~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:53
子供の頃、川潜りで遊んで..
by よしよし at 23:21
>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 14:58
私も15日の釣行でしたが..
by kai at 23:16
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:29

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

激混みの興津川で撃沈だったけど、まっ、いいかっ(^-^;

10月29日(土)
a0056140_174661.jpg10月10日に鮎釣りをして以来、増水、また増水…で今日、久しぶりに鮎釣りが出来ることになったけど…あまりに久しぶり過ぎて、釣り方どころか、ウエーダーを履くのさえ違和感バリバリ…といった感じ。

2年前に安倍川のほとりから一株だけ持ち帰ってきた「大文字草」が、今年も満開になりました。
ーーー「そろそろ鮎釣りも終わりですよ」って話しかけられている気分ですが、今年こそ、まだまだ竿を納める気持ちになれません。
増水で出来なかった分、11月いっぱいは鮎釣りするゾ〜って思ってるけど、果たしてどうなりますでしょうか…。

・・・というわけで、今日は興津川に出掛けてみましたら・・・なぁ〜んと、解禁日のような混みようです!( ̄□ ̄|||)
宮原おとり店に行ったら「今年で3番目に多い人出だよ〜」って言ってましたから、相当なもんです。
よしよしさんとスー師匠もいらっしゃっているようなので電話すると、「今、和田島に来たんだけど、いっぱいだよ〜。」とのこと。「『宮島橋』がまだ入れそうだったので、そこに移動します。」とおっしゃっていたので、私達もおじゃますることにしました。

そこでボルボさんともバッタリお会いし、しばし歓談。。。
興津川でいろいろな人に再会出来ると、気分は解禁日のようです♪
ーーーっが、現実は甘くありません。

まぁ〜釣れないこと、釣れないこと!
鮎は見えるんだけど、群れ鮎化してて、オトリ鮎が一緒になって泳いでる感じ…。
そんな追い気のない鮎でさえ釣るのが鮎師の腕の差なんでしょうね〜。
a0056140_17365310.jpg
午前中、よしよしさんは一人で入れ掛かりをしていました(*_*)!
ハンドリングマスターが眩しく輝いて見えますね〜☆
a0056140_17394764.jpg
スー師匠も午後からは瀬でバンバン釣っていたそうです。
何度か引き抜き場面にカメラを向けたTakeちゃんですが、遠かったのと逆光で上手く撮れなかったのが残念だったって言っていました。
a0056140_17424849.jpg
それにしても、今日は風が冷たくて寒かったです!
お天気は良いのですが、根掛かりを外す時に腕を水に付けたら最後、「ゾ〜ッ!」と冷たさが全身を駆け巡って、ブルブル震えながら釣りを続行しました。
この厳しい状況下でも、よしよしさんとスー師匠は8匹も釣りました。さすがです。
・・・でもって、興津川をホームリバーをしている我々は、ともに1匹づつしか釣れませんでした。
それでも、Takeちゃんが『宮島橋下』で釣った1匹は、なかなか意味のある1匹だったと思います。
(理由は長くなるから割愛しますが…(^-^;)
そして私も・・・。
a0056140_1753538.jpg
a0056140_17533011.jpg開き直ってというか何と言うか、お二人の間に陣取って、無謀にも深い瀬をオモリで引いて、渾身の1匹をゲットしました!
美味しそうな雌鮎ちゃんです☆
最後まであきらめないで、とりあえずボウズは免れて、メデタシ、メデタシでした(^-^;

明日は午後から雨の予報ですが、今まで出来なかった分を取り戻すべく(?)、明日も懲りずに興津川に行こうと思います。

10月30日(日)
昨日の夕方、kaiさんから贈り物が届きました☆
a0056140_1853965.jpg
kaiさんのご家族が作った「にこまる」というお米と、芋麹焼酎「吉助」です。
この機会に、以前からTakeちゃんが目をつけていた「炊飯用土鍋」を昨日購入したので、今日の夕飯は土鍋で炊いていただきたいと思います。
楽しみだな〜っ♪
そんな楽しみを胸に、今日も私達は興津川に鮎釣り修行に出掛けました。(^-^;
a0056140_18202721.jpg
a0056140_18205295.jpg今日は今年初めての『土村』で釣ることにしました。
昨日の今日ですから、今日も厳しい釣りになることはわかっていましたから、「どうせなら、好きな場所で釣りたいね」となったわけです。
川は変わってしまったけど、『土村』『茂野島』『和田島』は好きなポイントであることに変わりはありません。
こんなこと言うと「釣りたい場所と釣れる場所は違う」って、誰かさんに言われそうですけどね〜。(笑)
ココもだいぶ砂地が多くなりましたが、鮎の姿は確認出来て、(今日も群れ鮎狙いかな〜)って覚悟を決めていたら、中に追い気のある鮎がいたみたいで、なんとか1匹釣れてくれました!
a0056140_18284134.jpg
その後、上流域で3匹釣ってきたニコパさんが合流して釣り始めました。
・・・でも、午後からはこの場所を見切って『大島橋』に移動し、きっちりと10匹釣ってツ抜けしてくるあたりが、ニコパさんの真骨頂なのであります! バチパチパチ〜♪

午後からは時折雨がパラつき、一時は大粒の雨が降ったりしましたが、レインコートを着てチャラ瀬を釣り始めると、良い感じでアタリがありました☆
そこにTakeちゃんからケイタイがあったので呼んでみたところ、なんと入れ掛かりの6連チャンをしてくれたじゃありませんか(゜o゜;)
a0056140_20353888.jpg
ん〜、まいりました。
これでTakeちゃんは10匹釣って、ツ抜け達成です☆

結局、私は5匹しか釣れませんでした。まっ、こんなもんでしょ!(←負け惜しみ〜)
私のような「癒し系」ブロガーも、鮎釣り界には必要なのです!(爆)

今日、私には慰めてくれる「ごちそう」が待ってるもん〜♪
kaiさんからいただいた「にこまる」を炊飯土鍋を使って炊いてみました。
a0056140_2135512.jpg
a0056140_20435574.jpg去年は「ヒノヒカリ」という品種のお米をいただいたのですが、今年は「にこまる」という品種ということで調べてみました。
「にこまる」は「ヒノヒカリ」に続く新しい品種で、「コシヒカリ」をもとに品種改良されたものだそうです。「ヒノヒカリ」と比べた私達の感想は、「にこまる」のほうが「ヒノヒカリ」よりもモチモチ感は少ないものの、食味的には「コシヒカリ」に近く、コシヒカリに勝るとも劣らない美味しさなのではないかと思いました。
Takeちゃんも、「ヒノヒカリ」よりも「にこまる」のほうが気に入ったようです。
画面ではわかりにくいと思いますが、実際には、炊き上がりが真っ白でツヤツヤなところも特徴だと思います。
新しい品種を作付けに取り組んだり、今年のような異常気象のもとで育てたり、タイミングを見計らって収穫したり…と、kaiさんのご家族のいろいろなご苦労があったんだろうな…と思いながら、こんなに美味しいお米を作るなんて、これも職人技だな〜って思いました。a0056140_22432848.jpg
そして一緒に送られてきた焼酎がまたスゴイ!
「これスゴイよ〜☆」って、私が騒いでいたのを見ていたTakeちゃん、お湯割りで飲んでいた私のグラスを取り上げて一口飲むなり、「ホントだ、スゴイね〜」と驚いてました。
私達はあまり焼酎には詳しくありませんが、この霧島酒造の芋麹焼酎「吉助(赤)」は、香りが良く、口当たりが良く、後味がスッキリするというか、とても美味しいと思いました。
食中酒として、お料理の味も引き立つような感じで、おまけに胃にも優しい感じなのです。
この味わい、癒されますよ〜♡ 
kaiさん、どうも、ありがとうございます(⌒▽⌒)/

ーーーというわけで久しぶりに2日間、連チャンで鮎釣りをしたのですが、身体がなまっていたせいか、あちこちが痛いです(泣)
そんな飼い主を尻目に、コジローは今日も元気に火を噴いてます(笑)
a0056140_2335389.jpg
コジローは誰に似たのか、一つのことに集中し出すと夢中になる性格のようです。
今はTakeちゃんのジャージの上着のファスナーの端をカジカジするのに夢中で、それをやめさせようと手を出すと、意固地になって抵抗するわけです。
オカメインコの本によると、コジローは今「第一反抗期」に差し掛かっているようなので、これも成長の一環と思い、温かく見守ってあげているところです。

さてさて、鮎釣りですが・・・。
ヘタの横好きなワタクシといたしましては、まだまだ竿を納める気はありません。
釣果はたとえ数匹でも、自分にとって価値のある1匹が釣れればいいかな…と思っています。
a0056140_23242020.jpg
         (画像:我が家のホトトギスも満開を迎えました☆)
[PR]
by hototo-gisu | 2011-10-31 23:30 | 鮎釣り | Comments(16)

台風15号後、初めて訪れた藁科川にて…

10月23日(日)
「やなやん&やませみカップ」は、またもや金曜日の雨のせいで川が濁流となってしまった為、とうとう中止になってしまいました。
準備も万全でしたけど、お天とう様には逆らえませんでした(T_T)
ただ・・・先週に続いて今週も用意していたピザの材料が無駄になってしまうのが忍びなくて…。ブツブツ。。。

Take「そうだ、藁科川に行ってみない? 台風の後、行っていないし、友舟を譲って頂いた御礼に永浜さんにピザを御馳走しようよ! スー師匠も奥さんにピザを食べさせたいって言ってたし…。」

・・・そんなこんなで、今日は藁科川へ行き、ピザを焼いて食べることになりました。
a0056140_23254754.jpg
川小屋さん裏の河原で「お店」を広げると、間もなくスー師匠が奥様と愛犬ローズちゃんを伴っていらっしゃいました。
そして早速(いきなり?)、奥様にもピザ作りをお手伝いして頂いたのであります(^-^;。
奥様、ありがとうございました〜(⌒-⌒)/
a0056140_23315790.jpg
左の画像の看板は、Takeちゃんがピザを焼く時に飾ろうと「リストランテ やませみ」って彫って作りました。
雰囲気はイタリアっていうよりドイツっぽいけど、そのほうがビールが美味しそう(^-^;
そして、看板の下には、スー師匠がご自宅から「ホトトギス」の花を持ってきて下さって、現地調達した竹筒に生けて飾って下さいました。
スー師匠曰く、「Take(竹)と、ホトトギス」ですって!(⌒▽⌒)
看板といい生け花といい、ステキな演出ですね〜♪

そうやって準備作業に余念がないスー師匠や奥様を、必死で目で追うローズちゃんの可愛いこと!♡
数ヶ月前に見た時よりも体つきがしっかりとして、表情も女の子らしさがあふれていました。
いいなぁ〜、ウチのコジローもローズちゃんのように、一緒にアウトドアが楽しめたらどんなに楽しいだろう…(^-^;
a0056140_7181882.jpg
a0056140_0155821.jpg
やがて、よしよしさんや勝治さん、そして永浜さんや川小屋さんの常連さんも集まりました。
a0056140_0262574.jpg
今日も陽射しが強くて、半袖でも良いほど気温が上がっているのですが、すぐそばを流れる藁科川は、こんな感じでした。
ここも「対岸にあんなにテトラがあったの?!(◎o◎;)」と驚くくらい、川相が変わっていました。
あいにくの濁りで水中の石は見えませんでしたが、濁りがとれたら石もそこそこ残っているように見えるので、これはこれで釣れそうな気がしてきました。
藁科川は11月末まで友釣りが出来るので、私達はまだまだ諦めませんよ〜(⌒-⌒)b
a0056140_0491181.jpg
今年の藁科川は天候に恵まれず…というか祟られて、まともに友釣りが出来た日が極端に少なかったのではないかと思います。
a0056140_058321.jpg
『第二東名下』も川が砂で埋もれて、随分と平らになっちゃっていました。

それでも鮎はたくさん生き延びているんだと、ここに集まった皆さんは信じているようでした。
一日も早く濁りがとれて、垢を食む鮎の姿が見たい…。
そう思いながら、藁科川を後にしました。
a0056140_7265453.jpg

[PR]
by hototo-gisu | 2011-10-25 07:45 | 鮎釣り | Comments(33)

「やなやん&やませみカップ」中止のお知らせ

10月23日(日)に開催される予定だった
「やなやん&やませみカップ」は、悪天候のため中止となりました。

大会準備に尽力なさった、なおきちさんとご家族、そして、スケジュールを調整して参加を表明して下さっていた皆様に、心から御礼申し上げます。

楽しみにしていましたので残念ですが、まだ鮎釣りシーズンは終わっていません。
川が回復したら、まだまだ鮎釣りしますよ〜\(⌒▽⌒)/
また川でお会い出来ますことを楽しみにしています。
a0056140_10175692.jpg

[PR]
by hototo-gisu | 2011-10-22 10:18 | 鮎釣り | Comments(0)

やませみピザもやってるよ〜☆

まずは、お知らせです072.gif
悪天候のため延期となった「やなやん&やませみカップ」は、10月23日(日)に開催されます!
a0056140_1511327.jpg
詳細はなおきちさんのブログでご覧頂けますが、大会上位入賞者には豪華賞品、ならびに懇親会のみに参加した方にもジャンケン大会でもれなく賞品が当たるという楽しいイベントが企画されています。

←なかでも注目の賞品がコレ!
「24年度 興津川年券の引き換え券」です!
宮原おとり店よりご提供頂きました!
懇親会参加者全員でのジャンケン大会で勝った方に差し上げますので、アナタにもチャンスがありますよ☆
他にも、かつきネット様より賞品ご提供頂いております。

それに・・・ワタクシとTakeちゃんが自慢の「やませみピザ」を焼いて皆様をお待ち申し上げます。
参加者の皆さんはアットホームな感じの優しい方々ですので、遠慮なさらずにご参加下さい。
ぜひ、非公開コメントで、ご参加のお申し込みをお願い申し上げます。

10月16日(日)
そういうわけで、15日に開催される予定だった「やませみ&やなやんカップ」が昨日は中止になってしまいました。
もし悪天候に見舞われず無事に開催されていたら・・・興津川は最高のコンディションで、新垢での鮎の追いが活発になっていたので、さぞ楽しい鮎釣りを皆さんにして頂けただろうに…と残念でなりません。
私の日頃の行いが悪かったのか…と我が身を振り返って反省したりみたりしたのですが、よくよく考えてみたら、今年、どこの大会も、大雨や台風で順延、中止・・・等々で、イベントがすんなり開催されたケースはごく僅かだったのではないかと思いました。

ーーーというわけで気を取り直して、今日は23日に開催される「やなやん&やませみカップ」で滞りなく皆様をおもてなし出来るように「予行練習」をするために興津川に行ってきました。

15日は台風のような強風と大雨でしたが、昨晩もかなり降ったらしくて・・・。
せっかくニコパさんが昨日の夕方から興津川にいらしていたのですが、これではねぇ・・・(絶句)。
a0056140_16242195.jpg
これは「和田島堰堤」の所から下流に向かって撮った写真です。30センチ高ぐらいでしょうか…。
結局、夕方までに15センチぐらいは水が下がったのですが、濁りはまだとれなくて、川底の石は全然確認出来ない状態でした。
なんとか23日までに良い状態になればいいのですが・・・。

ただ・・・川はこんな具合でしたが、今日は陽射しが強くて、気温が30度にまで上がりました!
私達はまたもや「栗」を拾って、「クルミ」を拾って、ついでに「柿」も採って、Takeちゃん曰く「カキ、クリ、クルミの“カ行三段活用”」みたいな収穫をした後、『西里キャンプ場』『土村キャンプ場』『茂野島橋下』『和田島橋下』をハシゴして、結局『大網』で本日のメインイベントである「やませみピザ」を焼くことにしました。
a0056140_16582862.jpg
a0056140_16591659.jpg
先日購入した「薪ストーブ」をピザを焼くのにも試してみたかったのです。

私が「桜の枝がたくさん落ちてるけど、使えないのかなぁ〜」なんて余計なことを言うものですから、Takeちゃんも試さざるを得なくなったのか…古くて乾燥してそうな枝を入れてみたのですが、「生木はススが出る」ものだと思っていたら「生木は水が出る」ということがわかりまして…。

そんなこんなで、いろいろ新しい発見をしながらも、ようやくピザが焼き上がりました!
a0056140_177546.jpg
向かって右のピザは最初に焼いた方で、ススで少し黒くなっちゃいましたが、焼け具合は最高でした!
23日の「やなやん&やませみカップ」で焼く予定なので、いろいろ予行練習をして、滞りなく段取りが出来るようにしておきたかったのです。

それにしても…っていうか、自分で言うのは何ですけど…、「やませみピザ」は美味しいです!
クリスピー生地なのですが、この生地が他ではなかなかお目に掛かれない味です。(ヘンな表現だけど…)
もともとピザには興味がなかった私が、このピザに出会ってからピザ好きになったという、いわく付きの味です。
これを23日のイベントで皆さんに食べて頂けることがとても楽しみです♪
a0056140_18444718.jpg
23日はお天気に恵まれるといいのですが、今日のようなカンカン照りも辛いので、タープもいろいろ試していたTakeちゃんです。
どうか晴れて、鮎も釣れますように・・・。

さて、本日のコジロー君ですが・・・。(って言っても、昨日の様子ですけど…。)
a0056140_18523934.jpg

仕掛け作りをしていたら、黄色い目印が大好物のコーンに見えたのか、黄色い目印に突進して、いきなり「ガブッ!」と齧りつこうとするではありませんか!( ̄□ ̄|||)
複合ラインが傷付いていないか、ヒヤヒヤしちゃいました(^-^;
目印に飛びつくなんて、まるで渓流魚みたいですね(笑)

ーーー話は元に戻りますが・・・、
「やなやん&やませみカップ」に皆様のご参加を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
[PR]
by hototo-gisu | 2011-10-17 19:59 | 鮎釣り | Comments(14)

やなやん&やませみカップが延期になりました

9月18日付けのブログでお知らせしました10月15日開催予定だった「やなやん&やませみカップ」ですが、大雨、雷、強風の注意報が発令されたため延期され、
10月23日(日)に開催されることに決定しました。

今回参加を表明して下さっていた方も、お仕事の都合で不参加を表明していた方も、ぜひ23日の参加をお待ちいたしております☆
[PR]
by hototo-gisu | 2011-10-14 22:25 | 鮎釣り | Comments(4)

のどかな秋の3連休でした☆

10月8日(土)
a0056140_2324769.jpg今日は3連休初日。
興津川はまだ新垢がのっていないみたいなので、栗拾いでもしようか・・・と出掛けてみることにしました。
去年ひそかに発見した栗の木ポイントに行ってみたのですが、時既に遅し…で、残っているのは殻ばかり…(;д;)
・・・っが、私にとっては、栗よりも嬉しい「クルミ」が落ちているのを発見!
ここ数年、クルミをゲット出来なかった私は、夢中になって拾い始めました。

途中、ガサガサッと音がするので「キジか?」と、ぬか喜びしてたら大きなヘビでした!Σ( ̄□ ̄|||)
ヘビはコワいので、深いボサは気をつけよ〜っと・・・と思いながらも、クルミ探しに熱中してボサに近づくと、またしても体長30センチ直径1.5センチぐらいの黄色い身体に赤いマダラの模様の小さいヘビに遭遇!
「キャ〜ッ!!」と騒ぎながら、Takeちゃんのところに慌てて行ったら、Takeちゃんはしっかりと大きな栗(冒頭の画像)をゲットしていました。
「栗拾いにも、コツがあるんだよ。」と、Takeちゃん。
ふぅ〜ん、そうなんだぁ〜。 でも、クルミが採れたからイイんだも〜ん♪

・・・そして、ふと、川に目をやると・・・見たことのある方が・・・
a0056140_2337588.jpg
小澤剛さんでした!(写真中央の方です。立ち去るところを慌てて撮りました(^-^;)
シモツケの大会を明日に控えて、ポイントのチェックをしていらっしゃったのだと思います。
河原から思わず、「明日、頑張って下さいね〜!」って叫んじゃいました。(苦笑)
その後、偶然にも大網の駐車場でお会い出来たので、「友釣り無双」にサインをしていただいたお礼を言うことが出来て良かったです☆
(なぁ〜んだホトさん、「友釣り無双」を読んでも、ちっとも釣果が上がらないじゃないの・・・ってツッコミは無しね(^-^;)

栗とクルミをゲットして、おまけにツヨポンにも会えて、ホクホク顔で「宮原おとり店」に行くと、宮ちゃんが私に菓子折りを下さると言うではありませんか!(◎o◎;)
何かの冗談かなぁ〜って警戒していると、「拾ったタモのお礼だって持ってきてくれたよ。」とのこと(*_*)!
9月10日付けのブログで私が拾ったタモの持ち主の方が今日、お見えになられたそうです。
宮原おとり店のHPでも呼びかけて頂いたのですが、今更ながら、ネットの力って凄いな〜と感じました。
持ち主の方も喜んで下さったようですが、私のほうこそ「ありがとうございます」ってお礼を言いたい気持ちでいっぱいです。大事なタモを拾ったはいいけど、持ち主が見つからなかったら…って、内心とても気掛かりでしたから…。

そういうわけで今日は良い出来事ばかりだったから、鮎はほどほどで・・・と思っていたら、友舟に入った鮎は4匹だけだったけど、大物ばかりが掛かって、結構楽しめました♪
a0056140_0205410.jpg
         最初のは21センチで・・・
a0056140_021228.jpg
         2匹目は22センチが釣れました。

a0056140_0215834.jpg
そのあと、このデッカい「アユカケ」が釣れてから調子が狂ちゃって、3匹もバラしてしまいました。
このアユカケはキープしようと思ったのですが、友舟に入れるわけにもいかず、今回は逃がしてあげました。
a0056140_026784.jpg
それで、これが最後に釣れた23センチの鮎です。
あとから反省したのですが、バラした鮎も大きかったので、無理に「引き抜き」をせずに寄せ取れば良かったな…って思いました。9mの竿と違って、7.5mの硬調トライアンではラインが強くても、身切れしやすいんだな〜って気がつくも、後の祭りでした(;д;)

かたやTakeちゃんは「人が通り道にしている場所」を賢く釣って、9匹も釣れたそうです。
a0056140_032647.jpg
今日も興津川は上流から下流まで解禁並みの混みようでしたが、そんな時の「竿抜け」がどこか…って考えたTakeちゃんはエライです。

ーーー「私って頭がカタイから、スティーブ・ジョブズに棄てられる(T_T)」って言って、失笑を買っているワタクシですが、もうちょっとシャキッとしないといけないな〜って思う今日この頃なのであります。

10月9日(日)
今日は釣りはお休み。
来週10月15日には、「やなやん&やませみカップ」があるので、少し準備を兼ねて、Takeちゃんがいろいろな試みをしてみました。
a0056140_050343.jpg
これが、チームやませみの新兵器であります。

商品名は「クッキングストーブ」で、いわゆる「薪ストーブ」を基に作られたものですが、これを七輪の代わりに使おうという目論みであります。
今日はこれで「栗ご飯」「鮎の塩焼き」「焼き芋」を作ることにしました。
(もちろん、一番の目的は「やませみピザ」を焼くことですが、それは後日のお楽しみということで…☆)

ところで・・・
「道具はいかに活用するか」が肝心なのでありますが、私の単細胞な脳では何の創意工夫も生まれません。
その点がTakeちゃんは違います。
このクッキングストーブでは「薪」が燃料なのですが、「炭」も効率的に使えるように内部も工夫し、本体が低いので「足」を取り付けて高くし、おまけに「五徳」も使えるように改良しました。a0056140_12572.jpg
←改良型がコレです。

これでさっそく料理を作ってみました。

クッキングストーブの場合は、上部の鉄板が鍋の大きさに合わせて外せて鍋が置けるしくみになっているのですが、「五徳」を使うと鍋も安定して使いやすいようです。
そのおかげで、土鍋で作った「栗ご飯」も良い感じに炊けました。a0056140_7122919.jpg

a0056140_1115236.jpg
次は「鮎の塩焼き」です。
鮎の串が刺せるようにレンガに穴を開け、それをストーブの上部に置いて焼こうとしたのですが、いくら火が強くても、それでは火が遠過ぎました。
そこでストーブの内部にレンガを置き、鮎を焼くことで、ストーブの壁によって熱を効率よく利用出来ることがわかりました。
a0056140_117371.jpg
すっかり焼け上がったのですが、鮎以外のものも、こういう焼き方も出来るということを試しているところです。

さて、鮎を塩焼きにして気付いたことですが・・・

この3匹は、昨日私が釣った21~23センチの鮎です。
なかなか大きくて見映えは良いのですが、味がなんか違うゾ…と思ったら、これは台風の大増水の為「富士川」から興津川に避難してきた鮎らしいのです。
なおきちさんから聞いた話では、今年は興津川下流で「29.6センチ」の鮎が釣れたらしく、それも「富士川」の鮎だそうです。
この3匹のうちの2匹はメスでしたが、まだ卵が小さかったので、今後も大きな鮎が釣れるかも知れません(^-^)

10月10日(月)
ーーーまた何どき鮎釣りが出来なくなるかも知れないから…なんて考えるようになってしまった私達は、今日も興津川に出掛けることにしました。

しかし、興津川は土曜日以上に混んでいました! ホント、「解禁日並み」です。( ̄~ ̄;)
昨日、シモツケの全国大会や、がまかつの大会が行われたらしいので、遠くからいらっしゃった鮎師の方々が泊まって今日も竿を出していらっしゃるのだろうと思いました。
あの台風15号がなければ、興津川の良さを遠方から来て下さった方々に楽しんで頂けたのにと残念に思いながら、『清地』もダメ、『小島中裏』もダメ…ダメ、ダメ、ダメ…で満員御礼状態でどんどん下流に流され、たどりついたのはまたもや『承元寺堰堤下』です。(^-^;

ここも大変な混みようですが、なぜか堰堤下のチャラ瀬から落ち込みにかけてがポッカリ空いています。
「台風で石がなくなっちゃったのかな?」
「でも、波立ちがあるから石はあるでしょ。私、あの場所はゲンが良いから、行ってみるね♪」
と、行ってみると、対岸の鮎師の方がポツポツ釣っていらっしゃいます。
その鮎の型がデッカイこと(*_*)! 
a0056140_7385656.jpg
その方の下流で同じように鮎を泳がせていたのですが、私には全然掛かりません。
「そんなはずはない!」とだんだん意固地になってきたワタシ・・・。
その方が「こっち側に来ないと釣れないよ。」「オトリを分けてあげるよ。」とおっしゃって下さるのですが、向こう側に行くと太陽を正面にしてしまうからイヤだし、オトリもまだ養殖オトリが元気に泳いでくれているので、これで掛からないはずはない・・・なんて思って、粘ってしまいました。
その間にも、その方は大きな鮎を掛けていきます。

・・・時間だけが過ぎて、とうとう3時半になってしまいました(T_T)
その方が竿を畳む様子でしたので、言葉にうながされて、オトリを1匹分けて頂くことにしました。
「メスじゃないと掛からないよ。」「針ハリスは長めにしないとダメですよ。」「そのハリスはちょっと硬過ぎるなぁ…」とおっしゃって、針まで私に下さいました。

Takeちゃんによると、地元の常連さんに「どうして堰堤下のところは空いているんですか?」と聞いたら、「奥さんの対岸で釣っている"黒いベストの人”があの辺は釣ってしまったので釣れないんだよ。しばらく時間を置かないと、掛からないんじゃないかな〜」っておっしゃっていたそうです。

「得意な場所」だったけど、完敗しましたm(_ _)m

・・・で、いつもの場所に行って釣り始めましたら、掛かりました。
a0056140_7533424.jpg
ヘンな意地を貼るもんじゃないですね(^-^;
4時までボウズだったけど、5時までに3匹釣ることが出来ました♪
a0056140_7544616.jpg
Takeちゃんの奥に見える方ですが、Takeちゃんには「闘将やなやん」に見えてしょうがなかったそうです。
やなやんさん、15日には会えるかな〜☆

ここでちょっと業務連絡ですが、15日の「やなやん&やませみカップ」は多少の雨なら決行する予定です。14日の午後7時頃には行うかどうかを決定して、参加を表明して下さっている皆さんには連絡が出来るようにしますので、その旨宜しくお願い申し上げます。a0056140_7571052.jpg

ーーーとまぁ、こんな感じで、今日も不甲斐ない釣りでしたけど、それでも楽しかったです。
負け惜しみではなくて、本当に楽しかったーーーこれが正直な気持ちです。

「コジローくん、スティーブ・ジョブズがね『Stay hungry, Stay foolish!』って言ってたけど、私はfoolishそのものだね!」

これからもたぶんStay foolishだけど、ジョブズさんがおっしゃるように人生を無駄にしないように、自分らしく生きていきたい・・・そう思う私なのであります。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-10-13 08:31 | 鮎釣り | Comments(8)

興津川の流れは変わってしまったけど…

10月1日(土)
台風15号以来、初めて興津川に行きました。
「4m以上も増水した」と言われている下流がどうなったか、おそるおそる見に行くことに…。

でも、コロガシの人達で普通に賑わっているし、『承元寺堰堤下』も友釣り師でいっぱいでした。
a0056140_1661334.jpg
ここは、『承元寺堰堤下』と『新幹線』のちょうど真ん中付近です。
見渡す限り、全体的に浅くなってしまいました。まるで別の川に来てしまったみたい…。
でも、所々に石が見えているし、「渇水気味のほうが釣れる興津川」としては、こういったチャラ瀬を泳がせて釣るのが真骨頂とも言えるかも…(^-^;

思っていたよりも友釣りをしている人が多いので、私達も竿を出してみることにしました。
a0056140_16191066.jpg
行った所は『梨の木堰堤下』。
ここはポイントのほとんどが岩盤層で出来ている所なのですが、なぜか全体的に浅くなっていました。
かといって、砂が増えたっていうわけでもなく、むしろ砂は前より減ったような…。
まだ若干濁っているので、良くわかりませんが…。
岩盤は動かなくても、大石やテトラが移動していたし、垢は完全にとんでいるように見えます。
だから「残り垢狙い」の釣りになるのですが、やっぱり厳しかったです。
a0056140_16254437.jpg
Takeちゃんは1匹掛けたのですが、掛かりどころが悪かったのか、空中分解してしまいました。
画像はその直後の写真です。背中に「茫然自失」感が漂ってますぅ〜(^-^;
a0056140_16273395.jpg
かたやワタクシですが、この画像は、2度ほど根掛かりした後、オトリがヘロヘロになり、しょうがないから鼻オモリを付けて、瀬に沈めているところであります。
増水後って、川底の石に枝とかが挟まっているので、根掛かりは仕方がありませんものね〜(;д;)

ーーーというわけで、今日は「ボウズ」であります!
えっ? コジロー、何か言いたいことがあるって? ナニナニ??
a0056140_16322995.jpg
フンッ! ボウズのどこが悪いのよ!(`´‡)
白川でも、「竿を出してみる」「釣ってみる」、何事も、やってみて無駄なことはないのよ!
コジローも大人になったら、わかるわ!! (爆)

鮎に話を戻しますが…(^-^;
今日のポイントとしては、鮎師の方が1匹釣るところを目撃したのと、Takeちゃんが鮎を掛けた場所から推察するに、「新垢はまだ付いていないので、残り垢狙いであるということ。増水で石が動いてしまった所は残り垢は皆無なので、台風前と比べて石が動いていない所で釣ること」が重要だと思いました。

明日はそんな場所を狙って釣ってみようと思います。

10月2日(日)
本当は『小島中』〜『但沼』付近で釣るつもりでしたが、釣り師が結構入っていました。
・・・で、「もう、ここでイイよね。」「昨日もこの下流の『倉庫裏』は釣れていたみたいだし。」と、入った所は『漁協下』であります。
吊り橋の上から見たら、残り垢もあるし、鮎もたくさん見えましたから…。
a0056140_16511941.jpg
・・・で、吊り橋から見えた鮎(たぶん群れ鮎)を、オトリが元気なうちに釣ろうと思って上飛ばしで泳がせると、おチビちゃんが1匹釣れました♪

幸先は良かったのですが、その後、全然釣れず・・・。
a0056140_16541527.jpg
そもそも、今日は寒い!!
根掛かりを外して、シャツが濡れたままだと、ゾ〜ッとするくらいに肌寒いのです。
・・・で、Takeちゃんは、雪だるまさんからいただいた、「阪神素地」製のネオプレーンジャケットに着替えてきました。
タイツと同じ素材で出来ているので、肌への密着度が高く、雨の日とか温かいらしいのです。
難点は、密着度が高いせいで、脱ぎ着が大変らしいこと。 でも、寒くてブルブル震えながら釣ることに比べたら、そんなの全然問題ないですね(^-^)b

その後、どんどん下流に釣り下って、とうとう『倉庫裏』まで来てしまいました。
・・・で、その時に思ったんですね〜、「やっぱりココが釣れるでしょう」・・・って。
だって、あの大増水でも、ココってほとんど変わっていないんですもの。
a0056140_17134875.jpg
最初からココに入れば良かった・・・と思ったけど、人がたくさん入っていたから無理だったわね〜。
もう、ここまで来るのに気力も使い果たしたけど、なんとか1匹釣りました。
a0056140_1716244.jpg
白くて、いかにも「増水後の鮎デ〜ス!」って感じの鮎ですが、まだ若くて、今後に期待が持てます。

そんなわけで、釣れなかったけど、鮎はたくさん見えました。

帰りに「宮原おとり店」の宮ちゃんに偶然会いましたら、「上流はもっとたくさん鮎がいるよ!」とのこと。
帰りに『清地』『高瀬』『和田島』と川を見ていきましたが、確かに川は変わったけど、これはこれで気持ちを新たに釣りをすればいいんじゃないかと思えました。

2003年に初めて興津川で鮎釣りをして、その後、何度か増水して、最初に私が知っている興津川の良さがまるっきり失われてしまったーーーと思った時があり、気落ちして、その後、足が遠のいてしまったポイントが幾つかありました。
今回もそんな気持ちに襲われるんだろうか・・・正直、少し不安だったのです。
でも、最近の天変地異を目の当たりにし、そんなことは大した問題ではないと気付いたのです。
この「新しい興津川」で、元気に生き延びた鮎さん達に会えて、昨日、今日と興津川に来て良かったと思いました。

帰ってからコジローに「今日はね、ボウズじゃなかったんだよ〜♪」と、報告したのですが・・・。
a0056140_1737359.jpg
まったくぅ〜、お留守番がつまんなかったからって、その言いようはないでしょ!ヽ(`⌒´メ)ノ
来週は新垢も付くだろうし、もうちょっとは釣れる・・・はず・・・自信ないけど。。。
まぁ、まだまだ頑張ろうと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2011-10-03 17:45 | 鮎釣り | Comments(22)