~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:53
子供の頃、川潜りで遊んで..
by よしよし at 23:21
>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 14:58
私も15日の釣行でしたが..
by kai at 23:16
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:29

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

興津川で「山くじら鍋パーティー」をしました♪

11月23日(日)
「興津川の河原で、なおきちさんから頂いた『猪肉』で鍋パーティをやりますが、鮎釣りの忘年会も兼ねて…ということで、いかがでしょうか?」ということで声を掛けたところ、11月24日(月)に開催することに決まりました。
参加人数も10人を超えそうなので、言い出しっぺのワタシとしては、責任重大です( ̄▽ ̄;)

そんなわけで、今日は「猟」もお休みにして、明日の準備をすることにしました。
a0056140_17174882.gif
猪肉1.6kgはスライスし、煮てアクを取り除き、味付け作業をしたのですが・・・。
「猪肉は良く煮た方が良い」とはいえ、圧力鍋を使ったのは失敗でした(^-^;
せっかくのプルンプルンの脂部分が、煮え過ぎて、粉々ですワ(^-^;

気を取り直して、パウンドケーキ作りに取り掛かりました。
興津川の『土村』で拾った“鬼グルミ”をローストして、中身を取り出します。
まさに オニのように殻が硬い“鬼グルミ”ですが、最近は割るコツを覚えたので、さほど苦になりません。
それよりも、タダでこんなに美味しい食材が手に入るなんて、ラッキ〜☆・・・と思うと、狩猟民族の血が、喜びで沸き立つようです。(怖〜っ!)

そんなこんなで、準備は整いました。
あとは、明日のお天気が心配・・・。 雨が降るのは仕方がないとしても、強風が吹いたりしないで欲しいな〜。 
願わくば、あまり寒くなりませんように・・・☆
もし“最悪”だったら、ワタシの日頃の行いが悪いという証拠になっちゃいそうです( ̄▽ ̄;

11月24日(月)
朝起きたら、「晴れてるみたいよ〜♪」「午後から降るのかなぁ?」
出掛ける車の中でも、「あまり降らないんじゃないかなぁ…」「土村キャンプ場で、出来るかなぁ…」そんな話ばかり。

でも、やっぱり午後から降りそうなので『和田島橋下』で、やることにしました。
a0056140_1524133.jpg
集まったのは、勝治さん、スー師匠、よしよしさん、香魚さん、NAOさん、ニコパさん、やなやんさん、そして、なおきちさんご一家です。
シーズンオフでありながら、こんな寒い河原に遠方から集まって頂けて、感謝、感謝であります。
今回の鍋パーティについては、なおきちさんから頂いた猪肉を皆に食べて頂きたかったのがきっかけですが、準備をしながらずっと心にあったのは、皆さんへの感謝の気持ちです。
Takeちゃんも鮎釣りを始めたことで、ワタシ達二人揃って、「有形無形」にお世話になっていますので…。
乾杯の挨拶の時に本当に言いたかったのは、そんな気持ちだったのですが、料理のこととか気になっていて、伝えられなかったです(T_T)
a0056140_15295269.jpg
料理も、鍋の材料が足りなかったかなぁ…とか、そもそも、猪肉を煮過ぎた時点で失敗していたので、反省しきりです。
勝治さん、ゆで卵を剥いて下さってありがとうございました!
スー師匠には、七輪の準備から、鮎飯の火加減の調整から、炊けた後の具の混ぜ込み作業までお手伝い頂いて、本当にありがとうございましたm(_ _)m
a0056140_15591142.gif
なおきちさんは、今回も、きれいにスライスした日本鹿の肉を持って来て、自ら料理して下さいました。 味付けもとっても良くて、ワタシは1/4皿ぐらい、ペロッと食べちゃいました。
残った生肉も、皆でお刺身で美味しく頂きました。
a0056140_1635413.jpg
香魚さんのジムニー君と、ウチのジムニーちゃんは、河原で「お見合い中」!
そこに、NAOさんに無理矢理せがんで(笑)、納車したてのデリカを、「初オフロード走行」させて、持って来させました。
スタックしたら…と心配するNAOさんに、Takeちゃんと香魚さんは、「こんなトコでスタックするようなデリカだったら、即、返品じゃ!」とけしかけたそうです(爆)
(NAOさんのHP「今日も釣り日和」はココをクリック)
a0056140_16141640.gif
ニコパさん繋がりで、今日はギターと「Pignose」というミニアンプを持参したTakeちゃん。
ギターで、ZEPPELINの「天国への階段」とか、BOSTON、EAGLESを弾くも、ニコパさんには全曲わかったようですが、他の人達のウケは今ひとつだったようで、フォークソングを弾き出すと、とたんに皆が口づさみ始め、「二十二歳の別れ」は、皆で合唱になりました♪
そんな楽しい時間を過ごしながらも、皆、もともと鮎釣り師ですから、川が気になっているようです。
それもそのはず、すぐそばに3人もの鮎釣り師が入川していて(『狩野川リバースターズ』の方々みたいです)、今日20匹ぐらい釣っているそうなのです。
そのうちの一人が竿を曲げたのですが、「掛かった魚が上流に上ってる…」と、そのやりとりが尋常ではなかったのに気付いた私達は、その方に注目しました!
「アマゴじゃないか?」「デカイみたいだぞ!」ーーーTakeちゃんとワタシは、ハッとしました!!
「あのポイントに大きなマスが居るって聞いていたんですよ! なんでも、今年の解禁から鮎釣り師が何人も掛けて、糸を切られたらしくて。 で、エサで釣れるかやってみたんですが、こなかったんですよ! それが掛かっているのでは?!」
a0056140_16312031.gif
落ち着いたやりとりの後に、タモですくって、取り込んでいらっしゃいました。
それはまさしく、ヤツに違いありません。
a0056140_16374839.gif
50センチはあろうかという大きさの「ニジマス」でした。
鼻が見事に曲がり、体高のあって、なんとも迫力のあるオスです。
片目は白く濁っていました。
Takeちゃん曰く、「『釣りキチ三平』に出てくる『左膳イワナ』みたいだな。」
『左膳イワナ』のように、釣り人の針に何度も掛かり、片目を失うも、生き長らえてきたこのニジマスは、まさにその通りなのではないかと思いました。
ここのところ、ずっと快晴が続いていて、今やっと雨が降り始め、この「左膳ニジマス」も警戒心が薄れた矢先だったのでしょう。
それにしても、「狩野川リバースターズ」の方の竿さばきは見事でした!
0.25号のナイロン糸で、落ち着いて流芯から川岸に誘導する様に、熟練された技を見た感じです。
 
それにしても・・・。
いつも穏やかで、他の河川に比べると水深も浅い、この「興津川」ですが、こんな立派な体高のニジマスや、1.3キロもあるウナギを育んでいることを、今シーズン知ることが出来ました。 改めて、その奥深さを思います。
きっと来年も、また鮎がたくさん遡上してきて、ここにいる皆それぞれに、いろんなドラマが待ち受けているんだろうなぁ…。
興津川は、今年は鮎の追いが悪い年だったようですが、来年は、今年よりは良い年でありますようにと願っています。

あいにくの雨になりましたが、風もなく、それほど寒くなくて良かったです。
皆さん、お疲れ様でした! そして、ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by hototo-gisu | 2008-11-26 17:36 | 鮎釣り | Comments(15)

マコトさん宅での「猟解禁祝パーティ」☆

11月21日(金)
「解禁で獲れたのが沢山あるので、ウチで『猟解禁パーティ』をやるので来ませんか?」との、マコトさんからのお誘いに、ピザ釜を持参して、参加させて頂きました。
今日は、たいちょ〜さんもご家族でいらっしゃるとのこと! 
たいちょ〜さんといえば、ライフル、スラッグ、エアーライフルの射撃の名手であり、鹿の「忍び猟」の達人でもあります。
かたや、マコトさんは、仲間の間から「獣の目を持つ男」と言われ、鳥猟の名手で、今日も一人で猟に出かけ、鴨4羽をゲットしてきた、これまた達人であります。
そんな二人と解禁をお祝い出来るなんて、ワタシ達って、な〜んて恵まれているのでしょう☆
a0056140_21485448.jpg
お部屋にはクリスマスツリーが飾られ、いつものように、美味しい料理がたくさん並んでいました。
たいちょ〜さんが持って来て下さった「猪のレバー」も、マコトさんが手際良く「レバニラいため」にして下さって、テーブルに並んだところで、パーティの始まりです。
a0056140_21542830.gif
今年からマコトさんもスラッグで、天城山での鹿猟に参加なさるとのことです。
たいちょ〜さんが所属する「中部ビッグハンティングクラブ」は、初めて参加する人達にこそ撃つチャンスを与えて、失敗しても、それを経験として成長させてくれる、素晴らしい先輩方がいる組織です。
マコトさんも鳥猟の経験は豊富で、猟師としての腕前はピカ一なので、きっと鹿猟でも、本領発揮出来ると思います。
これからが、楽しみですね〜☆

(ワタシももっと精進しなければ…!)

そんな決意に燃えるワタシをよそに、Takeちゃんは、「このカルガモ、クセがなくて美味しい〜♪」とパクついていました( ̄▽ ̄;)
マコトさんのレシピによると、胸肉に塩コショウをしてローストし、レモン汁を振りかけただけだそうですが、後味がサッパリとして、カルガモの臭みを消す働きがあるようです。(画像がなくて、スミマセン)
「おせち料理の一品は、コレだね!」と、Takeちゃん。
ハイハイ、承知いたしました(笑)

ブログを通じてたいちょ〜さんと出会い、そして、ニコルさんを通じて、マコトさんと出会ったワタシが、たいちょ〜さんとマコトさんとを引き合わせるきっかけになったのですが、出会ってみたら、皆、同じ市内に在住していたっていうのが、ビックリでした。
今猟期も、お互い怪我や事故のないように、頑張りましょう!

マコトさん、奥様、今回も本当にごちそうさまでしたm(_ _)m

11月22日(土)
さて、先週の日曜日に出会ったキジさんに、また会えるかな・・・と思いながらも、先週と違って、天気は快晴だし、昨日遅くまで遊んでしまった気の緩みから、出掛けるのが遅くなっちゃいました。
キジさんに会える予定時刻は11時半だったのに、もう12時過ぎです。
当然、会えるわけないよね〜。

おまけに、お昼休み時間帯にもかかわらず、畑には農作業の方々の姿が・・・。

ダメモトで、草むらの間の道を、見えるところに出ていないか、歩いてみました。
a0056140_2250271.jpg
(やっぱり、居なかったわ)と思いつつ、車に戻ろうとしたら、後ろで、「ケケン、ケケン・・・」とキジがけたたましく鳴いて、飛ぶ音が聞こえました。
そこへ、Takeちゃんも戻って来たので「今のキジの鳴き声、聞いた?」と聞くと、「ああ、あれがキジの鳴き声? だいたい降りた所わかるよね! 行ってみよう!!」

・・・ということで、少し遠いところから、銃を抱えて歩き出しました。
だいたい、あの辺りだなぁ…と思った所に、キジがこっち向きで、エサをついばんでいるのが見えました。ちょうど、日陰から日なたに出たばかりの境目のところでした。
距離をレンジファインダーで測ったら、45mと出てます。
キジは背を低くして、首をツンツン上げ下げし、エサを食べていたのですが、今にもボサに入られてしまいそうです。
いちおう、首を狙って撃ったのですが・・・
a0056140_237784.jpg
まるで外れちゃたみたいです( ̄▽ ̄;)
後ろで見ていたTakeちゃんに、「レンジファインダーで45って出たんだけど…」って言ったら、「もっと近かったはずだよ」と言われ、測り直すと、「28m」じゃありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)
日陰と日なたの境目で、誤作動したのかもしれません。
それにしても、目測で(間違ってるんじゃないかなぁ)と思わなかったワタシも、キジさんを目の前にして、冷静じゃなかったんだなぁ…と反省しました。

でも、エアーライフルでキジさんと勝負したのは、これが初めてです。
すごく良い経験になりました!

「キジも鳴かずば撃たれまい」って言うけど、あんな風に鳴いて飛んだんじゃ、『ここにいるよ〜〜!』って、大声で居場所を宣言してるようだよねぇ」って、Takeちゃんは、ひょうきんなキジさんのことを、ますます気に入ったようです(笑)

「三度目の正直」っていうからには、今度会ったら、ぜひ獲りたいものです。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-11-24 22:08 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(2)

「狩猟」って、「過酷」なのよね〜( ̄▽ ̄;)

11月15日(土)
いよいよ狩猟解禁日を迎えました。
ハンターというのは、日の出とともに出猟するものですが、われわれ「チームやませみ」は、通常営業となっております(笑)

家を出発し、最初の信号に差し掛かった頃、Takeちゃんのケイタイが鳴りました。
実家の千葉に帰って狩猟解禁を迎えた、マコトさんからの電話です。

マコトさん「獲れました?」
ホトトギス「今、○○信号のところですよ! 家を出たばかりです。」
マコトさん「重役出勤だなぁ(笑) こちらはキジ1羽、獲れましたよ! 
      そちらの天気はどうですか? こっちはずっと雨が降ってますよ。」

「こちらは、快晴で暖かいですよ〜」と答えつつ、電話を切った後、亡くなったニコルさんのことを思いました。
「千葉は、ニコルさんが解禁を迎えることが出来なかったので、“涙雨”を降らせているのかもね・・・」とTakeちゃんと話しました。
「千の風になって」という詩がありますが、きっとニコルさんも風になって、千葉のマコトさんの猟も、愛知のまことさんやレミントンさん、ダックの人達の猟も、ワタシとTakeちゃんの猟も、見に来てくれているのではないかなぁ…と思いました。
a0056140_15295141.jpg
最初に行った所はキジ&鴨のポイントでしたが、去年、キジと“隠れんぼ”して遊んだボサがあった所は見事にコンクリートで舗装されて、広々とした駐車場らしき施設に変わってしまってました。
そして、次のポイントも工事中で、鴨の付く池のそばでは重機が動いているし、鴨の付く河原も重機が作業中でした(泣)
仕方がないので、川沿いに三脚と銃を担いで歩くこと数十分…。 やっとマガモの群れが川に浮かんでいるのを見つけました! …がすぐに、護岸コンクリートの陰にスーッと隠れて、見えなくなりました。
(こっちから見えないということは、向こうからも見えないということよね!)そう思って、コンクリートの壁に近付いて、川をのぞこうとすると…。

バタバタバタ〜ッ! あ〜っ、マガモがぁ〜〜!Σ( ̄□ ̄|||)
なんと、川に浮かんでいたマガモっちは、いつの間にか、コンクリートの上に乗っていたのです!
そこへワタシが、「ぬ〜っ」と顔を出したもので、慌てて飛び立ったというわけです。
クゥ〜ッ、騙されたぁ〜(T_T) まさか、丘上がりしてるなんて…。
散弾銃だったら、2羽は落ちたかもしれないくらいの、バッチリな射程距離でしたが…。
また数十分歩いて車まで戻りますが、なんだかくたびれちゃいました〜。
a0056140_16325488.jpg
途中で、50mぐらい先に、コガモの群れがいました。
なのにTakeちゃんは、あまり感心が無い様子です。
「50mぐらいだから、撃てるけど…」とワタシが言っても構わずに、近付いて、写真を撮ったりしてます。
(ふう〜ん、コガモは目じゃないんだぁ)と思ったワタシは、クタクタに疲れていたのもあるし、見逃すことにしました。

その後ワタシは、移動する車の中で、爆睡してしまいました。
目が覚めると午後1時半。
遅いお昼御飯を食べながら、(猟って結構ハードだから、もう数年したら、体力的に出来なくなるかも…)と弱気なことを考えたりして…。

・・・が、お弁当を食べたら、少し元気が出て来ました!
なぁ〜んだ、ただ単に、お腹が空いてたからだったの? 我ながら“キャッシュ”な自分に呆れてしまいます(^-^;

去年は鴨を見たことがなかった場所に、Takeちゃんがカルガモ2羽発見!
距離を測ると、42.5m。 「え〜っと、弾は上に行くんだよね!」とTakeちゃんに確認をして撃ったにもかかわらず、上に外れちゃいました〜( ̄▽ ̄;)
a0056140_16561887.gif
撃った瞬間、2羽のカルガモは、飛んで逃げずに、とっさに潜ったようです。
(画面の左下に、水面に浮かんで現れた姿が写っています)
ワタシはその2羽の泳ぐ後を追い、ちょっと止ったところを見計らって、引き金を引きました。
距離は23メートルぐらいで近かったのですが、当たったみたいです! 
でも、油断は出来ません。 相手は「大阪ガモ」ですから(笑)
残っている弾、2発とも撃ちました。 それでもまだ、回収するまでは油断出来ません。
a0056140_1782435.jpg
回収してみると、首、くちばし、羽の付け根付近に弾が当たっていました。
半矢をつくるのは、なるだけ避けたいので、これでいいんだと思います。
解禁日にカルガモが獲れるなんて、本当に嬉しい〜☆
カルガモに対する苦手意識が、これで払拭出来れば良いな〜〜。

・・・っが、次に出会ったカルガモさんは、外してしまいました。
a0056140_17155487.gif
三脚を使わず、木に依托したら、上下にブレて、失敗してしまいました。
以後の教訓にしたいと思っています。

今日は午後から小雨混じりになったものの、気温が高くて、河原は小さい虫が群れていて、顔のまわりにブンブンされると、邪魔で仕様がありません。
飛ぶだけだったら良いけど、刺すではありませんか!( ̄□ ̄;)

腕まくりをしてカルガモの羽を毟っていたら、ブツブツ刺されちゃって、痒いのなんのって…。
Takeちゃん風に言うなら、カルガモの祟りなのかも…。
それでも、解禁日に獲れた嬉しさのほうが勝っていますので、「カルガモの祟り」も甘んじて、受け入れましょう。

「過酷な猟」と言っても、たいちょ〜さん達の猟と比べたら、チャチなものですけど…。
まぁ、あまり無理をせずに、ボチボチ続けていきたいです。

ニコルさ〜ん、ちょっとお粗末な腕前だったけど、解禁日のワタシ達を見ててくれたかな〜☆

11月16日(日)
一夜明けて、今日は朝から雨です。
キジでも出ていないかな…と、近所を車で流してみました。
すると、いつも何もいない池に、カルガモが3羽浮かんでいます。
距離は50メートルぐらい。 回収も鴨キャッチャーなら出来そうだとのこと。
でも、Takeコーチは、このカルガモにも関心無い様子・・・。 あまりキレイな池じゃないしね・・・。 見逃してあげよう!
そんな余裕かましていていいのかと、ちょっと心も揺らぎます(^-^;

そして、ついに念願のキジを発見しました! 田んぼのヘチでエサをついばんでいます。
・・・が、車から銃を下ろす間に、草むらに隠れた様子です。
じっと待っていましたが、田んぼの方に出て来ません。 ワタシ達のことを悟ったのでしょう。
待っていても埒があかないので、Takeちゃんがそっと踏み出してみることにしました。
・・・が、それでも出て来ません。
車を反対側に回して、再度チャレンジ! すると、「カサッ」と、キジの動く音が聞こえたそうです。 それを聞いて、踏み出すと・・・。

バタバタバタ〜ッ! ワタシに向かって、キジが飛んできました!
ア〜ン、またもや、散弾銃だったら、バッチシだったのになぁ…( ̄▽ ̄;)
二人ともキジを追うのに夢中で、どうせサイクロンで撃てないんだったら、カメラでも持って動画で撮れば良かったね・・・と反省しきりでした。

次のポイントは、去年マガモを2羽ゲットしたポイントです。
さて、今年は・・・。 やっぱり居ました!
川に降りて、川の中を歩いて、マガモに近付きました。
a0056140_19124970.jpg
50m近付くまでもう一歩…というところで、狙っていたマガモが飛んでしまいました。

ア〜ア、行っちゃった。。。

・・・が、良く見ると、ススキの陰に、まだ一羽、残っているのが見えました。
もっと近付きたいのですが、これ以上近付くと、確実に飛ばれてしまいます。
スコープを覗くと、ススキが邪魔をしているのですが、思い切って撃ってみました。

すると、当たったのか、ひっくり返って、バタバタしています。
でも、半矢みたいなので、二の矢を掛けようとしたら、ちょうど、川の石に引っ掛かっていたトタンの切れ端の陰に隠れてしまって、撃てません。
近付いていったら、水に潜って、下流に姿を現しました。
弱っているように見えたので、下流の川岸を探したのですが、見つかりません。
また上流の方に戻って、見直そうとした時・・・下流からTakeちゃんが探すのを手伝おうとして近付いて来たのですが、さっきまでワタシが散々探していた場所に来た時に、

バタバタバタ〜ッ! マガモが川岸から飛び出しました! それも元気よく!!

半矢だと思っていたのに、騙したのね〜( ̄  ̄メ)

確かに、その半矢マガモに気をとられて、他にも居たマガモっちは見逃すはめになってしまったのです。
a0056140_19185861.gif
♪シ〜ラケ鳥、飛んでい〜く、南の空へ〜〜〜♪

ガッカリです。 
マガモも「大阪ガモ」だったのね〜!
ハァ〜ッ、これも、以後の教訓にさせていただきます。

そんなこんなで、今日は獲れませんでした。
カヤで腕に切り傷をこしらえながら、奮闘したのですが…。

でも、まだ解禁になったばかりですから…。
気を取り直して、また頑張ります!
Takeちゃん、外してばかりで、じれったい思いをさせて、ゴメンネ! 
[PR]
by hototo-gisu | 2008-11-17 19:44 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(14)

寒いですっ! 急に冬が来た〜っ!!

11月8日(土)
朝から雨が降って、寒〜〜〜い。 ブルブルブル〜〜〜〜ッ。。。(>_<)
鮎釣りは納竿したつもり(?)ですが、今日はTakeちゃんが試してみたいことがあったので、富士川に出掛けたのであります。
a0056140_169392.gif
『第二東名下』では、こんなに沢山の鮎釣り師が入川していました。
皆さん、根性ありますね〜!Σ(◎o◎;) 雨の中、こんなに寒いのにぃ〜〜〜。
友釣り師だけではなく、エサ釣り師?も多いようです。
a0056140_161212.jpg
でも、ちゃんと、友釣りで釣れてましたよ〜!
30分ほどの間に、5匹ぐらい掛かっているのを見たから、結構、釣れているようです。
おもわずワタシもやりたくなってしまいましたが、竿もベストも置いて来ちゃったし、こんな寒い雨の中やっちゃうと、風邪をひいてしまいそうですよ。ブルブル〜〜ッ。

Takeちゃんが試してみたかったこと…それは鮎釣りに関することだったのですが、「こんなに寒いし、鮎の追いも悪いから、きっと無理よ! 宮ちゃんも無理だって言ってたでしょ? 来年にしたら?」と言う悪魔ホトトギスの囁きに促されて、実行を諦めてしまったのであります(笑)
a0056140_16393826.gif
来週は、いよいよ猟が解禁になります☆
マガモやコガモさん達も無事、来日なさっているようですね(⌒-⌒)
それにしても、どこでも「川鵜」の姿が目につきます。 川鵜は1羽が毎日、500gもの小魚を捕食すると言われ、県内でも川や池で、小魚や稚魚が食われる被害が甚大で、静岡県でも、今年の狩猟からは、川鵜を獲って報告をするようにとの働きかけが、なされております。
エアーライフルなら、川鵜を撃つのも難しくはないのですが、食べない獲物は撃たない主義なので、いろいろ心情的に躊躇してしまうのです。
鮎や天女魚の稚魚を「ウ飲み」状態に食べられて、憎い気持ちはあるのにもかかわらず…です。 いっそ、「川鵜ポスト」なるものを行政が設置してくれて、川鵜を有害駆除したらそこへ持ち込むことが出来て、適切に葬ってくれたら…と思うのは、ワタシだけでしょうか?
これまで国が川鵜を保護し続けたせいで(海鵜と川鵜は全然違う種類です)、生態系が狂い、川魚や池の魚の存続に影響が出ている今、自分でもやれることはやらなくては…と考えさせられました。

こんな寒い日は、コレに限ります!
先日、なおきちさんに頂いて、小分けにしてあった猪肉を鍋にしました。
a0056140_1759060.gif
アッツアツ〜のほっかほか〜♪ 身体が芯から温まります。
  Take「この肉って『鯨肉』に似てるね」
  Hoto「でしょ? 猪は別名『山鯨』って呼ばれているからね!」
  Take「じゃ、『ボタン鍋』じゃなくて、『山鯨鍋』って呼ぼうよ!」
というわけで、チームやませみは今後『山鯨鍋』と呼び、個性あふれる猪鍋を開発していきたいと思っています。
なおきちさん、ありがとね〜☆ そして、これからも猪肉、宜しくね〜(⌒▽⌒)/

11月9日(日)
今日は天気予報によると「曇り」のはずだったのに、朝から雨・・・。(泣)
イカ釣りに行こうと思っていたのに、雨だし、昨日に増して、寒いし・・・。

たまにはインドアで、のんびりするのも良いかも・・・。

ニコパさんがハードロックの話題を持ち出したので、それにつられて、Takeちゃんがワタシの愛蔵のレコード類を引っ張り出して来ました。
・・・とその中に、TOTO(*ロックグループの名。東陶器機ではありません)のレーザーディスクがありました。
TOTOの名曲ばかりを集めたビデオ・クリップ集なのですが、ワタシ自身、買ったはいいけど、レーザーディスクプレーヤーが無くて、まだ一度も観たことがありませんでした(^-^;
・・・が、Takeちゃんちには、ちゃんとありました! レーザーディスクプレーヤー!!
ア〜、奇跡です☆ まさか、これが観れるなんて・・・(T-T)
a0056140_2145250.gif
感激です・・・。 時空を超えて、若かった昔に、タイムトリップして戻ったかのようです。

イカは釣りに行けなかったけど、まぁ、いイカ!(親父ギャグか?!)

来週末からは、猟も始まるので、今日はのんびり骨休め出来て良かったのかも知れません。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-11-09 21:15 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(31)

やっと納竿出来そうです(⌒-⌒)v

10月31日(金)
a0056140_17453357.gif午前中、静岡の狩猟免許の申請をする為、県の総合庁舎に行ってきました。
そして午後から、日曜日に焼くピザ生地を作り始め、発酵の準備が整った時、宅配便が届きました。
「エゾ鹿肉」です。
友人から毎年、エゾ鹿猟の解禁で獲れた、若いエゾ鹿の肉が届けられます。
過去の心臓の手術や、脳溢血での左手が麻痺などを乗り越えて、今年も元気に大好きな猟をなさっているのだなぁ…と、エゾ鹿を捌きながら思います。
ワタシも元気で鴨猟をしますよ〜☆って、報告したいと思っています。

11月1日(土)
今日は久しぶりにマコトさんとH君が鮎釣りに来ることになりました。
もう鮎釣りも終盤で、追いが悪いから、キビシイよね・・・茂野島橋や和田島は鮎師の納竿会とかで混んでいるので、『西里キャンプ場上の吊り橋』のところに行ってみました。
a0056140_1894710.jpg
鮎は見えるのですが、掛かりません。
きっと午後になり、水温が上がれば追うかも知れない・・・と思ったのですが、Takeちゃんとの協議の上、マコトさんやH君には、ココよりも、『やまびこ橋下流』の所が、ロケーションも良くていいのでは・・・ということになり、移動しました。
a0056140_18144536.jpg
釣りに集中出来るように、まずは腹ごしらえからです(^-^)
マコトさんとH君は、今日は「焼き肉」ランチです。 いつもお父さんと一緒で、H君が羨ましいなぁ…って思います。 
a0056140_20561482.jpg
「H君、しばらく鮎釣りしていないのに、前よりも泳がせ方が上手になってるよ。子供って、覚えが早いんだなぁ。」と、Takeちゃんも驚いていました。
a0056140_2111521.jpg
今日は気温が低いので、Takeちゃんも渓流のウェーダーを着ての鮎釣りでした。

午後4時まで頑張りましたが、3匹しか釣れなかったワタシ・・・。
ウ〜ン、鮎はたくさん見えるのに、これだけしか釣れないなんて納得がいきません。
「Takeちゃん、これじゃ“消化不良”で、納竿出来ない〜」と泣きつくと、「じゃ、場合によっては、月曜日も鮎釣りしてもいいよ。」と優しいお言葉!

ハァ〜ッ、まだまだ納竿出来そうにありません。

11月2日(日)
今日は、なおきちさん主催の「なおきち鮎2008納竿大会」が興津川で開催されるとのことで、ワタシ達はピザを差し入れすべく、『土村キャンプ場』に出掛けました。
今シーズン最後の連休ということもあって、勝治さんやスー師匠もご一緒して頂けることになりました。
a0056140_2129566.jpg

a0056140_21371098.jpg「ホトトギス」の苗を、スー師匠からいただきました。
以前から、欲しいなぁ…と思っていたので、とっても嬉しいです☆
ネットで育て方を調べてみたら、「夏の直射日光には弱いので、夏は日陰に置いて下さい。」とのこと。
な〜んだ、ワタシと同じなのねん〜(笑)
そうそう、なおきちさ〜ん、これがワタシのHNの由来の「ホトトギス」ですよん〜。
「虫」じゃなくて、「花」ですからね〜(爆)

そしてTakeちゃんには、ウェーダーを下さいました。
勝治さんからはドライタイツ、スー師匠からはウェーダーですか!Σ(◎o◎;)
お二人にあやかって、Takeちゃんも鮎釣りの腕がメキメキと上がってくるかもです。
ますます、「ホト“師匠”」の座が危ぶまれてまいりました(^-^;

スー師匠からは、この他にも、とても珍しい(とっても長〜い)ロールケーキを差し入れでいただきました。 ありがとうございました!
a0056140_2241072.jpg
さて、ピザの準備に取りかかりました。 スー師匠も、ご自分の七輪を出動です。
a0056140_2213297.gif
皆が川から上がってきて、お昼休みとなりました。
ビールで乾杯・・・なのですが、ビールが苦手なワタシは、なおきちさんが持ってきてくれた「花の舞 吟醸酒」で乾杯に参加♪ ア〜、やっぱ、日本酒が良いわ〜♪
(と言いつつ、もう一本の「にごりワイン」も、ちゃっかり頂いてきちゃいました。 なおきちさん、ありがとね〜☆)

皆、スー師匠の話を食い入るように聞いていました。
ピザを準備しながら、話の端々を聞いたところでは、なにやら、最先端の鮎竿情報についての話らしいのです。 「早瀬抜きの竿にソリッド穂先がどうの…」みたいな感じでしたが、また今度、「猪鍋の会」の時にでも、ゆっくり聞かせてもらおうっと♪
a0056140_22282193.jpg
本日の大会主催者の「なおきちさん」です。 本日の竿頭でもありました。
本人によると、「がまかつの製品で全身を固めたら、急に釣れるようになった」とか(爆)(なおきちさんのブログ「三度の飯より山河好き」はココをクリック)
a0056140_22382410.jpg
元ハードロッカー「ニコパさん」です。
今回は一緒に竿を出せなかったけど、いつかエアエッジで、並んで釣ろうねっ♪
(ニコパさんのブログ「清流で釣りGO!!」はココをクリック)
a0056140_22452483.jpg
これは「香魚さん」です。ーーーったって、小さくて良く見えません?
Takeちゃんが香魚さんの勇姿を撮ろうと探したけど、追っかけきれなかったそうで…。
a0056140_22474779.jpg
左の方が「香魚さん」です。 勇姿はまた、来年のお楽しみということで…。
(香魚さんのブログ「静岡発 The☆鮎☆Fishing」はココをクリック)
a0056140_225305.jpg
急な仕事で遅れていらした勝治さんに、ヘラブナ釣りの「うき」コレクションを見せて頂きました。
なんと、このウキ1本、数万円だとか!Σ(◎o◎;)  芯が、「クジャクの羽」で出来ているそうで…。
「鴨の羽は使えませんか?」って聞いてみたら、「ダメッ!」だそうです(爆)
それにしても美しい芸術品です。 使うのがもったいなくて、飾っておきたくなりそう…。

さて、「なおきち鮎2008納竿大会」の優勝者は、なおきちさんでした。
それなのに太っ腹のなおきちさんが用意した豪華賞品の数々は、ニコパさんと香魚さん、そしてなぜか最後まで居残っていたTakeちゃんとワタシの4人でクジ引きをし、山分けすることとなりました。
a0056140_23373722.jpg
ワタシが2等、Takeちゃんが3等を引き当て、がまかつのハリや、サンラインの仕掛け巻きやら頂戴し、すっかり得をしてしまったような…(^-^;
さらに、なおきちさんからは、山のような「猪肉」もいただきましたので、皆に分けようとしたのですが、カッチカチに凍っていて、夕方までに全然とけなかったので、ワタシがいただいて帰ることになりました。

今日の皆さんの釣りを見ても、鮎の追いはかなり悪い様子です。
明日はワタシ達も鮎釣りをするつもりでしたが、なんとなく戦意喪失してしまったような感じ…。
朝起きてから、どうするか決めることにします。

11月3日(月)
朝起きたら、曇っているし、寒いし、今にも雨が降りそうな天気です。
これじゃあ、鮎釣りって感じじゃないよね。 のんびりしようか・・・と話していました。
ホトトギスを鉢植えにしたり、猪肉を解体して小分けにしたりしよう・・・と思いつつ、8時半を過ぎてもパジャマ姿でグダグダして、何の気無しに「宮原おとり店」のHPの釣果コーナーを見ると、「しげる君、承元寺堰堤上下 25匹」と書いてありました。
(そういえば、承元寺付近のポイントでTakeちゃんと釣ってみたかったなぁ…)と思って眺めていたら、Takeちゃんのケイタイが鳴りました。
「宮ちゃんからの電話で、『マル秘ウナギ』をあげるから、取りに来ないかって。この前、試食してみる?って言ってたもんね。エッセでドライブがてら、行ってこようか?」と、Takeちゃん。
「それなら、鮎釣り、ちょっとだけしてもイイ?」とワタシ。
せっかく行くなら、この『承元寺堰堤』付近で鮎釣りをしてみたくなったのです。

「宮原おとり店」で、大きなマル秘ウナギを生きたまま一匹頂き、鮎のオトリ缶に入れ、ついでにオトリ鮎を2匹買って友舟に入れ、それにブクを入れて、承元寺まで下りました。
本当は、堰堤下の新幹線の上辺りに入りたかったのですが、すでに釣り人がいて、入れそうにありません。 宮ちゃんが「しげる君は、承元寺の駐車場すぐ上の瀬が、鮎が大きかったと言ってたよ」と言うので、まずはその瀬を釣ることにしました。
a0056140_013171.jpg
入って間もなく1匹釣れて、合計3匹GETです。 Takeちゃんも2匹釣れました。 でも、鮎はメチャ小さいんですけど(^-^;
そこでお昼休みをとっていると、地元の釣り師の「佐藤さん」という方から話を伺うことが出来ました。 ワタシが「新幹線の上のトコで釣りたいと思って来たんですけど…」と言うと、「そこが一番釣れると思うよ!」と太鼓判を押して下さったので、迷わず移動することに決めました。 佐藤さん、柿とミカンも御馳走さまでした☆
a0056140_0221338.jpg
ワタシが入りたかったポイントのそばに鮎師が居ましたので声を掛けると、「ぜんぜん釣れないよ」「入りたかったら、どうぞどうぞ」とのことでしたので、下流に入らせてもらいました。
そこのポイントに入るのは2年ぶりです。 ここも大雨のせいで石が砂に埋もれて、流れも変わり、全体的に浅くなっていました。
「ゴロ引き(コロガシ)が入っているから釣れない」と地元の人はおっしゃるけど、一網打尽にしているわけではないので、きっと釣れる鮎もいるはず・・・そう信じて釣っていたら、石裏で1匹掛かりました。 その後も、サビたオス鮎が掛かったりしたので、メス鮎をオトリにして、ポツポツ掛けていきました。
もうこれで納竿にしてもイイと思えるように、「ツ抜け」しようと心に決め、夢中で釣りました。
a0056140_0344289.jpg
途中、寒さに震えながら、暗くなるまで粘って、ついに11匹の鮎を釣りました! 
Takeちゃんも、釣果は4匹でしたが、うち1匹は、丸々と卵を抱えた、大きくて若い色のベッピン鮎で、値千金だと思いました。
上の画像は、チームやませみのシーズン最後を飾る釣果画像です☆
a0056140_0404184.jpg
実際はもっと明るいのですが、写真に撮ると、こうなっちゃうんですね〜(^-^;

さて、今日の夕飯は、「マル秘うなぎの蒲焼き」ですから、まだ一仕事残っています。
a0056140_0422889.gif
オトリ缶に入れておいたウナギは、まだピンピンに生きていました。 測ったら、全長79センチもありました。
30分ぐらい氷でしめておいたのですが、まだ元気です( ̄▽ ̄;)
目打ちをしても暴れるので、二人掛かりで押さえ込みながら、Takeちゃんが捌いていきました。
炭に火をおこし、七輪で焼き、蒲焼きの出来上がりです。
a0056140_123875.gif
興津川のウナギほどじゃないけど、まあまあ美味しかったです。

今日は鮎釣りに行かないつもりでいたところ、このウナギのおかげで、いや、宮ちゃんのおかげで行くことになり、良い釣りが出来て、これで思い残すこと無く、竿をたたむことが出来ます。 ありがとうございました。

今年はTakeちゃんが9月から鮎釣りを始め、そのおかげでワタシの鮎釣りも随分と良い方向に行きつつあるようです。 いろいろ開眼させられました。
来年もこの調子で、チームやませみ一丸となって、楽しい鮎釣りがさらに楽しくなるように努力していきたいと思っています。
来年も、勝治さんをはじめ、皆さんと一緒にまた楽しく鮎釣りが出来ることを楽しみにして、来る鮎釣り解禁を待ちたいと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2008-11-05 01:50 | 鮎釣り | Comments(14)