから、ハンターは地元で猟をしないのかなぁ・・・
地元で揉めると、イヤだもんね・・・(-_-)
a0056140_0151584.jpg
せっかく1羽獲れたのに、気分が萎えちゃったから、家に帰っちゃいました。 
家で羽をむしると、ネックにバッチリ当たっていました。
それにしても、この脂のノリは凄いです。
「静岡のヒヨは、旨い!」と言われていますが、これは確かに美味しそうです。
明日、食べることにします。 ハツとレバーも食べようっと☆

昨日は消化不良になったので、今週末はヒヨ撃ちに行くぞ~~~~♪
[PR]
by hototo-gisu | 2007-01-25 23:11 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(19)

初物のエゾ鹿が届きました~♪

a0056140_18362893.jpg北海道のエゾ鹿猟解禁日って、10月25日だったのね!
昔は11月1日でしたから、去年も前日に届いたので、(有害駆除にでも、参加したのかなぁ)と思ってました。
大変、失礼しましたm(__)m

それにしても、こんな美味しいエゾ鹿肉が頂けるなんて、ア~、幸せ☆
今回届いたのは、ヒレ肉1本、背ロース1本、スペアリブ片腹分、前足1本です!
食べることも幸せなんだけど、解体するのも、楽しいのよね~ワ・タ・シ♡

今年は自分で猟もするので、鴨を保存する為に・・・と、「真空パック器」を注文してあったのですが、それが届いたと同日に、エゾ鹿が届きました! やはり、シンクロニシティです。

a0056140_18553397.jpg真空パック器は、以前、「フードセーバー」を使っていたのですが、専用の袋が高価なところが不満でした。 もっと惜しげなく、市販のビニールでも対応出来るものを・・・とネットで探して見つけたのが「脱気シールくん」という、いかにも怪しげな商品・・・
でも、これしか、値段に見合って、市販のビニール袋が使えそうなのがなかったんだもん~
届いた箱には、「業務用卓上密封包装機SQ-202」としか書いてなくて、「脱気シールくん」という商品名は、箱にも、説明書にも、どこにも書いてない!
ますます、怪しいのです。。。

で、良~く見ると、「製造元 シャープ株式会社」の文字が・・・
エ~ッ、ネットでは、そんなこと、どこにも書いてなかったじゃない?
でも、今をときめく”SHARP”の製品なら、まぁ、安心でしょう。 ホッ♪

使用した感じは、脱気力がフードセーバーより弱いけど、使い勝手はいいし、念願の「市販のビニール袋」が使い放題なのが何より嬉しい!
a0056140_19142463.jpgエアーライフルの弾まで、パックしちゃいました!
だって、最初に買った「FXプレミア」、錆びちゃったんだもん。
え? 普通は錆びる前に練習で使っちゃうはずだって? 
ハイ、おっしゃる通りでございます。

解体に使用した「骨スキ包丁」と、100円ショップで調達した「のこぎり」です。
この骨スキ包丁、使い易くて大~スキ☆
のこぎりは、スペアリブの長さを半分にするのに必需品です。
夜中に一人っきりで「のこぎり」を使って、生身の骨をゴリゴリひいている姿を想像すると、ちょっとコワ~イですよね!
あ、想像しなくて結構です。(笑)
a0056140_19313688.jpg
明日、ゴミ出しの日なので、コレを出すんだけど・・・
毎回、不安になるのよね~
ゴミ収集の人から「人骨」と間違われやしないかと!
去年は、後ろ足の骨だったから、もっと大きかったのよね。
でも、問題なかったので、このくらいなら大丈夫かな?

今日は県の「狩猟免許登録証」も入手してきました。
やっと、また、この季節に野山を駆け巡ることが出来る・・・
あきらめなくて良かったと思います。 
[PR]
by hototo-gisu | 2006-11-01 19:43 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(20)

鮎の”うるか”を頂きました♪

a0056140_0241671.jpgなんせ、引継ぎナシ、待ったナシ、連日の残業・・・の三重苦! こんなのアリですかぁ~。 過労死したら訴えてやるぅ~!! と、朦朧とした頭で、お弁当を食べた後、爆睡してしまった。

12時55分の始業のベル(コレ、壊れてるのよね~、1時に直して欲しい!)が鳴り、(ハァ~ッ、やらなくちゃぁ~)と段取りしていたら、内線が鳴った。

「Aさんが来てるよ~」
「すぐ、行きます♪」と、私。

にごり酒を頂いて以来だから、かれこれ2、3ヶ月ぶりだろうか。
私「興津川、行ってますか?」
A「うん、毎回、9時から12時頃までやって、20匹は釣ってるよ!」
私「スゴ~イ。 さすがですね! 私なんか仕事疲れで、鮎つりに行く元気ないですよ。。。」
A「これ、持ってきてあげたよ!」
私「うるか?! 作ったんですか?」
A「もう5年くらいは寝かしてあると思うよ~」
私「嬉しい~♡ これで日本酒飲んだら、元気出ます!!」

会社中・・・いえ、周りを探しても鮎釣りをする人は、唯一、この方だけでしたから、たまにしか会えないけど、会うと妙に懐かしくて(旧友に久しぶりに会うカンジかな?)、おかげで午後はルンルン気分で、仕事もはかどった♪

夕食の時に「うるか」を食べてみた。

ウ~~~、メチャクチャ美味し~~~~い \(^o^)/

こんなに美味しい「うるか」は、生まれて初めてですワ!!
自分でも作るけど、この旨味は5年寝かせたから出たのかなぁ・・・
やっぱり興津川の鮎だから美味しいのか・・・ 「うるか」を作るには、砂を噛んでいる鮎の内臓は、砂がジャリジャリして使えないものね~。 それに食べているコケが良くないと・・・
興津の鮎を知り尽くしたAさんならではの「うるか」だわ~~♪
マッタク、こんな美味しいものを独り占めしていいのだろうか・・・

「うるか」は、日本酒に合います!!
この日本酒は、佐賀のお酒ですが、上品すぎる味わいに、少し物足りなく思っていました。
っが、この「うるか」との相性は最高だわ~☆

「○年物のワイン」って言うけど、これだけ科学が発達していても、ワインの熟成を人工的に早めることは出来ない。 それに、個々のワインがどのように熟成するのか、いつが飲み頃なのか、それさえも化学の力では解明することが出来ない。 もちろん、どんなソムリエだって、今ココにあるワインがどう熟成するのか、言い当てることの出来る人は誰一人いない。

人間だってそう。 熟練した技術を時間と努力なしに手に入れることは出来ないし、若いうちから「味のある」人間味のある人なんているはずがない。
人生経験を積んできた目上の人達は、私達が持っていないものを、たくさん身につけているのだと思う。私も世間一般の女性らしい人生を歩んでは来なかったけど、そのかわりに身についたものも、きっとあるはずだよね~、これだけ長~く生きていれば! 
 
身体や神経はクタクタだけど、精神的にはとっても充実しているから頑張れるんだな~♪
Aさん、いつも元気を下さって、ありがとうございますぅ <(_ _)>
[PR]
by hototo-gisu | 2006-07-13 23:21 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(17)

ロシコさんの快気祝いの”お品書き”でございます

a0056140_20171331.jpg開催は少し先延ばしになってしまったけど、たけちゃんと二人でメニューを考えてみました。

私達の手元にあるのは、ニコルさん提供のエゾ鹿肉と鴨肉、それと私がストックしていたエゾ鹿肉少々・・・

たけ: 鴨肉は塩コショーで焼いただけでも、スッゴク美味しかったよ!
ホト: じゃ、炭で焼いたら、サイコーね!
    私の気田川の師匠がHPで紹介されてたんだけどね、鮎も、こういった
    感じで焼いてみようよ!

       (この場をお借りしてちょっと宣伝!!)
       私が尊敬している気田川の師匠が紹介されています
       ココをクリックして→浜松だいすきネット おすすめ体験レポート

たけ: ロシコさんトコや、マコトさんの子供も喜ぶメニューがあるよ!
     (と言って、メモを取り出し、ササササッと描く)
    『テリヤキ☆鹿バーガー』 どう?
ホト: イイね、イイね~♪ 鹿バーグの薄いのを、たくさん焼いておくね!!
たけ: 鹿肉って上品な味わいだから、きっと梅肉や紫蘇とも相性がいいと思う。
    それから、スープ系のものもあったほうがイイよね。
ホト: じゃ、たいちょ~さんに猪肉あるかどうか聞いてみようか? 
    大根と煮るのが王道だけど、皆があっさりと食べれる方がいいよね。
たけ: 豚汁風にして、『イノシシ』ならぬ、『イノ汁』ってのは、どう?
a0056140_20543119.jpg
そんな具合で、準備段階から、ワクワクしてます♪

ニコルさんに頂いたウナギの頭を、山椒の実の佃煮と一緒に旨煮にしてみました。
骨があって食べ難いけど、味があって美味しいし、何よりも、元気が出ます!
天然ウナギの頭なんて、スーパー、どこ探しても売ってないもんね~
上記の材料もそうだし・・・ ニコル様、ありがとうございますぅm(__)m

さ、パワーを付けて、あと2日間、会社勤めをこなすとするか!!
[PR]
by hototo-gisu | 2006-06-28 21:05 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(28)

叔母さんから、山椒の実をいただいたので・・・

a0056140_22293889.jpg昨日、この画像を撮り、煮る準備をしようとしたら電話が・・・

なんと、会社に4月から入社したOさん
からだった。ずっと腎臓が悪く、30年に
亘り腎臓移植のドナーを自力で探して、
ようやく腎臓移植することが出来たと
いう人なのだが、まぁ、生きているのが
奇跡に近いくらいの苦難の道を歩んで
来た人である。

その人が、会社のある人の言葉の
暴力に耐えかねているのだ。

Oさんだけじゃなくて、他の人達も
同じような目に遭っているのだが、
Oさんは、仕事上、その人に
直々に教えを乞う立場であるから、
他の人達のように、簡単に聞き流すことが出来ないのである。
「私は今まで色々な人に会ってきましたが、あんな人は初めてです。」
「このままでは血圧が上がり、手術したところの内出血の危険性が高まって、
命にかかわることになりかねません。 その前に神経が参ってしまうかも知れません。」
ウ~ン、あの言い方とセリフと、自分の非を一切認めずに、他人を責める言動は、
外部の人をも怒らせて、上司が詫びに行った事もあるし・・・

40分程も話し込んでしまった。
「仕事も、まだ慣れなくて大変な時期だし、きっと慣れたら、精神的に余裕も出て
きますよ。私も他の人達も、Oさんの人柄に元気付けられていますし、一緒に働いて
いきたいと思っています。 だから、会社は辞めて欲しくないのですが、せっかく
生かされた命ですから、身体のほうが大事ですよね! 仕事よりも、精神面での
苦労が、一番、身体に悪いのはわかっていますからね。 他の誰の為でもなく、
自分自身のことは、自分が大切にしてあげないと・・・」 目上の人生の大先輩に対して
恐れ多いけれども、話を聞いてあげて自分なりの考えを話してみました。
少しは気持ちが楽になれば・・・との思いを込めて。

今日も、私がちょっと席を離した隙に事件が起こったらしい。 油断も隙もない!
私自身の仕事も立場も大変なのだけれど、それも踏まえた上で、Oさんと
その問題の人との接触を避けさせるのは、上司からの”業務命令”だ。
戦うぞ~~ ・・・・・じゃ、ないか。 はぁ~っ、疲れた。

で、肝心の「山椒の実」ですが。。。
レシピ通り塩水で30分煮ましたが、アクというか、苦味が強過ぎます。
さらに一晩、水にひたしてアクをとり、明日、味付けして、煮ようと思います。

何だか、たけちゃんのHPには、すでに『速報』が掲載されているとの情報が・・・
『号外』ですので、購読料は無料~のようです(笑) 
皆様、おやすみなさい(-_-)zzz
[PR]
by hototo-gisu | 2006-06-07 23:34 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(12)

秋田から、山菜と海の幸が届きました!

a0056140_21512261.jpg残業で遅くなっちゃって・・・
でも、無事に秋田からの
荷物を受け取ることが
出来て良かった☆

左下から「ホンナ」「しどけ」
「アイコ」という山菜。

お魚は、上が「ソイ」で、
下が「メバル」。

秋田は去年の暮れからの
記録的な大雪で、いまだに
雪代が出ていて、渓流釣りが出来ないらしい。
「藤の花だって、まだ、咲いてないんだよ! 山菜も、普通は順番に出てくるんだけど、
今年は一気に今、採れているんだよ。」と、友人。

「鮎、釣れたら送るね~♪」
「うん、でも、山女魚は? 釣れなかったの?」

「・・・。」

さて、遅くなったけど、これから、魚をさばくか~~☆
ソイは、お刺身と、潮汁。 メバルは煮魚にします。

県民性っていうのがあって、秋田の人たちは、「ラテン系」だよね~。
ココの人たちは、穏やかっていうか、平和な人たちなんだよね~。
競争心がないというか、商売っ気もないし、それでいて、強力な商売敵っていうのも
不思議と現れないっていう・・・まぁ、争い事は、無いに越したことがない。

魚を見つめながら、そんなことをぼんやり考える、今日のワタシでした。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-23 22:17 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(16)