~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>非公開さん こんばん..
by hototo-gisu at 23:47
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:36
こんばんは。 今回は賑..
by kai at 22:50
>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:08
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:52

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

初めての大井川釣行で、大鮎釣りを堪能しました☆

9月27日(土)
風はすっかり秋の香りがします。 太陽の光が苦手なワタシも、これなら大丈夫そうです。
「猟期も、もうすぐだね。」とTakeちゃんは言いつつ、「でも、まだ9月だもんね。」と、鮎釣りを始めたばかりなので、残り少ない鮎釣り時期が名残惜しいようです。

いつものように興津川に行きました。 水量が少なくなって、興津川らしい渓相になっています。
今日は久しぶりに『土村』で釣ることにしました。 去年の台風13号とその後の大雨のせいで、ポイントがだいぶ砂に覆われてしまったせいで、今年はまだ1度しか来ていなかったのです。

「宮ちゃんが、『チャラ瀬がイイよ』って言ってたよね。」と、Takeちゃんに言うと、
ドチャラ様ですか?」
なんて、ふざけた答えが返ってきました。 モォ〜ッ015.gif
a0056140_141370.jpg
青藻が生えていたけど、ポツポツ釣れて、7匹確保しました。 幸先良いゾ〜♪
でも、せっかくいただいて気に入って使っていたSHIMOTSUKEのウエーダーが突然、水が漏るようになって、ワタシの両足首まで水が侵入し、グチュグチュになってしまいました。 なんとかして侵入口を塞がないと、これからの季節は身体が冷えそうで辛いです。

午後からは『大網』に移り、Takeちゃんも竿を出すことにしました。a0056140_1432954.gif
実はTakeちゃんの「鮎釣り頭痛」の原因は「肩こり」だけではなく、目印や水中の様子を凝視することによる「眼精疲労」じゃないかと思われるのです。
そこでこの度、独身貴族時代に買って愛用していた、マグネット着脱式のサングラスのレンズを、TALEXの偏光レンズに換えました。
たぶん、いえ、間違いなく、鮎竿「トライアンAyu」よりも、このサングラスの方が、高価なんじゃないかと思われます(笑)

『大網』のチャラ瀬で釣っていたら、3匹掛かりました。 これで「ツ抜け」確定です。
まだ2時半頃だし、これから爆釣だ〜〜!ーーーと思いきや、その後は1匹しか釣れず、その1匹は、何故かハナカン糸が切れて、放流して、「おさらば〜♪」となってしまいました。 それが運の尽きです。
それからは、パタッと釣れなくなり、行くトコ、行くトコ、見える鮎に惑わされ、とうとう最後まで、一匹も釣れませんでした(泣) 
おまけにウエーダーの中は水浸しで、下着もびしょ濡れのままだし、寒くてブルブル震えておりました。 こんなことなら早く上がれば良いのに、往生際が悪いと言うかなんというか…。
(余談ですが、Takeちゃんから「シモツケじゃなくて、"シモヤケ"になっちゃうよ」って言われちゃいましたf(^-^; )

かたやTakeちゃんは、夕方は「夕のぼり」で「瀬」が良いと学習してあったことを生かし、師匠の不振をよそに、7連チャンの入れ掛かりだったそうで…。
午前中から釣っている師匠10匹に対し、超初心者のTake弟子は、午後から8匹ですゾ…。 ゆゆしきことであります(苦笑)

明日は初めての「大井川」釣行ですが、数は釣れなくても、天然遡上鮎の
「ガガーン!」としたアタリを体験出来たらいいな〜と思います。

9月28日(日)
勝治さんとJさんと「鮎の里」というオトリやさんで待ち合わせをしました。
今日は、地元のOさんという方が案内して下さるそうです。
そこに、香魚さんと、香魚さんと一緒に競技会にも参加なさっているNAOさんもご一緒することになりました。 前回、興津川でお見かけした香魚さんをシカトしてしまったチームやませみは(悪気はなかったのですが)ずっと気になっていたので、今日はお会い出来て良かったです。
a0056140_14501150.gif
皆で連れ立って、いざ出陣!!です。

「鮎の里」から少し下流に行った所に入川しました。(地名が不明ですみません)
a0056140_14533724.jpg
勝治さんからドライタイツをいただいて、喜んでいるTakeちゃん。
あんなイラストを描いたのに、こんなに優しくして下さるなんて、やっぱり勝治さんは心が広いお方なのであります。
a0056140_1458518.jpg
さて、皆おのおの、良いポイントを求めて歩き始めました。
ワタシは勝治さんから声を掛けられて、勝治さんの下流に入らせて頂きました。
a0056140_1502812.jpg
間もなく釣れて、調子よく3匹掛かったのですが、3匹目はバレてしまいました。
型は20センチぐらいで、興津川の鮎に比べて、やっぱり大きい!!
引き抜くのが重くて、ワタシが両腕で背伸びをしながら引き抜いて、やっと水面スレスレに飛んできます。 タモに入ると「ドスン!」と腕に響いてきます。
「ガガーン」という電気が走るようなアタリはなかったのですが、オトリはデカイし、掛かった鮎もデカくてパワーがあるので、掛かると、釣り人が翻弄させられるところがたまらなく楽しい♪
a0056140_1582074.jpg
Jさんのブロマイド写真であります。 ご希望の方は、ホトトギスまでご一報下さい☆ なんちゃって!(笑)
Jさんは入川してすぐに4匹掛けたそうなのですが、その後がふるわなかったそうです。
きっと、あのカモシカのせいですよ! Jさんの釣っているほんの数メートル上流をバシャバシャと横切られたのが運の尽きですね。 
Takeちゃんは勝治さんからタイツをいただいたし、ワタシが連続で釣れたのを見て、写真を撮るのもそこそこに、鮎釣りを始めちゃいました。

・・・が、釣ること、釣ること! 午前中、ワタシは2匹だったのに対し、Takeちゃんは4匹! 午後からも連チャンで掛けていたので、ワタシもすぐそばに移動し、釣れる場所を譲って頂いた始末でして・・・(汗)
おかげで、9匹まで釣果を伸ばせたのですが、あと一匹が及ばず。。。
かたやTakeちゃんは、大鮎釣り初体験とあって、ライントラブルや親子ドンブリ、針ハリス抜け、針折れ…etc.を経験し、バラシもたくさんあったにも関わらず、7匹キープです。
a0056140_15361645.jpg
Takeちゃんが感じたことは、大井川は興津川と違って、野鮎がオトリの「縦」の動きにしか反応しないということです。 確かに、「カニ横」では掛からないような気がしました。
まさに、スー師匠から直伝された「鋭角釣法」が、大井川攻略に最も適した釣り方ではないかと思ったそうです。 フムフム〜、なかなかたいした弟子じゃ。
a0056140_1543343.jpg
勝治さんは、釣り人から「オトリを分けて下さい」と頼まれたので、6匹も差し上げたそうなのですが、その後もほとんど竿を出していないのに、これだけの釣果です。 それも、ワタシが釣ったのよりもひと回りデカイ! 24、25センチぐらいで丸々しています。
a0056140_15461784.gif
勝治さんがTakeちゃんの「トライアンAyu」7.5mで釣った瞬間です。
勝治さんは「この竿は“名竿”だ!」と褒めて下さったそうです。
バーゲンの2万円台でこの竿を手に入れ、実際に使ってみて何の不自由も無いどころか、初心者にも関わらず、結構な数の鮎を釣るTakeちゃんを目の当たりにしていると、“名竿”だと言っても過言ではありませんね! あえて言うなら「引き釣り」に最適な一本だと思います。
それにしても、大井川の鮎はパワーがありました!066.gif
時折聞こえるSLの汽笛に心が和まされ、広々とした河原も気持ち良かったです。
「また、“大鮎”に翻弄されに、ここに来ようね!」
皆、心の中でそう思ったに違いありません。
香魚さんもNAOさんも皆さんから聞いていた通りの感じの良い好青年といった感じでした。 Takeちゃんが「勇姿が撮れなくてスミマセン! チームやませみに入りたいっておっしゃってたけど、入ったら“貧果”になりますよ〜(笑)」と言ってました。 またご一緒させてくださいね!
Jさんも、今日は「カモシカ被害」が残念でしたが、ここのところ調子がいいみたいなので良いじゃないですか!
そして勝治さん、今日もいろいろお世話になりました。 おかげで、初めての大井川釣行は、ワタシ達にとって忘れられない楽しい思い出になりました。
親切に案内して下さったOさんにも、くれぐれも感謝の意を宜しくお伝え下さい。
a0056140_16543941.jpg
a0056140_16112116.jpg


9月29日(月)
朝、「ウ〜ン、ウ〜ン」という、Takeちゃんの声で目が覚めました。
頭痛で昨晩は一睡も出来なかったというのです。 寝る前に頭痛薬を飲んだのに、全部もどしてしまったらしく…。
そんなこととはつゆ知らず、爆睡していたワタシは“鬼嫁”ですわ!
ワタシがお医者さんから処方されている「ゾーミック」を飲むと、30分ほどしたら効いてきたらしくて、やっと眠りにつきました。

9時半頃には起きて、普通に話も出来るまでに快復しました。 良かったです。
やはり、鮎釣りのせいみたいです。 せっかくのTALEXも、昨日はライントラブルとかのせいで、半分ぐらいは掛けてなかったとか言ってるし…。
本人は、「大鮎のたたりだ」と言っています(苦笑)
そんなわけですから、今後は鮎釣りも考えて釣らないとね…。
きっと長時間鮎釣りするのは無理ですから、勝治さんを目指して、「短時間で釣果を上げる」腕を磨くしかないかもねっ☆
[PR]
by hototo-gisu | 2008-09-29 16:58 | 鮎釣り | Comments(25)

祝☆ よしよしさん、退院おめでとう〜☆

9月23日(火)
昨日、勝治さんから電話があって、「よしよしさんの退院祝いを興津川でしますので、ぜひTakeちゃんといらして下さい!」という連絡がありました。

午前中にお墓参りを終え、興津川に行くと、茂野島橋付近から大網にかけて鮎釣り師がいっぱいで、入る隙間もないほどです。
そのわりに『和田島』は人が少なかったので、勝治さんと連絡をとって、お昼は『和田島橋』に集合することになりました。
a0056140_17161425.jpg
勝治さんは今日の為に、そばパーティ&プチ・バーベキューを用意して下さいました。 いつも用意周到な勝治さんに、ワタシは甘えっぱなしで恐縮してしまいます。
スー師匠も、意外なほどアウトドア派で、いろんな知恵をお持ちでいらっしゃいます。
a0056140_17374656.jpg
よしよしさんは、ちょっと痩せたようですが(3キロ減だそうです)、おそばやお肉も召し上がって、食欲もあるみたいなので安心しました。 入院中、okabami.comが休止されて、いろんな方からの反響があったそうですが、それだけ多くの方から期待されている証ですから、今後も元気で末永く続けて下さいね〜☆

おそばとバーベキューを美味しくいただきながら話もはずみ、鮎釣り"超"初心者のTakeちゃんは、勝治さんから「トライアンAyu」について、なかなかの評価を頂いたので、とても嬉しそうでした。 
それだけではなく、なんと、テーパー天上糸まで付いた、勝治さん特製「メタコンポ0.05」仕掛け一式まで、いただいちゃいました。

それなのに、こんな風に描いちゃって良いんですかぁ?
a0056140_1811166.jpg
Takeちゃんが載せろって言うから、イヤイヤUPしましたけど、勝治さんって、こんなに「太く」ありませんってば! それにもっと、ダンディーです。 念の為!(⌒-⌒)b

ゆっくりお昼休みをした後、よしよしさんとスー師匠は鮎釣り再開です。
a0056140_20181389.jpg
デカッ!!ドスッ!と音が聞こえてきそうです。
a0056140_20204833.jpg
おお〜っ、なかなか渋い、ツーショットです☆

ワタシもスー師匠からオトリをわけて頂いて、鮎釣りを始めたのですが、なかなか掛からず…。
やっと掛かったので、慎重に取り込んだはずが…。 なぜかタモの網の"内側"に当たって、外に飛び出ちゃいました。 アーア。。。がっかり(泣)
その、リリースした鮎は、コヤツであります! 
a0056140_20282358.gif
背掛かりの真っ黄っ黄だったのね〜。
またひと回り大きくなったら、釣ってあげるからね〜! 待っててね〜!!
a0056140_20294950.jpg
よしよしさん、元気になってホント良かったですね〜!

さて、ワタシとTakeちゃんは、4時で上がりです。
これからアオリイカを釣りに行くことになっていたからです。
釣り愛好会のステッカーをご注文頂いたMさんに、「アオリイカが釣れているから、一緒に行きませんか?」と誘われたので、Takeちゃんが「ぜひ!!」ということで、今日の5時に約束してあったのです。
ワタシ、「アオリイカ」って、見たことないし、「スルメイカ」に毛が生えた…みたいなものかと思っておりましたら、Takeちゃんが「ハローフィッシング」に載っていた写真を見せてくれました。 オオ〜ッ、でっかいイカなのね〜(*_*)
勝治さんや、スー師匠、よしよしさんからも、「アオリイカは高級寿司店の具だよ」とか、「そんなに釣れるもんじゃない」と言われましたが、Mさんは昨日、1.3kgのをあげたらしいし、数日前は二桁も釣れたらしいので、期待大です。
「いつもご馳走になってばかりだから、今度、 イカ・パーティーにご招待しますよ!」と豪語したワタクシですが、結果やいかに・・・
a0056140_20452359.jpg
漁場に着くと、「カンパチ」が上がっていました! 
(ムフッ、カンパチでも「可」♪)って言いたいトコです・・・が、いやいや、勝治さん達の為に、アオリイカをGETしないと!
エギを付けて釣り始めましたが、初めてなので、要領が良くわかりません。
Mさんによると、「簡単で誰でも釣れる」・・・はずだったのですが。
・・・っが、30センチ弱の胴体を持つイカらしき物体がワタシのエギを追ってきたのを、この目でしっかり目撃しました! 慌ててラインを緩めてみたのですが、どこかに消えていってしまいました。
この日は、濁りがあって、状況が良くなかったようです。
結局、Mさんを含め、TakeちゃんもワタシもイカGETならず・・・007.gif
イカ刺し、イカの塩辛、イカの一夜干し、イカフライ、イカスミパスタ・・・・などなどなど、アオリイカをGETしたあかつきに作る料理のイメージトレーニングは、バッチリだったのですが…。
今日の夕飯は、アオリイカを当てにしていたのに。。。

そういえば、今日の昼間、勝治さんから「バーベキューの材料が余ったから、いる?」と聞かれたTakeちゃんが、「いります、いります!」と貰っていたのを思い出しました。
Takeちゃん、この結果を予知してたの?

いずれにしても、夕食の食材は勝治さんから頂いたものを有難くいただきました!
勝治さん、重ね重ね、ごちそうさまでしたm(_ _)m
しっかし、「イカパーティ」の件は、どうしましょ、あんなに豪語しておきながら…
008.gif
でも、これであっさりと諦める「チームやませみ」ではありませんので、またチャレンジして、なんとか実現にこぎつけたいものです。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-09-24 21:18 | 鮎釣り | Comments(6)

祝☆ Takeちゃんの“初”ツ抜け!!

9月20日(土)
台風13号が昨夜、静岡を通過したので、「きっと増水しているだろうね」・・・とTakeちゃんと話をしながら、興津川に向かいました。
『和田島橋』に差し掛かると、少し増水はしているものの、濁りは無いので鮎釣りは出来そうです。 …が、釣り師が絶えることのない『和田島橋』上流も下流も、見渡す限り、
釣り人が一人もいません!Σ( ̄□ ̄;)
不安になりながらも宮原おとり店に行くと、「10時頃から土村に入ったしげる君が、30分間で10匹釣れたそうだよ! 今日は、どこでも掛かるよ!!」とおっしゃるではありませんか!
(しげる君に釣れたって、ワタシにはどうせ無理…)と内心思いながらも、今日は陽射しも柔らかいし、ワタシの好きな水量なので、それだけでも充分楽しい釣りが出来そうです。
a0056140_22412684.jpg
彼岸花が満開で、いつの間にか、季節がもう秋に変わっています。

『大網』で釣ることにしました。 増水して、少しは鮎が動いているかなぁ〜と思いつつ、増水前にチャラ瀬だったところをプチ引き釣りしてみると、ポツポツ掛かります。
いつもタフ7号イニシアブロンズ6.75号の4本イカリを使っていましたが、今日はTakeちゃんの真似をして、3本イカリを使用してみました。
先週、スー師匠にハリのことを伺った時も、「最初は3本イカリから釣り始めますよ」とおっしゃっていたので、最近バラシに悩まされていたワタシは、3本イカリを使ってみることにしたのです。
「3本イカリは掛かりが遅い」って通説ですけど、興津川の鮎は「なかなか追わない」ので、3本も4本も関係ないような気がしてきました。
むしろ、(掛かりが遅いなら…)と気をつけてゆっくり引くので、かえって釣りが丁寧になって、良いかも〜♪
a0056140_2323251.jpg
Takeちゃんは先週、スー師匠から教わった「引き釣り」を復習しながら釣っていました。
今年の7月19日に、マコトさん親子と初の鮎釣りを楽しんで以来、たま〜にワタシの鮎竿を持って鮎釣りをしていたTakeちゃんですが、研究熱心な性格なので、上達が早いです。
鮎を引くスピードも、ワタシの引き方は興津川で引くには少し早過ぎるのですが、Takeちゃんの引くスピードが興津川にはちょうど良い感じで、野鮎に追われやすいようです。
9月6日に「トライアンAyu」を買ってからは、自分用の養殖オトリを毎回1匹だけ買って釣るようになりましたが、今日で5回目の釣行です。
それが、な、な、な〜んと、この釣果です!
a0056140_14453284.gif
Takeちゃん、12匹ですよ〜☆ “初”ツ抜けとなりました。パチパチパチ〜♪
師匠のワタシを超えるのも時間の問題でしょうけど、まぁ、それが妥当かなぁ〜と。
だって、Takeちゃんと鮎釣りの話をしていると、ワタシって今までこんなことも気がつかなかったのか…と愕然とさせられることがいっぱいあるんですから(苦笑)。

それはそうとして、今日のところは師匠の面目を保ちました(⌒-⌒)v
a0056140_1455545.gif
ワタシは、22匹釣れました\(⌒▽⌒)/☆
「どこでも掛かる」って言われたけど、今日の興津川は解禁以来、一番、鮎の追いが良かったように思います。 
いつもこんな風だと良いのですが…。

9月21日(日)
朝から、どしゃ降りの雨が降っています。 これじゃあ、きっと興津川も濁って、釣りにならないでしょう。
体調もいまいちだし、Takeちゃんが渓流釣りをしている間は、開高健の「私の釣魚大全」でも読んでよぉ〜っと♪
興津川に向かう途中、雨はますます激しく降っていたのに、最後のトンネルを抜けると…
あれっ? 雨、降っていないよ?
前を走っていた車の人も、同じことを思ったのか、車の窓を開けて、手を外に出して、雨が降っていないことを確認しています(笑)
興津川も昨日に比べて減水しているくらいです。 信じられない!( ̄□ ̄|||)
これじゃ鮎竿を出したくなるのが、悲しい性分です(苦笑)
a0056140_1622258.jpg
雨は降ってきましたが、『和田島橋』下流の体育館前で釣ることにしました。
・・・が、「今日は読書でもしてよぉ〜っと」なんて言っていた人が急に「鮎釣りモード」にはならないもんです。
オトリ鮎の呼吸と合わないっていうか、もう半分ヤケになって、流芯に鮎を入れて釣っていると、後ろを通った釣り人から、「ここは手前にしか、釣れる鮎がいませんよ」とアドバイスされる始末…。 よお〜し、じゃ、手前を釣ってみようじゃあ〜りませんか!
すると、わずかの間に釣れて、午前中は5匹GET。
あの時のお方、アドバイスありがとうございましたm(_ _)m

午後もそこで釣れば良かったのかも知れませんが、急用が出来て移動せざるを得ませんでした。
2時半過ぎから、『自治会館前』で鮎釣りを再開することにしました。
使っていない養殖オトリもあったので、頭痛がしているというTakeちゃんも一緒に釣ることにしました。 入川して間もなく、二人とも2匹釣れたので、そのまま場所移動しないで釣っていれば良かったのに、前回、雨で中断せざるを得なかった『仮橋下』のポイントにワタシがTakeちゃんを誘って移動したのが運の尽き・・・というか、運が良かったというか・・・。
移動後、1時間以上、鮎のアタリ、ゼロでした! Takeちゃんの頭痛をひどくしてしまったのは、ワタシのせいです。 反省。。。 もう二度と、『仮橋下』は釣りません。

・・・が、運が良かったと言うのも、その通りなんです。
今朝、ブログのコメント欄を読んだら、香魚さんの書き込みがありまして、ニコパさんとなおきちさんが興津川にいらしているとのことでした。
連絡網がないので、どこにいらしているかわからず、「会えたらいいね☆」って話していたのですが、まさか、このポイントで偶然、ニコパさんにお会い出来るとは思ってもいませんでした。 ニコパさんの連絡を受けて、しばらくしてなおきちさんもいらっしゃいました。 
話をしているうちに、二人にお会いしたのは、これが初めてではないということが判明しました。
a0056140_16302230.jpg
今年の興津川解禁直後の土曜日の『和田島』での写真に、お二人がしっかり写っていました!
(白いシャツの方がニコパさんで、一番手前の赤いシャツの方がなおきちさんです)
あいにく今日の写真はありませんが、鮎釣りの話から、ウナギ獲りの話まで、いろいろお話することが出来て、嬉しかったです。 
お二人とも今日は土村で釣っていらして、なおきちさんは土村をずっと攻めて30数匹、ニコパさんも土村で10数匹釣って、それからこのポイントまで降りてきたのですが、ココではやっぱりダメだったそうで…。 でも、そのおかげでお会いすることが出来たなんて、偶然って不思議ですね☆
今度はぜひ一緒に、釣りがしたいですね〜。 また興津川にいらっしゃる時は、声を掛けて下さいね!

『自治会館前』で増水中の早瀬の流芯を、「(スー師匠の真似!)と思いながら釣ったら、2匹釣れたよ」って言うTakeちゃん、今日も勉強になって良かったね☆
慣れない鮎釣りで、また頭痛に悩まされて辛かったけど、早く良くなるといいね!
[PR]
by hototo-gisu | 2008-09-22 16:58 | 鮎釣り | Comments(10)

骨休めに、藁科川へドライブ(⌒_⌒)σ~♪

9月14日(日)
以前からTakeちゃんが「藁科川」がどんな川なのかを知りたがっていたので、今日は釣り具を持たずに、エッセ“プリン号”で、藁科川視察ドライブに出掛けました。

主な鮎釣りポイントを下流の方から順番に見ていくことにしました。
最初のポイントは、『第二東名下』です。
新藁科橋の上から川の様子を見ようと歩いていくと・・・・・

「あれっ? 人があんなところに…!」
a0056140_23405053.gif
「まさか飛び降りるわけ、ないよね…」
ーーーが、橋の下の方から、「早くしろよ!」と催促する声が聞こえてきます。
欄干につかまっている少年は、「コワイよ〜、無理だよ」と何度もつぶやいています。

橋の下の鮎の姿を見ようとして、少年に近付いた私達は、「危ないから、やめなさい」と声を掛けました。 すると「わかりました。」と、答えたかと思いきや、次の瞬間・・・
a0056140_23482897.jpg
 ”キターッ!!”
a0056140_23495161.jpg
ア〜ア、飛び込んじゃった。。。でも、無事そうでホッとしました。 
まったく〜、若いもんのすることはわからん(-"-;)
「それにしてもTakeちゃん、よく、この瞬間が撮れたね!」
「川を泳いでいる鮎が撮れるかな…と思って、カメラを水面に向けたら、少年が飛び降りた気配がしたので、とっさにカメラを向けてシャッターを押したんだよ。」
さすが、「飛ぶキジ」をカメラで捉える腕を持つ人は違いますね( ̄□ ̄;)

その後、『水見色川出合い』『富厚里橋』『福養橋』・・・・・と各ポイントを見ながら上流に向かいました。
a0056140_11432182.jpg
「ここはね、ワタシが藁科川に来たら必ず来て、オトリを確保していた得意ポイントだったのに、その肝心なポイントが砂で埋もれちゃった〜」
まさに今、砂で陸地になっている所、『坂の上公民館裏』の右岸寄りの所には、石がビッシリと敷きつめられ、上部に鉄線(?)がある為、攻め難いせいか、いつも竿抜けになっていました。 なかなか釣れない藁科川ですが、ここなら野鮎を確保出来るというワタシにとっては、大事な場所だったのに、残念です。
今回、藁科川も久しぶりに見たのですが、昨年の台風の大増水のせいか、だいぶ砂で埋もれてしまったポイントが多いみたいです。 それは興津川も同じなのですが、年々、砂で埋もれていくポイントが増えていき、鮎釣りだけではなく天女魚釣りをしていても、ガッカリすることが少なくありません。

『日向』を過ぎて、『諸子沢合流点』を過ぎた辺りで、引き返すことにしました。
Takeちゃんがもう一カ所見たかったのは黒俣川にある『相俣常設マス釣場』です。
a0056140_13221454.jpg
安倍藁科川漁協が運営しているらしいのですが、意外にお客様が多いみたいです。 車が停まる度に若いカップルが降りてくるのを見たTakeちゃんが一言。
「ハハ〜ン、“そういう場所”ってことね。」
“そういう場所”って“デートコース”ってことらしいけど、もっと他に行くトコないのかしらね(笑)

藁科川視察ドライブも充分に堪能したので、下流で釣っている勝治さんとスー師匠に会いに行きました。
まだ2時半頃だったのに、私達が着くと、釣りをやめて河原に来てくれました。
a0056140_13365995.gif
勝治さんは、もう30匹ぐらい釣っていました。 さすが〜(*_*)!
a0056140_1339789.gif
スー師匠もスゴイです! 鮎の大きさが、ひと回りデカイ!(◎o◎;) 26匹っておっしゃったのかな?
本当に鮎が大きくて、こんなのが掛かったら、ワタシなんか引きずり回されちゃいそう。

「この竿で釣ってみませんか?」とおっしゃるスー師匠の言葉に、「それじゃ、ちょっとだけ」なんて、Takeちゃん、大丈夫〜?
a0056140_13503991.jpg
Takeちゃんの背中にご注目! サロンパスが、丸見え〜(笑)
昨日、興津で9匹釣ったのは良かったのですが、まだ初心者ですので、肩に力が入るのもしょうがないですよね。
「ちょっとだけ…」のはずが、スー師匠の懇切丁寧な釣り指導にすっかりハマってしまったTakeちゃんは、なかなか竿を放す気配はありません( ̄▽ ̄;)
a0056140_13574594.gif
しばらくして勝治さんも竿を出し始めましたが、鮎が掛かっても抜くのが早いので、ワタシの腕では、なかなか引き抜きの瞬間が撮れません。 勝治さん、ごめんなさいm(_ _)m 
a0056140_1463787.gif
スー師匠の竿と仕掛けとオトリを使わせて頂き、スー師匠のご指導のおかげで、Takeちゃんは藁科川の鮎を2匹も釣ることが出来ました! 
スー師匠、本当にありがとうございましたm(_ _)m

去年、藁科川で1日だけ鮎釣りをしましたが、Takeちゃんにとっては、藁科川は初めてなので、今日は釣り場視察だけではなく、貴重な鮎釣り指導まで受けたので、本当に有意義な一日でした。
「よしよしさんがいたら、もっと良かったのにね!」
「でも手術の後だから、しっかり身体を治すのが大事よ!」
実際の藁科川の様子がわかり、okabami.comがますます楽しめそうなTakeちゃんです。

9月15日(月)
今日は朝から曇っているので、ワタシは絶好調〜です♪
Takeちゃんも、昨日スー師匠に教わったことを復習したいということで、興津川に向かいました。
当初の予定では『和田島・第二東名下』に行くつもりでしたが、宮原おとり店で「あそこは絶対、ダメ!」と言われ、薦められた『やまびこ橋下流』のポイントで釣ることにしました。
最近、なかなか鮎が釣れなくてスランプ状態のワタシでしたが、原因は「迷い」この一言に尽きます。
「泳がせ釣り」だけではいけないということで、「引き釣り」の練習をしてみたり、ハリもあれこれ悩んでみたり…。 そんなことばっかりしていたから、鮎の居ない所に竿を出してみたり、無意味に粘ってみたりしていたんだと思います。

午後、雪だるまさんがいらっしゃったのですが、自分の釣りに納得がいかなくて、釣りのほうに夢中になってしまい、久しぶりにお会いしたのに、ろくにお話も出来ないままになってしまいました。 雪だるまさん、ごめんなさいm(_ _)m

一方のTakeちゃんも、やっと掛けた1匹目の良型の鮎を身切れでバラしてしまってから、ガックリきたらしくて、それが尾をひいてしまったようです。
a0056140_14383680.jpg
こんなカンジだったそうで…。
おかげで、今日は(今日も?)写真が1枚も無し! そのお詫びに、絵を描いたんですか?(^-^;
そういったかんじで、二人とも、鮎と戦い、自分とも戦い、ワタシは13匹、Takeちゃんは3匹の釣果でした。
でも、こうやって悩んで釣っていることも、決して、自分の能力が「後退」しているわけではないと思います。
We've still got a lot to learn.   まだまだじゃのぅ〜( ̄^ ̄)ということです。
がんばらなくっちゃ〜!\(⌒▽⌒)/
[PR]
by hototo-gisu | 2008-09-16 15:49 | 鮎釣り | Comments(20)

二人そろって、ツ抜け〜ず☆(^-^;

9月13日(土)
せっかくの3連休だし、今日は気田川に行くつもりで用意していたのですが、体調のことも考えて、近場の興津川にしました。
宮原おとり店に着いたのが9時50分頃だったのですが、「今日はずいぶん早いね〜」と言われてしまいました。 確かに、1時間ぐらい早いかも…。
「今日はホトさん、カメラマンするの?」と聞かれ、内心ヒヤッとしましたが、「たまには20匹ぐらい、釣らないと!」なんて大口を叩いてしまいました。
すると、「いつもより早いから、そのくらいは釣らないとね」・・・とおっしゃる。
1時間しか、違わないんですけどね〜(-"-;) 
あげくの果てには、Takeちゃんも「癒し系のブログを書いてるもんでね〜」「あんまり釣ると、可愛げがないでしょ」とぬかしておるし。
よぉ〜し、20匹達成してみせるゾ〜〜〜037.gif

・・・・・・しかし、現実は厳しかったのであります。

『自治会館前』に入ったのですが、浅瀬を攻めるも、反応なし。
やっと2匹を掛け、下流で釣っているTakeちゃんのほうへ行くと、「もう4匹釣れた」とのこと。
エ"〜ッ、4匹〜?! ダブルスコアじゃないの!( ̄□ ̄|||)
おまけに「水中糸に魚が当たっているんだけど掛からない」なんて言ってます。
7.5mの「トライアンAyu」、ホントは感度良いんじゃないの〜?( →_→)

「5.5号のゼロマルチの3本イカリを使ってみたら?」と、一応、師匠らしいアドバイスをしたら、それがバッチシだったようで、それから順調に釣れたそうな( ̄▽ ̄;)
a0056140_2341340.jpg
Takeちゃんは鮎釣りに集中しておりますので、本日はカメラを携帯しておりません。
この写真は、ワタシが買ったばかりの防水ケイタイで撮ってみたものです。
ア〜、画像が悪いこと!008.gif
やっぱりデジカメで撮らないといけないかなぁ…。 今後のブログが思いやられます。

そして4時前頃から、またゲリラ雨が降り始めました。 さっきまで、あんなに晴れていたのに…。
雨だけだったら良いのですが、雷が鳴り始めたので、釣り続行を断念しました。

さて釣果ですが、Takeちゃん9匹、ワタシも9匹でした。
どの口が、「20匹達成〜」なんて言ったのでしょうか(苦笑)
まぁ〜、よかよか。
「ツ抜け〜ず」の一員として、本日も立派に任務を遂行致しましたm(_ _)m
肝心なことは、体調をくずさず、元気に楽しく竿が出せること! 
Takeちゃんが鮎釣りを始めたので、鮎の話題で話しが尽きることはありません。

明日はお休みして、またあさって頑張ろ〜っと☆
[PR]
by hototo-gisu | 2008-09-13 23:46 | 鮎釣り | Comments(5)

二人で頭痛と戦いながらも、鮎を追いかけました(×_×;)

9月6日(土)
天気予報など、ちっとも当たりゃしません。 どこが「曇り、のち雨」なの〜?(-"-;) 
「カンカン照り」で、すっかり戦意喪失しているワタシですが、今日はTakeちゃんが、おニューの竿を試す、大事な日なのです。
a0056140_11183671.jpg
興津川上流部の『片瀬』に来ました。
ここは初めてのポイントですが、川のそばに公園みたいな場所があり、木陰があるので休むのに良いと思ったのです。
以前は川全体に石がビッシリで、とても良い平瀬だったのですが、今では砂が敷きつめられて、ヘチに残る僅かな石に鮎が付いているのが見えます。
下流の方に瀬らしきものが見えるのですが、あまり体力を消耗したくないから、このヘチの鮎を狙うことにしました。
しかし、ワタシの釣り方が悪いのか、なかなか掛かりません。 
やっと2匹釣ったところで、ふと上流にいるTakeちゃんの方を見ると、大きい鮎を掛けて引き抜きをしているのを目撃してしまいました!(◎o◎;)
a0056140_11304339.jpg
Daiwa「トライアンAyu」7.5m☆ 引き抜きはグーみたいねっ♪(⌒-⌒)v

Takeちゃんがこの竿を持つことになったいきさつを申しますと・・・

わが家では、鮎の友舟、オトリ缶、ウェーダーなどはTakeちゃんが管理しておりまして、竿の手入れは、ワタシの担当になっております。
先週の釣行後、まだ体調不良だったワタシでしたが、竿を拭かなくちゃ…と思って、まず「エアエッジ」をパーツにバラし、次にTakeちゃんが使っている「銀影マキシム」を手に取ったところ、そのあまりの重さに、気分が悪くなってしまったのです。
Takeちゃんは肩こりがすると頭痛になる体質なので、(これじゃイカン!)と思ったワタシは、ネットで「エアエッジ」が安く買えないかと、検索をしはじめました。
するとTakeちゃんは、「自分は“初心者”なんだから、「トライアン」で良いよ。 鮎釣りを今後、本格的にやるかどうかは別にして、「短竿」があったらホトちゃんも便利でしょ?」と言い、思い切って「7.5m」に決めたのです。

さて、初めて持った感じですが、7.5mなのに215gあるだけあって、しっかりした作りになっています。 たぶん初心者用だから、丈夫に作ってあるんだと思いました。
ですから若干、硬めです。 これなら、流れの強い瀬でも、ガンガンいけそうです。
引き抜きも、胴がしっかりしているので、ブレがなく、楽みたいです。
竿の感度については、7.5mと短いのに、9mの「マキシム」のほうが感度が良いと、Takeちゃんは言っていました。 でも、値段が破格に安いところから、やむを得ないでしょう。
それよりも「短竿」であることのメリットは、狭い川幅の時に使い易いということです。
特に興津川上流部で釣るには、7.5mぐらいがちょうど良いです。
「エアエッジ」で7.5mがあったら、すぐに買っちゃうのになぁ〜☆

・・・で、Takeちゃんはここで3匹の鮎を釣り上げました。 ワタシは4匹…(^-^; 。
そして、午後からは最上流部の『大島橋』に移動しました。
橋の上から見ると、鮎がたくさん見えます! 期待出来そうかも…☆

橋から下流部に釣り下がり、すぐに1匹釣れたのですが、その後は、ウンともスンとも言わず…。 後で気付いたのですが、ある地点から下流は、見える鮎が少なくなったのです。 ーーーというか、川底が砂地のところが多くなり、「鏡になっているトロ場にところどころ石がある」状態になっていたのです。 どこか釣れる場所があるだろうと探りながら、延々と釣り下がっていきました。 その間、2時間半ぐらい?
結局、一匹も釣れず『大島橋』まで戻ってきて、その上のチャラ瀬を釣ったら、ポンポンポンっと、4匹釣れました。 ・・・が、「ツ抜け」までの、あと1匹が釣れず…。
これで竿をたたむことにしました。 もっと早く、「チャラ瀬が良い」ってことに気付けば良かったのですが…。 「宮原おとり店」のHPにも、チャラ瀬が良いって、書いてあったよね、そういえば…。 体調が悪いと、頭もちゃんと回りません。 
猛反省です! 
この日の釣果は、Takeちゃん5匹に、ワタシ9匹。 2人ともグッタリです。
あの、何も釣れなかった2時間半を無駄にしたことが悔やまれてなりません。

9月7日(日)
今日も朝からカンカン照りです。 ショボ〜( ;_;)
出掛けましょう…とジムニーちゃんに乗ったら、ものすご〜く魚臭いのです( ̄□ ̄|||)
「オトリ缶とか開けてみたんだけど、そんなに臭わないし…」とTakeちゃん。
興津川に向かい車を走らせながら、あまりに臭いので、(もしや…)と思って、友舟を開けて見てみると、鮎が1匹、残っているではありませんか( ̄▽ ̄;)
ア〜、いきなり、鮎初心者のTakeちゃんに、「友舟から出し忘れた鮎を放置しておくと、どんなに臭いか」という洗礼を受けさせてしまいました(^-^;

Takeちゃんも昨日の鮎釣りのせいで、頭痛がしているとのことだったので、今日は釣果は二の次にして、『大網』でのんびり釣ろう…と話していたのですが、「宮原おとり店」で陽ちゃんから、「山びこ橋から上が良いそうですよ」と言われたので、川見をすることにしました。
『山びこ橋』から川を見ると、鮎がたくさん見えました。 追う鮎も居そうです。
ここで釣ろうか…とも思いましたが、Takeちゃんがもっと上の方も見てみようと言うので、『八幡温泉』まで行きました。 すると、ワタシの大好きなポイントが珍しく空いていましたので、そこに二人で入ることにしました。
昨日の教訓を思い出し、チャラ瀬を釣ってみると、小気味良いアタリで鮎が釣れます。
下流から釣り上がってきた人が近付いてきたので、お昼休みを取ることにしましたが、8匹釣れました。

午後からは体調のことを考えて、『大網』に移りました。
やっぱり『大網』の鮎は追いが弱いのか、「ケラレ」「バレ」続出です。
途中から雷が鳴って、雨がひどくなってきたので釣りを中断しましたが、Takeちゃんは良型の鮎を4匹も釣り上げ、この日の釣果は5匹。 エライなぁ〜、本当に!
もっと竿に慣れて、肩の力を抜いて鮎釣りが出来るようになれば、肩こりも無くなるよね(^_-)☆
ワタシもやっとのことで10匹達成出来、なんとか「ツ抜け」出来ました。 ホッ(⌒-⌒)

二人して「半病人」みたいになってしまいましたが、それでも鮎釣りはオモロ〜♪
しかし、Takeちゃんが本日のように体調不良だと、写真が一枚も無いのがさびしいですね。
じゃ、ホトトギスが写真を撮ればイイって? ハイ、以後、そのようにいたします(苦笑)。
a0056140_1544890.jpg
これは昨日撮ってもらったんですけど、ワタシの新しいケイタイです。
去年の鮎釣り解禁日直後に、川でケイタイを落としてしまい、Takeちゃんの応急処置で今まで使っていたのですが、最近、家にいても「圏外」の表示が出たりして、ついに危うくなってきていたのです。 
3年前にブログを始める為に、Docomo店に行き「画像が一番キレイに撮れる機種を下さい」と言って買ったSH901is。 よしよしさんに「電話とカメラとテレビを同時に買っちゃったみたいだね」って冷やかされました(笑) 当時は3万5千円ぐらいして、最高機種だったのに、今じゃ、ワンセグ付きの4、5万円の機種が当たり前のように売られているんですね。
この新しいケイタイは、Docomoが扱っている数少ない防水ケイタイの一つで、F705iです。 薄型で軽く、色が“濃紺”(説明書には“群青色”とあります)なところに、一目惚れしました☆ ワタシって、青い色が好きみたいなんです。
余談が長くなってしまいましたが、とっても気に入ったので、ついついお披露目したくなっちゃいました☆
[PR]
by hototo-gisu | 2008-09-08 16:32 | 鮎釣り | Comments(7)

『大網』の鮎は、バンパイア鮎になってしまったのです

8月30日(土)
昨晩、眠っていたら、すごい稲光と雷鳴と雨音で目が覚めました。
時計を見たら、午前1時。
(ア〜ン、興津川が増水しちゃうぅ・・・)ムニャムニャ。。。zzz....。
いつの間にか眠っていたのですが、また、物凄い雷鳴と、大雨の音で目が覚めました。
まだ午前2時17分。 (こりゃ、完全に、明日は鮎釣りムリだわ!)。。。zzz....。

夜が明けて、まだ雨がシトシト降っています。 
TVでは、愛知の豪雨の災害が報じられています。 岡崎といえば、ダックのまことさん、大丈夫かなぁ…。
我が家では、おとといYahooのモデムが壊れてしまい、ネットに繋げない状態になっています。
「宮原おとり店」のHPも見れないから、興津川の状況がまるでわかりません。
雨が降り続く中、「どこか渓流釣りでも出来たらいいね〜」と、とりあえず興津川に向かいました。

興津川に向かう最後のトンネルを抜けたら・・・なんと晴れているではありませんか!
川は増水していて笹濁りでしたが、鮎釣り可能な状態です。 昨夜の雨じゃ、誰も興津川で釣りが出来るなんて思わないですよね〜。 
先週の土曜日に最後に入った『和田島・第二東名下』に入ることにしました。
 
a0056140_14495469.jpg
宮ちゃんからは「体育館前が良いみたいです」と教わったのですが、先行者がいて入れなかったので、先週と同じポイントに入り、午前中2匹釣りました。・・・が、ここは鮎の数が少なさそう…。
その後、お昼御飯を食べ終わると、『体育館前』ポイントが空きました。ラッキ〜♪
早速入ると、大きな石裏で掛かりました〜☆  それを見ていたTakeちゃんも鮎釣りを始めました。
a0056140_11354631.jpg
譲って頂いた友舟をオリジナルステッカーでカスタマイズしたので、早く使ってみたかったようです。
鮎を入れる「フタ」のところには、「COME COME EVERY AYU」の文字が…(笑)

ところでワタシはTakeちゃんから「師匠」よばわりされていますが、釣り方は全然、教えていません(だって、ワタシがあれこれ言うと、ウルサイそうですから!)。 Takeちゃんは、カメラのレンズを通し、去年からさまざまな釣り師の鮎釣りを見ていましたので、それを参考に、自分なりに研究中のようです。
前回までは『大網』で、見える鮎を観察しながらの見釣りをしていましたが、あいにく今日は濁っているし、増水して流れも強いし…で、『大網』とは全く違う川になっているので、Takeちゃんに釣れるかなぁ…と正直心配でした。
ところが、躊躇することなく竿を出し、いきなり「出し掛かり〜!」なんて釣ってるではありませんか! その後も3匹掛けたのですが、バラシちゃいました…。
そのうちの1匹は背掛かりで、大きかったのですが、手前まできたのにバラしちゃったので、残念でしたね〜。 この流れだし、増水後の鮎は皮が柔らかいから、6.5号じゃ、いくら3本イカリでも、バレるでしょう。 今後の課題ですね!
さてさて、ワタシもポツポツと釣って、ここでの釣果は午前中の2匹と合わせて、7匹でした。
その後、Takeちゃんが渓流釣りもしたがっていたので、『西里』に移りました。
ワタシは鮎釣りを続けましたが、思ったよりも水が高かったので苦戦し、やっと2匹釣れ、「フゥ〜ッ( ̄▽ ̄;)」…ってカンジです。
いっぽうのTakeちゃんはというと。。。
a0056140_1255363.jpg
24センチを筆頭に、合計7匹の天女魚を釣っていました。
「鮎よりも天女魚のほうが、数が出る」って、どうゆうこと〜?
友舟に生かしておいたので、大きいのを2匹だけキープし、放流してあげました。
Takeちゃんの友舟、大活躍してますね〜♪ 良かった、良かった☆

ところで、明日はJさんが興津川にいらっしゃる予定になっていますが、天気予報では「雨」だし、どうなんでしょう…。
そんな話をしながらウチに着くと、Jさんから電話があり、明日の件は延期とのこと。
残念ですが、やむを得ません。 多少の雨なら釣りになると思いますが、最近の雨は、もはや「雨」じゃなくて、滝のような「ゲリラ雨」になる可能性があるし、予測がつかないですものね〜。  気安く、「来て〜!!」なんて言えません( ̄▽ ̄;)
明日も雨なら、ワタシも、渓流釣りに転向せざるを得ません007.gif

8月31日(日)
天気予報が丸ハズレして、朝から超快晴です。 バンパイアのワタシは、Hoto指数がどんどん低下して、テンションが下がっております。
「こんなに晴れるなんて、誰も予想出来なかったよね」「Jさん達、来れば良かったのかなぁ…」などと言いながら興津川に着くと、なんと和田島も茂野島も、鮎釣り師でいっぱいです!Σ(◎o◎;)
昨日「宮原おとり店」に寄った時、「今日のお客様は25人ですよ」なんておっしゃってたし、今日も天気予報が悪かったから、さぞや川は空いているだろうと思ったのに…。
a0056140_1634584.jpg
『大網』もこの通りで、満員御礼でございますぅ〜。
釣る前から、「Jさん達、やっぱり来なくて正解だったね」「これじゃ、全然動けないもんね〜」という結論に達していたワタシ達でしたが、結果も本当にその通りでした。

川は昨日よりも濁りがなくなっていましたし、水量も下がっていましたが、鮎が見えません。 昨日の感じからして、石裏が良さそうでしたが、何か釣れそうな気がせず、ヘチを狙ったところ、3匹釣れました。 
a0056140_16424823.jpg
午後もこの調子でヘチを釣り下がるゾ〜♪・・・と、頑張ってみたのですが、ウンともスンとも言わず・・・(泣)
掛かるのはボウズハゼばかりで、根掛かりを外しにヘチに入った時も、いつもなら鮎がたくさん群れて逃げるのですが、今日は鮎が見えません!!
鮎が居ないところでは、釣れません。 当たり前です。
♪アア〜、それな〜のに、それなのに〜♪♪
(どうせ移動しても、どこも人がいっぱいで、釣れないでしょう。)とか(陽が照って弱り気味だから、もうここでイイっ!)なんて思ってしまい、そのまま粘ってしまいました。
上流で釣っているTakeちゃんを見ると、それは熱心に釣っているので、ひょっとしたら釣れているのかもしれないし…。
後で聞いてみたら、Takeちゃんは、一つの大きな石を食んでいた鮎達を見ながら釣っていたらしいのです。
最初、6.5号の3本イカリで釣っていたら掛からず、7号に変えたら、とたんに2匹掛かったそうです。 でも、どちらも小さ過ぎてオトリに使えず…。 次に掛かったのはまあまあのサイズだったそうですが、バレてしまったそうで…。
しかし、Takeちゃんは鮎釣り初心者ですが、鮎の動きなどの観察力が鋭くて「Takeちゃんレポート」は聞いていて、(ナルホド〜)と思うことが少なくありません。
その石に付いていた鮎と、それに追わせた養殖オトリの動きについてなど、ちょっとここでは書き切れないほどです。
鮎釣りのキャリアだけは一丁前のワタシですが、今頃、そんなことを初心者から教わって気付いたの〜?( ̄□ ̄|||)ってことが山ほどもありまして、お恥ずかしい限りです。

それにしても、大網の鮎は、どこに隠れちゃったんでしょう?
「ずっと天気が悪かったのに、急に日照りになっちゃったから、イヤになっちゃったんじゃない? Hotoちゃんみたいに『バンパイア鮎』になっちゃったんじゃないの?」なんて冗談を言われちゃいましたが、水が落ち着けば、また釣れるようになるのでしょうか。

あ〜、それより先に、ワタシ自身の体調が、早く元に戻りますよ〜に☆
[PR]
by hototo-gisu | 2008-09-02 17:56 | 鮎釣り | Comments(16)