~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>非公開さん こんばん..
by hototo-gisu at 23:47
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:36
こんばんは。 今回は賑..
by kai at 22:50
>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:08
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:52

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

寒いよぉ〜( ̄▽ ̄;) ブルブル~ッ(;д;) カンベンシテクダサ~イ。。。

3月27日(土)
先週も話題にしましたが、宮ちゃんとてっちゃんが3月24日に「興津川の最初の一滴」にようやく到達したそうです! おめでとうございます〜パチパチパチ〜☆
ただし、非常に険しい道のりだったらしく、「てっちゃんの釣り日記」を読むと、その厳しかった様子が伝わってきます。

そんな彼等の苦労に対して、労せずして甘い汁を得ようという我々チームやませみは、「ペットボトルに詰められた興津川の最初の一滴」を狙って(笑)、「宮原おとり店」に向かったのであります。

・・・が、お店は閉まっています。
そういえばHPも木曜日から更新されていませんでした。
過酷な釣行だったので、身体でも、こわしちゃったのかなぁ…。傷も負ってたしねぇ…。

甘い考えでいた我々に、さらに厳しい試練が待っていたのです。

数日前の雨で、興津川本流は、先週よりも増水していました。
ですので、支流の石沢川で釣ることにしたのですが、車を下りると、刺すような冷気で、まるで真冬のような寒さが襲います。
静岡県は、昨日、ソメイヨシノの満開を宣言したばかりなのに、これじゃあ、咲いた桜も慌てちゃいますよ〜( ̄▽ ̄;)
家を出る時は晴れていたし、こんなに寒くなるとは思っていなかったワタシは、あまり暖かい衣服を着て来なかったことを後悔しました。
レインコートを着ただけでは全然足りないくらいに寒かったので、これじゃ、釣りにならない・・・と、ひるみそうになったのですが、さっきまで甘い考えでいた自分に対する戒めもあって、ここで諦めて帰るわけにはいかないと思いました。
そこで、Takeちゃんからジャンパーを借りて、釣り始めました。
a0056140_22281943.jpg
曇っている上に、だんだん風も出てきました。それでも、黙々と竿を振り続けました。
石沢川は激戦区ですので、なかなか釣れません。
諦めていた頃、やっと18センチくらいのアマゴが掛かりました。
ハハ〜ン、なるほど〜。そんなトコに…。 なんとなく居るトコがわかった感じ…。
そして間もなく、また18センチぐらいのが1匹釣れました。

そこにTakeちゃんが現れました。Takeちゃんも20センチぐらいのを1匹釣っていました。
「釣れたのを見た時は、真っ茶色だったので、ビックリしたよ。」
石沢川は水温が低いから、場所によっては、まだサビているのかしらね…。
a0056140_223521.jpg
しばらくオトリ缶に入れていたら、Takeちゃんのアマゴ(画像の1番上)も、徐々にサビがとれてきたみたいです。

お弁当を食べた後、下流のほうに行きました。
『あこがれ亭裏』の工事は、5月1?日まで続くようです。重機が動く度に川が濁るので、このままでは、下流での本流釣りは、しばらく難しいかも…。

確実にアマゴを釣るには支流が有望だけど、今年は本流釣りに燃えてたから、この状況はゆゆしき事態です。

寒いし、増水しているし、濁っているし・・・。
今日は充分に、“川修行”させていただきましたので、明日は釣りはお休みして、木彫りの修行に精を出したいと思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2010-03-29 22:53 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(12)

降参いたしました〜m(_ _)m

3月20日(土)
Takeちゃんの「あま吉」に刺激されて、ワタシも木彫りで作っちゃいました\(⌒▽⌒)/
a0056140_22534149.jpg
木彫り勾玉の「あゆ子」で〜す♪
例のヒスイで作ろうとデザインしてあったのを、急遽こちらに流用いたしました。
そういうわけで、デザインから、木彫り、着色、仕上げまで全て、ワタシの手作りでございますσ(⌒o⌒;)
a0056140_237387.gif
小学生以来、久しぶりの彫刻刀で悪戦苦闘しながらも、こうやって出来上がると、嬉しいものですね〜♪
初めてにしては、まあまあの出来ばえではないかと、自画自賛しております。(〃⌒ー⌒〃)

さて、三連休の初日となった本日ですが、藁科川の年券を購入しつつ、藁科川で本流釣りをしてみました。
a0056140_1415428.jpg

しかし、ウンともスンともいいません。
そのうち強風も吹き始め、雨もパラパラし始めました。
二人揃って、最初から最後まで、見事にアタリがゼロでした! 完敗であります。(;´ー`)┌

「藁科川の鮎は釣れないけど、藁科川のアマゴは、もっと釣れない」
        by チームやませみ

その後、藤枝の「駿遠釣具店」に行き、ワタシの本流竿の下元栓の交換をしていただきました。
解禁直前に不具合に気付き、シマノのカスタマーサービスに電話したところ、釣具店を通じて交換したほうが良いとのことでしたので、お願いしてあったのです。
これで心置きなく本流竿が使えます☆ 「駿遠釣具店」にはお手数をお掛けしましたが、気持ちよく対応して下さって、感謝、感謝です。

さて、今夜から荒れ模様の天気になる予報ですが、どうなりますことやら・・・。

3月21日(日)
なんと午前3時頃から5時にかけて、雷と強風と豪雨のもの凄さに、落ち着いて眠ってられませんでした。
朝のニュースで、「爆弾低気圧」の影響だと言ってましたが、最近は「ゲリラ豪雨」なんて言葉もあるくらいで、ちょっと気象の状態が激し過ぎて不安になってきますね。

朝になっても強風は止まず、お墓参りに行くと、遠くの方が霧のように白く霞んで見えました。
「黄砂」の現象だったようです。 この「黄砂」も、昔から比べて増えているように感じますが気のせいですか?

そんなわけで、今日は釣りは無理・・・。
a0056140_185573.jpg
Takeちゃんは、解禁前に染めたタモの柄が気に入らず、先日から「合成うるし」で少しずつ塗りを重ねていました。
そこで最後の仕上げに、今日は「エポキシ剤」を塗ることにしたようです。

ワタシはというと・・・。
「あゆ子」の出来ばえに、すっかり気を良くしているので、これを「内職」としてコツコツ作って、ネット販売出来ないものかと思案している最中であります。
Takeちゃん曰く「ストラップという商品なら1500円以上はムリだな」とのこと。
え〜っ?! あんなに手間ひま掛かっているのにですか? 
いやいや、そんなことは言っていられません。
1500円で売れるように、“企業努力”してみま〜す\(⌒▽⌒)/

まずは、のこぎりの使い方の練習からです。(←笑わないで下さいね。)
板から4ピース分を切り出して、大まかな形にしていく方法を練習しました。
「千里の道も一歩から」であります(^-^;
“木彫りの勾玉”がテーマですので、商品といえども妥協したくありません。
手に取って下さった人の心に、ポッと温かい気持ちが灯るような物が提供出来るように頑張りたいと思っています。

3月22日(月)
今日は興津川に出掛けました。
おとといの雨で本流は増水気味です。 
さらに下流の方では、『高瀬』『小河内川』『あこがれ亭裏』で大規模な河川工事が行われているので、水が真っ茶色に濁っていました。
それでも諦めきれないワタシ達は、川虫を調達した後、あるポイントに行きました。

すると・・・何やら大きな魚がライズしました。
「鯉かなぁ?」「鯉じゃないと思うけど…」

白い笹濁り状態で、川の中の石は見えませんし、深さも良くわかりませんが、とりあえず釣り始めました。
しばらくしてTakeちゃんの方を見ると、7.5mの本流竿が大きくしなっています!!
エッ? 掛かってるの?!Σ(◎o◎;)

慌ててTakeちゃんのもとへ行きました。
掛かってから、もう数分経過しているそうですが、まだ何が掛かっているのかわからないとのこと。
底にへばりついて、ジッと動かないようです。
それではラチがあかないので、ちょっとテンションを掛けると少し抵抗するようですが、すぐにまた底にはり付く様子。。。いったい何なのでしょう?
しばらくして意を決したTakeちゃんが、さらに強く竿にテンションを掛けた途端、瀬の落ち込みの流芯にのって、一気に下流に下り始めました。
Takeちゃんもそれについて走って下っていきます。だいじょうぶかなぁ〜?( ̄~ ̄;)

瀬が落ち込んで開きのトロ場になっている所で、ついにヤツは正体を現しました!
なんと50センチを超える巨大な「マルタウグイ」でした!(◎o◎;)
正体がわかったから、Takeちゃんも余裕で寄せて、ついにランディング成功です。
a0056140_16374365.jpg
いくら「マルタウグイ」でも、これだけの大物になると、本流竿じゃないと太刀打ち出来ないよねー。
本流竿での大物とのやりとりの練習が出来たし、いい経験になったね、Takeちゃん☆

その後、場所を移動して釣りを続けましたが、レインコートを着込んでいても寒くてブルブルです。
気温12度か、それ以下かも。。。
それでも我慢して竿を振り続け、やっと一度だけアタリがあったのに、その一度きりのアタリのアマゴ(小さかったのですが)をバラしてしまいました。
不良在庫のヘンな針を使ってたせいなのよねー。
何で「一刀ヤマメ王」にしなかったの? バカバカバカ〜(-"-;)

それに比べて、我が“優秀な弟子”であるTakeちゃんは・・・
a0056140_16494098.jpg
ちゃんと一度しかなかったアタリをものにして、24.5センチのアマゴをゲットしていました(*_*)。
完全に降参です。もぉ〜、レインボーのアイ・サレンダーでも歌っちゃお〜か( ̄  ̄メ)♪(苦笑)

そんなことより、早く帰って温まりたいデス! また風邪ひきたくないよぉ〜(;´・`)
そこへ宮ちゃんからケイタイが・・・

「イワナをたくさん退治してきたから、いる?」
「いるいる〜、骨酒にするぅ〜☆」

というわけで、「宮原おとり店」に寄りました。
a0056140_1775777.jpg
先日から宮ちゃんは、「興津川の最初の一滴が見たい」と言っていたのですが、今日、てっちゃんと一緒に、4時間かけて釣りをしながら源流部に行ってきたそうです。
宮ちゃんが20歳ぐらいの頃に源流部に行った時は、ひっそりと隠れていた大きなアマゴが釣れたそうなのですが、数年前に漁協とは関係のない団体が源流部にイワナを放流したことがきっかけで、アマゴの卵や稚魚が食べられたせいか、今回は一匹もアマゴが釣れなかったそうです。
そのことが悔しくてしょうがないみたいで、目の敵であるイワナのことを話す宮ちゃんは、ちょっとキケンな感じです(苦笑)
a0056140_17241340.jpg
  *「宮原おとり店HP」より抜粋させていただきました
今回は「興津川最初の一滴」まで辿り着けなかったそうですが、近日中に、てっちゃんと再挑戦するそうです。
顔や手に生傷を負っている宮ちゃんを見て、ちょっと同情してましたが、ワタシの「あゆ子」を見て言った言葉が、「良いね〜、良いね〜。でも、ホトさんが作れるんだったら、誰でも作れるんだろうなぁ〜」ですってぇ〜?!ヽ(`⌒´メ)ノ
そんな簡単なもんじゃ、なかとよ〜。(いきなり長崎弁?)
でも、美味しい猪鍋をご馳走になったし、イワナもおみやげに貰ったし、今回は許してあげる( ̄^ ̄)
猪の背骨をぶつ切りにして煮込んであったのですが、その背骨肉が美味しいのなんのって☆
鍋に残った背骨をもらって持ち帰り、夕食の時に一人で背骨にかぶりついていたら、今日釣れなかったことや、すっごく寒かったことなど、吹っ飛んじゃいました☆
イノシシさん、ありがとう、てっちゃんありがとう☆ 宮ちゃんもアリガト☆

というわけで、来週こそは、ワタシも本流アマゴに会えますように・・・。
[PR]
by hototo-gisu | 2010-03-23 18:07 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(16)

強風でも練習したかいがあったね!(⌒-⌒)b

3月13日(土)
何かに夢中になると熱中してしまうTakeちゃんですが、あろうことか、ワタシの誕生日も完全に忘れて(`´メ)、こんなん作ってました。
a0056140_14493592.jpg
詳しくはTakechan☆Houseをご覧下さい(^-^)

さて、今日はいつにも増して、強風が吹き荒れています。
興津川は水量もだいぶ落ち着いてきたはずだけど、これじゃあ、竿が折れちゃうかも…。
でもまぁ、木彫りのアマゴ「あま吉くん」が完成したことだし、処女作にしてはなかなかの出来映えなので、額縁にくっつける前に“アマゴ好き”なアノ方にも見せてみようかーーーというわけで、興津川に行き、「宮原おとり店」に寄ってみました。
いつも辛口な宮ちゃんですが、「あま吉」に関してはダメ出しもなかったので、アマゴを模倣したものとしては、結構イイ線いってるのかも知れません。良かったね〜、Takeちゃん!

それにしても、いつまでたっても、いっこうに強風は止みません。
「この強風は、竿を折るレベルの風だよねー」と宮ちゃんからも言われましたが、川を前にして指をくわえて眺めていられるはずもなく、本流竿はあきらめて、渓流竿で本流を攻めてみました。

・・・っが、風が強過ぎて、竿を支えてられませ〜ん(泣)
「糸がフケる」とかいう次元を遥かに超えています( ̄▽ ̄;)

それでも、ワタシは『土村』で、なんとか1匹釣り上げました。
a0056140_15324568.jpg
たったの1匹〜?!って言われそうですが、いかにも居そうな場所では、何のアタリもなくて、「こんなトコ?」っていうような場所で掛かりました。

強風下の釣りは、すごく疲れます。もぉ〜、グッタリです。
この1匹を釣った後は、ワタシは車で休むことにしました。
それでもTakeちゃんは、「本流竿を振る練習をする!」とか言って、下流に移動して本流竿を振り続けました。
a0056140_1556922.jpg
まさに「孤高のスピリッツ」です。
この努力が、明日、実を結ぼうとは・・・・・・・。

3月14日(日)
今日は風もそよそよ〜と暖かくて、穏やかな春の陽気となりました。
ワタシも去年の暮れに購入した本流竿「翠隼本流」を、ようやく初下ろしすることにしました。

まず、第一印象は「軽い」!
今までの6.1mの竿と、持った感じがほとんど変わらず、7.5mの竿だということを全然感じません。
持った感じだけではなく、振り込みも楽々です♪
6.1m竿だと川に立ち込まなくては届かなかった対岸際も、楽〜ぅに届きますので、その時だけ「ああ、7.5mの長竿なんだなぁ〜」って気付くくらいです。
ただ1つだけ気になるのは、天上糸が竿に絡みやすいところかなぁ…。ソリッド穂先に慣れていないせいもあるのかも知れません。
いずれにしても、“使用感”は上々です♪

そうして、春の温かな陽射しの下、無心になって「一投入魂」って感じで川の流れに仕掛けを投入していきます。
途中、ヤマセミが頭を横切ったり、セキレイが川面の岩を行ったり来たりして、たくさんの野鳥もワタシと一緒に春の河原を謳歌しているかのようです。
魚のアタリはさっぱりありませんが、自然と一体となっている幸福感にひたれて、渓流釣りっていいなぁ〜としみじみ感じていました。

すると・・・ケイタイが鳴りました。Takeちゃんからです。

ホト「もしもし〜、全然釣れないねー。」
タケ「こっちはアマゴ釣れたよ〜。たぶん“尺”あると思うよ。」

「えーっ、尺アマゴぉ〜〜〜?!Σ(◎o◎;)」
a0056140_1713192.jpg
幅広の立派な体格のアマゴです。
おめでとう、Takeちゃん☆

「本流竿だと、余裕だねー。いなしながら、カメラで動画まで撮っちゃった!」

ナニィ〜? 動画ぁ〜?? そんなことして、バラしたらどうすんのよ!!ヽ(`⌒´メ)ノ
しっかし、昨日、強風の中、本流竿を振り続けて練習したかいがあったねぇ…。
努力は報われるものなのねー。恐れ入りましたm(_ _)m

その後も本流域を攻め、ワタシもなんとか1匹釣りました。ちっちゃいですけど…(^-^;
a0056140_1771724.jpg
初めてのソリッド穂先でしたが、寄せるのも楽だし、スパッと抜けました♪ 
穂先が柔らかいので、グニャグニャしてコントロールし難いのかな…と心配でしたが、そんなこともありませんでした。
もっと大きいのを釣って、その真価を確かめたいものです☆

・・・とはいえ、ワタシはこれ1匹でも、充分満足なのです(⌒-⌒)v
Takeちゃんが尺アマゴを釣ることが出来たのも、努力の賜物ということで納得出来るし、ワタシも真面目にやっていれば、そのうち釣れるでしょ!・・・なんちゃって☆

帰ってから、Takeちゃんのアマゴを測ってみたら、31センチありました。
一日寝かせて、明日、ムニエルにして、有難くいただきたいと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2010-03-15 14:35 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(11)

2010 祝☆渓流解禁〜\(⌒▽⌒)/

3月6日(土)
今日は渓流釣り解禁最初の週末なのに、昨夜から雨が降り続き、今朝も大雨です(T_T)
でも、興津川に行ってきましたよ〜(⌒-⌒)v

川に着いてみたら、思ったよりも増水していないし、ほとんど濁りも無し!
それでも、本流はちょっとムリかなぁ〜と思い、支流を釣り上がろうとしたら、遠くに釣り人の影が…。
釣り上がろうとしているのか、それとも釣り下ってきたのか…?
いずれにしても、解禁早々、嫌な思いはしたくないので、トコトコ下って本流に戻り、しばらく時間をつぶしてから、またさっきの場所に戻りました。
そしたら他の釣り師が2人、その人のすぐ下流で竿を出してるではありませんか!Σ(◎o◎;)
まぁ、考えてみれば、今日は皆にとって「解禁日」みたいなものですから、そんなに神経質にならなくてもいいのかもねー。

Takeちゃんと川沿いを歩いて行って、最初に見た釣り人に「釣り上がって行っても良いですか?」と声を掛けたら、笑顔でうなずいて下さいました。

解禁になってから数日経っているし、今日も重役出勤のワタシ達ですから、どれだけの人が先に竿を出しているか知れません。
しかし、川の状況も違えば、釣り師によって釣り方も仕掛けもエサも違うし、アマゴの状況だって様々だと思うから、アマゴが全部釣りきられてしまうわけじゃない・・・と思い、気持ちを引き締めて竿を振り始めました。

すると・・・

やっぱり残っていましたか〜♪
a0056140_148234.jpg
Takeちゃんに1匹目が釣れました☆ 
23センチのベッピンさんです。
ウ〜ム、今年も弟子に先を越されてしまったか・・・(苦笑)

まぁ、世の中、そんなもんです。
弟子っちゅうのは、やがて師匠を越えるものなのです( ̄^ ̄)b

でもねぇ、今年の解禁は、ワタシも気合いが入っていたのですよ。
このタモに、「魂」を入れたかったものですから。。。
a0056140_1424064.jpg
どうです、素敵なタモ網でしょう?
「多摩川山女魚道」のMURAKAMIさんが作って下さったタモ網なのです。
天然木の温かみと、丁寧な塗り、オレンジ色の網の色がオシャレで、とってもキレイです。
使ってみると、ちょっと長めな柄が、小柄なワタシがアマゴを取り込むのにラクな作りになっていたのです。
おかげさまで、こんなに釣れちゃいました☆
a0056140_14345391.jpg
14センチ〜22センチのアマゴを11匹、釣っちゃいましたよ\(⌒▽⌒)/
なんだか、縁起の良さそうなタモ網です☆ 今年は大物が釣れちゃうかも〜(⌒-⌒)b
a0056140_14473956.jpg
小さめのアマゴは、さっそく「唐揚げ」にして、いただきました。
やっぱりアマゴは丸ごと「唐揚げ」が美味しいです!
20センチ超えは、「西京味噌漬け風」にしたので、後日が楽しみです♪

3月7日(日)
雨は土曜日の午前中まで・・・のはずだったのに、昨日まる1日降っただけでなく、昨夜一晩中降り続き、今朝もいっこうに止む気配はありません。
しばらく様子をみていたら、止む気配どころか、だんだん雨足も風も強くなってきました( ̄▽ ̄;)
それでも川に行かないと気が済まない「チームやませみ」は、早めのお昼ご飯を食べてから、興津川に出かけてみました。

昨日よりも増水しているし、濁りもキツいかも…。
雨は降っているし、昨日よりも寒いし…ワタシは釣りたい気持ちも萎えてしまいました(;´ー`)┌
それでも、川にはポツポツと釣り人の姿が・・・。

どんどん上流に行き、Takeちゃんも釣ってみることにしたようです。

「ここは以前、イワナも釣れたところだよね。」
イワナ〜?! いいねぇ〜、イワナの骨酒!! ぜひ、イワナをお願いしますっ☆」
a0056140_15492995.jpg
ウウ〜ッ、寒ッ( ̄* ̄;)
Takeちゃんも、根性あるねぇ。。。

その根性が実ったのか、ワタシの「イワナの骨酒飲みたい」願望が天に届いたのか・・・
a0056140_1553764.jpg
22.5センチぐらいのイワナを釣ってきてくれました☆
でかした〜、Takeちゃん!!\(⌒▽⌒)/a0056140_1559258.jpg

夕食時にイワナを塩焼きで堪能した後、残った頭と中骨を再度焼いて、日本酒の熱燗にジュッと浸し、マッチで火を付けアルコール分を飛ばして、骨酒を作りました。
ウ〜ン、いい香りです☆ ふぐのヒレ酒も真っ青ですよ(^-^)
だんだんとイワナのエキスが日本酒にしみ出し、さらに味わい深くなります。
最近、日本酒の味を覚えたTakeちゃんも、初めての「イワナの骨酒」が気に入ったようです。

しかし、贅沢ですよねー。
「天然アマゴの唐揚げ」やら、「天然イワナの塩焼き」やら「骨酒」やら・・・。
お店でだって、なかなか味わえない、これらの“川の幸”をいただきながら、川の美しい自然の風景に思いを馳せ、魚とのやり取りを思い出し、(また新しい春がやってきたんだなぁ〜)と、しみじみと思いながら、お酒を傾けたホトトギスなのでありました。
[PR]
by hototo-gisu | 2010-03-08 16:36 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(14)

徹夜、幻の鳥、豪雨、津波…大変な一週間でした

2月25〜28日(木〜日)
風邪は病院に行ったので、どうにか治りました。
「鳥インフルエンザ」でも「花粉症」でもなくて、ホッ。。。(^-^;

早速、依頼された「友釣り21 2010」の原稿に取り掛かりました。
…しかし、ブログと勝手が違ってなかなか上手く書けません。
書いては直し、書いては直し・・・結局、1日目は夜中の2時過ぎ…、2日目も夜中の1時まで掛かってしまいました。久しぶりに徹夜した気分です。
今回は、料理についても書いて欲しい−−−ということでしたので、ストックしてあった冷凍鮎を使って、実際に作って、写真も撮りながら、調味料の分量とかも確認し直しました。
a0056140_21385163.jpg
土鍋で炊いた『鮎の炊き込みご飯』です。
今までアバウトに作っていたから時々失敗することもあったけど、今回は「レシピ」として紹介しなくちゃならないので慎重に作ったら、今までで一番上手く作れました! 
もう、このレシピで決まりです☆ 自分で言っちゃあナンですが、ホント、美味しいです!!
料理は、これと、『鮎の干物』の作り方について紹介しました。
誰でも簡単に、失敗しないで作れるように・・・と、ちょっと細かく書き過ぎたかも・・・。
「鮎の炊き込みご飯」は、ぜひ「友釣り21 2010」(4月発売予定です)をお求めになって、作ってみて下さいね〜(⌒▽⌒)/

そんな徹夜明けの午前中・・・。外で賑やかな鳥の鳴き声が聞こえました。
ベランダに行ってみると、Takeちゃんがデジスコを向けていたのですが、いったい何という鳥でしょうか? 
パッと見は、ムクドリとヒヨドリの中間といった感じ…。逆光で真っ黒に見え、何だか良くわかりません。それに聞いたことがない声だし、鳴き声がコロコロ変わるのです。

Takeちゃんが、デジスコのカメラのモニターを見せてくれました。

「う〜ん、お腹を見たら、ヒヨドリみたいだよねぇ。」
「でも、ちょっと小さいから、ヒナかなぁ?」
「鳴き声がヒヨと違うよね。色も黒いし、“ヒヨドリと九官鳥のハーフ”だったりして…」

ワタシが鳥の鳴き声を真似ると、しきりに首を横に傾げたりして、なかなかカワイイ☆

とりあえず写真や動画は撮れました。 それがコレです。
a0056140_2263892.jpg
「野鳥図鑑」にも載っていません。
黒く見えていましたが、良〜く見ると、お尻のところが赤いのが特徴です。
お腹のところは、「ヒヨドリ」に似ているので、「ヒヨドリ 赤い お尻」とかで検索して、ようやく正体が判明しました。

なんとそれは、ハワイやインド、ネパールにいる鳥で、日本には居ないはずの、それも、「世界の侵略的外来種ワースト100」というレッドデータブックに載っている、シリアカヒヨドリという名の鳥だったのです!Σ( ̄□ ̄|||)
飛び去る時に、尾羽の先が白くて、ハリスホークやヤマドリのメスみたいに、扇型に白い線になっているのが印象的だったのですが、まさに、その点もシリアカヒヨドリの特徴なのです。
鳴き声も可愛いし、姿もカワイイのに、“要注意外来生物”なんて、信じられませんでした。

Takeちゃん、大変なものを見つけちゃったわね・・・。
おそらく静岡県では、「鳥界のブラックバス」の第一発見者!?
どこか届け出をしたほうがいいかも・・・。

そんなこんなで、まだ週末になっても原稿と戦っていたワタシを尻目に、Takeちゃんは自分の鮎ダモの修理をしていました。
a0056140_2234334.jpg
タモの柄の形状を変え、色を塗り直すのと、タモの網を染めることにしたそうですが・・・せっかく染めるので、「チームやませみ」のロゴをカッティングしたマスキングテープをタモに貼り、その部分以外を「染めQ」で染めたら、ロゴが浮かび上がるんじゃないかと試すことにしたようです。
しっかし。。。39センチのタモって、こうやって広げると、めちゃ大きくなるんですねぇ!(*_*)

で、なかなか上手くいったようです(⌒-⌒)
a0056140_22412065.jpg
ロゴの図柄は細かいのですが、なかなかどうして、良く浮かび上がっています。
オリジナルブランドの「鮎タモ」の完成ですね☆

さて、金曜日の夜から降り続いた大雨で、川もかなり増水したようです。
春野町では土砂崩れがあったとの報道で、気田川金曜会の中道師匠やKINさんも復旧作業に尽力なさっているのでは…と思い心配です。
この冬はずっとまとまった雨がなく渇水状態が続き心配していたのですが、やっと雨だと思ったら大豪雨・・・まったく、その差が激し過ぎて、異常気象以外の何物でもありません。

そうして昨日は“津波警報”!! 
避難勧告も出たりして、どうしたらいいのか、ほぼ一日中、TVの津波に関するニュースにくぎづけになって動けずにいました。
ワタシ達のところは被害も無かったのですが、TVの報道を見ると心傷みます。

いったい、あの「シリアカヒヨドリ」は、どこからやってきたのか・・・異常気象と関係があるのか、気になります。
[PR]
by hototo-gisu | 2010-03-01 23:03 | 鮎釣り | Comments(11)