~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>非公開さん こんばん..
by hototo-gisu at 23:47
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:36
こんばんは。 今回は賑..
by kai at 22:50
>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:08
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:52

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

藁科川に行ってきました  (⌒▽⌒)/

8月25日(土)
HP『ごせっぽいね!』を愛読しているTakeちゃんですが、これまで一度も藁科川を見たことがなくて、特定なポイントが話題にされる度に、(どんな所なんだろう…)って、気になって仕方がないそうです。
ならば、「行ってみようか!」というわけで、今日はプチ遠征で、藁科川に行くことにしました。
a0056140_1522374.jpg
『富厚里』にある川小屋さんに行くのも2年ぶりです。
「今年の藁科川は、鮎がたくさんいますよ! 鮎も大きいから、用心しないと、針ハリスも切られちゃいますよ!」と、永浜大師匠から、着く早々、脅されてしまいました(笑)
私達を待っていてくれた勝治さんと共に上流のポイントに行くと、私達の姿を見つけた、よしよしさんとスー師匠が川から上がって来てくれました。 二人とも、すでに10匹以上、釣っているようです。

先日来、バレ多発しているのは、私のサカバリの打ち方が深過ぎるのが原因という勝治さんの指摘に基づいて、スー師匠が実際に鮎を手にして、詳しく解説して下さいました。
a0056140_1655538.jpg
私は、「サカバリは深く打った方が、ハズレにくい為、ハンマー効果が上がり、野鮎に深くハリ掛かりする」と思っていましたが、大きな勘違いだったことがわかりました。
a0056140_1621197.jpg
その後、三人の講師陣が見守る中、釣ってみましたが、掛かりません(泣)
藁科川って、興津川の3倍ぐらい難しい川だと、私は思っていますから…
でも、この後、私の竿を手にして釣って見せてくれたスー師匠は、私の竿で短時間に3匹も掛けましたからね〜、やはり、名手は腕が違います。
a0056140_1627179.jpg
場荒れしている上流のポイントを後にして、勝治さんとTakeちゃんと私は、『川小屋さん』裏のポイントに移動しました。
よしよしさんとスー師匠は、白の帽子で黒のベストだから「白黒コンビ」ですが、勝治さんと私って、こうやってみると「ブラック・コンビ」ですね! 二人揃って、真っ黒であります(笑)
上流ではボウズだった私ですが、ここは馴染みがあるポイントなので、なんとか釣れそうな雰囲気です。
a0056140_16364578.jpg
「いっちょ〜、このガンガンした瀬にオトリを入れてみるかぁ〜」とやってみたところ、20センチくらいの、体高のある鮎が掛かって、なかなか引き抜けませんでした。
この辺では、サツキマスが鮎の仕掛けに掛かって釣れたということも、今朝、永浜大師匠に聞いていたので、掛かった鮎の姿が見えるまでは、(もし、大アマゴかサツキマスだったら、どうしよう…)って心配でしたが…。
その後も20センチクラスの鮎が掛かり、そのたびに、なかなか引き抜けず、鮎に引きずり回されてしまい、クタクタになっちゃいました。
たった8匹しか釣っていないのに、もうイイって感じ… 
午前中から日差しが強くて、藁科川は白い大きな石が河原に多いせいか、反射熱も強いような気がして、いつの間にか、頭痛がひどくなっていました。
大きな鮎が瀬肩に上って来ているのが見えていたし、水温も下がってきて、きっとこれからが釣れるはずなんだけれど、もうダメ…a0056140_21551843.jpg

私の体調を気遣って、勝治さんが、ご自分の車のクーラーをガンガンに効かせてくれて、そこでフルーツゼリーを食べて頭痛薬を飲み、しばらく休ませてもらいました。
おかげで、ジムニーに乗って帰る時には、薬が効いて爆睡出来、家に着いて30分も横になったら、元気になりました。 勝治さん、ありがとうございました。
前日は“集団検診”があって、バリウムを飲まされたりしていたので、身体も弱っていたのかも…
でも、正しいサカバリの打ち方も教えてもらえたし、川小屋の永浜大師匠やKさん、確か三重からいらしている方などにも久しぶりにお会い出来て、皆元気で鮎釣りをなさっているようなので、嬉しかったです。
鮎を、ようやっと取り込む私に「大きかったね!」と笑顔で声を掛けて下さったよしよしさんや、熱心に鮎釣りを教えてくれたスー師匠も、本当にありがとうございました!
Takeちゃんも、皆さんとお話出来て、ますます『ごせっぽいね!』になったようです。
今日、学んだことは、これから先の私の鮎釣りにとってになったのではないかな…と思います。

8月26日(日)
今日も朝から暑い。。。。。厳しい残暑がこんなに続くなんて信じられません。
今日はJAFTAの射撃大会が開催されていますが、「こんなに暑くちゃ、集中力が落ちちゃうよね〜」って言いながら、頭痛の病み上がりにもかかわらず、興津川に向かいました。 
いつものようにオトリを1匹買って、茂野島に着いたのが、午前10時半頃。
体調が悪いので、「午前中はリハビリを兼ねて、ゆっくり休んで、午後から鮎釣りを始めると良いよ! 日中は水温が上がり過ぎて、鮎も追わないと思うよ。」と言う、Takeコーチに従い、橋の下の日陰で早弁を食べ、ディレクターチェアに身をまかせてボケ〜ッと過ごし、いつの間にか、口を開けて、お昼寝してしまいました。
a0056140_2249245.jpg
午後1時頃から別の場所に移動し、木陰の下で釣るつもりだったのに、太陽の軌道が変わったのか、木陰が無くなっていました。

茂野島でも、この場所でも、オトリを浸けた場所は日陰だったのですが、釣るところは陽の当たる、流れの緩い浅瀬です。
オトリを送り出すと、上流に向かい、良い所に泳いでくれて、幸先良さそう♪
さっそく、掛かった!…と思い、引き抜いてみると… 
a0056140_22553014.jpg
でも今年は、ボウズハゼ2連発の後が調子が良いっていうジンクスもあるくらいなので、さほど気にしなかったのですが、どうも、オトリ鮎の様子が普通ではありません。
体の色が、秋の婚姻色が出たみたいにオレンジ色を帯びて、急に元気がなくなったのです。

(もう、オトリを選ぶときは、オスを選んだらいけないんだろうか?)
(オトリを選ぶ時、あんなに元気そうに見えていたのに、他のよりも小さめのオトリにしたのが、いけなかったのかしら?)
(オトリを1匹しか買わないなんて、鮎釣りを甘くみたのがいけなかったのかな?)
(日陰で水温が低い所から、急に水温の高い所を泳がせたので、オトリが弱っちゃったのかしら?)

陽に当たって、ボ〜ッとした頭で、そんなことを考えていました。
とにかく、こんなオトリで、こんな緩い流れでは、野鮎に見破られてしまうと思った私は、背バリを打ったこのオトリを茂野島の速い流れに沈めてみようと思ったのです。
ところが茂野島に着いて、オトリ缶を見たら、もうオトリさんは腹を上に向けて、ひん死状態です。 自慢じゃないけど、養殖オトリを引いて殺しちゃうなんて、最近では有り得ないことだったので、ショックでした。 
いや、今回のことは、オトリを引いたことが原因ではないはずです。 短時間の出来事でしたから。 

とりあえず、すぐそばのオトリ屋さんでオトリを調達し直そうと思い、行きましたが、鍵が掛かっていて閉まっていました。
きっと神様が、「今日は鮎釣りをやめて、ゆっくり休みなさい」と仕向けて下さっているのだろうと思い、まだ2時をまわったばかりですが、『チームやませみ』恒例の渓流釣りに行きました。
a0056140_2321068.jpg
日中の渓流釣りという悪条件の下、Takeちゃんが天女魚をGETしてくれました。
「師匠の雪辱は、はらしました!」 ん〜、ようやった、ようやった!!(笑)

私は今期初のボウズでした。 
昨日、藁科川に行って、(興津川のほうが、簡単に釣れる)なんて、鮎釣りをナメたのがいけなかったのね〜。 深〜く反省しました(;´・`)>
でも『体調が悪い時は無理しないこと』・・・これを守れたことが、進歩かなぁ〜☆
きっと鮎さん達も、日中は高水温の為、クタ〜ッとして追いが悪いのに違いありません。 もう少し涼しくなるのが、待ち遠しいです。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-08-27 23:48 | 鮎釣り | Comments(15)

連休疲れで“50 hoto”パワーしか、なかったけど…

8月18日(土)
連休の疲れか、せっかく空は曇っているのに、元気が出ない。。。
エネルギー量で、元気満点を“100 hoto”パワーとするなら、“50 hoto”パワーぐらいに落ち込んでいます。

それでも鮎釣りに行かないと気が済みません。 はぁ〜っ、難儀な性格ぅ…
いつものように「さかなやオトリ店」行くと、旦那さんが「今、川を見て来たけど『和田島』が空いてるから良いと思うよ」「浅い“チャラ瀬”が良いよ」と教えてくれました。
この旦那さんが教えてくれたポイントで、ハズレたところはありません・・・が、“50 hoto”のワタシは、鮎釣りよりも、河原でのんびりしたかったので、せっかくのアドバイスを聞き入れなかったのが、運の尽きでした。
a0056140_16381568.jpg
『茂野島』に行き、Takeちゃん発案の新方式でタープが張られ、河原でのんびりすることに…
さらには、「チャラ瀬が良い」という忠告を無視して、こんなトロ場で竿を出したりなんかして…あ〜、バカ、バカ〜(>。<;)
a0056140_1641403.jpg
お昼を食べながら、くつろいでいると「たけちゃんと、ホトさんですか?」って、声を掛けられました。 Nさんとおっしゃる方で、「いつも週明けにブログを読むのを楽しみにしています。」と言われ、突然のことに嬉しいやら恥ずかしいやらで、思わずコーヒーのボトルを引っくり返してしまったワタシであります。 Nさんも熱心に鮎釣りをなさっていらしたので、鮎釣りがお好きなんだな〜と思いました。 そんな鮎釣り大好き人間な方が、平日、鮎釣りに行けない時に、こんな私のブログでも読んで、気を紛らして頂ければ幸いです。
a0056140_16564847.jpg
結局、トロ場は3匹しか釣れず、やっぱりチャラ瀬か…と、上流をさまよい歩き、釣り人を避けて、やっと竿を出せる所まで来ました。 こんなに歩いたら“50 hoto”が、“35 hoto”ぐらいに落ち込んでおります。 でも、竿を出したら、すぐにポン、ポンと鮎が掛かったので「やっぱり、チャラ瀬か〜」と“40 hoto”に若干回復したその時…

「あの〜、ブログをやっている方ですよね」と、声を掛けられました。
・・・また突然のことでしたので、自分のブログのタイトルが口から出てこない私…
おまけに、"40 hoto”パワーしかなくて、ボ〜ッとしており、目もかすんでいたのか、人違いまでしてしまいまして、大変失礼いたしました。
でも、そのIさんという方も「この上のほうで、16匹ぐらい釣ってきました」とおっしゃっていたし、鮎釣りが大好きな方だということが、すぐにわかりました。 わざわざ声を掛けに来て下さったのは、こんなブログでも楽しんで見て下さっているんだと思い、嬉しかったです。 Iさん、そしてお昼のNさんも、ありがとうございました。

その、Iさんに「ここ釣れますよ〜」と言ったのはいいけど、その後、確かに掛かるのですが、すぐにバレるのです。 もう、バラし過ぎて、掛かってもバレるような気がして、Takeちゃんが見に来た時に掛けた時も「あ〜、またバレるぅ〜、外れるぅ〜」と恐る恐る引き抜きをする始末… 
あげくの果てには、「もう、バレてばかりで、どうしたらいいかわかんない。」と泣きをいれる私に、Takeちゃんが「あの一番強い流れを鮎が上っているみたいだから、そこに入れてみたら?」と言うので、その通りにしたら掛かりました\(⌒▽⌒)/

最後に友舟をあけてみたら、10匹釣れていました。 やっと『ツ抜け』です( ̄▽ ̄;) 
雨も降ってきましたので、チームやませみ恒例の渓流釣りに行きました。
私はTakeちゃんの渓流釣りの見学をしながら、久々の雨に喜んでいるかのような木々の緑を眺めて、英気を養うことが出来ました。

8月19日(日)
晴れていましたが、昨日よりは元気かも!
今日は『土村キャンプ場』にタープを設置して、のんびり楽しむ計画です。
オトリを買って、上流の方に車を走らせるTakeちゃん・・・・・・っが、アレ?〜??土村は、そこを右に曲がるんじゃない???

曲がらないで、通り過ぎちゃいました〜!Σ(◎o◎;)
せっかくだから、高台の道路の上から川の様子を見てみると…
土村のキャンプ場の上の瀬は、今まで見たことがないくらいに、鮎釣り師でビッシリです。
a0056140_2113180.jpg
まるで解禁並みですよ! 良かった〜、土村キャンプ場に行かなくて!!

じゃ、どうする・・・って言われても、思いつきません。
思いつかなきゃ、『茂野島橋』なら、どうにかなるっしょ( ̄▽ ̄;)
a0056140_21163260.jpg
研心さんも、愛犬ゴールを連れて、遊びに来ました。

勝治さんに習い、向学の為、最近はオトリを一匹しか買わないことにしていたのですが、この日は参りました。
最初に掛かったのが『ボウズハゼ』、やれやれと思いきや、次に掛かったのも『ボウズハゼ』で、仕掛けがグチャグチャになるわ、オトリ鮎もショックでフラフラになっちゃいました。。。

ア〜、これじゃ、オトリが弱って、今日はボウズかも〜。・゜゜・(>_<)・゜゜・。
そう思いながらも、根性で釣りを続け、瀬で待望の1匹が掛かりました!
そこでちょうど、正午のサイレンがなったので、お昼休みにしました。

(ボウズになったかも知れない)ならば、思い切って、この2匹で今日は勝負だ〜!!

「Takeちゃん、私、スー師匠の真似をして、この茂野島で一番流れがきつい瀬に、オトリを入れてみるね!」
ダメもとってヤツですよ! 昨日、チャラ瀬でボロボロ、バラしたので、ここは急瀬にいる、追いが強いヤツを掛けるですよ!……って、野鮎がお留守だったら、バクチだけれども…
a0056140_21333072.jpg
いましたぁ〜♪ 追い星が真っ黄っ黄のヤツが!!
オトリと比べたら、こんなに違います。 体高もあり、ホレボレする姿です。
こうなったら、今日は、思いっきりヤバイポイントばかりを狙いますよ〜!
昨日チャラ瀬で、鮎に、もてあそばれちゃった鬱憤をここで晴らすことが出来るでしょうか!
a0056140_21432320.gif
そんな感じで、攻めまくりました。
今朝も“50 hoto”くらいだったのに、いつのまにか“70 hoto”くらいになっていたかも(苦笑)! やっぱり、キャッシュな女なのね〜、ワタシσ(^_^;)
3時過ぎまでに14匹を釣り、大満足だったので、竿をたたみました。
a0056140_21475825.jpg
その後、恒例の渓流釣りに行ったのですが、Takeちゃんが天女魚を釣っている間、私は車の中で爆睡してしまいました。 やっぱり、流れの速い瀬の鮎釣りは疲れますね〜。
でも、今後は瀬の釣りも積極的にやってみようかな〜と思った今日のワタシでありました。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-08-20 22:02 | 鮎釣り | Comments(10)

猛暑と渇水で、興津川は“ビーチ”状態( ̄▽ ̄;)

8月13日(月)
連日のカンカン照り&猛暑に、身体も衰弱気味です。
それでも、昨日は鮎釣りを休んだので、今日は竿を出したいところです。
「暑いから無理をしないで、午後からのんびり、休み休みやりなぁ〜」というTakeちゃんの忠告を素直に受けて、お昼御飯を食べてから出掛けました。

台風4号の大増水で、興津川上流部は全体的に小砂利で埋もれた為、浅くなってしまいました。 『さかなやオトリ店』の前の瀬もなくなり、その上も浅いトロ場と化して、水着客でいっぱいです。 パッと見たところ、どこかの海水浴ビーチみたいになっています。

「昨日は、ビキニの若い女の子達でいっぱいだったよ〜」と、さかなやオトリ店の奥さん。 確かに道路でも、若い水着姿のカップルや、浮き輪を持った子ども達が歩いているし… 
(いったい、ここは、どこ〜?)って、わけがわかんなくなっちゃいます(苦笑)
それだけなら良かったのですが、その後『茂野島橋』に行ったら、あの広〜い河原が、
満車状態でとめるところがありませんでした。 昨日も渓流釣りの帰りに『土村キャンプ場』を見たら、車とテントでい〜っぱいだったし…
(どこに行けばいいんだろう…)釣りはともかく、車をとめて、少しのんびりしたいのです! そこへ、ふと思い浮かんだ場所が…
a0056140_10403577.jpg
良かった〜♪
日陰ですよ!! 快適〜\(⌒▽⌒)/
釣り人も川遊びの人もいたのですが、午後は皆、疲れてきたのか、ぞくぞくと川から上がってきました。 その後に入ったのが、正解だったのかも〜☆
a0056140_10443355.jpg
名付けて『逆ハンド半ヒネリ』抜きでございます。
抜いてみたら意外に大きくて、慌てちゃいました(^-^; 
土用隠れで、午後5時以降が掛かるーーーと、某HPに書かれていましたが、我々『チームやませみ』は、渓流釣りにも行きたいので、4時半には鮎釣りを終えました。 オトリ1匹しか買わなかったけど、12匹も釣れちゃったので、上出来です♪
a0056140_10552585.jpg
その後、新しい渓流ポイントを見つけました!
興津川も広いから、まだまだ良いポイントがたくさん見つかりそうです。

8月14日(火)
朝5時20分に起きて、朝日の当たらないうちに、バラのお手入れをしました。
余分な枝を間引き、剪定をして、この暑さで株が弱らないようにしないといけません。
その後、お洗濯、ブログのUPなどをして、お昼は河原で焼きそばを作って食べることにしました。
a0056140_1141666.jpg
快適ですぅ〜♪
このまま、ここでのんびりしていればいいのに、昨日12匹も釣れちゃったもんだから、すっかり調子に乗って、鮎釣りを甘くみたのが、大間違いだったのね〜(>_<)
1匹しかないオトリで、最初の一匹をバラしてしまった為、そこからが忍耐の始まりでした〜。 ビビった養殖オトリちゃんは、野鮎を見るとスイスイ逃げて、ちっとも落ち着かないのです。 何とか野鮎を掛けないと、後が続きません。
ようやく野鮎をGETしたときは、精魂使い果たしてました〜( ̄▽ ̄;)
日差しも暑くて、早起きしてバタバタしていた疲れも出てきて、オトリの操作も雑になり、結局この日は5匹しか釣れなかったのです。
それだけなら、まだ良かったのですが、川から上がって片付けをしていたら、上流から釣り下がってきたお兄さんが、ワタシの釣っていたポイントで3匹掛けるのを見ちゃったんですよ〜(T_T) ウ〜ッ、ショック…
でも、勉強になったですよ、そのお兄さんの釣り方が! 竿を立てたまま、オトリ鮎をユラユラと、一カ所に釘付けにして、掛かるまで待つですよ!
ワタシ、ちょっと泳がせ過ぎてたみたい… 反省しました。

その後、渓流釣りに行ったのですが、私は疲れて、車で休むことにしました。
そうして、渓流釣りが終わって帰途についていたら、マコトさんから「ウチに飲みにきませんか?」というお誘いが… 
私は腕がズキズキ痛んでいたし、疲れていたので、じゃ、久しぶりだから顔だけ出して帰ろう・・・と、立ち寄ったところ・・・

「Takeちゃんの為に、ジャック・ダニエルを用意してたから、1杯だけでも飲んでいって!」というマコトさんの甘〜い誘惑に負けたTakeちゃんが腰を下ろしてしまいました。
さらに、マコトさんの鉄砲撃ち仲間のグッチさんが「シャンパンを持ってきたんですよ、開けちゃいましょう!」な〜んて言うもんだから、シャンパン好きの私まで、誘惑に負けちゃいました(^-^;
a0056140_11315052.jpg
またTakeちゃんがピアノを弾き始め、マコトさんまで感化されて、鍵盤を叩き始めました!
マコトさんが鍵盤を触ったのを見たのは、奥様も初めてだとのこと!

「LUMIXの一眼レフを買ったけど、使いこなせない。」「いい写真が撮れない」と悩むグッチさんに、Takeちゃんが言い放ちました。

「皆、カメラが何万画像とか何とか気にするけど、カメラを撮るのにそんなことは重要じゃないんだよ。 ピントが合わなかろうが、ブレようが、そんなのはどうでもいい! 大事なのは、“思い出を残す”ってことなんだ!!!」

「・・・・」

一同、一瞬の沈黙の後、「なるほど〜」とグッチさん。
その後、奥様も、素敵なピアノ演奏を披露して下さって、本当に楽しい夜になりました。 私も腕が痛かったのですが、奥様から湿布薬をいただいて、少し楽になったみたいで、ありがとうございました。
とうとう11時半過ぎまでおじゃまして、遊んでしまいました〜(⌒-⌒)
5時20分に起きて、いろいろやって、遊んで、長〜い一日となりました。

8月15日(水)
さすがのTakeちゃんも、ちょっと二日酔い状態です。
かたやワタクシは、マコトさんの奥様から頂いた湿布薬が不思議なほど効いて、あんなに痛んでいたのに、両腕とも全く痛くなくなっていました。
「今日はどうする〜?」と聞かれ、体調が悪かったら諦めるのですが、なにげに元気な私は、昨日の無念を晴らしたくて、「鮎釣り、ちょっとだけでもいいから、やっていい?」と聞いたら、Takeちゃんも快く了解してくれました。
私が鮎釣りをすることを全面的に支えてくれるTakeちゃんには、感謝してもしきれません。 本当にありがたいです。
サンドウィッチをこしらえて、興津川に着くと、昨日のポイントには誰もいませんでした。
a0056140_125556.gif
昨日の自分の釣りの反省と、後から来たお兄さんの釣りを参考にしながらポイントを攻め、この日は、11匹釣れました。(*追記…この日は、必殺“勝治さん手作り完全仕掛け0.05”を使ったのでした。それが好釣の一番の原因だと思います。)

その後、「チームやませみ」恒例の渓流釣りにも行きました。
Takeちゃんも、午前中は二日酔い気味でしたが、興津川に来たら元気になっちゃったみたいです。
この5連休も、結局、興津川に通っちゃいましたが、猛暑の下、体調的にも、さほどダメージもなく過ごせて、いい休日になりました。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-08-17 09:44 | 鮎釣り | Comments(9)

連休だろうが、暑かろうが、興津川に行くですよ!

8月11日(土)
お盆休みの5連休が始まりました。 
お天気も良く、最高の行楽日和です。 鮎釣り的にも、他の河川もほぼ良い状態に回復していると思われるので、釣り師が分散してくれて、興津川が空いてくれるといいなぁ…

なぁ〜んて思っていたら、大間違いでした。 鮎釣り師も多いのですが、それにも増して、夏休みの子ども達で、川はあふれかえっています。
渇水気味なので、川も浅く、どこも遊び放題ですものね〜( ̄▽ ̄;)
これじゃ、釣り師も竿が出せません。 それって究極の竿抜けポイントになっているのかもしれませんけど…
a0056140_9181798.jpg
『和田島』では、川をロープで囲って“即席プール”がこしらえてありました。 そのそばは釣り師も敬遠して、誰も竿を出していませんでした。
(ムフフ、釣り放題だわ♪)
ほくそ笑んで、支度して川に入るやいなや、子ども達が、ドヤドヤ〜ッと即席プールになだれ込んできました!Σ(◎o◎;)
子どもに声を掛けられながらも、鮎釣りを始めました。

やはり、激戦区の『和田島』だけあって、鮎がスレています。
ヘチに大きな鮎がいるのがわかったのですが、「掛かった!」と思うと、針がはずれているのです。 後ろで見ていたTakeちゃんもすぐに気付いたようです。
先日の教訓から、バレ多発の場合は3本イカリと思っていたので、3本イカリに換えたところ、掛かりました!
「やっぱり、3本イカリだねっ!」と、言ったのもつかの間、また、アタリがあっても掛からないのです。

「まるで、オトリ鮎を『フンッ!』って、蹴飛ばしているみたい…」

なるほど、いわゆる、ケラレです。 じゃ、アレにしてみるか…

すると、バッチリ針掛かりしました! 20センチぐらいの丸々太った鮎です。

なるほど〜〜。 アレというのは、ゼロマルチの5号です。
思い起こせば……解禁日に、最初タフの7号を使って調子が良かったので、次にコレを使ったところ、ハヤが4連発の入れ掛かりとなり、ゲンが悪いので、使っていなかったのです。

それからずっとゼロマルチを使いましたが、バレが無し! 小バリですが、保持力抜群です。
その後、茂野島橋に場所をかえて釣りましたが、この日は合計20匹の釣果でした。
 
a0056140_1012985.jpg
茂野島橋もキャンプ客でいっぱいでしたが、川遊びしていた女の子が、こんな大きな天女魚の死骸を拾ってきました。
「やっぱり、まだまだ興津川には、こんな大物がいるんだね〜」って、Takeちゃんと話しつつ、“チームやませみ”の渓流釣りタイムとなりましたので、興津川の支流の黒川に移動です。
a0056140_1061318.jpg
炎天下の下、鮎釣りをした為、すっかり弱り切ったワタシは、渓流釣りはお休みです。
Takeちゃんも、こ〜んな、やる気の無い格好で、釣り始めました。
黒川は、渓流釣り師のメッカですし、本流に比べて魚影が薄いのですが、天女魚2匹釣って、20センチほどの太った天女魚を1匹だけキープしました。
すっかり日も暮れて、川のあちこちでは、キャンプ客の張ったテントに灯りがともり、興津川って、やっぱり“行楽地”なんだな〜と再認識したのであります。

8月12日(日)
今日は午前中、用事を済ませて、夕方から渓流釣りに行こうという計画です。
朝から、昨日に増してカンカン照りで、ワタシは体調が絶不調であります。
それでも、買い物くらいはなんとか行けそう…ということで、出掛けたついでに、先日、勝治さんから頂いた、渓流釣りのマル秘アイテムを購入すべく、釣具屋にも寄ることにしました。
・・・っが、1軒目、ナシ! 2軒目の釣具屋さんにもナシ! ついに、最近オープンしたらしい大きな釣具屋にも行ってみることにしました。
そこにも置いてなかったのですが、「せっかく初めて来たから…」と言い訳けしながら、Takeちゃんは一目惚れしたコレを買っていました。
a0056140_10225940.jpg
まぁ、よその女の人に一目惚れされると困るんだけど、コレなら許してあげよう!(笑)

午後4時頃から興津川に出掛けて、渓流釣りを始めました。
a0056140_10291265.jpg
私はハヤしか釣れなかったのですが、Takeちゃんが昨日と同じくらいの天女魚を1匹キープしたので、昨日のと合わせて、今晩の1品『天女魚の塩焼き』としました。
ミニ天女魚、チビ天女魚は、ワラワラいるみたいですので、来年の解禁まで、大きく育って欲しいものです。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-08-14 10:43 | 鮎釣り | Comments(4)

川も町も“祭り”で大賑わい!!

8月4日(土)
今日も朝から“お日様カンカン”です。 あ〜、ユ〜ウツ…(;´・`)>
(テンションが下がっているので、景気付けに音楽でも聴くか…)と、TakeちゃんのiTunesのリストを眺めて、BOSTONみっけ〜♪ 一曲目が“A Man I'll Never Be"…わぁ〜、イイわぁ〜♪ とたんにテンションが上がります☆
やっぱり“キャッシュな女”なのであります。

興津川に着くと、すでに釣り人でいっぱいです!
昨日は、台風5号の影響の雨で濁ってたらしいのですが、今日は平水に戻っています。
さすが、興津川です! きっと、他の河川は、増水で釣りにならないから、皆、興津川に集結しているのでしょう。
家を出る前に勝治さんから連絡があり、よしよしさんやスー師匠もいらしてるとのこと。遅ればせながら『大綱』に着いて、釣り開始です。 
a0056140_8495065.jpg
ここで釣るのは初めてですが、私の大好きな“川相”なので、釣る前からルンルンでしたが、釣り始めても、ポン、ポン、ポ〜ンと、軽快に釣れてくれます。
・・・が、その後が、苦悩の始まりでした。
掛かっても、バレ多発なのです。
勝治さんから、「掛かった後にしばらく溜めて、針掛かりを深くさせてから引き抜きしたほうが良いよ」とアドバイスを受け、その通りにしてみるのですが、それでもバレは止まりません。

「Takeちゃ〜ん、今日はバレバレなの〜。釣れるのは“顔掛かり”ばっかりで、オトリになんな〜い」と泣きを入れると、「増水後で、身がふやけているんだね! 顔のところは硬いから、だからバレないとも言えるよね!」との、Takeちゃんコメント。
「そうか! なるほどぉ〜」と納得して終わっちゃったのがアホなんですよ、ワタシって!
こんな時こそ、保持力の良い3本イカリ使えば良かったのにね〜。 普段は(3本イカリだと、鮎に深く刺さって痛そうだし、タモにも絡みやすいし…)なんて敬遠してるけど、せっかく持っていたんだから、試してみれば良かったのにぃ〜( ̄~ ̄;)
今頃気付いても、もう遅いって! バカ、バカ、馬鹿ァ〜〜〜(>_< )
a0056140_9423075.jpg
よしよしさんやスー師匠の見ている前でも、懲りずにバラしてました( ̄▽ ̄;)
もう、あまりにバラしまくって、自分がいったい何匹釣ってんだか不明・・・
友舟に入っている鮎を確認してみたら、ちょうど20匹キープしていました。
まぁ、上出来(⌒-⌒)! カンカン照りだったけど、頭痛にもならなくて一安心でした。
a0056140_9572235.jpg
夕方からは、Takeちゃんの渓流釣りに付いて行きました。
大〜きな石の上によじ上り、ドッカと腰を下ろして、タバコをくわえながらの釣りです。 「こうやって釣るのが、一番好き♪」なんて言ってるけど、そんな余裕かましてて、釣れるのぉ〜と、思いきや…
釣っちゃいましたよ〜、ア・マ・ゴ! 元気いっぱいで、ピントがブレブレです。
記念撮影後は、“石の上から”優しく(?)リリースしてました。
過酷な鮎釣りに比べて、渓流釣りの、のどかなこと! 
『鮎釣りの後は、渓流釣り♪』
我々、チーム・やませみのモットーにしたいと思っています。

8月5日(日)
朝、目が覚めると、ちょっと曇っているように見えたので、なんとなく元気が出ます♪
TV番組『ザ・フィッシング』で、水野裕子さんと、全くの初心者の女子アナが鮎釣りに挑戦するというので、観てみました。
私が鮎釣りを始めた時は、誰も教えてくれる人がいなくて、初心者向けの鮎釣りの本もビデオもなくて、苦労したのを思い出しました。(鈴子陽一さんの『友釣り強化書』っていうのを買って読んだっけ…それしか売ってなかったんだもん〜)
それこそメタルラインもなくて、押しの強い川で、何匹ものオトリを引き釣り殺しながら、(これじゃ、『残酷物語』だなぁ…)と思いながらやっていたのを思い出します。
橋の上から私の釣りを見ていたオジサンが、「おね〜ちゃん、オトリの鮎が横になって死んでるよぉ〜」と、大きな声で教えてくれるのですが、(そんなこと、教えてくれなくても、わかっています!)と思いながらも、もう、どうしたらいいか、わからなかったのです。
それも今となっては、良い思い出です。

興津川に着くと、昨日にも増して大勢の人で賑わっています。
釣り人だけではなく、バーベキューやら川遊びやらで、どこも人でいっぱい!(◎o◎;)
今日は私達も、清水みなと祭りの花火大会を見に行く予定で、4時には釣りを終えて帰るつもりなので、前倒しで渓流釣りも出来る所で釣ることにしました。
a0056140_11424373.jpg
段々瀬って、本来好きじゃないのですが、ポイントによる苦手意識をなくすことも、今年の課題ですから、前向きに攻めて行きます!
台風4号の影響で、以前に比べて、石が砂で埋もれてしまったせいか、鮎も少ないような感じです。 1瀬で3匹釣れましたが、場所を見切ることにしました。

どこも人でいっぱいなのは承知していたので、『茂野島橋』に行くことにしました。
車で下って行く途中、川にしゃがんでいる勝治さんとよしよしさんがいるのを見つけましたが、二人とも釣りをやめて、話し込んでいる風だったし、その周りも満員状態だったので、きっと良い状況ではないのでしょう。
茂野島橋のところは、きっとキャンプ客が水遊びしているだろうから、そのそばだったら竿が出せるかも…と思って行ったのですが、読みが甘かったです。
でも、小砂利が続いているところには誰もいなかったので、竿を出してみると、掛かりました!
a0056140_11502899.jpg
引き抜いてみたら、ボウズハゼだったので、ガッカリです。
「今年は、ボウズハゼが多いよね」と、勝治さんもおっしゃっていましたが、ホントに、ボウズハゼの当たり年なのかも☆
ペタ〜ッと、口で吸い付かれるのがイヤなので、Takeちゃんに外してもらいました(⌒-⌒) ホントに苦手なんです〜(^-^;
その後、お昼を食べ終えたら、釣る場所が全くなくなっちゃいました〜(;_; ))(( ;_;)

しばらくしたら、雷が鳴りだしたので、皆、竿をたたみ始めました。
私も渋々、竿をたたみ始めたら、Takeちゃんから言われました。

「チーム・やませみの極意その1・・・雷が鳴ったら、素早く竿をたたんで、自分の釣りたいポイントに移動し、釣り場を確保すること!

なるほど〜☆ ハイハイ、さっそく、そういたします!
そうして4時までに、合計16匹釣り上げ、竿をたたみました。

それから花火見物に出掛けました。
a0056140_13431673.jpg
風向きも良く、花火を紹介するアナウンスも聞こえて、臨場感あふれる花火ショーに感動しました! 『子どもが描いた絵を、花火にしてみました』というコーナーでは、『ドラえもん』『流れ星』『ライオン』にまじって、地元特産の『桜エビ』というのがあり、微笑ましかったです。(↑の画像の上段の一番右の写真が『桜エビ』花火です)

また、来年も見れるといいね!
川でも、町でも、お祭り気分を思いっきり満喫した週末となりました。
[PR]
by hototo-gisu | 2007-08-07 14:04 | 鮎釣り | Comments(13)