~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんにち..
by hototo-gisu at 22:51
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:33
お久です 此処に書くこと..
by ちゃぼ at 13:16
あいちゃんの動画で和ませ..
by kai at 10:43
>鮎猫さん こんばんは..
by hototo-gisu at 21:15

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

寒〜い週末でしたが・・・

5月29日(土)
今週末は「小島中学下流」を釣る予定でしたが、昨日、その界隈で小澤剛名人が51匹も釣ってしまったことが「宮原おとり店」のHPで判明!!
「ツヨシ君が釣ってしまったのでは、しょうがない」と、やむなく予定を変更しました。
(*詳細はTakechan☆Houseをご覧下さい☆)


朝、5時に目が覚め、釣る気マンマンで「宮原おとり店」に着いたのが7時台!(◎o◎;)

「時計が壊れたんじゃないの〜?」なんて言われちゃいました(^-^; 
普段、「チームやませみ」の出勤時間は、早くてもアラ10(10時頃の意)ですものねー(苦笑)

で、向かった先は『但沼 丸渕上流部』です。
「川の色が「バスクリン色」で、いかにも大物が釣れそうな感じだね。」と、Takeちゃん。
確かに、淵が深い青緑色に澄んでいるのですが、鮎はちっとも見えません。
狙いのポイントに着いた時には、上流は入る隙間もないほどに混んでいました。
釣り人に人気ーーーというのは、釣れている証拠かな?

さっそく釣り始めましたが、何の反応もありません。
そもそも、そのポイントに向かうまで、川を渡ったりしましたが、鮎の気配がゼロでした。
ハミ跡も、群れ鮎が作ったと思われる小さいハミ跡しかありません。
こりゃ〜、ヤバイかも〜・・・と思ったけど、ツヨシ君が釣った『小島中学付近』から、さほど離れていないので、釣れないはずはない・・・と信じて、粘ること2時間・・・しかし、な〜んも釣れません。これでは、1匹しかないオトリがダメになっちゃう〜(泣)
“オトリのおかわり”が頭をよぎった頃、やはり全然釣れていなかったTakeちゃんが、胸まで水に浸かり、深くて流速の早い瀬にオトリを入れて、なんとか1匹釣りました☆
起死回生の1匹です!
それを機に、ようやく場所移動することにしました。

次のポイントは、先週も攻めた『承元寺堰堤下流』です。
しかし、ここも釣り師でいっぱいで、ワタシが先週、オイシイ思いをしたポイントも他の釣り師に占拠されていました007.gif
しょうがないから、ヘチのほうで控えめに釣り始めることに・・・。
散々使いまわしたオトリに背針を打ち、流れに放つも反応なし・・・。
あまりの釣れなさにストレスが溜まってきたので、背針を外して、ノーマル仕掛けで泳がしたら、1匹掛かりました☆ それを持って、下流のポイントに移動し、そこで3匹追加☆
すると、お昼休みで上がったのか、ワタシの狙っていたポイントがガラ空きになっていました!

今がチャンスです! 釣り師が戻ってくるまで、ちょっとだけ釣らせてもらお〜っと♪
そう思って釣り始めました。

すると・・・同じことを考えたTakeちゃんが、いつのまにか上流の瀬に入っていました。
そして、バンバン釣っています!Σ(◎o◎;)
なんと14連チャンの入れ掛かりと言うではありませんか!!
ワタシに手招きして、ココで釣れと言います。釣れるのは良いんだけど、肩が痛くなって、少し休みたいから…と。
Takeちゃんの釣った後ですから、釣れるわけないと思ったけど、Takeちゃんが言うには、「今日は引き釣りで、流れの早い所じゃないと釣れないよ。コツはね、こーしてあーして、、、」とノウハウを伝授してくれました。
たしかに、Takeちゃんの言った通りにすると掛かります! 
何か、魔法にかかったみたいに釣れる気マンマンになってきました。
a0056140_22415513.jpg
お昼休みも返上し、釣りました。
Takeちゃんが「お昼を食べないと身体に悪いよ」と、自分の「メンチカツぱん」を持ってきてくれたので、それを食べながら釣り続けました(^-^;
すると、下流で釣っていた人が竿をたたんで近づいてきて、「本に出ていた方ですよねー。何ていう本でしたっけ・・・。」とおっしゃるので、ほおばっていたパンを急いで飲み込んで、「“友釣り21”です。」って答えたのですが、パンを立ち食いしながら釣りをするなんて・・・とさぞや呆れられたことでしょう。008.gif おまけに寒さで鼻水ズルズルでしたし…( ̄▽ ̄;)
でも、そんな体裁なんか繕っていられないほど、その時は釣りが止められなかったんです。
去年も「引き釣り」の威力に驚いたことがあったけど、今日はそれが「確信」に変わりました!
それから、ハリの選択でも釣果が変わってくることを、目の当たりにしました。
同じ釣りをしていても、4本イカリを使っていたワタシのハリには追いがあるのに掛からなくて、3本イカリのTakeちゃんには、追いがあると必ず掛かったのです。
それと、この時は「タフ」よりも「スピード」の方が、明らかに釣れたのです!

今日は朝から雨が降るという予報で、気温も上がらず、おまけにお昼休みも取らないで釣っていたので、寒さに震えながらの釣りでした。
当然、鮎の追いも悪くて、まわりもあまり釣れていなかったようです。・・・が、Takeちゃんは・・・
a0056140_2352399.jpg
途中で肩が痛くなって休んだにもかかわらず、なんと20匹も釣っちゃったんですよー(*_*)!
そんなTake弟子の指導の甲斐あって、ワタクシも・・・
a0056140_2395452.jpg
12匹釣り、どうにかツ抜け出来ました。フゥーッ。。。
「飲まず食わず…」で、一昔前の村田名人みたいなマネしても、やっと12匹ですから…(苦笑)
釣っている時は夢中だったので気にならなかったけど、気温が低いところに両腕はビショビショに濡れて寒くて凍えそうです。
おまけに引き釣りは、立て竿に比べて腕が疲れる釣りなので、疲労困憊してしまいました。
これじゃあ明日は、鮎釣り無理かも・・・。(泣)
身体的には無理そうだけど、気力的には、明日も鮎釣りがしたいって思いました。
今日釣った引き釣りが、明日も有効なのかどうか、確かめたいのです。

明日、元気になりますように・・・。そして、明日は晴れて、暖かくなりますように・・・。

5月30日(日)
朝、目を覚ますと、陽射しが見られましたが、強風が吹いています。
身体の調子は、左腕は痛いのですが、まずまずの様子です。
昨日の釣技を別のポイントでも試したくて、『白扇閣前』に行きました。
a0056140_2331567.jpg
今日は上流から下流まで、どこのポイントも釣り人でいっぱいです。
それにしても、風が強いこと・・・。どうも止みそうにありません。

早速、今日も「早瀬狙い」でいきます。昨日やった「引き釣り」を試してみました。
すると、すぐにチビ鮎ちゃんが掛かりました!
そのチビちゃんをオトリにし、また引くと、今度はオトリに程良いサイズの鮎が掛かりました☆
やっぱり引き釣り、有効みたいです♪
先週の土曜日は「泳がせ釣り」じゃないと掛からなかったのに・・・難しいものですねー。
そして「引き釣り」が有効そうでも、同じ場所ではなかなか掛かりません。
2時間ほど釣って、やっと4匹です。

その後、お昼休みを取って、さて午後の部開始・・・と、竿に仕掛けをセットし、竿を伸ばしきった時に、なぜか仕掛けが外れて、川に流れていました。
慌てて仕掛け巻きを巻き直すと、仕掛けが竿先から外れたのではなく、竿が途中から折れて仕掛けにくっついて流れていました。!Σ(◯o◎;)
手元に寄せると、竿先から3番目が、途中から折れていました。
エアエッジって、以前も、何でもない時にプッと折れたんですよねー。今日の強風が負担になったのかなぁ…。

この前は本流竿も折れた(裂けちゃった)し、大切に使って手入れも怠らないのに、どうしてかなぁ…。
そう思いながら車に戻ると、地元の釣り師の方が話しかけてきました。

「釣れましたか?」
「ぽつ、ぽつ・・・って感じです。でも、竿が折れちゃいまして・・・。」

よほどワタシが落ち込んで見えたのでしょう。
その方がこうおっしゃって、なぐさめて下さいました。

「飲みに行ったら、1万2万って、すぐ掛かってしまいますよ。鮎釣りを楽しくやれるなら、竿が折れたって、たいしたことじゃないじゃないですか。そう考えれば、良いんですよ。」

なるほど・・・。確かに、竿は折れても予備竿もあるし、鮎釣りが楽しく出来るって事は、お金に代えられない事には間違いありません。

「そのお言葉で気が晴れてきました。ありがとうございました。」

そうお礼を言って、予備竿の「マキシム早瀬抜き」を手にし、また釣り再開です。

すると、案外、エアエッジよりもマキシムのほうが、引き釣りをしやすいことに気付きました。
本来、竿は用途によって使い分けをするものでしょうから、引き釣りならマキシムでもイイかも…☆

そんなこんなで、昨日の疲れもあるし、Takeちゃんの肩の具合も心配なので、今日は4時に竿をたたみました。
a0056140_081940.jpg
昨日の鮎よりもサイズは小さいけど、12匹釣れてました。Takeちゃんも同じくらい釣ってました。

ふと見ると、子供連れの女性数人が毛バリで小さい鮎やハヤを釣っていたので、「宜しかったら、ワタシ達の釣った鮎を差し上げますが…」と声を掛けたら、喜んで下さいました。
a0056140_014272.jpg
大きなバケツに生きたまま持ち帰るようです。

「もしかしたら、大きいのは食べちゃって、小さいのは子供達が飼うのかも知れないね。だから、ああやって釣ってたのかもね。」

子供達が鮎を見て喜ぶ姿が目にうかびます。スイカの香りに気付いてくれるかなー。

今日は竿が折れたり、気温も上がらず強風も止まず散々だったけど、釣り方も勉強になったし、最後は気持ちよく終われたから、上等です☆

さて、6月1日には他の河川も鮎釣り解禁になるし、2日か3日には興津川も追加放流をするらしいので、来週は上流で釣ろうかなー。もちろん、「マスターズエリア」以外でネッ(⌒-⌒)b
太陽カンカンは辛いけど、こうも寒いと、太陽が恋しい・・・移り気なホトトギスなのでありました(^-^;


a0056140_86312.jpg
        あゆ子のおかげで釣れたのかも〜♪
[PR]
by hototo-gisu | 2010-05-31 08:13 | 鮎釣り | Comments(14)

2010 楽しい鮎釣り解禁になりました\(⌒▽⌒)/

5月22日(土)
いよいよ今日から鮎釣りスタートです!
ワタシ的には、昨日まで3日間体調をくずしていたので、今日は楽しく釣りが出来れば良し…って感じです(⌒-⌒)

ひさしぶりに「やなやん軍団」の面々と「宮原おとり店」前で再会♪
こうやって皆と会うと、「鮎釣りが始まったんだなぁ〜」という実感が湧いてきます。
皆はマスターズの下見もあるので『茂野島橋』周辺で釣り始めることになったのですが、ワタシ達二人は人混みを避けて、下流の『承元寺堰堤下流』に行きました。

狙っていたポイントには入れなかったのですが、それぞれ、なんとか釣る場所を確保出来、午前7時10分に釣りスタートです。
約半年ぶりにオトリ鮎にハナカンを通し流れに放つと、早々にアタリがあったのですがハリに乗らず…。
またすぐにアタリがあったのですが、それもハリに乗らず、(タフの6.5号3本イカリじゃ、ダメなのかなぁ…)と思って、ハリを4本イカリに換えたら、ついに掛かりました〜♪a0056140_14393052.jpg
しかし、掛かったのは「アユ」ではなくて、「カマツカ君」でした。ガッカリ・・・。

それからは、ウンともスンとも言わず…。おまけにワタシが釣っている場所は日陰になっていまして、寒いのなんのって…。
Takeちゃんが釣っているところは朝日がサンサンに当たって、暖かそう…なんて思いながら見ていたら、Takeちゃんがおもむろに鮎を引き抜いたではありませんか!Σ(◎o◎;)
ガーン・・・!今年も弟子に先を越されたのか…。
いやいや、気にしちゃイカン! 勝治さんからも言われたじゃないの、「ホトさんはTakeちゃんのことを見過ぎる」って! まぁ、そんなこと言われたって、初心者のTakeちゃんに何かトラブルが無いか、師匠としては、気になってしょうがなかったんだから〜(-"-;) でも、それが原因で自分の釣りに集中出来ていなかったのは確かなので、今年は絶対にTakeちゃんのことは見ません!放置しますっ!!(爆)

それにしても、釣れません。やっぱり日陰なのが良くないのかも…。
釣り始めて、1時間半ぐらいたった頃、ニコパさんから電話がありました。
どうも『茂野島橋』も芳しくないらしいのです。各自1匹ずつ釣っただけとか…。
ワタシはいまだにボウズですけど…。(苦笑)

さすがのワタシも気になって、Takeちゃんに様子を聞こうと思い、釣りながらケイタイを取り出し、掛けようとしたところ・・・・やっと鮎が掛かりました!\(⌒▽⌒)/
「タバコを取り出そうとすると鮎が掛かる」って、確か、よしよしさんが書いていらっしゃいましたが、まさにそれです!

やっと野鮎が手に入ったし、ようやくワタシのポイントにも陽が当たってきて、なんとなく掛かりそうな予感がしてきました。
それからは、ポツ、ポツと掛かって、瀬でも、こんな立派なのが2匹も釣れましたよ〜☆
a0056140_15322.jpg
これは「口掛かり」でしたが、ハリスを気持ち短くしたら、ちゃんと背掛かりで釣れるようになりました。
アタリも強くて、思わず、「アッ!」とか、「オッ!」とか、口ばしってしまう始末…。
ちょっと恥ずかしかったけど、楽しいんだも〜ん(⌒-⌒)v
この調子だと、今日の目標、32匹☆も、まんざら夢ではないかもよ〜♪・・・なんて思っちゃったりして(^-^;

お昼に上がった時点で、ワタシ11匹、Takeちゃん10匹の釣果でした。
解禁3日目の土曜日ですから、これだけ釣れれば「御の字」です。

よしよしさんとスー師匠、勝治さんが『自治会館』のところにいらっしゃるとのことなので、会いに行くことにしました☆ これまた久しぶりの対面で、すっかり嬉しくなったワタシ達は、木彫りの「鮎子」を見せたり、タモの塗りを見せたり、あーだこーだと、半年会えなかった分の話題を一気に語り尽くした感じで・・・貴重なお時間を頂戴し・・・大変、お騒がせいたしましたm(_ _)m

その後、『自治会館前』で釣ることにしたのですが、結構釣り人も入っていて、どこで竿を出したらいいのか…。
仕方がないので、下見の時に鮎が見えたポイントのすぐ上の、深いトロ場を釣ることにしました。
するといきなり、木の枝に天上糸を引っ掛けてしまい、オトリ鮎、“宙ぶらりん”の危機です!
こーゆう時慌てると、また痛い目に遭いますので、まずはオトリ鮎を救出! その後、ハナカンまわり糸を付け糸から外し、あとは竿を畳んで、天上糸を静かにたぐり寄せ、無事、水中糸も回収出来ました。
その後、気を取り直して、深いトロ場で鮎2匹ゲット! ただ、掛かった鮎は「真っ黄っ黄」だったけど、あまりパワーがなくて、オトリになりませんでした。
Takeちゃんも芳しくなかったみたいで、ニコパさん達がいる『西里堰堤』に行ってみることにしました。
a0056140_1523165.jpg
よしよしさん、お邪魔致しましたm(_ _)m
a0056140_16114381.jpg
『西里堰堤下』も、鮎師で賑わっていました。
ワタシは堰堤のすぐ下を釣ってみたのですが、全然釣れず…。
Take弟子から、“未使用オトリ”を借りて、ようやく掛かった〜と思って油断したら、空中バレしてしまい、再度気を引き締めて釣り直したら、1匹釣れました。
a0056140_16153478.jpg
やれやれ〜ですぅ( ̄▽ ̄;)
a0056140_16163645.jpg
「やなやん軍団」も今日はハイプレッシャーな場所でばかり、竿を出してしまいましたねー。それでも数を揃えるところはスゴいねって、Takeちゃんも感心していましたが…。
興津川のポイント選びは、去年から興津川と相性の良い、なおきちさんに任せるのも一つの手かもね…。
「1に場所」って言うから、ポイントさえ間違わなければ、皆、もっと釣れそうな気がします。

そんなわけで、「目標の32匹」のことはすっかり忘れて、午後からはお祭り気分を楽しんでしまいましたが、心配していた体調が悪くなることもなく、本当に楽しい鮎釣り解禁でした♪
心に浮かぶあの方この方や、鮎サン達に、そして興津川に「ありがと〜\(⌒▽⌒)/」って伝えたい気持ちでいっぱいです。

5月23日(日)
今日は予報通りの「雨」となりました。
気温も下がっているので鮎の追いは悪いはず・・・とわかっちゃいるけど、やめられない♪(爆)
ただ、昨日の疲れもあるので、いつもの「重役出勤」で出掛けました。

「宮原おとり店」で歓談している時はなんともなかったのですが、車で下流に向かっている時、頭痛がしてきました。
目的地の『承元寺堰堤下』に着いた時に薬を飲んだのですが、効くかなぁ…。
雨もだんだん強くなり、風も吹いてきたのですが、ワタシ達二人とも釣れる気満々だったので、急いで支度して11時過ぎに入川しました。
a0056140_16492928.jpg
ワタシ達が支度している間に、釣り師が一人、二人といなくなり、そして誰もいなくなってしまいました( ̄▽ ̄;)

気温は15度。昨日よりも10度ぐらい低いのではないかと思います。
昨日と同じポイントに入り、昨日釣れたパターンでオトリを引いたのですが、どうやっても掛かりません。
そのうちに胃が痛くなってきました。
一匹釣ったらやめよう・・・。そう心に決めたのですが、どう攻めても掛かりません。
昨日好調だったTakeちゃんも釣れません。瀬もトロも深瀬も、全然ダメです。
もともとココは、陽が当たらないと掛からないポイントだということは昨日学習済みなのに、読みが甘かったのね〜(泣)

ますます雨も風も強くなり、身体が冷えて我慢の限界に近づいてきました。それでも1匹釣れるまで…と思いましたが、枯れ草が流れてきてラインに絡むし、だんだん増水してきて薄く濁ってきたし、・・・で、1時間半ぐらいでボウズのまま撤収いたしました。

ウェーダーを履いたまま自宅に戻って、お昼を食べた後、そのままダウン。。。
一眠りしたのが良かったのか、夕食時にはだいぶ回復しました。
Takeちゃんも昨日から肩こりがひどくなって、二人して頭痛薬のお世話になってしまったわけですが、「ワタシ達、猟とか渓流釣りとかで結構ハードに動いているのに、鮎釣りってどうしてこんなに疲れるんだろうねー?」と、不思議でなりません。
皆は疲れないのかなぁ…? 疑問です。
まぁ、徐々に鮎釣りに身体も慣れてくるでしょう…。今回は解禁だったから、仕方がないですよね(^-^;

夜、よしよしさんからお借りした「釣りキチ三平」のDVDを、さわりだけ観ようって言いつつも、ついつい夢中になって、最後までしっかりと観ちゃいました。
「釣り」を知らない人生も有りですが、ワタシは渓流&鮎釣りに出会って、上手く言えないけど、「魂が喜ぶ」ような幸福感(釣りだけではなく、大自然の中に身を置くことを含めて)が経験出来て良かったなぁーと心から思うのですが、この映画はそんな心の原風景に触れるような映画でした。
よしよしさん、ありがとうございました(⌒-⌒)/

さて、強雨が数日続くようですが、すでに興津川も増水している模様です。
どうか、良い具合に川がリセットされますように・・・☆
[PR]
by hototo-gisu | 2010-05-24 18:05 | 鮎釣り | Comments(8)

興津川全域、どこも同じような状況のようですよ〜☆

5月15日(土)
さてさて、興津川では12日に「試し釣り」が行われ、なかなか良い結果が出たようです。
そうなると色めき立つのが“鮎師の性(サガ)”なのでしょう、「やなやん軍団」のメール合戦もヒートアップしてきました。037.gif
22、23日と、興津川と狩野川か、それとも興津川オンリーかと大議論中であります(笑)
まぁ、20日に解禁してみないと本当のところはわかりませんが、今日、アマゴ釣りを兼ねて、興津川を見に行ってきました。

まずは『茂野島橋』の上から上流を見たら、それなりに追い気のある鮎がチラホラ見えました。型は16センチ前後ぐらいじゃないでしょうか。
それとは別に、もっと小ぶりの鮎の群れが、石裏の波のヨレに隠れながら、集団で石を食みながら上流に移動していました。きっと天然遡上の鮎ちゃん達でしょう☆
橋の下流も見ましたが、流芯はきれいに磨かれている感じです。鮎は見えないけど、たぶん流芯にいるのでは…?
なんてったって、「静岡2系は放流直後でも流芯で追う」特性があるみたいですから…。
それに加えて、今年は稚鮎を放流してからずっと増水状態が続いていましたから、今年の鮎は、流れの強いところに慣れてるのではないかと…。

瀬には「見えないけど、いる」んです、きっと…(^-^;

『やまびこ橋』上下は、残念ながら鮎は見えなかったけど、『西里堰堤』のところには、堰堤の段々に鮎が群れてました。堰堤の下のコンクリートのたたき部分にも、時々、鮎が群れで食みに出てました。鮎が見えるということは、良いことですね〜♪

それから大きく移動して、『立花橋』のところに行きました。
ここも、鮎の見え方は、上流部と似たり寄ったりです。
例年のように、「大きい鮎がギラギラしていて、入れ掛かりになりそう〜♪」・・・というような感じでは、決してありません。
a0056140_16561211.jpg
ここもアマゴを放流したのかな? 15センチぐらいのアマゴが掛かったのですが、上流で見た放流モノとは、ちょっと違う感じがしました。でも、前回来た時は釣れなかったから、やっぱり放流モノかも…。
「鮎師に釣られないように気をつけてね〜!」と念じながら、川に返してあげました。

その後、『小島中学前』に入ったのですが・・・。
ここも鮎は見えません。ハミ跡はあるので、居ると思われるのですが。。。

それよりも、本流竿でエサを投入する度にカワムツが入れ掛かりとなり、これまで興津川でハヤ類が掛かっても忍耐強く我慢してきたワタクシも、さすがに堪忍袋の緒が切れました!
去年までいたアマゴは、いったいどこに行っちゃったのよ、もぉ〜っ!!
そんなことを思いながら、カワムツを川に叩き付けちゃいました・・・コワ〜ッ042.gif
(でも、叩き付けたのは一匹だけですよー)

そのバチが当たったんでしょうか・・・。

その後、根掛かりをした際に、竿をたたんで天上糸をつまみ、根掛かりを外そうとしたのに手が届かず、竿先を糸と一直線にして、ジワーッと引いた時、穂先から天上糸が切れてしまいました。
(あとで川を渡って、切れた糸や針は回収しました)

でも、竿をたたんで良く見ると、天上糸が、竿先の「ソリッド部分とカラマントップの接続部」のところに、投げ縄状態で引っ掛かかったらしく、ワタシがその引っ掛かったのを知らないままに引っ張ったせいで、その接続部が天上糸で裂けてしまいました(泣)
そもそも、この「カラマントップ」って、ソリッド穂先だと、糸を引っ張ってツンツンしても絡みが解けない代物です。
・・・ああ、書きたいこといっぱいあるけど、竿を大事に使っているのにこんなことになっちゃって、もうどん底に落ち込んだワタシであります。007.gif

「鮎釣りが解禁になるので、本流竿は使わなくなるから、いいジャン」と慰められても心は晴れませんが、まぁ、ケガをしたとか、事故ったとかじゃないわけだから、そう考えて元気を取り戻しましょう☆
川に叩き付けたカワムツさん、ゴメンナサイm(_ _)m

さて、来週の土曜日にはワタシ達も鮎釣りを始めます。
今年は、ワタシが鮎釣りを始めた時からずっと続けてきた“とある習慣”を直して、鮎釣りに臨むつもりです。
これで釣果が例年よりもアップしたら公表しますね〜\(⌒▽⌒)/
皆さんも良い解禁が迎えられますようにお祈り致します029.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2010-05-17 20:59 | 鮎釣り | Comments(8)

仁科川に行ってきました☆\(⌒▽⌒)/

5月8日(土)
本日ようやく、念願だった「仁科川釣行」が実現しました。
仁科川の評判の良さは、いろいろな人から聞かされていたのですが、根っからの静岡県人である某◯ちゃんが、「伊豆の道は混む」…とかなんとかで、なかなか行けずに至っていたのです。
そこに「多摩川山女魚道」のMURAKAMIさんからお声が掛かり、ニコパさんもご一緒するということになりました。

狩野川中流域のコンピニで待ち合わせし、MURAKAMIさんの先導で3台連なって、いざ仁科川へ〜♪

約一時間ほどで、「民宿 辻道」に着いたのですが、車を下り、目の前の仁科川に目をやったMURAKAMIさんとニコパさんの顔色が曇りました。
「水が少ないなぁ・・・。」と心配そうなのです。
へぇ〜っ?そうなんですか? 興津川を見慣れているワタシ達には、とっても良い水量に見えるんですけど…。
日券を購入して、最初のポイントに向かいました。

すると・・・。

川を見るなり、車をUターンさせたMURAKAMIさん・・・。
「あそこを釣ろうと思っていたんですよ。「堰堤フェチ」のお二人にピッタリの深い落ち込みがあったのですが…。」

その言葉に、川を見てみると、なんと、テトラポッドが川に山積みに…。その不自然さといったら、ハンパじゃありません。
誰が見ても「異様な光景」にしか見えないと思う…。
さっき「辻道」の方が、「あちこち工事が入って…」と暗い顔でおっしゃっていたのは、このことかな…? 

ショックが隠せないMURAKAMIさんでしたが、次のポイントに向かいました。
車をとめて川をのぞくと、そこには深みをたたえた美しい堰堤がありました。
a0056140_16145860.jpg
さっそく川に下りて、堰堤に向かいましたが、途中にも深みのある落ち込みがあって、どこもワクワクするポイントだらけです☆
a0056140_16175755.jpg
MURAKAMIさんが、詳しくポイントの説明をして下さいました。
すすめられるまま、一級ポイントから釣らせて頂くことにしました。
a0056140_16304392.jpg
皆が竿を出していないのに釣らせてもらえるなんて、ちょっと緊張します。
でも、早くも一投目で大きなアタリがありました・・・・っが、ちょうど流木が2本邪魔をして、合わせ損ねてしまいました(泣)
その後もアタリが頻繁にあるのですが、なかなかハリに乗りません。合わせが早過ぎても遅過ぎても合わず、ようやく15センチぐらいのが一匹釣れました!

ちなみに・・・「堰堤フェチ」なのは、ワタシじゃなくて、Takeちゃんが大御所なのです。
これからはTakeちゃんのことを「堰堤大魔王」と呼んで下さい!(爆)
さっきまで写真を撮っていたTakeちゃんは、ワタシの隣に陣取るやいなや、こんなん釣っちゃいました〜!
a0056140_16413192.jpg
「堰堤大魔王」おそるべし〜〜〜( ̄  ̄メ)

その後、ニコパさんのところに行くと、なにやら大物を3匹もバラしたそうな…!Σ(◎o◎;)
a0056140_164644.jpg
ニコパさん、今日は大の苦手の「ミミズ」を、勇気を振り絞って使ってるのにね…。「細糸信仰」にハマっちゃっているからなぁ〜。
でも人には人の“美学”というのがあるので、それをかたくなに貫くニコパさんっていうのも、ニコパさんらしくて良いんじゃないかな〜。
だけど来週あたり、「太仕掛け」を引っさげて、また仁科川に立つニコパさんの姿が頭に浮かぶようです(爆)
ニコパさんのブログ「清流で釣りGO!!」もお楽しみください☆
a0056140_16534055.jpg
ワタシもTakeちゃんも、魚影の反応がそれなりにあることに楽しくって、その上、箱庭のように美しい景観に心癒されているのに、MURAKAMIさんは川の状態が芳しくないことを気にして、ワタシ達が釣れるまで竿も出そうとしません。
今回の釣行で、MURAKAMIさんの面倒見の良さと、伊豆の川を熟知していることに、深い感銘を受けたワタシ達なのであります。
a0056140_1743340.jpg
実はワタクシ、「合流点&大淵フェチ」なのです☆
この美しい大淵・・・こういうところで竿が出せただけでも、来たかいがありました!
仁科川には、こういう淵がたくさんありそうなので、また来て心ゆくまで堪能したいです☆
a0056140_1710589.jpg
その後、やっと20センチぐらいのアマゴを釣りました。
背中がグリーンで、パーマークがワタシ好みの丸っこい形のアマゴです。
ウ〜ン、魚信はあるのですが、合わせるタイミングが難しいです。
次回はきっと攻略するゾ〜!! ーーーそう心に誓い、竿を畳みました。

それから車に戻って着替えが終わった後も、道路っ端に立ったまま、皆の話は尽きることがありません。
ジイさんからも「終わったらいらして下さい」と声を掛けられていたのですが、あたりは暗くなってきたのに、なかなか終わりそうにないので電話をすると、わざわざ来て下さいました。
a0056140_1723170.jpg
自家製の麺や、甘夏ミカンや獲ったタコなどをレシピと一緒に持ってきて下さいました。
今回はゆっくりお話も出来なかったのですが、こうやって仁科川に来るきっかけが出来たので、またゆっくりお邪魔したいと思っています。
こうやってジイさんにも会えたし、仁科川の素晴らしさも知ったし、魚影も、ワタシ達にしてみれば「濃い」と感じられたので、楽しかったのですが、MURAKAMIさんはなぜか申し訳なさそうな感じでした。
帰宅してから「辻道」のHPの掲示板を見たTakeちゃんによると、仁科川を今回初めて見たワタシ達には想像もつかないほどに工事で変わってしまった仁科川を憂う人達の書き込みで一杯だったそうなので、(そうだったのかなぁ…)と思います。
興津川とか安倍川とか、“ドM”な釣り師の集う川で釣っているワタシ達には、仁科川はパラダイスに見えるんですけど…。

皆と別れを惜しみながら、帰宅したのは午後11時でした。
MURAKAMIさん、今日はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
ニコパさんも大物を逃しちゃったけど、大物を掛ける腕を持ってることが肝心よねー。お疲れ様でした!
遅くなっちゃったけど、皆が無事に帰宅出来ますように・・・。

5月9日(日)
夕べ遅かったので、今日はのんびりと「ブランチ」を食べてから出掛けようーーーということになりました。
晴れて気温も上がってきたので、お外で食べるのも良いのでは・・・と、さっそく昨日ジイさんから頂いた麺を、ジイさんのレシピ通りに作っていただくことにしました。
a0056140_18103332.jpg
シコシコした麺が、薬味として頂いた自家栽培の「辛み大根」と「柚子」を入れたつゆに良く絡んで、なんとも言えぬ美味しさです♪
初めての味わいと、外で食べた気持ち良さが相まって、どこか料理店で食事しているかのような錯覚にとらわれました。
このままのんびり・・・もいいけど、よしよしさんのブログを読んだら、(興津川に鮎を見に行かなくっちゃ〜)という気持ちがつのって、いてもたってもいられません。

今年の春の増水で、川がどのように変わったか見たいので、上流の大平あたりから、徐々に下ってみることにしました。a0056140_1830724.jpg
すると、MURAKAMIさんから写メが届きました。
実は昨日、仮眠をとってから帰宅しようと思ったらしいのですが、そのまま爆睡して、気がついたら朝になっていたそうなのです。
無理もありません。仁科川初釣行のワタシ達にすごく気遣ってくれて、自分はほとんど竿を出さずに案内し、行きも帰りも車で先導してくれて・・・。特に帰りは疲れているのに加えて、道路に鹿が飛び出してくるわ、イタチが横切るわ、狸が佇むわ…で、危なっかしくてしょうがなかったですものねー。疲れたまま運転して帰るより、そのまま眠ってしまったと知り、安堵しましたよ〜。
そして今日、目が醒めて狩野川で竿を出したら、この33センチの「戻りアマゴ」が釣れたとのことです!
さすが、MURAKAMIさん! ワタシ達も嬉しいですよ〜\(⌒▽⌒)/☆ 

そんな嬉しいニュースがあったのですが、『大島橋』では、堰堤で犬を泳がせていたから少ししか鮎が見えなかったのは仕方がないのですが、『八幡の橋』も・・・???で、そして、『片瀬の広場前』に来た時には、ショックでした。さらに砂が増え、かろうじて残っていたヘチの石もちょこっとしか見えなくなっていたからです。
大平からずっと「また砂が増えてる・・・」って感じていましたが、ここに至っては・・・。
4~5年前までは、ここは人の頭大の石がビッシリと敷き詰められていた平瀬の好ポイントだったので、それを思い出す度に、悲しくなります。
今年、宮ちゃんとてっちゃんが「興津川源流釣行」した際、支流の大規模の土砂崩れを発見したそうです。
それが近年の興津川の砂流出の原因らしいのですが、なんとかならないものでしょうか…。

その後、『土村付近』で本流釣りをしてみました。
深いところに沈んでいる石を数匹の鮎が食んでいるのが見えましたが、数が少な過ぎます。
しかし、80センチぐらいの水深の、底にビッシリと石が敷き詰められた平瀬には、たくさんの鮎が見えました! 
Takeちゃんは別のポイントで釣ってたのですが、これが掛かったそうです。
a0056140_1925798.jpg
良く見たら、やはり底石がしっかりしているところには鮎が群れているそうなのです。
いずれにしても、砂が多い所は、垢も少ないから鮎も付かないし、鮎も石が少ないとエサの垢が少ないから、大きくなれないのかも…。
鮎が居る所と居ない所がはっきりしているみたいで、まるで去年の解禁直後の川の状態と同じです。ーーーあ、これは、『土村付近』までしか見れていないから、それから下流はわかりません。
ワタシ達の見方が悪いのかも知れないから、くれぐれも参考にはなさらないで下さいね。
a0056140_19103864.jpg
夕飯にジイさんからいただいたタコを料理しました。
生のタコを料理したのは初めてですが、ジイさんから教わった通りに作ると簡単でした♪
生のタコで「タコ飯」を炊くと、タコもとっても柔らかいし、色も綺麗なんですね〜☆
タコには「精神安定剤」的作用があるそうなので、『片瀬』のショックが治まらないワタシには、いい薬になったかも・・・。
とっても美味しくて、先日の鯛といいタコといい、海の恵みって最高〜☆
だからといって、海釣りに転向したほうが良いなんて今のところは考えられないし…。
鮎が釣りたいんだもん〜(^-^;

ジイさん、ほんとうにご馳走様でしたm(_ _)m
[PR]
by hototo-gisu | 2010-05-10 19:31 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(11)

ゴールデンウィークの出だしは良くなかったけど…

5月1日(土)
ゴールデンウィークが始まったというのに、朝から胃が痛くて痛くて…。
「ヤセの大食い」のこのワタクシが、胃痛を訴えるなんて、ありえな〜い!!
「アマゴが釣れないからストレスが溜まってるんじゃないの?」なんて言われちゃうし…。
とりあえず「せんぶり」を飲んで、大人しくしていました。
a0056140_11413229.jpg
その間、TakeちゃんはDIYで、こんなん作っちゃいました〜☆
雨の日とか、車の中でお昼にする時、お弁当箱とか置くところがなくて不便だったのですが、これで快適に食事が出来ます♪
なんと、このテーブルを設置したまま、運転も出来るというスグレものです!!
(*注…ビールを飲むのはTakeちゃんですが、飲んだらワタシが運転担当です。念の為…(^-^;)
ウ〜ム、我が夫ながら、たいしたものです(笑)
それだけではなく、こんなものまでサササ〜ッっと付けちゃいました。
a0056140_115216100.jpg
簡易「竿ホルダー」です。
釣り場を移動する時、ここに竿を突っ込むだけで、竿がガタガタ動かず、とっても便利です。
アーア、こんなにアイディアが豊富なら、どっかの会社の「商品企画部」にいたら出世するだろうになぁ〜(爆)

夕方にはワタシの体調も回復してきたので、明日は興津川本流に行ってみようと思っています。

5月2日(日)
今日も五月晴れで、ようやく例年通りの陽気に戻ったようです。
興津川も、少し水位は高いものの、澄んでいるし、いかにも釣れそうな予感だったのに・・・。

二人して・・・

全然釣れませんでした!

カメラを忘れたので、画像もありません! ( ̄  ̄メ)

久しぶりの炎天下で、さらに午後から風が強くなったのに根性で本流竿を振り続けたせいか、頭痛がしてきました。
ちょっとムリしちゃったみたい・・・。でも、アマゴに会いたかったんだも〜ん(;д;)

いったい本流のアマゴは、どこに隠れているんでしょう・・・。

5月3日(月)
朝からのんびりと過ごしたので、体調も徐々に回復してきました。
そこで気分転換に、近くの海岸に「潮干狩り」に行くことにしました。
Takeちゃんも、そこで「潮干狩り」するのは、小学校以来とのこと・・・。
毎年7月に「潮干狩り大会」が開催されているのですが、それは大会のために人工的にアサリをバラまいているそうなのです。
だから、その“生き残り”とか、自然繁殖とかしていて、多少はアサリが採れるのではないか…というのが、ワタシ達の狙いなのであります。

干潮に合わせて行ってみたら、すでにたくさんの行楽客がいて、海岸を掘りつくしていました。a0056140_2255642.jpg
昨日まで「大潮」だったし、行楽客がバーベキューの合間に掘っているようです。
中には、海中のアサリを掘る「柄付きの小さいショベル」のようなものを使っている人も数人いました。
でも、そのショベルの先に付いている網は、穴が大き過ぎて、アサリがすり抜けちゃうと思うんですけど…。
そこでTakeちゃんが持って来た「スコップ」が大活躍でした!
スコップで海中の砂をすくって、浅いところに積み上げ、その中からアサリを探す…という作戦です。
苦戦しましたが、思っていたよりも採れたので、バンザ〜イ\(⌒▽⌒)/
a0056140_22193191.jpg
この画像では大きいアサリに見えますが、この半数以上はシジミよりも小さかったので、それらの小さいアサリは、写真を撮った後、海に返しました。
それでも、二人分のアサリのお味噌汁を作るのには充分です。
ア〜、楽しかった♪
明日も「ダメもと」で、気楽にアマゴ釣りを楽しみたいな〜☆

5月4日(火)
今日は午後から安倍川の支流でアマゴ釣りをしました。
最初に入ったところで、念願のアマゴちゃんに会えましたよ〜♪
a0056140_22415895.jpg
嬉しそうですねー(笑)
なんてったって、ちゃんとした型のアマゴを釣るのは、もう数週間ぶりですからねぇ…(^-^;
次のポイントでTakeちゃんも一匹釣りました。
a0056140_22443519.jpg
上のアマゴがTakeちゃんが釣った23センチので、その下がワタシが釣った22センチのアマゴです。
もう、これが釣れたから、帰ってもイイわ〜♪ーーーと思ったけど、まだ3時過ぎだし・・・。
せっかく来たから、もう一カ所、釣ることにしたのですが、そこで2匹追加出来ました☆
Takeちゃんも1匹釣ったのですが、釣った時は普通のアマゴだったのに、しばらくしたら、こんな風になっちゃっていました!Σ(◎o◎;)
a0056140_2252973.jpg
なぜか上半身がアルビノのように、白く変化しています。
突然釣られちゃったので、「顔面蒼白」になっちゃったのかしら…? 不思議です。
a0056140_2255953.jpg
ようやくアマゴが釣れて、なんだかホッとしました。あんまり釣れなかったので、もうイジケそうだったんだもん〜(笑)

さぁ、明日はゴールデンウィーク最終日。
久しぶりに「アマゴの薫製」でも作って、のんびりと過ごしたいと思っています。

5月5日(水)
朝、NAOさんから「ノッコミのマダイゲットです」との写メが・・・。
Takeちゃんにも見せたら、「『ウチのもヨロシク』って書いたら?」って言うのでそうメールすると…。
なんと、また釣れたとのメールが・・・。
「ウチのかな〜?」なんてレスしたら、なんと、また次も釣れたみたいで、本当にマダイを頂けることになっちゃいました\(⌒▽⌒)/
Takeちゃんは、「持つべきは、イイ舎弟!」なんて言い出す始末・・・( ̄▽ ̄;)

喜び勇んで、待ち合わせ場所に行ってみてビックリ!
a0056140_23385644.jpg
NAOさん、なんと、こんな大きなマダイを筆頭に、5匹も釣ったそうなんですよ!
そんでもって、ワタシ達に下さるというのが、コレ!!
a0056140_23402270.jpg
ヒェ〜ッ、こんな大きなマダイを頂けるんですかぁ〜?!
いやはや、こんなに巨大だったとは、メールではイメージ出来なかったんですよー。
いいんですか〜、こんなに大きいの???・・・と思っていたら、なんと、もう一匹下さるということで・・・ホントにいいんですか〜?・・・と言いつつ、頭の中では、どう料理しようかと算段し始めちゃったりなんかして…(苦笑)
a0056140_23463921.jpg
この画像では右手に持った方が大きく見えますが、実際は、両方とも同じくらいの大きさで、約55センチありました。
右手のがメスで大きな卵を抱えていて、左手のはオスで、白子を抱えていました。
a0056140_23505211.jpgお刺身にするには2日ぐらい置いた方が良いとNAOさんに教えてもらったので、今日は全部3枚におろして、アラや卵、白子、レバーを煮付けにしていただきました☆
(→口元が「さんまさん」みたい…) 
もぉ〜っ、身はしっとりと脂がのっていて味が良く、あまりの美味しさに、サイズが大きいのを忘れて、バクバク食べちゃいました(^-^;
ワタシがマダイをおろしている間、Takeちゃんはアマゴの薫製を作ってくれていたのですが、マダイをお腹いっぱい食べちゃったので、アマゴは明日、食べることにします。
a0056140_2357768.jpg
Takeちゃんは、このアマゴの薫製を一匹食べたのですが、こちらも身がしっとりとして、いい味だったそうです。
天然マダイに天然アマゴ・・・なんて贅沢なんでしょう☆

塩焼き、お刺身、カルパッチョ・・・と、明日もあさっても、美味しいマダイ料理が目白押しです☆
数日早いけど、このマダイでキクちゃんに「母の日」のご馳走を作ってあげたいと思っています。
NAOさん、美味しくて貴重な天然マダイを下さって、本当にありがとうございますm(_ _)m

ゴールデンウィークの出だしは不調でしたが、今やすっかり元気になりました!
この調子で、鮎の解禁も元気に迎えられたらいいな〜と思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2010-05-06 00:21 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(12)