~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>坪ちゃん こんばんは..
by hototo-gisu at 22:16
芸術は爆発だー!って言い..
by 坪ちゃん at 11:08
>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 00:10
〉柔軟性に富んだ発想 ..
by よしよし at 19:58
>kaiさん こんに..
by hototo-gisu at 16:26

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新調したウェーダーが合わなくて、凹みましたが…

7月26日(土)
朝からガンガンと照りつける太陽…。 ハァ〜ッ、ため息でちゃう。。。
「こんな日にも、鮎釣りに行くのは何故か…。 そこに鮎がいるからだ…。 ア〜、難儀な趣味を持っちゃったもんだわ〜。 ブツブツ。。。。」
このように、年に数回、鮎釣りを始めたことを後悔する“瞬間”がありますが、そ〜んなことも、次の瞬間には、すぐに忘れちゃってるのであります。
なんてったって、今日は、おニューウェーダーをおろす日なのです。

ウナギ獲りも、見るからに良さそうなポイントに仕掛ける予定ですので、Takeちゃんとワクワクしながら、興津川に向かいました。
a0056140_15452739.jpg
これが、新調したウェーダーであります。
Takeちゃんデザインによる、アイロンプリントで鮎のアップリケまで、付けちゃいました♪
ステキです☆ ちなみに、この鮎の名前は、『サー・リチャード3世』だそうです。
エエ〜ィッ、ついでにこれもアップしちゃえ〜! 
ベストにも鮎をくっ付けちゃいました。
a0056140_1640519.jpg
この子の名前は『フランソワ』だそうです。
こっちは、女の子なのね〜。 
・・・あれ〜っ?(と、尻びれを見るワタシ…)
Takeちゃん、この子、「オス」なんですけど( ̄▽ ̄;) 
今、はやりの、“おネエ”鮎ってことかしら…(笑)

さてさて、この新しいウェーダーが悩みのもとになるとは思いませんでした・・・・・

一番小さいサイズの「24B」なのに・・・それに「スリム・ウェーダー」なのに・・
全然、 スリムじゃないですよ(-"-;)  
股下と股上の長さはちょうど良いのですが、足も胴回りもダボダボで、胴回りなんか、親切に『YKKのファスナー』まで付いているのに、私が履くと、ファスナーを下げなくても、着脱が出来るほどです(泣)
もう、ズルズル下がってきて、鮎釣りどころではありません。
『阪神素地』さんっ、どうにかしてくださ〜い!(T_T)
Daiwaの「SA-S」でも、ちょっとダボついていたので、今度は、ちょっとスリムなシマノのウェーダーにしようかと思い、一番小さいのを注文したら、問屋にもメーカーにも在庫がないとのことで、ネットでこのウェーダーを見つけ、安価だけど良心的な感じがしたので買ったのに…。 それとも、痩せてるワタシが悪いのでしょうか?

釣りながら、秋田で釣り具店を営んでいる友人に頼まなかったから、こんなことになったんだとか思ってしまったり、いろいろ、だんだん、・・・・落ち込んでしまいました。

鮎釣りの方も、最初に掛かった2匹を立て続けにバラしてしまったから、それでテンションが下がっちゃったせいもありますが…。
鮎釣りってメンタル面が影響するから、調子が狂っちゃうと、修正がきかず、今日は上手く釣れません。 ウナギのエサを釣らなくちゃ…というのも、なぜかプレッシャーになっている今日のワタシであります。
a0056140_1630034.jpg
土曜日なのに鮎釣り師が少なかったので、Takeちゃんも鮎釣りを始めました。
この竿は、もう古くて腰がなくなっていて「ベナベナ竿」なので、コントロールが大変です。 おまけに、長い竿の担ぎ方は慣れないし、オトリにハナカンを通すのも、Takeちゃんは今日が初めて! 
「ハナが見えない」「エアエッジのほうが、釣り易い」と言いながらも、釣り始めました。 後ろで見ていたら、釣らせてあげたいので、ついつい口を挟みたくなります。
「もっと竿を立てたら?」「もっと上流に竿を向けないと…」とか・・・。 
すると、「ウルサイっ!」と言われちゃいましたf(^-^;
ハイハイ、もう、口出ししません。

4時を過ぎると、鮎の追いが良くなりました。
Takeちゃん、好調に釣ってます。 ワタシのほうは、ボロボロですぅ。(泣)
ウナギ漁の為、早めに切り上げましたが、今日の二人の釣果は合計「14匹」。 おそらく半数は、Takeちゃんの釣果です。 エライぞ〜、Takeちゃん!!

そして、ウナギ漁ですが・・・

昼間の晴天が嘘のように、大粒の雨が降り出しました。 
雨に打たれてビショビショになりながら、仕掛けを引き上げていきましたが、なんと、10カ所に仕掛けたにもかかわらず、今日も獲れず…。
仕掛けを置く前に、ちょうど「穴釣り」をしている人を2人も見かけたし、きっとここは“激戦区”で、獲られてしまった後だったのかも知れません。

今日は、ホトホト、疲れ果てました〜。
ウナギのかわりに、こちらの画像をお楽しみ下さい(苦笑)
a0056140_17124226.jpg
今日、Takeちゃんが見つけた「シマドジョウ」です。
よ〜し、来週こそは“三連敗”を返上して、きっとウナギを獲るゾ〜〜〜☆

7月27日(日)
昨晩はよほど疲れていたのか、コンタクトレンズを外すのを忘れて眠っちゃいました。
朝、目を覚ますと、まわりの風景があまりに鮮明なので、すぐに気付いたのです。
(バカだなぁ〜、ワタシも。 ウェーダーは仕方がないからDaiwaのを注文しよう。 ウナギは獲れなくても、コツコツ続けていたら、きっとまた獲れるはず!)
そんな風に、気持ちを切り替えることにしました。

今日も興津川は釣り人が少なくて…意外です。 どうしてかしら???
昨日の釣り残しを釣る為に、また『大網』にやってきました。
a0056140_21161931.jpg
人が少ないので、Takeちゃんも釣りが出来るわね♪
とりあえず、ワタシが釣り始めました。 師匠らしく、Takeちゃんの為に、いい野鮎のオトリをGETしないとねっ(⌒-⌒)v
昨日は鮎を掛けても、バラシが多かったのは、「ハリ」のせいではないかと思いました。
なぜなら、「3本イカリ」を使っていたTakeちゃんは、バラシが皆無だったからです。
ワタシは「3本イカリ」がバラシに強いことはわかっていても、刺さりが深くて、鮎にダメージが大きい時があるので、3本イカリは使わない主義です。
ならば・・・・・こんな渇水の、皮の硬い鮎に良いハリは、アレしかありません。
「ゼロマルチ」5.0号です。 これの4本イカリを使いましたが、それが功を奏しました。 バレが今日はゼロでしたもんね〜♪ 
a0056140_21292651.jpg
20センチぐらいの鮎が掛かっても、バレませんでした。 保持力抜群です☆

そして・・・

Takeちゃんは、見た!!( ̄□ ̄;)

そうです。 鮎がワラワラ泳いでいるのを…。 そして、中には、追い合いをしている鮎が居るのを…。

「Hotoちゃん、あそこの小砂利に鮎がいっぱい見えるよ!」 そうそう、こんな渇水の時には、小砂利のチャラ瀬に鮎が付くというのがセオリーですものね。
すると、Takeちゃんの指摘する筋で鮎が掛かるではありませんか(*_*)
先日から、Takeちゃんの川見は凄いんですってば! 
ワタシはTALEXの偏光グラスを掛けているのに、Takeちゃんには、マジでかないません。
宮ちゃんから、「ホトさんはタケちゃんに竿を譲って、かわりに2年間ぐらい、カメラマンに徹したら?」と言われていますが、そんな事態になりかねない予感・・・。

午後からTakeちゃんも竿を握りました。 今日の竿は、「MAXIM 早瀬抜き」(早瀬!?)であります。 こっちのほうが、「ベナベナ竿」より、使い易いと思います。
今日はワタシも、Takeちゃんにオトリ鮎と仕掛けを渡したきり、ノータッチでしたけど、結構竿の扱いにも慣れたようです。
途中から、雨と雷(!)がひどくなりましたが、二人ともしばらく夢中で釣り続けました。
雨のおかげで、鮎の追いも良くなってきたからです。
でも、さすがに雷が近くで大きく鳴り始めた時は、危険を感じたので、もう竿をたたむことにしました。
a0056140_21511628.jpg
「カエルが鳴くから、か〜えろ♪」ですね(⌒_⌒)

Takeちゃんは、ボウズハゼが掛かった時、ハナカンに付いていた鮎が吹っ飛んでしまったそうです。 それがなかったら、今日の釣果は5匹だったのにね〜。 午後の3時間弱で、良く釣れたものだと感心します。
ワタシも今日は釣りに集中出来たので、17匹釣れました。
Takeちゃんは「見釣り」することが出来て、いろいろ勉強になったようです。
ワタシが思うに、Takeちゃんは「こんな状況の渇水の時期はこういう所に追う鮎がいる」ということを体感して、鮎釣りの『引出し』が一つ会得出来て、良かったなぁ〜と思います。
今後、今日と同じような状況の時に、どんな河川に行っても、今日釣ったようなポイントを探して釣れば、必ず追う鮎がいるはずだから…。

これからも、一緒に『引出し』を増やしていきましょうね☆
[PR]
by hototo-gisu | 2008-07-28 22:31 | 鮎釣り | Comments(15)

突然“絶好調”になっちゃった興津川☆(⌒▽⌒)/

7月19日(土)
マコトさんちのH君が「鮎釣りがしたい☆」と言うので、さて、どこに連れて行ったら良いのやら…。 今年、鮎が少ないみたいだし、追いは悪いし、初心者じゃなくても苦戦してるのに、難しいよね〜。

Hoto「和田島の例のトコだったら、鮎、居そうだけど、釣れるかどうか…」
Take「どうせ、どこも厳しいんだったら、初めての場所がいいんじゃない?
   『大網』なんか渓相も良いし、マコトさん達、好きそうな場所かも…」
Hoto「そうねぇ〜、どうせ釣れないなら、気持ちの良いとこがイイよねっ!」

そんなわけで、『大網』で釣ることに決定しました。
解禁以来、この場所に入るのは3度目です。 去年は良かったのに、今年は全然、鮎が見えなくてガッカリしてたけど…。
「鮎が浅瀬に、たくさん見えるよ!」と、Takeちゃんが言ってます。
マコトさんも、こんな感じの場所で釣りたいと言ってるし、じゃ、やってみますか。
a0056140_11273416.jpg
「見える鮎」を釣るのは、なかなか難しいのよ〜( ̄^ ̄)!
午前中は(…と言っても、一時間ほどですが)、マコトさんもH君も一匹も釣れず、H君は鮎釣りを諦めたのか、午後から渓流の毛針釣りを始めちゃいました。
でも、さすがお父さんですね! マコトさんは息子の目の前で、堂々の初鮎を釣り上げました。
a0056140_11351159.jpg
引き抜きは初めてだったそうですが、上手く取り込めました。
さっそく、オトリを交換して、釣れた鮎を川に送り出しました。

マコト「オトリに名前、付けちゃった!」
Hoto 「何て付けたんですか?」
マコト「『レクサス』!」
Hoto 「アハハっ、レクサス、がんばれ〜!!」

すると、また釣っちゃいました! ほほ〜っ、なかなか、やりますね〜( ̄▽ ̄;)
それを見ていたH君も、俄然、やる気になったようです。
マコトさんが、自分が釣った鮎をオトリにしてあげると、H君にも掛かりました!
a0056140_11531148.gif
やったね〜、H君!!
4.5mの渓流竿は、H君には重くてグリップエンドが持てないのに、引き抜きも良く頑張ってやりましたねっ! パチパチパチ☆

すると・・・・・「Hotoちゃん、少し、休んだほうがいいよ。 竿、持っててあげるから!」なぁ〜んて言っちゃって、ワタシの竿を持ったTakeちゃんは、「え〜っと、宮ちゃん(宮原おとり店の店主)の竿の角度と引き方は、こ〜んな感じ。」「Hotoちゃんみたいに座って、野鮎に警戒されないようにして…」なんて言いながら、モノマネをしながら釣っていたら、鮎が掛かっちゃいました!
a0056140_1332323.gif
Takeちゃん初GETの鮎は、とっても愛嬌のある顔立ちの、べっぴん鮎ちゃんでした。
その後も、ポン、ポン、ポ〜ンと、一時間弱で4匹も掛けちゃいました。
初めての引き抜きも、成功させてるしぃ〜(*_*)
そのくらい好調なペースで掛けてくれると、カメラは素人のワタシでも、引き抜き写真が撮れちゃうんですね。
いよいよTakeちゃんも鮎釣りデビューかな〜(⌒▽⌒)
これからは、Takeちゃん用の仕掛けも用意しておかなくっちゃね〜(⌒-⌒)b

そんなこんなで、思いがけず、み〜んなで鮎釣りが楽しめちゃいました♪
勝治さんも帰り際に寄ってくれて、な〜んと今日は「42匹」も釣ったそうな!(◎o◎;)
ワタシは結局15(16?)匹だったけど、これからは、もっと釣れそうな予感!
しかし・・・こんなにたくさんの鮎、今までどうして釣れなかったんだろう・・・?

さて、今日は鮎釣りだけで終わりではありません。
これからマコトさんとH君も一緒に、ウナギ獲りに挑戦です。
今日は「月夜の晩」であることは、充分承知の上ですが、何事もやってみなくちゃわかりません。
マコトさんとH君は、独自の仕掛けを仕掛け、そしてワタシ達もいつもの仕掛けと、Takeちゃんのお父さんの形見の「ぶっ込み仕掛け」を仕掛けました。
そして待つ間、ニコルさんから「マコトさんと一緒に食べてくださいね」って頂いていた『エゾ鹿』の肉を食べることにしました。
a0056140_1472788.gif
「鮎の初釣り、おめでとう☆」と、皆の気分はすっかり“お祝いムード”。
「特製味噌ダレ」に一晩漬け込んでいたエゾ鹿は、1kg近くありましたが、口々に「美味しいね〜」と言いながら、4人でペロリと平らげてしまいました(^-^;
ニコルさん、ごちそうさまでした〜\(⌒▽⌒)/

しばらくくつろいでいると、H君が、「あっ、鈴が鳴ったよ!」と言うではありませんか!(゜o゜;)
「ぶっ込み仕掛け」に付けてある鈴が鳴ったのです! もしや、
ウナギが掛かったのか…。

Takeちゃんが、その仕掛けを手に取ると、なにやら、弱〜い「生体反応」が伝わってくるそうです。 ワタシも手に取ってみましたが、どうやらウナギではなさそう…。
じゃ、モクズガニかなぁ???

思い切って仕掛けをたぐってみると、犯人は、この子でした!
a0056140_14261490.jpg
ハナカン仕掛けに3本イカリまで付けた鮎が、「ぶっ込み仕掛け」に引っ掛かっていました。
上流で釣っていた誰かの仕掛けが、付け糸部分で切れて、流されてきたのでしょう。
そしてこのTakeちゃんの仕掛けに引っ掛かるなんて、驚きですね!

その時ばかりは、ちょっとだけワクワクしましたが、結局、ウナギは獲れませんでした(T_T)
でも、今日は、鮎が楽しく釣れたから良かったです。
この調子だと、明日は「20匹オーバー」、間違いないかも…037.gif

7月20日(日)
目標「20匹オーバー」ということで、昨日と同じポイントに入りました。
でも「柳の下に2匹目のドジョウはいない」って言うのが、鮎釣りの本質であります。
(余談ですが、この日ワタシは、シマドジョウを初めて釣ってしまいましたが…)
あんなに見えた鮎が、今日は少ないゾ〜( ̄▽ ̄;)
a0056140_14443854.jpg
昨日のポイントは芳しくありません。
そこで、右岸側の瀬を釣り下がって行きました。 そして、多分、15匹を超えたあたりでしょう、パタッと釣れなくなっちゃいました。
自分が釣り下がってきた瀬を、今度は、釣り返して、上がって行ったのですが、全然掛かりません。
一時間以上経過した頃、渓流釣りに行っていたTakeちゃんが戻ってきました。
「全然、釣れなくなっちゃった〜」と事情を話すと、上流の方に鮎が居るから、そこで釣ってみては?・・・とのこと。
素直にその言葉に従ってみたら、5匹ほど、入れ掛かりで掛かりました♪ 
全部、背掛かり! 気持ちのいい引きを味わったので、20匹を超えたと確信したので、竿をたたむことにしました。
数えてみたら、22匹釣ってました。 良かった〜☆ 目標達成です。
昨日釣れても、今日、同じ場所では釣れないということが、痛いほどわかりましたが、とにかく鮎がまだ沢山残っています。
追う鮎がいる場所を探して、来週もたくさん釣れるといいな〜と思いました。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-07-22 15:20 | 鮎釣り | Comments(12)

燃料切れで、撃沈か…?

7月12日(土)
なんだか今日の天気って、突然の梅雨明け??…そして猛暑???
弱っちゃいますぅ・・・鮎釣り師なら、喜ぶべきでしょうけど・・・。
こんなワタシには、疲労回復の“アレ”が必要です!!
そうです、ウナギです!
ウナギを食べないと、元気出ません(>_<)。 もう燃料切れみたいです。
冷凍庫に若干のストックがありますが、それは非常事態のためにキープしておかないと、不安で毎日を送れません(苦笑)。
そんなワタシを「欲深いなぁ〜」とおっしゃる、そこのアナタ! 
女っちゅうのは、だいたい、そんなもんです(笑)

というわけで、ウナギちゃんをゲットすべく、今日も出陣です!
まずは、ウナギちゃんのエサとなる鮎を釣らないと…。
興津川は、昨日も成魚放流があったそうなので、今日は期待出来ます。
a0056140_2302727.gif
興津川でも初めてのポイント、『自治会館前』に来ました。
ここに放流したかどうかは知りませんが、とにかく釣り始めました。
すると、ものの5分もかからないうちに、一匹目をGET! それが、この画像の「静岡2号クン」です。 「まぁ、おひさしぶりね〜♪」と声を掛けたくなるような、久々の派手なお姿に、しばし見入ってしまいました。
その後は、ポツ・・・ポツ・・・としか釣れず、ここでの合計は5匹。
ウナちゃんのエサは、なんとか確保出来ましたが、鮎釣り的には「消化不良」です。
先々週、宮ちゃんから教わった釣りを復習したくて、『第二東名下』のポイントに行きました。
a0056140_2312277.jpg
でも復習するって言ったって、引くスピードとか、竿の角度とか、思い出せないんじゃ、話になりません。
オトリ鮎が上流に泳ぎたがっているのを、むりやり下流に引き戻したりして、何が何だかわかんなくなっちゃった(;_; ))(( ;_;)
鮎釣りで、こんな状態に陥ったら、だんだん“ドツボ”にハマっていき、さらに事態は悪化していきます。 オトリもヘロヘロ、自分もヘロヘロ・・・鮎なんか釣れるわけありません。 なんとか4匹釣りましたが、ツ抜けの為の「あと一匹」が釣れませんでした。 情けないことです008.gif

そんな鮎釣りで体力と気力を使い果たしたのに、ワタシには、次なるミッションが待っていました。
ウナギの仕掛けをセットし、河原で「カツ丼」をこしらえて、今日もウナギに「勝つゾ〜!」と気合いを入れたのですが…。

なんと、全然、掛かっていませんでした(泣)。
でも、ひとつだけ、仕掛けが見つかりません。 Takeちゃんとずぶ濡れになりながら 血まなこになって探したのですが、とうとう見つけることが出来ませんでした。
流されるわけないと思いながらも、下流も探しましたがありませんでした。
きっと先週のような“超巨大ウナギ”が掛かって、仕掛けごとどこかへ引き込んで隠れているに違いありません。
「明日、探してみよう!」と、この日は諦めたのですが・・・。

7月13日(日)
昨日の疲れで、今日は全く元気が出ません。 フラフラですぅ〜。
こんな体調では、鮎釣りは出来そうにありませんが、昨日のウナギの仕掛けを放っておくわけにもいきません。
マコトさん親子も渓流釣りに来る予定になっているし、とにかく、興津川に行くことにしました。
すると、よしよしさんから携帯に電話が…。 もう興津川に着いていらっしゃって、これから釣りを始めるとの連絡でした。 ワァ〜、会うの久しぶり〜♪
Takeちゃんも会えるのを喜んでいます。 「きっと、よしよしさんとスー師匠が釣るのは、あのポイントだよ!」と予測したりしながら、とにかく、仕掛けを探しに昨日のウナギポイントに行きました。

すると・・・鮎釣り師がズラ〜ッと竿を出していて、とても仕掛け探しなど、出来そうにありません。
もう、こうなったら、鮎師がいなくなるまで待つしかありません。
一旦あきらめて、Takeちゃんが予測した「よしよしさん&スー師匠の入川ポイント」に向かいました。
その場所に着き、車から下りて、河原をのぞくと・・・なんと、まさに目の前に(真正面に!)よしよしさんが竿を出していました。
Takeちゃんの読み、ドンピシャですわ!Σ(◎o◎;)
しばらくすると勝治さんもいらっしゃいました♪ でも、勝治さんは仕事の疲れで、ワタシと同じくらいお疲れの様子です。
a0056140_0123754.jpg
「グーッ!」な〜んて、精一杯のカラ元気です(苦笑)

そんなワタシ達をよそに、スー師匠もよしよしさんも、「今日の興津川のポイント」がつかめたようで、釣りを楽しんでいるようです。037.gif
a0056140_0274583.gif
周りの釣り師よりも、ひと回りデカイ鮎を掛けていた、スー師匠。
「静岡2系は、石組みのしっかりとした流芯で釣れました。」と、的確な分析をなさっていました。 ん〜、さすが〜〜♪
a0056140_0352355.gif
よしよしさんは、「Takeちゃんがせっかくムービーを撮ってくれたのに、そんな時に限って、釣れた鮎がちっちゃいんだよな〜」なんておっしゃるから、「どんだけ〜?」と思っていましたが、ナ〜ニ、全然、小さくないじゃないですか( →_→)!

ワタシも午後から竿を出す気になりました! なぜなら、あんなに強かった日差しが弱まって、どんどん曇ってきたからです。
「バンパイアHoto」の異名を持つワタシですから、日差しがなくなると回復するんです。
勝治さんから「引き釣りと泳がせ」についてのアドバイスを受けたのが良かったのか、8匹釣れました♪  
キャッシュだなぁ」と、よしよしさんからも太鼓判をいただきましたf(^-^;

その後、ウナギの仕掛けを探しに行くと・・・・・・見つかりました!
川底に沈んでいる大石に、仕掛けが引き込まれて引っ掛かっていました。
Takeちゃんが力任せに引っ張って、ようやく回収出来ましたが、大ウナギの仕業ではないかと思います。
「ウナギは獲れなかったけど、仕掛けが見つかって、ホッとしたよ。 見つからなかったら、仕掛けを『不法投棄』しちゃったみたいで、ず〜っと、せいせいしなかっただろうからね」と、Takeちゃんは、心底、喜んでいました。

今日の夕食は「燃料補給」の為、ストックしてあったウナギを「白焼き」にして、塩とわさびで食べました。 醤油よりも、塩のほうが、より美味しいような気がします。 次回獲ったら、絶対、「塩焼き」にしようっと☆
ウナギを食べたら元気が出てきたので、我ながらゲンキン(キャッシュ)な自分に対して、つい苦笑いしてしまいました。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-07-15 01:02 | 鮎釣り | Comments(8)

鮎も天女魚も鰻も…興津川、だ〜い好き\(⌒▽⌒)/

7月3日(木)
今日は平日ですが、仕事も兼ねて、興津川に出勤しました。
ワタシの本日のミッション・その1は、午後3時までに、ウナギのエサにする鮎を5匹釣ることであります!
10時に到着すると、第二東名下の瀬肩のトロ場には鮎がウジャウジャしていましたが、一匹も掛かりません。 仕方がないから、和田島の橋の下の瀬も釣りましたが、アタリなし…。
ミッション・インポッシブルになっちゃう…)と思っていたところへ、『宮原おとり店』の店主「宮ちゃん」(Takeちゃんがこう呼んでいます)が現れました。 どうやらここで釣りを始めるようです。

hoto「ここで釣るんですか? ワタシも釣れなかったけど、誰も釣れていないみたいですよ。 絶対、やめたほうがいいです!(キッパリ!)」
宮ちゃん「そう言われると、ますます、やりたくなっちゃうんだよなぁ〜」
hoto「エ〜〜〜ッ、マジですか?!」

そうして宮ちゃんは、釣り師二人を引き連れ、川に向かいました。
釣れないので場所移動しようと思っていたワタシですが、いい機会だから、釣りを拝見させて頂くことにしました。(ミッションは気になりつつも…)

瀬肩のザラ瀬を引き釣りで攻め、たまに竿を立てると掛かっているーーーそんな釣りです。 同じ筋をしつこく攻めているのがわかります。
(掛かる鮎が居たんだぁ〜(*_*))と自分の未熟さを反省しつつも、とにかく真似をしてみることにしました。
宮ちゃんの少し上流に入り、その釣りを見ながら、竿の角度や引くスピードを真似してみました。 さっき拝見させて頂いて、イメージは把握したつもりなのに、実際自分がやってみると、竿の角度とか、スピードとか、全然覚えていないことに愕然とさせられます。
だから、ずっと下流の宮ちゃんを真似しながらの釣りです。
すると、ポツポツ釣れるようになりました。 
宮ちゃんはというと、10匹ぐらい入れ掛かりをしていましたが…( ̄▽ ̄;) 

おかげさまで天然鮎6匹をキープすることが出来ました。 
宮ちゃんに感謝、感謝ですm(_ _)m

さて、午後3時からはミッション・その2、『宮原おとり店』のウインドーに、ロゴを貼付ける作業です。
ウナギの取り方やポイントを教えて頂いたお礼にと、Takeちゃんが『宮原おとり店』のロゴをデザインしたのですが、それがきっかけで、お店のウインドーに貼るカッティング・シートと、車のリア・ウインドーや、友舟やオトリ缶などに貼るステッカーの御注文を頂いたのです。
a0056140_1545164.gif
ステッカーの素材も吟味し、耐久性の高い素材にしました。
アプリケーションシート付きですので、貼り易い仕様になっています。 
川で、このロゴを貼った車や友舟を見つけると嬉しくなっちゃうだろうな〜☆
お店のますますの繁盛を祈りつつ、Takeちゃんと心を込めて貼りました。

さ〜て、ひと仕事終えた後は、本日の最後のミッション、「ウナギ獲り」です。
これまで、痛〜い“三連敗”となっているので、(今日こそは!!)と、気合いが入っています。
後悔したくないので、念には念を入れて、仕掛けをセットしました。 
エサも、人間が食べたくなるような“極上の”天然鮎です。
またもや雨の中、二人で仕掛けを引き上げていきました。

Takeちゃんが、(掛かってないじゃん)と思って仕掛けを引っ張ったところ、腕を「グッ」と力強く引き戻されたそうです。

「掛かってるよ〜っ!」と叫んだTakeちゃんにオトリ缶を持って近付くと、白く長い物体が、水中で波打っています。
「お、大きいっ・・・・」
「タモですくうからね!」 そして、タモに一旦入れたのですが・・・

なんと即座に尻尾からよじ上って、タモから出られちゃいました!Σ(◎o◎;) 信じられません…

再度、Takeちゃんがタモに入れ、今度は逃げられないようにと、タモの網ごと、ウナギをギュッとつかんだのです。
すると、そのウナギは、力いっぱい身体をくねらせて、逃げようと必死です。
その力、半端じゃありません。 
「オトリ缶、開けて!」 Takeちゃんに言われるままに開けて、Takeちゃんがウナギをタモ網ごとオトリ缶に入れたら、素早く上蓋を閉じたのですが、タモ網が引っかかってしまいました。 すると、そのウナギは、その隙間から、上蓋を力任せに開けようとしているのです。
ワタシは、その力の凄まじさに、すっかり怖じ気づいてしまいました。

「『ウナギはそれほど“バカ”じゃない』って宮ちゃんは言ってたけど、
『ウナギは“バカ”じゃなくて“バカぢから”』ですよねっ!」

このウナギと腕相撲をしたら、ワタシ、腕が折れちゃうこと間違い無しです。
そのウナギと格闘した後に、もう一匹、掛かっているのを見つけました。 それは、スーパーで良く見かけるサイズでしたので、内心、ホッとしました。

最初に作った仕掛けは、強度的に問題があったので、Takeちゃんが「これでもか〜!」と“超”丈夫な仕掛けに作り直し、宮ちゃんから「ずいぶん極端だね(^-^)」と言われましたが、この大仕掛けでも小さいウナギが獲れることがわかったので、良かったと思います。
小さくても、とにかく一匹でもウナギが獲れれば満足なワタシに対し、Takeちゃんは「大きなウナギが獲りたい!」と、繰り返し言っていたのですが、それが現実になりました。
努力した甲斐があったと、心からそう思いました。

7月4日(金)
朝5時頃、激しい雨音で目が覚めました。 怖くなるほどの豪雨です。
この雨で、茂野島橋は1メートルも水位が上がっているとのこと…。 まったく、自然というのは予測がつきません。
でも、あの巨大ウナギは、この豪雨を予測していたから、エサを食ったのでしょうか。

ウナギをひらく為、氷でしめて、仮死状態にしました。
a0056140_17221529.jpg
勇気を出して持ち上げてみましたが、ワタシの腕よりも太いじゃあ〜りませんか!(◎o◎;)
a0056140_17292379.gif
デカいほうは90センチもありました。 チビちゃんは、52センチです。
a0056140_17241431.jpg
量りに載せてみましたが「最大計量1キロ」を超えているので、エラーが出ました。
仕方がないので、ひらいてから、別々に測量することにしましたが、デカ過ぎて、とてもワタシの手には負えないので、Takeちゃんにひらいてもらいました。 フゥ〜ッ( ̄▽ ̄;)
a0056140_17371385.jpg
一切れがワタシの手のひらと同じくらいの大きさです。
この切り身が、なんと10枚もとれました! 内臓や頭、骨もそれぞれ量って足したところ、総重量が、なぁ〜んと、1.28Kgもありました!
チビちゃんは、可愛く、226gです。 ホッ♪
今日は「骨せんべい」だけ食べて、明日、キクちゃんと一緒に、「白焼き」でいただくことにしました。

7月5日(土)
今日は朝から蒸し暑くて、もうダメ・・・。
ウナギ漁の疲れも出ているのか、疲労困憊しています。
それでも、興津川に出掛けてみました。
まだ、水位はかなり高くて、垢がきれいにとんで、白川になっています。
青藻もきれいに取れていたし、これで新垢が付けば、鮎の追いも良くなるかも知れません。
鮎釣りは無理なので、久しぶりに天女魚釣りをしました。
6匹ほど釣れたのですが、20センチ弱だったので全部リリースしました。
その後、場所を移ったのですが、身体が怠くてどうしようもなくて、木陰に椅子を持ち出し、そのまま眠ってしまいました。
その間も、タフなTakeちゃんは天女魚を釣りまくってましたが…。

帰り際に『宮原おとり店』に寄り、ウナギ漁のことを報告しました。
すると、「そんな大きなウナギは、一生に一度、獲れるか獲れないかってくらいの貴重なものだよ」と言われ、改めて、あのウナギの凄さがわかりました。
たぶん 5年ぐらい生きているウナギだろうとのこと。
そんなに生きていたら相当用心深かっただろうに、あの大雨の前だったから、エサを食ったんだろうなと思います。 
Takeちゃんはこれまでに、デジスコでも、渓流釣りでも、興津川で何か新しいことを始めると、最初に必ず良い目を見させてもらえるというジンクスを持っているので、今回もそのジンクスが守られました。

帰ってから、キクちゃんと一緒に、ウナギ供養を兼ねて、「白焼き」と「肝焼き」をいただきました。
a0056140_1865013.jpg
白い身は、ふっくらとして柔らかく、とろけるような味わいです。
Takeちゃんに言わせると「マグロの頬肉のような、口当たり」だとのこと。
皮も、バリっとして香ばしく、美味しい〜〜っ☆
それまで元気がなかったワタシですが、なんとなく、元気が出てきましたよ〜!

明日は、マコトさんとH君も興津川に天女魚釣りに来るとの連絡があったので、ワタシも鮎釣りをやろうかな〜と思います。

7月6日(日)
今日も朝から暑いのですが、昨日ほどではありません。
それに、ウナギを食べたせいでしょうか、体調もいいみたいなのです。 それが何より嬉しい☆

マコトさんとH君を連れて、まずは、中河内川の合流点付近を釣ることにしました。
ワタシだけは鮎釣りです。 白川状態だけど、残り垢を探して釣り下りました。
そうしたら、向かいの釣り師が鮎を掛けるのを見ました。
a0056140_18343670.jpg
なるほど〜、鮎は、その辺にいるのね〜。 
ワタシは、その方の釣りの邪魔にならないように、対岸の下流から竿を出してみると、しばらくしたら、良型の鮎が釣れました!
それからバンバン釣れそうな予感がしたのですが、お昼も過ぎているし、場所移動することになりました。 ちょっとだけ心残りでしたが、次に入るポイントは昨日下見をして、残り垢が確認出来た所なので、やってみたかったところでもあります。
a0056140_18464621.jpg

a0056140_18443395.jpgさて、マコトさんとH君は釣れたのでしょうか?

なんと、マコトさんがお父さんの貫禄を示すかのような、見事なニジマスを釣り上げていました。 尺近くあるかもしれません。
釣れたのは瀬の流芯だったみたいなので、だいぶファイトが楽しめたようです。
マコトさんはルアーで大物をたくさん釣っているから、大物には慣れているでしょうけど、のべ竿での大物は初めてだったのではないでしょうか。
のべ竿での釣りは、リールがない分、糸で魚とのダイレクトなやり取りが出来て、より、スリリングでしょ?(^-^)
興津川の年券を買って臨んだ甲斐がありましたね!
Takeちゃんもワタシも、マコトさんが大物を釣り上げてくれて、とても嬉しかったです。 
a0056140_18584438.jpg
H君もエサ釣りはまだ2度目なのに、次に移ったポイントで、天女魚を3匹も釣りました。
パーマークがとっても綺麗なアマゴですね☆ ルアーもいいけど、エサ釣りも面白いでしょう?
海の釣りも面白いけど、川の釣りは、川の流れが複雑に変化しているので、それも面白いよね〜♪ 興津川で、また遊ぼうね〜♪

・・・とはいえ、ワタシは、皆とは完全に別世界に入り、鮎釣りに専念していたのですが…f(^-^;
この前、宮ちゃんに教えてもらった釣り方を練習してみたかったのです。
白川状態だったので自信はなかったのですが、ここぞと思うポイントに数回、鮎を引いて持っていき、止めて、待ちました。
しばらく待って、(やっぱり居ないのかなぁ…)と諦めそうになった頃、やっと野鮎が重い腰を上げるのか、追って掛かるのです。
この日は背掛かりは一匹もなくて、全部、下半身に針掛かりしていました。
そうやって、ポツ、ポツと掛けて、合計11匹釣ることが出来て、『ツ抜け』が出来たのは、自分でも驚きです。

ウナギも獲れたし、鮎釣りの釣り方もちょっとだけ向上したし(ただのまぐれか?)、マコトさん達にも興津川の釣りの面白さを味わえてもらえたし、最高の週末でした。 
[PR]
by hototo-gisu | 2008-07-07 21:58 | 鮎釣り | Comments(10)