~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>非公開さん こんばん..
by hototo-gisu at 23:47
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:36
こんばんは。 今回は賑..
by kai at 22:50
>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:08
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:52

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

興津川、大増水!!

7月25日(土)
朝、Takeちゃんがokabami.comの掲示板を見て、「藁科川が70センチの増水で・・・エ〜ッ?!興津川は2メートルの増水だってぇ〜?!Σ(◎o◎;)」と驚いていました。
昨夜も雨が降っていたので、興津川も増水してるだろうなぁ…とは思っていましたが、そんなに増水しているなんて、にわかには信じられません。
その後、「宮原おとり店」のHPにも『茂野島橋』下流と『和田島の堰堤』の写真が掲載されて、おととしの「台風4号」を超える大増水になっていることがわかりました。
テレビのニュースでも、『西里』の付近で土砂崩れが起きたと報道されましたので、いくら川中毒のワタシ達でも、今日は川には近づかない方がいいわね・・・ということで・・・。
a0056140_17575394.jpg
7月22日に我が家にやってきた、MacBook Proをいじくり回すことになりました。
我が家には数台のMacがあるのですが、OSが古いので、Takeちゃんがお気に入りの「デジタルステージ」というソフト会社が販売している最近のソフトが上手く起動しないことにずっと頭を痛めていたのです。それで悩んだ末、この度、思い切って、このノートパソコンにしました。

このパソコンについては、そのうちTakeちゃんがTakechan☆House
で報告すると思いますのでワタシは詳しく書きませんが、これだと河原にも持って行けるので、皆が集まった時に、写真や動画を編集したり、いろいろ出来て楽しそうです☆
そんな、“想い出工房やませみ”プロジェクトにあれこれ思いを馳せながら、川に行けない憂さを晴らした一日でした。

7月26日(日)
北九州や山口県に大きな被害をもたらしている雨ですが、静岡は今のところ大きな被害もないようで安堵しています。
今日も天気予報では「雨のち曇り」とのことでしたが、朝からカンカン照りになり、湿度も高く、真夏の暑さ・・・バンパイア体質で太陽は苦手なのに、こんな天気の良い日曜日に川に行かないで家にいると、なぜかイライラがつのってきました(^-^;

そういったわけで、興津川に行ってみることにしました。
a0056140_22383582.jpg
興津川はだいぶ水位も下がってきたようですが、濁りも強くて、通常よりも80センチぐらい水位が高いようです。
『土村キャンプ場』の瀬も、こんな感じになっていました。
それでも、子供達が夏休みに入った最初の日曜日とあって、キャンプ場は家族連れで大賑わいです。
a0056140_23245319.jpg
木陰に腰掛けてボーッと河原の賑わいを眺めていると、(“平和”って良いなぁ〜)と思うのであります。

天気予報の通りに「曇り」になることを期待して、渓流釣りのエサを用意してきたTakeちゃんですが、天気は一向に悪くなりません( ̄▽ ̄;)
でも、せっかくだから、渓流釣りをすることにしました。
ワタシも渓流の仕掛けを持ってきたので、久しぶりに渓流竿を振ってみようかな…。

そんな、軽〜いノリで始めたのですが、ちょうど水の引き加減が良かったのか、アマゴの食いが良くて釣れちゃいました\(⌒▽⌒)/
a0056140_22593744.gif
たまには弟子よりも釣って、師匠らしいトコを見せとかないとね〜f(^-^;
ワタシが釣った21センチぐらいのを頭に、あと2匹だけキープし、夕食の時に唐揚げにして美味しく頂きました。

さて、完全に白川になってリセットされた興津川は、果たして、どんな風に変わっているのでしょうか?
おととしの台風4号の時に砂で埋まってしまったところは、砂が流されて、元通りになったでしょうか? それとも、さらに砂が蓄積されたーーーなんてことは、ないですよね!
来週末に興津川を訪れ、早くこの目で確認したいと思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-07-26 23:29 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(22)

今期初めて気田川に行きました・・・が・・・( ̄▽ ̄;)

7月18日(土)
今日から3連休なので、急遽、「気田川」に行くことに決定!
昨日は雨だったけど、笹濁りなら去年も経験してるから、なんとかなるっしょ! 
ーーーという具合に、中道師匠に事前連絡もしないで、一路、気田川へ〜\(⌒▽⌒)/

ところが、川を見てビックリ!Σ( ̄□ ̄;) 薄茶色に濁っています。
『中道おとり店』に着くと、玄関先でKINさんが4本イカリを巻いていました。
やっぱり、いつ来ても、馴染みのある人が、しかるべきところに居る風景っていうのは、心が和みます〜( ^▽^)
話を伺うと、気田川の上流に2つのダムがあり、放水している為、濁りが出ているとのこと。

しばらくして、中道師匠もいらっしゃいました。
ワタシ達を見るなり、「ありゃ〜っ、一番悪い時に来ちゃったねぇ」とおっしゃいました。
いやいや、連絡もせず、強行に来ちゃったワタシ達が悪いのです。ハイ。
明日は気田川漁協の大会があるので、放水を止めてもらうように話がついたとのこと。
Takeちゃんは、気田川本流での釣りを楽しみにしていたのですが、仕方がありません。
熊切川では釣ったことがあるので、今日はワタシも初めての「杉川」に行くことにしました。
久しぶりに中道師匠や奥様のお顔も拝見出来たことで、気田川に来て良かった〜と、釣りをする前から満足感いっぱいになってしまったワタシ達は、せっかく出して頂いた美味しいお茶も飲みかけにしてしまいました。あ〜、それが心残りです。大変失礼しましたm(_ _)m
a0056140_11482137.jpg
杉川も笹濁りで、石もほとんど見えません。
でも釣っている人が数人いたので、ワタシ達も川伝いに上流のほうに行ってみると、瀬で釣っていた釣り師がこっちを見て挨拶しました。「気田川金曜会」のノリ君でした。(↑の釣り師です)
もう7匹ぐらい釣ったとのこと。増水して川底も見えないのに、さすがですね〜。次世代の気田川を担っていくノリ君! 初めて会った頃より随分と成長して、逞しくなってきました。今後の活躍が楽しみです。

瀬が良いみたいなので、ワタシも最近会得したエセ引き釣りで攻めてみました。
すると、小気味良いアタリがあって、掛かりました〜\(⌒▽⌒)/☆
a0056140_1263946.jpg
杉川で釣った初めての鮎です。
釣ってすぐにプゥ〜ンと”すいか”の香りがして、「コレよコレ!!」って、嬉しくなっちゃいました。鮎はやっぱり、「香りが命」ですよね〜♪a0056140_134159100.jpg

そうそう申し遅れましたが、ワタシ、この度初めて”My カメラ”を買ったのです♪ 自分のブログに載せる写真ぐらい自分で撮らないと…と思い、防水で軽量のFUJI FILM FINEPIX Z33WPにしました。ネットでの評判は「風景が青っぽく撮れる」ということでしたが、なにしろリーズナブルな価格なので、文句は言えません。
この「杉川での初アユ」の画像が、フジちゃん(←Myカメラの愛称)の初仕事になりました☆

午前中の釣果は4匹でしたが、いずれもアタリが良くて、楽しい〜〜♪
最近の興津川では、「瀬を引いて、アタリがあったらジッと待つ」釣りを強いられていたので、この杉川のアユみたいに”素直な追い”をしてくれるアユの、可愛いこと!!

午後からは、ちょっと下流に行ってみることにしました。
気田川本流との合流点にほぼ近い瀬で鮎師が竿をたたんでいたので、挨拶をしながら話を伺うと、「杉川はね、ああいった白泡が立つような瀬でしか、鮎が釣れないんですよ。0.3号の糸に5号のオモリを付けて引いたら、すぐこのくらい釣れます。」とおっしゃりながら、友舟からタモに鮎を出して見せて下さいました。20匹近く釣っていらっしゃいましたが、20センチぐらいの良型揃いです。
「今日はもうこれで満足ですから。」とおっしゃりながら背を向けた時に、ベストの背中に「ちゃらんぽらん」の文字が…。
どこかで聞いたことがあるチーム名だと思ったら、後でTakeちゃんが、「この前のマスターズで上位のほうに、そんなチーム名があったよ」と教えてくれました。
単細胞なワタシは、その「ちゃらんぽらん」氏の教え通り、おそらく彼が釣り切った後であるかも知れない”白波の瀬”を釣り始めました。
もちろん、全然釣れません(T_T)。
そうだ! 言われた通り、オモリを付けて引いてみよう・・・そしてオモリを付けて引いたら、ようやく掛かりました!
…っが、痛恨の顔&目掛かり!( ̄□ ̄|||)
その上、午前中よりは濁りが薄くなったとはいえ、まだ笹濁り状態だし、川の状態もよくわからないのに加えて、そこの瀬は数カ所に鉄の棒らしきものが立っていて、根掛かりも多発です。
その度に根掛かりを外しましたが、対岸の荒瀬の下に引っ掛かってしまったのは外れなくて、泣く泣くオトリごとロストしてしまいました。
そうやって苦戦していたワタシのところにTakeちゃんがやってきました。

「ツ抜けしたから、ちょっと渓流釣りをしてみるよ。」

ナニ〜ッ?! ツ抜け〜〜??
「ホトちゃん、今朝から『今日は黒い石が釣れる』って自分で言ってたじゃん。ホラ、手前の、浅いところに見える黒い石に鮎が付いてるよ。」
「だってぇ〜、”ちゃらんぽらん”の人が、白泡の瀬って言うからぁ〜・・・(T_T)」
「その人が釣った後をやってもダメだよ。未使用のオトリがあるから、それを使って、手前の黒い石を釣ってみたら?」
Take弟子からオトリをもらって浅い所の黒い石を釣ったら釣れました♪
a0056140_14411161.jpg
ふぅ〜っ、人の言葉に惑わされちゃ、イカンね!(^-^;

結局、ワタシは7匹、Takeちゃんは11匹という釣果でしたが、初めての「杉川」で楽しい釣りが出来て、プチ遠征してきた甲斐がありました。

「今度こそは、気田川本流で釣りたいね☆」
Takeちゃんの、「気田川本流への道」は、まだまだ続くのであります。

7月19日(日)
今日は興津川に行きました。
昨日も午後から陽射しが強くなって暑かったけど、今日も「曇り」という天気予報が外れて、カンカン照りの真夏日になりました。
「釣果はともかく、日陰で釣りたいっ!」ーーーそんな微かな希望を胸に『大網』へ行きました。
a0056140_155150.jpg
実は昨日、Takeちゃんの「トライアン鮎7.5m」をちょこっと使わせてもらって、その感度の良さと、オモチャのように簡単な操作性が気に入って、今日はワタシがトライアンを使わせてもらうことにしました。
師匠のワタシにトライアンを取り上げられたTakeちゃんは、泣く泣く「エアエッジ」を使っております。(苦笑)

さて、7.5mという短さですので、右岸の木の下に座ってオトリを送り出すのも容易です。9mでは、木の枝に引っ掛かっちゃいますから…。
お〜っ、短竿は楽チンだわ〜と嬉々としていたら、岩の裏で大きなアタリがあり、掛かった瞬間、「ブチッ!」と何かが切れる衝撃がありました。
オトリを手元に引き寄せてみると、ハナカン周り糸から、逆さ針が消えてなくなっていました!Σ(◎o◎;)
こんなことは初めてですが、ワタシの仕掛け作りが悪かったのでしょう。 今後気をつけなければ…!
それにしても、1匹目をバラすと、調子狂っちゃいますね〜。
その後、1匹釣って、しばらく沈黙の時間が過ぎ・・・。やっと掛かった〜☆と思ったら、まさかのキャッチミスですよ! そういえば、今日はトライアンを使っているってことを忘れていたわ…。竿の調子が違うと、微妙に引き抜きもコントロールが違いますね。

そんな苦戦しているワタシをよそに、エアエッジを押しつけられたTake弟子は、掛かるパターンをつかんだらしくて、瀬で4連チャンです。
恐れ入りました〜m(_ _)m

さて、ここでお昼休みを取ることにしました。
『大網』もイマイチだし、移動しようかどうしようか、二人で頭を悩ませました。
でも、この陽射しと暑さなので、まともに太陽を浴びて釣っていたら、身体を壊しちゃうーーーと思い、『大網の吊り橋下流』で、日陰になっているところで休みつつ、釣ることに決定しました。
a0056140_15361330.jpg
これは、フジちゃんで撮った、無修正の画像です。
晴天だと、このように青みがかってしまうようです。おまけに四隅が黒っぽく陰になっていて、ちょっと古めかしい雰囲気をかもし出しています。
そんなフジちゃんですが、水中を撮ったら、すごく良い感じなんですよ〜☆
a0056140_15394657.jpg
もちろん遠くは撮れませんが、水中の、普段見られない視点で撮れる写真は、なかなか面白いです。
a0056140_15414686.jpg
これは昨日、杉川で釣った鮎をタモの中に入れ、水中で撮った画像ですが、とても鮮明に撮れてるんですよ。
でも、鮮明過ぎて、ハリの掛かった傷が赤く痛々しいので、Takeちゃんが白黒にしちゃいました。
どの鮎も”カメラ目線”になっていて、面白いですね(⌒-⌒)

とにかく、ちょっとの日陰に身を寄せながら休み休み釣って、午後から5匹釣ったのですが、Takeちゃんもボウズハゼを4連チャンで釣った後、疲れがドッと出たらしく、まだ4時前でしたが、今日は早仕舞いすることにしました。

そういえば、今日は「土用の丑の日」です。
梅雨のせいか、体調がパッとしないワタシの為に、Takeちゃんが某所で天然ウナギを買ってくれました。
明日はゆっくり休んで、ウナギを炭火で焼いて食べて、元気を取り戻そうと思います。

7月20日(月)
朝から、茹だるような暑さです。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」ならぬ、「パイレーツ・オブ・スルガワン」のようなTakeちゃんが、ウナギを捌いてくれました。
a0056140_1603023.jpg
ワタシも肝を開いて洗ったり、頭を開いてエラを取ったりと、ほんのちょっとだけお手伝いしました。
a0056140_1634065.jpg
貴重な天然ウナギです。
夕方、外で七輪で焼く予定にしていましたが、4時頃から雨になったので、仕方なくガスコンロで蒲焼きにしました。
一切れだけ、Takeちゃんのお母さんにお裾分けし、あとは、頭の先からシッポの先まで2匹分、Takeちゃんと二人でペロリと平らげてしまいました。あまりの美味しさに、パクつくのに夢中で、写真を撮るのを忘れてしまいました(^-^;a0056140_16124939.jpg

明日はTakeちゃんのお母さんの80歳の誕生日です。
バースディケーキを作るのに、小さいスポンジケーキを焼きました。
近所の買い物に行く時は車も運転するし、記憶力も抜群で、同年代の女性と比べたら、驚くほど若々しいのですが、やはり足腰が弱ってきているようで心配です。
ワタシの母の分まで長生きしてもらえるように、ワタシに出来るだけのことはして差し上げたいと思いながら、明日は心を込めて、ケーキをデコレーションしたいと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-07-21 16:47 | 鮎釣り | Comments(14)

「引き釣りって、気力と体力が要るのね〜」の巻

7月11日(土)
Takeちゃんが”寝違え”ちゃって、首が回らなくなっちゃいました(;_; ))(( ;_;)
左右に首を回すことがほぼ不可能だし、上を向くのは全くムリで、かろうじて、下を向くことは出来るとか…。
「鮎釣り、ムリなんじゃない?」というワタシに対し、「大丈夫!!」と言い張ります。
しょうがないわね〜(- -;) ワタシが運転して、興津川に向かうことにしました。a0056140_14155338.jpg

『茂野島橋』から川を見ると、解禁以来初めてたくさんの鮎が見えましたので、俄然ヤル気に…(^-^;
久しぶりに勝治さんと一緒に竿を出しました。
・・・が、野鮎のアタリはあるのですが、”ケラレ”多発…。こんな時、どうすればいいのでしょう。
そういえば、ハリを変えてみれば良かったかも…。
今頃気がついても、遅いわよね〜、まったく(^-^;

そんなこんなで、ワタシは午前中、チビちゃんが1匹しか釣れず・・・。『茂野島橋』下流の瀬も果敢に攻めたのに、反応ナシでした。
勝治さんでさえ、6匹です。
まわりも釣れていなかったので、午後は、先週良かった『但沼』に行きました。

しかし、『但沼』の、先週好調だった”瀬”のポイントでは、掛かる鮎があまりに小さくて、ビックリ!
誰か釣り切っちゃったのかもね〜。

野鮎が全て小さいので、1匹しか買わなかった養殖オトリをずっと使ったままです。
ふと上流を見ると、Takeちゃんが掛けているようです。いよいよオトリがダメになったら、Takeちゃんにオトリを譲ってもらおうっと♪

そう思いながら、ずっと釣り下っていって、『但沼の橋』の下に来ました。
思い切って瀬の流芯に鮎を入れたら、ガガ〜ンっと強いアタリが・・・。
オオ〜ッ、コレ、コレ、このアタリよ〜、大きい鮎がキタ〜ッ!!
もう嬉しくって、引き抜き体勢に入り、余裕で引き抜こうと竿を立てたら・・・「カーン!」
竿先が、橋に当たっちゃって、その反動で野鮎が外れちゃいました〜!Σ( ̄□ ̄|||)
おまけに、今まで頑張ってくれていたオトリ鮎クンも、とたんに疲れが出ちゃったみたいです。ゴメンね〜、オトリ鮎クン。
アーア、それにしても、せっかくの良型だったのに…。
意気消沈して、ふと後ろを振り向くと、Takeちゃんがこちらに歩いて来ました。
おお〜っ、いいトコに来てくれたわね〜、さすが、我が”弟子”!!
「ちょっと1匹、オトリ貸して〜☆」と、元気鮎を1匹せしめ、早速、さっきと同じポイントに沈めました。
すると・・・。
a0056140_14411590.jpg
すぐ掛かっちゃいましたよー! ガニ股でお恥ずかし〜っ( ̄▽ ̄;)
足元は大きい石がゴロゴロしているから、カッコつけていられないのです。踏ん張るので精一杯!!
その後も3連チャンです♪ やっぱり、流芯に強い鮎が残っているのね〜☆ 楽し〜い♪♪
a0056140_1455108.jpg
こんな良型の鮎サンですよ(⌒-⌒) ず〜っと、こうゆうのに恵まれてなかったから、喜びもひとしおです☆
a0056140_14571323.jpg
こちらはTakeちゃんの釣果です。
ワタシもTakeちゃんも、今日は8匹ずつでしたが、ワタシの場合は、Takeちゃんに1匹オトリを借りて釣って、やっと8匹になったわけですから、Takeちゃんの勝ち!ですネ。
Takeちゃんは首が回らない状態でしたが、果敢に流れの強いところばかりを攻めたそうでして、なかなかの良型鮎ばかりを揃えてきました。

よ〜し、明日も”瀬”を釣るゾォ〜\(⌒▽⌒)/
そう心に強く誓ったホトトギスでありました。

7月12日(日)
今日は、解禁の頃に比較的良型の鮎が釣れていた『白扇閣前』に行くことになりました。
a0056140_15234859.jpg
ちゃんと瀬を攻めたのに、ウンともスンとも言いません。
この画像のワタシの上流で釣っていらっしゃる方がポツポツと釣っていらっしゃったので話を伺うと、「最近はこんな小さいのしか釣れなくなっちゃいましたよ。」とおっしゃっていました。
解禁以降、ずっと人気のポイントなので、釣り荒れちゃったんでしょうね。
結局、午前中頑張ったのですが、Takeちゃんもワタシも1匹ずつ(それも15センチぐらいの鮎)しか釣れませんでした。
「どうせどこも厳しいなら、初めてのポイントでも行ってみようか」ということになり、『清地の吊り橋』に行ってみることにしました。
a0056140_15405570.gif
『三明裏』と呼ばれているポイントには釣り人が集まっていましたが、『清地の吊り橋』上下は混んでいませんでした。
ここは比較的大きい岩がゴロゴロとしているポイントです。
Takeちゃんは吊り橋上流、ワタシは吊り橋下流に入りました。

吊り橋下流には、ワタシがいかにも好きそうな「大きい石がポツポツとある水深のあるトロ瀬」があるのですが、最近のワタシは、「トロ場」とか、「浅瀬」では、釣れそうな気がしません。
吊り橋下の、その瀬でも、もっとも白波が立っているガンガンしたところにオトリを沈めました。
すると、引ったくるような、強いアタリがあり、20センチぐらいの鮎が釣れました☆
その鮎をオトリにし、同じポイントに入れると、またもや鮎が掛かります!!
その引きの強いこと! 
しかし、これまた足元がゴロゴロしているので、ちょっと下がるのが大変です。
それに、白波ガンガンにオトリを入れるのはいいけど、もし根掛かりしたらどうしよう…とか思って神経をすり減らすし、とにかく、”荒瀬”を釣るのは疲れます(;´▽`A``
もう、2匹釣った時点で、なんだか満足しちゃったというか、疲れてしまったというか・・・。
スー師匠が最も好きそうなポイントだけど、こんなトコばっかり釣って、疲れないのかなぁ…。
そんなこと考えながら釣ってると、掛かったあとの対応がワンテンポ遅れてしまい、バラしてしまい…。
気合いを入れながら、再度挑戦すると、掛かるんですが、足元も流れが速いし、岩ゴロゴロだし、もぉ〜、楽しいけど疲れちゃう…( ̄▽ ̄;)

そこより少し下流のトロ瀬の前に立ったワタシは、もはや、そんなところには釣れる鮎がいないのではないか…とさえ思ってしまうようになってしまい、しばし、竿を出すのもためらってボ〜ッとしてしまいました。
その後も、強い瀬を探して下流へ下り、とうとう『清地モータース裏』のところまで来てしまいました。
途中、ガンガン瀬がなくて、内心、ガッカリしながら…。

そんな「荒瀬探し病」にかかっているのは、どうやらワタシだけではないようです(苦笑)
7月11日付けの、よしよしさんのブログを読んで、似たようなことが書いてあるので、「興津川」と「藁科川」で、川は違うけれども、丸々引用して、「以下同文!」としたかったぐらいです(爆)。

よしよしさんのブログはココをクリック

その中でも、特に「同じだわ〜☆」と思う箇所がココ↓

「近頃、最初にポイントを見る目が変わってしまいました。
まっ先に気になるのが、瀬肩だったはずが、白泡暴れる荒瀬に向いてしまう。
只今、荒瀬練習中なので、それはそれで良いのだけど、
普通の釣りのポイント手順がわからなくなりそうで怖いです。」

ただし、「気力」と「体力」に自信がないワタシは、きっと長続きしないかも知れませんが・・・。

そういった感じで、『清地吊り橋』付近は、初めてのポイントでしたが、鮎の型も良く、綺麗で、岩はゴロゴロで、とても気に入りました☆
a0056140_1991757.jpg
Takeちゃんが釣ったベッピン鮎ちゃんです♪
Takeちゃんは5匹、ワタシは6匹しか釣れなかったけど、楽しかったから良し!!ーーーとしましょう(⌒-⌒)b

そんな、楽しい鮎釣りを実践しているTakeちゃんが、こんなロゴ作っちゃいました!
a0056140_19165991.jpg
香魚さん、気に入っていただけたでしょうか?(⌒-⌒)/
[PR]
by hototo-gisu | 2009-07-14 19:26 | 鮎釣り | Comments(21)

新技、”エセ引き釣り”で釣果アップなるか…?

7月4日(土)
天気予報では「曇り、午後から雨」のはずだったのですが、朝から晴天で、”鮎釣り日和”。
興津川に着くと、通常より10センチぐらい増水しているようです。
a0056140_14494912.jpg
『黒川合流点』上流の橋下から釣り始めました。
いつもなら、ワタシが立っているところは砂利で中州になっているのに、今日は水没しています。
橋の上から川見をしても、石垢は残っているようなのですが、鮎は見えません。いるのかなぁ…?
昨日はこの付近で良く釣れたみたいだし、宮ちゃんも、「釣れると思うよ〜♪」と言っていたので、その言葉を信じるしかないでしょう。

オトリを流れに放ちました。
増水のせいで、得意な「泳がせ釣り」は今日は無理と諦めて、とりあえずオトリを下流から上流に引いてみます。
すると、ものの5分も掛からないうちに1匹掛かりました♪
青白い、小ぶりの鮎です。きっと大きい鮎は釣り切られちゃって、今日は、このくらいのサイズばかりかも…。

この辺は川幅も狭いので、丁寧に探っていくことにしました。
(鋭角釣法はこんな感じなのかな〜)とか思いながら、流れの筋を順番通り引いてみたけど、全然反応ないし…。
それじゃあ、見たことがない「直角釣法」だ〜! ーーーと、やろうとしたけれど、よしよしさん曰く、「竿一本分自分の下流にオトリを置いて…」ってことでしたが、それって、やっぱり見てみないとわかんな〜い( ̄▽ ̄;)
「えーい、よくわからないから、途中からやっちゃえ〜!」などと言いつつ、下流の中途半端なところにオトリを置いて、なんとなく横に泳ぐように演出してみたり…。
そんな、いい加減な技を繰り出しながら、やっとのことでツ抜けし、なんとか14匹釣ることが出来ました♪
a0056140_15355775.jpg
さて、Takeちゃんですが、ワタシのすぐ上流で釣っていたのですが、なぜかワタシの釣る鮎よりもひと回り大きい鮎を釣っていたのです!
a0056140_1539451.jpg
「鮎釣りで、初めてアマゴが掛かったよ〜♪ アマゴ込みで、”ツ抜け”だよ〜(^-^;」と、Takeちゃん。
たぶん、総重量で比べたら、Takeちゃんのほうが間違いなく勝ってますねー( →_→)
Takeちゃんは7.5mのトライアンで釣っていますが、竿が短い分、普通の鮎師が使っている9mの竿が探るポイントと微妙に違っていて、ある種、竿抜けになっているところの鮎を掛けているのかも知れません。
だから、ワタシが釣る鮎よりも、ひと回り大きいのかも…。
う〜ん、「短竿」、なかなか魅力的かも〜☆

7月5日(日)
今日は曇り♪ 
バンパイアのホトトギスには、ありがた〜いお天気です(⌒-⌒)v
静岡県知事選挙の投票を済ませて、いざ興津川へ〜!
しかし、興津川に向かう最後のトンネルを抜けると…なぜか「カンカン照り」になっちゃってました(T_T)

「どこに行く?」
「車から降りて、その前で楽に釣りしたい・・・」

ただそれだけの理由で、『和田島橋』の下流で釣ることにしました。
瀬肩の波立ちから始めましたが、そもそも、鮎が全然見えません。
ここら辺は、追いが渋い時でも、普段なら鮎がたくさん見えるポイントなのに…です。
Takeちゃんは早々に見切って、下流の瀬を目指して下って行きました。
ワタシもなんとか2匹釣ったのですが、それ以上は無理そうなので、Takeちゃんを追いかけて下流に向かいました。
下流のほうは、ホレボレとするような石が底に沈んでいる深瀬や、小石がびっしりと敷きつめられた瀬があり、鮎が多い年には楽しい思いが出来そうな場所です。
なのに、ここでも鮎が見えません。
では、瀬の流芯にいるのでしょうか?
Takeちゃんは、瀬の流れが絞れた所で1匹掛けたと言っています。
じゃ、ワタシも流芯を釣りますよ〜( ̄^ ̄)/
何だか良くわからない引き釣り…名付けて「エセ(似非)引き釣り」を繰り出して、オトリを流芯に沈めて、引っ張ってみました。
すると、来ましたっ! ーーーーん〜? 流芯に付いてる鮎なのに、ちっちゃ〜い!( ̄□ ̄;)
そして、また引くと・・・・・これまた、チビちゃんが釣れました。

「もう少し大きい鮎が釣りたいね。」というわけで、場所移動することに決定。
移動する前に、おにぎりを頬張っていると、突然、Takeちゃんが立ち上がり、「アーッ!!」と何かを見つけたようです!(◎o◎;)
「えっ? 何? 何?」 
Takeちゃんが珍しく興奮状態で「激流で有名な、えっと、がまかつの、高・・・なんとかサンがいる!!」と言ってます。
へぇ〜っ、Takeちゃん、高塚さんが好きだったの〜?! 知らなかった。
細山長司さんが好きなのは知ってたけどね〜。
a0056140_1712556.jpg
明日、がまかつの大会があるらしくて、和田島橋の下では、がまかつの「のぼり旗」を立てる準備をしています。この画像の真ん中で白いTシャツを着ていらっしゃるのが高塚さんです。

「どうして高塚さんが好きなの?」
「”激流のプリンス”の”プリンス”って言葉はキライなんだけどね〜、激流を釣る姿に憧れるじゃん。自分はとても出来ないからねー。以前勤めていた会社の先輩に顔が似ているし、どことなく”昭和の香り”のする風貌が良いんだよ〜。」
「ふう〜ん、そうだったの。」

高塚さんのことが心残りながらも、下流のほうに場所移動することにしました。
『小島中学校裏』で釣るつもりでしたが、もう人がいっぱいで、竿が出せそうにありません。
しかたがないので、『但沼』に行きました。
川を見ると、鮎がたくさん見えます☆
コレよ、コレ! 鮎が見えなきゃ、やる気が出ないっちゅうもんよ〜(笑)
a0056140_1730406.gif
深い所の黒い石まわりや、対岸の黒く見える所に、鮎が見えています。
見える鮎を狙って、『高瀬』では痛い目に遭ったけれど、ココの鮎は釣れるのかどうか…。
竿を出してみることにしました。

すると、ポツポツだけど、掛かります♪
たくさん見えていても、掛かる鮎は限られているみたいなので、思いきって、瀬を攻めてみました。
a0056140_17354118.jpg
またまた、「エセ引き釣り」を繰り出し、流れの束になっているところにベタ竿でオトリを沈め、引き上げます。
すると、ガガガガーンと、掛かるではありませんか!Σ(◎o◎;)
引き抜くと、なんと、哀れにも、口掛かり・・・。三本イカリなので、深く刺さって、目の下をハリが貫通しています。
よしよしさんのブログに、確か、「瀬で釣った鮎はほとんど口掛かり・・・」って書いてあったわ…。
同じように、瀬を引くと、またしても口掛かり! そして、その次も口掛かりでした!!ちょっと残酷なんですけど…。針ハリスの長さが問題? そうとも思えないのですが…。

いっぽうのTakeちゃんは、深い早瀬に沈む石につく鮎を狙っていました。
「オモリ使いの練習♪」と言って、オモリを付けて釣り始めた途端、「掛かった〜!」と叫んだので振り返って見てみると、竿が大きくしなっています。
それについて下ろうとした瞬間、糸が切れてしまいました。

「Takeちゃん、昨日から仕掛け、替えてなかったでしょ? ワタシに遠慮しないで、どんどん新しい仕掛けを使ったほうがいいよ! 瀬を引くと、どうしても石に擦れちゃうから…。」

こんな失敗も、Takeちゃんにとっては良い経験です。
オモリも初めて使ったそうですが、今後の釣りにまた新たな材料が増えて、勉強になったようです。

今日はワタシが11匹、Takeちゃんは親子ドンブリで6匹という釣果でした。
ワタシも今後、積極的に「エセ引き釣り」を繰り出して、「エセ」なりにも、ちゃんと釣れる釣技として、しっかりと身に付けたいと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-07-06 19:59 | 鮎釣り | Comments(25)