~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:05
新しい家族のお迎え、おめ..
by kai at 21:38
>雪だるまさん こんば..
by hototo-gisu at 22:05
今雌雄は土曜日の三面川の..
by 雪だるま at 21:34
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:37

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

釣られてくれて、ありがとう。

3月26日(土)
ここには書ききれない、いろいろな思いもありますが、今日はひさしぶりに川に出かけてみました。
a0056140_164821.jpg
川に立ち、黙祷をして、この瞬間、川にいられることに感謝をしました。

そして一投、一投、流れにエサを投じてみたのですが、一向にアタリすらありません。a0056140_1626930.jpg

今年は渓流釣りも鮎釣りも「自分の釣りに真剣に向き合う」ことを、解禁の時に決意してあった私。
その通りに釣っているので、釣れなくても正直悔いはないのですが、ハヤの一匹でも釣れてくれないものかなぁ…と、あまりの魚影のなさに、ついつい思ってしまうのは情けないことです。

Takeちゃんとは上下流に別れて釣り進んだのですが、下流に釣り下ったTakeちゃんも全くアタリ無しだったとのこと…。

淵のそばの岩には、カワウのものとおぼしき糞がたくさんあったので、もしかしたら、去年から今年の2月にかけての渇水状態の時に、カワウに食べられてしまったのでしょうか?
(※注…画像の鳥は「カワガラス」です。今日の釣りのお供をしてくれたので記念撮影しました。「カワウ」ではありませんので、念の為…。)

その後、その川の支流に行って来た方々にお会いしたのですが、支流では16センチぐらいのが7、8匹釣れたらしいので、アマゴがいなくなったわけじゃないとわかり、ちょっと安心しました。
今日私達が釣れなかったのは、単に腕のせいだったんですね。スミマセン。。。

明日も厳しそうですが、気合いを入れ直して頑張ってみます。

3月27日(日)
今日は晴れているのですが、川に立ち込むとジッとしていられないくらい水が冷たいです。

以前釣ったことがある場所で釣り始めたのですが、ここもな〜んにもアタリがありません。
水温が低いせいでしょうか?
それでも、ちょっとぐらい反応があっても良さそうですが…。

以前、Takeちゃんが良型をバラしたことのあるポイントに来ました。
ここはどうでしょう?

…が、一投目・・・なんと根掛かり!

私が使用している翠隼本流はソリッド穂先なので、穂先がグニャッと曲がってしまい、根掛かりを外すのが大変だったのですが、ようやく扱い方に少し慣れてきて、上流にベタ竿にして、糸をクックッと、緩めたり張ったりすると外れやすいみたいです。
今回の根掛かりも、なんとか場荒れせずに外すことが出来ました。

…で、二投目。
再び根掛かりするのをおそれて、奥の方のポイントにエサを投入してみました。
すると・・・グッと横に引ったくるようなアタリがきました! 

あっ、アマゴだ!!

銀色に反転する魚体が見えました。
まぁまぁの型のようです…が、ソリッド穂先では竿先が魚体の動きを吸収してしまうのか、見た目ほど大きい魚が掛かっている感じがありません。
チューブラー穂先と違い、魚があまり抵抗しないのか、抵抗しているのが手元に感じられないのか…。
わりとすんなりとタモに入ってくれました。
a0056140_2263846.jpg
でも、心臓バクバクです!
なにしろ、昨日はボウズだし、今日もこの一匹が掛かるまで、アタリがゼロでしたから…。
まるでサクラマスでも釣ったかのようなドキドキ感で、バラさなくて良かった…と思いました。
kaiさ〜ん、♪気絶するほど、悩ましいぃ〜♪♪って歌う余裕、なかったですョ。。。(^-^; 

その後、場所移動して、Takeちゃんにも念願の良型アマゴが…。
a0056140_2212443.jpg
ようやくMURAKAMIさんから頂いたタモに魂が入りました。
私が釣ったのは23センチで、このアマゴちゃんは22センチでしたが、私のよりも幅広で立派な体格のアマゴでした☆
いるところには、ちゃんと残っているのね〜(⌒-⌒)

ようやく2匹釣れたので、晩ご飯の時に喧嘩しなくてもすみます。

・・・と安堵したのですが、キクちゃんの分も忘れてはいけません!
a0056140_2227482.jpg
3匹目、なんとか釣れましたよ〜☆ それもTakeちゃんと同じくらいのサイズです。
a0056140_2229215.jpg
上のがTakeちゃんが釣ったアマゴで、下のが私の2匹目であります。
今日も家族が食べる分だけ釣るという、適正捕獲数を厳守しているチームやませみなのでありました。
(いいえ、本当はもっと釣りたくても、二人で3匹釣るのが関の山なのです。σ(^_^;))a0056140_2241058.jpg

釣りが終わって川から上がろうとした時、カゲロウが飛んできて手にとまりました。
若草色の小さな身体が、風が吹くと揺れていましたが、足を踏ん張って、しっかりととまっていました。
こんなに小さくても、生きているんですね。

私の母が亡くなったのも春(4月13日)でした。

「人間は流す涙の量が決まっている」って聞いていましたが、私は悲しくて、いろいろと思い出す度に後悔して涙がどうにも止まらなくて、涙の量が限られているなんて絶対ウソだと思いました。
後にも先にも、あれほど泣いたことはありません。
お葬式も終わり、ひとりになった時、スズメが道路にチュンチュンしているのを見た時に、「こんな小さなスズメでさえ生きているのに、お母さんはどうして死んだの?」と思いました。

あれから20年経ちました。今は、あの時の悲しみは薄れて、母はいつもそばにいて、見守ってくれているような気がしています。

被災して悲しみにくれていらっしゃる方、悲しむ暇もない状態におかれている方、尊い家族の命が失われた方、原発の事故で避難を強いられている方・・・辛い状況にいらっしゃる全ての方に今、私が出来ることは、心から祈ることです。どうか救われますように…良い方向に向かいますように…と。
この世の多くの人々も、このブログをご覧の皆様も、気持ちは同じだと思います。
皆様の、今日よりも明日が、少しでも良い日になりますようにと、心からお祈りします。


・・・ブログは明るい感じにまとめよう・・・と思って、何度も書き直していたのに、最後はやっぱり重くなってしまいました。


・・・それにしても、釣れない!
「あまりに釣れないと、釣り方がわからなくなってしまう」と、Takeちゃん。
「そんなことないよ。アマゴがお留守なのよ。」と私。
どんな名人だって、アマゴが居ない所では、アマゴは釣れないんだから…。
そりゃ、私達は下手なんですけどね〜。 じゃ、どこに行ったらいいのかなぁ…。

そんな迷える私達に、今日釣れてくれたアマゴちゃん達、釣られてくれて、本当にありがとうね!!
[PR]
by hototo-gisu | 2011-03-29 07:41 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(14)

あれから10日経ちました。

平成23年3月11日。

その日私は、更新された銃の所持許可証を受け取る為、警察に行く予定でした。
しかし、なぜか気乗りがしません。
「風邪気味で…」と警察に連絡をして、午後からラジオの国会中継を聞きながら、ようやく着手した鮎釣りの仕掛けを作っていました。

すると突然、ラジオから不気味な注意信号が鳴り出し、

「緊急地震速報です。宮城県石巻沖で強い地震が起きました。津波の危険があります。海岸付近にいる方は、海に近づかないで下さい。」

と放送されたのです。

(震度はどのくらいだったの?)と思いながら耳を傾けると、国会ではなく東京のスタジオらしきざわめき音とともに「東京も揺れています!」という声がしました。
そして、その数秒後、こちらも揺れ始めました。
横にグワングワンと大きく揺れ、その揺れ幅が大きくて、立ち上がろうとしましたが立てません。
咄嗟に、(東京や此処でこんなに揺れるなんて、まさか東北では大変なことになっているのでは…)と恐怖が頭をよぎって、手がガタガタ震え始めました。
2階にいるTakeちゃんがドアを開ける音がしました。
「これは静岡が震源じゃないのよ!」って伝えたかったのですが、まだ揺れがおさまらないので、動けません。

やがて揺れがおさまり、2階から降りて来たTakeちゃんと無事を確認しあいながら、テレビをつけてみました。

アナウンサーが「石巻市役所 防災課」の人に電話で様子をたずねていたのですが、「今のところ、ケガ人や火事などの情報は入ってきていません。」と言っています。
(本当にそうならいいけど…)と、なお不安感は消えません。

すぐに私達の所も「大津波警報」が発令され、「避難勧告」が出されました。
それでも私は、(静岡は大丈夫だけど、宮城や岩手が心配)という気持ちが強くて、そちらばかりが気掛かりで、全く冷静さを失っていました。
Takeちゃんが気を利かせてキクちゃんをウチに連れてきてくれた時に、ようやく我に返りました。

・・・しかし、事態は最悪であることをテレビ画面が映し出していました。

それからは・・・多くの人々と同じ思いです。
一瞬のうちに何もかも奪い去って行く大津波に、なすすべもなく、ただただ1人でも多くの命が助かりますように…と祈るしか出来ませんでした。
そして岩手や秋田にいる友人が心配でなりません。
しかし、電話をすると通信網の妨げになるだけでなく、停電中にかけるのは迷惑になると思い、連絡を待つしかなかったのです。
その間も、テレビから何か情報が得られないか、固唾をのんで見守っていました。
しかし、テレビで報道されるのは被害が酷かった数カ所に限られていたので、その他の町村の情報は全然得られませんでした。

ようやく15日の朝に秋田の友人から連絡があり、夜には岩手の友人とも連絡がとれました。
ずっと不安が募っていたので、どれだけ安堵したかわかりません。

ただ・・・この地震が起きてから、岩手で過ごした頃のことをずっと思い返していました。
岩手の人々にどれだけお世話になったか知れません。
あの方は大丈夫だったんだろうか、あそこは被害をまぬがれただろうか・・・。

津波で被害を受けたところの川のことも思い出していました。
気仙川の鮎の解禁日(7月1日)で、0.08号のメタルラインをブチブチ切られ、次の日にリベンジに行ったこと…。
その気仙川が流れる住田町の情報が全く入ってこないと、テレビでは伝えられていましたのでずっと心配でした。
岩手というと、伊藤稔さんもご無事でしょうか…。

閉伊川に渓流釣りに行ったけど、下手な私には小さいヤマメが4匹しか釣れなかったこと…。
鈴子陽一さんが「岩手県内で一番美味しい鮎が釣れる川」とおっしゃっていた甲子川(かっしがわ)で鮎が1匹しか釣れなかったこと…。
他に安家川や久慈川…。住民の方々は無事でいらっしゃるのでしょうか…。

毎日、毎日、被災されている方々のことを思って過ごしていました。
岩手の厳しい寒さも思い出して、なおさら心が痛みました。
私がこんなに思い悩んだところで、なんの助けにもならないのに、もどかしさや悲しさや…でいっぱいで、どうしようもなかったのです。
でも、このままではいけないと思いました。
私に出来ることとして、岩手の友人が話していた、避難している方々の住居に関する提案を代わりに行政に伝えたり、私とTakeちゃんがそれぞれ思いを込めて義援金を送ったりしました。

(義援金についてですが、被災した方々に確実にお届け出来るのは、各自治体ではないかと考えて送金しました。各自治体とは、下記の通りです。番号はゆうちょ銀行振替口座番号です。)
     ・宮城県… 宮城県災害対策本部 00170-0-526  
     ・岩手県… 岩手県災害義援金募集委員会 00100-2-552
     ・福島県… 福島県災害対策本部 00160-3-533


そんなある日、狂的KOJIさんのブログを見たら鮎原人さんの表明という記事がリンクされていて、その内容に驚き、感銘を受けました。なぜなら、相当な決意が感じられた内容だからです。

でも・・・思ったのです。
おそらく、被災された方やお亡くなりになられた方にも、鮎釣りが趣味だという方がいらっしゃると思います。その方達も鮎原人さんのお気持ちを、きっと心から感謝していらっしゃると思うのです。
しかし同時に、“鮎釣りが好きだからこそ”鮎原人さんに今年も鮎釣りをしてもらいたい…って、きっと思われるのではないか…と。
ぜひ、お亡くなりになった方々の心を悼みつつ、被災されて今年は竿を持てない方もきっと再開出来るようになることを祈りつつ、私達は “鮎釣りが出来ることを当たり前だと思わずに感謝の気持ちを抱きながら”川に立つことが大事なのではないかと思い、鮎原人さんにも鮎釣りをやめないで…とお伝えしたいです。

鮎原人さんのブログには「原発がどんなものか知ってほしい」というタイトルで、実際に原発の施工に長年たずさわった方が執筆した文章が紹介されているので、皆様にも読んでいただけたら…と思います。


東北関東大震災のことに話を戻しますが・・・。
地震が引き起こした出来事があまりに理不尽過ぎて、「この世には神も仏も無い」と誰もが思ったことでしょう。私も肉親を亡くした時にそう思いましたから…。
でも、亡くなった方は、きっと心の中に生き続けて、必ず貴方を見守って下さっています。
そして、貴方は決して一人ではない・・・ということを忘れないで生きてほしいのです。
亡くなった方のことを胸に、その方の分まで、しっかりと生きていくことが供養なのだと私は信じています。

この一瞬一瞬を、大事に生きていくこと。
言葉で伝えることを、大事にすること。

あらためて、この二つを胸に刻みました。
「以心伝心」で言わなくてもわかる・・・なんて、甘えていてはいけないんだって事を。
「以心伝心」は無いのです。ちゃんと「言葉」で伝えないと、わかってくれているようで、本当は、わかってもらえてないことも多いからです。

人間は一人では生きられないし、たえず他の人とともに生きて、生かされているので、感謝の気持ちを言葉で伝えなければ…と思います。
あの時に言っておけば良かった…と後悔することがないように…。

これから復興に向けて大変な道のりになると思いますが、私にも協力出来る事はなにか…と常に考えて努力したいと思います。
復興した岩手の川で、山女魚や鮎さん達に会える日が一日も早く来ることを、心から願いながら…。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-03-20 23:29 | と或る日常のこと | Comments(20)

渓流釣りが解禁になりました☆

まず始めに・・・

昨年12月のブログで「狩猟と渓流釣りに関しては、場所を特定する文章と写真を載せるのをやめます。」と書きましたので、渓流釣りに関してもそうさせて頂きます。
「ブログ」の影響力が想像以上であることや、鳥も天女魚も個体数が限られているという理由からです。
ちなみに、鮎については、その限りではありません。
「了見が狭い」と思われる方もいらっしゃるでしょうけど、仕方がありません。
これはワタシ達のみならず、他のハンターや渓流釣り師の方々への配慮でもあります。
写真をご覧になって(あっ、あそこだな…)とピンとくる方もいらっしゃるでしょうけど、どうかコメント欄で公表することもなく、そっとしておいて下さいね(⌒-⌒)b
皆様のご理解とご協力を、宜しくお願い申し上げます。

3月5日(土)
いよいよ渓流解禁の初釣りに出掛けることになりました。
今日は気温がグッと下がっているので、アマゴも食いが悪いだろうなぁ〜と思われます・・・けど、いいんです。
「川の前に立って、川の流れを読んで糸を投じる」のが、好きだから♡
好きなことが大手を振って出来るようになる「解禁」って、やっぱりステキ〜♪
a0056140_15114134.jpg
この広々とした自然の中で無心に竿を振り続けます。
お昼になっても気温は上がらないままですが、フリースのトックリとフリースのジャケットを着込んで上半身はモコモコですし、ウェーダーの下も重ね着してるから、ワタシ自身はそれほど寒くありません。
でも、アマゴさん達はあまりの冷たさに、ストライキ中なのかな〜?
あそこの流れ、ココの流れ・・・と、丹念に流脈を探ってみますが、何のアタリもありません。
まぁ、遠い昔にサクラマス釣りをやっていた身としては、アタリがなくても、希望を捨てることはないんですけどねっ☆
a0056140_15411965.jpg
Takeちゃんも頑張ってます!
この流れの中にアマゴちゃんが潜んでいないはずないんだけど、やっぱり食い渋ってるのかな?

午後からは風がしだいに強くなって、竿を支えるのも一苦労になってきました。
それでも、なんとか1匹だけでもアマゴさんの顔を見たかったのですが、とうとう二人揃って
ボウズになってしまいましたよ〜(泣)

♪うまくゆ〜く恋なんてぇ〜、恋じゃない〜〜♪ って、チャーの歌を心の中で口ずさみながら竿をたたみました。
本流アマゴさんを釣るのも、それと似たようなものかな〜と。( ^_^;)

そういうわけで今日の結果は撃沈でしたが、シーズンはこれからです!
明日こそは、せめて1匹だけでもいいから、アマゴちゃんに会いたいな〜☆

3月6日(日)
a0056140_16304924.jpg昨日、強風の中を本流竿を振ったのと、相当な距離を歩いたTakeちゃんは、かなり疲れていたとみえて、エサ箱のミミズもそのまま車中に入れっぱなしにしちゃったそうで…。
ワタシも今朝になって気付いたのですが、時すでに遅し…。

「車の中がミミズだらけになっていたら、どうしよう…」と、二人して覚悟を決め、おそるおそる車を開けて見たのですが、ミミズがエサ箱から脱走することもなく、無事どころかピンピン元気だったので、ホッとすると同時に、ちょっとビックリです。
昨日一日使ってみて、とっても使いやすいことがわかったのですが、ミミちゃん達にとっても、ストレスフリーなエサ箱なのかな〜と思いました(⌒-⌒)b

さて今日ですが、用事があるので早めに切り上げなくてはなりません。
しかし、今日もお昼頃から強風が・・・(泣) 春の嵐は仕方がないですよね〜(;д;)

ここぞ・・・と思うところに行ったのですが、全然釣れません。
でも、粘り勝ち・・・でしょうか・・・。
a0056140_17164357.jpg
15センチぐらいのアマゴちゃんが、ようやっと釣れました!
ウ〜ム、こんなに粘らないと釣れないなんてねぇ…。

次のポイントに移りました。
いかにも人が釣った後のような感じ…。足跡もあるし…。
Takeちゃんが釣ろうとしている場所のほうが良さそうに見えます。
(隣の何とかは、ホニャララ…って言いますから。(笑))
まっ、いいか! Takeちゃんが釣れたら、写真撮ってあげようっと♪

そう思いながらも、もしかしたらアマゴが残っているかもしれないので、真剣に攻めてみました。
すると・・・。
a0056140_17243937.jpg
18センチぐらいのアマゴちゃんが釣れ…。
a0056140_17252578.jpg
21センチぐらいのアマゴちゃんが釣れてくれました。
昨日ボウズだったせいか、今日はアマゴさん達の顔を見ることが出来て本当に嬉しかったです☆
a0056140_1728421.jpg
一番小さいアマゴちゃんはリリースしようかとも思ったのですが、キクちゃんと3人分ってことで、初物のアマゴを塩焼きにして食べたいと思い、キープすることにしました。

なんとかアマゴさん達に会うことが出来ました。
これからどんどん暖かくなって、アマゴさん達が活発にエサを追うようになることを期待しつつ…。
今年もどんな出会いが待っているのか、とても楽しみです。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-03-07 18:09 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(24)