~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:58
こんちわ^^ 縁側..
by nigapeclub at 16:58
>鮎猫さん こんにちは..
by hototo-gisu at 14:45
こんにちは~ 恥ずかし..
by 鮎猫 at 12:58
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 23:59

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

鮎釣り師は誰でもそうだと思うけど・・・

a0056140_049863.jpgお気に入りの針が必ずあって、
それを使うと釣れる気がするのよねぇ~
私が興津川で「マキシム」を使って
いた頃、地元で名人と呼ばれていた
人が使用していた針が5.5号の
3本イカリだった。
「ホントは、もっと小さい針が欲しい
んだけどね・・・」と、名人は
おっしゃっていたのですが・・・
私も真似をして小針をいろいろ
試したけど、納得のいく針に出逢わな
かったから、困った時の「イニシア・
ブラック」に戻っちゃったのよね・・・

去年、川小屋さんで永浜氏がテスト
していたこの針を少し使わせて頂いて
商品化されたら絶対欲しいと思って
いたので釣具屋さんに注文していたら、ようやく入荷した。
「昨日ね、おたくが去年、大きなイワナをあげたところの少し上で、ウチのお客さんが
35センチくらいのイワナを釣って、『剥製にして欲しい』って持ってきたよ。 
川には行ってないの?」

「行ってないの?」と聞かれてもなぁ~と、思いつつ・・・
「射撃やら何やら忙しくて・・・ 来週には行こうかな・・・っと・・・(汗)」

「今年は、天然鮎がどんどん遡上してるよ! もう、川に鮎がいっぱい見えるよー!!」

そうなんですか?! 
去年の今頃は渇水の為、興津川の河口は干上がって、海とつながってなくて、
釣具屋さんで「どうして漁協は、ユンボーとかで河口を掘って、海と繋げる努力を
しないんですか? 鮎が遡上出来ないじゃないですか!!」と息巻いた(?)記憶が
ある。 そんなことをしても自然の波の力では、すぐにまた同じ状態に戻ってしまうと
いうことを、後で知ったのですが・・・
今年はそんな心配もしなくてすむし、沢山の稚魚が、上流を目指して遡上している様を
想像するだけでも心がワクワクする。
釣り場で針がないと不安にかられる性格なので、ついついたくさん買い込んでしまった!
2シーズンは、持つかもねぇ~などと思いつつ、そろそろ鮎の支度もしないと!
いやいや、まずは、イワナがまだ残っているか、チェックしに行かないとイケナイなぁ~
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-27 23:41 | 鮎釣り | Comments(12)

剪定をしてから、ちょうど1ヶ月過ぎました

a0056140_21265999.jpg日に日に新しい芽が大きく
なり、枯れた様に見えた枝も
緑色に染まってきた。

仕事からくるストレスでバテ気味・・・
今朝は朝から天気も良く、絶好の
渓流釣り日和だったけど、朝から
バラの手入れをして、ボケーッと
眺めていると、ついつい時間が
経つのも忘れてしまっていた。
こんな”まったりと”過ごす時間も
必要なのよね~☆
5種類のイングリッシュ・ローズの
中で、1種類だけ今まで育てたことの
ないバラが、ピンク色の花の
”モーティマー・サックラー”。
通称「モモちゃん」だ。
a0056140_21555697.jpg
しかし右上の”シャルロット”をはじめとする
他の仲間達と比べても→のモモちゃんは
明らかに生長が遅れている。
かといって、枝が弱っているわけでも
病気でもなさそうなので、人間と一緒で
バラにも『奥手』なのがいて、モモちゃんも
奥手なのだろうと思う。
イイじゃないの? 奥手でも!!
他の4つは経験上安心して育ててるけど、
モモちゃんに関しては「初めての子育て」
みたいな感じなので、それが微妙に
モモちゃんにも伝わってるのかしら・・・

もっとのんびり構えてやろうよ!
私のことを、もっと信じてよ!
――そんなことを思ってるのかな?

大丈夫、信じていますよ! 奥手だろうが何だろうが、元気でさえいてくれたら、
今年は花が少なくてもいいのです。
バラの寿命は、最長25年くらいだという・・・
ベランダで鉢植えという、バラにとっては厳しい環境だけど、少しでも長生きして欲しい。
たとえ数は少なくても、心に残る花を咲かせてくれたら、それで満足だからねっ・・・

そんなことを考えながら過ごしていたら、仕事のストレスなんて、吹っ飛んでしまったわ♪
来週こそはヤマメさん達に会いに、川に出掛けようっと!!
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-18 21:25 | バラ、ガーデニング | Comments(9)

ブログを見つかったのは恥ずかしかったけど・・・

a0056140_22263493.jpgお昼休みにケイタイが鳴った。
「お昼過ぎに、この前のお返しを
持って行くからね~」
お返しって、バレンタインのチョコの
お返し?・・・ アコウダイを頂いて
感激だったから充分なのに・・・☆
でも、また、美味しいお魚かな~
・・・と、本音で、胸がワクワクした(笑)

すると、何やら、ボトルのようなもの。
「横にしたら、漏れるらしいよ。」
「ありがとうございます☆」
・・・しかし、何でしょう?
頭の中には、お酒というのは全然
浮かんでいなかったのです。
(横にしてはいけない)と言われたから、
何かなぁ~と。

開けてビックリ!! なんと、私の大~好きな「にごり酒」ではありませんか!!!
「正雪」は、(ほぼ)地元の上品で洗練された辛口のお酒というイメージだけど、
まさか「にごり酒」も造っているとは知りませんでした。

帰って早速、ひと口、口に含む。
「ん~~!! 美味しい~~~♪♪」 ついつい2杯めに突入・・・
昨年11月末に飲んだ、菊水酒造のにごり酒も良かったけど、こちらのほうが、
もっとイイ!! ドブロクっぽいんだけど、洗練されていて、「正雪」らしさが
ちゃんと残っている。 ア~、美味しくて、幸せですぅ~♪

今の会社に入った時、顔の広~い先輩を通じて、鮎釣り仲間を探したが、
全社内および、関連会社で見つかったのが、アコウダイの君(きみ)ただ一人!
この方は心底、釣り好きで、釣り船も持っているし、あの興津川のすぐそばに
家を建て、休みの日には必ず海か川に出勤しているくらいの人だから、相当、
釣りにハマっている人であります。
その方から、私も相当な釣り好き人間であることを認められているので、
それだけでも光栄の極みなのに、このようにお心遣いを頂けるなんて・・・(涙)
ブログを見つかってしまったのは、恥ずかしいけれど、おかげで(?)にごり酒が
好物であるということを知って頂けたのかも知れない。
本当に、ありがとうございます!
今年は一緒に鮎釣りが出来ますように☆ 
必殺、秘密の○号ハリを巻いて行きますよ~ん♪ ルンルン~(かなり酔ってるかも!)
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-13 23:14 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(6)

久しぶりに藁科川に行ってきました♪

a0056140_23265360.jpg今朝は朝から風が強くて
渓流釣りは無理だし・・・
ネコヤナギさんの書き込みを
読んで、永浜さんに
90センチの鮎を食べられ
ちゃったらヤバイ!(笑)
――と慌てて川小屋に
向かった。

そういえば今日はDaiwa
釣具の展示会の開催日
でした。
運良く永浜さんが川小屋に
お戻りになられていたので
ネコヤナギさんのお土産の「早稲田から飯田橋までかかって取り込んだ、神田川に
遡上した、90センチx20センチの大鮎」を頂くことが出来ました!
一緒に行ったたけちゃんは、「鮎と言っても、スズキかなんかかなぁ・・・ アッ、
”木彫りの鮎”かな・・・ 夏鮎さんって、そういうのを作りそうだし!」と予想し、
私は「鮎の絵を描いた日本手ぬぐいか、何かかなぁ・・・」と予想していたが、
どちらもハズレ!
鮎や色々な魚が描かれた、でっかいバスタオルでした!! 
だから、鮎と、真ハゼと、シロギスって書いてあったのね☆
この鮎は、藁科の鮎に少し似てますよね、だって、背中が青いんだもん~♪

私 「藁科の鮎は、背中が深い青色をしていて、私、その妖艶な美しさに一目惚れ
   しちゃったのよ」
たけ「川小屋って、食事をしたら美味しそうな雰囲気のトコだね!」
私 「美味しそう・・・じゃなくて、あそこの鮎料理は、日本一美味しいのよ!!」

それにしても、このバスタオルは赤色が基調になっていて、いかにもネコヤナギさん
らしい色合い! 大きくて、魚の絵も可愛くて、とっても気に入りました。
ネコヤナギさん、ありがとうございました。

「今年は安倍川河口に稚鮎が沢山いて、天然遡上が良いみたいだよ。
夏は天候が変わりやすいという予測みたいだけど、週末に悪いのが重なら
なければいいんだけどね・・・」と、永浜さんがおっしゃっていた。
あの妖艶で美しく、そして美味しい藁科川の鮎に今年もたくさん出逢えますように・・・
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-12 23:23 | 鮎釣り | Comments(13)

○十○年、生きてきましたが・・・

a0056140_21511738.jpga0056140_2213636.jpg

a0056140_22151911.jpg
これまで頑張って生きてきて
良かったな~と思える誕生日を
生まれて初めて迎えることが
出来ました。
心が込もったお祝いをしてくれて
本当にありがとう☆

これまでに出逢った人や物や
出来事全てが、今につながって
いるのですね。
皆にも感謝しながら・・・

「最も心が安らかな時期は、
最も危険な時期でもある」なんて、
こんな時にそんなことを気にする
自分が愚かで情けなくなってしまう。
でも、そう思っているからこそ、今の幸せがより強く感じられるのかも知れない。
夜の闇が深いほど、夜明けが明るいと言うように・・・
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-11 21:47 | と或る日常のこと | Comments(3)

秘伝! ホトトギス特製「鴨の燻製」のレシピを公開します!

a0056140_21111486.jpg

可愛いレミちゃんと水平さんのリクエストにお答えしましょう!
①鴨の内臓を抜いて、キレイに毛をむしります。 そして、香辛料を
 しみ込みやすくする為に、串で全体に穴を開けます。
②粗塩70g、三温糖30g、ナツメグ、シナモン、ブラックペッパー、セージ、
 ローリエなどのハーブを各2gづつぐらいを良く混ぜたものを、鴨全体に
 良~く擦りこみ、モミモミします。 (心を込めてやるのが大事よん~♪)
 最後に、内臓を抜いたところにも香辛料を振り入れます。
 (香辛料が余るかも知れませんが、余ったら次回にまわして下さい。)
③②をビニール袋に入れ、良~く空気を抜いて袋を閉じ、1週間冷蔵庫で
 寝かせます。 その間、時々、ひっくりかえしたりして、全体に香辛料が
 なじむようにします。
④冷蔵庫から取り出し、良く洗って、水気を拭き取り、半日くらい冷蔵庫で
 乾燥させます。
⑤④にサランラップを巻き、中に水が入らないようにテープで留め、さらに
 ビニール袋にいれて、テープで留めます。 (要は、ボイルしている時に
 水が入らないようにします)
⑥お湯の温度を70~80度内に保ちながら、2時間ボイルします。
⑦ボイルした⑥の水気を拭き取り、半日くらい乾燥させてから、薫煙を
 かけます。
⑧薫煙のかけ方ですが、スモークチップの棒状になったものが使いやすいです。
 私の場合、その棒状のヤツを三分の一にしたものを燃やして、⑦に薫煙を
 かけるだけです。 (およそ3時間~4時間くらいでしょうか)
 スモーカー内の温度は、30度くらいが適温です。
 私の場合は、ダンボール箱を加工して、鴨の首にタコ糸を巻いたものをS字
 フックで吊るし、下から、チップを燃やして薫煙をかけます。
 あんまり神経質にならなくても、⑦の段階までちゃんと下ごしらえしていれば、
 あとは薫煙が適度に付けば、燻製の出来上がりです。

以上であります☆

いたってアバウトなワタクシですので、これで失敗しても、一切、責任は
負いかねます! (笑)
でも、質問等がございましたら、わかる範囲でお答えいたしますので、
ご遠慮なくお申し出下さい。
なお、この鴨の燻製の出来上がりは、牛タンスモークっぽい仕上がりです。
上記の画像を作成した『たけ画伯』によりますと、軽く火であぶったほうが、
より美味しく頂けるとのことです。
ホトトギスのお料理教室は、今日は、このへんで・・・ サイナラ、サイナラ・・・★ 
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-07 22:05 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(7)

あの”アコウダイ”をまた頂きました!!

a0056140_2236216.jpg土曜日の午後、ケイタイが鳴って・・・
「渓流、行った?」
「ううん、今日と明日は用事があるから、
来週に延期したんです。」
「ブログに書いてある通りだね!」
「エッ?! ブログ、見つけたんですか?!」

このブログ、マイナーっぽかったので
とりあえず日記がわりに思いのたけを
書き散らかしていたんだけど、身近な人に
読まれると、ヒジョーに恥ずかしいかも・・・
ま、見られてしまったものは、しょ~がない
かな~(笑)

昨年暮れに頂いて感激したアコウダイを
また頂いてしまった! また食べることが
出来るとは夢のように嬉しい!!a0056140_22523668.jpgあの後、ネットで検索したら、
アコウダイがいかに貴重で美味しい魚とされているか
が良くわかったから、
なおさらです。

アコウダイは、「皮」が
美味しい☆
鍋にすると、ヒレや尾の
赤い皮までプリプリッと
して、口でしごいて食べると
えもいわれぬ美味しさなのです。


a0056140_2374535.jpg今日はお刺身が食べたかったから、この「皮」を生かすために、『湯引き』にしようと思ったが、カツオの
タタキのように、皮を焼いてみた。が、見た目はいいけど、皮が締まって硬くなりすぎて、この魚は煮る調理法が一番合っているのかも知れない。 『湯引き』が正解だったかも!

アコウダイのことばかりに気を取られて、もう一つ頂いた魚の存在をすっかり忘れていました。
これは何という魚なのでしょう?  
a0056140_23253440.jpgこれらを下さったマリーナの
友人にもう一度教えて
もらおう・・・と思うが
ついつい聞きそびれてしまった。

今日の気分はイタリアン☆
豪快に塩とドライハーブと
オリーブ油をかけて、
オーブンで焼くこと30分。
身がプリッと締まって、
塩焼きにピッタリの魚だと思う。
美味しくて、一人でパクパク平らげてしまった。
ア~ア、こんなに美味しいものを独り占めしてるとバチがあたりそう・・・
また皆で鍋パーティでもしようかな!
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-06 23:38 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(5)

渓流解禁最初の週末でしたが・・・

a0056140_22341412.jpgJAFTA(日本エアーライフルフィールド
ターゲット射撃協会)の方々がお見えに
なるとの連絡を頂いたので、渓流釣りに
行くのは来週に延期して、射撃場に
出掛けた。

例の200気圧のボンベを、ヨイショ、
ヨイショと射撃台のそばまで運んで、
まずは、エアーの充填から教わることに
した。

「アレ~? これ、漏れてんじゃない?」
と、A氏。
(アダプターが壊れているのかしら・・・?)
と、不安になった私。

A氏: これ、200気圧のボンベ? 
    たぶん、200も入っていないねぇ。
私 : 一度だけしか使用していません。その時も180気圧までしか入りませんでした。
T氏: このボンベには最初から200入っていなかったんだよ。
    気温が低いと時間をかけないと充填出来ないから、一日預けて充填するくらい
    じゃないと・・・ 皆のは、300気圧のボンベだよ。 (と言って私に300気圧ボンベ
    を持たせる)
私 : ワ~ッ、軽い!! これだったら私にも楽に持てます。
T氏: 200気圧のボンベでは、200気圧を充填することは、ほとんど出来ないんだよ。
    ましてや、200入っていなかったら話にならないよ。
    (元物理部のニコルさんのコメントを思い出しました。ニコルさんは正しかった!) 
    このボンベはオークションで売って、300気圧のを買ったほうがいいよ。

ヨシッ、明日はヤクオフで、ボンベを売るぞ~~☆

Y氏: このスコープ、水平に取り付いていないよ! (と言って、付け直してくれた。)

50メートルの標的を狙う。 若干、下にずれているが、弾はまとまっている。
レチクルで調節し、再度挑戦!  
ど真ん中に当たった!!

N氏: 次は、30メートルを狙ってごらん。 1ドット上の目盛りを標的に合わせるんだよ

鴨の形をした標的の頭を狙う。
すると、見事な、ヘッドショット!! 何発撃っても、同じところに着弾する。

すっかり、嬉しくなってきた!!
銃の構え方など、基本的なことも教わった。 
何はともあれ、私のサイクロン君に非はなく、問題は私の未熟な知識だったと
いうことがわかったので、良かった☆
やっぱり、何事も、基本をきちんと学ぶことは大事なんだな~
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-05 23:47 | Comments(3)

3月1日は、渓流釣りの解禁でしたが・・・

a0056140_0181090.jpg解禁が平日の場合は、鮎釣りの
解禁でも、その週末までガマンします。
何だか、会社を休んで川に行っても、
後ろめたい感じがして、釣りに集中
出来ないような気がするから・・・

今年の渓流解禁日は、雨は降るし、
寒いし、ど~せ行ったって釣れなかった
だろうな・・・

なんて思っていたら、大間違いでした!

今日、年券を買いに釣具屋さんに行くと
「今年の解禁は、釣れたよ~♪」と
ニコニコ!!
去年の秋に放流した5センチほどの
ニジマスが16センチくらいに成長して、
それがバンバン釣れたそうです。
一人、30匹以上・・・ 中には80匹釣った人もいたそうで!

「から揚げにちょうどいいサイズですね!」
でも、いいんだも~ん。
私が釣りたいのは、ニジマスではなくて、大きなイワナか、アマゴだもんね~☆

「去年は12月30日に鮎釣りして、40匹くらい釣ったよ。」と、ご主人。
「エッ? あの寒いのに、鮎釣りって・・・?」

「12月20日にも、3人で竿出して、それぞれ30匹以上釣ったからねぇ。
お正月に鮎釣りした仲間もいたんだよ。 こんな年も珍しいねぇ・・・
きっと、雨が少なかったので、鮎が下れなかったんだねぇ。」

勝治さんが、12月25日にサンタの赤い帽子をかぶって鮎釣りをしたことが
あるってコメントに書いてあったけど、去年は、そうすべき年だったんですね!
ウ~ム、いくら鮎釣りが好きでも、冷えて身体に悪いかも・・・

それにしても、この興津川って川は、渓流も鮎も、『解禁日に雨が降ると
メチャクチャ釣れる』ジンクスがあるということが判明いたしました(笑)
だって、去年は晴れたけど、おととしも、その前も、鮎の解禁日は大雨で、
寒くて、平日だったけど、(ア~ア、解禁なのにこんなに降って、川は
濁るし、増水するし、寒いし・・・で、会社休んで行った人達は気の毒だなァ)
なんて思ったら、とんでもない間違いで、その濁る前の午前中に、30~
50匹という爆釣状態で、皆、ホクホク顔だったという記憶がある。

今年の興津川の鮎の解禁日は、確か土曜日だったよね!

もう、こうなったら、雨でも、台風でも、ド~ンと来て欲しいわ!!(笑)
いや、台風は、やっぱりやめて欲しいな~。 その頃は、私の大事な
イングリッシュ・ローズがちょうど開花する頃なんだもん。

あさってはエアーライフルの指導を受けるので、今週末の渓流釣りは
延期!! さて、明日は渓流の道具を出して、来週に備えようっと!
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-03 23:16 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(2)