~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:58
こんちわ^^ 縁側..
by nigapeclub at 16:58
>鮎猫さん こんにちは..
by hototo-gisu at 14:45
こんにちは~ 恥ずかし..
by 鮎猫 at 12:58
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 23:59

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

柳の下のドジョウ…じゃなかった、鮎は居ませんでした

a0056140_17142674.jpg6月19日(火)に、我が家の庭でナスの初収穫がありました。 これは4月24日(火)にTakeちゃんが植えた『庄屋大長』だと思われます。 思われます…というのは、もう一本『黒陽』というのも一緒に植えたのですが、名札を失くしてしまったので、本当はどちらなのか、わかりません( ̄▽ ̄;) 塩胡椒し、バターでホイル包み焼きにしていただきましたが、ちゃ〜んとナスの味がしました。 当たり前なんだけど、そんなことが嬉しかったりします。
6月23日(土)
楽しい週末がやってきました! Takeちゃんもすっかり川中毒症になってしまい、週の後半になると『禁断症状』が表れる有様です。
そうやって、意気揚々と興津川に着き、オトリを買って、今日の目的地の茂野島橋に着いたその時、
「あ〜、タモがない!!!」早速?、タモなしで鮎釣り出来るか、シュミレーションしてみました。 那珂川の諏合正一さん(故人)のツバメ返しを真似してみるか…なんて思ってみたり。 あ〜、ムリ、無理!  そうだ、さっきのさかなやオトリ店の旦那さんに、タモを貸して頂けるか聞いてみよう!!  電話してみると、快く貸して頂けるとのこと。 良かった〜、毎週末、通ってる甲斐があったってもんです。

タモをお借りして、さっそく茂野島橋上流に入りました。 ここは先週23匹を釣ったポイントです。 また新たに別の鮎が縄張りを持っていることを期待して…と。
ところが、ウンともスンともいいません。 最初の野鮎が釣れれば、後はどうにかなりそうなんですが、ぜんぜん掛かりません。
(午前中は、ボウズかなぁ…)なんて弱気になったその時、掛かりました!

・・・が、痛恨の目掛かりです。 左目に掛かって、赤く腫れ上がってます。
これでは、オトリになりません。 そうこうしてるうちに、お昼のサイレンが鳴りました。

茂野島橋下で、一人の釣り人から、すれ違いざまに声を掛けられました。
WISTの社長さんです。 縁あってか?、良く会いますね〜、ビックリです。
私、帽子もベストもロッドケースもWISTの商品ですが、いつお会いしても、竿はDaiwaを使っているので、ちょっと申し訳ない気もします。 8.5mのWIST竿のデザインは気に入っているんですけどね・・・

社長「釣れましたか?」
ホト「1匹だけですよ! 先週良かったから来たのですが『柳の下のドジョウ』はいませんでしたよ(笑)」
社長「あの竹薮前が良いと聞いたので、行ってみます。」
ホト「さっき釣っていた人がいましたが、芳しくなかったみたいですけどね。」

そんな話しをして別れました。
・・・で、午後は茂野島橋下流を攻めてみることにしました。
入ってすぐに釣れて、そのあと、何匹か調子良く掛かりました。
いつのまにか社長さんも下流に下ってきていました。

ホト「どうでしたか?」
社長「全然ダメでしたよ。 (私を指して)さすが気田川、金曜会ですね!」

と、言われちゃいました。 良かった〜、いいとこ見せられて。
気田川の師匠に会ったら、宜しくお伝え下さいね〜!
ちなみに今掛かって引き抜いたのは“ヨシノボリ”だったんですけどf(^-^;
 
a0056140_1828744.jpg
釣り技術に劣っている分は、“秘策”でカバーですよ! 人呼んで石化けの術です。
ちなみに下流にいる人影が、WISTの社長さんです。 

そんなこんなで、どうにか鮎は14匹釣れました。 ふう〜っ。
その間Takeちゃんは、さかなやの旦那さんにいただいたテンカラのラインを渓流竿に付けて振ったりして、テンカラ釣りの予行練習をしてみたり(ハヤが掛かりました!)、新しく考案した仕掛けを試してみたり、存分に川遊びを楽しんだようです。
a0056140_2114850.jpg
釣れるのね〜、こんな仕掛けで!Σ(◎o◎;)
鮎釣りを始めたら、きっと「アッ!」と驚くような釣法を編み出すこと間違い無し!
ワタシも、もっと頭を柔らかくしたいものです。

 6月24日(日)
『雨が降り出すのは午後6時以降』だと天気予報では言っていたのに、『予想(よそう)を逆さまに言うと、ウソよ』ってもんですね。 興津川に着くと、雨が降ってきました。
a0056140_2124480.jpg
どこに行ったらいいかわからないから、とりあえずオトリ屋さんのそばの“一等地”で竿を出してみました。 ・・・が、青藻がひどくて大変です。a0056140_227799.jpg

いいえ、ここだけじゃなくて、昨日も青藻がひどく、おまけに水量も下がっているから、余計に厳しい状態なんですね。 でも、四国の方では『渇水』で、鮎釣りどころではなく、深刻な状態らしいですから、それを思うと、青藻どころでイライラしていたらバチが当たる…と心して鮎を釣っています。
ワタシが雨に打たれて青藻と戦っている間、Takeちゃんはジムニー書斎で、デジスコしたり、渓流の仕掛けを作ったりと、快適にくつろいでいた様子です。

掛かるのは、ここでも『静岡2号』です。 天然遡上鮎も掛かりますが、小さいし、ちゃんと追って掛かっている風ではありません。
a0056140_21424222.jpg
静岡2号のほうが、背びれの後ろの方のスジが色が濃くて長いのが特徴みたいです。 全身の色もはっきりとしていて、追い星も黄色が濃くて、いかにも怒り狂った『鮎』のように見えます。 天然遡上鮎は、静岡2号の勢いに圧されているためか、縄張りを持てず、追い星も薄くて、地味〜な色合いです。 背びれも地味です。
いずれにしても、一カ所で数が釣れないので、午後からは得意のポイントに移動しました。 ・・・が、そこも、青藻がじゃまをして、3匹しか釣れませんでした。
これでは『ツ抜け』になりません。 また場所移動です。

雨は、だんだん強くなってきました。
川の石もろくに見えなくなってきたのですが、『鮎のことは鮎に聞け!』という言葉にならって、もうオトリ鮎にお任せです。
そしたら、デッカいのが3匹ほど釣れました!! これで釣果11匹になりました。
a0056140_21532323.jpg
Takeちゃんも23センチの天女魚をゲットです。 やっぱり『雨子(アマゴ)』っていわれるだけあって、雨の日は活性が高いんですね! それにしても、Takeちゃん、ボウズ無し記録を更新中はスゴいです(*_*)!

しかしながら、ちょっとまとまった雨が欲しいものです。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-06-25 22:01 | 鮎釣り | Comments(13)

“CASH”な私???

空きっ腹でバファリンを飲んだせいで、ここ数日間、食欲も出ないし、元気もない。
でも、週末は『静岡2号』に会いに行くぞ〜♪
6月16日(土)
体調不十分ですが、ここで『調子が悪い』なんて言ったら、『鮎釣りしないで、車で寝てなさいっ!』って言われちゃいそう…。 おまけに天気も良いし、バンパイア体質の私としては、辛いところです。 
今日はとにかく、1)日陰があり、休める場所があるところ 2)浅瀬で、座ったまま釣りが出来るところ ・・・この2点を重視し、茂野島橋近辺で釣ることにしました。

この日は和田島で、地元の学校の釣り教室が行われていて、和田島以外は、ほとんど釣り人がいません。 地元の釣り人は、皆、和田島にお手伝いに行っているのではないかと思ったくらいです。 だって、茂野島橋の上流は、誰〜〜〜れも居ませんでしたから!
「釣り人が入っていない=鮎が釣れていない」なのかなぁ…
あまり期待もしないで釣り始めましたが、ポツ、ポツ掛かります。
a0056140_16145621.jpg
自分の引き抜き姿って初めてみましたが、ずいぶんとへっぴり腰なんですね。 カッコ悪〜!Σ(◎o◎;) 「へっぴり腰なところだけが、村田満にソックリだね!」とTakeちゃんに言われちゃいました。 フンッ、へっぴり腰で悪かったわねっ(-"-;)

午後も茂野島橋上流は、私一人の貸し切り状態です。
橋の上から上流部に向かって釣り上がると、追いの良い『静岡2号』クン達が掛かってきます。 こうなると、『腕の差』なんて、関係ないのかも…。
『静岡2号』って、もとは九州産の鮎らしいのですが、この素晴しい追いのパワーには、ホレボレします。 さすが同郷〜、仲良くしようね〜(*^o^*)
・・・ってな具合に釣っていったら、釣れちゃいましたよ。
a0056140_16442628.jpg
3時半までで22匹、それから1匹追加して、合計23匹釣れちゃいました。
いえ、正確に言うと、『鮎23匹と、青藻8キロ』ってカンジかなぁ( ̄▽ ̄;)
この大量の青藻は、乾燥にして『海苔』を作ってみたらどうでしょうか?  栄養豊富で、意外に美味しいかも???

「青藻がひどくて釣り人が来ないから、竿抜け状態になっているんだな。」と、入漁監視員のおじさんがおっしゃっていましたが、興津川の上流部は、まさにその通りだと思います。
「ホトちゃん、体調はどう?」とTakeちゃんから聞かれ、いつのまにか元気いっぱいになっている自分に気づき「あ、胃の調子も治ったみたい! 食欲もあるよん〜♪」と答えたら、「まったく、キャッシュ(CASH)な女だなぁ」と言われちゃいました。

Hoto「何? キャッシュって?」  
Take「ゲンキンってことだよ。」

いやだぁ〜、なんか、“お金亡者”みたいじゃん〜。 せめて“フィッシュな女”って呼んでよ、ワタシ、魚座なんだからさぁ〜σ(`´)
でも、久しぶりに引きの強い、楽しい鮎釣りが出来て、最高の一日でした♪

6月17日(日)
今日は午前中、Takeちゃんが用事があるので、興津川に出かけるのは午後からです。
天気が良いので、昨日釣った鮎で天日干しを作ってみることにしました。
鮎料理はいろいろあるけど、昨年まで、これだけは作りたくても作れなかったのです。と、いうのも、これは、天気の良い日じゃないと作れないし、漬け汁に漬けてから、すぐに天日に干さなくてはならないし、干し加減も様子を見ながらでないと美味しく作れないので、会社勤めの身では無理だったからです。
久しぶりに、鮎を小出刃で背開きにし、ルンルンしながら作りました。 やっぱり、自分が釣った鮎をこうやって料理するのが、一番楽しいです♪  (このコは、掛かって上流に走ったヤツだ)とか、(このコは、口掛かりで、オトリにならなかったな〜)とか、釣った時のことを思い出したり、これを美味しく食べてもらえることを想像したりしながら作る作業は、格別です。
・・・で、出来上がりました。
a0056140_17144093.jpg
少し干した時点で試しに焼いて食べてみたら、これまでで一番美味しかったです!
自画自賛? いいのです! 自分で釣って、自分で料理して食べる! 
これが『ホト流』なのであります(⌒-⌒)

さて、午後になり、興津川に超重役出勤しました。
さかなやオトリ店では「2時からが一番釣れるから問題ないよ」と言われました。
「八幡のところは、青藻、どうでしょうか?」と尋ねたら、「この人(そばにいたお客様を指して)が昨日、30匹釣ったよ」とおっしゃるではありませんか!Σ(◎o◎;)
その方がおっしゃるには、「青藻は、しょ〜んないな、戦いながら釣るだよ!」とのこと。 じゃ、頑張って青藻と戦ってきます!

画像はありませんが、大きめの鮎がポツポツと釣れました。
途中、青藻が『つまみ糸』に絡んで切れ、オトリを1匹放流しちゃいました。
それがいたら『ツ』抜けだったけど、9匹の釣果でも、大きい鮎が釣れて満足でした♪

興津川も、3、4年前は青藻なんて生えなかったですよね?
『冷水病』の次は、『青藻対策』か…。 悩みながらも鮎釣りは、やめられません。

おまけの画像
a0056140_20362528.jpg
鮎の干物を焼きました! 
「頭は鮎せんべいのようで香ばしく、上品な味わいで美味しゅうございました」
                      by Takeちゃん
[PR]
by hototo-gisu | 2007-06-18 17:23 | 鮎釣り | Comments(14)

青藻と雨に泣きました…が、結果オ〜ライです♪

なんで今日は良い天気なの〜? でも、お洗濯やお布団干しが出来たからいいか!
6月7日に追加放流した『静岡2号』の追いが、きっと今日は絶好調だろうと思いつつ、先週末のことを記したいと思います。

6月9日(土)
朝から、どしゃぶりの雨です。 一晩中降っているので、川はさぞや増水しているだろうな〜と思いながらも、興津川に向かいました。
さかなやオトリ店に寄ると、「おととい鮎の追加放流をしたから、どこで釣っても『解禁』状態だよ♪」と言われました。 
(成魚放流って、追うのかなぁ?)と思いながらも、『漁協裏』に行く事にしました。 ここで、Takeちゃんは天女魚狙い、私は鮎釣りです。

川は増水していますが、濁りはほとんどありません。
しかし、水が冷たい。。。。。雨のせいで気温も上がらないし、レインコートを着ると、丁度良い感じです。
すぐに1匹が釣れましたが、小さい天然鮎です。
(成魚放流の鮎はどこよ???)とさぐりますが、全然、追いがありません。
すると吊り橋の上から、声を掛けられました。
「鮎は見えるけど、川の状態が悪いから追わないよ! やまびこ橋とか茂野島のほうが放流鮎が追うと思うよ!」と言われました。
Takeちゃんも狙っていた淵が芳しくなかったとみえて上がってきたので、上流に移動する事にしました。 『茂野島』って言われたけど、火曜日にマスターズの大会があったばかりだから、いくら成魚放流していたって、私に釣れる鮎はいないだろう…と、非常に謙虚なことを考えたのが、そもそもの間違いだったのかも知れません。

次のポイントは『和田島JA裏』です。 私の好きなポイントの一つなのですが、鮎が見えません。 見える鮎は小さい天然鮎だけです。 増水しているせいかなぁ??
ちなみに鮎師は、見渡す限り、下流に1人のみです。
ここで1匹釣れたのですが、それも小さい天然鮎です。
放流鮎は、どこじゃ〜〜〜? ・・・なんだか、放流鮎を探している自分が情けないですねぇ。 でも、天然鮎は、まだ小さ過ぎるのですよ。

お昼になったので『八幡温泉裏』のポイントに移動しました。 ここも大好きな場所です。
解禁の時もたくさん釣れたそうです。 しかし、ここも人一人いません。
ですから超一級ポイントに入りました! 放流鮎を釣りまくるぞ〜(⌒▽⌒)/
ですがねぇ〜、川に青藻がビッシリ生えているんですよ。 生えているだけではなくて、長〜く伸びてフサフサしていてですねぇ、釣りどころじゃないんですよ!
私はヒジョ〜に忍耐強いタイプですが、もう、キレそうになりました!
オトリ鮎を送り出すと、すぐに水中糸やハリに青藻が絡み付くのです。
オトリ鮎にも長〜い藻が絡んで、ロンゲ鮎になっちゃうし(>_<)
どうにか2匹釣れたのですが、どちらも天然鮎です。 ホントに放流したのか???
   
a0056140_15142428.jpg
気分を取り直して、先日お昼にご馳走になったお宅に、手作りチーズケーキをお礼かたがた、お届けに行きました。 
そこのご主人からも、「今日は鮎は追わないから、渓流釣りしたほうがいいよ。」と言われましたが、あきらめがつきません。
先週10匹釣ったところで釣ったのですが、ウンともスンとも言わないのです。
雨もひどくなり、水は冷たいし、しまいには雷が鳴ってきたので竿をたたみました。
・・・が、渓流釣りに行ったTakeちゃんが戻ってきません。
ケイタイも通じません。 心当たりのポイントに探しに行ったのですが居ないし…
車で待っていたら、やっと帰ってきました。
a0056140_16172394.jpg
なんと良型の天女魚とニジマス、計8匹釣ったそうです。 「小さいのはリリースしてきたよ」と言っています。 リリース?! 余裕ですね〜!Σ(◎o◎;)
「雷が鳴ったから竿をたたんだけど、まだまだ釣れるよ! 天女魚は雨で活性が高まって、ウキウキしてるんだよ。明日はHotoちゃんも行こうよ!」とTakeちゃん。
そして… ♪あ・ま・ご、ウキウキ、いわなウキウキ、ニジメ、ウキウキわくわく〜♪なんて替え歌まで作っちゃいました。(*注…ニジメとは、ニジマスとヤマメのF1のことです)
それにひきかえ私は、青藻のせいで、すっかり消化不良状態です。
先日の『満腹』状態と180度“逆”でして、青藻に悩まされずに、せいせいと釣りがしたい! たとえ釣れなくても、そんなことはどうでもイイ!とさえ思いました。

6月10日(日)
ず〜っと雨が降り続いています。 おまけに雷も鳴ってるし…
昨日よりもさらに増水しているに違いありません。 気温もさらに下がっています。
…が、『鮎釣り消化不良』の私は、鮎釣りをあきらめきれないのです。
朝、起きてから思い切って言ってみました。
   「Takeちゃん、今日も鮎釣りしていい?」
Takeちゃんは、私が昨日から落ち込んでいるのを知っているので、「いいよ。」と言ってくれました。 これで、がぜん元気が出てきました! ゲンキンな性格です(⌒_⌒)

まずはオトリを買う前に『茂野島橋』で川の状態をチェックすることにしました。
誰一人、竿を出していません。 かなりの増水です。 でも濁りはそれほどではなく、橋の下で鮎が追っているのが見えました。 ここでなら、竿が出せそうです。
さかなやオトリ店に行きオトリを買って、和田島のJAにトイレ休憩で立ち寄った時、後ろの車から合図がありました。「長野ナンバーの車、知ってる?」と、Takeちゃん。
なんと『雪だるまさん』でした! 藤枝から20分で、ここまで来たとか…!
「宮原おとり店に電話したら、和田島のこのあたりが一番良いって聞いて来たんですよ。」とのこと。 私は前日やってダメだったので、茂野島に向かいます…と言って別れたのですが、宮原おとり店に寄った後、同じ茂野島橋下で釣ることにしたようです。

目を付けていた橋の真下のポイントには、先行者が入っていました。
そこからすこし下流のカーブしたあたりを狙ったのですが、何となくダメそうで…
で、う〜んと下の、淵の下の瀬肩を狙いました。 すると、すぐに1匹掛かりました。
次は空中バレ。 そして、お昼休みになりました。
お昼休みが終わった頃、雪だるまさんが戻ってきました。 なんと8匹釣ったそうです。
「チャラ瀬で釣れ始めましたよ。」とのこと。 
陽も照ってきて、気温も上がってきました。 さっきまで寒くて、ホッカイロを腰に付けて川に入ったのに…。
水量も下がってきて、だんだん流れの速い流芯で釣れるようになりました。
流芯で掛かった鮎は、すべて放流鮎の静岡2号です! アタリも明確で、まるで天然鮎のようです。・・・というか、今年は天然鮎は元気ありませんから、この放流鮎のほうが、よほど“鮎らしい”のです。 
「鮎釣りは3時までで、それ以降は渓流釣りに行く」と、Takeちゃんと約束していたのですが、3時直前に、また空中バレしたので、30分だけ延長してもらいました(⌒-⌒)
その30分の間に2匹追加して、釣ったのは合計7匹でした。
水量がどんどん下がり、水温が上がって、『静岡2号』が活性化してきたんですね。
あ〜、こんなに追いがいいんじゃ、また釣り切られちゃう〜(;_; ))(( ;_;)
来週末まで残っていてね〜☆

で、約束通り、今度は渓流釣りであります。
Takeちゃんが先日攻めていたところに入らせてもらいました。
先にTakeちゃんに良型がヒット! もう、師匠の私は敵いません(*_*)
私にも小さいのが釣れました。 (私に釣れるのは、こんなもんでしょう)なんて思っていたら… 
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
a0056140_17163378.jpg
約28センチの天女魚が釣れました♪
エサ釣りでの自己最高記録の山女魚は29.5センチでしたので、それに次ぐ大きさです。
無事にタモに入れたときは、身体中が震えてしまいました。
ウ〜ム、昨日から川で苦戦してきましたが、これがご褒美なのでしょうか?
このあと2匹追加し、私は天女魚4匹、Takeちゃんも天女魚7匹釣りまして、小さいのはリリースしてきました。
今日はこれから、この天女魚とTakeちゃんが釣ったニジマスでムニエルを作ります。
青藻と雨で、さんざん苦戦した後だっただけに喜びもひとしおです。
ありがたく「いただきま〜す」したいと思います。 
[PR]
by hototo-gisu | 2007-06-11 17:28 | 鮎釣り | Comments(4)

解禁2週目にして、川はガラガラ…

他の河川も6月1日に解禁になったので、やっと興津川も空くだろうと期待して迎えた6月2日(土)。興津川に着いてみると、釣り人はパラッ、パラッとしかいません。
さかなやオトリ店に寄ると、「昨日まではモゴモゴ…」と、何やら怪しげな(?)口ぶり…。 どうした〜? 釣れてないのか〜〜?

その時は、さほど気にもせずに、本日の目的地の『但沼』に向かいました。
すでに竿をたたんで場所を移動する人が二人いて、残ったのは上流に一人と、下流に一人…
川を見ると、鮎は少ししか見えません。 でも、私の川見はアテにならないので、とにかく竿を出してみました。
・・・が、ぜんぜんアタリもありません。 
ポイントを数カ所移動してやってみましたが、ピクリともきません。
そうこうしているうちに、正午のサイレンが鳴りました。
午前中、ボウズであります!Σ( ̄□ ̄|||)

「“チョ〜重役出勤”して、お昼から釣りました〜♪ってことにすれば?」と、Take
ちゃんが慰めてくれました。 そうよね、気持ちを切り替えて、午後から頑張ろう!a0056140_1547562.jpg
そこで、解禁後、一番に入りたかった『やまびこ橋』下流のポイントに向かいました。
ここでも、3人の釣り人がオトリを持って移動するところでした。
そして誰もいなくなりました…。 
ラッキ〜\(⌒▽⌒)/ ・・・と、素直に喜んでいいのかどうか。。。

瀬肩、瀬の中、瀬尻、トロ…順番に丹念に攻めてみました。
鮎は見えるのですが、アタリがありません。 どうやら“アカ腐れ”しているようです。
すると、同じ場所で渓流釣りを始めたTakeちゃんが、「天女魚が釣れたよ〜♪」と叫んでいます。 なんでも、1投目で釣れたとか…
そして、「また天女魚が釣れたよ〜♪」と…。 爆釣の気配です。
ずっと鮎師が入っていた為、渓流釣り師の竿抜けポイントになっていたんですね。

私はと言うと、全然アタリがなく、ずっと下って行きました。 すると浅い瀬が続いている所があり他のポイントと違って石に輝きがあるように見えます。
そこでなんとか4匹を釣り、この日は竿をたたみました。
釣果が4匹とは少ないけど、自分なりに納得のいく釣りが出来たので、不思議と満足感があります。
一方のTakeちゃんは、天女魚を6匹も釣り上げていました。スゴ〜イ!(◎o◎;)
釣った天女魚をオトリ缶の中に入れて生かしておいたので、釣れた鮎共々、ブクで生かして、家に持ち帰る事にしました。

家に着くと、釣れた鮎4匹は弱っていましたが、養殖のオトリ鮎2匹と、天女魚は元気です。
Takeちゃんは以前、釣れたヒラメやらアジやカンパチ、ハコフグなどを水槽に入れて飼っていたことがあるので、天女魚や鮎も飼えるのか興味あるみたい…。
とりあえず私のオトリ缶に天女魚6匹と鮎2匹を入れ、水槽用の小型ブクを入れて、水温の変化などを調べてみました。  
ペットがウチにやってきたみたいで、なんとなく嬉しい(⌒▽⌒)♪
オトリ鮎に「デカ」と「チビ」と名前も付けました。 今日、さんざん引きずり回したので、明日、オトリとして使えるかどうかわからないけれども、今日はウチでお泊まりです。
夜も気になって、生きてるかどうか、二人で、そ〜っと覗いてみたりしました。
「天女魚はまだまだ釣れそうな気がするから、この6匹は明日、川にリリースしてあげようと思う。」と、Takeちゃん。

6月3日(日)。 朝、早速見てみたら、水温は19度まで上がっていましたが、鮎も天女魚も元気に泳いでいました。
デカちゃんと、チビちゃんも体力回復しているようです。
川の状況は厳しいけれど、この2匹を連れて、頑張ってみるか!
a0056140_16432557.jpg
川に着くと、Takeちゃんの希望通り、天女魚達をリリースしてあげました。
昨日のポイントよりは少し上流だけど、きっと居心地はいいと思うよ〜☆
大きくなったら、またTakeちゃんに釣られてあげてね〜(⌒▽⌒)/

…と、『放流式』も無事終わり、いよいよ鮎釣り開始です。
昨日と同じで、川の見える範囲に、釣り人は一人もいません。
ごせっぽいね!です。(喜んでていいのかどうか、ギモンですが…)
最初にチビちゃんに出動してもらうことにしました。 昨日の疲れもなんのその、元気よく流芯に入っていって、しばらくして1匹釣り上げる事が出来ました。
その後、ポツポツと追いの良い野鮎が掛かって、午前中は5匹釣れました。
ここのポイントは深瀬になっていて、引き釣りだと水中でケラレたり、水中でバレたりするようです。
「偏光グラスがなくても、鮎がたくさんいるのが見える」とTakeちゃんに言われましたが、見える鮎は、なかなか釣れんのですよ!

お昼御飯にしようと、河原にクーラーを運んでいると、すぐそばのお家の人から、「こっちに来て、一緒に食べましょう!」とのお誘いがかかりました。
私は(今日は二桁釣りたい!)という思いが先に立ち、釣りに専念したいな〜という気持ちがあったのですが、あまりの強いお誘いに、固辞するのも気が引けて、おじゃますることになりました。
a0056140_17112017.jpg
親戚4家族ぐらいが集まって、お庭でバーベキューしながら、歓談していました。
私とTakeちゃんは、お会いしたばかりなのに、主賓並みのおもてなしを受けてしまい、すっかりご馳走になってしまいました。
奥様の「竹の子の煮物」と、「ふきの漬け物」、絶品でした(⌒_⌒)

お腹も満腹になり、『午後の部』開始です♪
おかげでギャラリーが付き、子供達からも「ココとソコに鮎がたくさんいるよ〜」と熱い声援を受けながら、私もその声援に応えるべく、鮎を釣ろうと必死です。
本当は、水面のそばでウロウロされると鮎からも人影が見えてるので、いけないのですが、そんなこと気にしていられません。
子供達が鮎を見たがるので「全部で10匹釣れたら、見せてあげるね」と約束したのですが、「あと、何匹〜?」と、本気で待っているので、いい加減な事は出来ません。
a0056140_1729552.jpg
その間も、Takeちゃんは渓流釣りをし、なんと天女魚を8匹も釣り上げたと言うではありませんか(*_*)!  そのうちの1匹が↑です。
ビクに水を入れ、オトリ缶用のブクを設置して、まさに携帯イケスです。
子供達も、コレを見て大喜び! 触ってみたり、掴んでみたり…と、さぞや天女魚も迷惑だったことでしょう( ̄▽ ̄;)

…そして、私のほうも、やっと10匹目を上げる事が出来ました。
今日は『引き釣り』はまるで効果がなくて、下流に立ち、上流にオトリを泳がせると掛かるというパターンが多かったのです。
鮎釣りって、難しい・・・でも、だからこそ面白いのですね!
最後に友舟に入った鮎をタモに移し、鮎を数え始めました。
すると、子供達が大きな声で、カウントしてくれました。
「い〜ち、に〜、さ〜ん、し〜い・・・」最後は、「じゅうに」です。
女の子が、「10匹って言ってたのに、12匹釣れてるよ〜」と怪訝そうに言うのです。
「あのね、2匹はオトリの鮎サンでね、オトリ屋さんで買ってきたの。 だから、釣れたのは10匹なのよ。」と説明しましたが、わかってもらえたかなぁ?
例のオトリ、デカちゃんとチビちゃんは、ピンピンしています。
感謝の意を込めて、川に放してあげました。 すると2匹で仲良く、川の中に消えていきました。

川から上がり、服を着替えてから、今日のお礼を言う為に、お昼をご馳走になった皆さんにご挨拶に行きました。
すると、そこのご主人から「旦那さんを大切にしなきゃダメだよ」と、たしなめられてしまいました。 
そういえば、Takeちゃんは、とうに釣りをやめて川から上がってるのに、私は夢中で鮎釣りをしていたから、ご主人には、私がTakeちゃんを放ったらかしにしているように見えたんでしょうねf(^-^;  イヤイヤ、どうも心配かけて、すみませんm__m

今週末も、こうして、充実した日々を過ごす事が出来ました。 
いろいろな人や、生き物や、興津川に感謝しています。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-06-04 17:29 | 鮎釣り | Comments(11)