「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「友釣り21 2011」は明日、発売です☆

a0056140_14403486.jpg以前、こちらのブログでもお知らせしましたが、(株)週刊テレビより、ハローフィッシング別冊「友釣り21 2011」が、4月28日に発刊されます。
私の拙い文章とともに、「鮎の甘露煮」と「鮎の南蛮漬け」の作り方を紹介しています。
「毎年、甘露煮は作っているよ〜」とおっしゃる方も多いと思いますが、「こんな作り方もあるんだ〜!」と参考になれば幸いです。
おまけに、Takeちゃんの書き下ろしの漫画もありますよ〜。

・・・でも、肝心なのは、この雑誌の他の部分です!

数々の鮎釣り雑誌がすでに発売になっていますが、この「友釣り21 2011」の特徴は、鮎師の方々が自らの経験や考えを、ご本人が文章にしているのが満載されているので、それがなかなか興味深くて、(こんな考えのもとに、鮎を釣っているんだぁ〜フムフム…)と勉強になることです。
定価1,575円(税込み)ですが、あの方、この方、ベテランの方からトーナメンターの原石の方まで多くの鮎師の手記が載っていて、読み応え充分ですよ(⌒-⌒)

静岡県下や愛知県では釣具店でも購入出来ると思いますが、本屋さんに注文したり、ネットのAmazonなどでも購入することが出来ますので、ぜひご覧下さい!

a0056140_15205461.jpg
さて、話題はガラッと変わりますが・・・。

今年は3月に東日本大震災と福島原子力発電所の事故が起きてからというもの、平常心ではいられない状態が続いていました。
気がつけば、もう4月も終わろうとしているのですね…。

我が家のバラさん達も、つぼみをたくさん付けて、いまにも咲きそうです。
(・・・っが、つぼみから咲くまでが、と〜っても時間が掛かるんです。。。)
年々、バラさん達も年をとって、それなりに成長しているわけですが、数年前にコガネムシにガジガジやられて瀕死の重傷を負ったせいもあるし、毎年ガッツリと剪定してしまうし…で、それほど「成長」というのを実感したことがありませんでした。

しかし、今年は何か違います!

私が元気がないのと裏腹に、バラさん達の勢いの良いこと!(◎o◎;)
日に日に大きくなっていく枝や蕾に圧倒されながらも、ありがたいことだなぁ・・・としみじみ思います。

今日はもう一つ嬉しいことがありました。

今月の初めに、いろいろな旬の食材をいただいたのですが、その中に「高菜」がありました。
実は、生(ナマ)の高菜って初めて見たのですが、「高菜」といえば、九州の人の“ソウル・フード”って言っても過言ではないでしょう。
その場合の「高菜」というのは「高菜漬け」です。
私は長崎出身ですが、幼い頃から「高菜漬けを油で炒めたもの」が食卓にのぼらない日はありませんでした。
しかし、長崎を離れて暮らすようになってから、そんな「高菜漬け」のことは、ず〜っと記憶のかなたに忘れてしまっていたのです。
それが数年前、スーパーで高菜漬けを見つけてから、記憶が蘇ります。
買ってきて、自分でゴマ油で炒めたりして、昔の郷愁にひたったり、高菜チャーハンを作ったりしてTakeちゃんも高菜ファンになっていたのですが・・・。

いつのまにかスーパーでは「中国産」の高菜漬けしか扱わなくなり、また「高菜離れ」してしまったのです。

そこにいただいた、生(ナマ)の高菜!
a0056140_1654872.jpg
これは、自分で高菜漬けを作るしかない!!ーーーというわけで、高菜を天日で干してから塩漬けにし、その後、記憶を頼りに醤油ダレに浸して3週間!
今日、ようやく漬け上がった高菜を食べて、あの懐かしい長崎の高菜の感じ(記憶もあいまいですが)に感激ひとしお…です。

その時にいただいた食材でいろいろ作ってみたのを思い出しました。記憶に留めておく為に、一部アップしてみます。
a0056140_163019100.jpg
a0056140_16304012.jpg
これは「アオリイカ」ですが、捌いていない「アオリイカ」を見たのは初めてでした! 「アオリイカ」として認識して食べるのも初めてでした。
開きながら、随分と肉厚なんだな〜って思いつつも、この背中(?)に青緑色の模様があるのですが、その色がとっても綺麗で、惚れ惚れしながら皮をむいたのを思い出します。

(イカは、やっぱり刺身で「イカソーメン」でしょう)…と思って作ったのですが、このアオリイカを下さった方が、「私は薄造りが好きです」とおっしゃっていたので、試しに「薄造り」も作ってみました。
すると、目からウロコです!(◎o◎;)
薄造りのアオリイカの、モチモチッとした食感と、なんともいえぬ旨味と甘みが、たまらない美味しさです♡
もちろんイカソーメンも美味しいのですが、せっかくの「アオリイカの個性」が感じられないことに気付きました。
「アオリイカは、ぜひ「薄造り」で食べましょう!」と、声を大にして言いたい気持ちです。
a0056140_1643522.jpg

私は普通のミカンには全然興味がなく、なぜか食べるのが面倒な「フサをむいて食べる種類の柑橘類」が大好きという変わり者です。(笑)
そんな私には、ワクワクするような柑橘類の山盛りでした♡
右半分が甘夏で、左の色が薄いのは「デコポン」ですが、このデコポンには私が最も好きな「文旦」にも似た味わいが感じられて、至福の味わいでした。
甘夏では「マーマレード」も作ってみましたら、とても美味しく出来たので、Takeちゃんにオリジナルラベルを作ってもらって、ご近所にもお裾分けして喜ばれました。

その頃、胃の薬を飲み続けていた私でしたが、これらの食材のおかげでしょうか、今ではすっかり胃の痛みもなくなりました。
旬の食材そのものもそうですが、それを下さった方のお気持ちがプラスされて、さらなるパワーを与えてくれたと思います。
ありがたいことです。m(_ _)m

事あるごとに、人間はひとりでは生きていけないし、私も人に支えられて生きているんだなぁ…って実感するのですが、いつも甘えっぱなしで申し訳なく思います。
せめてもの感謝の気持ちを、きちんとお伝えすることを怠らないようにしたいです。

今、雨が強く降っています。
稚鮎も今頃、元気に川を遡っているんじゃないかな〜って、妄想しつつ…。
鮎釣りの解禁まで、もう少しですね〜(⌒-⌒)b
[PR]
by hototo-gisu | 2011-04-27 19:54 | 鮎釣り | Comments(10)

1年間待ち続けたホームセンターがオープンして…☆

4月24日(日)
先々週にブログで触れましたが、ホームセンターを含む大規模商業施設ベイドリーム清水が1年かかってようやく昨日オープンしました。
a0056140_2338645.jpg
正確にはグランド・オープンは26日とのことですが、昨日、大雨にもかかわらず行ってみたら、普通に全店営業していたのにビックリ! そして、その全容を知り、ますますビックリです。
a0056140_23454059.jpg
一番待っていたのは、このホームセンターなのですが、静岡県民に「ジャンボエンチョー」で親しまれているこのお店の中でも、おそらく最大級の規模ではないかと思われます。
a0056140_23501366.jpg
a0056140_23523191.jpg
とにかく売り場の通路が広い!
カート同士がすれ違っても、全然気にならないし、ゆったりと商品が選べます。
木材のコーナーには「工作室」もあって、「エンチョーカード会員」は特典で木材を無料でカットしてもらえるし、レンタル工具も1泊2日無料で貸し出してもらえるなど、DIY好きな方には至れり尽くせりのサーピスが用意されています。

このお買い物カートも優れもので、1階と2階を結ぶ「オートスロープ(段差のないエスカレーター?)」では、カートの車輪がオートスロープの溝にロックされ、手を離しても動かないので安心です。

・・・で、気になる「鳥サン」ですが、果たして「ペットコーナー」はあるのでしょうか?

それが・・・

あるどころの騒ぎじゃありません。犬や猫だけではなく、鳥サン、ウサギ、猿、フェレット、は虫類、亀、淡水・海水魚…の充実した種類が揃っているだけでなく、簡単な動物病院、トリミングの施設も併用している充実ぶりです。
(犬と猫のコーナーは写真撮影禁止になっていました。)
a0056140_0285235.jpg
ハリスホークやフクロウがいなくてホッとしていたのですが(見ると飼いたくなるかもしれないので(^-^;)、困った事に、あるヒナに心を奪われてしまいました。
a0056140_034174.jpg
この真ん中のオカメインコのヒナが、私を見て「ジャアジャア」鳴いて、エサを求めるのです。
なんとかしてあげたかったのですが、飼育担当の人はセキセイインコのヒナにエサをあげていて、私が「オカメインコのヒナがお腹を空かせているみたいですけど…」と言っても、「そうですね。」と答えただけで、いつまで経ってもセキセイインコに掛かり切り…。

ず〜っと私にエサを求めて鳴いていたこの子も、最後には疲れきってしまって、大人しくなってしまいました。
そんなこの子のことが気になってしかたがありません。
Takeちゃんにそのことを話しました。

タケ「そのヒナが飼いたいんだね。でも、ちょっと待ってて。」
ホト「?」
タケ「煙草をやめたらイイよ。だって、煙たいとヒナが可哀想でしょ?」
ホト「あまり関係ないと思うけど…」

今、禁煙プロジェクトを実行しているTakeちゃんですが、果たしてやめられるかどうか…ビミョーなのに、あの子は明日にもいなくなっちゃうかも知れないのです。
ヒナならどれでもいいってわけではなくて、あの子がいいのに。。。

すみません。
世の中、それどころではないのに、そんなことでウジウジしている自分が情けなく思えてきました。
a0056140_054370.jpg
1階には食品・生鮮品を扱うスーパーや、ファッション雑貨、飲食店のコーナー、銀行など、2階には、電化製品、100円ショップ、書店、アウトドア専門店など、全60もの店舗と幅広い品揃えで充実しています。

今、日本全体が自粛ムードの中で、経済への影響が深刻になってきていますが、なんとか活気を取り戻せますように…これらの店舗が今後も存続出来ますように…。
我が家も微力ながらも、少しは貢献したいと思っています。

ーーーというわけで、キクちゃんのトコと我が家に「テレビモニター付きドアホン」を購入しました。
a0056140_161722.gif
この画像は、我が家の1階の天井裏にもぐって、電気の配線をしているTakeちゃんの姿であります。
a0056140_173925.jpg
ホコリまみれになるので、ヤッケを着込んで、ヘルメットをかぶって作業を行ったのですが、あまりの暑さにボロボロになって下りてきました。

どうも、ご苦労様ですm(_ _)m。

そして無事、2軒ともドアホンの取り付けが完了しました。
無線子機付きで、使い心地も良好です☆
a0056140_1122844.jpg
文明の利器は、素晴らしいですね☆
それを取り付けることが出来るTakeちゃんも、エライです!

以前からずっと、こういったドアホンが取り付けたかったというTakeちゃんですが、ついに実現させて嬉しかったのでしょう。
私が悩んでいた(?)、あの子を飼ってもいいと言ってくれるではありませんか!

果たして、明日もあそこにいてくれるでしょうか?
もし誰かに買われてしまっていたら諦めます。

「もし、居たら、何て名前にする? たぶんオスのような気がするんだけど…」
「『小太郎』は、どう?」
「いいね〜♪ コーちゃんって、なんか運が強そうな気がする!」

さて、我が家にコタローがやって来るのかどうか・・・。
明日の夕方には判明すると思われます。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-04-25 07:12 | DIY、物作り、クレイアート | Comments(19)

今週も探検に行ってきました♪

4月16日(土)
今日は気温が26度になるとの予想ですが、それは下界の話でしょ?
山に行くので関係ない…なぁんて思っていたら、山も夏並みの暑さでした( ̄▽ ̄;)

今日も本流釣りの予定ですが、ちょっと気になる場所に行って釣ることに…。
a0056140_17105916.jpg
Takeちゃんは「ゴルジュ」と呼ばれているらしい(初めて聞いた言葉なので)断崖絶壁の廊下状の渓を下流から攻めてみたそうです。
・・・が、根掛かり多発で撃沈だったそうで。。。

かたや私は入った所が良かったようで、一投目にして、この子が釣れました。
a0056140_17163694.jpg
思ったところで釣れてくれたので嬉しいし、良い型だし、今日はもうこれで満足って思っちゃいました。
最近、欲がなくなったっていうか、アマゴの顔が一目でも見れたら良いな〜って思っているから、なおさらです。
・・・っが、まだ入渓したばかりだし、Takeちゃんは上流の方に行っちゃったし…。
それなら、真面目に釣っちゃうわよ〜〜!
a0056140_1725417.jpg
すると、渇水で魚がかたまっていたのか、ポツポツ釣れまして…。a0056140_17285060.jpg

桜吹雪が舞う中、竿を振り続けました。
結局、1匹バラシちゃいましたが、4匹釣って、3匹キープしました。

水中撮影したこの子をリリースしました。
大きくなるまで、他の人に釣られちゃダメよ☆ 
また来年会おうね!


その後、大きく移動し、本流を釣ることにしました。
a0056140_17364437.jpg
広々として、とっても気持ちがいいところです。
しかし、広過ぎて、難しい〜(;_; ))(( ;_;)

すると、下流にいるTakeちゃんが、25センチを越えるであろう魚体をバラシてしまったようです。
良く良く聞いてみると、下流に移動するのに、なんとエサを流しながら「ナチュラルドリフトだなぁ〜」なんて思いながら歩いていたそうな・・・。すると、途中でエサが止まったから、(根掛かりかな?)と思い、そっと上流に竿をあおってみたところ、魚が掛かっていて、慌てて対応しようとするも、その魚は魚体をクネクネさせて針が外れ、針が外れた後も銀色の魚体が数秒間クネクネしてから下流に消えて行ってしまったそうな。

まったくぅ〜、なんて残念なことを〜〜。
絶対、「本流アマゴ」だったに間違いありません。

Takeちゃんは私の言うことをきかないからなぁ〜。「竿を振る前に、掛かった時にどこでどのように取り込むかを必ずシュミレーションするべし!」って言ってるんだけどなぁ〜。
まぁ、私の言うことを聞かないから、私よりも沢山釣ったりするんですけどねぇ…f(^-^;
長所と短所は、何事も紙一重なのであります。
Takeちゃんは、もの凄〜く残念がっていましたが、自業自得です!(笑)

そんなわけで、今日の釣果は私がキープした3匹のみです。適正捕獲数を忠実に守っております(笑)

タケ「明日は探検に行ってみようか?」
ホト「探検? ここのところ、いつも初めてのトコばかりだから、探検してるようなものだけど…?」
タケ「◯川だよ。」
ホト「なるほど〜。」

というわけで、明日も探検してきま〜す☆
しかし、今日はホントに暑かったです。もうクタクタですぅ。。。

4月17日(日)
初めてのところは、アマゴがいるのかいないのか、さっぱりわからないわけですが、「必ずいる」という前提のもとに、竿を振っています。
a0056140_18243616.jpg
今日もこんな広大なところに来てしまいました。
しつこく攻めてみますが、何のアタリもありません。
上流に向かったTakeちゃんも全然反応がなかったそうで…。

「場所、移動しようか?」
「じゃ、大物の取り込みの練習ということで、あそこにしましょう♪」

というわけで、移動しました。
もちろん良型アマゴが本命なのですが、「翠隼 本流」で良型を掛けて、やり取りがしてみたかったのです。

そして・・・狙い通りの展開に・・・。
a0056140_2251557.jpg
やっぱり居たのね、「ギューちゃん」
ギューちゃんの“引き”じゃ、本流アマゴ釣りのシュミレーションにはパワー不足かも知れませんが、それでも勉強になります。
Takeちゃんは、ギューちゃんをタモに入れたくなさそうだったのですが、「ダメよ、ちゃんとタモに入れる練習しないと!」と、ちょっと師匠風をふかせて、ゲキをとばしました(`⌒´メ)ノ
a0056140_2259913.jpg

a0056140_2303425.jpg
イヤそうにタモに取り込んでいましたが、多少は取り込みの練習になったと思っています。
写真は40センチオーバーで、かなりの幅広と重量です。
掛かってから手前に寄せる時に水中を泳ぐギューちゃんを見ると、フォルムが鮎に良く似ているので、ちょっと苦笑いしちゃいました。

さて「翠隼 本流」ですが、穂先がとても柔らかいのに魚を寄せる時もしっかり曲がるのですが安定していて、急な魚の抵抗も上手くいなしてくれ、取り込みがとても楽です。
Takeちゃんの「渓峰 本流」は丈夫そうですが、40センチクラスの魚相手なら、「翠隼 本流」のほうが釣り易そうです。

これで大物を取り込む練習もしたし、そろそろ本命の銀ちゃんを釣りたいものです☆
ギューちゃん、今日は練習させてくれてありがとうね(⌒▽⌒)/ 
ちょっと痛い思いをさせて、ゴメンナサイm(_ _)m

それにしても昨日今日と、歩き疲れてクタクタです。
これで鮎釣りの時期になったら体力が持つのか不安ですが、無理も出来なさそうだし、その時は「短期集中型」に切り替えて頑張ろうかな…なんて思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-04-18 23:40 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(16)

ようやく桜の花が咲く頃になったのに・・・

a0056140_21465770.jpg
4月10日(日)
静岡では桜の花が満開になっています。
「今年は花見を自粛するように…」という指示が出ている所もあるそうですが、「自粛」とは「自ら、つつしむ」ということで、決して人様から指図されるようなことではないような気がします。
「花を見る気持ちにもなれない…」そんな時は、そっとそうして過ごすからです。
自粛を指示されなくったって、今、日本全国の人々は、お花見をするにしても、いつものように浮ついた気持ちで「お花見」をするでしょうか。
私も今年は、河原に咲き誇っている桜を、特別な思いで見つめました。

さて・・・そうやって川に向かったわけですが・・・。
昨日は一日中雨が降っていたので川も増水しているだろうと思っていたし、午前中は選挙の投票に行ったりしたので、今日はガッツリ釣る…って感じではなかったのですが・・・。

川に着くと、増水どころか、平水よりも水が少ないじゃないですか!Σ(◎o◎;)
おまけに、竿を出すと、ハヤが爆釣!!
今年もそんな季節になったのですね・・・( ̄▽ ̄;)

どこに行ってもそんな感じでしたので、ちょっと上流に探検に行ってきました。
a0056140_22334175.jpg
なかなか良い渓相の所で、惚れ惚れするような流れです。
ちなみにココでは、ち〜っとも釣れませんでしたが…(;д;)

a0056140_22363056.jpg
場所を移動して、なんとか1匹釣れました。
実は2匹目も掛かったのですが、今期初バラシをしてしまいました。
今日は6.1mの渓流竿を使ったのですが、最近「翠隼本流」を使い慣れているので、そのせいでアワセが甘かったんだと反省。。。a0056140_22434721.jpg




かたやTakeちゃんも1匹釣ってました。
やはり2匹目のアタリもあったそうですが、アワセが合わなかったとのこと。

「バラしたけど、良かったよね〜、また今度来た時に釣る楽しみが出来たし…。」と負け惜しみを言いつつ、今日釣ったこの子達もお互いリリースして、今日は竿をたたみました。
また来週も頑張ります!



ーーーと、ここで話はガラッと変わりますが・・・。

去年の5月頃、我が家の近くに大手のホームセンターが出来るとの噂を聞きました。
敷地面積はかなりの広さで、もしもその噂が本当なら、かなりの大きな店舗になりそう…。

ホト「もしかして、『ペット館』も出来るかも〜♪ 鳥サンがいっぱい来るかも〜♪♪」
タケ「そうだねー、あれだけ広ければ、来るかもね。開店は来年の4月だそうだよ。」

以来、その前を通る度に、「鳥サン、早く来ないかな〜☆」と私。
さんざんその言葉を聞かされたTakeちゃん、今年の初めには、こんな漫画を描いてました。
開店前にブログにアップ出来るように・・・と。
a0056140_2373959.jpg
いよいよ今月末には、そのホームセンターを含む複合商業施設がオープンします。
1年間待ち続けた『ペット館』ですが、果たして含まれているのかどうか、まだわかりません。
「鳥サン達が来たら、毎日通っちゃうよ〜♪」とか、「いつのまにか、家で『ピヨピヨ』鳴き声がしてたら、どうするぅ〜?」と言っていたのですが、今となっては、鳥を飼うのは諦めようと思っています。
いつ起こるかも知れない大地震の時のことを思うと、そういう心境になってしまいました。

そういった意味では、『ペット館』が含まれてないほうが良いかな…と思う今日この頃です。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-04-10 23:33 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(14)

川と「はやぶさ」と「ムコスタ錠」=胃の特効薬

a0056140_18242352.jpg4月2日(土)
先週から前兆はあったのですが、胃が猛烈に痛くなり、私の特効薬である「センブリ」を飲んでも、全然効きません。
どうやら空腹気味になると痛みが強くなるようなので、Takeちゃんは「胃炎なんじゃない?」と言います。
内臓は強いと自負していたのに、やっぱりトシのせいかな…?(^-^;
試しに、キクちゃんからいただいた「ムコスタ」(胃の潰瘍を修復する働きがあるらしい)を服用しているのですが、だいぶ効いているみたいです。ホッ…。

さて、この画像は我が家の盆栽の桜なのですが、去年の猛暑の時、葉っぱが茶色に焼けてきて(もう、ダメかも…)という状態になりました。
慌てて茶色になった部分を切り落とし(「桜切るバカ」という言葉も無視しました)、日陰でHB-101を溶かした水を投与しながら養生したら、なんとか持ち直してくれました。
枝も切ったので全体のバランスは悪いし、花も例年よりは少なくなったのですが、こうやって元気に花を咲かせてくれて嬉しいです。
震災に遭われた方々や原発の影響で避難生活を強いられている方々は、花見どころではないでしょうね…。
そう思うと胸が痛むのですが、私まで落ち込んでどうする!
「ひどい頭痛でも川に行く」のが持ち味(?)のホトトギスですから、川に行ったら少しは元気が出るかも知れません。
a0056140_18515857.jpg
川に着くと11時ちょっと過ぎだったのですが、川を眺めながらゆっくり昼食をとりたかったので、Takeちゃんがお弁当と飲み物を背負って行くことになりました。
背中を見ながら、「ありがとう」です。 
ここのところ心配ばかりかけて、ゴメンネ。

・・・しばらく歩いて、途中から分かれて釣り上がることにしました。

それにしても、今日は暖かい…を超えて、暑くなってきました。
今日の予報では気温が23度まで上がると言っていましたが、それでも山は寒いだろうと思っていたのに、やっぱり23度ある感じです。
a0056140_21435977.jpg
アマゴも活性が高まってきたのか、瀬でこの子が掛かりました。
ここは初めて来た場所で、釣り師の足跡がいっぱいあったので釣り切られてるかな…と思ったけど、良かった…。
1匹でも釣れたら良いーーーと思っていたので、この川のアマゴが拝めて満足でした。a0056140_21571395.jpg


そうやって“欲”を無くして釣っていたら、2匹目が釣れました。
無欲とはいえ、やっぱり釣れると嬉しいです。この前まで「土曜日はボウズ・デー」でしたから…。
a0056140_2233555.jpg



Takeちゃんも釣れていました。良かったです(⌒▽⌒)v

それにしても、同じスペックのカメラを使っているのに、どーして写真がこんなに違うんでしょ?
もっと上手く撮れるように努力しなければ!

a0056140_2281620.jpg
木々に囲まれて、ほんとうに気持ちの良い所です。
しばし、諸々のことを忘れて、無心になることが出来ました。

しかし、そろそろ疲れてきて“電気切れ”になりそうでしたので、場所を変えて、解禁の頃にアタリがゼロだったポイントに行きました。

しかし、風が強くて、本流竿が振れません。
風が止んだ瞬間を見計らっては、竿を振り込み…という感じで、なかなかキビシイです。
でも、アタリらしきものが感じられました。
ムムッ? アタリがあるなら、姿を見るまでは諦めませんゾ!
“しつこいのが取り柄”な私ですから!(^_^;)

・・・で、粘っていたら、きました!!
a0056140_22175689.jpg
a0056140_22182746.jpg
やっぱり居たのね〜。
難しかった分、喜びもひとしおです。
これで満足して、竿をたたむことにしました。

だけど、“しつこいのが取り柄”な人が、もう1人いました( ̄▽ ̄;)

私が車に戻り道具を仕舞っていると、Takeちゃんが手を振っているではありませんか!
アッ、もしかして掛かってるの〜? (゜o゜;)
a0056140_2236896.jpg
慌ててカメラを構えて駆けつけ、キャッチの瞬間をとらえることが出来ました。
MURAKAMIさ〜ん、タモが活躍してますよ〜!(⌒o⌒)/a0056140_22395249.jpg

タモに、剥がれたウロコがくっ付いていました。
こんなにウロコがポロポロと剥がれるアマゴも久しぶりです。
銀毛化してるのかな?
24センチの立派なアマゴでした。
Takeちゃん、お見事〜☆ 良かったね!

薬が効いて、胃の痛みもだいぶ治まっているみたい・・・。
明日は出掛けるかどうか、体調と相談しながら決めたいと思います。

4月3日(日)
今日は昨日と比べると天気も悪く、最高気温が10度ほど低くなるとのこと。
でも、やっぱり川に行きたくなっちゃって、出掛けました。
a0056140_2259554.jpg
昨日とは、うってかわって、寒くてブルブルです。
でも、(こういうところで鮎釣りしてみたいな〜〜)って思いつつ、アマゴもこういうポイントが好きなんだよね・・・って竿を振り込んだら、グゥ〜ンとエサを引ったくられました!Σ(◎o◎;)a0056140_236637.jpg

ホホ〜ッ、釣れちゃいましたよ〜!
なかなか引きが良かったのですが、河原に立っていたので、思い切って「引き抜き」しちゃいました。
やっぱり、底石がビッシリと敷かれた所が、アマゴも好きなのね〜。

・・・そうそう、鮎といえば…。
途中、安倍・藁科川沿いを車で走っていて気付いたのですが、堰堤や深みのあるポイントには、ほとんど必ずと言っていいほど、「光るリボンが付いた縄」が川を横切るように張られてありました。
a0056140_2317128.jpg
この写真で、その縄がわかるでしょうか?
本流で川幅が広かろうが、流れが強かろうが、とにかく鮎釣りのポイントらしき所には幾重にも張られていたりして、さらに各所の深い淵には「赤と黄色に塗られたペットボトルの束」がユラユラと流されていました。
どれも、カワウ除け対策に行われているのだと想像されます。
安倍・藁科川漁協の組合員の方々のご苦労がうかがえます。
2月に「瀬切れ」が発生していた際にも、安倍・藁科川漁協では、国土交通省に働きかけて、瀬切れを解消すべく、重機を使ったとも報道されていました。
気田川でも、増水で堆積した砂利を重機で掘り出し、石だけを川に戻す・・・といった努力をしていることを、その時に思い出しました。

いずれにしても“漁協の本気”を、この張られた縄が雄弁に語ってくれています。
どうかこの努力が実って、鮎の稚魚がカワウの餌食になってしまわないように…と願っています。
a0056140_23482627.jpg
その後もお互い1匹づつ釣れたので、3時前でしたが竿をたたむことにしました。

今日はTVで「小惑星探査機はやぶさ」のスペシャルが放映されるというので楽しみにしていました。
以前うりゃさんのブログで「はやぶさ」のことを知り興味を持って動向を見守っていたことがあります。

この番組を見て、あらためて、「はやぶさ」に感動をもらいました。
2003年5月に宇宙に飛び立ち、2005年11月に地球から約3億km離れた、全長500mしかない「イトカワ」という小惑星にランディングするも、地球に帰還する途中に行方不明となります。エンジンの燃料漏れ、イトカワへの1度目のランディングの失敗、そしてエンジンの故障など数々の困難を、遠く離れた地球から「はやぶさ」をずっと見守り、故障を直したりして支えてくれる人々の気持ちに応えるかのように頑張る「はやぶさ」が、機械であるはずなのに、まるで意思を持っているように感じられるのです。

イトカワに接近した時に「はやぶさ」がイトカワを撮り、地球に送信した写真があります。
その写真には、「はやぶさ」の小さい影がくっきりと写っていました。自分がそこに確かに存在しているんだよ…って教えてくれるかのように。
a0056140_1023643.jpg

その後、地球に帰還する途中で行方不明になってしまった「はやぶさ」を、地球ではスタッフが24時間態勢で「はやぶさ」が発する電波をとらえるべくモニターを凝視し続けました。
そして、わずかな電波がとらえられたのです。担当の方は、そのわずかな電波を発見した時、奇跡かと思ったのでしょう、一度スイッチを切ってもう一度入れ直して確認し直したとおっしゃっていました。

そして7年の長い歳月を経て、いよいよ「はやぶさ」が地球に帰還することになりました。
しかし、「はやぶさ」はイトカワでランディングした時に接触させた「カプセル」を地球に向かって放出させた後は、大気圏で燃え尽きる運命でした。
「はやぶさ」には地球に戻ってくる余力が残されていなかったのです。

地球で「はやぶさ」プロジェクトの指揮をとっていた川口氏は、スタッフ皆に、「はやぶさ」に最後の仕事を与えることを提案します。それは打ち上げ前にはプログラミングされていなかったことです。

「はやぶさ」に、地球の写真を撮らせ送信させること。

「はやぶさ」は満身創痍で、余力もありません。カプセルを地球に向けて放出した後に、大気圏突入直前に地球の写真を撮るなんて、ほんのわずかのワンチャンスしかないのです。
そんな厳しい状態で、地球の姿を「はやぶさ」がカメラでとらえられるのか…。

2010年6月13日、60億kmという長い旅を終え、「はやぶさ」は大気圏に突入する直前、身に付けていたカプセルを地球に向けて放ちました。
はやぶさの任務は完了したのです。

そして、大気圏で燃え尽きる直前に、送られてきた写真がこれです。
a0056140_10153425.jpg


はやぶさには、意思があったんじゃないかなぁ・・・。
故郷「地球」の姿を目に焼き付けつつ、私達にメッセージを伝えたかったのかも・・・。

この「はやぶさ」プロジェクトで行われた数々の科学技術を見た時に思いました。
幾多もの困難を乗り越えたこのプロジェクトは、科学技術だけでなく、なんとしてでも成功させるんだというスタッフや支援する人、全ての人々の強い気持ちがあったからではないかと。

3月29日にアップされたTakeちゃんのブログでも触れられていますが、今、これだけ科学が進んでいる時代ですから、福島原子力発電所で起こっている事故もなんとか収束させることが出来ないのでしょうか。
・・・というか、今、この期に及んでも、原子力発電所を推奨している人達に言いたいです。
「それなら、この事態を貴方達の手で何とか収束して下さいませんか?」・・・と。
それが出来ないくらいなら、原子力発電はやめるべきだーーーと言うよりも、やってはいけないのではないでしょうか。それをコントロールする技術を誰も持ち合わせていないのだから。

広島の原爆ドームを彷彿とさせる、崩壊した福島原子力発電所の建屋の写真を見る度に、唯一の原爆被爆国である日本がこんな事故を起こして、今や地球を汚染し始めていることに憤りを感じます。
どうか一日も早く収束して、安全で平和な日本に戻れますように、祈るしかありません。
「はやぶさ」の為に、皆が祈りを捧げたように・・・。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-04-05 10:58 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(17)