「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

なんで急に、寒くなっちゃったの〜?(-"-;)

8月23日(土)
(急に夜風が涼しくなったなぁ…)と思って、一夜明けた今朝…。
何? この肌寒さは!! いきなり秋ですか?!(◎o◎;)
「肩を冷やしちゃって、頭痛がするよ」と、Takeちゃん。 最近、急に気候が変化するので、身体がついていきません。emoticon-0141-whew.gif
 
半袖Tシャツだけでは寒いので、長袖のシャツを羽織って、興津川へ行きました。
川は先週と同じように渇水状態です。 
どこのポイントも同様に厳しいだろうということで、勝手知ったる『大網』に行きました。
すると小雨がパラパラしてきました。
「どうせ雨が降ってたら、カメラ持てないしぃ〜」と言いながら、Takeちゃんは鮎釣りをする気、マンマンです。 気に入っていた引き舟も譲ってもらったしね〜♪ でも、頭痛は大丈夫なのかしら…?

チャラ瀬を釣り始めました。 先週に比べ、水位もさらに下がっていて、鮎の姿が見えません。
鮎が居そうな、水面がシワになったところにオトリ鮎を入れたところで、キラキラッと、掛かり鮎が反転しました。「キタ〜ッ!」と思ったら、水中バレ! がっかりです。
しかし、一回ぐらいの水中バレでメゲるような、最近のホトさんではありません。
ハリを変えて、「さぁ〜、もういっちょ、行ってこ〜い!」とオトリ鮎を送り出すと、また掛かったのですが、それも水中で2匹がキラキラ〜と引き合ううちにバレました。
「2度あることは3度ある」といいますが、その後もバレ多発で、空中バレもありましたし、掛かるのは掛かるのですが、いったい今、何匹の鮎が、引き舟に入っているのでしょう(苦笑)
Takeちゃんも1匹、釣ったようです。 エライなぁ〜まったく。
a0056140_1562948.jpg

下流にも上流にも釣り人が入っていたのですが、皆、どんどん移動してしまうし、掛かっている姿を一度も目撃出来ていないので、多分、苦戦しているんだと思います。
ワタシも、鮎をあっちにやったり、こっちにやったり、空中輸送したりとジタバタしながら釣っているというのに、上流のTakeちゃんを時折見てみると、微動だにせず、真剣にオトリ鮎を泳がせているようです。「だって、丁寧に扱わないと、オトリ鮎が可愛そうだからね」とのこと。
オ〜ッ、初心者の発言は、初々しいねぇ〜(笑) ワタシも、ちょっと前までは、オトリ鮎に優しい人だったんですけどね〜、今じゃ、「オニ」ですf(^-^;
a0056140_15291491.jpg
ちょっと小雨がやんだ隙に、ランチタイムです。 Takeちゃん、すっかりカメラのことなど頭にないので、ワタシが撮らないといけなくなっちゃいました。
「ホトさんがタケちゃんの代わりに、カメラマンやったら?」という宮ちゃんの言葉が頭をよぎります( ̄▽ ̄;)

午後からも鮎釣りを続けました。
雨もひどくなってきたのですが、鮎の追いも良くなってきたような気がしたので、「ツ抜け」出来そうだったのですが・・・。
Takeちゃんが「寒くて、手が、かじかんできたよ〜」と竿をたたみました。
よく見ると、Takeちゃん、レインコートどころか、釣りベストも着てません(*_*)!
ワタシもレインコートを着てなかったのですが、それは、シモツケの白いウェアで釣りたいという女心からで、ベストはしっかり防水になっているので肩や身体は全然濡れてないから、寒さはあまり感じていなかったのです。
Takeちゃん、ダメよ〜、師匠といえど、そんなワタシを見習っちゃぁ〜(`´メ)
時計を見ると、ちょうど4時でしたが、竿をたたむことにしました。
Takeちゃんの今日の目標は、「3匹」だったのですが、立派に達成出来ました。 パチパチパチ〜☆
ワタシは、バラバラとバラシ多発で、8匹キープでした。 ツ抜け出来ず、残念です。
でも、まだまだ鮎釣り期間は2ヶ月ほども残っているし…。
そんなことより、Takeちゃんが風邪でダウンしないか、心配です。
もぉ〜っ、何かに熱中すると、のめり込んじゃうタイプだからなぁ〜( ̄▽ ̄;)
「鮎釣りは、ほどほどに・・・」って、そんな標語、なかったでしたっけ?
   (ありませんって? 失礼しました(笑))

8月24日(日)
朝から雨が降り続き、時折、激しく降っています。
Takeちゃんは、昨日、風邪薬を飲んだせいか、今日は快復したようです。
「天女魚もこれで元気になるね♪」と、やっぱり鮎釣りよりも、渓流釣りのほうが、好きなんだなぁ〜、Takeちゃんは。
さて、この雨で、青藻がきれいに流れて、無くなってくれないかなぁ…。
いずれにしても、今日はおとなしく、オリンピック番組でも観て、まったりとすごしたいと思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-08-24 15:46 | 鮎釣り | Comments(12)

チョ〜渇水の興津川でしたが…

8月13日(水)
気田川釣行の疲れが残っていますが、今日から17日まで休みなので、興津川に出掛けました。
用事を済ませ、「宮原おとり店」で薦められたポイントに入ったのですが…
a0056140_21502495.jpg
オイオイ、ここは宮ちゃんが昨日、キレイに釣り切った後なんじゃないのぉ〜?
(ワタシには、釣れなさそう…)と場所移動を決めたのが運の尽きだったのかも知れません。

次の『自治会館前』は、鮎がたくさん見えました! 追う鮎も、きっと、たくさん居たハズです…。
でも、青藻がワサワサと、ひっきりなしに流れてきて、糸やハリに掛かるので、全く釣りになりませんemoticon-0106-crying.gif
すぐ上に『土村キャンプ場』があり、水遊びの人達が川に入ることで、青藻が剥がれて流れて来るからだと思います。
Takeちゃんに竿を持たせたら、「ウワァ〜、これが噂のロンゲ鮎!!」と言いながら、初めての青ノロ攻撃体験に、なぜかとても喜んでいます。
もう、ここまで青藻攻撃がヒドいと、笑うしかありません( ̄▽ ̄;)

「川遊びの人達が居ない所じゃないと、青ノロが流れてきちゃうね」ということで、『八幡温泉付近』まで移動しました。 ここに来たのは久しぶりですが、以前よりもさらに“砂”が堆積してしまい、良い石があったところが埋もれてしまっていました。 もう、それを見ただけで、“戦意喪失”です。
また場所移動することにしました。

運転をしながら、Takeちゃん、「ア〜ッ、でっかいシャチがいるよ〜!」と、川で普段は見かけない物体を発見した模様です。
今年も「川の“ビーチ化”現象」は、健在みたいですemoticon-0118-yawn.gif

次の『第二東名下』でも、結局釣れず…。
今年初のボウズ確定となりました〜! パチパチパチ〜☆
敗因は数々あるでしょうけど、こんな渇水の状態では、まず養殖オトリでいかに早く野鮎を掛け、オトリを野鮎に変えるかが重要ですね〜。 それが出来なきゃ、話しになりません。
渇水だし、川遊びの人は多いし、青藻がじゃまだし…せっかくの連休なのに、興津川で遊ぶのは無理かなぁ…。

8月14日(木)
今日は鮎釣りはお休みして、夕方から海に出掛けました。
a0056140_22473116.jpg
Takeちゃん、15年ぶりの遠投サビキ釣りに挑戦です。
目標は「サバ3匹」です。 「しめ鯖用」「塩焼き用」「味噌煮用」であります。
今日の夕飯は、この釣りにかかっております。 釣れなかったら、どうするぅ〜??

すると、隣のオジサマが何か掛けたようです。
a0056140_22524942.gif
「アイゴ」だそうです。
背びれに毒があるそうなので、決して背びれは触らないようにご注意下さい。
ーーーで、このオジサマから「仕掛けは深く沈めないと釣れないよ」とアドバイスを受けたTakeちゃんでしたが、オモリを持ってきてなかったので、苦肉の策を繰り出しました。
「ダブルエサかご・撒き餌ワサワサ釣法」というヤツです。 サビキの上だけでなく、下にもエサかごを付けて、少し沈み易くしました。
すると・・・・・。
a0056140_236087.gif
釣れましたよ〜♪ 「カンパチ」です☆
高級魚じゃないですか! でかした、Takeちゃん!!
隣のオジサマも見に来ましたが、この新しい釣法が、この海岸で流行り始めるかも…(笑)
a0056140_23122182.jpg
無事に夕食にありつけました(⌒-⌒)v
美味しい〜☆ ほんの1時間ぐらいで新鮮な魚がゲット出来るなんて、ラッキー♪
これも「ビギナーズラック」のようなものでしょうか…?

8月15日(金)
先日のボウズに懲りず、また興津川に行ったのであります。
ますます渇水状態のようでして…。 釣り人も少ないから、釣れていないのかも…。
ワタシは「トーナメンター」じゃないから、ちょっとラクしちゃおうかな〜♪
宮原おとり店で、養殖オトリを一匹と、天然オトリを一匹購入しました!
天然オトリのほうが、絶対、掛かる確率が高いものね〜☆ 
a0056140_23311092.jpg
暑いから、釣り場もラクなところを選んで、『大網』に来ました。
やっぱり、読みが当たりましたね〜☆ 天然オトリを使ったら、ものの3分ぐらいで掛かりましたよ♪
その後もポン、ポンと掛かりました。
a0056140_2333298.jpg
それを見たTakeちゃんも、鮎釣りを始めました。
ワタシは、その3匹が掛かった後は、しばらくパタッと釣れなくなってしまったのですが、なんとかこの日、11匹で「ツ抜け」しました。 やれやれ…。
一方、Takeちゃんは、きちんと養殖オトリで1匹目を釣って、合計4匹を釣りました。
ん〜、エライもんです。 Takeちゃんが10年も鮎釣りを続けたら、ワタシなんか抜かされてしまうだろうなぁ…( ̄▽ ̄;)

8月17日(日)
一日おいて、また興津川に行きました。
ますます渇水がすすんでいました。 
『和田島』なんか、釣り人が一人も入っていません!(◎o◎;)
また天然オトリを買おうとしたら、売り切れていました(T_T) 重役出勤だから、しょうがないですよね。
また『大網』に行きました。 
養殖オトリで、すぐに「掛かった〜♪」と思ったのもつかの間、水中バレしてしまいました。 仕方が無いので、ゼロマルチにしてみたら、やっと釣れましたよ〜♪
a0056140_23484129.jpg
抜こうとしたら、近くに寄ってきちゃったので、すくおうかなぁ…としている図です。
結局、抜きましたが・・・。
釣れたのは12センチぐらいのチビちゃんでしたが、それでまた一匹釣れました。
ランチを食べて、(午後からは頑張るぞ〜)と、はりきって入川したら…雨が降ってきました。 鮎の追いが良くなったのか、一匹掛かったので、抜こうと竿を立てようとしたその時・・・・・バチバチバチもの凄い大粒の雨が滝のように降ってきて、激しく竿を叩くので、抜きたくても、竿が立てられません。 こんなことは初めてです。 強風よりもタチが悪いなんて…。 ボヤボヤしていたら、バラしてしまいました。
その後も滝に打たれているように激しく雨に打たれながら、竿を出せない状態でいて、(ゴミが流れてきたわ…)と思ったら、あっという間に、真っ赤に濁って、ほんの5分ぐらいで、20センチ、水位が上がりました。 興津川がこんな風に濁るのも珍しいのですが、それが、こんな短時間で…というのが驚きです。
午後からTakeちゃんも竿を出そうとしたのですが、ハナカンを通したら、すぐにゴミが流れて来始め、上記のように濁ってしまったので、釣りにならなかったそうです。

ここでの釣りを諦め、(下流はまだ濁っていないのでは…)と思ったワタシは、多少増水しても危険ではない『第二東名下』付近に移動して、Takeちゃんと一緒に竿を出してみました。
すると、青藻がワラワラと流れて来て、釣りのじゃまになって仕方がありません。
そうこうしているうちに、ここも濁って、釣りが出来なくなっちゃいました。
モ〜ッ、消化不良だわ〜emoticon-0153-brokenheart.gif
こうなったら、もっと増水して、青藻をきれいに流して欲しいわ〜☆

夏休みが終わって、川遊びの人も少なくなった頃には、青藻も流れなくなることを期待しつつ…。
連日のオリンピック競技の数々や、高校野球を観戦しながら、スポーツとしての鮎釣りとの共通点を見出しつつ、もっとワタシも鮎が釣れるように精進していきたいと思っているのであります。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-08-18 00:31 | 鮎釣り | Comments(4)

馬子にも衣装・・・???

8月10日(日)
先週、気田川の漁協組合長であり、気田川金曜会の会長でもあり、「中道おとり店」を営んでいる中道師匠から電話がありました。

師匠「大橋漁具の宣伝で、雑誌の取材があるから、来てくれるかね?」
ホト「取材…って、写真を撮られるのに、私のウェーダー、ボロボロなんで恥ずかしいです。」
師匠「ウェーダー? そんなのこっちで用意してあげるから、心配せんでもええ!」
ホト「エッ? ウェーダー頂けるんですか? じゃ、行きます!」

二つ返事で引き受けちゃった、これぞキャッシュなホトトギスであります。

ホト「大橋漁具って・・・」
勝治さん「“下野(シモツケ)”だよ」

ああ、SHIMOTSUKEですか! ガッテン、ガッテン(⌒-⌒)b
気田川は一年ぶりだし、引き受けちゃったはいいけど、大丈夫かしら…。
ワタシ、今、鮎釣りが絶不調なのに〜。 
Takeちゃんにも相談すると、「よしよしさんが言う通り、“平常心”を取り戻す為に、気分転換するつもりで行けば良いんじゃないかな? 気田川って、とっても気持ちがいいトコだしね」とのこと。
師匠のお役に立てる為にも、頑張ります、ワタシ!!

ーーーというわけで、行ってきました、気田川に♪

行ってみて、初めて詳細がわかったのですが、来年の春に(株)週刊テレビより発売予定の「友釣り21 2009」に掲載する記事の取材だったのです。

師匠「ウチからも一人、女の子を出すから…。」
ホト「女の子…。 ワタシ、女の子って呼ばれるには、ちょっとトシをとり過ぎてますけど、いいんでしょうか?」
師匠「かまわん、かまわん(笑)」

若干の不安を抱えながら、SHIMOTSUKEのウエアーを着込みました。
もう、ここまで来たらまな板の上の鯉の心境です。(苦笑)
a0056140_22352126.jpg
Takeちゃんから「若く見えるよ☆」と励まされ、可愛いユカちゃんと一緒にカメラの前に立ちました。
確かに、SHIMOTSUKEのウエアーって明るくビビットな色合いで、女性が着ると可愛く、男性が着ると、カッコ良く見えます。
「若く見える」と言われて良い気になっているワタシに、過酷な現実が待っていました( ̄▽ ̄;)

気田川は、昨日の午後に降ったゲリラ雨で、まだ増水していて、白く濁っていました。
この濁りでは、気田川本流は無理で、きっと支流の「熊切川」での撮影になるだろうと思っていたワタシでしたが、ちゃんと本流でやるとの事!!

エ〜ッ、石がどこにあるか、全然、見えないんですけど〜( ̄▽ ̄;A
そんなこと思ったって、口に出せるはずありません。

師匠「むこうの岸ギリギリに石が入っているから、そこを釣らないとダメだよ」

うわ〜ぁ、石が見えないし、この流れで、流芯に立つんですかぁ?!
8.5mのシモツケ“ライト・ヴァージョン”で釣ることになりました。
a0056140_22553233.jpg
恐る恐る流芯に立って、向こう岸を狙い始めましたが、強い流れで足元の砂地が掘れて流されそうになります。
「もっと向こう岸だよ! そこは石が無いところだよ!」とおっしゃられても、流れが強いし、足元が濁って見えないので、なかなか先に一歩、踏み出せません。 こんなことなら、9mのほうが良かったのかも…。
常日頃、興津川の緩い流れで釣っているせいで、こんな本流の瀬釣りは、去年の「富士川」以来です。 慣れない竿で、この流れ…。 釣らなくちゃいけないプレッシャーもあり、それこそ「平常心」ではいられません。
a0056140_2395672.gif
上流に入っているユカちゃんは、すでに2本、掛けているようです。
ワタシの気持ちを察してか、Takeちゃんが来て、ワタシの腰の友舟を外し、「友舟は岸に置いておくから、もう少し上流に行って、向こう岸を狙った方が良いと師匠がおっしゃっているよ。 上流の方が、立つ場所の流れが緩いみたいだよ。」と声を掛けてくれました。
(Takeちゃんって、まるで競技会の「セコンド」みたいだわ〜)と思って、フッと気持ちがほぐれ、落ち着きを取り戻したワタシにも、やっと鮎が掛かりました。
a0056140_23234020.jpg
1匹掛かると、とたんに釣れるような気になります。
その後、ポツポツと掛かりましたが、ハナカンからオトリ鮎が飛んでしまうわ、タモからオトリ鮎に逃げられるわ(今年初めて、やっちゃいました)、しまいには穂先から天井糸が外れて、オトリ鮎ごと仕掛けを流しちゃうわ・・・で、3匹も放流事業をしてしまいました。
a0056140_23312935.jpg
そういったトラブルなんか忘れてしまうほど、師匠と一緒に釣ることが出来て嬉しかったです〜♪
a0056140_23364263.jpg
やっぱり師匠は、上手い!!  当たり前ですけど…f(^-^;
水が濁っていなければ石の位置もわかるし、どうやって攻めているのか見れるのに、残念でなりません。

お昼になり、川に散らばっていた「気田川金曜会」のメンバーが続々と集まってきました。
a0056140_23412191.gif
驚いた事に、皆、上から下まで、SHIMOTSUKE一色です。
若手のメンバーも増えて、ユカちゃんも加わり、従来の顔なじみのメンバーの方達もお元気で、再会出来て、本当に嬉しかったです。
Takeちゃんも皆さんと交流するのは初めてなのですが、すっかり打ち解けて、楽しそうに談笑していました。
a0056140_2348291.gif
黄門様のスケさんとカクさんのように、師匠に師事している、KINさんと、アマノさん。 KINさんはこの日も30ぐらい釣って、実力を見せつけてくれました! アマノさんは、ユカちゃんを自分の娘のように可愛がっているようで、見ていて微笑ましく思いました。 
a0056140_23541122.jpg
午後からも取材は続きました。
でも、8.5mの竿にも慣れたし、午後に入った所は本流が二つに分かれている分流で、興津川と大差ない流れだったのだったので、気分的に楽でした。
入らせてもらったポイントも、今日一番の“一級ポイント”で、掛かる鮎が居てくれて、ラッキーだったと思います。
ライト・ヴァージョンという竿は、軽くて風の抵抗が無く、感度が良いのは抜群なのですが、ワタシには、ちょっと硬いかな〜という感じです。
もうちょっと穂先にしなりが出来たら、もっと引き抜きが楽かも…。 
Takeちゃんも、師匠の9mの竿を持ってみたそうですが、「持ち重りがしない竿だ」と言ってましたので、それは大きな利点だと思います。
a0056140_0164895.jpg
ユカちゃんは若くて、釣りのセンスがあるので、これからどんどん伸びていくことでしょう☆
それに「気田川金曜会」だしね!(⌒-⌒)v

Takeちゃんが今回、金曜会の皆さんと談笑して思ったのは、皆さんが気田川が大好きなこと、そして、中道師匠を心から信頼していること、そして、鮎釣りを心から楽しんでいることだそうです。
ワタシが「気田川金曜会」に入っていた理由が、身をもって理解出来たと言ってくれました。 本当に嬉しかったです。
Takeちゃんにとっても、気田川がずっと身近に感じられるようになったようです。
今日は濁っていたけど、それでも16匹ぐらい釣れたので、濁りがとれたら、またバンバン釣れるようになりそうな予感…。 楽しみです。

今日は取材ということで、「仕事しなくちゃ!」というプレッシャーもあったけど、そのおかげで良い勉強になりました。
写真撮られる時、「ハイッ、笑って〜」なんて言われたけど、緊張して、顔が引きつってなかったか、ちょっと心配。。。でも、元が元だけに、しょうがないか…アハハッ♪
ホトトギスさんって意外にオバサンだったんだね〜ってガッカリしたくない方は、本誌をご覧にならないように、くれぐれもご注意下さい(笑)
a0056140_1315277.jpg

[PR]
by hototo-gisu | 2008-08-12 01:02 | 鮎釣り | Comments(14)

釣れなくて、スランプか・・・

8月9日(土)
数日前にも夕立があったようですが、興津川には何の恵みにも、なっていなさそうです。
依然として渇水状態だし、鮎は見えるのに釣れません。
釣っていても、「ココぞ!」というところで掛からないと、ストレス溜まりますぅ〜。
a0056140_15255489.gif
これは、たまたま追う鮎が居たのか、ようやく掛かった時の引き抜き画像と、もう一つは、“交通事故的”に偶然掛かったのかなぁ…と思われる、8cmぐらいの鮎ちゃんです。 
(なんとこの日は、こんな小さい鮎が3匹も掛かりました。)
お昼を食べて、のんびりしていると、みるみるうちに雲が広がってきました。
2時過ぎには雷が鳴り出したので、竿を一旦、たたみました。

Takeちゃんが、渓流釣りでも出来る所はないかと、車でウロウロしていると、たいちょ〜さんファミリーの乗った車に擦れ違いました。 
お互いすぐに気付いて、早速、合流し、一緒に『茂野島橋』の下で雨宿りすることにしました。
a0056140_15371522.jpg
子供達に、鮎を手で捕まえさせてあげたり、オトリ缶から、鮎を友舟に移させたりしてみました。 感心したのは、こんな小さな子供達でも、鮎を片手で上手につかむことです。
ニコルさんのお嬢さんや、マコトさんちのH君もそうだけど、ワイルドな父親を持つ子供達は、みんな生きた鮎をつかむのが上手なのですね、きっと☆
ワタシもそうだったように、子供の時に自然の中で遊んだ記憶って、いつまでたっても、楽しかった思い出として、決して忘れないものではないかと思います。
また興津川に来たら、鮎に触らせてあげるからね〜\(⌒▽⌒)/

・・・が、その鮎が、ホ〜ント、釣れないんですね〜。
なにやっても釣れないので、完全にスランプ状態です。
勝治さんに聞くと、今日みたいな状況でも、2時間で18匹釣ったそうなので、腕が良い人は釣れるのです。 
「勝治さ〜ん、ワタシ、スランプみたいなんです。」と泣きを入れたら、「誰にだって、スランプはあるよ。」と励まされ、少し救われました。

ア〜、明日の気田川での釣り、大丈夫でしょうか…。
「川で失った神様は、川で探せ」という言葉もありますし、久しぶりに訪れる気田川の神様に、何かヒントでも教えてもらうことにしましょう。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-08-11 16:39 | 鮎釣り | Comments(4)

鮎は釣れないし、ウナギも獲れないし…(-_-)

いつもは“時系列”に沿って、ブログをUPさせるホトトギスですが、まずは楽しい画像から…
a0056140_14305013.jpg
昨日の日曜日、Jさんが遠征していらっしゃるとのことで、勝治さんが「冷や麦ランチ」を用意して下さいました。 スー師匠も加わって、久しぶりに集い、猛暑の暑さも忘れるかのように、楽し〜いひと時を過ごすことが出来ました。 勝治さん、暑い中、冷や麦を茹でたり、いろいろと準備をして下さってありがとうございました!a0056140_14394165.jpg

さて、時系列に戻しまして・・・

8月2日(土)
問題のブカブカウェーダーをTakeちゃんに履いてもらいました。
すると、足が24センチなので小さ過ぎる以外は、なんとピッタリではありませんか! 
どおりで、ワタシにはユルユルなはずです。 足が合えば、Takeちゃんが履けたのになぁ…。 仕方が無いから、渓流釣りの時期にでも、下着を着込んで履くことにしましょう。

それにしても、「鮎のウェーダーは、○○バレエ団みたいでイヤ!」と言っていたTakeちゃんでしたが、履いた姿に、何の違和感も感じないんですけど…( ̄▽ ̄;)
今朝も、伊藤稔氏の『鮎釣りをやってみよう』を読んでいましたので、Takeちゃんがウェーダーを履く日も意外に近いかもしれません。
a0056140_1551169.jpg
『茂野島橋』上流で久しぶりに竿を出してみました。 
先週に増して、興津川は、超渇水状態です。 鮎はたくさん見えるのですが、ワタシの力では、どうしても掛けることが出来ませんでした。
午前中で“降参”して、お馴染みの『大網』に移動しました。

そこでも、鮎はウジャウジャいるのに、なかなか掛からず…。
こっちから鮎が見えてるってことは、鮎サン達にもワタシ達が見えてるってことですよね〜。 「養殖オトリ」なんか、とっくに見破られているので、相手にされないのでしょう。
ハリも、先週良かった「ゼロマルチ」もダメ、「タフ7号」もダメ、「イニシアブロンズ6.75号」もダメで、(いよいよ今日はボウズかも…)という思いが頭をよぎった頃、ヘチのギリギリの、草の陰にオトリが入ったら、ようやく掛かりました☆
それをオトリにしたら、わりとすんなりと2匹ほど釣れたので、釣れたばかりの“背掛かり”鮎をTakeちゃんに譲り、Takeちゃんもまた、鮎釣りを始めました。

・・・しかし、見えてる鮎は、やっぱり難しいです。 たぶんこんな時は、こんな同じ場所で粘っていても、見える鮎は、追ってこないのかも知れません。
「鮎は足で釣れ」って言われるけど、体力ないと実行出来ないなぁ…。

今日の釣果は、7匹でした…ア〜ア、だめだこりゃf(^-^;
Takeちゃんは3匹釣ったということなので、二人合わせて、10匹…ツ抜けで〜す!
我々チームやませみは、渇水の釣れない時期は「二人でツ抜け」なら良し・・・に、ルール変更しちゃおうかな〜。

そして恒例の、ウナギ獲りですが…。
今日も一匹も獲れませんでした。 4週続けて、ボウズです。
渇水続きだし、人が獲ってしまった後は獲れないし…きっと、しばらくの間、やっても無駄かもしれません。
ウナギ獲りは、すっごく疲れるので、ウナギが獲れればいいけど(食べたら元気が出るから)、獲れなかったら、体力持ちませ〜ん。
Takeちゃんと相談して、しばらくの間、ウナギ獲りは、休漁することに決めました。

8月3日(日)
Takeちゃんもワタシも、バテバテです。
Takeちゃんは、昨日の朝から歯痛の薬を飲みながら鮎釣り、ウナギ漁をしていた疲れがドッと出てるし、ワタシも鮎釣りとウナギ漁が不漁だったことから、精神的にも肉体的にも疲労感がピークに達しています。
しばらくウナギ漁を休むって決めて、ホント、正解ですね〜。

勝治さんから電話で、「お椀とお箸だけ持ってきて下さい。 あとは私が全部、用意しますから!」という言葉にすっかり甘えさせてもらいました。
「場所は『大網』にしましょう」ということになったので、『大網』に着くと、Jさんが15分ほど前に入川したばかりで、もう6匹掛けていました。するとすぐに、ワタシの目の前で、一匹追加です! ウマJさん、本領発揮ですね!!
a0056140_17401514.jpg

ワタシもすぐ上に入らせてもらって釣り始めたのですが、鮎は見えるのに、掛かりません。 昨日よりも、さらに状況が悪化しているかも…。
ようやっと一匹釣れましたが、その後、ボウズハゼが掛かって仕掛けがグチャグチャになり、その貴重な野鮎オトリの目に、ハリが刺さってしまいました。 片目が充血してしまったせいか、まるで泳ぎが変になってしまいました。
それ1匹で、午前の部、終了。(泣)

その後、冒頭のように「冷や麦ランチ」を美味しく、そして積もり積もった話もた〜くさんして、楽しくいただきました。
a0056140_16455443.jpg
さ〜て、午後からは釣るゾ〜と思ったのですが、昨日の今日ですから、そう簡単にいくわけありません。
午前中に釣った1匹は使えなくなっちゃったし、この場所で養殖オトリでは、釣れそうにありません。
Takeちゃんも、昨日のポイントを釣ってみたくなったようなので、ワタシの養殖オトリを分けてあげましたが、難しいかも…。
a0056140_1650207.jpg
上流のほうで、スー師匠が鮎を取り込んでいる姿を数回見かけました。
しばらくすると釣り下がっていらしたので、よしよしさんの真似をして(失礼!)、「スー師匠、おかわり!」と言ってみましたf(^-^;
すると、デッカイ背掛かり鮎と、程良い大きさの鮎、計2匹もオトリを分けて頂きました。
そしたら、Takeちゃんもすかさず、「スー師匠、ボクも…!」なんて言ってるではありませんか(*_*)。 「Takeちゃん、ワタシがもらったのから、あげるから…」と言っている間に、スー師匠がまた友舟から一匹取り出し、「コレ、良いオトリですよ」と、自ら持っていって下さいました。
Takeちゃんは、そのオトリを使って、ようやく一匹、釣ることが出来ました。
「ボウズはイヤだな〜と思っていたから、嬉しい」と言ってたけど、ここ数回、鮎釣りを経験してみて、見ているだけではわからない、オトリ鮎の泳ぎなど、新しい発見があったみたいです。 そのおかげで、鮎釣りについて、より具体的に、二人で話しが出来るようになったことが、ワタシとしては嬉しいです。

結局、ワタシはスー師匠からオトリを2匹も分けてもらったのに、一匹バラして終わり。
今日の釣果は、なんと、午前中の1匹のみ! Takeちゃんも一匹だったから、引き分けです( ̄▽ ̄;)

今日の午後、気田川の中道師匠から“召集”のお声が掛かりましたので、来週は気田川で釣らないといけないのですが、これで大丈夫でしょうか…。
Jさんから頂いた、伊藤稔氏の「ゼロドライブの友釣り入門」のDVDを見て、しっかり勉強してから行きたいと思っています。 

Jさん、勝治さん、スー師匠、今日は本当にありがとうございました。
昨日の貧果と疲れで、ちょっと暗〜い気持ちになりそうだったけど、今日、皆さんと過ごせて、元気になっちゃった、キャッシュなホトトギスであります(^-^;
[PR]
by hototo-gisu | 2008-08-04 17:43 | 鮎釣り | Comments(10)