~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんにち..
by hototo-gisu at 22:51
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:33
お久です 此処に書くこと..
by ちゃぼ at 13:16
あいちゃんの動画で和ませ..
by kai at 10:43
>鮎猫さん こんばんは..
by hototo-gisu at 21:15

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

興津川、鮎解禁の出来事 Part Ⅱ・・・

a0056140_2221561.jpg先週末は休養の為、鮎釣りはお休み。
いや、解禁の前から仕事がハードで、
夜も覚醒状態('_')で、眠れなかったり
したのです。

解禁2日目に興津川に行った時の
出来事の続編ですが・・・

「ホトちゃん、”ヤフー”に入ってる?」
と、たけちゃんから声が掛かった。
私はたった今、4匹目をバラしたショックで
放心した頭で、「入ってるよ~」と返事。
たけ: じゃ、電話番号わかる?
ホト: わかんない・・・ (???)

”ヤフー(Yahoo!)”じゃなくて、
”ジャフ(JAF)”だったのねー。 
愛知のGamakatsu軍団の方が、車のキーを車内に入れたまま、ロックして
しまったらしいのです。 3人でいらしていたのですが、皆、ケイタイを忘れていて、
たけちゃんがケイタイを貸し、無事にJAFを呼ぶことが出来ました。

思いがけない人助けをして、興津から、たけちゃんちに帰ってきた私は、ハッと
しました!
「たけちゃん、私、バックを和田島のトイレに置いてきちゃった! 今から
和田島の交番に電話してみる!」
で、交番に電話したのですが、「巡回の為、留守にしております」とのアナウンス。

ホト: どうしよう・・・ カードは入ってないけど、お財布と免許証入ってるの。
たけ: 和田島の友達に電話してみるよ。

その友達というのは、たけちゃんの高校時代のバンド仲間で、和田島のお酒屋の息子
さんなのです。
この前、渓流釣りに行った時に会ったのが高校生以来だということでしたが、果たして、
おウチにいるかなぁ・・・

電話したら、運良くいらっしゃいました。 で、事情を話し、JAしみずの、お茶屋さんの
トイレを見に行ってもらいました。

斉藤さん: 緑色のでしょ? ありましたよ!!
ホト:    ありがとうございます。 今、そちらに向かっています。

疲れもあったけど、持病の頭痛の兆候があって、ボーッとしていたのよね。
これから体調が悪い時は、解禁と言えども無理しないで休むようにしようっと。
それにしても、たけちゃんの友達が、偶然にも和田島に居てくれて良かった!

たけ: 「持つべきものは、”疎遠”の友達」って、昔から言うでしょ?(笑)

斉藤さんのおかげで、免許証やお財布が無事でした。 感謝ですぅ~。
和田島のJAしみずのそば、向かいに広い駐車場がある、ディスカウントの酒屋さんが
斉藤さんちです。 「酒」と、大きく看板が出ているので、近くをお通りの際には、
ぜひ、お立ち寄り下さい! お酒がダメなら、ジュース類でも!! 
そうそう、この画像の、純米吟醸「おきつ紀行」は、そこでお求めになれます。
鮎釣りのおみやげに、ぜひどうぞ!!! ← お礼がわりに宣伝しておきます(笑)
ただし、味の保証はいたしません。 (???)
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-30 00:11 | 鮎釣り | Comments(32)

秋田から、山菜と海の幸が届きました!

a0056140_21512261.jpg残業で遅くなっちゃって・・・
でも、無事に秋田からの
荷物を受け取ることが
出来て良かった☆

左下から「ホンナ」「しどけ」
「アイコ」という山菜。

お魚は、上が「ソイ」で、
下が「メバル」。

秋田は去年の暮れからの
記録的な大雪で、いまだに
雪代が出ていて、渓流釣りが出来ないらしい。
「藤の花だって、まだ、咲いてないんだよ! 山菜も、普通は順番に出てくるんだけど、
今年は一気に今、採れているんだよ。」と、友人。

「鮎、釣れたら送るね~♪」
「うん、でも、山女魚は? 釣れなかったの?」

「・・・。」

さて、遅くなったけど、これから、魚をさばくか~~☆
ソイは、お刺身と、潮汁。 メバルは煮魚にします。

県民性っていうのがあって、秋田の人たちは、「ラテン系」だよね~。
ココの人たちは、穏やかっていうか、平和な人たちなんだよね~。
競争心がないというか、商売っ気もないし、それでいて、強力な商売敵っていうのも
不思議と現れないっていう・・・まぁ、争い事は、無いに越したことがない。

魚を見つめながら、そんなことをぼんやり考える、今日のワタシでした。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-23 22:17 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(16)

興津川の鮎釣りが解禁になりました♪

a0056140_2324541.jpg
2006年5月20日 朝4時に起床して、たけちゃんと一緒に興津川に向かった。
私がヘンな飛ばし方をするので、途中でたけちゃんから運転を代わって欲しいとの注文!
ようやく現地についたら、興津川は濁って大増水!!
「昨夜9時ごろに、集中豪雨だったんだよ。 その前に東京のお客さんから電話があって、
『明日は釣りになりますよ』って言った後だったので、まいったなぁ~」と、”さかなや”
オトリ店のご主人。
「中河内川の学校前で、入れ掛かりだって情報が入ったよ。見てきたら?」と言われ、
各支流「布沢川」「黒川」「中河内川」を見て回ったが、中河内川で1本釣れるのを
見ただけだった。

「このぶんじゃ、明日の朝も釣りになるかなぁ・・・」ということで帰って、海を見に行き、
それから、紫蘇の葉の苗を植え替えたりしているとケイタイが鳴った。

「午後から興津に来たんだけど、○○さんが20匹釣ったんだって。」

なるほど・・・ ○○さんはJPAのプロで、解禁の時など、最低50~60匹釣る人なので、
その人が20匹じゃぁ、私には釣れなかったかもね。。。
a0056140_034328.jpg
そして翌日の21日・・・ 興津川でようやく竿を出しました。
竿が連立しているので、仕掛けのセットをしながら、スペースが空くのをじっと待つ。
で、竿を出したけど、うんともすんとも言わない。 まわりもポロッ、ポロッとしか掛かって
いない。 そこへ強烈?なアタリが・・・
「アッ、たけちゃ~ん、掛かったよ~!!」と言って、引き抜いたら7cm程のチビアユ!!
その後2匹を追加し、計3匹!(↑の画像は、そのうちの1匹)

お昼になったので、コンロを設置してもらい、トウモロコシとエゾ鹿のハンバーグと
鮎を焼いて食べた。 
釣果は芳しくなかったけど、青空の下、久しぶりの鮎釣りと楽しい河原での
ランチで、とっても充実した解禁日が過ごせて、とても嬉しかった。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-22 23:22 | 鮎釣り | Comments(7)

鮎解禁まで、あと2日!!

a0056140_203316100.jpg

なんと昨日まで、仕掛けをたったの一つも作ってなかったのです!
さすがに焦ってきたので、初めて咲いたモモちゃんの画像をUPするのをあきらめ、
仕掛け作りを始めました。
以前は、お正月休みから、仕掛けや針巻きを開始してたので、それだけ鮎釣りに夢中
だったからか、よほど他にすることがなかったのか!(笑)

さて、目印は、と・・・ メタルラインには、どうやって付けるんだったっけ・・・?

情けないわ~、仕方ないから、鮎の本でも開いて見るか・・・ と、伊藤稔氏の
「鮎釣りをやってみよう」を開いてみる。
『目印は、”片編みつけ”で編みます』――― フムフム、”片編み”ね☆
アレッ? どうやるんだっけ・・・ しばし呆然・・・
でも、28歳くらいから渓流釣り始めて、最初は”片編み”しか使ってなかったでしょ。
そうそう、若い時に覚えたことなら、やってみれば思い出すはず!

コーかな、アーかな・・・とやっていたら、出来ました(汗。。。)

そんな調子で、天井糸から、ハナカン周り、水中糸など4セット作るのに、なんと
SPITZのベスト盤CDを4回も繰り返し、聴いてしまった♪
だって、神経使うんだもの・・・ このメタルライン、直径0,052mmよ!
そういえば昔、VARIVASのスーパーメタルが発売された時、仲間の一人が
ぼやいていたっけ・・・
「女房が『アンタ、昨日、髪の長い彼女を家に上げたでしょ! 長い髪の毛が畳の上に
落ちてたわよっ!!』って怒ってるんだよ。 で、心当たりないしさぁ、何でかな~と
思ったら、仕掛けを作った時、メタルラインの切れ端が落ちたんだね。 参ったよ~~」
そりゃあ、間違うわよね、あの細さと外観・・・ ま、大事に至らなくて良かったねって話。
a0056140_20525366.jpg
一番生長が遅かったモモちゃんが
ようやく昨日、咲きました♡
想像してたより小振りだけど、とっても
繊細な美しさで、会社の人達からの
ウケも、グラちゃんの次に良い。

よしよし師匠が言う”ベテランホステス風”
エルちゃんは、あんまし褒めてもらえ
ないなぁ・・・でも、他人はどうでも、私が
気に入っているから、いいのだ~♪

毎日、どのバラも花を開いて、私を
ドキドキさせる。 ア~、幸せだぁ~☆
ここのところ、超ハードな毎日なんだけど
気持ちが覚醒状態にあるみたいで、
思ったほど疲れていない。
これから20本、針を巻きます。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-18 21:23 | 鮎釣り | Comments(26)

今日は母の日♡

a0056140_2331232.jpg私の母は15年前に亡くなったが、
何か私に悪いことが起こる度に
守ってくれているような気がする。
だから毎朝、般若心経を唱えて、
お水とお花は欠かしたことが無い。
私は、無宗教だけれど、神様は自分の
心の中にいると信じているし、
亡くなった両親と弟が、必ず私を
見守ってくれていると信じている。

今日は母の日なので、日頃から尊敬し、
気に掛けて頂いている、たけちゃんの
お母さんに、プレゼントをすることにした。
・・・というか、新聞の社評に書かれていた
本を見たときに、たけちゃんのお母さんの
ことが頭に浮かんだのです。
この本というのが、「自分史年表」という
本なのですが、たけちゃんのお母さんは7●歳なのにシャキッとして、車は運転してるし、
スイミングスクールに通ってるし、お習字も習っているし・・・で、そんな表面的な凄さだけ
ではなく、話を聞いていると、ぜひ、自分史を残しておかれたほうがいいのでは・・・と
思わせる、とても素敵な女性なのです。
ただ、いざ、この本を取り寄せてみたら、表紙裏の「推薦のことば」に『ボケ防止に
役立つ・・・』とか書かれてあるので、それをそのまま受け取られると私の本意では
ないので、誤解のないように手紙も添えました。 ついでに私が育てたバラの花束も♡

a0056140_23575631.jpg「今朝、海岸に片口イワシが打ち上げ
られたらしくて、5匹ほど頂いたの。 
開いてお酢に漬けているので、それを
ワサビ醤油を付けて食べようかと
思っているのよ。」と、たけちゃんの
お母さん。

「もしかしたら、そのイワシを狙って、
ヒラメとかが釣れるかも知れない。」
と、たけちゃんが言うので、私も
ルアーを振ることにした。
――が、波が荒くて、足は濡れるわ、
ルアーは3つも失くすわ・・・
でも、素手で→をゲット!

たけちゃん曰く、「アナタは、何にも
出来なさそうに見えて、実はスゴイ
結果を残す人なのねぇ~」って
褒めてんだか、呆れているんだか、ヘンなお言葉をチョーダイ致しました(笑)

ま、この前の渓流では実力(?)をお見せ出来ませんでしたが、 鮎釣りでは、
「結果」を残せるように、努力致します!!
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-14 23:47 | バラ、ガーデニング | Comments(17)

興津川の解禁前に・・・

a0056140_2228174.jpg下見をしようと思ったけれど、連日、
雨続きだし、今日もドシャ降り!

それでも、解禁に入る場所だけ
確認しようと出掛けた。

途中、いつもは水がチョロチョロとしか
流れていない庵原の川も、増水して
真っ茶色!!
(興津川も濁っているかなぁ・・・。
このまま、解禁まで、毎日雨が続いて、
解禁日には誰も竿を出せなくなると
いいのに・・・)などと、不謹慎なことを
考えてみる。

今年は興津川の解禁が20日土曜日で、
次の日の21日、日曜日は狩野川の
解禁である。
解禁日が連続するなんて、過去には無かったことだから、今年は全国から多くの
釣り人が押しかけることだろう。
おまけに、今年は例年になく、鮎の遡上が良いという話だし・・・

「興津川は、土(ド)の堰堤より上には、天然鮎が遡上できない。」といわれているらしい
けれども、本当なのかな?
試し釣りでも、今年は下流の方が釣果が良かったから、天然鮎の数が多いという証拠
なのかも知れない。
ケッコウ、結構! 皆さんは、なるべく下流で釣って下さい。
私はいつも通り、上流へ向かいます! 

あんなに他の川が濁っているのに、興津川は増水しているにもかかわらず、ほんの
かすかに濁っている程度!
この分じゃ、解禁も大丈夫か・・・ もしかすると、解禁2日目も、狩野川が濁ってダメで、
興津川はOKという事態になるかもしれない。 ヤダ~、2日続けて、人混みの中で
鮎釣りするのは、ゴメンこうむりまするぅ~(笑)
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-13 22:25 | 鮎釣り | Comments(9)

雨が続いているので・・・

a0056140_1859992.jpg湿気を嫌うバラにとっては、過酷で
可哀そうになります。
それでも雨の中、けなげにコウベを
垂れながらも咲くパット・オースチン→

イングリッシュ・ローズ――
ディヴィッド・オースチン氏がこれまでに
作出したのは100種類を超えている
と思うが、その中でも、愛する妻の
名前をこのバラに名付けた理由が
育ててみて良くわかる。
つぼみの姿から愛らしく、咲いた姿も
可憐で香り高く、他には類のない、
美しいアプリコットカラー。
樹形もカーブを描いて育ち、すごく
女らしい・・・
なのに、ビックリするほど”丈夫”です!
a0056140_19194033.jpg
女房は”容姿よりも丈夫が一番”・・か?
パットちゃんは、どちらも兼ね備えていて
文句のつけどころがございません。

私が剪定を誤った為に、すっかりひ弱に
育ったグラちゃんがようやく咲きかけて
きました→
湿気に弱くて、すぐに「うどんこ病」が
発生し、目が離せません。
でも、白くて可憐な花を見せてくれて
本当にありがとう♡

バラって、完全に咲いてしまった姿
より、咲きかけた姿が好きなのですが、
エルちゃんの完全開花を見た人は
誰もがビックリするみたい・・・
a0056140_19354991.jpg
「エッ? これがブログに出てた
クリムゾンのバラ?? まるで
違うじゃん~ こんなにデカイの?
L.D.ブレスウエイトって名前、
”Lサイズで、デブで・・・”って
いう意味? 何か、普通のバラを
何輪も束ねたみたい・・・」と、
たけちゃん。
ヒド~イ、「Lでデブ」は、ないでしょ!
しかし、会社にも持っていって飾って
あるけど、皆、異句同音であります。

私はどのバラも同じように可愛くて
仕方がありません。 
もう、いとおしくて、いとおしくて・・・
銃の引き金の調整も、鮎の仕掛けを
作らなくちゃならないのも、ヤフオクにボンベを出品するのも、もう、どうでもイイ!!
――― なんて思う、今日のワタシです。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-11 19:56 | バラ、ガーデニング | Comments(9)

猪肉を料理するのは、何年ぶりだろう・・・

a0056140_21502278.jpgたいちょ~さんから、美味しそうな猪肉を
頂いた。
猪肉の鍋のことを「ボタン鍋」と言うので、
料理屋さんの真似をしてみました(笑)
 
でも本当の猪鍋は、猪肉と大根だけを、
赤味噌仕立てで煮るものだと教えられ、
以来、その作り方を守っているのですが、
その料理法だと、盛り付けなんか全然
関係ないみたい。

重要なことは、まず、スライスした猪肉を
良く煮込んで、赤味噌主体に甘辛く
味付けをしたら、大きめに(大き過ぎる
かな~と思うくらいに)”ささがけ”に
切った大根を加えて、良~く煮込む
こと!
a0056140_2216541.jpg
大根がべっ甲色に良く煮えたら
猪肉も食べ頃になっているが、
煮れば煮るほどに柔らかく、
味もしみて、美味しくなる。

でも、私、待てないものね~
これでも、1時間半ぐらい煮ました。
猪肉の脂身は、他の肉のそれとは
まるで別物で、ゼラチン質が多くて
プリプリしてるのよね~
だから、猪肉の脂身だけは、捨てちゃ
ダメなのです! これが美味しいん
だから~♡ →

そうなのよね、こうやって大根を
大きく切る理由がわかった!!
大根は煮込むと水分が抜けて
縮むし、大きいからこそ、猪肉のうまみも煮含みながら、尚且つ、大根の味も生きて、
交互に食べると、猪肉の味が、より引き立つのです。

たけちゃんにも猪肉を食べさせてあげると約束してあるので、今、同時進行で
「角煮」も作っています。
大根の煮たのは苦手だというから、しょ~んないもんね(笑)

そろそろ味付けをしても、いい頃かな・・・

たいちょ~さんといい、ロシコさんといい、こんなに身近に、エアーライフルを所持する
仲間が出来て、とても嬉しく思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-08 22:36 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(9)

JAFTAの射撃大会に参加しました!

a0056140_21291087.jpg

「参加することに意義がある」って、本当にそう思っての参加です。
サイクロン君なら、どうにかなる・・・というカンジでエントリーしたが、
試し撃ちの際に、またしても、「マガジン」の装填の仕方がわからなくなってしまった!
(おととい、マガジンの装填練習して、マジックでしるしも付けたのに・・・???)
困った時の吉田統括事務局長様・・・ということで、恥も外聞もなく、またお聞きすることに
した。(↑の画像の右に座っていらっしゃる方です。)
そしたら、マジックの位置が一つずれてたのね~。 ア~、わかって良かった!!

そんな低次元のレベルでしたが、さすがサイクロン、前回サイト合わせしてあった以来
なのに、弾は安定してグルーピングしている。
a0056140_21441256.jpg
→は、最初の依託射撃
10発の結果票です。
20点満点中、17点です。

このあと、「立射」「ニーリング」
「シッティング」「フリー」と10発
ずつ撃つのですが・・・

「立射」以降は、銃を何かに
依託出来ないので、銃口
が安定せず、スコープの
クロスが合わない・・・
a0056140_21543639.jpg
第一、依託射撃以外の
格好で撃ったことが
ないから、どうやって
構えていいかさえ、
わからないのです。

見かねた皆さんが
お尻に敷く敷物を
貸してくださったり、
椅子を持ってきて
下さったり、足の
位置を安定させる板を
探してきて下さったりと、いたれりつくせりで、本当に恐縮してしまいました。
練習しないで、甘く見てたわけじゃないけど、本当にごめんなさい・・・

そんな皆さんのご厚意にお応えする事が出来たのが、最後の「フリー」。
↑の画像の3枚目がそうですが、20点中12点。 おこがましくも、フリーのみに関して
いえば、吉田統括事務局長に次いで、2位の成績だったから驚きです。
皆さんのおかげです。 ほんとうに!!

a0056140_2215864.jpg

しかし、何より嬉しかったのは、ブログをきっかけにお知り合いになれた「たいちょ~」が
優勝したことと、ロシコさんの旦那様ロージーさんが、まだ銃の所持許可を受けて3週間
しか経っていないのに、4位入賞したことです!
↑の画像は、たいちょ~ですが、全ての動作に無駄がなくて、たけちゃんと二人で、
「カッチョエ~!!(カッコイイの意)」と、ため息まじりに絶賛していました。
エースハンターというポンプ銃だったので、撃つたびに空気を入れるために9回ほど
ポンピングしなくちゃならないので、10発×6(試射も含めて)×9回=540回の
ポンピング・・・ 銃を半分に折った状態で、両端を手でタンバリンを叩くように合わせて
空気を入れていくような作業なのだけど、空気を圧縮しながらなので、すごい力が
いると思うのよね~ 見ているだけで、息切れしました。。。
おまけにスコープは4倍の倍率のものなので、50メートル先の標的は
スコープでは見えない為、撃つたびに別のスコープで確認していました。
それで、あの集中力と冷静さと結果・・・ スゴイです! カッコイイです!! 

ロージーさんも努力家だし、才能もあるよね~。 これからが楽しみな方です。
ロシコさんも、いい先輩がそばにいて、心強いですね!
二人で叱咤激励して、これからも精進してね~☆

この大会に参加して良かった! いろいろ反省することしきりですし、これから、
こうしてみたいという意欲が湧いてきました。 
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-05 21:17 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(14)

夢だった「青いケシの花」を見ることが出来ました!

a0056140_209279.jpg先日、ロシコさんのコメントにレスしてたら、
ふと思い出した「青いケシの花」。
ヒマラヤ原産で、種は通販で入手可能
だが、おそらく普通の環境じゃ、栽培は
不可能だろう。
この花を見たいが為にヒマラヤに登る人も
いるらしいし、私も以前テレビで見た時から
いつか一度、本物を見てみたいと思い
続けてきた。

昨日、新聞に『浜松フラワーパーク、
青いケシ展、5月7日まで』と広告が
あったのを見るや否や、電話で
問い合わせをした。

「本当に”青いケシの花”が見られるの
ですか?」と、私。
すると、自信タップリと、「この特別展の為に合わせて、開花させました。5月7日までで
終わりです」という答えが返ってきた。
そういえば、たけちゃんが、偶然にも「小学校3年生の時に行った、”浜松フラワーパーク”
が見に行きたいけど、ホトちゃん、行く?」って言ってたっけ・・・
――が、昨日は疲労の為ダウンしてしまい、(きっと無理だわ・・・)と朦朧する頭で
あきらめていた。

しかし、今朝目覚めると、昨日の不調がウソみたいに回復しているではありませんか!

お天気にも恵まれて、たけちゃんのエイトで連れてってもらった『浜松フラワーパーク』。
おととしの花博よりも、ずっとステキなところだと思った。 花を楽しめるのはもちろんの
こと、随所にベンチが置かれてあり、休憩しながら、のんびりと花や眺めを楽しめる。
音楽と噴水のショーも30分ごとに楽しめるし、規模が壮大で美しい。
芝生や、木陰や池などが広々と広がり、花だけでなく、自然そのものを楽しむことが
出来る。

肝心の「青いケシの花」ですが、確かに咲いていました!!
ただ、25度以上での栽培は無理とあるように、花自体の色がヒマラヤのそれに比べると、
かなり薄いような気がした。(実際のものは見たことがないけど・・・)
それに、バックのスクリーンのヒマラヤの写真に、もっと配慮して欲しかった。
青い背景だと、せっかくのケシの花の青さがぼやけてしまう・・・

「でも、こんな風に特別展が開催されるくらいだから、ホトちゃんみたいに関心を持つ
人が多いってことだろうね」と、たけちゃん。
そうなのね、きっと!

本当に見たかったから、嬉しかったよ~☆
これも「シンクロニシティ」だよね! だって、忘れていた長年の夢が、思い出して間も
なく、偶然にもかなうなんて・・・ 
思い出すきっかけとなったロシコさんと、誘って連れてってくれたたけちゃんに、心から
感謝したいと思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-04 20:06 | 自然 | Comments(1)