「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これで本当に、鮎釣りは納竿します☆ 〜藁科川編〜

11月28日(土)
イソップ童話に「オオカミが出た!」とウソをついたために、本当にオオカミが出た時に信じてもらえなかった少年の話がありましたが・・・。

先週、「これで鮎釣りを納竿します」宣言をしたにもかかわらず、なおきちさんからのメールにも、「もう竿は仕舞いました」とレスしたにもかかわらず(…なおきちさん、ゴメンネ)、ここのところの暖かい陽気と、川小屋さんのHPの釣果情報で「まだ若い鮎が掛かっています」という記事に添えられていた鮎の画像に誘われて、今日は藁科川に鮎釣りに行っちゃいました〜(^-^;

そうゆうことで、ワタシ・・・
「オオカミ女」になってしまいました(笑)
でも、これでホントに最後の最後ですからね〜(^-^;

ーーーというわけで、「川小屋」さんに行ったのですが、永浜さんがいらっしゃいません。
仕方がないから、オトリ鮎を拝借し、帰りに寄ることにしました。
a0056140_22481461.jpg
Takeちゃんは、オトリ鮎を生け簀から網ですくうのは初体験でして、かなり苦戦しています(笑)
そこに、頼もしい助っ人がいらっしゃいました\(⌒▽⌒)/
a0056140_22583042.jpg
よしよしさんです☆
Takeちゃんと、「今日は藁科川に行ったら、よしよしさんやスー師匠に会えるかな〜」と話していたので、ラッキーです(⌒-⌒)v 
一緒に『高圧線下』で釣ることになりました。

河原の草は枯れて、もうすっかり晩秋の様相を呈しています。
でも、川の石は磨かれていて、新しいハミ跡もあり、いかにも鮎が釣れそうな気配です。
川小屋さんでゲットしてきたオトリ鮎は、すでにハナカンが通されて、逆さ針をうった痕もあったのですが、上手に“調教”されたオトリ鮎なので、まことに泳ぎが良いのです!
オトリの動きで、そのオトリを使っていた人の技量がわかるなんて、鮎釣りっていうのは、まったく奥が深いものだなぁと、あらためて思ったのであります。
オトリの動きの良さに感心していたら、1匹目が釣れちゃいました♪ 
a0056140_2320204.jpg
藁科川の鮎らしい、顔が尖った、人間で言うところの、イケメンの鮎です。

幸先は良かったのですが、2匹目がなかなか釣れません。
アタリはあるのですが、ハリ掛かりしない・・・って感じなのです。
どうにか2匹目が掛かり、ようやくお昼休みにしました。
a0056140_2331561.jpg
お昼休みを終え、午後の部を開始しましたが、よしよしさんは11〜12匹釣ったので、もう上がるとのこと・・・。
ツ抜けして納竿しちゃうなんて、さすがです☆
ワタシ達の観察によると、よしよしさんの釣りは、川岸に立ち、静か〜に、丁寧に、全神経を集中させて釣っていらっしゃいました。以前とは、ちょっと違う気迫みたいなものが、全身からみなぎっていました!
我々には、それが足りなかったのねん〜( ̄▽ ̄;)
a0056140_97863.jpg
今回の釣行で、Takeちゃんにも、藁科川の鮎の特性みたいなものがわかっていただけたようです。
a0056140_993880.jpg
ワタシは、不良在庫の逆さ針を使っていて、何度も野鮎に逆さ針を外されているにもかかわらず、仕掛けを換えなかったり、4本イカリでハリにのらないのを体感していたにもかかわらず、(バレが多いのは、逆さ針のせい)と思い込んで、Takeちゃんに言われるまで、3本イカリに換えなかったこと・・・そんなダメダメ鮎釣りをしていたので、すっかり藁科川の鮎に見切られちゃったのであります。
結局、3匹しか釣れなくて、竿をたたむことになりました(;д;)

帰りに「川小屋」さんに寄り、永浜さん、松永さん、よしよしさん、鈴木少年と談笑し、シーズンを惜しみながらも、楽しく鮎釣りが出来たことを嬉しく思いました。ありがとうございました。

「鮎釣りは釣果じゃなくて、どれだけ楽しんだか…だ。」とは、釣果の伸びないワタシの戯れ言ですが、鮎って、いろんな鮎がいて、いろんな川にいて、みんな違って、みんな良い…みたいな、そんな愉快な気分になれた、藁科川の鮎との戯れが出来た1日でした。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-11-29 09:41 | 鮎釣り | Comments(4)

これで鮎釣りは納竿します☆

11月21日(土)
昨日までの真冬のような寒さから一転、今日は快晴で暖かくなりそうです。
朝から頭痛がして、体調はいまいちですが、今の時期に、今日のような“最高の鮎釣り日和”を逃すわけにはいきません。薬を飲んで、興津川に出掛けました。
a0056140_1441124.jpg
(和田島から見た第二東名と、興津名物「トックリ」※午後2時に撮影。)
『和田島橋』から見ると、上流にも下流にも鮎釣り師が数人入っていました。橋の上から川を覗き込むと、数匹の鮎も見えますし、少しは釣れるかも・・・という期待がふくらみます♪

『高瀬』にも鮎釣り師がそこそこ入っていました。
『清地』はゼロ! じゃ、鮎は居ないのかなぁ…ということで、『貯水池前』に車をとめて、目をさらのようにして見ましたが、全然見えず…。
『清地』はあきらめて、やはり『和田島橋下』で釣ることにしました。

釣り始めてすぐに、Takeちゃんに1匹目が来ました!
a0056140_14332329.jpg
「背掛かりだよ〜♪」と、Takeちゃん。
橋の上から見た鮎は、追う鮎だったんですね! ワタシも頑張らなくちゃ〜!!

そして間もなくワタシにも待望の1匹目が来たんですが、なんと、“目”のふちにハリが刺さっていて、「出目金」…いえ、
「出目鮎」になってしまいました〜(;д;)
目そのものには傷がついていないので、オトリで使えるかなぁ…とハナカンを通して泳がせてみたのですが、やはり、泳ぎがヘンです。
仕方なく、1匹しかいない養殖オトリちゃんに再登場願って、怪しい流れに入れると、また掛かったのですが、引き抜こうとするとバレてしまいました。 アーア。。。
その後、養殖オトリちゃんの泳ぎが、さっきまでとは違ってきた気がしたのですが、他にオトリがいなかったから、そのまま我慢して泳がせるも釣れず…。
a0056140_144914.jpg
お昼休みをとってから、大きく場所を移動して、『承元寺』の橋の下流で釣ることにしました。
ここは毎年、竿を納める時期に、一度は必ず来る場所です。
いつもの年なら、数人の釣り人で賑わっているのですが、今日は1人しか先客がいませんでした。
まぁ、川を貸し切り状態っていうのも、竿納めにふさわしいのではないかということで、のんびり釣らせてもらうことにしましょう。

午前中に使っていた養殖オトリちゃんと、「出目鮎」ちゃん、そしてTakeちゃんが釣った、痩せて胴体に深い傷を負ったオス鮎1匹を友舟に入れて、お気に入りのポイントに行きました。
そして養殖オトリちゃん(メス)で釣り始めたのですが、なんか泳ぎがヘンなのです。
でも、頭痛薬のせいで頭がボ〜ッとしているのか、よほど自分の釣りに自信がないのか(たぶんこっちが正解なのですが)、「ワタシって、何年やっても、鮎釣りが進歩してないなぁ。。。」なんて、あらためてしみじみと思い知らされるぐらいに、養殖オトリちゃんが思ったように泳いでくれません。
こんなに下手なのかなぁ、ワタシ・・・。そんなことを考えながら釣ってると、時間がどんどん過ぎていきます。
しばらくしてようやく、他のオトリ君達にも登場してもらうことにしました。
最初は「出目鮎」君です。・・・っが、やっぱり、腫れぼったい目では、視界が悪いとみえて、泳ぎが不自然です。
次にTakeちゃんが釣った、痩せっぽの小さいオス鮎君です。
これが見かけによらず、良い泳ぎっぷりです! こんなことなら、最初っから、このコを使うんだった・・・と思いましたが、後の祭りです。
この痩せっぽ君で、思ったところに泳がせることが出来て、待望の2匹目が掛かりました!
・・・が、バレてしまいました。
でも、もう、釣れる気マンマンです☆
「痩せっぽ君、もう1回だけ頑張って泳いでいって、あそこに行って、お友達連れてきて!お願い!!」
すると、その願いが通じたのか、ス〜ッと思ったところに行ってくれて、すぐに1匹掛かりました♪
a0056140_15205536.jpg
気がつくと、辺りは薄暗くなってきていました。おまけに、ずいぶんと冷え込んできました。
手もカジカんで、思うように仕掛けが仕舞えません。
それでも、心の中は、満足感でいっぱいになっていました。
a0056140_15252158.jpg
今日の二人の釣果です。
Takeちゃん3匹、ワタシが2匹。
少ない釣果ですけど、ワタシ達的には、ツ抜けを超えるくらいに嬉しかった野鮎達との出会いでした。
「掛かってくれて、ありがとう」「泳いでくれて、ありがとう」「最後まで頑張ってくれて、ありがとう」
そう声を掛けながら、1匹ずつ放流しました。

これで2009年の鮎釣りを終えることにします。
振り返ると、興津川の鮎釣りシーズンで、今年ほど波瀾万丈な年は無かったのではないかと思います。
それでも、今年から本格的に鮎釣りを始めたTakeちゃんにとっては、何もかもが初めての経験で、いろいろ得ることも多かったと思います。
ワタシ自身は、いつまでたっても鮎釣りが上達しない…どころか、歳とともに、「退化」してるのでは…と思えるほどですが、それでも鮎釣りが好きである気持ちに変わりはありません。

来年も変わらず、「鮎釣り」(ワタシの場合は「鮎のお散歩」?)が楽しめますようにと、興津川の神様に、そっとお願いをしつつ、心から感謝をして、興津川を後にしました。

11月22日(日)
昨日の今日ですから、ワタシは「25hoto パワー」しかありません。
でも、寝込むほどひどくもないので、なんとか動けております。
今日は昨日と打って変わって、寒い1日になりましたが、「タイル加工」に燃えているTakeちゃんは、寒さなんてへっちゃらのようです。
a0056140_1653250.gif
国産タイルは5㎜のものが主流らしいのですが、今回入手したイタリア製のタイルは7㎜で、おまけに塗装面が非常に硬く出来ているようなのです。それをどうしたら上手にキレイにカット出来るか、そんなことを模索している最中であります。
何事も、真剣に打ち込めるものがあるというのは良いことだな〜っ。

明日も休みだけど、ワタシはこんな調子だから、猟に行くのは、来週からにしようかな・・・。
[PR]
by hototo-gisu | 2009-11-22 16:26 | 鮎釣り | Comments(10)

土曜日で納竿をしようと思っていたのですが…( ̄□ ̄|||)

11月14日(土)
昨夜からの大雨で、また興津川が増水し、濁ってしまいました(泣)
納竿するつもりで、多少の濁りぐらいなら、竿を出してみるつもりでしたが、そんな許容範囲を超えた濁りと大増水であります。
アァ〜、タイミングが悪過ぎます。。。 今年は初っぱなから、つまづいていた興津川の鮎釣りですが、最後の最後まで、すんなりと終わらせてもらえないんですね〜(;д;)

じゃ、明日の予定を繰り上げて、「岩本山射撃場」に、射撃練習に行こうかとも思いましたが、木枯らしが吹き荒れていて、スコープ調整どころではなさそうです。

とりあえず、明日に備えて、サイクロン君を出して、準備をしておかなくっちゃ♪
a0056140_21295315.gif
これは、うりゃさんが作って下さった、FXサイクロンの「エアー注入口」を塞ぐ部品です。
猟などで、この「注入口」に枝とか異物が入ったりすると困るので、サイクロンを所持している人は各自、工夫していると思われるのですが、こんな部品が売っていたら便利なのに、どうして市販されていないんでしょう。
この「うりゃさん製」部品の優れているところは、画像にあるように、この部品のカバーが、なんと、エアーポンプの接続部分のカバーに有効活用出来ているところです。
この、エアーポンプの接続部分のカバーが嬉しいですね〜♪ いままで適当なものがなくて、買った当初に銃砲店の方から「この部分は、乾かしちゃいけないから、このようにビニールを巻いておくように」と言われて、小さいビニール袋を二重にかぶせてゴムで留めることを教わったままでしたので、ずっと不便をしていましたから( ̄▽ ̄;)。
うりゃさん、商品化したのかなぁ…? きっと全国のFX サイクロン所持者の方から、注文殺到間違いなしです☆

さて、物作りという点では、うりゃさんの足下に及ばない「チームやませみ」ですが、最近、タイルやブロックを加工することに興味が尽きないのであります。
今日も「ジャンボエンチョー」に行き、いろいろと機材を仕入れてまいりました。
それらの機材をTakeちゃんが試している間に、ワタシも与えられたノルマを達成いたしました☆
a0056140_2272321.jpg
キッチンの換気扇のフードカバーをタイルで装飾したのですが、その目地を入れるのを頼まれていたのです。
ちなみに・・・このキュウリとトマトは、ワタシがタイルに描いて、焼き上げました。(エッ?トマトとキュウリに見えないって? ゲイジュツとは、理解不可能なものなのデス!(笑))

かくして、鮎釣りに行けなかった1日は、それなりに有意義に過ぎていったのであります。

11月15日(日)
今日は狩猟解禁日です☆
いつもなら「狩猟本能」が高まって、ワクワク、ドキドキ…の解禁日を迎えるのですが、今年は鮎釣りがまだ終わっていないし、なんか、中途半端な気分。。。
おまけに朝から強風が吹き荒れているし、こんなじゃ、スコープ調整も出来るかどうか。。。
でも、5月にオーバーホールをしてから射撃もしていないので、猟の前に、まずは準備練習しないとねっ(⌒-⌒)b
a0056140_22213184.jpg
「岩本山射撃場」に向かう途中の車中から、Takeちゃんが撮った富士山です。
岩本山の山頂なので、もっと風が強いかと心配していましたが、風はほとんど吹いていませんでした。
a0056140_2229359.jpg
「狩猟解禁日」に射場で射撃練習する人はワタシぐらいなものだろうと、余裕で準備していたら、な、な、な〜んと、その後、続々と3人もいらっしゃったのであります。
a0056140_22323379.jpg
ワタシの隣の方はスラッグでしたが、ライフルの人じゃなくて良かった(^-^; ライフルのあの発射音と振動は、ちょっと苦手なのであります。

ワタシの射撃練習の結果ですが、的紙をここに披露するほどの命中率ではないので、画像は割愛させていただきます。(爆)
でも、オーバーホールして、トウキョウジュウホウでも10メートルで調整していただいたおかげで、サイクロンは新品同様に調子良くなったようです。
これで鴨に当たらなきゃ、ワタシの腕のせいです。(キッパリ!)

鴨やキジに出会わないかと、あちこち見て回りましたが、ヒヨどころか、鳩も全然見れず。。。

鴨の渡りが遅れているのでしょうか? まぁ、あせらずに今後、頑張って探します!

帰りに興津川に寄って見ると、下流のほうは垢が5割ぐらい残っていて、鮎もチラっと見えていました。上流も、「高瀬」「茂野島」で鮎釣り師が数名ずつ、竿を出していました。

「来週の連休のいずれか1日は鮎釣りをして、けじめをつけてから納竿しようね〜」
二人で、そう決意しました。
どうか、もう大雨降らないでね〜☆
[PR]
by hototo-gisu | 2009-11-15 22:57 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(6)

勝手に改名して「なおきちカップ☆興津川大会」開催〜♪

11月7日(土)
今日は、待ちに待った「チームやませみ&やなやん軍団カップ」開催の日。
暖かいお天気に恵まれて、最高の鮎釣り日和となりました。
…っが、「11月に開催」というのが問題だったのか、急遽、参加不可能な人が続出し、大会参加は当初の18名から9名に激減(;д;)。
こんな、こじんまりとした大会になったにもかかわらず、「宮原おとり店」からは、こんな嬉しい賞品の提供がありました。
a0056140_15475037.jpg
来年の興津川年券の予約券です。それも、予約番号が「1」番!
なんて粋な計らいでしょう〜。嬉しくなっちゃったので、私達も来年の予約券、申し込もぉ〜っと♪

この日のために、「日頃から皆さんのブログを楽しませて頂いている御礼に…」ということで、「仁科川」のG(ジイ)さんから、こんな贈り物が届きました。
a0056140_15555673.gif
肉厚で甘みがあって、私的には、過去最高に美味しい干しイカでした!! あ〜っ、思い出してヨダレが出そうです。
Gさん、どうもありがとうございましたm(_ _)m

その他にも、なおきちさんが用意してくれた賞品の数々と、皆が持ち寄った賞品で、こんな豪華な賞品群になっちゃいましたよ〜(^-^; 
a0056140_1621316.jpg
「ダイワのマスターズの賞品よりも豪華だぞ〜!」と、皆、口々に語っていました。
ワタシのお目当ては、「お米10キロ」であります。主婦としては、家計を助けるアイテムとして、ぜひともゲットしたいものです。
a0056140_165771.jpg
おのおの、オトリを受け取り、狙ったポイントに移動しました。
「車移動可!」というルールになりましたので、ワタシとTakeちゃんは、先週、鮎がたくさん見えていた『黒川合流付近』に向かいました。

橋の上流に入って釣りたかったのですが、すでに釣り人が入っていたので、仕方なく橋の下流に入りました。そこは、先週、ニコパさんが、短時間で7匹も釣った場所です。
でも、今日は鮎が全然見えません。先週は、右岸側の分流にもワラワラと鮎が見えていたのに…。

(下っちゃったのかなぁ…)と不安になりながらも、残っている鮎がいるはず…と、丁寧にオトリ鮎を上流に向けて泳がせました。
しばらく釣って、やっと1匹釣ったけど、それっきりでした。
橋の上流にいた釣り人は、すでにいなくなっていたので、やはり当初の予定通りのポイントで釣り始めたら、良い感じですぐに掛かりました。やっぱり、ココだったのね〜♪
でも、時すでに遅し・・・。結局、タイムリミットの12時までに4匹しか釣れませんでした。
Takeちゃんも4匹とのこと。揃って、「オトリ込み6匹」です。

会場に戻ると、なおきちさんから、「オトリ込み6匹」の人が数人いると聞かされました。
・・・が、なおきちさんが、この会場の前の、“ほとんど止水の、水面が鏡状態になっている、水深10㎝ほどの水たまりのようなところ”で、「5匹」も釣ったというではありませんか!Σ(◎o◎;)
おまけに、息子さんも1匹釣ったとのこと!Σ( ̄□ ̄|||)
今年のなおきちさんには、興津川では、誰もかなわんわ〜!!

んでもって、結果は、なおきちさんの弟さんの「おときちさん」が、オトリ込みで7匹で優勝です。
a0056140_16295676.jpg
晴れて、「宮原おとり店」の年券予約票をゲットしました。
・・・ん? でも、なおきちさんもオトリ込み7匹なんだけど・・・?

そんな思いが頭をよぎりましたが、表彰式が行われる頃には、日本酒&梅酒をたらふく飲んでいたホトトギスさんは、立派な酔っぱらいになっていましたので、細かいことに頭が回りません(苦笑)

次に、準優勝の人を決めるわけですが、「オトリ込み6匹」が4名いて、当初は「早掛け競争」する予定でしたが、人数が多いので、ジャンケンで決めることになりました。
そこでジャンケンをしたわけですが、な・な・なぁ〜んと、ワタクシめが、ジャンケンで勝っちゃいまして、準優勝になっちゃったのであります。
そして、念願かなって、「お米10キロ」をゲット出来たのであります☆ パチパチパチ〜☆
a0056140_16401238.jpg
その後も順位に応じてジャンケンで賞品が贈られ、皆で楽しく賞品を分け合いました。
(画像右上から時計回りで、NAOさん、ニコパさん、MURAKAMIさん、Takeちゃん、香魚さん&八兵衛さん、ホトトギス)
MURAKAMIさんは、細山長司さんが主宰をつとめる「多摩川山女魚道」に所属なさっている方ですが、春に興津川でお会いし、そのバイタリティあふれる本流釣り魂にすっかり感銘を受けたワタシ達とニコパさんが、今回の懇親会にぜひ参加をと呼びかけて、いらしてくださったのです。
仁科川、狩野川、大見川・・・で、サツキマスや本流アマゴを釣っていらっしゃるMURAKAMIさんから釣った魚の写真を見せて頂き、話を伺って、すっかり来年の渓流解禁に思いを馳せてしまったワタシ達です。来て下さって、本当にありがとうございました。

CACの「八兵衛さん」も、突然の申し出に急遽、参加して頂き、ありがとうございました。
それと、この方を忘れてはなりません。
a0056140_16552120.gif
「伝八さん」です。
『九頭竜激流隊』に所属なさっている方で、「タモを使わないで、九頭竜抜きしか出来ないっていう話がどこかに書いてあったけど、チャラチャラの興津川でそんなことしたら、鮎が岩に頭ぶつけてご臨終になっちゃうね」って、Takeちゃんと心配していました。
初めて『九頭竜激流隊』の“激流舟”を生で見ることが出来、面白くて豪快な話をたくさん伺ったのですが、肝心の、「興津川での九頭竜抜き」については、聞き忘れてしまいました(^-^;

今回の大会の、最大の功労者は、やはり「なおきちさん」です。家族総出で大会を支えてくれました。
a0056140_2140176.jpg
奥様が作った「豚汁」も美味しくて、ずうずうしくも、おかわりしちゃいました\(⌒▽⌒)
なおきちさんといえば、今年は、興津川で1日に51匹をはじめとして、毎回、破格の釣果を弾き出している強者ですが、今日は大会委員長の「闘将やなやんさん」不在の上、大会副委員長を任命されたホトトギスさんも副委員長の自覚ゼロだったので(汗)、なおきちさんが全部、段取りをし、取り仕切って下さったのです。ですから、「チームやませみ&やなやん軍団カップ」なんて、おこがましいことだと思い、ぜひ、「なおきちカップ☆興津川大会」と銘打ちたいと思いますが、いかがでしょうか?
若いなおきちさんの、今後の活躍に注目していきたいです☆ 

それから、tomさんも来て下さって、ありがとうございました。
もっとゆっくり出来たら良かったのに…。Gさんからのイカもご馳走出来ずに申し訳ありませんでした。
a0056140_2213216.gif
香魚さん、ニコパさん、NAOさんは、今日はお泊まりです。午後9時に、やなやんさんがいらっしゃるとのことですが、それまで皆、起きているかなぁ…。
ワタシはお昼から飲んだお酒で酔っぱらっているので、眠いのなんのって…( ̄▽ ̄;)
でもね、今日はワタシ、自分の“知られざる才能”に気付いたのであります。
それは、「酔っぱらっていると、ジャンケンが強くなること」なのです。
ジャンケンで準優勝の地位を勝ち取っただけでなく、自分達が作って寄贈した賞品のTシャツまで、危うくジャンケンでGETしちゃいそうでしたからねぇ(^-^;
a0056140_2292815.gif
「鮎は地球を救う〜オトリ鮎は皆の共有財産です」Tシャツは、なおきちさんの咄嗟の判断で、無事、ニコパさんの手に渡りました。良かった〜。ふぅ〜っ。

いつもはTakeちゃんが飲んで、ワタシが車を運転する役割ですが、今日は珍しく、反対の立場になってしまいました。
イイ気持ちで車で爆睡し、家に着くと、TakeちゃんがMURAKAMIさんからいただいた、細山長司さんの色紙をさっそく居間に飾っていました。
a0056140_22164239.jpg
2年前にTakeちゃんが渓流釣りを始めるにあたって、最初に観たビデオが細山長司さんの「本流アマゴ釣り」ビデオでした。以来Takeちゃんは、何度となく同じビデオを観たり、“SHIMANO TV”で細山長司さんの釣りを観て、すっかりファンになっていたのです。ワタシが興津川でMURAKAMIさんにお会いした後、Takeちゃんに「さっきの方、『多摩川山女魚道』って会に入っているんだって。」と話したら、「エ〜ッ?! その会って、細山長司さん主宰の会だよ!」って聞かされて、知らなかったワタシは驚いてしまいました。
そんな縁がきっかけとなり、MURAKAMIさんのはからいで、細山長司さん直筆で、「タケちゃん江」とまで書いて頂き、メッセージ入りの色紙をいただきまして、とても感激しています。
MURAKAMIさんのお心遣い、本当にありがとうございます。
「流れの中は 夢いっぱい」ーーーこの言葉を見る度に、ほんとうにその通りだと思い、頭に川の流れが浮かんで、幸せな気持ちになります。
これからもずっと、川の流れを見ながら、そこに棲む天女魚や鮎のことなどに思いを馳せ、川を愛し続けていくんだなぁ…と思います。
川の釣りに出会ったことは、ワタシの生涯で、とっても幸せで重要な出来事ですし、これから先も、この気持ちは変わりません。

11月8日(日)
先週、よしよしさんが釣ったような鮎を、ワタシ達も釣りたいね〜☆・・・ということで、日曜日は安倍川に行こうと決めておりました。
ちょっとワタシは二日酔い気味ですが、「柳の下のドジョウ」をGETする意気込みに変わりはありませんので、安倍川に出掛けることになりました。

・・・っが、安倍川沿いを車で走るも、釣り人が一人もいません。。。???
橋の上から川をのぞいてみましたが、鮎の姿は全然、見えないし…。
オトリ店に行きましたら、オトリ鮎もほとんど無い状態みたいで、「今日、釣り人がオトリを買いに来ましたか?」って聞いてみたら、「一人来たけど、買わないで帰りました。」と言うではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)
かな〜り不安がつのってきましたが、ここまで来たからには引き下がるわけにはいきません!(^-^;
まぁ、お天気も良いし、ダメで元々…って感じで、のんびり釣りましょう。
a0056140_23134175.jpg
安倍川って、「気田川」と良く似ているような気がするのは、ワタシ達だけでしょうか?
「気田川大好き」な気持ちがつのって、そんな錯覚をおぼえるのでしょうか・・・?

前回と同じポイントで2匹釣れましたが、それっきりアタリがなくなってしまいました。
よしよしさんが大鮎を釣ったポイントでも、何の反応も無し…。

仕方がないので、上流の、Takeちゃんが釣っているところに行くと、なんと、良い感じで釣れているとのこと!
それに、よしよしさんの大鮎ほどじゃないけど、24センチオーバーの良型の鮎を1匹GETしていました。
凄いね〜、Takeちゃん、「有言実行」出来たね〜\(⌒▽⌒)/!
ワタシも、もっと早くそのポイントに来れば良かった…のですが、この日、Takeちゃんはケイタイを家に置き忘れてきたので、ワタシに連絡をしたくても出来なかったのです。

そのうちに、レインコートを着ていても肌寒くなってきたし、昨日の疲れも出てきたので、鮎釣りに集中出来なくなってしまいました。
結局、ワタシ3匹、Takeちゃん7匹釣って、竿をたたみました。
これだけ釣れれば、大満足です。

来週の土曜日は興津川で釣って、「納竿」かなぁ…。
11月15日は猟が解禁になりますが、県内の河川は、まだまだ鮎釣り師が入っているので、鴨猟は危険だから出来なさそうです。
そしたら、ワタシ達も、まだ鮎釣りを続ける・・・・・・でしょうか???
[PR]
by hototo-gisu | 2009-11-09 23:50 | 鮎釣り | Comments(14)

二週間ぶりの鮎釣りで〜す♪

10月31日(土)
今日は久々の鮎釣りです。
病み上がりだし、のんびり釣りたくて、「安倍川」に行くことにしました。
よしよしさんとスー師匠も安倍川にいらっしゃるとのことでしたので、ご一緒させていただくことに…。
しかし、「安倍川」本流は、垢がまだ付いていないらしく、誰も釣っていません!
そこで、支流の「中河内川」で釣ることになりました。

だけど、ここも鮎の姿が見えません…。ハミ跡はあるから、居るとは思うんですけど…。
そこで、わざと川を横切って、逃げ惑う鮎の姿が見えないかと試してみましたが、鮎は見えず…。
それでも、スー師匠もよしよしさんも、「あそこが良いんじゃない?」とおっしゃっていた瀬肩のポイントで竿を出すと、すぐにこの子が掛かってくれました。
a0056140_15392837.jpg
ずっと、この色の鮎に会いたかったのです!
上手く撮れませんでしたが、背中が青紫色っぽい、以前、藁科川で見たことがある鮎に良く似ていました。
背びれと胸びれも大きくて、とっても器量良し・・・なのですが、鼻カンを通して流れに放つと、もぉ〜っ、手に負えません!
オテンバというか何と言うか、元気いっぱいに泳ぐのは良いのですが、静岡弁で言うところの「ひょうきん」な動きで、全く、手に負えません。
(※注…「ひょうきん」とは、静岡弁で、落ち着きが無い、がさつな、荒っぽい…といった意。)
仕方がないので、また「養殖オトリ君」に登場願って、また釣れたのですが、その子も「ひょうきん」なヤツで、ほ〜んと、(ワタシもオテンバですけどねぇ、アナタ達ほど、ヒドくはないわよ〜)なんて思いながら釣ってました(^-^;

お昼になったので上がると、なんと、4匹釣ったワタシが竿頭というではありませんか!Σ(◎o◎;)
教えて頂いたポイントが良かったのね〜♪ やっぱ、鮎釣りは「場所が命」やねん〜♪

そんなわけで、午後一には、スー師匠やよしよしさんに、このワタシが!オトリ鮎を分けてあげることが出来ました!!
こんなこと、おそらく一生で一度の出来事でしょう(笑)。
a0056140_16115139.jpg
この後、よしよしさんが大物をゲットしていたとは、つゆ知らず…!

午後からも午前中と同じ場所で釣ろうと目論んでいたワタシでしたが、釣り人に入られてしまっていて、意気消沈してしまいました。
その方が上流に入らせて下さったので釣り始めたのですが、5匹目をバラしてからというもの、ピタッと釣れなくなっちゃいました。
風は強くなるし、太陽は陰って、寒くなってきたので、そろそろ竿を畳むかなぁ・・・と思っていたら、その釣り師が近づいてきて、「鮎、あげましょうか?」と声をかけられました。
今日は(前回食べた安倍川の鮎が美味しかったのでキープしたい)…という気持ちもあって来たので、喜んで頂くことにしました(^-^) 
いただいた鮎がとても元気で、これをオトリにしたら釣れそうな気がしてきたので、Takeちゃんと一緒に、安倍川本流で竿を出してみることにしました。
a0056140_16165075.jpg
スー師匠とよしよしさん、今日もご一緒させて頂き、とても楽しかったです。ありがとうございました(⌒▽⌒)/

午前中、Takeちゃんが“無念の親子ドンブリ”をした瀬に行き、残り垢があるだろうと思われるところにオトリを入れたら、すぐに1匹釣れました♪ 
中河内川も安倍川も、鮎の“アタリ”が明確なので、楽しい〜♪
っていうか、今年は、他の河川の鮎が、どこもアタリが弱かったんですよねー。
だから、数はともかく、色の良い、アタリの強い鮎が釣れて、今日は来た甲斐がありました。

その後、Takeちゃんも、午前中のような大きいのではありませんが、1匹釣って、ワタシももう1匹追加して釣れて、メデタシ、メデタシ…。

竿を畳んで車のところに戻ると、ワタシ達のオトリ缶に、スー師匠とよしよしさんが釣った鮎を入れて下さっていましたが、その中にひときわデッカイ鮎が・・・!Σ(◎o◎;)
a0056140_16555924.gif
よしよしさんが釣った鮎です。(氷で締め、帰って測ったら、25センチを超えていました。26センチ以上あったのでしょう。)
「大きいのが釣れたから、もう竿を畳んだよ」とおっしゃってたけど、コレだったら、ワタシも竿を畳みますよ〜( ̄▽ ̄;
背中がやはり青紫色で、大鮎にありがちな“ガサガサ感”がまるで無く、香りも良い、美味しそうな雌の鮎です。
「明日は神社のお祭りなので、これをキクちゃんと一緒に食べよう!」ということに決まりです。
a0056140_16425358.jpg
Takeちゃんが「大文字草」を見つけてきました。
この花が咲くと、もう鮎釣りも終盤なんですね…。
とはいえ、今日みたいに暖かい日が続くなら、まだまだ鮎釣りは楽しめそうな気がして、なんだか往生際が悪くなりそうなワタシ達なのであります。

11月1日(日)
やっぱり体調がイマイチだと、鮎釣りに行く気力もイマイチ・・・。
朝、うだうだしていたら、大幅に遅刻してしまい、興津川に着いたのは、もう11時頃…。( ̄▽ ̄;)

ここのところ興津川は好調みたいで、『和田島』に入ろうと思っていたのに、釣り師でいっぱいでした(T_T)
仕方がないので、さらに下流に下ると、『高瀬』の吊り橋付近が空いています。
吊り橋の上から見ると、鮎もたくさん見えるし、釣れそうな気がしてきたので、この付近で釣ることにしました。
a0056140_2210662.jpg
Takeちゃんは、4匹釣って、なんとなく鮎の釣れるポイントがわかってきたようです。
かたやワタシは、吊り橋から見た鮎を掛けようと努力しましたが、全然釣れず…。
Takeちゃんからもらった、ちょっと錆が出て黒くなっているオス鮎をオトリにして、ようやく1匹釣ったのみで、お昼休みにしました。

そこへ現れたのが、ニコパさんです!
最近、興津川で好調のニコパさんは、今日も10時に始めて、もう15匹釣ったそうです。
どうも上流のほうが良さそう・・・ということになり、お昼休みの後は、『黒川合流付近』に移動することにしました。

ニコパさんが朝、このポイントを通り掛かった時には、釣り人がいたそうですが、もう誰もいなくなっていました。
チャラ瀬で釣り始めると、石裏にオトリが入った途端、すぐに掛かりました!\(⌒▽⌒)/
こうこなくっちゃ、鮎釣りは面白くないですよね〜♪
a0056140_2224926.gif
ニコパさんも、『石化け釣法』で、快調に掛けているようです。

しばらくすると、雨が降り始め、徐々に雨脚が強くなってきたので、竿を畳みました。
ワタシは、バラバラとバラしながらも、3匹キープ。(情けないわぁ〜)
ニコパさんは、ここでも好調で、7匹追加し、合計22匹になりました。

「せっかく20匹を超えたから、『宮原おとり店』に寄って、写真を撮ってもらいましょうよぉ〜」というワタシの勧めで、『宮原おとり店』に行ったのですが、お店、閉まっていました〜(泣)。
せっかくですから、コチラでUPさせて頂きますね☆
★11月1日★
a0056140_2239406.jpg
ニコパさんの
釣果
友釣り 八幡、黒川合流付近
 AM10時〜PM3時半
12〜20センチ 22匹

なおきちさん、まいったか!(笑)


そんなわけで、ワタシとTakeちゃんは、数はふるわなかったけど、まぁ、良いのよ(⌒_⌒)
先週みたいに、体調悪いと、川にも来れないしねー、楽しく鮎釣り出来ることが何よりなのです☆

帰ってから、Takeちゃんのお母さん(キクちゃん)と一緒に、昨日、よしよしさんから頂いた大鮎を塩焼きにして、いただきました。
それがもう、お腹に卵がいっぱい入っていて、まるで絵に描いたような、「子持ち鮎」の塩焼きでした。
(ア〜ン、写真撮っておけば良かった・・・。)

Take「タラコみたいに大きな卵だね〜」
キク「お店で食べたら、3千円はするね。」
Hoto「するでしょうねぇ。」
キク「それにしても立派な鮎だねー。そこの“ヌシ(主)”だったんだねー。」
Take&Hoto「・・・・・。 そ、そう、ヌシかもねぇ。(苦笑)」

とかなんとか言いながら食べ始めたのですが、なんとその美味しかったこと!(*_*)
卵を持った雌の身は美味しくないと聞いていましたが、全然そんなことなくて、身も皮も卵も内蔵も、どれも最高に美味しかったです。(よしよしさん、ごちそうさまでしたm(_ _)m)

来年はきっとワタシ達も、こんな大きな子持ち鮎を自分達で釣りたいものです。
いや、まだまだ釣るチャンスがあるかも・・・?
[PR]
by hototo-gisu | 2009-11-02 23:21 | 鮎釣り | Comments(12)