~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>坪ちゃん こんばんは..
by hototo-gisu at 22:16
芸術は爆発だー!って言い..
by 坪ちゃん at 11:08
>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 00:10
〉柔軟性に富んだ発想 ..
by よしよし at 19:58
>kaiさん こんに..
by hototo-gisu at 16:26

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

興津川にも”希望の光”が見えてきました☆

5月23日(土)
解禁日から3日経った興津川ですが、あまり良いニュースは聞かれません。
しかし、今日はニコパさん、なおきちさん、香魚さんがいらっしゃって、実質的な解禁日を迎えています。
朝、『片瀬』に入ったそうですが芳しくなかったようで、ワタシ達が『白扇閣前』に入るという連絡をすると、下っていらっしゃいました。

『白扇閣前』も多くの人で賑わっていましたが、川幅が広いので、なんとか竿が出せる状態です。
さて、皆を呼んだはいいけど、果たして、鮎は釣れるのでしょうか・・・。
a0056140_16392167.gif
入川してすぐに、香魚さんが掛けました☆ 
コレよ、コレ! ワタシ達が下見で見た、良型の鮎は!!
幸先、良いぞ〜♪ということで、皆も俄然、ヤル気モードに…。a0056140_16411139.jpg

ワタシにもポツポツ掛かりました。型はオトリサイズとチビちゃんの両方が掛かりますが、「冷水病」の症状は出ていません。思わず胸をなで下ろしました。

勝治さんもいらしていて、勝治さんは『梨の木堰堤』の上流で釣っていらしたのですが、20匹ぐらい釣ったそうです。
それを聞いて、ワタシも、ニコパさんとTakeちゃんと一緒に、てくてく歩いて行ったのですが、鮎はたくさん見えるけど、全然追ってくれませんでした(-"-;) フ〜ム、これが勝治さんとワタシの腕の差か・・・。
せっかく歩いて行ったのに、骨折り損のくたびれ儲けで、ヘトヘトです。今日の釣果も、結局8匹止まりと振るわず。。。(泣)
a0056140_16514599.jpg
ニコパさんです。
今日は、相棒の「やなやんさん」が仕事で来れなかったということで、ちょっと残念ですね。

鮎はなかなか渋かったのですが、それでも遠征してきた3人とも、「ツ抜け」していました! さすが〜☆a0056140_172366.jpg
ワタシも「ツ抜け」したくて、努力はしたんですけど、及ばず。。。
ちょっと落ち込んで、下を向いて歩いていたら、この「カブちゃん」が目に入りました。
(カブトムシみたいだけど…)(オモチャかな?)なんて思ったのですが、指で突っついてみたら、動くではありませんか!Σ( ̄□ ̄;)
慌てて、Takeちゃんを呼び、捕まえてもらいました。
カブトムシを捕まえたのは、生まれて初めてです☆ 
あまりの嬉しさに、鮎が釣れなくて沈んでいた気持ちなんか、どっかに吹っ飛んじゃいました〜♪
(「キャッシュ」な性格、丸出し〜(⌒-⌒)v)
河原で釣りをしていた女の子二人と、そのお父さんに、「興津川で見つけたカブトムシです☆」って差し上げたら、喜んでもらって下さいました。

そんでもって、「夜の部」に突入で〜す!
a0056140_1716558.jpg
『和田島橋』の下に行くと、長野から「雪だるま」さんとお仲間がキャンプをしていらっしゃいました。
「一緒にやりましょう!」とのお誘いに、ご一緒させて頂き、宴会が始まりました。
皆、同じ「鮎釣りを趣味」としているだけあって、初対面でも、話がはずみます。
そこに、今日、昼間は仕事で「接待ゴルフ」だったNAOさんも到着して加わり、ますます、話もお酒もすすみます。
同じく仕事で来れなかった「やなやんさん」に電話しよう・・・ということになりました。

ニコパ「もしもし、今日は興津川、爆釣だったよ〜! なおきちさんが70匹、香魚さんが50匹、僕なんか、三桁に手が届くってくらいに釣れたんだから〜。川に石を積んで、プールを作って、そこに200匹ぐらい泳がせてるんだよ。
あ、『香魚のアニキ』が話があるって、ちょっと待って!」


香魚「『闘将やなやん軍団』の闘将がさぁ〜、ここに来てないんじゃ、マズいんじゃないのぉ〜?
明日の朝一番のJRか、高速バスで、興津まで来なぁ〜。わかったぁ?」


ニコパ「聞いた? 『香魚のアニィ』がそうおっしゃってるから、高速バスで来たら? 鮎のウエアを着て、竿と友舟だけ持ってくれば、タモはあるからさぁ。帰りは乗せてってあげるから…。このままじゃ、『闘将やなやん軍団』は、『チームやませみ』に”吸収合併”されちゃうんだよぉ〜。・・・やなやん、聞こえてるの? ・・・なに?、今、高速バスの時刻表を調べて、折り返し電話するって? わかった。じゃ、待ってるからね!」

そんなわけで、明日、やなやんさんも参戦することになりました(爆)
明日、良い釣りが出来ることを期待しつつ、ワタシとTakeちゃんは帰宅して、皆はそのままキャンプしました。
明日に備えて、良く眠れるといいですね〜☆

5月24日(日)
昨日、ニコパさん達が午前中に入った『片瀬』に、その直後、雪だるまさん達が入って、1時間で5匹、パタパタッと釣れたというのことを聞いて、ニコパさん達はしきりに「あそこで粘っていれば良かったな。」と後悔していました。
そのせいもあってか、朝、メールが来て、『片瀬』付近に入川しますとのこと。
ワタシ達も、”重役出勤”で現場に到着しました。
すると、”高速バス”でやってきた「やなやんさん」が、まさに釣り始めようとしていたところでした。

「さあ、『闘将やなやん軍団』の闘将としての力を見せてくれ!」 ーーーと誰かが言った途端、鮎が掛かりました!
a0056140_2311681.jpg
皆が釣りをやめて、注目する中、やなやんさんは怒涛の2連発をやってのけました!!
この渋〜い興津川で、2匹だけでも入れ掛かりさせるなんて、さすが”闘将”やなやんさんです。

すっかり刺激を受けたワタシとTakeちゃんも、オトリ鮎を1匹づつ分けて頂いて、釣り始めました。

しかし・・・鮎はたくさん見えるけど、全然追ってくれません!
引いてもダメ、泳がせてもダメ、止めてもダメ、上方テンションもダメ・・・ハァ〜ッ、こんなに真剣にやってるのにどうして追われないのでしょう?
あんまり夢中でやっていたので、新調したタモを落としてしまったことすら気付かなかったくらいです。
そのタモを、下流で釣っていらっしゃった方が拾って、ワタシのところまで届けて下さいました。
その方に、「去年の鮎釣り解禁の時から、ブログを拝見させて頂いています。」って言われて、お名前も伺わなかったのですが、とても丁寧にオトリ鮎を泳がせて釣っていらしたのが印象的でした。
大事なタモを拾って下さって、どうもありがとうございましたm(_ _)m。

そんな具合で、ここの鮎はなかなか釣れない…と見切ったワタシとTakeちゃんは、『八幡温泉裏』に移動しましたが、そこは人でいっぱいで、竿を出すスペースはありませんでした。
仕方がないので『大網』に行ってみると、なんと、川が真っ白に濁っていました!( ̄□ ̄;)
上流では濁っていなかったし、雨も極端に増水するほど降っていないので、そのうちに濁りもとれてくるだろうと
判断したワタシ達は、竿を出すことにしました。
すると、濁りの中から、背掛かりで鮎が1匹掛かりました! Takeちゃんも1匹釣れたようです☆
でも、そのあとがパタッと釣れず・・・。
読み通り、濁りはとれて、鮎が群れているのが見えるようになったのですが、全然掛かりません。

「これだったら、昨日行ったところのほうが追いがいいかも…」ということで、大きく移動する決心をしました。
ニコパさん達に連絡をとると、『黒川合流点下の吊り橋付近』で釣っていて、「今、NAOさんが掛かりましたよ!」とのことなので、行ってみました。
a0056140_0175977.gif
NAOさんです。
今日は小雨混じりのあいにくのお天気で、勇姿がキレイに撮れなかったのが残念でした。

ワタシ達が昨日釣りをしたところに行く旨を話すと、皆も追って行きます…とのこと。
そして、『白扇閣前』に着くと、見渡す限り、だぁ〜〜れも居ません! 貸し切り状態です!!
雨も降ってきたし、確かに昨日よりは水も増えていましたが、昨日は釣り師でごったがえしていたのに、今日はなぜ??
釣り師がいない=(イコール)釣れない・・・ってこと?

ところがどっこい、釣り人が全然いなくなり、増水が始まったので鮎の警戒心が薄らいだからなのか、手応えのあるアタリがあって、掛かり始めました。
a0056140_0363418.jpg
なおきちさんです。今年もどうやら、爆釣のきざし…ですね(⌒-⌒)b
a0056140_0522932.gif
ニコパさんも、交通事故から”奇跡の生還”を果たし、鮎釣りも出来るようになって、本当に良かったです。
昨日からの遠征組の3人は、揃って今日も「ツ抜け」していました。
どうなることかと思いましたが、笑顔で興津川を後にする皆の様子を見て、ワタシもTakeちゃんも何だか、大満足でしたよ☆ 
ちなみに、ワタシとTake弟子の今日の釣果は、共に6匹でした! Takeちゃんも確実に腕を上げつつあります☆ 

さて、今日は上流部では掛かりが悪かったけど、解禁日に比べて鮎は見えたし、今後に向けて、少し希望の光が見えてきました。
まだまだ水温の低い時期が続きますが、なんとか興津川の鮎さん達に、元気で頑張って欲しいものです。
\(⌒▽⌒)/ フレー、フレー、鮎さん!  ぜひ、皆でエールを送りましょう!!
[PR]
by hototo-gisu | 2009-05-26 01:20 | 鮎釣り | Comments(24)

誰も予想しなかったであろう、2009年興津川鮎釣り解禁☆

5月20日(水)
超重役出勤で知られた「チームやませみ」が、なんと!、午前3時に起き、4時台には興津川に到着しました。
a0056140_1421199.jpg
『和田島橋』下流です。
すでに、どこも鮎釣り師に埋め尽くされ、せっかく早起きしてきても、ムダだったような気がしてまいりました。
(もっと努力して、早く来ればいいのに…って? おっしゃる通りでございます。)
それにしても、すごい霧です。100m先は、ほとんど見えません。
早朝なのに気温が高いので、川の低い水温との差で、霧が発生したのでしょう。こんな日は、昼間、カンカン照りになることが多いので、鮎釣り師には喜ばしい現象かも知れません。

さて、ワタシ達の目的地である『大網』に着きました。
今だから公表しますが、ワタシ達の下見で、ちゃんと鮎を確認して、きっと解禁に釣れそうだと思ったポイントは下記の通りです。

・漁協吊り橋から100mぐらい下流の瀬が始まった辺り
・高瀬の中河内川合流点から下流の深瀬
・小島中学校裏の瀬の大きな石まわり
・立花橋の橋の上下の瀬
・白扇閣前の岩盤の瀬でも深さのあるところ

では、なぜ『大網』なのかと申しますと、多分にワタシ自身の都合によるものです。
なにしろ昨日、「ダイワマスターズの東海大会」の”参加資格証”が届いたものですから、早朝に行なわれる大会を見越して、”朝の『大網』(大会会場ですから)”を経験しておかねば…という気持ちと、『大網』だったら、混んでいても、駐車も出来るだろうし、トイレもあるし、川も通い慣れているから、なんとかなるだろうと思ったわけです。
a0056140_14502873.gif
『大網』の水温は14.2度。気温は18度近くあったのですが、水温が低いので、水に浸かると寒くて、竿が震えてしまいました。
こちらの方は、時々コメントを下さっている、「雪だるま」さんです。ホクエツとWISTのテスターで、緻密かつ、思いっきりの良い釣りをなさる方です。(すでに竿を出す場所がなくて、雪だるまさんは、皆の立っている後ろで竿を出して釣り始めました。さすが、テスターともなると、マナーと配慮が違います。)

さて、ワタシもなんとか、ちょっとのスペースに入らせて頂き、釣り始めました。
釣り始めて30分ぐらいで1匹目が釣れ、「やった〜♪」と思ったのもつかの間、釣れた鮎の口元がタダレていました。
(ん〜、たまたまかなぁ…)と思い、釣り続けていたら、2匹目が掛かり、取り込んで見てみると…。
今度の鮎はさらにひどく口元がタダレています。
(これって、まさか、”冷水病”じゃ・・・)そんなことを考えながら、すっかりテンションが下がってしまったワタシは、3匹目を空中でバラしてしまいました。
例年だったら、根掛かりを外しに川に入って行くと、ワラワラ〜ッって上流に向かって逃げる鮎が見れるのに、それさえも見えないくらいです。ちょっと異常事態かも・・・。
目を凝らしても、鮎の姿はほとんど見えない為、『大網』は見切って、移動することにしました。
Takeちゃんは、『白扇閣前』あたりが良いのでは…と言ったのですが、下流も入れる保証はないし、この異常事態について、もっと知りたい気持ちもあったし、何より、テンションが下がって、ヤル気が失せてしまったーーーというのが本音です。

よしよしさんが、『自治会館』にいらしてるという連絡だったので、ワタシを『和田島橋下流』におろしたTakeちゃんは、よしよしさん達のところに行ってみることにしました。
すると、「川小屋塾」の方々は釣りをやめて、丘上がりして、くつろいでいらっしゃったそうです。
a0056140_15305135.jpg
まぁ〜、なんて清々しい面々なんでしょう。
霧から一転して、カラリと晴れ上がった空のような爽やかな感じです。
川で起こっている異常事態なんて、忘れてしまうほどですが、『自治会館』も釣れる鮎はチビちゃんばかりで、鮎釣りって感じじゃないらしいのです。

さて、和田島橋下流に入ったワタシですが、流芯で、けっこう良いアタリがあって、抜いてみると・・・
a0056140_15402823.jpg
「ワ〜ッ、ちっちゃ〜い☆」と、思わず、苦笑いです。
ここでは、オトリサイズの鮎が3匹と天然遡上の鮎と思われるチビちゃんが2匹釣れたのですが、それは冷水病ではありませんでした。・・・が、上流からは、冷水病とおぼしき弱った鮎が時々流れてきました。a0056140_1558527.jpg

皆さんから漏れ聞こえてきた情報だと・・・

1) 日曜日(5/17)の雨で、1mぐらい水位が上がった為、放流した鮎は下流に流されてしまった

2) 日曜日の雨で、急に水温が下がったので、冷水病が発生した

3) 水温が低いから、追いが悪いのではないか

これらを聞いて、ワタシはこう思いました。
5月11日に試し釣りが行なわれ、『茂野島橋』でも、例年よりも大きな鮎が数多く釣れたという事実があります。それ以前にも、Takeちゃんと二人で本流釣りをしていて、深い所に見えた鮎は、成魚放流したのかと思うほど良型だったのです。
水温が低いから追いが悪いとしても、あの、良型の鮎達はどこに行ったのでしょうか?
1)の下流に流されたーーーというのには疑問を感じます。なぜなら、放流された「静岡2系」は、昨年でも大雨直後の増水した川の”流芯”で、バンバン追ってきて掛かった、「強い追い気」と「泳力」を持つ鮎だからです。
今年、解禁日が平日でも仕事を休むことにしたのは、この「静岡2系」の追いの強さをTakeちゃんに体感してもらいたかったからです。「追い気が強い」ことはすなわち、「釣られてしまいやすい」ということでもありますから…。
そんな「静岡2系」が、今年に限って、大雨で流されたーーーなんてことはありえないと思います。

では、2)はどうなんでしょう。
確かに、5月16日と17日は、急に冬に戻ったような寒さで、家でも暖房をつけたくらいでした。それで急に「冷水病」が発生したのでしょうか?
それにしても、ここ数年、興津川で鮎釣りをしていますが、「冷水病」なんて無かったと思います。
だから、今朝釣れた鮎を見た時にショックが大きかったのです。

5月11日の「試し釣り」で、非常に良い結果だったので、あのままの状態だったら、今日の解禁は、ほとんどの釣り人が期待していた通りの良い解禁日になったねー\(⌒▽⌒)/というはずでした。
いえ、漁協関係者の方も、昨日まで、そういう解禁日になるだろうと予想していたのではないでしょうか。
誰も、こんな「釣れない」解禁日になるとは、予想していなかったことでしょう。

あの「寒かった2日間」のせいで「冷水病」にかかった良型の鮎は、弱って、流されてしまったのでしょうか?

それとも、水温が上がったら、あの良型の鮎達に会えるのでしょうか?

ただひとつ、確かなことがあります! 
それは、「天然遡上」らしき鮎サン達が今日、流芯で掛かっていましたが、この鮎達は、まだ小さいながらも、流芯で元気に追い、「冷水病」にも掛かっていないようでした。
(瀬の流芯を狙って釣るスー師匠が釣ったのも、そんなチビちゃん達ばかりだったそうですし、スー師匠から引き釣りを教わって『和田島橋第二東名下』のガンガン瀬でTakeちゃんが釣ったのも、チビちゃんばかりでした。)
「静岡2系」が幅をきかせてない今年は、この子達がこれから活発に捕食して、元気に育って欲しいと祈るのみです。
(成魚放流したら、また追いやられちゃって、大きくなれないのかなぁ…)

それと、後から聞いた話では、下流では良型の鮎も釣れて、良かったとのこと。
(アーア、Takeちゃんの言う通り、『白扇閣前』に行けば良かった。。。)

その後、また『大網』に戻って、今度は『大網の吊り橋下流』を釣ったのですが、ワタシは1匹も釣れず、撃沈(T_T)
Takeちゃんは4匹目を上げました! 少ししか竿を出してないのに、エライです! 今年は負けるかも・・・。
さらにスゴイのは、勝治さん!
今日は仕事で遅くいらして、竿を出さずにワタシ達の釣りを見ていたのですが、「Takeちゃん、ちょっとでいいから竿を貸して!」と頼まれたので竿を渡すと、何と(!)、10秒もしないうちに1匹掛けちゃいました!Σ(◎o◎;)
「Takeちゃんの釣りを見ていたら、あの岩の側面を流していなかったので、そこをスッと引いたら、一発で掛かったよ☆」とおっしゃっていました。ん〜、さすがです、脱帽!!

「解禁日はTakeちゃんと二人で50匹はカタイね!」と言いながら、「20匹は秋田に送って、10匹はあの方へ差し上げて…」なんて、「捕らぬ狸の皮算用」をしていたワタシでしたが、その言葉通りの結末になりました。

さて、今週末は、ニコパさん、なおきちさん、やなやんさん、香魚さん、NAOさん達もいらっしゃるようですが、「冷水病なんかじゃ、なかったよ〜」という嬉しい釣りが出来ますかどうか・・・。

釣果は淋しかったけど、鮎釣りの仲間と今年も元気に川で再会出来て、
やっぱり最高〜☆に幸せな解禁日が迎えられたことを、心から嬉しく思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-05-21 17:26 | 鮎釣り | Comments(19)

鮎釣り解禁前に、ポイントを下見する予定でしたが…

5月16日(土)
鮎釣り解禁を間近に控えて、ワタシもTakeちゃんも、頭の中は、すっかり”鮎釣りモード”です。
今日は、鮎釣り前に「銀ちゃんリベンジ」を果たそうと思っていましたが、雨は降っているし、寒いし、鮎釣りモードだし・・・ってことで、川に行くのはやめました。

ーーーで、こんなん、プリントしちゃいました〜\(⌒▽⌒)/
a0056140_172786.jpg
チームやませみのロゴを、ババ〜ンとアイロンプリントしちゃいました☆
真ん中のは、今年、Takeちゃんも鮎釣りを始めることになった為、新調したものです。
背中に何かマークが付いてると、ちょっと「上手そうな人」に見えたりして・・・・・って、気のせいですね(苦笑)
静岡は、「定額給付金」はまだ支給されていませんが、それをあてにして、ワタシも新しいタモを買っちゃったし〜♪
早く解禁が待ち遠しくてたまりません☆

5月17日(日)
今日も雨です。。。
でも、とりあえず様子を見に、興津川に行くことにしました。
ですが、その前に、どうしても入手しておかなければ気が済まないものがあったので、釣具屋さんに寄らないと…。
鮎のハリの「根巻き糸」なのですが、ワタシが愛用しているのは、フライ・フィッシング用の糸なのです。
先日、手持ちの残り糸を持って、フライのショップに買いに行ったのですが、似て非なるものを買わされてしまい、ガッカリして、ハリを巻く意欲も喪失してしまっていたのです。
そこで、Takeちゃんが昔(?)行ったことのある「ふかさわ釣具店」に行きましたら、親切な店員さんが、脚立を持ってきて、探してくれました。
・・・で、帰ってきて巻いてみたところ、もう、バッチシですぅ〜\(⌒▽⌒)/
a0056140_1731239.jpg
細い糸ですが強くてしっかり巻けて、仕上がりがキレイなんです☆
a0056140_17375191.gif
今年からは二人分の仕掛けを用意しなくちゃいけないので、頑張らなくちゃ!!
ハナカン回りはあんまり上手に巻けてないので画像UPは迷いましたが、せっかく写真を撮ったし(ハナカンは、勝治さんから頂いたものです)載せちゃいました(⌒-⌒)v

そうそう、興津川にも、ちゃんと行ってまいりました!
a0056140_17441480.gif
水量は多少増えてきたかな〜という程度でしたが、水量のわりに、濁りがきつかったような気がしました。きっと、雨が強く降り始めたばかりだったからかも…。
今日、まる1日降り続いたとしても、明日、あさってと晴れれば、水曜日の解禁には、きっと鮎釣りには最高な状態になるのではないかと期待しています。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-05-17 17:58 | 鮎釣り | Comments(18)

今年も開花が始まりました☆

a0056140_17181514.jpg
時よ、とまれ・・・。
やっと花開いたバラを眺めていると、時間を忘れてしまいそうです。


a0056140_17241273.jpg
もっと眺めていたいのに…。

どうして、鮎釣りの時期と重なっているんでしょうね。

それだけが、とっても残念。。。
鮎釣りに出掛ける日の朝、バラさん達に「いってきます」って声をかける時、ちょっぴり悲しくもあります。


a0056140_1727849.jpg

私にとって、鮎釣りとバラと、どちらが大事なのかって考えた時、思ったのです。
もしも、鮎釣りをやめなければいけないような状況におかれた時は、きっと、バラを育てる気持ちの余裕も、持てなくなっているのではないか…って。


a0056140_18391416.jpg

鮎釣りも、バラを育てることも可能な今、この時を、ありがたく思って、どちらも精一杯頑張ることが大事なんだよって、誰かに言われているような気がしました。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-05-14 21:15 | バラ、ガーデニング

増水してると思ったのに…( ̄□ ̄;)

5月9日(土)
昨日まで4日間も雨が降り続いていたので、さぞかし興津川は増水しているだろうと思ったのに、着いてみると(多少増えたかな〜)といった程度。渇水になりかけていたので、降らないよりはいいんですけど・・・。
a0056140_16594484.jpg
もともと興津川は、透明度は高いのに、鮎が見えにくい川のような気がします。
ここは中流域の『小島中学校前』ですが、瀬の鮎は見えにくくて、浅瀬には小さいサイズの鮎が群れで食んでいました。
ただし、下流域もそうですが、深瀬に沈んでいる岩を食んでいる鮎は良く見えて、数も多く、サイズもかなり大きいのが混じっています。
それでも、『漁協裏』の浅瀬には、良型の鮎がワラワラ見えたので、場所ムラがあるってことなのかなぁ・・・。
渓流釣りをしながら、そんなことをついつい考えてしまうワタシです。

ア〜ッ、それにしても、掛かるのは、ハヤばっかり(-"-;) 
ハヤと言っても、「カワムツ」が多いです。唐揚げにすると美味しいらしいので、新しいB級グルメとして、誰か売り出して欲しいものです。そうしたら喜んで供給させて頂くのに〜(笑)

なんとTakeちゃんは、鮎が掛かっちゃったそうです! それも 背掛かりで!!Σ(◎o◎;)
大きさが18センチ以上あり、背中が盛り上がって体高があったので、最初は「鮎」と思えず、「???…」と頭がパニックになったそうですが、良〜く見るとやっぱり「鮎」だったので、ワタシに見せようと焦ってしまって、逃げられてしまったそうです。
そうよね〜、あの深みで石を食んでるサイズが大きいヤツは、確かにハンパな大きさじゃないですよ!
きっと、放流した「静岡2号」が大きくなったのかも…。掛かった所も深瀬の流芯だったみたいですし、間違いないですね(⌒-⌒)b
興津川には珍しく、解禁からいきなり、大きい鮎に遊んでもらえそうです☆
でも、すぐに釣られきってしまう…かもしれませんけど…。

5月10日(日)
あまりの”ハヤ攻撃”に、”銀ちゃん”再会は当分望めそうにないので、今日は思いっきり上流に行って、ハヤに煩わされずに釣りをしたいと思いました。
a0056140_2143323.jpg
ア〜、ハヤが居ない世界って、ステキ〜♪
(ゴメンね〜、ハヤさん達。 キミ達に罪はないんだけどね〜。)
ミニ・アマゴ達はリリースして、2匹だけキープしました。
a0056140_21493039.jpg
今日は「母の日」ですから、アマゴ好きな、Takeちゃんのお母さんに、唐揚げにして食べさせてあげたいと思います。

ちょっと遅いランチを食べ始めた頃、遠くで「ケン、ケン」と、キジが鳴く声が聞こえました。

「遠いね〜。」「近かったら、写真で撮るのにねぇ。」

しばらくすると、また「ケン、ケ〜ン」

「下流の対岸かなぁ。」

またしばらくして、「ケン、ケン」と聞こえました。

「あの辺りの、竹林かもね!」「メスを呼んでいるのね、きっと。」

ランチの片付けを始めた時、けっこう近いところで「ケン、ケン」と聞こえました。

すぐさまカメラを抱え、草むらのほうに向かったTakeちゃん。
すると・・・
a0056140_2233418.jpg
「居たっ!!」
マジですか?!Σ(◎o◎;)
わざわざ、顔見せに来てくれたのね〜。 
だけどねぇ〜、ここは「鳥獣保護区」なんですけどぉ(苦笑)
飛ぶ様子をカメラで捉えようと、キジを追跡したTakeちゃんですが、ついに撮りました!
a0056140_2292555.gif
「距離1.5m」といったところでしょうか。
「散弾銃だと、”ぞうきん”になっちゃう距離よ!」
”投網”でも、獲れそうだったよ♪」
キジさん、いいパートナーを見つけて、たくさん子孫を増やして下さいね〜(⌒▽⌒)/a0056140_2217488.jpg
さらに河原を走っていると、何か見えました!

「Takeちゃん、バックして! キジのメスかも…」

すると、キジメスよりも小さい鳥です。「ニワトリじゃないよねぇ」と、ワタシ。

カメラを望遠にしてシャッターを押し、モニターで確認したTakeちゃん、「コジュッケイみたいだよ。」

へぇ〜っ、コジュッケイが畑に出ている姿、初めて見ました!(*_*)

また、車から下りて、コジュッケイの追跡を始めたTakeちゃん。
そして、捉えたのがコレ!↓
a0056140_22235791.gif
後ろを飛ぶのが「オス」のようです。鳥の世界も「レディ・ファースト」???

さて、来週はいよいよ、鮎釣り解禁直前の下見をする予定です。
今週は、仕掛け作りも、頑張らないと〜〜〜!!
なんとか、水量もこのまま安定して、いい解禁が迎えられることを祈るのみです。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-05-11 23:10 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(11)

川は鮎だらけ・・・まったく〜『目に毒』で困っちゃう( ̄▽ ̄;)

5月2日(土)
4月29日の休日も、”銀ちゃん”目当てに興津川に行ったけど、会えなかったし・・・。
今日は、藁科川に出掛けました。
「川小屋」さんにお邪魔し、その後、『リハビリ病院裏』ポイントへ・・・。
興津川もそうだけど、藁科川も鮎がいっぱい見えて、本当に気が散ってしょうがありません(^-^;
6月1日に解禁だけど、月曜日じゃあ休めないしねぇ・・・。遠くからいらっしゃる方は、思いきって休みをとって、土日月…と鮎三昧っていうのもいいかも知れないですねー、今年の静岡県内の解禁は、どこの河川も例年になく良さそうな予感がします。

そんなこと考えながらも、真剣にアマゴを狙っていたのですが、釣れるのはオイカワとハヤばっかり…。
場所移動して、『バラ沢』で釣ることにしました。
ーーーが、ア〜ン、ここも鮎でいっぱいでしたぁ〜。もぉ〜っ、6月1日にココに入った人、釣れなかったら怒るよー(-"-;)
・・・って、なんで怒らんといかんのよ(苦笑)。

『バラ沢』の駐車場から上流をワタシが、下流をTakeちゃんが釣りましたが、上流部は強風のせいで、途中から断念しました。せっかくアマゴが一匹釣れて、ヤル気マンマンになってきたところだったのに…。
a0056140_114538.gif
Takeちゃんもニジマスを釣りましたが、何と、このニジマスは、釣り上げた時、稚鮎を口から吐き出したそうです(*_*)!
こんなのをリリースすると、また稚鮎を食べちゃう・・・とTakeちゃんは思ったのか、報告がてら、「川小屋」さんに寄って、アマゴと一緒に、川小屋さんの水槽に入れさせて頂きました。たびたび、スミマセン…。
すると、こんな珍しいものをお土産に頂いちゃいました。
a0056140_1158385.jpg
「茗荷竹」です。
この株から生える花の部分が、スーパーでも売っている「茗荷」だそうです。
河原に生えている茗荷は採ったことがあるのですが、茗荷竹は食べたことがありません。
さっそく、勧められた通り、天ぷらにしていただきました。
見た目は「葉ショウガの天ぷら」みたいなので、それと同じように、茗荷のシャキシャキした感じなのかなーと思いきや、味わいは”ホクホク”とした感じで初めての食感です。かすかに茗荷の香りがするのですが、上品な味で美味しかったです。
永浜さん、珍しいものをいただいて、大変ありがとうございましたm(_ _)m

5月3日(日)
a0056140_13425142.jpg今日こそは”銀ちゃん”ゲットするゾ〜!!と、はりきって出掛けたのですが、やっぱり会えず…。

ハヤ爆釣でうんざりし、エサが無くならないうちにアマゴを…と思い上流域に行くも、ウンともスンとも、な〜んにもアタリがありません。
こんな、いかにもアマゴが潜んでいそうなポイントを見つけたのですが、だいぶ釣り人が入った形跡がありました。あーあ、ガッカリです。

それじゃ・・・というわけで、『興津川漁協裏』に行きました。
ここがまた、
ウジャウジャでして・・・。
今、竿を出したら、入れ掛かりになると思われるくらいに鮎も大きくて、しっかりと縄張りを持っています。
解禁日にココに入った人は、間違いなく50匹は堅い! 断言出来ます!!ーーーと思われるポイントもありました。
ホント、うらやましい〜。誰がココに入るんだろう。もぉ〜っ、これで釣れなかったら、怒るけんね〜!(苦笑)

ところで・・・。鮎もウジャウジャだったけど、ハヤもウジャウジャで入れ掛かりでした( ̄▽ ̄;)
もう、ハヤなんか見たくない! ハヤのいない川で釣りたい!!ハヤが夢にまで出てきそうでコワイです(^-^;
興津川の渓流釣りは、しばらくキビシイなぁ・・・と感じました。

しかし今日は、そんな悪夢のような渓流釣りを忘れさせてくれる贈り物が秋田から届いていたのです。
a0056140_1464551.jpg
ソイ、そして・・・・・
a0056140_1473894.jpg
秋田の山菜(左からホンナ、しどけ、アイコ、ワラビ、そして、じゅんさい)です。

送り主は、ワタシの渓流釣りの師匠でもある友人です。昨年暮れに久しぶりに電話した時に、心臓発作で3ヶ月入院して退院したばかりだと言っていたから、昨日、数ヶ月ぶりにケイタイに電話がかかってきた時、(悪い知らせだったら…)とドキドキしながら電話に出たのですが、とても元気そうで、本当に安心しました。
「釣りは女房が心配するから、やめた」って言ってたけど、身体は大事にして欲しいものです。

鯛は、お刺身(皮を焼いてアライにしました)と、アラ煮にし、しどけのおひたしで夕食にしました。
ソイは、明日、塩焼きにするとして、他の山菜の下ごしらえも時間をかけてやりました。
下ごしらえをしながら、東北で過ごしたことを懐かしく思い出すとともに、今、こうして静岡で穏やかに暮らして、静岡の川で釣りを続けていられていることを有難く思い、幸せであることをしみじみと感じました。

5月4日(月)
おととい、永浜さんから、「安倍川は鮎が釣れますよ〜」と何度も言われたTakeちゃん。
藁科川は初心者じゃなくても難しいから、安倍川のほうが釣れるってことかしら…とか、ついつい深読みしたりして、気になってしょうがありません。
そんなわけで、今日は「安倍川」に探検に行くことにしました。ワタシも、もちろん初めてです。

思っていたよりも道路が広くて、運転が快適です。
川も気田川みたいな感じで広々として、気持ちがイイ〜♪
『大河内の堰堤』の所で休憩しました。
a0056140_14472016.jpg
釣り人が下流から釣り上がってきたので話をしたところ、「ココは釣れないなー。今年は藁科川が(アマゴは)釣れるよ。」とのこと。
フムフム、なるほど〜(笑)。

それにしても、安倍川も鮎の稚魚がワラワラいて、真っ黒です!Σ(◎o◎;)
まだ小さいけど、これが大きくなったら、楽しみですよー♪

ついでに、『梅が島の管理釣り場』も見に行ってきました。
a0056140_1456359.gif
大きな池が二つあり、一つは良型の「マス」、もう一つは良型の「アマゴ」がたくさん泳いでいました。
ちょうどワタシ達が着いた時に、女性がマスを掛けて取り込んでいたところでした。
そして、その女性がエサを付け直し、竿を振り込むと、またもやヒット!!
掛かった魚を外して、またエサを付けて振り込むと、またまたヒット!!! 入れ掛かりです。

「隣の”アマゴ池”は、きっと上級者用なんだね」なんて、Takeちゃんが言っていたら、これまた超初心者らしい女性が竿を振り込む度に、アマゴがヒットしていました。
なぁ〜んだ、上級者用でも、何でもないのねー(苦笑)。

そばには、バーベキューが楽しめるスペースがあり、眼下には堰堤からの落ち込みがある流れがあって、そこが「管理釣り場」として、有料で楽しめるようになっていました。
前述のような釣り初心者や、バーベキューを楽しみたい家族、そして、ちゃんと渓流釣りを楽しみたい人まで、家族みんなで楽しめる場所のようで、とても賑わっていました。
街中から来た人達には、喧噪を忘れて憩える場所ということで人気なのでしょう。

Takeちゃんもワタシも、今日は、また新たな静岡の清流と出会うことが出来て、とても嬉しい一日でした。
でも、困っちゃったな〜。興津川で釣りたいし、今年こそは気田川にも行きたいし、藁科川も釣りたいし、大井川も、そのうち仁科川も・・・って言っていたのに、安倍川まで・・・( ̄▽ ̄;)
まぁ、欲張らず、無理もしないことが肝心かなー。 
明日は雨・・・らしいから、鮎の仕掛け作りに精を出すことにしま〜す(⌒-⌒)b
[PR]
by hototo-gisu | 2009-05-06 16:04 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(12)