~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:16
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 22:02
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 21:55
こんばんはー  最近何..
by ちゃぼ at 23:28
こんばんわ^^ 雨..
by nigapeclub at 22:08

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お金では買えない大切な宝もの☆

a0056140_1585150.jpgはじめに、ちょこっとだけお知らせがあります。

今年も、(株)週刊テレビから発刊される、ハローフィッシングの別冊「友釣り21 2011」に、つたない文章とお料理レシピを載せて頂けることになりました。

今回は、「鮎の甘露煮」「鮎の南蛮漬け」の2品です。a0056140_15134834.jpg

どちらも、初めて作る方にもわかりやすく、失敗しないように…と念には念を入れてレシピを作りましたので、参考にしていただけたら幸いです。
4月中旬に釣具店などで発売される予定ですので、他の雑誌のほうが先に発売になると思いますが、どうぞ「友釣り21 2011」のことも頭の片隅に残しておいて下さいね!
発売されたら、またお知らせしたいと思います。

・・・というわけで、年に2週間程しかないチームやませみの「オフ的休日」も、原稿の準備に追われたりして慌ただしかったのですが、投稿も終わり、やっと渓流釣りの準備をする余裕が出来ました。
本来ワタクシは、融通の利かない、チョ〜不器用な性格ですから、切り替えがヘタクソなのであります。
…がしかし、去年に続いて、今年ほど渓流釣りが待ち遠しいのは、初めてなのではないでしょうか。

それは、1月末にMURAKAMIさんから、これを戴いたからなのです。
a0056140_1539504.jpg
a0056140_15401056.jpgどちらもMURAKAMIさんの手作りです。
去年あたりから「塗り」をかじっているTakeちゃんと、「塗り」チョ〜初心者のワタシですが、この2品を手にした時の驚きと喜びは、ここでは書ききれません。
後でお聞きしたら、どちらも合成漆を20回も塗ってお作りになったと聞き、その手間や時間を想像すると、ワタシなんぞは気が遠くなります(^-^;
塗りだけではなくて、作りのひとつひとつが細かく造形され、芸術品の域なのに、実際の釣行に使える道具として工夫して作られているところがスゴイのです。

有頂天なワタシ達は、会う人会う人にこれをお見せして(見せびらかして?)いるのですが、川小屋さんに行った時も口々に、「これ使うの?」「芸術品だよ。もったいないなぁ。」…と言われ、永浜さんは、このエサ箱にミミズを入れるのは忍びないとお思いになられたのでしょう、奥からわざわざ「リードクッキングペーパー」を持ってきて、「これを中に敷いてミミズを入れたらいいですよ。」とアドバイスして下さいました。

「早くこのタモにアマゴを入れたい!」とTakeちゃんも切望しているのですが、ワタシだって、このエサ箱を胸に下げてアマゴを釣ることを想像すると、顔がニヤケて、デレ〜ッとなってしまいます。
この紅葉したモミジは、本物のモミジを貼って塗り込んであるのですが、この色合いといい、風情といい、自分で言うのもナンですが、今のワタシには、しっくりと似合っているのではないかなぁ〜って自惚れています(笑)

どちらも「世界にたった一つだけの」お金では買えない、心のこもった、ワタシ達の宝ものです。
MURAKAMIさんは、「作るのが好きで、作りたいように作った」とおっしゃっていますが、それを使わせていただけるワタシ達は幸せ者ですし、使うのが本当に楽しみです☆
このタモとエサ箱が充分に生かされるように、来週から渓流釣りに臨みたいと思っています。

・・・というわけで、昨日ようやく、仕掛け作りに着手したTakeちゃん。
メガネをかけたり外したりして、イヤイヤやっていました。
a0056140_16382951.gif
鮎釣りの仕掛けはワタシが作ってあげていますが、渓流の仕掛けは「Takeちゃんオリジナル」なので、自分の分は自分でこしらえるしかないのです。(笑)
「本流竿って、60-65のズームだよねぇ。」って言うから、台所にいたワタシが「え〜っ?! 7mだと思うよ〜。だってMURAKAMIさんが7.2か7.3を使っていらっしゃるって聞いて買ったでしょ? シマノのカタログがそこにあるから、確認したら?」って答えたら、いぶかしげにカタログをめくり、あげくの果てには、現物の竿を車から降ろしてきました。
「エッ? 70-75だったの〜?!Σ( ̄□ ̄|||) 1mも短く仕掛けを作るところだったよ。カタログ見たら60-65って載ってないから、モデルチェンジしたのかと思って、現物見てみたんだけど、見て確認して良かったなぁ〜。」ですって!
ワタシも人のこと、どうこう言えないです。7mだったと思う…なんて曖昧な返事で…(汗)。。。

全く不甲斐ないチームやませみですが、魂(スピリット?)はバリバリですよ〜(⌒-⌒)v
もの(物)も含めて、いろいろな「お金では買えないもの」を大事にして、日々過ごしていきたいです☆
[PR]
by hototo-gisu | 2011-02-28 19:57 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(20)

「鮎ガール」も増えるとイイねっ(^_-)☆

2月24日(木)
a0056140_20371376.jpg
本日、久しぶりにTakechan☆HouseがUPされました。

この絵は、Takeちゃんオリジナルのデザイン画です。
ワタシが今、もし20代だったら、こんな格好で鮎釣りしたいな〜☆
メーカーさん、こういった提案をしていって下さいよ〜(⌒▽⌒)/
そうすれば、いつの日か、こんな「鮎ガール」が川に溢れる日も近いかも・・・☆
[PR]
by hototo-gisu | 2011-02-24 20:51 | 鮎釣り | Comments(23)

興津川の年券を買ってきました(⌒▽⌒)v

2月20日(日)
3月1日の渓流解禁から始まり、5月20日の興津川の鮎釣り解禁・・・そして鮎釣りを続けつつも11月15日の狩猟解禁から2月15日の狩猟終了まで、週末の土日&祝日のほとんどを釣りと狩猟に明け暮れているチームやませみであります。

したがって、2月15日から2月末にかけての、約2週間の土日だけが、完全オフになります♪

だから昨日は、久しぶりにショッピングに出掛け、釣具店もはしごし、ネットでも釣り用品を買いまくりました!
a0056140_1634394.jpg
右上のは、おなじみ(株)シミズの鮎ダモ「テクノメッシュ」です。
針がタモの中で絡むストレスが無い上、張りがあるので、掛かった鮎とオトリ鮎を入れたまま水に浸けて石で固定し、友舟を取りに行く…といった使い方が出来るのでとっても便利です。
(*注…ただしメーカーでは、そのような使用方法はどこにも記載しておりません。鮎に逃げられる可能性もございますので、自己責任でお願い致します☆)
ワタシは2年前から使用して重宝していたのですが、Takeちゃんは自分で塗り直したタモが気に入っていたので持っていなかったのです。…がしかし、イカリ針だけならまだしも逆さ針まで引っ掛かって、かなりストレスが溜まっていたらしいので、満を持して今回買うことにしたのであります。

他、腕の日焼け防止にアームカバーとか、友舟にオトリを入れたまま移動しやすいトートバッグとか…究極は、69%値引きのアステア・リミテッドであります!
このリミテッドは、以前使っていたのですが、“トロ場・チャラ瀬の泳がせ釣り”に限っては本当に良く掛かる針でした。(だから、「リミテッド」って名前なのかな?)
そういった意味でオールマイティじゃないのと、値段が高かったので使うのをやめてしまい、記憶のかなたに忘れ去っていたのですが、今回のこのセールを見た時にハッ!と気が付いたのです。
形状が、例の去年の鮎釣り最終日に良く釣れた、Daiwaの「速攻S」にそっくりなんじゃないかと思ったわけです。・・・で、比べてみたら、ホントに良く似てます。違う点は(素材以外に)、同じ6.5号で、リミテッドが線径が0.04で針先がシワリであることと、速攻Sが、0.39で針先ストレートであること…かなぁ〜と。「速攻S」で釣れた時の感じが、今思うと、リミテッドを使っていた時に似てたんです! だったら、安いし3つぐらい買ってみようかな〜って思ったわけです。
グランとか、アステアの針って、ホントは大好き♡ 
久しぶりの「リミテッド」、使うのが楽しみです。

ついつい話がそれてしまいましたが、そんなこんなで昨日は消費が拡大いたしまして、日本経済に、多少は貢献をした我々なのであります。(笑)

ーーーで、一夜明けた今日・・・。
これもまた「先行投資」ということで、興津川の年券を買うために、宮原おとり店に行きました。
a0056140_17313189.jpg
a0056140_1733321.jpg
宮ちゃんに会うのも去年の11月以来ですが、元気そうでなによりです。
猟の話やら、イノシシの料理の話やらで、楽しいひとときを過ごさせてもらいました。
鮎や渓流釣りの話はほとんどしなかったけど、まぁ〜今年もなんとかなるっしょ!(^-^;

さて興津川ですが、先週の雨で(平水より若干少ないかな…?)・・・という程度の水位に戻ったようですが、河口は「瀬切れ」したままです。

どうか、鮎の遡上時期に間に合うようにほどほどの雨が降って、川が海に繋がりますように…☆
[PR]
by hototo-gisu | 2011-02-20 18:51 | 鮎釣り | Comments(18)

無事に猟期を終えることが出来ました☆

2月12日(土)
昨日は一日中雨だったし、ちょっと風邪気味だったので猟に行くのをやめました。
今日も小雨が降っているのですが、15日で猟期も終わりなので、ここは出猟しなければ…と気合いを入れて出かけることにしました。

午前10時をまわっているのに、外の気温は4℃です〜。ブルブルブル〜ッ…{{{{(;>_<)}}}}
Takeちゃんに震えてるとこ見られちゃったので「これは、武者震いですから!」と言ってたのですが、「無茶震えじゃないのぉ?」ですって!(苦笑)a0056140_22321322.jpg

それにしても、あちこち見て回ったのですが、マガモもカルガモも全然いませんでした!
誰か回った後なのかなぁ…(;д;)
鴨がダメなら、天候が悪いのでキジさんに会えないかなぁ〜と畑回りを探してみましたが、全然です。
会えたのは「カケス君」だけ! 辺りが暗いので、ピント、ボケボケですぅ〜。

しばらくすると、偶然にもマコトさんとすれ違いました! マコトさんはお父さんと愛犬チョビと一緒です。
親子で同じ趣味を楽しめるなんて素敵だな〜☆ マコトさん、何よりの親孝行だと思いますよ(^-^)
(良いなぁ〜)ってボ〜ッとしていたら、マコトさんから「コジュッケイ食べますか?」と聞かれ、すかさずTakeちゃんが「食べる、食べる!」なんて喜んでいるので、遠慮なくいただいちゃいました(^-^;
またまた「ぬれ手に粟」状態の、チームやませみなのでございます(^-^;

今日で猟は終わるつもりでしたので「コジュッケイ、もらったど〜(⌒▽⌒)/」
めでたし、めでたし!・・・と、ブログに書いておこう。。。なんて考えてたら。。。最後の最後に見に行ったところに、カルガモに混じってマガモのオスが1羽だけ居るではありませんか!!Σ(◎o◎;)
こともあろうに、そのマガモ、ワタシが見た時は、大きくパカ〜ッと口を開けて、ベロ丸出しであくびをしてたんです。
カルガモに迎合して自分の身を守ろうとしているなんて、なかなか賢いというか、ふてぶてしいマガモ君ではありませんか!

カルガモは完全無視して、マガモだけ狙うことにしました。

しかし、いろいろ障害があって、なかなか撃つタイミングが合いません。
ようやく撃とうとした時、身体が冷えきっちゃって、もう寒さで震えが止まらなくなって、とても撃てる状態ではなくなりました。
「武者震い」じゃなくて、「マジ震い」です!
心配したTakeちゃんが、一旦車に戻って、身体を暖めたら…と言うので、その通りにしました。

しばらく車でヒーターにあたって身体を暖め、再度挑戦です。

距離は52mぐらいでしたが、右に外してしまいました。ショック…デス。。。(泣)
しかし、それが幸いしたのか、マガモやカルガモにとっては、何が起こったのかわからなかったらしくて、飛んだんですけど、すぐそばに降り立ちました。

でも、その2回戦でも丸ハズレ…。ショボ〜ッ(TεT;)

しかし…なんか今猟期はツイてるんでしょうか…?
それとも「あのマガモが獲れるまで、帰りません!」という強い思いが天に届いたのか、そのマガモが逃げた先は、障害物のない、とても狙いやすい所だったのです。
…が、距離は67m。
70mちょうどのところで勝負したいのになぁ…と思いつつ、Takeちゃんと作戦を練っていたら、いつのまにか70mちょうどの位置に、マガモが移動しているではありませんか!
でも、微妙に警戒して、首を伸ばして泳いでいます。

そして・・・首を折り畳んで止まったところに狙いをつけて、ほっぺた目掛けて引き金を引きました。

バタバタバタ〜ッ・・・・ あれ〜っ? 飛んでっちゃったよ〜っ!(゜o゜;)    

なんで当たらなかったの??

70mのつもりで撃ったから、距離が間違いだったのかとレンジファインダーで何度も測り直したりして、未練タラタラなワタシ…。

するとTakeちゃんが、「当たってたみたいだよ! 川に降りた後、バタバタし始めて・・・あっ、動かなくなったみたいだよ。」

え〜〜っ? あんなに普通に飛び立ったのに……???

a0056140_1436783.jpg
やっぱり鴨って、矢に強いんです。
っていうか、エアーライフルの弾は小さいし、威力が強い分、一瞬のうちにスパーンと抜けてしまうので、ダメージに速効性がないんだと思います。
今回の弾は、撃ち下ろしだったので背中から右脇腹に抜けていたのですが、狙った通りのほっぺたに当たっていたら飛ばなかったはずです。外れて当たったから飛ばれてしまったのです。
飛ばれてしまったら(やっぱり当たらなかったのかな〜?)で終わってしまうんだけど、Takeちゃんがちゃんと見ていてくれたおかげで、弾が当たっていて、どこに降りたかもわかったので回収出来たわけでして…。
今猟期は、Takeちゃんの「鴨センサー」無くしては獲れなかった鴨がほとんどであります。
Takeちゃんに感謝ですぅ〜m(_ _)m
a0056140_14473514.jpg
お夕飯に、マコトさんからいただいたコジュッケイを、焼き鳥と照り焼きにして食べました☆
「歯ごたえがある点だけが“野生”を感じさせるけど、それ以外はクセがなくて美味しい肉だねぇ!」とTakeちゃん。
声はするけど、なかなか見られないコジュッケイですが、マコトさん、良く獲りますよねぇ…。
他の猟仲間から「獣の目を持つ男」と呼ばれているマコトさんを見習って、ワタシ達も精進していきたいと思っています。
マコトさん、美味しいコジュッケイ、ごちそうさまでした\(⌒▽⌒)/♪

最後に・・・ (って、まだまだブログは続くんですけど…)

今猟期も、怪我や事故がなく無事に終えることが出来て、本当に良かったと思っています。
そしてもう一つ…
我々、チームやませみのモットーである「半矢は作らない」(回収率100%である)ことを、前期に引き続き今猟期も達成することが出来ました。
空気銃猟をする方が増えたことに伴って、このブログへのアクセス数も増えているので、あえて繰り返しお伝えしたいことは、鴨やキジは「矢に強い」ので、「必ずを狙いましょう」ということです。
エアーライフルを所持したての頃、ネットで学んだ「羽の付け根を狙う」というのを鵜呑みにして、羽の付け根を狙っていました。ですが、たとえ当たっても、鴨は意外にも賢いので、頭がしっかりしていると、水に潜って水中の草をくわえ潜ったままジッとして出てこなかったり、ありとあらゆるところに隠れたりして、鴨との追っかけっこが絶えませんでした。
時には、そんな追っかけっこに勝てずに半矢にしてしまって、後悔と罪悪感が残ってしまったものです。
そんな時にJAFTAの方々から「ヘッド(頭)を狙わないとダメだ」と教えて頂いて、それからは“頭”しか狙わないようにしているのです。
ですから、射撃の腕が悪く、「丸外し」ばかりで恥ずかしいけれど、当たったら「頭かネック」に当たるわけですから、半矢で罪悪感を持つことはなくなりました。
「スコープでピンポイントを狙って撃つ」ことが出来るエアーライフルの特性を生かして、今後も猟をしていきたいと思っています。

2月13日(日)
猟期は15日までなので、今日も軽〜い気持ちで出掛けました。
はっきり言って、昨日気合いを入れ過ぎちゃったので、今日は猟欲はそんなにありません(^-^;
鴨やキジがいないか探索しつつ、安倍藁科川の年券を買いに、「川小屋」さんに寄ることにしました。
a0056140_1551013.jpg
お馴染みの常連さんの松永さんや、Nさんもいらしていて、鮎の話やらウナギの話やら、話は尽きません。
話が渓流釣りに及んだ時、「エサ」の話になりました。
「やっぱり初期はイクラがいいみたいだね」ということを誰かがおっしゃったので、Takeちゃんが「自分はイクラもブドウ虫もミミズも、何でも使うけど、ホトちゃんはミミズだけです。」と言うので、「そうそう、ワタシはミミズしか使いません。」という話をしたら、「ミミズなら、あそこにいっぱい居るよ。」・・・と、松永さんがスコップ片手に、近所の空き地に連れてってくれました。

そして、スコップでちょっと掘り返すと、丁度良いサイズのミミズが3匹出て来たではありませんか(*_*)

「まだ、早いんじゃない?」とおっしゃる皆さんの言葉に耳も貸さず、松永さんが持ってきて下さったクワを片手に、Takeちゃんとミミズ掘りを開始したのはいいのですが、さっきの3匹どころか、ミミズは全然、居ません!
そこへ現れた松永さんに、「ミミズも人を見るんですかねぇ…(-"-;)」と愚痴を言いつつTakeちゃんもワタシも血眼になって掘っていたのですが、ミミズは一向に出てこないではないですか!
(やっぱり暖かくならないと出てこないのかな?)なんて諦めかけていたら、松永さんが掘り始めた所に、ワラワラとミミズが…。
それから夢中になって、Takeちゃんと二人で、ミミズを採りまくりました。
Takeちゃんがポロッと言った言葉は、「川小屋さんに来るお客様で、スー師匠と奥さんは『山菜採り』、かたや我々は『ミミズ掘り』!」
アハハハッ、Takeちゃんの言う通りだね〜!
a0056140_16121218.jpg
川小屋に戻ると「今から採ってどうするの?」とたずねられたので、「ミミズを飼っておく
「ミミパレス」に入れるんですよ。」と答えたのですが、その「ミミパレス」がこちら→。
ハエとかが卵を産んだりしないように網で防御し、ミミちゃん(ミミズ)が快適に暮らせるように、水分温度など空調システム完備で、時々エサも補給致します…と、至れり尽くせりの高級マンションーーーそれが「ミミパレス」なのでございます(笑)

「鴨よりも、ミミズ」なぁ〜んて豪語していたせいか、せっかくマガモを見つけたのに逃げられちゃいました( ̄▽ ̄;)
初めての場所だから攻め方がわからなくて当然だったんですけど、来猟期の楽しみが増えました☆

a0056140_16283827.jpg
ミミズだけじゃなくて、肝心の年券も忘れずにゲットしました!

3月1日からは渓流釣りの解禁なので、徐々に「渓流釣りモード」に頭を切り替えていきます。
ーーーと思っていたけど、ミミちゃんもゲットしたので、意外にスムースに切り替えられそう(^-^;

だけど…川が問題です。
ここ数日は雨が降りましたが、何のお湿りにもなっていないようで…。
川は瀬切れしているところもあり、渇水具合が半端じゃありません。
これから雨の日も多くなりそう・・・という予報ですが、それを信じて、川の回復を待ちたいものです☆

そういえば、今日、川小屋さんでも、鮎竿の話題が出てましたっけ!
ワタシ達は竿を新調することもなく、ワタシ自身、今年こそトライアン7.5を使いこなして、釣果UPに努めたいと思っています☆
そこで、こちらの漫画を・・・
a0056140_16395718.jpg

                            …次回もお楽しみに♪
[PR]
by hototo-gisu | 2011-02-14 18:45 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(19)

「ぬれ手に粟」…じゃなくて「ぬれ手にワカメ&ヒジキ&マガモ」?

2月5日(土)
今日は猟に出かける前に、ご近所さんから近くの砂浜でワカメが採れていると教えて頂いたので、行ってみました。
a0056140_1431524.jpg
ザブ〜ン、ザブ〜ンと打ち寄せる波の中に、ヒラヒラと漂うワカメやら海草の類いが見えます♪
Takeちゃんが機転を利かせて持参したタモで、寄せてくる波と一緒に流れてくるワカメをすくうのですが、ついつい夢中になって大物ワカメを追いかけていると、危うく長靴の中に海水が入ってしまいそう…(^-^;
Takeちゃんはすでに膝上まで波に襲われて、ベショベショです( ̄▽ ̄;)
それを見たワタシはすぐに車に戻って、ウェーダーに履き替えちゃいましたので、もうコワいもの無しです♪
ガンガン海に入って、ワカメとヒジキを採りまくりました\(⌒▽⌒)/
ビニール袋に二袋分採ったところで、魚影…じゃなかった“ワカメ影”が薄くなったので、今日はこれで勘弁してやろうではありませんか( ̄  ̄)b(笑)

さて海の幸をゲットしたチームやませみですが、今日はマガモを獲るのが本命なのです。
気がつけば、もう2月・・・猟期もあと残りわずか…。
マガモのストックがないと、夏が越せないではありませんか!!(?)

・・・というわけで、午後から猟に出掛けました。
しかしマガモどころかカルガモも全然いません…暖かい陽気のせいで、やたらと人出は多いんですけど…(泣)
諦め気味に車を走らせていたら、道端に小さい緑色の野鳥が…?
a0056140_1403534.jpg
ソウシチョウという名の「カゴ抜け」の鳥の一種です。
Takeちゃんによると「観賞用」に作られた鳥らしいのですが、カゴ抜けして野生で暮らし、繁殖して増えているみたいです。この子も5~6羽の群れで行動していました。
野鳥図鑑やデジスコが趣味の方のブログでは見たことがあるのですが、本物を見たのはこれが初めてです☆
a0056140_17315124.jpg

「今日はソウシチョウが見れたから満足です」と、ブログに書いておこう・・・なんて思っていたら、カルガモがいました!
距離は53メートル・・・だったんですけど、ワタシのことに気付いて、ス〜ッと逃げてみたり、ジッとしていると戻ってきたり…。
その戻ってきたタイミングで撃ったのですが、外れてしまいました(;д;)

すっかり凹んでいたワタシのもとにTakeちゃんが近づいてくるやいなや「今、『グワッ!』って鳴いたよ、まだ近くにいるかも…」と言って、確認に行きました。
ワタシも確認してみようと立ち上がったその時、バタバタ〜ッと、隠れていたカルガモが2羽飛び立ちました。
すごいなぁ〜Takeちゃん、『グワッ!』って言ってたのはホントだったのね〜。
そう思いながら水辺に目をやった時、見覚えのある背中が見えたのです。

えっ? マガモのオス?・・・

そうです、間違いありません! マガモのオスが、メスを2羽引き連れているようです。
さっき『グワッ!』って警戒の声を発したカルガモは、もしかしたらこのマガモ達に教えたかったのかも…。
あ〜あ、それなのにマガモ達は呑気に泳ぎ回ってます・・・やっぱりロシアから来てるから、日本の鴨言葉は通じないのかもねぇ〜( ̄* ̄;)
呑気なのはいいけど、泳ぎ回っていると撃てないし、木々の切れ目にきてくれないと撃てないんですけど…。
しょうがないから、持久戦です。

すると、しばらく待っていたら、木の切れ目にマガモのオスが現れました。
距離は52、3m。さっきは外したけど、今度こそは…と撃ったらネックに当たりました。a0056140_14243830.jpg
「『カルガモを傷付けないで銃の練習をして、マガモを撃つ』ジンクスは健在だね!・・・アレッ? ホトちゃん、顔に“返り血”が付いてるよ。」
・・・返り血? そんな荒っぽいことしてませんけど…?
車のミラーを見ると、口と鼻の間に血がポツッと付いています。
ティッシュを濡らして拭き取ると、赤い点が残っています。
ア〜ッ、わかった〜! 
さっきマガモをジッと狙っていた時に、プゥ〜ンと小さい虫がやってきたのですよ。
でも、スコープをのぞきながらマガモを狙っていたので、追っ払えないのをいいことに、こんなとこ刺しちゃって…(`´メ)
良く見ると、右手の指もやられていました。
引き金に手を添えて待機していたから、そのスキにつけ込んだのねー、まったくぅ〜(怒)
昨日が「立春」だからって、そんな律儀に活動を始めんでもよかと!(長崎弁?)

次回からは虫除けを忘れないようにしよ〜っと!帰ったら鮎の道具箱からハッカ油のスプレー出しておこ〜っと♪

おかげさまで、顔には「有難くない勲章」が残りましたが、なんとかマガモをゲットすることが出来ました☆

その後、逃げたメスのマガモを追いかけて撃ちましたが、それは丸外れ…(^-^;。
外れたことはショックですけど、今日は1羽獲れたから大満足なのです。

今日も海の幸、山の幸に恵まれた一日になりました。
海で思いっきりはしゃいだせいか、とても眠いです…おやすみなさいzzz。。。

2月6日(日)
朝から、昨日採ってきたワカメとヒジキの下ごしらえをしました。
a0056140_15183231.jpg
左下の赤っぽい海草はアカハンバと呼ばれる海草だそうです。
アカハンバの左上に写っているのがヒジキで、それ以外は全てワカメです。a0056140_152322100.jpg

ワカメはお湯でさっと茹でると、このように美しい緑色になりました。
このまま食べても、シャキシャキして美味しいです☆
丸いボウルに入っているのは、アカハンバを煮たものです。煮ると少し粘り気が出て、まるで「磯のり」のような感じ…。甘辛く煮たら、「ごはんですよ〜」が出来そうです(^-^;
「酢味噌で食べる」と聞いていたので、酢味噌にワサビを入れたものでアカハンバを食べてみたら、磯の香りと柔らかな口当たりに、とってもレアな食べ物である感じが沸々と湧いてきました。a0056140_1547573.jpg
ワカメは「干しワカメ」にも挑戦してみました。
今日は珍しく曇っているから、乾きが悪いかな?
でも、干すと茶色からだんだん緑色に色が変わってくるから、不思議です(^-^)
a0056140_15571677.jpg
ヒジキはお湯で40分ぐらい下茹でをしました。
あんなにたくさん採ったつもりが、煮ると減っちゃったような気が…。
スーパーで売っているのと違い、ちょっと細い感じなので(本当にヒジキかな…?)と少し不安でしたが、こうやって煮付けてみて、まさにヒジキだったので安心しました(笑)
ヒジキの煮物は好物の一つなので、また採りに行かなくっちゃ〜!

午後から釣具屋さんに行きました。
渓流釣りと鮎のカタログをゲットする為です☆
DAIWAとSHIMANOとがまかつのカタログをいただいてきましたが、まだじっくり見る暇がありません。
・・・っが、SHIMANOの本流竿、去年「翠隼本流」がいきなり先っぽが折れちゃってガッカリだったんですけど(もともとソリッド穂先って嫌いだし…)、今年の新製品のSUPER GAME BASIS ZBがすごく良さそうに見えて心が揺れます。
カタログに惑わされてはイカンね(`´メ) 心を鬼にしないと…。

なぁ〜んて言ってたら、Takeちゃんが前回なにげに好評だった「バラの手入れ」の続編を書き下ろしましたので(今回は2本立てです)、イヤだけど載せちゃいます。
a0056140_16274275.jpg
*クリックすると拡大しますが、拡大しなくて結構です(笑)

実在の人物(ホトトギス)とは、何の関係もございませんので、あしからず〜。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-02-07 17:51 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(21)

ヤマドリ、ヤマドリって騒いでいたら…(^-^;

1月31日(月)
土曜日にヘンなキジに遭遇し、「すわっ、ヤマドリか?!」なんて騒いでいたら、昨日の夕方に突然マコトさんから連絡があり、伊豆のウスアカヤマドリをいただいちゃいました\(⌒▽⌒)/
(*注…後日マコトさんから「ウスアカヤマドリ」だと教えて頂きましたので訂正させていただきました。)
a0056140_1449159.jpg
普通のヤマドリは散弾銃を所持していた頃に獲っていたのですが、伊豆のウスアカヤマドリは、見るのも食べるのも初めてです!
マコトさんは先日も獲ったらしくて、それは剥製にしたそうなんですが、今回は尾っぽだけ記念にとっておいて、あとは譲っていただけるとのこと。

ヤマドリを見るのは初めてのTakeちゃんも大喜びで、珍しくさわったりしていました。a0056140_14563722.jpg
これが噂に聞いていた「伊豆のウスアカ」なのね〜。
普通のヤマドリに比べて、かなり赤みが強いです。
頭部から首周りにかけての赤みがかった毛の色が、すっごく綺麗です。
山の奥深く、岩がゴロゴロとした沢の近くにひっそりと暮らすヤマドリさん達…。
なぜか「ライチョウ」などと違い、マスメディアで取り上げられることがほとんど無い為、知名度はイマイチですが、そのほうがヤマドリさん達にとっては幸せかもねっ。a0056140_1528519.jpg

さっそく羽を毟ってみましたが、散弾銃で撃って獲ったはずなのに、右肩近くに1発入った痕しかありません。あとは首ないし頭部に当たっている模様で、首の骨はくだけてグラグラになっていました。羽の乱れは、猟犬が回収して出来たものだと思われるのですが、歯型らしきものは付いていませんでした。

羽を毟りながら、(さすがマコトさん、頭に当てるなんて、銃が振れてリードがしっかりしてるのね〜)(やっぱり空気銃はやめて良かったかも…。居鳥が当たるようになると、飛ぶ鳥は獲れなくなるって言うものね〜)などと感心しながら、(そういえばニコルさんから以前いただいていたカルガモも、頭部にしか弾が入っていなかったっけ…)(ニコルさんが生きていたら、マコトさんと一緒にウスアカヤマドリ撃ちに行けたのに…)と、ついついニコルさんのことも思い出してしまいました。a0056140_15421349.jpg


さて、ついにワタシ達にとって、初のウスアカヤマドリを食す時がきました!
肉の味を味わいたいから、今日は焼き鳥にして食べてみることに…。
すると・・・「ぜんぜんクセがないね!」「“野生の鳥”って感じがしないね〜」「普通に『鶏肉』って出されても、ちょっとコシの強い肉だね…ぐらいにしか思わないね」という感想で、ホント、普通に上品な鶏肉の味で美味しいです。
以前食べていた時は、独特のヤマドリの香りがしたんだけど、ウスアカヤマドリはクセが少ないのかな?
骨もバラバラにしたので、数日後には鍋にしていただこうと思っています。

ウスアカヤマドリをいただきながらTakeちゃんに、羽を毟りながら思ったこと(↑に書いたこと)を話しました。
「そうなんだ…、マコトさん『弾はどこに入っているか確認してないけど…』って言っていたけど…。きっとマコトさんもニコルさんも、ホトちゃんがハンターだから下手な当たり方をした獲物はあげられないって思ったんだね。僕らが同じ鮎師に鮎をあげるとしたら、逆さ針をブチブチに刺した鮎はあげられないって思うのと一緒だよ。」
「なるほど〜、もしそうだとしたら光栄だな〜、そういう風に思ってくれて…。」

なんだか立派なハンターとして認められているような気がしてきて(←勝手に思い込んでいる)気分が良くなり、お酒がすすみました(^-^;
マコトさん、貴重なウスアカヤマドリ、ありがとうございます(⌒▽⌒)/

それにしても、天然のマダイやヒラメに続き、こんな珍しいウスアカヤマドリまで手に入れるとは…。
(実は他にも貴重なものが昨日届いたですが、これについては後日報告したいと思います。)
いいのか〜、チームやませみ!!
こんな貴重なものをいただいてばかりで、それこそ「ぬれ手に粟」とならないよう、誠心誠意がんばらないといけませんよ〜!( ̄^ ̄)b

・・・と決意も新たにしたところで、Takeちゃんの漫画をUPしちゃいます☆
a0056140_1631054.jpg

                         …次回もお楽しみに。。。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-02-02 18:34 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(24)