~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>非公開さん こんばん..
by hototo-gisu at 23:47
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:36
こんばんは。 今回は賑..
by kai at 22:50
>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:08
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:52

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「ハヤ・キラー」って呼ばないで!

a0056140_16222840.jpg4月20日はTakeちゃんの誕生日。
和菓子党の私がケーキを焼くようになるなんて、思ってもみませんでしたが、人間、やる気が肝心なのであります!

1つ目は、膨らみが足りなかったので、2つも焼いちゃいました。 デコレーションも“繊細さ”にほど遠い出来だけど、それがいかにも『手作りケーキ』っぽくて、宜しいのではないでしょうか? あ〜、向上心に欠ける私であります。
それにひきかえTakeちゃんは、渓流釣りも熱心だし、絵や書道のほうの勉強もしたりと好奇心旺盛で、ちっとは見習わないといけないなぁ〜と思う今日この頃…。
女性の場合、外見的には若い方が良いと思われる風潮があるけど、男の人はトシをとっても、生き様が風貌として顔に刻まれて魅力を増したりするので、トクだよね〜( →_→)
最近、目が悪くなってきたとボヤいているけど、いつまでも元気でいてくれたらいいなぁ…と思っています。
a0056140_20461517.jpg
4月21日(土曜日)。 天気予報では「雨」だったのに、時折、陽がさしています。 渓流釣りには、雨のほうが良いのに… 
『目に青葉、山ホトトギス、初ガツオ』ですが、↑山ホトトギスさんは、あまりの強風でホトホトであります。 今日はニコルさんに、山のようなハヤを釣って送ろうと、はりきって来たのに、風が強すぎてアタリも取れないどころか、竿がまともに持ってられません(>_<)。 午前中に釣れたのは、小さいニジマス1匹とハヤ1匹、ハゼの仲間?1匹です。 いずれにしても、午後には実績のある“ハヤの爆釣ポイント”に行く予定だから、あせらなくても大丈夫だろうと思っていました。

ハヤ釣りは苦手というTakeちゃんを残して、私だけ“ハヤポイント”に向かいました。
いつものところに車をとめると、橋の下でオジサンが一人、竿を出していました。
私が車を降りて、竿を持って車を離れようと、2、3歩、踏み出したその時…

「上流に行く気か?! ワシが下流から釣って来たのをわかってるだろうが!!」

と、いきなり怒鳴られました。 あの〜、私、今、ここについたばかりで、まだ道路にいるんですけど?

ホト「あ、じゃあ、下流に行きます」
オジサン「なにぃ? 根性悪だな! そこで待ってろ!!」

言われた通り、その場でオジサンが来るのを数分待ちましたが、オジサンは釣りを続けていて、いっこうに上がってくる様子がありません。
しかたがないので、ゆっくりと、下流の一カ所しかないハシゴを降りて、降りたすぐそばで釣り始めることにしました。 ここなら、すぐにオジサンも来れるはずです。 が、やはり、気分が悪いもんです。 しばらくしても来ないので、ここは、大きく場所を変えることにしました。 先週、良型のアマゴが釣れた本流のポイントに行きました。 時間は午後2時46分。 Takeちゃんを迎えに行く時間まで、あと20分くらいしか釣れません。 それでも、竿を出すと、ハヤの群れにあたって、入れ掛かりです。
とりあえず、釣ったハヤが入った鮎用の友舟を川に浸けたまま、Takeちゃんを迎えに行きました。

Takeちゃんに会うなり、事の一部始終を話しました。

Take「なるほど、自分が釣った後の下流を釣るって言ったので、生意気だと思ったのかも知れないね。」

ホト「あ、そういう風に受け取っちゃったってわけ? しかしさぁ〜、あんな狭い川なのに、解禁になってから、もう何百人という釣り人が入っていて、今日だって、朝から何人も釣った後じゃないかと思うのよ。 こんな女ごときに目くじら立てたって、しょうがないじゃないのねぇ〜。 私だったら『どうぞお先にお釣り下さい。私はその後を釣らせてもらいます。』って思うよ。 それで釣れなかったら、(私って下手なんだなぁ、修行が足りんなぁ)って思うわけよ。」

あ〜、Takeちゃんに一気に話しまくって、スッキリしました(⌒-⌒)
女っちゅうもんは、こうやって話を聞いてもらうだけで、気分が楽になる生き物なのよ。 まぁ、鮎釣りしていても、いろんな釣り師がいるから、私も慣れてきたのか、スレてきたのかわからないけど、あのオジサンに怒鳴られたのが、Takeちゃんじゃなくて、本当に良かった! もし、Takeちゃんだったら、「あんなオジサンのいる川には、二度と行かない!!」って言いそうだもの。
a0056140_1448836.jpg
1時間ちょっとでこんなに釣っちゃいました。 40匹ぐらいはいると思います。 Takeちゃんはこのうち5匹しか釣ってないから、ほとんど私が釣ったってことです。 あ〜あ、鮎もこのくらい釣りたいな〜。

ハヤの釣果のmovieはココ

100匹が目標だったけど、たくさんあっても料理が大変だと思うし、そもそも私自身も食べた事がないので、とりあえずこれだけ、ニコルさんに送らせて頂きました。
マコトさんのコメントにあった、『カワムツ』という種類の魚がほとんどだと思いますが、美味しい魚であることを祈るばかりです。

翌、4月22日(日曜日)。 曇り時々雨の肌寒い陽気です。
稚鮎がた〜くさん群れになっているのが見れました。 その群れは、灰色の帯のように見えます。 デジスコ仲間によると、鮎の稚魚を放流したばかりのようです。
a0056140_1652212.jpg
あまりアマゴが釣れないので、釣れたらすぐにケイタイで撮影するようになりました。 ヤマメ釣りをしてきた私にとっては、アマゴっていうのは未だに“物珍しい”魚です。
銀毛っぽいアマゴが多い中、このアマゴは珍しく“渋い色合い”です。

秋田の岩見川水系に“小又川”という小さい支流があり(*注…阿仁川水系の小又川ではありません)なぜかこの川のヤマメには、アマゴのような朱色の斑点があって、尾びれにも朱色の縁取りがありました。
なぜ小又川にだけ、そんな個体がいたのか… 謎とされていました。  
今と違い、誰かがアマゴを持ち込んで勝手に放流するなんてことは、有り得ない時代です。 それも小又川にだけ…というのは、考えられないことなのです。
『小又ヤマメ』…とても綺麗なヤマメでした。 今でもきっと、あの山奥で、ひっそりと生きているでしょう。
このアマゴをみて、小又ヤマメを思い出してしまいました。

人との出会いにも『一期一会』があるけれど、釣りでも、猟でも、生き物たちとの忘れられない出会いがあるもんだなぁ…と思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-04-23 17:13 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(15)

鮎、アマゴ、キジさんに会いました♪

3月も過ぎ、(どうなったのかな〜)と思っていたら、メールが届きました。
a0056140_15225970.jpg
4月7日にソユーズが打ち上げられ、4月9日23時10分に、国際宇宙ステーションにドッキング成功との知らせです。 このソユーズには、私達を含めて、3222組のカップルのメッセージと写真が収められたCDが載せられておりました。 それが、宇宙ステーションに無事、届けられたということです。
a0056140_15233854.jpg宇宙開発には何の関係もないけど、夢のある話じゃあ〜ないですか!!  いつの日か、地球人以外の人類(?)の目にふれることがあるかも知れません。 私達のは富士山をバックにした写真なので、「コノヤマハニホンノフジヤマデハナイカ」と、宇宙人、ワッカルカナァ〜???

で、待ちに待った週末ですが…
4月14日(土曜日)。 気温は24度を超え、頭痛のため“絶不調”の私…
たけちゃんは釣りに出たのに、私は午前中、車でダウンです(T_T) 
お昼は、木陰のあるところで…と移動したら、とある会社がイベントをしていたのに出くわしました。
a0056140_16165025.jpg
アマゴすくい大会をやっていました。
川のヘチの分流をせき止め、23センチ程のアマゴをたくさん放流して、子供達やお母さん達が虫取り用の網ですくっています。
聞いてみると、河原のすぐそばの会社の、福利厚生事業の一環だということです。
テントでは、山菜の天ぷらなどを揚げていたり、お年寄りもくつろいでいて、とってもなごやかな雰囲気です。
「今どき、こんなことやってくれる会社、珍しいよね」と、Takeちゃん。
アマゴすくいをやっている人達は、誰一人として偏光グラスをしていないので、水中のアマゴが良く見えないみたいです。 これでは捕り残しが出るに違いありません。
「夕方、ここに寄って、アマゴをすくって帰ろうね!」と言いつつ、頭痛も治まってきたので、私もアマゴ釣りを開始することにしました。
a0056140_16424372.jpg
釣りましたよ〜☆
良型です! すかさずケイタイで撮ろうとしましたが、画面が反射して、良く見えな〜い!  でも、とにかく撮っちゃえ〜〜!!
 
a0056140_1648335.jpg
相変わらず、ハヤも良く掛かります。 なるほど、婚姻色が出ています。 これを「サクラハヤ」と言うのか…  来週は山ほど釣って、ニコルさんに送ってあげたいです☆  楽しみだなぁ〜♪ 
a0056140_1653060.jpg
夕方帰ろうと、車を走らせていたら、キジがいました!
「メスも居るよ! デジスコしたら?」というわけで、しばし撮影タ〜イム。
メスを2羽も引き連れたオスキジは、Takeちゃんが近寄って行っても、余裕でエサを食べています。 (おぬし、今が猟期じゃないこと、知ってるな?)
ムフフ、たくさん子作りしてよ〜☆ ここは乱場で、撃って良い所なんだもん♪
そうこうしてたら、すっかり、“アマゴすくい計画”のことを忘れてました。
(ま、いいか、明日釣ればいいんだも〜ん)

そう余裕をかましていたのですが、明けて4月15日(日曜日)。
a0056140_1785390.jpg
昨日とはうってかわり、気温が下がって、寒〜〜い(>_<)
ここは興津川の中流付近なのですが、鮎の食み跡があまりないのが気になりました。
石は泥のようなものをかぶっているし、アカ腐れ状態なのかな…
アマゴも釣れないけど、鮎のことも気になります。

でも、ちゃ〜んといました! 水通しの良い瀬には、束になって泳いでいました。
良かった〜〜☆ それに、すこし上流の石の多い瀬は、小さい鮎の食み跡がいっぱいです。 
a0056140_1717314.jpg
この日はオイカワも数匹釣れました。
オイカワらしい模様がはっきり出ていないので、最初はハヤかと思いましたが、尾ビレが長いし、ウロコが硬いし、うっすらと青っぽい模様も見えます。
これが鮎釣りの時期になったら、もっと青とピンクの稲妻模様がはっきりしてくるんだろうな…  外道なので、写真撮影したら放流しました。
この日は、私がアマゴ1匹、Takeちゃんが、ニジメ(ニジマスとヤマメのあいのこ?)1匹です。 ん〜、厳しい〜〜〜。
でも、私はそろそろ、鮎の仕掛け作りを始めないといけないなぁ〜と思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-04-16 17:27 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(16)

川で、五目釣り???

4月7日(土曜日)。
重度の『川中毒』に陥ってしまった私達は、今週末も渓流通いです。
 
先週はアマゴと銀毛アマゴを美味しくいただいたので、(今週は、ぜひ岩魚骨酒を…)と思い、山奥の渓流に向かったのですが…
a0056140_14254022.jpg
すでに、先行者が入っていました。
「釣れますか?」と尋ねましたが、「何にも釣れない。」との返事。
せっかく来たので竿を出しましたが、Takeちゃんがハヤを一匹掛けただけ。
でも、新緑の中でヤマブキの花を眺めたり、つわ蕗の香りをかいだりして、春の自然を満喫出来たので、充分満足です。
a0056140_14483060.jpg
お昼ごはんにしようと、お気に入りの“プライベート河原”に着くやいなや、Takeちゃんは、ヤマセミを発見!!
もう、すっかりデジスコ・モードになり、ヤマセミ撮影に没頭し始めました。
(フッフッフ、その間に、アマゴを釣っちゃうぞ〜♪)とほくそ笑んだ私でしたが、掛かるのは、またしても“ハヤ”ばかり…もう、イヤッ!(-"-;)

…が、その時ヘンなアタリが…
a0056140_1571590.jpg
鮎ちゃんです! スレ掛かりで掛かっちゃった〜!!
ゴメンネ〜、ハリが刺さっちゃったのね〜〜。 致命傷みたいです。
無駄死にさせたくはないので、キープすることにしました。
この日は結局、私がアマゴ3匹と鮎?1匹、デジスコに忙しかったTakeちゃんはアマゴ1匹でした。

明けて、4月8日(日曜日)。 
川に出勤する前に、ちゃんと市長選挙の投票に行ってきました。
私達の投票した候補者は、結局わずか1300票の差で負けてしまったけど、こんな小差に持ち込んだのは、すごく意義があることだと思う。 逃げ切った現職には、この事を重く受け止めて、より良い市政を行って欲しいと思いました。
a0056140_1634126.jpg
そんな俗世間の諸々を忘れさせてくれるような桜の花…
花の命は短いけれども、私達の一生も、宇宙規模でみれば、ほんの一瞬なんだなぁ…
たかが一瞬の命…だけど重いのよねぇ、これが…

そんなことを考えながら、今日もハヤを爆釣です。 100匹ぐらい、軽く釣れそうな勢いですよ! 誰か、ハヤを喜んで貰ってくれる人は居ないかしら?

また、ハヤか! …と思いきや、模様が違います。
a0056140_16534635.jpg
ニジマスです!これはTakeちゃんが釣ったほうですが、ニジマスにもパーマークってあるのねん?? このコの表情が“ひょうきん”なこと!
昨日は鮎が掛かるし、まるで五目釣りですねぇ( ̄▽ ̄;)
この後、私はアマゴを3匹追加して、ようやく師匠の面目を保ちました。
帰ってから、2日分の釣果を唐揚げにしました。 例のチビ鮎ちゃんも、ちゃ〜んと鮎の味がしました。 来月の解禁が待ち遠しいな〜☆a0056140_1732474.jpg
バラも元気に育っています(⌒-⌒)
去年、剪定を失敗したグラちゃんも、今年は元気に成長して、沢山のつぼみを付けています。
→これはシャルロット。
つぼみを付け始めたところです。
他の、モモちゃんも、エルちゃんも、パットちゃんも、み〜んな、新しい花壇が気に入って、本当に元気いっぱい!
亡くなったTakeちゃんのお父さんが生前に作った本棚を、Takeちゃんが改良して、花壇に作りかえてくれたのです。
これといった嫁入り道具は何もなかったのですが、この5鉢のバラは私の宝物のように大切なものでしたから、今、バラを眺める度に、一緒に嫁入り出来て良かったなぁ…と思うのです。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-04-10 17:33 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(10)

エイプリル・フールだけど、本当に釣れた話!

『予定は未定にして決定にあらず』と言いつつも、何か、でっかい魚が釣れそうな予感はしていました。
サツキマスか、イワナのでっかいヤツ…の予定でした。

ところが、釣れたのはコレです!
a0056140_1425511.jpg
34センチもある“銀毛アマゴ”でした。 鼻曲がりの凛々しいオスです。
釣ったのは私ではなく、“超初心者”のTakeちゃんです。
折しも釣った昨日は『エイプリル・フール』。
昨日ブログにUPしていたら、上等なウソだと思って、誰も信じてくれなかったかも…

まぁ、そんなことはないにしても、どうしてコレがTakeちゃんに釣れたのか。
追って『解析』していきたいと思います。

3月31日(土曜日)。前日の雨で増水しているだろうと思ったが、どのくらい増水するものなのか、今後の参考にする為にも、富士川に行ってみることにした。
途中、興津川を見てみたら、下流部は「濁流」。 
当然、富士川はもっとヒドイ状態かと覚悟していたのに、濁りもきつくなく、先週の興津川よりも良かったので、釣り可能と判断! 
最初ルアーで、次にエサ釣りで攻めてみました。
 
a0056140_1532056.jpg
掛かること、掛かること、大きなハヤが!!!
掴むと「ギュ〜ッ」と鳴くので、釣り仲間は「ギューちゃん」と呼んでいました。
触りたくないので、ハリを外す時も、ハリを持ってブラブラさせて外してます↑

Takeちゃんにも、ギューちゃんが掛かりました!
初めての大物です! ハヤといえども、本流に居着いているヤツなので、パワーがあります。 Takeちゃんは「細山長司の本流釣り」ビデオで学んだ『いなし技』を思い出し、糸の強さや、竿の強度を確かめながら、慎重にタモに取り込んだようです。
「819円の竿でも、大きい魚、大丈夫だね。それに糸も強いね!」
これで、大物に対する心の準備が出来た模様です。
そして私が夕飯を作る間も、夕飯が終わった後も、ひたすら明日の釣行に備えて、せっせと仕掛け作りに励んでいました。

翌、4月1日(日曜日)。 通常、朝は弱いTakeちゃんですが、ここ数日は私よりも早く起きて、伊藤稔氏の「流脈への旅」を読んでいました。 イメージ・トレーニングも万全のようです。

またもや夜に降った雨で、興津川は昨日よりも増水していました。
本流は釣りにならないので、黒川に入りました。
a0056140_16235922.jpg
瀬を釣っても、深みを流しても、ハヤの入れ掛かり! 
北国の釣り人は、ハヤが掛かると陸に投げます。 川にリリースすると、場荒れして、ヤマメが釣れなくなるからです。 陸に投げられたハヤは、トンビが目敏く見つけて持って行ってくれるので、心情的にも罪悪感が薄れて良かったのですが…
ここではさすがに陸に投げることもできず、ひたすらキャッチ&リリースです。
橋の上から見ていた別の釣り人から「ここはウグイとハヤばかりだから、本流に行った方がいいよ。」と言われました。
しばらく釣ったけど、やはりハヤしか掛からないので、午後からは、増水がおさまってきた本流に入りました。

…が、本流もハヤだらけ!!!!!! もう、イヤッ!
そこに地元のオジサンから声を掛けられました。「ここは毎日のように、あの3人組が釣っているからアマゴを釣るなら、もっと上が良いよ。」と。
場所変えしたほうがいいと思い、Takeちゃんを呼びに行くと、そこに先程のオジサンが来て、何処がいいのか教えてくれました。

Hoto「Takeちゃんは、この前も地元のオジサンに声を掛けられて、言われたポイントを釣ったら大きいのが釣れたから、きっとイイかもよ〜♪」

そう言いながら、場所移動しました。
a0056140_16464560.jpg
やっと、小さいながらもアマゴが掛かり、ご機嫌です♪

そうこうしているうちに、Takeちゃんの竿が遠目に見ても弓なりに曲がりました。
魚とやりとりしながらも、Takeちゃんは私に向かって『来い、来い』と、手で合図を送っています。

(コラ〜ッ! そんなことより、魚とのやりとりに、集中しなさいっ!!)
もお〜っ、いったい何が掛かっているんだろう???

ようやくタモに収めたのが見えました。 デカイ!(◎o◎;)

Take「これ、何だろう?」

やりとりを見ながら(きっと、2年前に私が釣ったような尺イワナだ!)と思っていましたが、タモを覗いて、度肝を抜かれました!( ̄□ ̄|||)

まさに顔つきが、以前良く見たサクラマスのオス(オスは珍しいのですが)とソックリです。 だからサツキマス? 
でも、下流にある堰堤は、超えられないはずです。

ヤマメ(アマゴ)は、メスが銀毛化して川を下り、海に出て、また産卵の為に同じ川に戻ってきます。 サクラマスの場合、50匹に1匹くらいの割合でオスが混じると言われています。 このオスは、銀毛化したけど、海に下らないで、川で大きく育ったアマゴなのかな〜って思いました。 銀毛化したら、元のアマゴの姿(パーマークの)に戻れないのね〜。 整形手術に失敗しても、元の顔に戻せないっていう人間の世界に似てません?  え? 話が違う?? 失礼しましたf(^-^; )

てな具合で・・・何の話だったっけ?
そうそう、地元のオジサンに言われた所を釣ると、大物が釣れるというTakeちゃんの話でしたね。
819円の竿、大活躍です!

Take「この竿の名前を見たら、買う人いないよね」
Hoto「私、気づかなかったけど?」
Take「“流木”だよ。 僕は『名刀 流木』って呼んでるけどねっ。」

流木〜???ずいぶんだよね〜。 売る気あるのか、このメーカー??

ともあれ、渓流釣りを始めて、アマゴ5匹目がコレですから、たまげたもんです。
私は、819円の竿と伊藤稔氏の渓流釣りの本を渡して、仕掛けについてチョチョッと教えただけで、釣り方も竿の投げ方も教えていないので、師匠と呼ばれるようなことは何もしていないのですが、「師匠」と呼ばれている以上、弟子が成果をおさめると、師匠冥利に尽きるというか、自分が釣った時より、嬉しく感じた一匹でした。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-04-02 17:19 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(15)