~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:53
子供の頃、川潜りで遊んで..
by よしよし at 23:21
>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 14:58
私も15日の釣行でしたが..
by kai at 23:16
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:29

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アマゴ、ウキウキ♪ワクワクゥ〜♪♪

6月28日(土)
ここ数日、体調不良で元気が出ません。
ワタシには珍しく、鮎釣りにも気乗りしませんでしたが、ウナギは獲りたいので、興津川に向かいました。
そこで、ひと仕事を終えたばかりだという勝治さんとお会いしたのですが、勝治さんはワタシにも増して、疲労困憊している様子で元気がありません。 それを見たワタシは自分を振り返り、(仕事もロクにしていないのに、だらけていちゃダメっ! 頑張って鮎釣りしよう!!)と気を取り直したのですが・・・。a0056140_1644810.jpg

『和田島堰堤』の上の深場に鮎が見えたので、そこと、その上の瀬をやってみたのですが、全然掛かりません。 とうとう午前中は『ボウズ』になってしまいました。
←釣り姿も、どことなくへっぴり腰ですねぇ(苦笑)

『茂野島橋』の下でお昼休みをしていると、CACの「八兵衛」さんが川から上がるところでした。 話を伺うと、この付近で11匹釣ったそうですが、「止めないと掛からないので“忍耐の釣り”でしたよ」とのことでした。 その言葉を頭にインプットして、午後からの釣りに臨んだのですが、もう、全然、掛かりません!
跳ねている鮎がいるので、鮎がいないことはないのでしょうけど、本当に釣れなくて、どんどん釣り上がって行ったのですが、お手上げです。 まわりの人達も全然釣れなくて苦戦しているようです。 
(今日は、もしかしたら『ボウズ』?)・・・いやいや、ウナギのエサをゲットする使命に燃えているワタシは、諦めるわけにはいきません。
チャラ瀬の真ん中付近にある、ちょっとした石裏の深みに、しばらくの間、鮎を「ねじ伏せて、止めて」みました。 そうしたら、ようやっと一匹掛かりました。 フゥ〜ッ042.gif
結局、今日は、この一匹だけでした。・゜゜・(>_<)・゜゜・。
  Hoto「ウナギのエサは、どうしよう?」
  Take「養殖オトリでも大丈夫だよ。 それに、アマゴもあるし…。 自然界は厳しいから、養殖鮎はイヤだの、アマゴは好みじゃないから食べない!なんて、言ってられないと思うよ」
a0056140_1639960.gif
Takeちゃんは、今日も天女魚が8匹ほど釣れたので、満足している様子です。
何より、キジの親子に会えたことが嬉しかったみたい…。 このキジのお母さんは、昨年、11月25日に飛び立つ姿を画像で捉えることが出来た、あのメスキジだと思います。 ちゃんと子育てもしてて、偉いなぁ〜。
子供達が無事に巣立つことが出来ると良いなぁ…と思います。
a0056140_16463692.gif
ウナギの仕掛けをセットして、夕食にすることにしました。
今日は、「エゾ鹿のスペアリブと野菜のバーベキュー」と「焼きおにぎり」でした。
あんなに体調が悪くて食欲も無かったのに、エゾ鹿を食べたら、何だか元気がモリモリと湧いて来たから不思議です。
(明日こそ、鮎釣り、頑張るゾ〜)と、心でリベンジを誓ったのでした。

さて、ウナギですが・・・・・。
残念ながら、掛かっていませんでした。 ア〜ア。。。(泣)
これで、三回連続で、ボウズになっちゃいました。
ワタシもTakeちゃんもガッカリして、始終、無言です。( ̄▽ ̄;A
(やっぱり、天然鮎じゃないから、ダメだったのかな?)とか、(ポイントがいけなかったのかな?)とか、はたまた、(仕掛けの糸が太過ぎたのかなぁ…、それともハリが大き過ぎるのかなぁ)とか、ダメだった原因が何だったのかを自分なりに究明したくて、頭の中がそのことでいっぱいになりました。
「こんなこともあるさ、『10年計画』だから、まだまだ序の口だよ」とTakeちゃんからは慰められたのですが…。

6月29日(日)
鮎釣りをする気マンマンで朝を迎えたのに、かなり雨が降っています。
「これから、まだまだひどく降るみたいだよ」とTakeちゃん。
今日は鮎釣りは無理かぁ…。 残念だわ〜(T_T)

Takeちゃんは、せっせと、渓流釣りの道具をエッセ「プリン号」に積み込み、「ならし運転」と称して、興津川に行くことにしました。

「宮原おとり店」に寄り、昨日もウナギが獲れなかったことを店主に報告しました。

  店主「エ〜ッ?! 獲れなかったの? 三連敗?!Σ(◎o◎;)
  Hoto「(もぉ〜っ、師匠、チェック厳しいんだからぁ…と思いつつ)そうです、三連敗です。 誰か獲っちゃった後なんでしょうか?」
  店主「そんなことはないですよ。誰もやってないはずです。それにしても、獲れなかったなんて考えられないなぁ。 1匹は当たり前、2匹は獲れるはずなんだけどなぁ…。」

その後、いろいろ教わっていると、ワタシ達の仕掛けたポイントが間違っていたことが判明いたしました。 そっかぁ〜、ポイントが違ってたら、掛からないわよね〜f(^-^;
原因がはっきりしたので、俄然、元気が出てきました。(キャッシュなワタシ☆)
せっかく一級ポイントを譲って頂いているのに申し訳ないと思ったワタシ達は、今週、平日に再挑戦することに決めました。
ウナギを獲る為には、鮎も釣らなくちゃいけないんだけど、ここのところ「鮎釣り」に対する心構えが弛んでいたワタシは、店主からいろいろ話を伺っているうちに、またやる気が湧いてきました。 「引き釣り」も真面目に練習しなくっちゃ!!

お昼前に「大雨洪水警報」が発令されましたが、お弁当を食べ終わった頃には、雨が止んでいました。 
支流に行って、Takeちゃんが天女魚釣りを始めるやいなや、ワタシは車の中で爆睡してしまいました。 ウナギが獲れなかった理由がわかって安心したら、急に疲れが出ちゃったのかも知れません。

しばらくして目を覚ますと、Takeちゃん、天女魚を爆釣しているようです!Σ(◎o◎;)
a0056140_21471064.gif
大きいのは26センチぐらいあります。 その次が24.5センチぐらいで、20センチオーバーがほとんどで、リリースしたのを含めると、11匹も釣っちゃったのです。
こんなに大きいのが、揃いも揃って、良く残っていたものです( ̄▽ ̄;) 
まるで東北の渓流釣りみたいです。 こんなに魚影が濃いなんて…。
「アマゴは『雨子』とも書く」とも言うように、今は、アマゴ、ウキウキ〜♪の季節なのね(⌒-⌒)
昨日、鮎が釣れなかったことも、ウナギが獲れなかったことも、すべて帳消しにしてくれるくらいに嬉しかった出来事でした。

さて、ウナギは近日中に再挑戦です! 
一匹でいいから、掛かって下さい、お願いします019.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2008-06-30 22:05 | 鮎釣り | Comments(11)

“わらしべ長者”への遠い道のり・・・(T_T)

6月21日(土)
朝から霧雨が降っています。 今日はこれから雨脚が強くなるとの予報です。
しかし、「鮎を釣って、それをエサにウナギを獲る」という、チームやませみの“わらしべ長者計画”は、雨天でも決行されるのであります。
・・・でも、16日に追加放流がされたにもかかわらず、ここ数日は鮎がパタッと釣れていない様子。。。エサのキープが危ぶまれます。

Take「どこで釣る?」
Hoto「きっと、どこも一緒だと思うよ〜。『西里』は、どうかなぁ?」
Take「放流表を見ると、『西里』は追加放流がされていないみたいだよ。 釣り人も少なくて、良いかもね。」

そんな具合で、今日の目的地に向かうことにしました。 
a0056140_23102680.jpg
途中、キジさんに出会いました。 このキジさんは、去年の春に、メスキジを2羽も引き連れてエサを食べていたキジさんに違いありません。 生きていたのね〜\(⌒▽⌒)!
なんだか嬉しくなっちゃって、Takeちゃんと二人で追いかけ回したりしたのですが、「キジが出ている」ということの意味を、この時は深く考えていなかったワタシ達でした。。。

『西里』では、情報通り、瀬の石は垢腐れしていて、鮎の姿は見えません。
でも、これも情報通り、トロ場の石の、垢が流れて白くなった石の所でポツ、ポツと釣れました。 一カ所、明らかに竿抜けの所があり、そこの鮎のアタリは今期一番キョ〜レツだったので、胸がスカーッとしました\(⌒▽⌒)/
お昼になったので川から上がると、Takeちゃんも。渓流釣りから戻って来たところでした。

Hoto「5匹、釣ったよ〜♪ これでウナギのエサは大丈夫そうよ!」
Take「こっちは、天女魚の『ツ抜け』だよ♪ 14匹も釣れたよ!」

「ツ抜け」ですかぁ〜?!(◎o◎;) 恐れ入りました。
a0056140_23433340.jpg

a0056140_23452560.jpg小さいのはリリースして、4匹のみキープしてきたそうです。
天女魚に混じって、興津川では珍しく「ヨシノボリ」みたいなのが掛かったそうです。

午後から『但沼』のほうに移動したのですが、雨が強くなり、少しづつ増水し、濁ってきました。
鮎も2匹しか釣れず・・・。 ハァ〜ッ、情けないことです。

雨が強く降る中、ウナギの仕掛けをセットし、テントを張って、夕食の支度をしました。
今日の夕飯は、「カツカレー」です。 ご飯を炊いて、昨日こしらえたカレーを温め直し、トンカツをのせて出来上がりです。
雨はますます強く降ってきましたが、風が無かったので、テントの下は快適でした。
(キジが、あんな所に出てきているなんて、やっぱり、大雨の前触れだったんだわ。)と、その時、やっと気付きました。
川もかなり増水して、ウナギの仕掛けを引き上げるのも一苦労でした。 仕掛けに木の枝や青藻が絡んで、肝心のウナギは、全然獲れませんでした。
「そりゃあ、そうよね〜。 素人のワタシ達に、そんなに簡単に獲れるわけないよね〜。」「そうだよ。 こうやって雨の中、苦労して経験を積むことが、今後につながるんだよ。 大変な思いをした後に、獲れた時の喜びは一塩だと思うよ。」

そうです! 「わらしべ長者」になるのは、簡単なワケないのです。
我々、チームやませみの(というか、Takeちゃんの)モットーは、「石の上にも10年」であります。
どんな人でも、それなりに出来るようになるには、10年間続けることが必要だというのです。
ヨ〜シ、来週こそは、頑張るゾ〜〜( ̄▽ ̄)/

6月22日(日)
昨夜は時折、強い雨音が聞こえ、(鮎釣りは無理だなぁ〜)と思いながら目が覚めました。
朝、お弁当の支度をしていると、「宮原おとり店のHPで、『茂野島』は、ほぼ平水で濁ってないみたいだよ〜!」とTakeちゃんが言いました。
昨日、下流の方は、あんなに増水していたのに…。 でもまぁ、今も降っているし、今日は鮎釣りは無理でしょう。 きっと「アマゴ、ウキウキ♪」なので、Takeちゃんに天女魚の大きいのを釣ってもらうことにします。

・・・ということで興津川に出掛けたのですが、雨はますますひどくなり、上流部も、午後から見る見るうちに増水して濁りが入ってきたので、渓流釣りも少ししか出来ませんでした。
今週も梅雨のジメジメした天気が続きそうですが、災害等が起きない程度の雨に不満を漏らすようなら、罰が当たります。
九州地方では大雨の被害が出ているし、岩手・宮城の地震の二次災害が懸念されていますが、これ以上の被害が出ないことを祈るのみです。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-06-23 00:29 | 鮎釣り | Comments(11)

「チームやませみ“わらしべ長者”計画」???

6月14日(土)
6月に入って、他の河川が解禁になったせいか、興津川は、めっきり鮎釣り師が減ったようです。
・・・と同時に、あまり鮎も釣れていないようですが…( ̄▽ ̄;)
a0056140_15204447.jpg
和田島では、毎年恒例になっている、子供達の鮎釣り教室が開催されていました。
ここは今年、あまり芳しくないポイントです。 
しばらく見学していると、一人の子が鮎を掛けて取り込んだので、思わず拍手をしちゃいました。
地元にこんなに良い川があるんですから、この中から鮎釣りファンが誕生してくれることを期待しながら、今日の目的地『大網』に向かいました。

宮原おとり店のHPによると、ここもあまり芳しくないようですが、解禁以来、まだ一度も竿を出していないので、やってみたくなったのです。
「釣れないって言ったって、何匹かは、追う鮎がいるはずよね〜」な〜んて、軽〜い気持ちで竿を出しましたが、大間違いでした!
a0056140_15335073.jpg
どこも、かしこも攻めてみましたが釣れません。 もう、最後の手段…と、吊り橋真下のガンガンも攻めてみましたが、「掛かった〜♪」と思いきや、ボウズハゼ。 もうイヤになって、場所移動することにしました。
・・・が、ふと下流をみると、掛かっているみたい…。 確かに、くだんのHPには「吊り橋下流が良い」と書かれてあったけど…。 ちゃんと忠告に従った方が良いみたいです(;-_-)。

お弁当を食べてから、『土村キャンプ場』へ移動しました。
ここも今年、初めてのポイントです。 竿を入れると、すぐにアタリがありました。
ポンポンポ〜ンと、3連ちゃん☆ きっと竿抜けになっていたのでしょう。
すると宮原おとり店でお馴染みのコウちゃんが現れました。
「釣れてますか?」と聞かれ、「釣れてるよ〜♪」と答えたのはいいけど…。
その後、ポツ、ポツと掛かり、今日のノルマ(?)の7匹に達成したのですが、それからパタッと釣れなくなりました。
a0056140_15523821.jpg
午後2時頃から午後4時半まで、ま〜ったく釣れませんでした。
フウ〜ッ、まぁ、7匹釣れたからいいか・・・。
だって、今日のメイン・イベントは、ウナギ漁なんだも〜ん☆
先週、宮原おとり店の店主のウナギ漁に同行し、ウナギ漁の魅力と、天然ウナギの美味しさにハマってしまったワタシ達は、見よう見まねで仕掛けを作り、今日、その成果を試してみる事にしたのであります!
さっそく、ウナギ漁の師匠である店主に仕掛けをお見せしたところ、「これじゃ、80%、切られるなぁ」とのこと。
エ〜ッ、マジですか〜?! どうしよう〜〜〜(;_; ))(( ;_;)
でも、やる気マンマンのTakeちゃんは、店主から詳しくポイントを伝授してもらい、とにかく、やってみることにしました。
仕掛けをセットし、数時間待つ間、河原で夕飯を作って、食べることにします。
今日の夕食は、鮎釜飯です。
a0056140_1640467.gif
家で下ごしらえをした鮎と出汁とお米を釜に入れて炊くだけですが、河原で食べると、味もひとしおです。
夜も更けて、辺りが真っ暗になると、なんと、が舞い始めたではありませんか!
ツ〜ッ、ツ〜ッと、弧を描くように光が流れ、まるで「流れ星」か、「花火」が上がった後に流れる「火の粉」のようにも見えます。
静まり返った河原で、ボ〜ッと無心に蛍の光を眺めていると、自然に抱かれている心地よい幸福感に満たされます。 こんな世界が、本当に好きだわ〜。

さて、いよいよ、仕掛けを引き上げる時がまいりました。
一番獲れる確率が高いポイントから引き上げることにしました。
すると・・・糸はチリチリに縮れ、ハリがなくなっています! ア〜、やっぱり宮原さんのおっしゃった通りだわ〜(泣)
2番目のポイントの仕掛けも、糸がチリチリ、ボロボロ・・・、3番目のもダメ・・・。
二人とも、いつしか無言になり、うつむいて、河原を歩いていました。
これが最後のポイントです。 
Takeちゃんが、「アッ!」と声をあげました。
「どうした?」 「いや、ウナギが掛かっているように見えたけど、違ってた。」
確かに、ハリにエサがそのまま付いているのが見えました。
ただの空耳・・・ならぬ、幻覚だったのね〜。


・・・が引き上げてみると・・・


a0056140_1774530.jpg
ウナギが掛かっていました! 573gのウナギらしい(?)ウナギです。
もう、二人で興奮しながら取り込みました。
「80%ダメだろう」の言葉通り、本当に80%ダメだったのですが、残りの20%の幸運に恵まれたとしか言いようのない結果です。
「仕掛けを作り直して、また挑戦しようね!」
二人で固く心に誓い、ポイントを教えてくれた宮原さんと、掛かってくれたウナギにあらためて感謝しました。

6月15日(日)
今日は藁科川で「ダイワマスターズ倶楽部大会」が開催されるというので、見学に行くつもりでしたが、朝から頭痛がして悪化しそうな気配がしたので、やめることにしました。
しばらく様子を見て、外出は大丈夫そうなので、とりあえず興津川に行こうかという話になり、「それじゃ、河原でウナギの仕掛け作りをしようか」「そうしましょう!」「釣り具屋さんに寄って、糸とハリを調達して…」「体調が大丈夫そうだったら、ウナギ獲りのリベンジしましょうか!」「じゃ、夕食の準備もしていこうか。」「河原で“うな丼”はどう?」っていう具合に、話が進んじゃいました。
a0056140_21342787.jpg
河原にテントを設置し、なかなか快適な居住空間が出来上がりました。
ウナギの仕掛けをせっせと作っていると、宮原おとり店の店主がいらっしゃったので、昨日の報告と、“新仕掛け”について感想を伺いました。

店主「で、今日はどこをやるの?」
Take「昨日のリベンジをしようと思って、同じところに仕掛けます。」
店主「え〜っ?! それは、絶対ムリ! いくら『ウナギは頭悪い』って言っても、それほどヒドくはないよ〜。 昨日痛い思いをして、フウ〜ッって胸を撫で下ろしているのに、今日は絶対食わないよ! それに今日は月周りも良くないし…。 そうそう、エサの鮎は? 冷凍鮎は、絶対食わないからね〜。」
Hoto「冷凍鮎を持って来たんですけど…」
店主「ア〜、それじゃ、絶対ダメ、ダメ!」

そうして、せっかく別のポイントを教えて頂いたのですが、体調不良のこともあったり、やっぱりリベンジをしたいという気持ちが強くて、ダメでもともと…何事も経験が肝心…ということで、同じポイントでやることにしました。

でも、本当はもう一つ、大きな理由があったのです。

今日、興津川に向かう途中にTakeちゃんが話してくれたのです。
「今でも家のどこかに残ってると思うんだけど、魚拓なんかとらない親父が残した一枚のウナギの魚拓があってね…。 それは、ある土曜日に海でウナギを釣ってたら、デッカイのが掛かって、仕掛けを切られ、逃げられたんだって。 それで親父は悔しかったらしく、仕掛けを作り直して、それから一週間後の土曜日にリベンジに行ったんだ。 それで大きなウナギを釣り上げたんだよ。 親父は一週間前にバラしたウナギに間違いないって言って、嬉しそうだったよ。 それで魚拓を残したんだ。 昨日、ウナギにハリを取られた後、急に、親父とウナギの魚拓のことを思い出したんだ。 それで、もしかしたら、自分もリベンジが出来そうな気がしたんだよ。」

折しも今日は「父の日」です。
そうよ、きっとお父さんも、応援してくれてるわよ!
そう思いながら仕掛けを仕掛けて、今日の夕飯の用意を始めました。
a0056140_229520.jpg
今日は、昨日釣ったウナギで作ったうな丼です。
河原でご飯を炊き、白焼きにして持って来たウナギをバーナーでもう一度あぶって、タレで少し煮立てて、ご飯の上に盛りつけます。 そして出来上がりました!
a0056140_2213529.jpg
ウナギさんに感謝しながら、有難くいただきました。
獲った時は、前回のウナギよりも細身で小さいように見えましたが、けっこう肉厚で長さもあり、味も「よりウナギらしい」味でした。
獲れる所によって味も違うのでしょうか? そんな点もこれから楽しみです。

・・・・・で、結果ですが、見事にボウズでした。 エサも全然取られてませんでした〜。
やっぱり“解凍鮎”は、お気に召さないのね〜( ̄▽ ̄;)
宮原さんのおっしゃる通りになりましたね〜f(^-^;(汗)
・・・が、失敗するのも大切な経験だと思っています。
きっと、近いうちにTakeちゃんのリベンジは叶うと信じて、頑張りたいと思います☆

Take「オトリ鮎を2匹買って、それを15匹に増やして、そのうちの一部をエサにしてウナギを獲る・・・う〜ん、まるで「わらしべ長者」だね!」

チームやませみの「わらしべ長者」計画・・・今後に期待したいと思います(⌒▽⌒)v
[PR]
by hototo-gisu | 2008-06-16 22:42 | 鮎釣り | Comments(22)

鮎もいいけど、ウナギも・・・ d(⌒o⌒)b

6月7日(土)
いつものように「重役出勤」で興津川に向かう途中、勝治さんからTelが・・・。
  S「興津川に行かれてますよね。」
  H「まだ、家を出たばかりですが、興津川に向かっている途中です。」
  S「実は、藁科に来てるんですが、オトリがどこも売り切れて無いんですよ。
   それに入川出来ないほど、混んでいるし…。 興津はどうかな…と思って。」
『茂野島橋』に着き、橋から川を見ましたが、釣り人はほとんどいませんが、鮎も少ししか見えません。 その旨、勝治さんに連絡すると、「興津川に向かいます」との事。
 
目指すポイントに着いたら、人でいっぱいで入れません(泣)
「上流部が釣れてます」との宮原おとり店のHP情報のせいか、八幡温泉付近は鮎釣り師で混み合っていました。 仕方がないので、苦手な『石がゴロゴロ出ている瀬』を釣る事にしました。
a0056140_10515236.jpg
竿抜けっぽいポイントで、ポツポツ掛かりました。 色白で型は小さく、おそらく天然鮎でしょう。
普段は一カ所をじっくり攻めるワタシですが、この時は拾い釣りをして、午前中8匹釣りました。 今年は苦手なポイントも釣るように努力し、ポイントの見切りも早くすることを心がけたいと思っています。

勝治さんが到着し、「小さい鮎じゃなくて、デッカイのが釣りたい!!」とおっしゃるので、下流部に大きく移動することにしました。
a0056140_10591417.jpg
『白扇閣前』です。 ここで釣りをするのは初めてです。
a0056140_1152619.jpg
勝治さんは、早瀬の流芯を攻めて、型の良いのを掛けてます。
Takeちゃんに、「シッポの先まで、真っ黄っ黄〜!」と叫んで、とても嬉しそうだったそうです。
解禁以来、掛かる鮎がチビ鮎ちゃんばかりで“消化不良”だったのが、これで解消されたと、大満足だったようです。
・・・が、ワタシは攻める場所が『ナンパ』なポイントばかりでしたので、メダカみたいなのばかり。 それも7匹しか釣れませんでした( ̄▽ ̄;)
でも、勝治さんと一緒じゃなければ来なかったポイントだし、楽しい釣りが出来て、ワタシもTakeちゃんも嬉しかったです。

さて、本日は、さらなるドラマが、私達を待っていました。
初のウナギ獲りに挑戦です!
今年の2月に、猟の途中で「宮原オトリ店」に立ち寄った時、店主から「ウナギ獲り、一緒にやりましょう。」と言われたのですが、本日、連れて行ってくれる事になったのです。
「ウナギって、止水のテトラの下みたいなところに潜んでる」ぐらいにしか思ってなかったワタシですので、ノーテンキに、のこのこ付いていきましたが、とんでもない過酷な漁であることに気付いたのは、川に入ってからでした。
興津川は平常時よりも増水していて、とても川を容易に渡れません。 こんな時がウナギ漁には最適らしいのですが、結構、危険です。
ワタシもTakeちゃんも、川の真ん中で動きがとれず、店主に付いていけなくて、右往左往です。 もう、仕舞いには諦めて、指をくわえて、店主を見守るしかありません。
a0056140_11263178.jpg
店主は荒瀬をものともせず、グングン渡っていきます。 さらには、両手に石を持ち、石から石に飛び移ります。
私達はほとんど役立たず…。 それでも、一カ所だけ手伝う事が出来たけど…( ̄▽ ̄;)
あとは夜10時に、仕掛けを回収に来ることになりました。
ゲ〜ッ、暗闇に川に入るのなんて、初めてですよ〜!( ̄□ ̄|||) 大丈夫なのかワタシ達・・・。

一旦帰宅して、夕食を食べ、Takeちゃんもピールを自粛し、新車のプリン号で川に向かいました。
真っ暗な中、川に入ると、川底の砂が白くボヤ〜ッと光って幻想的です。 
意外だったのは、昼間よりも、川に対する恐怖心が薄らいでいたことです。 Takeちゃんも同じように感じていたらしく、「川の流れが、暗闇で見えないからだね」と話していました。 しかし、川の水位は5センチ程下がっていたにも関わらず、私達はまたしても流れに阻まれ店主に付いていけず、何の手伝いも出来ません(泣)
店主は暗闇の中、オトリ缶と仕掛け巻きを担ぎ、川から仕掛けを引き上げていきます。
すると・・・「掛かってるよ〜」との声が…
Takeちゃんと二人でライトを照らすと、白くて長い物が流れにうごめいているのが見えました。ワ〜イ、やったぁ〜\(⌒▽⌒)/
もう、二人して、手を叩いて喜んじゃいました☆
なんと、他の仕掛けにも1匹、掛かっていました。 良かった〜、足手まといな私達が居たせいで、ボウズになったら申し訳なかったところです…f(^-^;

「Takeちゃん、ここの仕掛け、自分で見てみたら…」
そう促されたTakeちゃん、仕掛けをたぐりながら、「根掛かりしていますよ」と言いました。
  宮原さん「根掛かりかと思ったら、そうじゃないこともあるから気をつけて」
そう言われたTakeちゃんが、そぉ〜っと糸をたどると・・・
  Take 「ア〜ッ、ヌルッとしたぁ〜!!! ウナギいますよ!」
そうして、店主と二人掛かりで仕掛けを上げると、針掛かりが浅かったのか、逃げられてしまいました。
  Take「ア〜、興奮した! でも、くやしいなぁ〜、大きかったのに〜」
  hoto「大丈夫、あのウナギはそのうちに宮原さんが獲ってくれるから!」

今日の漁果は2匹でした。 しかしながら、このウナギ漁はハードですよ。
  宮原さん「50メートルくらい、流された事もありますよ!『連れてってくれ』と言われて漁に連れて行くと、『こんなに大変なら、買った方がいいや』って言われちゃいますよ」
ん〜、当たってるかも…。 キロ5000円の価値は充分過ぎるほどです。
a0056140_13581956.jpg
「ぜひ、自分達で獲ったのを食べてみて下さい」と言われ、恐縮しながらも1匹頂いて、持ち帰ることにしました。
「日本広しと言えど、エッセの中で、生きたウナギを積んで運んだのは、ウチのエッセが初めてでしょうね!」なんて言いながら、プリン号で家に着きました。
早速、ウナギを開くことにしました。 ワタシは生のウナギを触るのは初めてなんです。
Takeちゃんは小学生の頃、お父さんに連れられて、海にウナギ獲りに行き、ウナギを開くのも何度か見た事があるそうです。 もうお父さんも亡くなって、その頃使っていた目打ちがTakeちゃんちの台所には残されていました。 その目打ちが今、生かされようとしています。
Takeちゃんの遠い記憶をたどりながら、二人掛かりで背中を開き、内臓を取り出し、骨を取って、なんとか下ろすことが出来ました。
a0056140_1474663.gif
身が白くて、艶があり、弾力性があります。 血がほとんどと言っても良い程、無かったのが意外でした。 明日、これを食べるのが楽しみです。

二人とも、嬉しくて興奮覚めやらず、寝るのがとうとう夜中の2時になってしまいました。

6月8日(日)
朝、目を覚ますと、午前7時55分。
雨が降っていましたが、興津川に向かいました。
昨日のお礼を言おうと「宮原おとり店」に行くと、お店の裏で“初心者講習”なさってるとのこと。 早速、行ってみました。
a0056140_14171920.jpg
もう二匹も釣ったそうです。 先程の奥様の話では、全くの初心者で、ハナカンを通すのを、店先で練習してから入川したらしいのですが…。
「今日は人も少ないし、釣れますよ〜。 なんで釣り人が少ないのかなぁ? ホトさんも、ココ釣った方が良いですよ!」
確かに、マスターズの後ですから、鮎が釣り切られちゃったと思っている人が多いんでしょうね。
a0056140_142185.jpg
ワタシも釣り始めたけど、同じところでは掛かりません。
場所を点々と移動しながら、やっと5匹くらい釣れました。
そこへTakeちゃんが来て、「あの新人、もう5、6匹釣ったみたいだよ」との報告が…。
ガ〜〜〜ン、恐れ入りましたm(_ _)m
その上、「宮原おとり店で『先生』と呼ばれている人が、その下に入ってすぐに何匹も掛けていたよ!」とのこと。 クゥ〜ッ、ワタシの腕のなさが悔やまれます。

その後、上流部の昨日入れなかったポイントで釣りましたが、釣果は伸びず、この日は11匹でした。 本人はもっと掛けたつもりだったんだけど、バレが多くて…。 難しいです、鮎釣り…。

しかし、本日のメイン・イベント! ウナギ料理、作っちゃうぞ〜☆
a0056140_1430345.jpg

a0056140_14304982.jpg「白焼き」と「蒲焼き」、「内臓の串焼き」そして「骨せんべい」です。
宮原さんから「『蒲焼き』なんてするのは、勿体ないです。蒲焼きにするなら、どんなウナギでも、一緒の味になっちゃいますから。白焼きをわさび醤油で食べるのが一番!」と念を押されていたのですが、Takeちゃんが無類の蒲焼きファンですので、掟破りしてしまいました。
・・・が、声を大にして言いたい! 
その「蒲焼き」のほうから食べましたが、もう、普通の蒲焼きとは
別ものです!!
タレが掛かっていたって、素材が良い物は、むしろ、味が引き立つ気がします。
皮は、程良くシットリとして、身もコクがある上品な味です。
そして次の「白焼き」をわさび醤油で頂きました。
すると・・・

二人とも口に含み、
「・・・」言葉が見つかりません。 そして、「確かに、宮原さんが言った通りだ」「皮がパリッとして、白身がフックラとトロける味わい…」「極上の味だね〜」「まるで臭みがないね」「とにかく上品で旨味があるよね〜」・・・もう、大絶賛です!
内臓の串焼きも、骨せんべいも、もう、たまらない美味しさでした。

私達は、これからも、この天然ウナギが食べられるようにするにはどうしたら良いか…ということで頭がいっぱいになりました(笑)
ライフジャケットを着て、漁をするか…。 それともウエットスーツにするか…。
興津川で、また一つ、楽しみな事が増えました。

ところで、5月24日に「ハローフィッシング」という雑誌の編集者の方に写真を撮られた事はブログにも書きましたが、この度、最新号が発行されました。
a0056140_1458278.gif
なんと、小さくですが、巻末のカラーページにワタシの釣り姿が掲載されていました。
一応、ご報告しておきます。   
[PR]
by hototo-gisu | 2008-06-09 10:59 | 鮎釣り | Comments(11)

ナビが付いたゾ〜♪

6月5日(木)
先月、ジムニーのドアに見つかった小さな「へこみ」(たぶん駐車場とかで、他の車がドアを開ける際にぶつけた跡だと思うのですが)を業者さんに頼んで直してもらいました。
その業者さんが行なったのは『デントリペア』と呼ばれる技術で、車に出来た小さい凹みを、板金とは違う方法で、車に傷をつけずに、きれいに修復させてくれるのです。 ジムニーのドアのへこみも、魔法のように、きれいに消えてしまいました。
それがきっかけで、Takeちゃんが、その業者さんのロゴのデザインと車のステッカーの製作を請け負うこととなり、完成したのがコレです。
a0056140_18512065.gif
HPのロゴもTakeちゃん作です。
→「デントクラス」のHPは、ここをクリック
仕事ぶりが丁寧で、とても信頼がおける業者さんです。 

・・・と、宣伝はこのくらいにして、この度、KENWOODのHDDナビをネットで仕入れたTakeちゃんは、「デントクラス」さんに取り付けをお願いしました。
a0056140_1953643.jpg
なんとスピードメーターとかも取り外され、ナビ本体の後ろは、コードだらけです!( ̄□ ̄|||)  メカに弱いワタシは、これを見ただけで、気が遠くなりそうですよ008.gif

そして無事に取り付けが終わりました!
a0056140_19114066.jpg
a0056140_1912736.jpg
TakeちゃんはUSBで、せっせと曲を入力しています。
もう2,500曲ぐらい運んだそうで…。 ご苦労様ですm(_ _)m
しかし、このKENWOOD HDV-990は、音楽好きの方にはお薦めです。 Takeちゃんによると、他のメーカーのナビについても調べたらしいのですが、曲を運ぶのに難があったり、MP3対応でなかったり、選曲がスムースに出来なかったり…と、「音楽を楽しむ」という面で相当遅れているらしいのです。
その点、このKENWOODのは、ワタシでも簡単に曲探しが出来ます。
それに何より、音が素晴らしく良いのです!! 今はエッセ純正のスピーカーですが、ナビ本体のオーディオが良いから、もう、ビックリです。 強いて言えば低音部に難ありですが、スピーカーを工夫すればOKみたいです。

車の性能とは全く関係ないし、ナピ機能についてはまだ使用していないので未知数ですが、車の運転があまり好きではないワタシにとって、たかが音楽、されど音楽であります。
これでエッセでのドライブが、ますます楽しみになりそうです。♪
[PR]
by hototo-gisu | 2008-06-06 20:48 | ジムニー&エッセ・カスタム | Comments(6)

“プリン号”が、やって来た!

6月4日(水)
今日、我が家に新しい家族が加わりました!
a0056140_22381577.jpg
エッセ・カスタムです。
試乗して、その走りの爽快さに、Takeちゃんもワタシもすっかりハートを奪われてしまいました。
「走り」という点では、スバルのR2が軽自動車の中では一番だと思っていましたが、このエッセ・カスタムは、それを超えていると感じました。
その上、燃費も良いみたいだし、維持費も安いし、コンパクトだし、可愛いし、言うことありません。
ネットで調べると、車好きの人が結構ハマっている車らしくて、エッセ・ファンの方達のプログなどを読むと、ますますこの車が好きになっちゃいます♪
a0056140_22523742.jpg
明日、ここにKENWOODのHDナビを設置してもらう予定になってます。
音楽好きな(と言っても、ロックやポップスですが)ワタシの為に、音楽が楽しめることを最優先に考えたナビを、Takeちゃんが探してくれた末に選んだのが、KENWOODのナビだそうです。 4500曲も入るそうなので、もう、聴き放題ですよ〜♪
a0056140_2332356.jpg
「アクセルを踏むと、『シューーーーン』て良い音がするんだよ」と、Take ちゃんはすっかりメロメロです。
愛称まで付けちゃいました。「プリン号」です☆
プリン色で、美味しそうな色でしょ? 古くなったら、屋根をカラメル色に塗って、プリンそっくりにしちゃう計画です。

a0056140_2315312.jpgプリン号も可愛いけれど、相棒のジムニーちゃんも忘れてはいません。
この前の日曜日にタイヤに刺さった金属片を、ダイハツの整備工場で抜いてもらったところ、15センチもあるドライバーが出てきました!Σ( ̄□ ̄;)
タイヤから、わずかな金属片しか見えなかったから、まさかこんなものが刺さっていたなんて、思ってもみませんでした。 どうしてこんなものが、国道に転がっていて、そしてタイヤに刺さっちゃったのかしら…。 大事に至らなくて良かったです。

これからも家族の一員として、ジムニーちゃんもプリン号も、ともに事故もなく、長く一緒に過ごしていけたらいいなぁ…と思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-06-04 23:32 | ジムニー&エッセ・カスタム | Comments(2)

釣果はショボくても、心は“錦”☆

5月31日(土)
先週の大増水の後、興津川はサッパリ釣れなくなった様子。。。
今日はせっかくの土曜日ですが、雨は降るし、寒いし、川は垢がとんで増水気味…またもや三重苦ですか007.gif
川に向かう途中、マコトさんから連絡があり、息子さんのH君を連れて、興津川にいらっしゃるとのこと。 きっとH君、鮎釣り初体験を楽しみにしているんだろうな〜。
「なんとか1匹でも、釣らせてあげたいね〜」と、Takeちゃんとポイント選びに頭を悩ませました。 
まずは『茂野島橋』から、川見しましたが、鮎は全くと言っていいほど見えません。
とりあえず、ここで待ち合わせをしているし、竿を出してみることに…。
(増水してるから、例の大量にある不良在庫の「DANゴールドメタル0.08号」の仕掛けでも使ってみるか…)と、仕掛けを取り出し始めたところに、後ろで声がしました。宮原おとり店でおなじみのコウちゃんでした。
「お久しぶり〜♪」仕掛けを竿にセットしながら話がはずみ、釣り始めながらも話を続けていましたが、なんだか、オトリ鮎の動きがヘン・・・。 ア〜ッ、メタル0.08なんか使うんじゃなかった! まるで泳がないのです。 増水気味とはいえ、このくらいの流れでは、メタルは用無しだったのね〜。 後悔先に立たずです。
a0056140_16473643.jpg
仕掛けを張り替えれば良いのに、そのまま続けちゃうところが、ダメですね〜(-_-メ)
その後すぐに勝治さんがいらっしゃいました! これまた、お久しぶりです\(⌒▽⌒)/
(仕事が忙しそうだけど、お変わりなく元気そうで良かったわ〜)などと思いつつ、川から上がらず、釣り続けるワタシ・・・。
a0056140_16554214.jpg
その間、H君は渓流のエサ釣りに挑戦です。
H君は、マコトさんから伝授されたルアー釣りの名手で、大物のシーバスやヒラスズキなどを何本も上げ、ちょっとやそっとの大物では、動じなくなったという、小学生ながらも、かなりの腕前のアングラーです。
この日はあいにく、カワムツやウグイばかりで天女魚は釣れませんでしたが、ルアー釣りとは違った、エサ釣りの面白さも体験してもらえたのではないかと思います。

しばらく粘って釣っていたワタシでしたが、流芯に残っていた『静岡2号』をようやく1匹掛けて、これで一息つけました。
さて、午後からの「鮎釣り教室」釣らせてあげられるかなぁ…。
a0056140_1785966.jpg
場所は、先週ワタシが午後から20匹掛けたところです。
ココだったら、流れも強くないし、掛かった鮎がキラキラと見えるので、きっと釣れたら楽しいだろう…と思ったからです。 何事も、最初が肝心ですからねっ!
今日は、仕掛けのしくみや、オトリ鮎のセットの仕方は二の次にして、とにかく、オトリ鮎を泳がせて、野鮎を掛ける面白さを味わってもらうことが大事だと思いました。
H君の4.5mの渓流竿に仕掛けをセットし、オトリを付けて、H君に竿を持たせて、ワタシはノータッチです。 「ハイ、糸を張って〜。」「糸を緩めて〜。」「目印を一つ沈めたままキープして〜。」と、口で指示するだけ・・・。 すると、野鮎が追ってキラッと反転しました。 「アッ、あわせちゃダメ!」 バレちゃったみたい…。
「鮎釣りはね、針掛かりが深くなるようにする為、合わせちゃダメなの」(そんな肝心なこと、もっと早く教えてよ…って言われそう)
そして間もなく、待望の1匹が掛かりました! やったぁ〜003.gif
型は小さいけど、紛れもなく天然鮎です! すごいなぁ〜、周りの人も全然掛かってないのに…。
a0056140_2147029.gif
その後、鮎釣り経験のあるマコトさんがH君についててくれるということで、ワタシも鮎釣りを始めました。
・・・すると、またH君に掛かったみたい…。 そして引き抜きまでしています!Σ(◎o◎;)
おそるべし、マコトJr.…。 
ワタシも2匹釣ったけど、後が続きません。
a0056140_2151468.jpg
勝治さんも瀬を攻めていましたが、ガンガン瀬の中で釣れる鮎が、やはり小さい鮎ばかりで、やる気なくしちゃったみたいです。 たまにでもオトリサイズが釣れれば、良いんですけどねぇ…。

3時半頃、勝治さんとマコトさん達と別れ、『漁協前』の吊り橋下で釣り始めました。
吊り橋の上から見たら、岩を食んでいる鮎がいくつか見えたからです。
でも、それは対岸に沈んでいる岩だったので、腰上まで川に浸かって竿を出しました。
ア〜ン、冷たいよ〜(>_<) でも、ちょっとの間だけガマン、ガマン!
そうしたら、掛かりましたよ〜(⌒o⌒)/
a0056140_226981.jpg
ここで4匹釣れました。 どれも深いところを釣ったので、根掛かりしなかったのは、運が良かったんですね〜。 深いところで掛かると、アタリが良いので楽しかったです。

今日は合計7匹でした。 ツ抜けなんて、とんでもないって感じ!
でも、H君が2匹も釣ってくれて、その1匹は、ワタシの10匹、いやそれ以上に匹敵するくらいの価値がある鮎です!!
だから、今日は大満足です(⌒-⌒)v  
もっと状況が良くなったら、また一緒に釣ろうね〜♪

6月1日(日)
今日は久しぶりに晴れて、気持ちの良い朝になりました。
・・・が、朝一に寄った釣り具屋さんは閉まっていたし、ツイテないなぁ〜と思いつつ、興津川に行くと・・・。

『小島』にさしかかった時、「ガタン」と衝撃を感じた後に、車の右後方からカタカタと金属的な音が聞こえるようになりました。 その旨、Takeちゃんに伝えたところ、確かに音がするとのこと。
急遽、すぐ近くの「あこがれ亭」の駐車場に車をとめて確認すると、タイヤに金属の棒が斜めに突き刺さっていました。
「あこがれ亭」でペンチを借りてきて、Takeちゃんが抜こうとしたら、シューッと空気が抜ける音がしたそうです。 仕方がないから、タイヤ交換することにしました。
a0056140_22385282.jpg
道路に落ちてある金属片を拾っちゃうなんて、今日はやっぱりツイてないのかも・・・。
その駐車場から川を見下ろすと、鮎がチラッと見えたので、竿を出してみました。
a0056140_2242896.jpg
すぐに1匹釣れて、次の1匹もしばらくしたら“いつの間にか”掛かっていたのですが、それからパタッと掛かりません。
一か八か・・・・対岸の際の深いところを泳がせていたら、掛かった〜と思いきや、根掛かりでした(泣)
これでマイナス1です。 やっぱりツイていないんだわ〜。

ランチの後は、大きく場所を変え、『和田島』に行きました。
a0056140_22473759.jpg
釣り人は多いけれど、掛かっている人はいません。
しばらくすると、下流の2人に掛かって、ワタシにもようやく1匹きました!
すると、2匹目も、間もなく掛かりました。
ヨ〜シ、頑張るゾ〜〜〜〜!
a0056140_22495884.jpg
まるで「ツ抜け」を示唆するような雲。。。しかし、それはつかの間の、まぼろしだったのです(苦笑)
もう、全然、釣れませ〜〜〜ん (;-_-)
「今日は引き抜いた鮎の画像を綺麗に撮るゾ〜」と張り切っていたTakeちゃんも、すっかり諦めてしまったようで、デジスコ仲間のトコに行っちゃいました。
a0056140_22592274.jpg
釣っている場所から、デジスコ仲間のWさんが手を振っているのが見えました。
Takeちゃんは、久しぶりにWさん夫妻と話がはずんで、楽しいひとときが過ごせたみたいです。 

さてワタシはその後、なんとか2匹追加しましたが、それ以上釣れそうな気がしません。
あ〜あ、今日は7匹釣ったけど、1匹根掛かりで失くしたので、6匹です。
少ないですけど、心は“錦”〜♪
昨日は久しぶりに勝治さんやコウちゃんに会えて、(いよいよ鮎釣りが始まったな〜)と実感し、お互い元気で、今年も頑張りましょうねって誓い合えたし、H君に鮎を2匹も釣ってもらえたし、マコトさんの秘密の習い事も順調みたいだし、今日はTakeちゃんが久しぶりにWさん夫妻と話が出来たからです。
鮎釣りも楽しいけれど、そういった仲間との交流も、とっても嬉しい出来事ですから☆

興津川の鮎釣りも、新垢が付いて川が落ち着いたら、きっと良くなると信じています☆
[PR]
by hototo-gisu | 2008-06-02 23:50 | 鮎釣り | Comments(16)