~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>非公開さん こんばん..
by hototo-gisu at 23:47
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:36
こんばんは。 今回は賑..
by kai at 22:50
>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:08
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:52

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

渓流釣り解禁を前にして…

2月22日(金)
猟期が無事に楽しく終わったお祝いと、渓流釣り解禁の前祝いということで、マコトさん宅でパーティが開かれました。
a0056140_22523430.gif
マコトさんの奥さまの“まめったい”(この静岡弁を直訳すると“面倒なことを根気よく丁寧にやること”)手料理と、息子さんのH君が作った(!)「キジわさ」、カルガモ鍋、そして、私達が去年釣ってストックしてあった天女魚、岩魚、鮎のくんせいがテーブルに並びました。
どれも本当に美味しくて、あっという間に、お皿がカラになってしまいました(⌒-⌒)

そして最後は、「たこ焼き」で締めることになっていたのですが・・・

Takeちゃん秘蔵の南部鉄で出来た「たこ焼き器」を持参したのですが、なにしろ、たこ焼きには全く馴染みがないワタシ…。
たこ焼きを焼くのも初めてなら、たこ焼きの種を作ったことなんかありませんし…。
なんだか、種がユルユルだぞぅ〜(苦笑)
a0056140_23998.jpg
マコトさんの釣り仲間のTさんは料理職人ですし、皆にお任せして、なんとか「たこ焼き」らしきものが出来ました( ̄▽ ̄;)
皆でこうやって作って食べると、美味しさもひとしおです。
これを機会に、ぜひ河原で「たこ焼き」を焼いて食べてみたいと思っています。
今年は、H君が鮎釣りを始めたいと言っているらしいので、また楽しみが増えたような気がします。

2月23日(土)
今日は渓流釣り解禁に向けて、釣具屋さん巡りをすることにしました。
その前に、Takeちゃんの取引先に寄ったのですが、蔵に貯蔵されていたミカンを沢山いただきました。
a0056140_019943.gif
おまけに、ワタシは「キンカン」狩りまで体験させていただき、夢中で穫りまくっちゃいました(^ O^)彡☆

釣具屋さん巡りでは、Takeちゃんがお気に入りの銘竿「流木」を予備にもう一本買っておこうと思って行ったのですが、売り切れていて見つからず、ガッカリしてしまいました。
なんとか、どこか他の釣具店で見つかりますように・・・☆

2月23日(日)
解禁前の最終下見に、興津川に行ってきました。
a0056140_2337317.jpg
『やまびこ橋』で無休で竿を出しているやまびこ太郎さんの首に、お洒落なマフラーが巻かれていて、思わず笑っちゃいました。(※注…「やまびこ太郎」はワタシが勝手に作った呼び名です)
なかなか、シャレたことをする方がいらっしゃるものだと、感心します(⌒-⌒)

しかし、興津川の渇水状態と、工事の様子は、ちょっと心配。。。
a0056140_23443554.gif
『やまびこ橋』上下は、このような状態です。
この写真からは分かり辛いのですが、水が流れている所も、水量が極端に少なくて、浅くなっています。
一級ポイントだった『土管前』も土砂が積まれて、跡形もありません。
a0056140_2347647.gif
さかなやオトリ店のすぐ上流にある『吊り橋』のところは、いい石が沈んでいる数釣りポイントだったのですが、ここも土砂が積まれて、川の流れは、一本の細い(1.5mほどの)水路になっていました。
a0056140_23512379.jpg
中河内川との合流点の上の広い駐車場前の瀬が、なんと、こんな細い流れ一本です。
Takeちゃんの身体の大きさと比較すれば、どんなに“か細い”流れかわかるでしょう。
上流に遡上する鮎がここを通るなら、どんなに心細いかわかりません。

去年の解禁日に良い思いをさせていただいた、『第二東名下』のポイントも同じような工事状況です。

でも、「災害復旧工事」ということなので、必要な工事なのかも知れないし、関係者の方々や、漁協の方々の考えがあって、最良の方法だと思ってのことでしょうから、信じて待っています。
鮎解禁までに、川が落ち着くかどうかわからないけれども、きっと良くなることを信じて…。

しかし、下流部を見て、深刻になってきました。
a0056140_005983.jpg
「東名高速』上の、「興津生コン」がある所の橋、上下、数百メートルに渡って、川の水が完全に干上がっていたのです。 いわゆる、瀬切れと呼ばれる状態です。

興津川河口と海が砂で埋もれて繋がっていない状態は見慣れていたのですが、これはヒド過ぎます。
もちろん河口と海もつながっておらず、その河口から、この瀬切れしている間の川の水は流れもなく腐ってドブの色になっています。

まとまった雨が降って欲しい…けど、工事が終わってから降ってくれないと…とも思うし。。。
本当に心配でなりません。
 
[PR]
by hototo-gisu | 2008-02-26 00:23 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(4)

春の陽射しを感じながら…

2月16日(土)
猟期が終わり、3月1日の渓流解禁までの2週間が、ワタシにとって『シーズンオフ』みたいなものです。
朝晩は相変わらず真冬並みの寒さですが、陽射しは明らかに春を思わせる光に変わってきているようです。

Takeちゃんは、先日来、川から拾ってきた木箱を花壇に作り替える作業を続けてきました。
そしてついに、出来上がりました〜!
a0056140_22551144.jpg
これにチューリップの移植が完了しました。 

私もバラの剪定をしました。
去年、モモちゃん(モーティマー・サックラー)がコガネムシの被害に遭って、快復させてあげられなかったので、今年は寂しく4株だけになってしまいました。
a0056140_22584355.jpg
どうしたらコガネムシの被害を避けられるか調べましたが良い方法が見つからず、結局、コガネムシが表土に卵を産めないように、ネットで覆いを掛けることにしました。
景観は損なわれますが、バラの命には代えられません。

この日、他にも花を植えました。 
暖かくなるにつれて、成長していくのを見るのが楽しみです。

2月17日(日)
今日も朝から快晴です。 やっぱり、陽射しは“春”のよう…♪
デジスコセットをジムニーに積んで、渓流釣りの下見に出掛けました。

「ジムニーに積む荷物が少ないのは、一年で、この二週間だけだね。」とTakeちゃん。
ん〜、たしかにそうかも〜(苦笑)
a0056140_23223545.jpg
興津川は、上流の主な鮎釣りポイントで、かなり大掛かりな河川工事が行われています。
少雨のため、全川にわたって水量が少ないので、渓流釣りもなかなか厳しいかも知れません。
a0056140_23294172.gif
たとえ釣れなくても、こうやって河原でランチをしたり、小鳥達に会ったりするのが、何よりの楽しみだから良いのです。

短い『シーズンオフ』ですが、来週ものんびりと過ごしたいものです。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-02-18 23:38 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(3)

無事に終猟できました(⌒-⌒)

2月9日(土)
朝から天気は悪いし、寒いし、体調も絶不調042.gif
だけど、今日と明日で猟も終わりにしようってTakeちゃんと決めたので、最後に鴨を獲って終わりたいし…。 でも無理をしないようにしよう。

お昼御飯を食べた後、『宮原オトリ店』の前を通ったら、店主と奥様がいらっしゃったので、立ち寄ってみました。
「鮎がいるけど、見てみる?」と、店主。 「鮎〜ぅ〜???」
a0056140_16363353.gif
鮎の稚魚です。 試験的に育ててみることにしたそうです。
思ったよりも、長細いんですね! カワイイ〜☆
大きく育つのを見るのが楽しみです 056.gif

その後、雨の降る中を凍えながら、猟をしました。
やっとカルガモのペアを見つけ、じっくり狙って引き金を引いたら、弾は装填してないわ、安全装置は外れてないわ・・・で、タイミングがすっかり狂ってしまって、丸外しをしてしまいました。
せっかく見つけてくれたのに、Takeちゃんゴメン。。。
気を取り直して、明日は頑張ります。

2月10日(日)
今日も体調がいまいち・・・。 ですが、今日で猟も終わりですから、頑張ります!
昨日とは打って変わって、天気は良くて、気温も上がってきました。
すると、行く先々で、どこも釣り師が入っていて、鴨なんているわけがありません002.gif
池はバス釣りの少年達に先を越されるし、川にはオジサンがいるし・・・今、川で釣りしてもいいんですかぁ(-"-;)?!

仕方がないから、先週の『ロッククライミング・ポイント』に来ちゃいました。
対岸にマガモが居るのが見えます。
「また近付いて飛ばれなきゃ、撃ってみようか?」ということになりました。
河原の土手の上を歩いて行くと、ジッと川を見つめているカワセミに出会いました。
どうやら、かなり弱っている様子です。 ワタシが近付いても、大声でしゃべっても、振り向きもしません。
Takeちゃんにトランシーバーで知らせて、ワタシは鴨のところに向かいました。

土手の上から測って、マガモのところまで、70.5mでした。
土手から降りたら、少しは近付けるかも…と河原を降りかけたところ、石が崩れて、尻餅をつき、スコープを石にぶつけてしまいました。
その瞬間に、マガモ達は飛び立ってしまいました。 ア〜ア・・・。
ちなみに、尻餅をついたところで測ったら、69.5m。 たったの1mの差でした。
スコープは、ぶつけたところが少しへこんでしまい、小さい傷がついてしまいました。
それだけではなく、サイトも狂ってしまったようです。
a0056140_1721479.jpg
Takeちゃんのいるところに戻ると、先程のカワセミちゃんが力を振り絞って、対岸に飛んで行きました。 ・・・が、向かった先が『オオバン』らしき鳥の住処だったらしく、オオバンが岩の隙き間から飛び出して、カワセミを攻撃しているみたいです。
そのうちにカワセミが力尽き、川に流れるのが見えました。
a0056140_17243488.jpg
どうか安らかに眠ってくださいね。

スコープのサイトも狂ってしまったし、すっかりしょげてしまったワタシ・・・。
銃砲店も休みだし、これで今猟期も終わりかなぁ…。

2月11日(月)
朝から快晴です。 Takeちゃんは、先週、川から持ち帰ってきた木箱に塗装を施すべく作業を始めておりました。
それが終わるやいなや、「あと10分ぐらいで、出掛けられるからね!」と声を掛けられました。「このまま猟期を終わってしまうと、Hotoちゃんは後を引きずっちゃいそうだからね〜。」だって!

Takeちゃんの思いつくままのアドバイスに基づいて、スコープのサイトを調整し直しました。 これで猟が再開出来ます\(⌒▽⌒)/
あちこち探しまわって、やっとカルガモのペアを見つけました。
a0056140_21312288.jpg
慎重に近付いて、ようやく50mまで距離を縮めました。
スコープを覗くと、1羽が首を伸ばして、警戒している模様です。
(カルガモのこのポーズ、苦手だなぁ〜)(今、撃たないと、飛ばれちゃうなぁ)などと雑念が頭を廻ります。
そんなことを考えて、躊躇しているようじゃ、当たるはずがありません。
発砲しましたが、かすりもせず、飛んで逃げられちゃいました。 ア〜ア(T_T)

その後、鴨の姿を見つけることは出来ませんでした。
せっかくサイトを調整し直したので、何とか獲りたかったのですが・・・。
このままでは終われないので、先猟期にヒヨドリを獲った場所に行ってみることにしました。
そこにはヒヨドリが居なかったのですが、その近くの場所でヒヨドリが止まる木を見つけることが出来ました。
距離は約35mです。 3羽目にして、やっと当たり、獲ることが出来ました。 
a0056140_21453570.jpg
ヒヨドリ、獲れたよぉ〜♪ 一羽だけですが、もう充分で、嬉しくてたまりませんでした。

これで思い残すことなく、猟期を終えることが出来ました。
Takeちゃんと力を合わせて猟をし、充実した猟期を過ごすことが出来て、本当に良かったと思います。
来猟期は、カルガモへの苦手意識を克服し、もっと射撃も練習して、クリーン・キルの確率を高めたいと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-02-12 22:03 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(18)

苦労の末に…

2月2日(土)
ここのところ、鴨さん達に弄ばれて、全然獲れません007.gif
今日こそは!・・・と思いながらも、あせってもしょうがないので、まずはランチでもしましょう。
a0056140_211376.gif
Takeちゃん発案の『おそとで、オコタ』です(笑)
カセットガス内蔵のストーブをアウトドアのテーブルの下にセットし、クロスを掛けただけですが、足下がポカポカしてきて、クロスの中に手を入れると、手も温まります。

お腹も満腹、ホッカホカ〜♪
・・・が、しかし、先程から視界にあるものが気になって仕方がありません。
それはTakeちゃんも同じだったようです。
河原ではなく、川の中州に、大きな木箱が捨てられているのです。
a0056140_2119227.gif

「誰だぁ〜?! 川にこんなもの捨てたのは!(-"-;)」
そんなことを言いながら、川から木箱を引き上げようとしているTakeちゃん。
しぶしぶワタシも手伝わされ、あげくの果てには、ジムニーに載せる羽目に…。
「これ、どうするの?」 
「持って帰って、花壇にでもしようか…。 このままだと、川が汚れちゃうでしょ。」
そりゃそうですが…。

そこへ、マコトさんから、猟のお誘いの電話が掛かってきました。
「鴨のポイントを教えてくれるって!」  ワ〜イ、やったァ〜\(⌒▽⌒)/

マコトさんは、息子さんのH君と一緒です。
a0056140_21461380.jpg
いい風景だなぁ〜。 こんな親子には、「親子の断絶」とか、「家庭内暴力」なんて無縁だろうと思う。

あ〜、それにしても、マガモが超スレてる〜(泣)
石に隠れて近付くのですが、そうやってると、鴨が何処に居るのか見失ってしまいます。
a0056140_2156498.gif
『ダンゴ三兄弟』状態のマガモが居たのに何度も見失い、63mぐらいまで近付いて、やっとスコープで捉えたかと思ったら、上流からコガモの群れが降り立ち、「寝た子」ならぬ、「寝たマガモ」を起こしてしまいました。
距離もあるし、動くマガモは無理…と思いながらも、引き金を引きましたが、やっぱり外れてしまいました。 ア〜ア、飛んで行っちゃった054.gif

マコトさんは、いつもワタシに獲らせてくれようと配慮して下さるのですが、今日もご期待に添えなくて、本当に申し訳なかったです。
ぜひ、明日こそは…。 そう心に誓ったのでした。

2月3日(日)
朝から、どしゃぶりの雨です。。。。 時折、ヒュ〜ッと突風も吹き抜けています。
こんな悪天候にも出猟するなんて・・・私達、どうしようもないアホですかね?

昨日、マコトさんと回ったポイントを攻めることにしました。

『ダンゴ三兄弟マガモ』のポイントでは、やはり、近付くと飛ばれてしまって、撃つチャンスがありませんでした。
「ここって、鴨撃ちっていうより、体力作りになるよね〜。」と、Takeちゃん。

次のポイントもお留守で・・・。

そして、次のポイントは、遠〜いところにマガモが見えているのですが、河原を降りて水際まで近付いて、やっと射程距離になる感じのところです。
Takeちゃんの作戦に従って、三脚を使わず、ぎりぎりまで近付いて、飛ばないマガモが居たら、シッティングで狙って撃つことにしました。

水際を歩いて行き、一番近付いたところで、やはり飛ばれてしまいました。
・・・が、それでも3羽だけ、マガモのオスが残っています。
距離、67m。 ダメもとで撃ったら、羽に当たったみたいです。
乱れた羽を畳み直しながら上流に逃げるマガモに留め矢をかけ続けました。
遠過ぎて、手前に着弾しているのが見えます。
Takeちゃんが三脚を持ってきてくれて、きちんと狙い直して撃ちました。
距離60m。 8発目でした。 
当たったのですが致命的にはならず、そのマガモは力を振り絞って、河原の石の後ろに隠れてしまいました。
ああ…、ダメだわ…。 石の後ろじゃ撃てない。

そう思ったのですが、諦めきれないワタシは、石の後ろが見えないかと、上流の中州に渡ろうとした、その時。。。 Takeちゃんが叫びました。
「アッ、鴨が石の隙き間に隠れているのが見えるよ!」
鴨がジッと石の隙き間に座っているのが見えます。 留め矢を撃たなければ…。
でも、空気圧が160気圧ぐらいに下がっているので、空気を充填してこなければ…。
「車に戻って、空気を充填してくるね」 急いで車に戻り、エア—を補充し、狙い直しました。 
1発目は、頭の上に外れたみたいです。 Takeちゃんの指示は、鴨に弾が当たって、石から転げ落ち、川に落ちるように…とのことだったのです。 じゃないと、そのまま石の上で転がってしまうと、回収に行くのが困難だと思われたからです。
2発目・・・当たりました。 が、その場でひっくり返ってしまいました。
さて、あの断崖絶壁のところを、どうやって回収しようか。 
でも、なんとか回収したい…きっと、回収する! きっと出来ると思っていました。

対岸に車で向かい、おおよその位置から、倒れている鴨を見つけました!
思った通り、岩場の断崖絶壁で、そこから鴨のところまで、とても降りられそうにありません。
鴨キャッチャーを垂らして引っ掛けるにも、手前の小枝が邪魔をして、上げられそうにありません。
なんとか降りられるところを見つけて、下に降り、川づたいに移動して、鴨にたどり着く方法しかなさそうです。
ここが岩場ではなく、土の斜面で、木が生えているところなら問題なかったのですが、木が生えているのは、絶壁の上部3分の1くらいで、3分の2は、木が無いのです。
まるで、ロッククライミングのようです。
a0056140_23114996.jpg
上部に生えている木がもろそうなので、体重の軽いワタシじゃないと、木が支えきれないと判断しました。
ワタシが降りることになりました。
木がある最後のところで、Takeちゃんが作った縄梯子を木にくくり付けたのですが、全然、高さが足りません。
そこで、紐を結び足して、なんとか下に降りることが出来ました。
・・・が、それでホッとしたのもつかの間です。

「行けそうになかったら、無理しちゃダメだよ!」と、Takeちゃんから声が掛かりました。

岩場を足下に気をつけながら、鴨のところに向かいました。
・・・が、さっそくの難関です。
テトラポットが沈んだところは、岩場が途切れ、テトラポットを行くしかありません。
しかし、テトラポットが沈められているだけあって、川が深いところなのです。
テトラポットは苦手なのです。 足を滑らせたら…。
この先、進むのは、無理かも。。。。 ちょっとフリーズしてしまいました。
でも、落ち着いて、もう一度、渡れないか、検討し直しました。
テトラの先に木が横たわっていました。 あの木を渡って行けば大丈夫かも…。
なんとか、渡ることが出来ました。

その後も岩場の壁をつたって、先に進んだのですが、もうこの先は行けない・・・と思った場所で、立ち止まってしまいました。
足下は崖っぷちになっていて、すぐ水面が見えます。
岩壁は手や足が出せそうにありません。
もうダメだ。。。と、足下の崖の凹みを覗くと、そこにマガモが横たわっていました。

これじゃ、鴨に手が届きません。 鴨キャッチャーを取りに戻ろうか。 
でも、横たわっている鴨を見ているうちに、何とかなるんじゃないかと思ったので、慎重に降りてみました。
鴨を破れたレインコート(100円ショップの品)のズボンに包んで、左手に縛り付け、崖の上に上がりました。 ヤッタァ〜\(⌒▽⌒)/

そうして、さっき来た道のりを戻って、また縄梯子を登って、ようやく生還しました
001.gif
a0056140_23395721.jpg

崖を降りる場所を探している時に見つけた椎茸も一緒に、記念撮影です。
a0056140_23421351.jpg

大変でしたけど、鴨が回収出来て良かったです。
でも、もう二度と、あの場所には行きたくありませんけどね〜037.gif
「あっぱれ、ホトトギス!」「・・・・でも、もうしないでね...」ってTakeちゃんから、言われちゃいました002.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2008-02-05 00:40 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(12)