~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>坪ちゃん こんばんは..
by hototo-gisu at 22:16
芸術は爆発だー!って言い..
by 坪ちゃん at 11:08
>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 00:10
〉柔軟性に富んだ発想 ..
by よしよし at 19:58
>kaiさん こんに..
by hototo-gisu at 16:26

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

渓流釣りの時に出会った、安倍川の鮎を釣りたくて…☆

8月29日(土)
いよいよ今日は安倍川に初釣行です!
春にアマゴを釣りに行った時、無数の鮎の稚魚が、ワタシ達の足下を遡上しているを見て、(今年は安倍川が狙い目かも〜♪)と、密かに目論んでいたのであります(^-^)
ーーーとはいえ、安倍川で鮎釣りをするのは、ワタシも初めて…。
「安倍川の鮎は、引きの強さが違うよ〜!」と、以前、藁科川でお会いした釣師がおっしゃっていたのを思い出し、富士川や大井川でも通用するような仕掛けを用意して、出陣しました。
a0056140_11264956.gif
私達が目指すポイントは、ずっと上流の方ですが、一応、安倍川本流の鮎釣りのメッカである『竜西橋』から、川見をしてみました。
県内の他の河川は、すでに垢腐れしている所も多いというのに、この川はまだ垢が付き始めたばかりの様子です。
a0056140_11315373.jpg
よしよしさんも安倍川にいらっしゃるということをお聞きしていたので、ケイタイに連絡してみたら、なんと今から、まさに、その竜西橋下から入川しようとしていたところだとのこと!!
ん〜、これぞ、“シンクロニシティ”ですよ!
「爆釣」の前触れかも〜♪
ワタシ達は、上流に向かう予定を急遽変更して、午前中だけご一緒させて頂く事にしました。

この川も、富士川と同じような大規模河川ですが、河原の石が小さくて、とっても歩きやすいところが気に入りました♪ 車で川のそばまで近寄れる所もグーです♪♪
本流とは言っても、流れがいくつかに分かれているので、まずはそんな分流の一つで竿を出してみました。
a0056140_11463244.jpgすると、こんなにちっちゃい鮎ちゃんが背掛かりで釣れました!安倍川の“初鮎”はコレですか(^-^;
サイズはともかくとして、よしよしさんがおっしゃっていた「背中が紫色の鮎」に会いたいな〜☆
…そう思って、よしよしさんとスー師匠が釣っていらっしゃる本流筋で竿を出すことにしました。

そこは、流芯はまだ垢が付いていないように見えました。
対岸にいらっしゃる、よしよしさんとスー師匠も、流芯とヘチ(垢が付いて茶色に見えている所)の境で鮎を掛けていらっしゃるように見えたので、ワタシも真似をしてそういうところを狙ったら、16センチぐらいのが1匹釣れました。
そのうちに対岸のスー師匠が移動なさったので、精一杯立ち込んで、対岸のスー師匠が釣っていらしたと思われるところに竿を出すと、今度は17センチぐらいのが掛かりました。

その後、スー師匠の勧めで分流のチャラ瀬を釣り、Takeちゃんは7匹、ワタシは5匹でお昼休みにし、午後は上流に向かうことに・・・。
よしよしさん、スー師匠、勝手にお邪魔致しまして、いろいろとありがとうございましたm(_ _)m

さて、よしよしさんがおっしゃっていた「背中が紫色の安倍川の鮎」に、上流で会えますでしょうか…。

目指すポイントには、誰もいませんでした。(っていうか、上流部は釣師が少ないようです。)
果たして、釣れるでしょうか…。
ここも流芯は白川のようになっていて、ヘチにハミ跡が見られます。
ハミ跡は多くはないけど、型は大きいようです。
ここは一本瀬になっていて、流れが速いのですが、石裏のわずかなタルミから瀬を横切らせていると掛かりました!
a0056140_13525684.gif
20センチを超えた鮎です。このくらいのが、ほぼ5メートルぐらいの区間1カ所だけで5匹釣れましたが、他の場所では全然釣れません。どうしてなんでしょう?
瀬が得意なTakeちゃんも2匹釣っただけで、お手上げです。早々に鮎釣りをやめて、渓流釣りを始めちゃいました(苦笑)

期待していたほどの強いアタリもなく、「背中が紫色の鮎」にも会えませんでしたが、春に出会った稚鮎が大きく育ったのでは…と思われる鮎を釣ることが出来たので満足でした。

上流で釣った良型鮎はTakeちゃんのお母さんに差し上げて、ワタシ達は、『竜西橋下』で釣った鮎を塩焼きにして食べてみたのですが、思いのほか美味しいのに驚きました!
普段は腹ワタを食べないTakeちゃんですが、美味しくいただけたようです。砂もありませんでした。
あのチャラ瀬の垢が良かったのでしょうか…?。
爆釣の期待は幻想に終わってしまったけど(苦笑)、美味しい鮎が食べたくて釣りを始めたワタシにとって、この安倍川の鮎に出会えたことは、とても嬉しい出来事になりました。

8月30日(日)
ここのところ、土曜日は浮気ばかりして、他の河川に行っているワタシ達…。
さぞや、“ホームリバー”興津川の神様は、怒り心頭でいらっしゃることでしょう( ̄▽ ̄;)
お気持ちはわかりますが、どうぞ、お手柔らかにお願いしますね〜☆

選挙の投票を済ませて、のんびりと出掛けました。
目指すは『黒川』だったけど、青ノロがヒドいというので、『自治会館前』で釣ることにしました。
入川してすぐに3連発! 今日こそは爆釣か〜♪・・・と思うも、後が続きません(T_T)
そんなパターンで、午前中8匹。
『ツ抜け』は出来るでしょうけど、果たしてどのくらい釣れるでしょうか?
a0056140_16535486.jpg
Takeちゃんは相変わらず「瀬」を中心に攻めています。
午前中は芳しくなかったようですが、ここで結構釣ってたのねー。
あっという間に『ツ抜け』達成して、早々に竿を畳んじゃってます。

ワタシはというと、Takeちゃんが釣った後とも知らず、同じところを攻めて撃沈。。。
ところが、その下の瀬の落ち込みで3連発で、やっと12匹になりました。フーッ042.gif

そんな貧果なワタシをよそに、ニコパさんからメールが来てました。(翌朝気がついたのですが…)
「午後から土村で32匹、詳しくはブログで」
ヒェ〜ッ、土村ですって?!Σ(◎o◎;) 
ワタシ、お昼は『土村キャンプ場』に車で行ったのですが、この夏一番の賑わいで、WCをお借りするのに、車を停める所に困ったくらいだったんですよー。
川も「ビーチ化」して、鮎釣り師なんて入り込む隙間もないくらいだったのに、あそこで釣ったんですか! さすが、「男・ニコパ」根性あり過ぎです。
「悪魔じゃ〜!」じゃなくて「天使じゃ〜♪」って叫んでますね、きっと(爆)

そんなこんなで、興津川の神様のお怒りは、それほどでもなかったようです。ホッ(^-^;

残るは、9月の連休に「気田川本流」を釣ることが出来れば、ワタシ達の今年の鮎釣りの目標がすべて達成出来ます。
どうか大きな台風が来ませんように・・・☆
[PR]
by hototo-gisu | 2009-08-31 17:33 | 鮎釣り | Comments(13)

ホトホト、疲れ果てました〜( ̄□ ̄;)

8月22日(土)
「富士川が良いみたいですよー」と勝治さんに誘われて、今日は2年ぶりに富士川に行く事になりました。
富士川の釣りは楽しいのですが、炎天下に河原を延々と歩かなくてはならないので、持病の頭痛が起きないかと、それだけが心配です。
「どうか土曜日は曇りになりますように…」
「神サマ、仏サマ、稲尾サマ〜!」なんて口走って、Takeちゃんから失笑される始末。

ああ、それな〜のに、それなのにぃ、「曇り時々雨」という天気予報に反して、カンカン照りになっちゃいましたよ〜(;д;)
車を降り、釣り道具を担ぎつつ、勝治さんは中身が満タンに入ったクーラーボックスを、そしてTakeちゃんは3人分のオトリが入ったオトリ缶も持って、例えて言うなら『茂野島橋』から『大網の吊り橋』ぐらいまである距離の、岩がゴロゴロした河原を延々と歩き、やっと川にたどり着いた時には、皆、ヘロヘロになっていました。
そこにはニコパさんとJさんも来ていらっしゃいました。仁科川に行くのを急遽変更して、こちらにいらしたとのことです。二人とも口を揃えて「あまり釣れていないみたいですよ〜」とおっしゃっています。
a0056140_15113578.gif
「本当は、もう一つ上の瀬じゃないと釣れないんですよ」と勝治さんはおっしゃいますが、そんな上流に行く気力はどこにも残っていません。
すっかりヘタっているワタシ達を尻目に、勝治さんは目の前の瀬肩で竿を出し・・・みごと1匹目を釣り上げました!
それに刺激されたワタシ達も、おのおの釣りを開始することにしました。

・・・でも、なかなか釣れませんよ〜。
午前中、やっと2匹釣りましたが、勝治さん以外はあまり釣れていないようです。
「これから興津に行った方が釣れるかも…」と弱音を吐くも、「また荷物を背負って、来た道を車に戻ることを考えたら、釣る気力なんて残されてないよ」という話になり(笑)、覚悟を決めて午後も富士川で頑張る事にしました。
a0056140_15272731.jpg
男・ニコパ、根性を見せます!
a0056140_15285582.jpg
Takeちゃんは午後からガンガンの荒瀬を攻め、大きい鮎を掛け、それをオトリにして、また荒いところに沈めたらガーンと、さらに大きい鮎が掛かり、瀬の中で四苦八苦してしまい、掛かり鮎だけでなく、オトリ鮎もハナカンから外れて、ロストしてしまったそうです。
この画像は、上流の瀬で20数匹釣ってきた、CACの「八兵衛さん」がTakeちゃんにオトリを分けて下さっているところです。
その後、再度、その瀬を攻めたTakeちゃんは、見事、良型の鮎を仕留め、「リベンジした!」と満足そうでした。
ワタシも、「鮎銀行の頭取」勝治さんに、「無担保&返済免除」でオトリ鮎を2匹お借りし、なんとか7匹釣りましたが、同じ20センチクラスの鮎を興津川や狩野川で掛けた時よりも引きが強くて、スリリングな鮎釣りを堪能出来たので、楽しかったです♪
その勝治さんは、なんと28匹も釣ったそうで、ホント、恐れ入りましたm(_ _)m
今日は、クーラーを持って頂いたり、Takeちゃんの鮎竿の栓を河原で見つけて下さったり、元気オトリも分けて頂いたりと、勝治さんには大変お世話になり、ありがとうございました。

ただ・・・心底、疲れ果てました〜〜( ̄□ ̄;)
トシと共に体力が落ちてきているワタシは、もう、こんなハードな釣行は無理みたい…(T_T)
今後富士川に行く時は、釣果は度外視し、車から降りてすぐに竿が出せる所で、お楽に竿を出させて頂くことにします(^-^;

8月23日(日)
昨日の釣行がこたえて、今日はクタクタなんですぅ〜。
興津川に出掛けましたが、行楽客も相変わらず多くて、『西里』で釣る予定でしたが、西里もキャンプ客でごった返しているだろうということで、また『土村キャンプ場上流』で竿を出しました。ワタシは瀬肩で、Takeちゃんは瀬で釣り始めましたが、ワタシは一向に釣れず…。一匹しかないオトリもヘトヘトになってきました。これじゃあ、またオトリを買いに行かないといけなくなっちゃうかも…。
Takeちゃんのところに行くと、2匹釣れたとのこと☆ 持つべきは、釣りの上手いパートナーですねぇ、まったくぅ(^-^;
オトリを1匹お借りして(午後、ちゃんと“倍返し”しました)、チャラ瀬を釣り始めたら、掛かり始めました。入れ掛かりになったのですが、6匹目を空中バレさせてしまい、ピタッとつれなくなっちゃいました。アーア、ちょっとしたミスが命取りになっちゃうんですよねー。
そこが、ワタシがいつまでたっても“ヘボ釣り師”な所以であります(*v.v)

結局、午前中6匹で、午後から『土管前』と呼ばれているポイントに行ったのですが、人でいっぱいで、『土管前』のちょっと下で竿を出しましたが、な〜んも釣れず。。。
またチャラ瀬に戻って、やっと1匹釣るも、なんとも情けない釣りになってます。
かたやTakeちゃんは、果敢に瀬を攻めて、午後から5匹ぐらい釣ったみたいで、型の良いのもキープしていました。
どこでどうやって釣ったのか、Takeちゃんの解説付きで、ワタシも瀬を釣ることにしました。
そうしたら、掛かっちゃいましたよ〜♪
a0056140_16515347.jpg
弟子の指導で1匹追加とは、情けない師匠もあったもんですが、まぁ、いいでしょ、釣れれば!(苦笑)

まぁ、昨日、今日と、難儀な釣りでしたが、無事に頭痛も起きなくて、良かったです。
富士川も青ノロがありましたが、興津川も青ノロが付いて、来週からはさらに厳しい釣りになりそうな予感…。
でも今年は、これまでの興津川の厳しかった事を振り返れば、(こんな青ノロぐらい、たいしたことない)って思えてくるから不思議です。
行楽客が多いのも困ったものですけど、まぁ、残り少ない夏ですから、寛容に、共に楽しく過ごす心構えが必要かも知れません(^-^)
[PR]
by hototo-gisu | 2009-08-24 17:19 | 鮎釣り | Comments(17)

ラク〜に20匹越えると思ってたのに…(T_T)

8月16日(日)
今日はお盆休みの最終日なので、川も空いているはずーーと思って出掛けましたが、考えが甘かったみたい…。
a0056140_11152291.jpg
「皆さ〜ん、明日から仕事でしょう? 疲れるから、早く帰りましょうよぉ〜!」って言っても、ムダですか?
『土村キャンプ場』は、駐車場の隅から隅まで車で埋め尽くされ、鮎釣り師は2人しかいませんでした。
駐車場前の瀬を釣りたいところですが、瀬の上下に水遊びの人がいっぱいいたので諦めて、その上流で釣り始めました。
a0056140_11231346.jpg
Takeちゃんの右遠方に見えるのが、行楽客です。(この人達が、午後はさらに増えて、川にどんどん進出してきたのです…)

Takeちゃんを見ると、釣り始めて早々に掛けたようなので、オトリの心配はなくなった(笑)のですが、ワタシのほうは、一向に掛かりません。
最近調子がいい、流芯を攻めるパターンで釣り下ったのですが、全然掛かりません。
(さっき見かけた鮎師が釣った後かも知れない…)と思いました。
もうすぐ9月だし、NAOさんが書いてたように、残り少ない鮎釣りを味わうように釣ろうと思ったら、とたんに集中力が増してきました。
流芯を攻めるのをやめて、手前のチャラ瀬を釣り始めたら、飽きない程度に掛かって、12時に竿をたたんだ時には11匹釣れていました。

「この調子だと、20匹はカタイよね〜♪」…と思ったのが大間違い!007.gif
さっきのチャラ瀬では掛からなくなったし、もう、あの『駐車場前の瀬』を狙うしかありません!
川に入って水遊びをしている行楽客はさらに増えて、その瀬も、大きな浮き輪を抱えた水着客に荒らされそうです。
友舟を河原に浸けていたら、行楽客がその瀬に石を投げ込んでいるのをTakeちゃんが目撃しました。
これじゃあ、鮎釣りどころではありません。
「行楽客のいない場所に移動しようか…」ということで、『大網』に移りました。

さすがに、今年不人気な『大網』は、鮎師もポツポツとしか入っていません。
ワタシは暑さに参っていたので、木陰で釣りが出来るところを探して、釣り始めました。
すると、オトリを入れるなり1匹掛かったのですが、それは対岸の浅いトロ場でした。
(大網は例年通りにトロ場でも掛かるようになったのかな?)と思ったのが運の尽きです。
a0056140_11571664.jpg
Takeちゃんのように、信念を曲げないで瀬を釣っていれば良かったのに、増水後の『大網』の川底の変化も見たくて、どんどん釣り下っていったワタシ・・・。
その後は全然釣れず、大撃沈でした042.gif 友舟から1匹飛び出されて逃げられちゃったり、掛かってもバレちゃったり…。
そもそも『大網』の木陰で釣り始めた時点で集中力を失っていましたし…。
20匹はラク〜に越えられると思っていたワタシは、落ち込んでしまいました。
ニコパさん風に言うと、「悪魔じゃ〜!」ってカンジです。
(「悪夢じゃ〜」じゃないところがステキ(笑))
a0056140_1337030.jpg
それに比べてTakeちゃんは、こんな22センチもある鮎を釣っちゃうしね〜。
この鮎は「静岡2系」とは別の種類みたいに見えます。いったい何者でしょう???
すっかり落ち込んだワタシは、「腹いせ」に…じゃなかった、「運を取り戻すため」(?)、この鮎ちゃんを塩焼きにして、食べちゃいました(^-^; 増水後の鮎だからか、ちょっと水っぽかったのですが、これから日照りも続くと、鮎の味はどんどん良くなるのではないかと期待しています。

ーーーというわけで、今日は15匹…いえ、1匹放流したので、14匹という釣果でした(^-^;
Takeちゃんも同じくらいの釣果です。重量では完全に負けました〜m(_ _)m

よぉ〜し、気を取り直して、来週こそは、20匹、釣っちゃうゾ〜〜〜〜\(⌒▽⌒)/
[PR]
by hototo-gisu | 2009-08-18 13:58 | 鮎釣り | Comments(7)

やなやん軍団&チームやませみ@清地in興津川

8月13日(木)
今日から4日間のお盆休み。
いろいろとやることがいっぱいなので、鮎釣りは、2日間だけーーーということに決定。
ニコパさん、やなやんさん、香魚さん、NAOさんが興津川にいらっしゃるというので、一緒に釣りをする事になりました。

場所は『清地の吊り橋』付近。
ワタシ達がいつものように重役出勤すると、皆さんまずまず釣れているようです。
「興津川は復活のきざし…」なんて、皆に期待を持たせるような事を言っていたワタシとしては、ホッと胸を撫で下ろしました。

吊り橋の上下はすでに釣り人でいっぱいで、ワタシとTakeちゃんは、かろうじて空いていた、吊り橋のすぐ上の左岸側から竿を出すことにしました。
まだ水位が若干高くて、ガンガンの瀬になっている場所ですが、勇気を出してオトリを送り出すと、まだ数分も経たないうちに、岩の真横で「グィ〜ン」と1匹目が掛かりました!
型が良かったのと、下に下がれない状態だったので、思いっきり抜くと、タモで受け損ねてしまい、慌てましたが、なんとか外れずに取り込めました。
a0056140_2354353.jpg
こんな良い鮎が釣れたので、たった1匹なのに、すっかり満足してしまいました。
その瀬で釣り続ければ良かったのに、ラクに釣りたいと思って、トロ場に移動してしまったのが運の尽き( ̄▽ ̄;)
午前中は、これ1匹で終わってしまいました(泣)。
a0056140_02712.jpg
今日も30度を越える暑さになり、ニコパさんはとうとう泳ぎ始めてしまいました(⌒_⌒)。そして、やなやんさんが釣っているオトリのそばまで行ったりして、邪魔をするフリをしてみたり…(笑)
こんな愉快な光景を見ると、夏の休日らしくて、とても楽しい気分になります。
a0056140_0112171.jpg
Takeちゃんは、釣り始め早々にトラブルの連続だったらしく、珍しく冷静さを欠いて、午前中は釣れていませんでした。
この写真は、TakeちゃんがNAOさんに、「今日は“接待鮎釣り”だから、“ボウズ”が目標なんです!」と話していた場面だそうです。

午後からは移動しようか…とも話していたのですが、休みでどこも混んでいるはずなので、このまま釣ることになりました。
NAOさんは、すでに「ツ抜け」していたので、もしワタシ達のオトリがダメになった時に借りられるように、NAOさんに付いて行こう…と、Takeちゃんと一緒に、NAOさんの後を追ったのですが、歩くのがメチャ早いので、途中で追い掛けるのをギブアップしてしまいました( ̄▽ ̄;)
日頃から、スイミングやゴルフで鍛えている人には、かなうはずありませんよねぇ〜(^-^;
a0056140_0291056.jpg
川を釣り上がっていくと、やっとNAOさんを発見!
早瀬でバンバン釣ってます。もう20匹近く釣っていました。
ワタシとTakeちゃんは、対岸の日陰に渡らせてもらって、釣り始めました。
すると、Takeちゃんがポンポン掛け始めました。今日は初っぱなからトラブル続きで不調だったけど、調子を取り戻したみたいね♪
一方のワタシですが、ウンともスンとも、な〜んにも反応ありませ〜ん(泣)
きっとNAOさんが散々釣った後だったのでしょう。後で本人に聞いたら、そうだと言ってました( ̄▽ ̄;)

あと2匹で「ツ抜け」なのに、その2匹が釣れないんです。たぶん1時間以上釣れなかったでしょう。
午後一に入ったトロ瀬で粘ったのが悪かった…。比較的早く3匹掛かったトコなので、まだ釣れるだろうと思ったのが運の尽きです。
「昼トロ」は夕方は釣れないんです! セオリー通りなんですっ!!(^-^;
a0056140_7313636.jpg
皆はとっくに上がっているのですが、ワタシも早く上がらないといけないとわかっちゃいるのですが、あと2匹を掛けて「ツ抜け」するまでやめられません。だって、明日は釣り出来ないんだも〜ん(T_T)

下手に緩い流れでお茶を濁していても掛からないと覚悟を決めました!
・・・っていうか、最近、ガンガンしたトコでしか掛からないと思ってるし〜。
目の前の瀬で、一番流れの早そうなところに沈めたら、「キターッ!!」
・・・が、手前の大岩が気になって下がれず、バラしてしまいました。
そんなことで諦めるワタシではありません。なんてったって、明日は釣りが出来ないんですからっ!
皆、待たせててゴメンね〜!きっとすぐに掛かりますからね〜♪
そうしたら、思った通り、残りの2匹がすぐに掛かりました。
あーあ、もっと早く、この瀬に戻ってくれば、苦労しなかったのにね(^-^;

皆サン、遅くまで付き合って下さって、ありがとうございましたm(_ _)m
(ホトさんって、ホント、しつこいんだなぁ〜)と誰もがこれで認知したことでしょう。
でも今後は、今回みたいに粘らないで上がるからね〜〜。
これからは、「瀬」で早く勝負を決めようと心に決めましたから☆

香魚さんやNAOさんは20匹釣ったそうだし、皆サン釣れて満足そうでした。
「興津川復活…」なんてワタシが言うもんだから、遠路はるばる来て下さったと思うので、ほんとうに良かったです。
めでたし、めでたし(⌒_⌒)v☆
[PR]
by hototo-gisu | 2009-08-14 08:17 | 鮎釣り | Comments(10)

CACの大会に、お邪魔しました\(⌒▽⌒)/

8月8日(土)
今日はニコパさんのお誘いで、狩野川で行われるCAC(Cyber Ayu Club)の大会にお邪魔することになりました。
a0056140_15383565.jpg
会場に着くと、tomさんとなおきちさんがお出迎えして下さいました。
すでにCACの方々の車がたくさん並んでいて、「島根」ナンバーの車もあったりして、ちょっとビックリ!
「まだ水温が低いので、あまり釣れていないんですよ。」とtomさん。
川を覗くと、鮎がたくさん見えて、早く竿を出したい気持ちにかられます。なんてったって、もう三週間も鮎釣りしていないんですから〜(^-^;

早速、『安藤畳オトリ店』に行き、日券とオトリを買ってきて、川に入りました。
a0056140_15502449.gif
お〜っ、チームやませみロゴを背中に付けた三人も頑張ってますね〜(⌒_⌒)
今日はその他に、勝治さん、スー師匠、よしよしさんも参加なさっているし、tomさんや八兵衛さんとも面識があるし、ネットで親しくさせて頂いている「太ハリスの新ちゃん」にも初めてお会い出来るということで、何だか、知らず知らずのうちに、CACの皆さんにお世話になっているワタシ達であります。
a0056140_16122025.jpg
ここは『嵯峨沢橋』から200mほど上流のところで、左岸は穏やかな段々瀬、右岸は大岩が点在する早瀬になっていました。
オトリを1匹しか買わなかったので、なんとか安全に、左岸側で野鮎をゲットしようと頑張ったのですが、ピリッとも来ません。
最近、白泡の立つ荒瀬にしか鮎がいないような気がしているワタシは、とうとう痺れをきらし、
「根掛かり、上等!」という具合に、後ろの右岸側のガンガン瀬に「エイッ!」と鮎を投入しました。
すると・・・岩の後ろに入ったオトリ鮎がヘンな動きをしたので、(エビかなぁ?)と思い、そぉ〜っと持ち上げると、良型の鮎が掛かっていました。
アレぇ〜?? アタリが無かったのになぁ…。
すぐに掛かり鮎をオトリにして、また早い瀬に投入すると、これまたオトリがヘンな動きを見せたので、そお〜っと上げてみると、何か掛かっているようですが、あまりのアタリのなさに、(ボウズハゼかも…)と思い込み、タモも出さずに寄せようとすると、途中で、「あっ、鮎だ!」と気付き、慌ててタモで取り込みました。フゥ〜ッf(^-^;

Takeちゃんは最初から右岸側を釣っていたので、(釣れてるのかな〜?)と思い、上流で釣っているTakeちゃんに、「2匹釣れたよ〜」という意味でVサインを出し、「釣れた?」と聞いたら、「1匹!」という答えだったので、(おっ、今日は珍しくワタシがリードしてるわ♪)と思って安堵したのですが…。

それからがパタッと釣れません。
しばらくして、サイレンの音が聞こえたので時計を見ると、「11時」。
まだ1時間釣りが出来るわ…と思って釣っていると、竿をたたんだTakeちゃんがカメラを持ってきて「疲れたから、写真でも撮る。」と言ってます。
「何匹釣ったの?」とたずねたら、何と!!「6匹」も 釣ったとのこと!Σ(◎o◎;)
エ〜ッ?!それはマズいっしょ!! ワタシ、まだ2匹よ〜(T_T)
これでは、いくらなんでも師匠の面子が丸つぶれですから(笑)、もうちょっと釣らないといけません。
慌てて、Takeちゃんが釣っていたところを避けて上流に入り、根性で2匹釣りました!フゥ〜ッ。。。

12時になったので会場に戻ると、バーベキューの準備が始まっていて、ワタシ達も誘われて参加させて頂きました。
a0056140_16443573.gif
今日は快晴でメチャ暑くて、バンパイアのワタシは、パラソルの下から出られませんでした(^-^;
それなのに、スー師匠達はそんな炎天下の中、炭の熱にも負けず、バーベキューの具材を焼いていらっしゃいました。ホント、頭が下がります。
他のCACの方々もお肉を焼いたり、ノンアルコールビールを振る舞って下さったり、焼けたお肉を持ってきて下さったりと、至れり尽くせりでした。
CACの皆さんは、とても紳士的な方々ばかりで、ステキでしたねー☆
今まで機会がなくて、ずっとお会いしたかった「新ちゃん」にも会うことが出来て、噂に聞いていた「手作りチャーシューとメンマ」もいただき、嬉しかったです。
「とりぱん」を教えて下さったお礼も口に出掛かったのですが、本部運営で忙しくなさっていたようでしたので、また次回、ゆっくりお話し出来たらと思います。

そして、大会の表彰式と賞品の授与式も行われました。
8時開始で12時納竿で、1位はチョイ鮎さん、2位ayu-hideさん、3位スー師匠でした。
その後も表彰が続き、ワタシやTakeちゃんもオマケで賞品を頂いちゃいました〜\(⌒▽⌒)/
a0056140_1701941.jpg
Takeちゃんは、ノートパソコンが持ち運べるようなバッグを頂いて、とても喜んでいました。
来年はお礼に「チームやませみ」からも賞品を寄贈させて頂かないといけないですね(^-^)v


あまりの暑さにバテる寸前でしたが、午後、釣りをしに川に入って、日陰でジッとしていたら、見る見る元気が回復してきました♪ (キャッシュですねー(^-^;)
でも、鮎は全然釣れず…。
それどころか、根掛かりして、外そうとしたら、元竿が固着してしまって、竿がたためなくなってしまいました! 1番と2番のつなぎ目は度々固着するので「ロウ」が塗ってあるのですが(これも新ちゃんから教わり、重宝しているのです☆)、一番太い元竿が固着するなんて、これまで一度も体験したことがないので慌ててしまいました。
Takeちゃんに頼んで、なんとか事無きを得ましたが、もし折れたら…と思うと冷や汗が出ました。
それで根掛かりも外せず、マイナス1になり、竿をたたむ決心がつきました。

気がつくと4時半になっていて、会場に戻ると、もうほとんどの方が帰られた後でした。
ワァ〜ッ、最後に、皆さんに今日のお礼も申し上げることが出来ないままになっちゃった〜( ̄□ ̄;)
この場を借りて、申し上げます。
tomさん、新ちゃん、大会の運営、本当にお疲れさまでした。
CACの皆様、初めてお会いした方も多かったのですが、会員でもないワタシ達の突然の参加を温かく迎えて下さって、心から御礼申し上げます。
今後、興津川でお目にかかれる機会がありましたら、ぜひ、お気軽に声を掛けて下さい。
ほんとうに、ありがとうございましたm(_ _)m

さて、本日はもう一つ、楽しみにしていたことがあったのです。
それは、帰り道に「チャンジャ」を買うこと!
a0056140_2113260.jpg
このお店「錦山(クムサン)キムチ店 小沢」(住所:伊豆の国市北江間21-4 TEL/FAX 055-948-6003)で以前、キムチとチャンジャを買って、その美味しさに、ワタシもTakeちゃんもすっかり“とりこ”になってしまったのです。
特に「チャンジャ」は、本場韓国で一番美味しいものを輸入して提供しているとのことで、もう、他では手に入れられない、一押しの美味しさです☆
狩野川釣行の際、ちょっと遠回りしてでも買って食べてみる価値があるーーーとワタシ達はベタ惚れであります(⌒_⌒)b
ただし、美味しくて食べ過ぎて、ニンニク・プンプンになり、まわりの人から顔をしかめられても、ワタシ達は責任を負いかねますので、そこのところは自己責任でヨロシクお願いしますね〜!

・・・というわけで、今日は思いがけなくプチ遠征して、Takeちゃんは初めて狩野川で鮎釣りをし、CACの方々と楽しいひとときを過ごすことが出来て、行って良かったな〜♪と思いました。
あらためて、皆さんに感謝しています。

8月9日(日)
今日は午前中、用事を済ませて、興津川に着いたのは正午前になりました。
なんと3週間ぶりの興津川での鮎釣りです。
ずっと増水が続いて、今日も見たところ“白川”状態っぽいのですが、果たして釣れるのでしょうか…。
a0056140_21392068.jpg
『和田島 第二東名下』に入りました。
平瀬があり、瀬肩にゴロゴロの瀬が続いて、下の淵に落ち込んでいる流れがあるところです。
平瀬を丁寧に攻めましたが、アタリがありませんでした。
ゴロゴロと石があって変化が始まる瀬肩で、やっと1匹ゲット!
Takeちゃんもその下で掛けたようです。
Takeちゃんが釣っているところを通り越して、その下流に行きました。
淵に落ち込むところで、2匹目を掛けたのですが、バラしてしまいました。アーア、がっかり。。。
それで気が緩んだのか、さっき釣った鮎を対岸近くに根掛かりさせてしまいました。
流れが深くて早いので、とても対岸には渡れないので、泣く泣く切ってしまいました。

落胆してTakeちゃんのところに行くと、Takeちゃんは3匹釣っていました。
周りの人も釣れていない様子なのに、「さすが」としか言いようがありません。
杉川でも「ご主人は、師匠(ワタシのこと)が良いから、上手ですね〜」と言われましたが、「いえ、主人は、ワタシの釣り方とは違うんですよ。ワタシの言うことは全然聞きませんから(^-^;」と答えました通り、Takeちゃんは、いろいろな人達の釣りを見てきて、それを自分なりにアレンジしながら、短竿の利点を生かして釣っているようです。
はたから見ていて、「釣り勘」があるというのか、決して技術が優れているとは思えないのですが、釣るという事実を目の当たりにすると、何だか、自分にはとても真似出来ないような感じがあるようで、もう10年近く鮎釣りをしているワタシですが、教えられることも多く、最近ではTakeちゃんに釣果で負けても仕方が無い…と素直に受けとめられるようになりました。

もう余り釣れないような気がしましたが、まだ3時なので、今度は『土村キャンプ場』に移動して釣り始めました。
ワタシは養殖オトリ鮎1匹だけです。
Takeちゃんに勧められるまま、白泡ガンガンの瀬で釣り始めました。
a0056140_22165571.jpg

Takeちゃんのポイントの見立てのおかげで、ワタシは立て続けに5匹掛け、1匹はバラしてしまいましたが、18センチちょっとの良型鮎ばかりを釣ることが出来て、とたんに上機嫌になりましたよ〜(⌒_⌒) ワタシって、ほんとにキャッシュな性格です(^-^;

昨日もそうでしたし、今日もそうですけど、白泡の下にしか鮎がいないんじゃないか…って、本気でそう思えてきたワタシです。
今日も、もっと時間があったら、それを試してみたかったです。
また明日から大雨が降るらしいのですが、どうかゲリラ雨になりませんように…。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-08-10 22:36 | 鮎釣り | Comments(14)

また大雨で、鮎釣りへの望みが断たれました…(T_T)

8月2日(日)
朝、また大雨が降る音で目が覚めました。
あ〜あ、今日は『中河内川』で鮎釣りをしようと張り切っていたのに・・・。
昨日、あんなにたくさんの鮎がいるのを見せつけられたあかつきには、竿を出してみないと気が済まないでしょう( ̄^ ̄)b
しばらく様子を伺っていましたが、雨はますますヒドくなり、大粒で叩き付けるように降り続けています。
これだけ降れば、さすがのワタシも諦めがつきます(^-^;
a0056140_2256125.jpg
Takeちゃんは、先日買ったMacBookProに“WINDOWS"をインストールしました。
これで、カッティング作業もこのMac1台で出来るようになりました。

それ以外にも、このMacで、LPレコードもデジタル音源にすることも出来るようになったし、ベータやVHSのビデオもDVDに出来るし、そうそう、レーザーディスクもDVDに出来るようになったのです。
早速、Deep PurpleのLP“MACHINE HEAD”を取り込んでみました♪
レコードプレーヤーからアンプなどを介さず、直接パソコンにつないで取り込むので、音が結構良いのにビックリです。ちゃんと、曲の間にポーズも付けられるので、曲の頭出しも可能なので、とっても便利♪♪

これからは、こういったアナログなものをデジタル化する作業も、カッティング作業も、ワタシが担当して、コツコツやっていくことになりました。
これって、仕事として成立していくのかなぁ…って思うけど、何とかしていきたいものです。

今日は鮎釣りに行けなかったけど、ちょっと立ち止まって考える時間が出来て、有意義な一日になったような気がします。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-08-02 23:37 | 鮎釣り | Comments(8)

鮎釣りが出来なくて、禁断症状が悪化しそう…( ̄▽ ̄;)

8月1日(土)
多少、水位が高くても、なんとかなるでしょう(⌒_⌒)vーーーと、張り切って興津川に出かけたワタシの予想をはるかに超えた、この濁り…。水位もかなり高いですし…。
a0056140_17195963.jpg
『和田島橋』から川を見た時点で、今日の鮎釣りは無理かなぁ…と、一気に弱気モードになりました。
この濁りでは、気になっている数カ所のポイントの小砂利が流れてしまったかどうかの確認も、出来そうにありません(T_T)。
増水や濁りに強かった興津川・・・今年はいったい、どうしちゃったの〜??
a0056140_17264575.jpg
『大島橋』上流の瀬ですが、さらに小砂利の山が増えたような…。
でも、そのかわりに、今、ガンガンで見えない瀬の部分は砂利が掘れて、むしろ大きな石が現れてきたような気が、しないでもありません。濁りで良く見えないから、いい方に想像したいのよね〜☆
a0056140_17324594.jpg
でも、この『石沢川合流点』上の右岸側は、狭いけど鮎が付く良い瀬だったのに、砂でかなり埋もれてしまったような気がします。合流点下は、どうなっているのかなぁ…。どんなに目をこらしても、良くわかんな〜い(>_<)!
a0056140_1737042.gif
期待の『やまびこ橋』は、いかに?!
上流側は、なんとな〜く、砂が少なくなって石が現れ、いい感じになったような気がしますよ〜\(⌒▽⌒)/
下流側も『土管前』辺りが、砂が流れて、元に戻ったような気が…。
(ああ〜、そうなっていたら良いな〜☆)という願望が、ワタシにそんな幻覚をもたらしているのでありましょうか?
a0056140_17444698.gif
あれまぁ〜、『中河内川』は、全然濁ってないし、垢も残っているではありませんか!Σ(◎o◎;)
(※注…Takeちゃんによると、川底を写している画像の色が変なのは、“偏向グラス”をレンズに押し付けて撮ったからだそうです。)
それどころか、鮎サン達がたくさん見えるし…。
ひょっとしたら、下流の方は、釣りが出来るトコがあるかも〜037.gif
しかし、その期待も甘かったみたいです(^-^;
a0056140_17511686.jpg
『但沼』の橋から見てみましたが、ちょっと無理みたい…。
ここがダメなら、下流全域も望めませんねー。ガッカリして意気消沈してしまいました007.gif
でも、せっかくですから、濁っていても、本流で渓流竿を振ってみましたよ(^-^)
オイカワ1匹とハヤが3匹釣れた時点で、雨が降り始めたので、竿をたたみました。
いつもみたいに、「釣る気バリバリ」でやるのと違って、時には頭を空っぽにして、渓流竿を振るのも、良いものだな〜♪と思いながら、帰宅の途につきました。

ア〜、鮎釣りが出来なくて、欲求不満が爆発しそうーーーだったけど、渓流竿を振ったら、何だか気が済んだわ(⌒_⌒)
明日こそは、釣果うんぬんを抜きにして、鮎釣りをしてみようかなぁ…。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-08-01 18:22 | 鮎釣り | Comments(9)