~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>非公開さん こんばん..
by hototo-gisu at 23:47
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:36
こんばんは。 今回は賑..
by kai at 22:50
>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:08
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:52

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鮎釣り“満腹”状態です

以前なら、土、日、二日続けて鮎釣りしても、(また明日も釣りたい☆)と思っていましたが、昨日は(もう週末まで鮎釣りしなくてもいいや)と思いました。
トシのせいもあるのでしょうが、それだけではありません。
それは後ほど述べるといたしまして…
a0056140_1412686.jpg
5月22日(火)、たいちょ〜さんから電話がありました。 私が乗っているジムニーについて、いろいろ聞かれたのですが、私は車の事はチンプンカンプンですので、正しく質問に答えられたかどうか“ギモン”であります。 『それではジムニーの面目にかかわる!』ということで、たけちゃんが代わりに対応してくれることになりました。 
・・・で、次の日、試乗にいらっしゃった時に撮ったのが↑の画像です。
たいちょ〜さんのジープ・ラングラーは修理中ということで、代車としてきているのが青いジムニーです。 乗ってみましたが、私のジムニーのほうが、若干乗り心地も良くて、パワーもあるようです。 それでも、たけちゃんによると、「昔のジムニーとは、はるかに違う!」ということです。
ただ、たいちょ〜さんと話をしていて今回わかったことは、たいちょ〜さんって、『手がかかる子ほど可愛い』っていうタイプのようです。
「韓国製の銃(皆が使って“当たらない”と言われている銃)で優勝を狙いたい」みたいなこともおっしゃっていたし、ジープ・ラングラーは燃費が悪いんだけど、そこもまた可愛げがあるみたいに目を細めておっしゃっていたし… 
私のジムニーは、昔の神話を覆すほどに改善され尽くしていますので、たぶん、たいちょ〜さんには物足りないだろうな〜(⌒▽⌒)a0056140_1448417.jpg

待ちに待った解禁後、2度目の釣行となった5月26日(土)。
前日の雨で、鮎釣りは無理かな〜と思って出掛けましたが、興津川に着くと、もうたくさんの釣り人で、入る所がないくらいでした。
平水に比べて20〜30センチ増水していましたが、解禁になったばかりだし、他の川はまだ解禁になっていないから仕方がありません。
自分の意に介さないポイントでも、今年は選り好みをせずに釣るのが課題です。
そうして増水の川に立ち込んで釣ったのはいいのですが、携帯電話まで水に浸かっちゃいました(T_T)
液晶画面のところに水が入り、何にも映りません。
すぐにたけちゃんが電池をはずしたのですが、すでにショートしてしまって、ダメになっちゃったかも… 高かったのよ〜、このケイタイ…
(2万円あったら、例の、よしよしさんの友舟が買えたのに…)なんて思っちゃったりして… 『捕らぬ狸の皮算用』? ちょっと違うけど… でも悲しい。。。
a0056140_1594953.jpg
起こってしまった事を後悔してもしょうがないので、ケイタイは車で干して、釣り再開です。
笹の葉とか流れてきてラインに絡まるし、ヘチの石の青藻がハリにまとわりつくし、最後には、カラマントップから天井糸がはずれて、オトリもろともドンブラコ〜♪のトラブルもあったけど、この日は14匹の鮎が釣れました。
おまけに、たけちゃんも私が鮎釣りしている所のすぐそばで、良型1匹を筆頭に合計4匹の天女魚を釣り上げました。 本当に、たいしたものです(◎o◎;)
さらに“再起不能”だとあきらめていたケイタイが、無事に元に戻りました(⌒-⌒) 
せっかくのいい鮎ですので、マコトさんに差し上げようと思い電話しました。
すると「これから庭で、“天ぷらパーティ”をやるので、たけちゃんと一緒にどうぞ! 鮎も炭で焼いて食べましょう! たいちょ〜さんも誘ってみて下さい。」とのこと。
a0056140_16255543.jpg

a0056140_16391847.jpgたいちょ〜さんは、残念ながら仕事で山梨に行っていらっしゃるとのことでした。

マコトさん宅に着くと、お庭に大きなオープンが設置されており、マコトさんが慣れた手つきで、竹串に鮎と天女魚を次々と刺していきます。奥様も、酢の物やフルーツの盛り合わせを作って下さって、天ぷらもその場で揚げたてを食べ放題で、またまたご馳走になってしまいました。 途中から、マコトさんの釣り友達のTさんも加わり、話は弾むわ、お酒はすすむわで、11時頃まで遊んできちゃいました。
お庭で夕食・・・すっごく快適で、楽しいですね〜。 でも、後片付けもせずに帰ってきてしまって、申し訳ありませんm__m
マコトさん、奥様、本当にご馳走さまでした(⌒▽⌒)/
a0056140_16574878.jpg
翌日、5月27日(日)もいつもの通り重役出勤(午前10時興津川着)であります。
でも、まるで解禁日のような賑わいです。
「狩野川は解禁になったはずだけど、おとといの雨で濁って釣りにならないから、興津川に流れてきた人達なのかな〜。 可哀想だから、我慢してあげよう!」と言いつつ、また、入れる所を探してさまよい、釣り始めました。
たけちゃんも、そばの堰堤下で渓流釣りです。 堰堤真下は、さすがの鮎釣り師もライントラブルを避けて、入っていませんから。
そこで釣ったのがコレ!
a0056140_17393526.jpg
渓流釣り経験が長い(?)私も、こんなトゲトゲのあるハヤは見た事がありません。 最初見せられた時は、「キャ〜、オデキのあるハヤなんて、気持ち悪〜い」と思いましたが、触ってみると、オデキではなく、ちゃんと硬い“トゲ”状になっているのです。
これは、新種のハヤなのかも〜☆  興津川では、まだまだ未知なる生き物に遭遇するかも知れません。

と、いうことで、この日の鮎の釣果は11匹でした。
たけちゃんも天女魚を2匹釣り、ボウズ無し記録を更新中です。

で、鮎釣りですけど、なんだか、アタリがほとんどなくて、(これって、掛かっているのかな〜?)と、そうっと上げると、釣れた鮎がくっついてるってカンジで、つまんない・・・
ア〜ッ、本来の、あの、ビリビリッとした刺激的なアタリが欲しい!!!
鮎本来の“縄張り意識バリバリの鮎”は、もういなくなってしまうのでしょうか…
これぞ鮎のアタリ…というのを感じられない鮎釣りは、なんだか寂しいのです。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-05-28 17:43 | 鮎釣り | Comments(13)

いよいよ“鮎釣り解禁”を迎えました♪

鮎釣り解禁を控え、気もそぞろになりがちですが、やるべきことは、ちゃんとやらないといけないな〜と思いながら、庭に伸び放題の西洋芝を刈り始めたのはいいのですが、半日でギブアップです( ;_;) 専業主婦の身でありながら、好きな鮎釣りが気兼ねなくやらせてもらえるのは有難いことだな〜と思いつつ…
a0056140_1618827.jpg
5月16日(水)たけちゃんが「チーズケーキが食べたい☆」と以前から言っていたので、生まれて初めて焼いてみました。 初めてにしては上出来♪——と思いきや「チーズケーキは誰が焼いても失敗がないんだよ」と言われちゃいましたf(^-^;
クリームチーズを泡立て器で柔らかくするのに腕の力がいるのですが、これも(鮎釣りで重い竿を持つ為の訓練だ!)と自分に言い聞かせながら頑張ったのであります。
a0056140_16415660.jpg
5月19日(土)鮎釣り解禁の前日です。
興津川に渓流釣りに行きましたが、どこも他県ナンバーの車でいっぱいで、河原にはあちこちテントが張られています。
それだけではなく、川岸には↑のような竿置きに立てかけた棒が、等間隔に立て掛けられていました。 やまびこ橋の上下には、棒ではなく、渓流竿が立て掛けられていました!Σ( ̄□ ̄|||)
鬼怒川や那珂川の解禁ではこのような光景が見られ、ソチラ方面の方々がハバを利かせて問題になっていたようです。 こんな場所取りが興津川の解禁にもされているのを見て、ちょっとショックでした。 
「本気でその場所で釣りたかったら、私なら、そこで寝て場所を確保するけどね〜」
と、たけちゃんに話しつつ、渓流釣りにまっしぐら〜です。
次の日に大変な事態になることを、この時点では予想しようもありませんでした。
a0056140_16585777.jpg
ポイントに入ってすぐにアタリがあり、粘ったら18センチくらいの岩魚が釣れました。 私はそれだけでしたが、たけちゃんはこの日、20センチオーバーの岩魚を2本と天女魚3本を釣ったのです!(◎o◎;) そのポイントはスレっからしの超激戦区なのに、スゴいです。 もう“師匠”と呼ばれるのは、返上させて頂きます(笑)
a0056140_17105721.jpg
5月20日(日)興津川、鮎釣り解禁です!
さかなやオトリ店に行くと、勝治さんがいらっしゃいました。
「勝治さんは竿、出さないんですか?」と尋ねると、今日はやらないとの事。
(さすが人間が出来てるなぁ〜、私なんか、解禁に我慢なんて出来ないもん)と思いつつ、目的のポイントに行きました。
…っが、なんと!入る隙間がありません!
仕方がないから、第二候補地へ…
そこも、竿の乱立…
たった一人の私が竿を出せるスペースがないのです! まだ6時前なのに…
こうなったら、最上流まで探しに行きました、入れそうな所を!!
しかし、皆無でした。
こんな場所にまで…と思われる所にも釣り人が入っています。
「『興津川全川、ローラー作戦』みたいだね!『全都市空爆』っていうカンジ」と、たけちゃん。 こうなったら、とりあえず河原に降りられる場所を探す事にしました。
和田島の橋は工事中ですが、その下に入られるようになっているのを発見!
とりあえず橋の下に車をとめて、私は竿と鮎の友舟を担いで、下流に竿を出せる隙き間を探して歩き始めました(上流はダメだと確認済みでしたので…)。

もうダメだ…とあきらめて立ち止まりました。
下流も人でいっぱいです。 今日は、この人達が移動するまで無理なのかな…
そう思って、目の前を見たら、少しだけ隙き間があります。
下流に入っている人は、良く見ると、下流だけしか攻めていません。 自分より上流は釣らない人のようです。 30分くらい突っ立って、二人を見ていました。 もし、私がここに入ったら、迷惑を掛けるだろうか、どうだろうか…と。
下流の人は、相変わらず、下流を攻めています。 私が取り込みの際に邪魔にならなければ、問題なさそうです。 上流側の人に「ここに入ってもいいですか?」と聞くと、「ウン」とうなずいて下さいました。
a0056140_17503586.jpg
しかし、一歩も動けない状態です。 上下の人に迷惑を掛けちゃいけません。 竿は今日、初めて使うエアエッジです。
『第二東名』の橋脚の陰で、陽が当たらず、寒いのと、緊張とで、お腹が痛くなりました。 たけちゃんがすぐにホッカイロを持って来てくれたから助かったけど♪
で、そのエアエッジですが、素晴しいの一言です!
a0056140_17595288.jpg
     【 釣果の動画はココ 】

以前使っていた『エアトルク』に比べ、操作性が抜群に良いのです。
重いので引き抜く時に心配…なんて言ってたけど、エアーエッジは、竿を立てると、持ち重りがまるで無いのです。 それに、竿にパワーがあるので、引き抜きが本当に楽! 一歩も下がらないで全部引き抜けました。
追われて掛からない鮎が多かったのですが、「追わぬなら、追うまで待とうホトトギス」ときめこみ、この竿でねじ伏せて(?)、釣りました。
午後3時に竿をたたみましたが、27匹も釣れちゃいました。
私を上流に入れて下さった浜松の方、本当にありがとうございました。
それに、エア—エッジにして、ますます鮎釣りが楽しくなりました☆
Daiwaさん、ありがとう!!!
a0056140_1875227.jpg
氷で締めると、鮎の背中が青くなりました。
「昔、堰堤が出来る頃は、興津の上の方まで鮎が上ってな、その鮎は背中が青かったんだよ」と、地元のおじさんが先日話してくれましたが、こんな鮎だったのかな?
以前とは違う種類の稚魚を放流したのか、そこの水質のせいかな?
いずれにしても、良い解禁日だったことを感謝しながら、前日釣った岩魚と天女魚と鮎の塩焼きを美味しくいただきました。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-05-21 18:19 | 鮎釣り | Comments(23)

鮎は気になるけど、渓流釣りに集中!!

ホトトギス・ガーデンのバラも、順調に開花しています。
a0056140_15433436.jpg
5月11日には、オレンジ色のパットちゃんが、5月12日にはピンクのモモちゃんが開花しました。

いよいよ5月20日は、興津川の鮎釣りが解禁になります。
今週は渓流釣りもそこそこにして、川見をして回ろうと思っていましたが、“ごせっぽいね”のHP掲示板によると、漁協による試釣でも、近年にない良い結果だったみたいですので、とりあえず、渓流釣りのポイントに向かう途中に架かる橋の上からのみチェックしてみることにしました。
先月、鮎の姿が全然見えず、死んだように曇っていた『茂野島橋』の上下の瀬が、鮎の食み跡でピカピカ☆で、鮎の姿もたくさん見えるではありませんか\(⌒▽⌒)/
a0056140_15544891.jpg
次の『やまびこ橋』に着くと、地元の鮎釣りチーム“ささぶろ会”の人達が、鮎の友舟を引き、鮎釣りのいでたちで竿を持って川に入っていました。 竿は渓流竿みたいだし、これもきっと川の下見の一環なのでしょう。 
鮎はそこそこ見えるし、まずは一安心… 

・・・で、今週末も渓流釣り、まっしぐら〜です。
っが、全然アタリがありません。 やはりゴールデンウイークに荒らされたせいでしょうか?
頼みの綱は、Gポイントの上下! Gポイント上は、私のエサを2回も食い逃げした、賢いヤツがまだ残っているはず。 ここは、Takeちゃんがリベンジに入りました。 そして私が入ったGポイント下は大場所なので、まだ天女魚が残っているに違いありません。
釣りを始めてしばらくしたら、Takeちゃんが天女魚を釣って戻ってきました。
リベンジ成功です(⌒▽⌒)  Takeちゃん、なかなかやるなぁ〜( ̄▽ ̄;)
私の方は、アタリも全然ありません。 そこにTakeちゃんが下流に入り、「アタリがあるよ!」と言って釣り上げたのはハヤであります。 次も『ハヤ』。
「ハヤ釣りは苦手」と言っていたのに、腕を上げたものです(笑)
ハヤを続々釣り上げるのを横目で見ながらも、この大場所のどこかに魚が潜んでいると信じて、あらゆる所にエサを投げ込みました。
すると、ググ〜ッとアタリが…
竿を上げてみると、魚体がチラッと見え、腹がオレンジ色になっているのが見えました。
「ア〜ン、ハヤぁ〜??(>_<)」
でも、良〜く見ると、模様があります。 「???」
とにかくハヤじゃないので、タモを取り出し、ていねいに取り込みました。
a0056140_16223031.jpg
イワナでした。
魚がいることを信じて、粘った甲斐がありました。
ここにもイワナがいたのね〜(*_*)  このイワナは骨酒にするのはやめて、“薫製作り”用にストックしました。

翌、5月13日(日)。 母の日です。
「キクちゃんに、塩焼きで食べられるような大きさの天女魚を釣ってプレゼントしたいね」と話しながら、川に向かいました。
以前から釣ってみたかった場所ですが、ゴールデンウイーク期間中に何度か、“一休会”の人達がグループで入っていた場所でもあります。 “一休会”も、この興津川で名の知れた鮎釣りの強豪チームなのです。 鮎釣り上手けりゃ、渓流釣りだって上手いでしょう。 きっと…
『ダメで元々』と思いながらも、熱心に探ってみたのですが、Takeちゃんに1度だけアタリがあっただけです。
「おそるべし一休会〜」と舌を巻きながら退散する途中に見ました!
a0056140_16404233.jpg
48センチぐらいのアメマス(イワナじゃないでしょ、ここまで大きいと)と、尺超えの天女魚が水槽に飼われていました。 エサをたくさんもらって大切に育てられていると見えて、丸々太っています。 魚にもメタボリック・シンドロームがあるなら、要注意よ、キミタチは!!

さて、午後からは釣るぞ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
気合いを入れ直して、釣り始めました。
前回イワナを釣った堰堤下に入りましたが、全然アタリがありません。
やはりゴールデンウイークに釣り切られちゃったのでしょうか?
そこは見切りをつけ、その下流の淵に入りました。 前回、Takeちゃんが魚影を確認し、釣り残したポイントでもあります。
3投目にググッとくるなり、上流の「流芯」に逃げ込もうとしたので、すぐに「天女魚」だと思いました。 0.3号の糸を使っていたし、糸の強さもわかっていたので、思いっきり流芯から引き出し、引き寄せました。
a0056140_16513632.jpg
23センチくらいの天女魚でした。
Takeちゃんも天女魚を一匹釣り上げ、キクちゃんへの母の日のプレゼントが出来ました。 お互いボウズ無し記録を更新中であります。
a0056140_1702988.jpg
今朝、ようやくエルちゃんが開花し、5種類全てのバラが咲きそろいました。
「エルちゃんは、花びらが光って、上手く撮れないよ。 やっぱり『銀座のホステス』みたいだね。 夜に撮らないとダメかな? フラッシュたいてみようか?(笑)」とTakeちゃん。
でも、綺麗に撮れてます☆
a0056140_1791720.jpg
それぞれのバラが個性的な色なので、どのバラもいっぺんに美しく撮るのは難しいみたいです。 でも、今朝のホトトギス・ガーデンの様子はこうだったんだな〜って記憶に残しておきたいと思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-05-14 16:56 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(6)

ゴールデンウイークは、川に“皆勤賞”でした☆

ゴールデンウイーク後半も、ずっと川通いしていました。
…が、大好きなバラのことも忘れてはいません!
a0056140_1542563.jpg
5月3日(木)、今年最初の1輪が開花しました。 グラちゃんです。 他の4種類に比べてコンパクトに育つので、この子だけは鉢植えなんだけど、季節を通して一番たくさん花を咲かせてくれるのは、この子かも知れません。 
小さい身体に大きなパワー!! バラって見かけよりも、たくましい花なんです。

バラを眺めていたい気持ちは山々ですが、川が私を呼んでいる〜〜♪
で、行った甲斐がありました。 a0056140_1142394.jpg
イワナ(岩魚)釣れました!
2年前に“尺”超え岩魚を2本釣った実績がありますので、きっとそのうちに釣れるはずと思っていました。 興津川には岩魚は放流されていませんが、その数年前に山のほうで一度だけ放流したことがあるらしく、それが残っているのです。
でも、このサイズだと、あるいは増えているのかなぁ…
骨酒飲みたいっ♪と楽しみにしていたので、その日は帰ったら早速、塩焼きにして身を食べ、残った頭と骨で『骨酒』にしました。 ん〜、美味ちい〜〜♪
たけちゃんは日本酒党ではないので(ジャックダニエル党ですから)、一人で骨酒を満喫しました♪  また、岩魚釣るぞ〜〜!!
a0056140_1123119.jpg
5月4日(金)、快晴です。
一足早い母の日のプレゼントにと、キクちゃん(たけちゃんのお母さん)を連れて、興津川に出掛けました。 前から一緒にやませみの湯に行こうって約束していたのですが、駐車場も車でいっぱいで、とても入れそうにありません。 そこで、その先のたけのこというお食事処に行くことにしました。 以前テレビで紹介されていたので、たけちゃんと来たことがあるのですが、その時はテレビ放映直後だったせいか、行列が出来ていた程に混んでいたので、入れなかったのです。 あれから時もたっているし、空いているだろうと思ったら、大間違い!! 駐車場もいっぱいで、車をとめるところもありません。 釣りで土地勘のあるたけちゃんに車をまかせて、私とキクちゃんとで、先にたけのこに行きましたが、空席待ちです。
こんな山奥なのに… 恐るべし、ゴールデンウイークです!Σ(◎o◎;)

当初の計画は、由比の悠々という『ヤマメの釣り堀』で、キクちゃんにヤマメ釣りの体験をさせてあげる…ということでしたが、「お茶摘みが忙しいので」という理由で、休業しているとのこと。

「魚が掛かった時の、ビクビクするのがいいのよね〜」と言う、“狩猟民族”系のキクちゃんの発言を幾度となく聞かされていた私達は、『たけのこ』での食事の後に、誰でも釣れるハヤを、キクちゃんに釣らせてあげようと、ちゃんと釣り竿とエサも持って来てあったのです。
天然釣り堀で釣らせてあげますからねっ♪」 
なんとか、1、2匹を掛けさせてあげることが出来、“ビクビク感触”も楽しませてあげることが出来ました。
a0056140_1453476.jpg
翌5月5日(土)も、興津川に行き、二人とも1匹づつでしたが、20センチを超える天女魚をGETしたので満足でした。
a0056140_14122743.jpg
5月6日(日)、ゴールデンウイーク最終日は大雨です。
前夜から降り続いた雨で、川もかなり増水していました。 川に向かう途中、偶然、たけちゃんの先輩に会ったのですが、「こんな日にも行くのか?!」と、かなり呆れた感じで言われちゃいました( ̄▽ ̄;)
…にもかかわらず、たけちゃんが天女魚1匹GET! たけちゃんは渓流釣りを始めてから“ボウズ無し”記録を更新中です。

増水がひどくなってきた為、支流狙いで、中河内川支流の『湯沢川』に着きました。
(私はボウズでもイイや…)なんて気乗りしないで車を降りたら、ジムニーの後ろのタイヤが少し凹んでいることに気づきました。 そういえば今朝、川に向かう途中「今度ガソリンスタンドに寄った時、タイヤの空気圧見てもらうの忘れないでね」と、たけちゃんが言っていたのを思い出しました。a0056140_14232529.jpg
「たけちゃん、空気圧がどうのって、なんだか凹んでるみたいだけど…」

Take「パンクしてるよ、気がついて良かったよ!」

雨の中、スペアタイヤを外して、タイヤを付け替える作業をしました。(って、私はほとんど何もしてませんが)
タイヤには、竹箸が刺さっていて、さっき気づいた時よりも、見る見るうちに空気がプシュ〜と、抜けていっています。

きっと河原で、バーベキューの残骸が刺さったのに違いありません。
でも、今日も前日も前々日も河原に降りていないので、3日前に刺さっていたのが、何らかの拍子に今頃空気が抜け始めたのではないかと、たけちゃんは言っていました。
ま、大事に至らないで良かったです。

そんなハプニングにもめげずに釣りをして、私も天女魚を1匹GETしました♪

そんなこんなで、結局ゴールデンウイークは、ず〜〜〜っと川に通いっぱなし!!
でも、もうすぐ鮎も解禁になるし、そうなっても川に通うんだろうな〜
a0056140_14552656.jpg
これは今朝開花したシャルロットです。
他の3種類も数日中に開花することでしょう。 去年の2倍以上の蕾みが付いているから、咲いたら見事だろうな〜☆
[PR]
by hototo-gisu | 2007-05-09 15:08 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(9)

新たなポイントを探して… 

ゴールデンウイークが始まりました。
どこに行くよりも川に行くのが何より楽しいので、今週もやはり“川通い”です。

以前から狙いを定めていた、隣町の川に出掛けてみましたが、ハヤとハゼみたいなのしか釣れません。

…が、ふと気配を感じて下流に目をやると、青いオオルリちゃんと、その連れが、バシャバシャ水浴びをしていました。
a0056140_10205528.jpg
「4月26日過ぎにはオオルリが来るよ!」と興津川の方がおっしゃっていたのですが、こんなとこで会えるとは思っていませんでした。 幸せの「青い鳥」は、やっぱりすぐそばに居るのです。 しばらく見とれていたのですが、ケイタイのカメラを向けると飛んで行ってしまいました。 上の画像は、Takeちゃんが尊敬しているデジスコの先輩、Sugikatuさんが、やはり同じ日(4月28日)に別の場所でお撮りになったものを借用させて頂きました。
   「鳥好き・花好き」のHPはコチラ
アマゴには会えなかったけど、オオルリちゃんに会えたので、来て良かった♪
Takeちゃん、オオルリちゃんを独り占めしてゴメンネ〜!

午後から興津川に移動しました。 
Takeちゃんはアマゴを1匹ゲット!
a0056140_1125583.jpg
オレンジ色の斑点が鮮やかなアマゴです。
そうそう、これからは、アマゴのことを「天女魚」って書くことにしようかな… 知人の一人が、「アマゴは、“魚ヘンに完”と書く」と言って譲らないけど、「天女魚」のほうが、しっくり来るような気がします。
とはいえ、静岡では、アマゴのことを「ヤマメ」と呼んでいるようなので、あまりこだわることもないけれど…

そんなことを考えてたらTakeちゃんが、「師匠がボウズでは、申し訳ない。ぜひ“Gポイント”で釣って下さい!」と車で向かうことに…
“Gポイント”って何処?? 「銀毛アマゴを釣ったポイントのことだよ!」
なるほど〜、“銀毛”の“G”ね! 
でも、今頃行って、釣れるかなぁ…

そんな懸念もなんのその、アマゴを3つ釣って、どうにか師匠の面目を保ったけど、弟子にポイントを譲られて釣るっていうのも情けない話です(>_<)

翌、4月29日(日曜日)、快晴です。
私が興津川に通い始めて、今年で4年になりますが、まだまだ行ったことがないポイントがたくさん! Takeちゃんも渓流釣りを始めたことだし、二人で新しいポイントを開拓していこう…と、誓ったのであります。
今日は、前もって作ってあったカレーを持参し、河原で御飯を炊いてランチです。
ちょうど河原に降りられるポイントを見つけたので、購入したばかりのカーサイドタープを設置しました。
a0056140_1055149.jpg
これが、なかなかのスグレモノです。
たたむとコンパクトだし、設置は簡単だし、この画像じゃわかりませんが、日除けは完璧ながらも、外の風景が眺められるスクリーンが張られてあるのです。
アウトドア好きなのに、体調によって太陽の光を浴びると偏頭痛になる私には、これは必需品なのです!(太陽の光が苦手なんて、まるでバンパイアみたいですが、マジで悩んでいます)
この日もちょうどそんな感じで、午後はのんびりと、このタープの下で鮎の針を巻いて過ごしました。 あ、「のんびりと…」は、出来なかったんだっけ。
風が強くて、ハリスが揺れ、針を巻くのも一苦労… おまけに隣のバーベキューの煙がこっちに流れてきて、私は『スモーク状態』でした( ̄▽ ̄;)
その間、Takeちゃんが天女魚を1つ釣って帰ってきたので、次の新しいポイントに移ることにしました。
a0056140_1212163.jpg
kaiさんが「宮崎駿のアニメに描かれているような…」と表現していた渓流の風景が、まさにココにも広がっています。

「キキーッ、キキーッ!」と声のする方に目を凝らしたTakeちゃんがココで見たものは、2匹の猿だったそうです。 昨日のオオルリといい、猿といい、自然の中では、思いがけない動物との出会いがあって楽しいです。

4月30日(月曜日)。 朝から絶不調の私…
午後から、ちょこっとだけ興津川の河口にルアー釣りに行ったのですが、私は車の中で、鮎釣りの針巻きをして休んでいました。
帰りに河口の川を偏光グラスで見ると、無数の鮎の稚魚が小石を食んでいました。
この子達は、これから上流を目指していくのか、それともここに居着くのか…
今年は去年に比べて、遡上の数も少ないような気がします。
上流の方では、また青藻が発生しているし、少し、まとまった雨が欲しいなぁ…
[PR]
by hototo-gisu | 2007-05-02 13:46 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(10)