~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:58
こんちわ^^ 縁側..
by nigapeclub at 16:58
>鮎猫さん こんにちは..
by hototo-gisu at 14:45
こんにちは~ 恥ずかし..
by 鮎猫 at 12:58
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 23:59

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クリエイティブなことに熱中してました☆

今週末は海に「ワカメとヒジキ」を採りに行くつもりでいたのですが、キクちゃんの
「寒いから、ヤメなぁ〜」の一言で、すんなり取り止めることにしました。
「親の意見と茄子の花は、千に一つの無駄がない」と言いますし、雨の後で海も荒れているかもしれないから、やめたほうが無難かも…と思ったからです。

・・・で、例のホームベーカリーでお餅を作ることから始まって、いろいろ作ってました。
a0056140_1625638.jpg
癌腫病にかかっている「パット・オースチン」の枝を野バラの台木に接いでみました。
去年は「マルゴ・コスター」の接ぎ木が成功したのですが、この子も接ぎ木が成功して生き延びてくれたらいいな…と思います。
a0056140_1674238.jpg
試行錯誤で、編みぐるみの設計図も作っています。
何の因果か、超細い糸と針で編みぐるみを作ることになってしまったので、事をややこしくしてしまったわけですが、今更、方向転換するのもナンだし、これだけ細い糸で編めたら、あとで太い糸で編むことになっても楽チンだし、この細い糸自体が気に入っているから、まっいいかぁ〜・・・と。
ただし編み目が小さ過ぎて、今何段目を編んでるんだか、何目編んだんだか、「編んだ編み目を見て数える事が不可能(?!)」ということで、ホント、とんでもないことを始めちゃったと思っています。
大好きなロックを聴きながら、片手間に編み物・・・というのが出来ないとは、いかがなものか…(笑)
不器用な私がこんな細かい作業をすることになったのも…というより、“今、したい”のは、亡くなった父が作っていた「針金細工」を思い出したからです。
カラーのビニールで被膜された針金で、松の木の盆栽や、タコの人形などを器用に編んで作っていました。
そのうちの一つでも手元に残っていたら良かったのですが、それもなく、今、ネットで検索しても、そういった物を作っている人はいないようで、見ることが出来ないのがとても残念です。
・・・そんなこんなで、私の身体の半分に器用だった父の血が流れていることを信じながら、一針一針編むことが、とても大事なことのように感じている今日この頃です。

一方のTakeちゃんも、今回の下水道工事で庭に大幅に手直しが入ることになったのに乗じて、DIYにますます熱が入っているようです(^-^;
今日はタイルを切って、ブロックの柵に貼る作業に着手していました。
タイルをカットするのもすっかりコツを覚えたみたいで、あんなに硬そうなのに「スパッ!」とサイズ通りに割っていました(*_*)
a0056140_19532664.gif
通りが明るくなって、とってもいい感じです☆
出来上がりが楽しみだわ〜♪

さて、コジロー君ですが、只今「羽の抜け替わり(換羽)」のまっ最中です。
頭の「冠羽」が次々に抜けていたので、「そのうち、『一風変わったヒヨコ』みたいになっちゃうねぇ〜」とTakeちゃんが言っていた矢先に、こんなんなっちゃいました〜!( ̄□ ̄|||)
a0056140_19541784.gif
「ヒヨコ」とまではいかないけど、「スポーツ刈り」みたいで、なかなかユニークです。

さらに・・・
a0056140_17222026.jpg
またまた「アホ毛」を作ったりしちゃって、本人は「ツラッ」と、スマシ顔なところが、ますます笑いを誘います。
今週末は出掛けないで家にいたので、コジローも何かヘンだなぁ〜って思っていたかも…。

さてさて来週は渓流が解禁になります♪
去年の大増水で川が変わってしまったとはいっても、きっとアマゴさん達も生き延びているはず…。
そう信じて、一投一投、ワクワクしながら竿を振りたいと思っています☆
[PR]
by hototo-gisu | 2012-02-27 18:13 | DIY、物作り、クレイアート | Comments(4)

つかの間のシーズンオフです♪

2月15日に狩猟期間が終わりとなりますので、毎年、3月1日の渓流解禁までの約2週間が“チームやませみ”にとっての「シーズンオフ」となります♪
ーーーっが、今年は「下水道工事」が急に始まったので(区からの要請で、補助金が出る期間が限られているとかで、渋々承諾したのですが…)、Takeちゃんも工事の打ち合わせや現場監督、時にはお手伝いなんかもしたりして、とても忙しい日々を送っています。
a0056140_17144824.jpg
浄化槽を撤去するために駐車場のコンクリートをはがし始めたのですが、コンクリートが全体的に老朽化していたので、思い切ってリニューアルすることにしたのですが、当初の予定よりも範囲が広がったようでして…( ̄▽ ̄;)
結構大掛かりになっちゃったけど、この際、Takeちゃんが前々から構想していた庭に近づけていけたら良いな〜って思っています。

かたや私はバラの植え替えや剪定をしました。
ちょっと風邪気味だったので、ガガガガ〜ッと“やっつけ仕事”になっちゃいましたが、今出来るだけのことはやったという達成感はあります。
すべてのバラの植え替えを終えましたが、見つかったコガネムシの幼虫は1匹(それもほとんど死にかけた状態のもの)だけでした。
数年間にわたって、あんなに悩まされたのに、「オルトラン散布」と「パーライト」を土に混ぜ込んだことがこんなに効果的とは、ネットでもあまり公表されていないのが意外なくらいです。
今度は根頭ガン種病が悩みの種ですが、これについては、他のバラにうつらないことを祈るのみです。
a0056140_22433319.jpg
2月19日(日)
さて、先週のブログで紹介したTakeちゃんがDIYで作った“謎の釜”ですが、このような“部品”も完成しました。
これはブリキの板と針金を芯に入れたものに、モルタルでこしらえたものだそうですが、何に使うのかと思っていたら・・・
a0056140_750472.gif
薪ストーブの上部が釜の大きさに合わなかったので、釜がすっぽりと納まるように自作したそうです。
実はこの“釜”は、今月初めに壊れてしまった炊飯器のお釜なんです。
もともとキクちゃんから譲り受けたものですが、厚くて立派なお釜なので、本来の“釜”としてリサイクル出来ないものかと思ったそうです。
モルタルのゴトク(?)からお釜を取り出しやすいように、木の枠を作ったところが鋭いです(*_*)!

せっかく出来上がったのですから、今日のお昼御飯を炊いてみることにしました。
a0056140_2383459.jpg
最初ですから、何か不都合があってはいけないので、2合だけ炊いてみることに・・・。
すると、予想を越える出来の良さと美味しさに、2合は見る見るうちに二人の胃袋におさまっちゃいました(^-^;
…で、「晩ご飯も、コレがイイね♪」という話になり、今度は4合炊いてみました。
(*注…この釜戸御飯を炊くのは、製作者であるTakeちゃんの担当であります。)a0056140_23222666.jpg
4合もバッチリですよ〜♪ カニの穴もしっかりと空いてました!
上部が少しだけ茶色っぽく色付いているのは、蓋の杉から出た“精油”です。
杉の香りがほんのりとして、「杉のお櫃に入れた美味しい御飯」という感じの出来になって、どこかの旅館に来たかのような雰囲気を醸し出していました。
(余談ですが、杉のこの精油は薬効成分が豊からしくて、最近ではダニアレルギーや花粉症を悪化させる生理物質、インターロイキン4を抑制する働きがあることが発見されたそうです。花粉症を引き起こす杉の中に花粉症を軽減させる物質が含まれているというユニークな結果に興味がもたれているそうです。)

やっぱり、ピザも良いけど、日本人には御飯が一番ね〜♪\(⌒▽⌒)/
ーーーなんて思ったりするのは、トシのせいでしょうか?(爆)

・・・というわけで、ここのところの工事で、コンクリートをガンガン壊しまくっていたので、その騒音は半端じゃありませんでした。
そんな中で、コジローくんは大丈夫だったでしょうか? 
ノイローゼとかに、なっていないかな〜?
a0056140_23554785.jpg
ちょっと髪…じゃなかった、“羽”は乱れていますが、元気です♪
コジローは羽繕いが超〜下手なんです。女の子なのに…ねぇ…。ホトさんに似たのかしら?(爆)

それはともかく、コジローったら、こんなことが得意なんですよ〜( ̄▽ ̄;)
a0056140_014975.gif
目にもとまらぬ早さで、タバコを抜き取るので、油断も隙もないんですよ〜。
以前からタバコには興味しんしんだったみたいで…。
…っていうか、コジローは私達が口にするものには何にでも興味を持つので、Takeちゃんがいつも美味しそうにタバコを口にくわえているのを見て、(さぞ美味しいものなんだろうな〜♡)って思っているのかもしれません。

オカメインコは“永遠の三歳児”(3歳ぐらいの知能を持っているの意)らしいので、ダメなものはダメと教えつつ、危険なものは口にさせないように、私達が気をつけなければ!!

ーーーというわけで、シーズンオフって言っても、骨休みにならない週末でした(^-^;
来週は渓流釣り解禁直前なので、そろそろ準備を始めないといけないな〜。
[PR]
by hototo-gisu | 2012-02-21 07:52 | DIY、物作り、クレイアート | Comments(8)

ヘタレな私に、天国のニコルさんも苦笑いしてたかも…

2月11日(土)
猟期は2月15日までなので、私達も今週末で猟を終えようと思い出掛けました。
朝のうちは風もなく暖かくて、アウトドアには最高な日和だわ〜♪ーーーなんて、ルンルンだったのに、猟場に着いたら、メチャクチャ寒いではありませんかぁ〜!( ̄□ ̄|||)

ホト「さむ〜〜っ!! こんなに寒いんじゃ、震えて引き金が引けないよぉ〜〜〜(;д;)
   お昼食べたら、早く帰ろぉ〜〜!」
タケ「そんなこと言って、ニコルさんが聞いたら、『こんな時こそ、猟はチャンスなんだ』って
   言うと思うよ。
   『雨の日とか、過酷な条件の時にこそ猟をするのがホントの猟師だ!』って」

そうだったね〜。
ニコルさんが生きていたら、どんなに良かっただろう…。
ニコルさんも無念だったでしょうけど、私も心残りなことが次から次に浮かんできます。

・・・で、気持ちを仕切り直してポイントを見て回ったのですが、お目当てのマガモどころか、カルガモもコガモさえもいません。
きっと終猟間近だから、他の人が回った後なのでしょう。
ようやくマガモのペアを見つけたのですが、非常に狙いにくいところだったので、無理をしないで諦めることにしました。
そして、今日最後のポイントに行ってみると、マガモが居たんです!
a0056140_1765582.jpg
ただ、逆光で狙いにくいのと、あちこち泳ぎまくっているので、なかなか撃つタイミングがありません。
しばらく待っていたら、ようやく止まってくれたのですが、なんと2羽が前後に重なって、首を背中にうずめて眠り始めたじゃありませんか(゜o゜;)
肉眼でもレンジファインダーでも、1羽にしか見えないほどピッタリと重なっています。
頭を狙うにも、ほんのわずか(たぶん1センチぐらい)しか頭が見えていません。 
距離は42.5m。ビミョーなところです。
上手く当たったら、2羽同時に獲れるチャンスなんですけど、半矢には絶対にしたくないので、奥にいるオスの、わずかだけ見えている頭を狙って撃ちました。

ーーーが、見事に上に外れました。
相手は寝ていたわけだから、私が50mの距離まで移動して撃ったら良かったかも…とか、外れてしまってから後悔しきりです。
とたんに“スイッチ”が入った私!
俄然、猟欲が湧いてきました。
しかし、すでに時は午後4時。
日の入りは4時50分頃かなぁ・・・。 残された時間は僅かしかありません。
Takeちゃんは「明日もあるし、また明日来てもいいよ。それとも他を回ってみる?」と言ってくれたのですが…。

「Takeちゃん、さっきマガモペアが居た所に戻っていい?」
「いいよ〜♪」

こうなったら、遠かろうが、攻めにくかろうが、なんとしても対決したい・・・そう思いました。

その場所に戻ってみたら・・・。
マガモは姿を消していました。

「いつまでも居ると思うな親と金とカモ!」とTakeちゃん。

そう言いながらも、ここに居たマガモが飛んで行った先を予想して、次の場所に向かってくれました。
予想第一候補の場所は、残念ながら空振りでした。

「じゃ、大きく移動して・・・」と移動する途中、Takeちゃんはちょっと思いついたのか、立ち寄って双眼鏡を構えると「青首が見えた!」と言うではありませんか!
急いでその場所に近づきました。
当たるかどうか・・・ということを考えるよりも先に、回収する為に「ウェーダーを履いたほうがいいよ」というアドバイス通りにウェーダーに履き替えて、マガモに近づこうとしたら・・・

バタバタバタ〜〜ッ・・・

ア〜ッ、カルガモが2羽もいたの???
マガモがつられて、飛んじゃう〜〜〜(泣)

もうダメ・・・と思ってマガモを探したら、まだ居ました!
距離は48m。
ここは確実に獲りたいので、50mまで下がって撃ちました。

すると、当たってひっくり返りました。 ・・・が用心の為に、2の矢、3の矢を立て続けに撃ったら、水面で仰向けのまま動かなくなりました。a0056140_2115446.jpg

ウェーダーを履いていたので、すぐに回収しました♪
もう4時40分になっていました。
今日は「寒いから帰ろう〜」なんて弱音をはいていたのに、4時になって急にヤル気になって、まさか本当にマガモが獲れるなんて夢のようです。

こんな風にマガモを獲った写真を見ると、ニコルさんから「ホトさんは、『アオクビ・キラー』だな」って言われていたことを思い出します。
ニコルさん、マガモ獲ったよ〜♪
ヘタレだけど、猟はTakeちゃんと続けていくから、これからも天国で笑いながら見ててね☆

苦労しましたが、目標のマガモが獲れたので、もう充分です。
これで今期の猟は終わりにすることにしました。
Takeちゃん、ヘタレな射手を一生懸命フォローしてくれて、ありがとね〜(⌒▽⌒)/
3月になったら渓流釣り、頑張ろうね!!

2月12日(日)
今日もいい天気になりました。
やり残したバラの植え替えをすることにしました。
a0056140_21245295.jpg
a0056140_21251493.jpg
あらまぁ〜、スゴイ格好で作業しているのね〜(*v.v)見ないで〜っ!!(笑)

それにしても、去年「パット・オースチン」で見つけた「根頭癌腫病」ですが、他の場所にも癌細胞が転移していました。(赤い丸の部分が癌です)
それだけでなく、「モーティマー・サックラー」と「ブライス・スピリット」にも同じ症状が見られて、他に移らないことを祈るしかありません。
癌の部分を切り取り、木酢液で消毒し、土も全部入れ替えましたが、また真夏の暑い日が続くと発症するかもしれません。
去年のパット・オースチンは蕾みをたくさんつけたのに、この病気のせいで花を咲かせても、すぐにしおれてしまっていました。
完治はしないといわれているので、今後の様子をみて、なんらかの方法をとらないといけないかな…。
「芽継ぎ」とかして、なんとかこの子達の“子孫”を残していくようにしたいと思い始めています。

さて、今日のお昼は、「手打ちうどん」です。

…といっても、ホームベーカリーで打ってもらった「うどん」なんです(^-^;
a0056140_22241627.jpg
事の発端は、先日、歯医者さんに行った時に「サライ」という雑誌で「製麺機」なるものが紹介されていたのがきっかけです。
ジイさんの美味しいうどんを頂いた直後のことでしたので、「製麺機」があったら、あのジイさんのうどんに近づけるのでは…と早合点した私。
帰宅してすぐにTakeちゃんに「製麺機っていうのがあるんだって! そんなに高くないみたいよ〜♪」って言ったら、「『製麺機』は伸ばして麺状に切るだけの機械だから、それだけでは“うどん”は作れないんだよ」って言われちゃいました。
半信半疑の私は、それからいろいろネットで検索して、「お餅やうどんも作れる"ホームベーカリー”」にたどりつきました。
大の「お餅」好きなTakeちゃんは、以前からそういうホームベーカリーに興味を持っていたのですが、ずっと保留になっていました。
・・・っが、「シロカ」という名前のホームベーカリーは、そういった多機能がついて「7,980円」だとのこと!
口コミやレビューを読んで思い切って購入しましたが、価格以上に価値のある商品でした!
2月6日(月)に買ってから、パンも美味しく焼けるし、今日は「うどん」の種を作ることにしたのです。
a0056140_2244664.gif

「製麺機」はないので、自分で種を伸ばして切りました。
台所の片隅で眠っていた、以前Takeちゃんがパン作りの際に愛用していたという「生地がくっつかない“ダイヤモンドコーティングのし板”」が、この日ようやく日の目をみることに…(^-^;。
いやぁ〜、この板のおかげで伸ばすのもこねるのも随分と楽に出来たと思います。
いままで“宝の持ち腐れ”状態にしてて、ホント、勿体なかったです。
しかし薄く伸ばして細く切ったつもりでしたが、茹でると少し膨らむんですね(^-^;

さて、味のほうですが…。
コシもあって、ツルツル感もあるのですが、味がジイさんのとは雲泥の差です。(^-^;
粉が違うのかなぁ…。やっぱり腕の差が歴然です☆
今後も研鑽を積んでいきたいと思っています。
a0056140_2228123.jpg
Takeちゃんも、いつものようにDIYに励んでいました。
さて、これはいったい何でしょう?
まだ完成形ではないらしいので、また後日にUPします。
a0056140_22311625.jpg









我が家の盆栽の梅が、ようやく開花し始めました。
これは今日の様子です。

去年は2月7日には満開だったので、今年は10日ぐらい遅れているようです。
今年に入ってから、厳しい冷え込みが続いたのが影響しているのかも…。

ーーーでも、着実に春は近づいているんだな〜って思います。
猟期は終わったけど、やらなきゃいけないこと満載で気持ちは焦るばかりですが、慌てず焦らず確実に、地道にやっていかなければ!!
[PR]
by hototo-gisu | 2012-02-13 23:13 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(17)

4度目の正直(⌒-⌒)b

2月4日(土)
Takeちゃんは以前、熱帯魚(クマノミなど)を飼っていたらしいのですが、それ以外に海で釣れた“チビ”ヒラメや“チビ”ハコフグ、アジなども水槽で飼っていて、友人達から「生簀割烹か?」って言われていたそうです。(笑)
その時の水槽を「川小屋」さんにお譲りすることになり、今日、お届けに行きました。
a0056140_1611569.jpg
すると、そこにスー師匠がいらっしゃったではありませんか!\(⌒▽⌒)/

「あれ? Takeちゃん、お久しぶり〜!!」
「スー師匠、お久しぶりです、今年も宜しくお願いします。今日はね、コレを
『不法投棄』に来たんですよ♪」

あらぁ〜Takeちゃん、また人聞きの悪いことを言っちゃって…( ̄▽ ̄;)
永浜さんがお留守だと聞いていたので、冗談でそう言ってたのにねぇ〜(汗)。。。

「今日はね、年券を買いに来たんですよ!」と、スー師匠。
へぇ〜っ、もう、年券、売ってるんですか?!a0056140_16111183.jpg

・・・ということで、私達も「安倍・藁科川漁協」の年券を購入しました。
昨年の台風と大雨による大増水で、すっかり変わってしまった藁科川。
それでも釣る気マンマンのスー師匠に感化されて、私達もちょっぴり渓流&鮎釣りモードになっちゃいました。

ただねぇ、今年初めにTakeちゃんが某HPを見た情報によると、藁科川の下流部で11月末に「球磨川の親鮎」を数千匹放流したらしいのです。
それって、以前話題になった「富士川に鮭を放流した」のに等しい、生態系を乱す行為じゃないのかなぁ…。
それに、よりもよって川が異常事態の、この時に…と思うのです。
下流・中流域も砂が流入して石が激減した上に、上流部はまったくの砂だらけで、鮎のエサ場がなくなってしまっているのに…。
親鮎を放流したということは、藁科川に球磨川産鮎の稚魚が遡ってくることを意図しているってことですよね? 
そうしたら、藁科川に元々いた鮎達に影響はないのでしょうか?
そんなことよりも、追いの良い、魚体の大きな球磨川産の鮎を釣りたいって、鮎師は望んでいるのでしょうか?
これまでに安倍・藁科川でお会いした鮎師の方々の顔が次々と頭に浮かびました・・・いやいや、あの方達は、そんなこと望んでいないはず…。
そもそも、去年は渓流釣りで安倍・藁科川を釣った時、旗の付いた長いロープを川を横切るように張りめぐらした「川鵜避け」を水深のある場所や川鵜が付きそうな所に張り巡らしていた様を見た時に、安倍・藁科川漁協の方々の並々ならぬご苦労が偲ばれて感動したのに…いったい、どういうことなのかなぁ…。

「ホトちゃん、そんなに心配しなくても大丈夫だよ。」と、Takeちゃん。
「そうなの?」と、私。
a0056140_17232522.jpg
「そうだよ。考えてもごらん。もし、この清水にカワイイからって『ライチョウ』を放鳥したら、どうなる?」
「ライチョウねぇ。たぶん生きられないよね。」
「でしょう? で、成鳥の放鳥が失敗したからって、今度は卵や雛を…なんてやったって、育たないにきまってるよね。それと同じで、球磨川産の親鮎から稚魚が孵って藁科川に遡ってきても、球磨川と藁科川じゃ川が全然違うしエサも少ないから、たとえ球磨川産でも『16センチにしかなれませんでした』とかになっちゃうんじゃないの?」
「なるほど〜、『清水にライチョウ』ね! きっとそうかもね!」

「キジと警察は、なつかない」も名言だけど、「清水にライチョウは居着かない」も名言だね〜(⌒▽⌒)b

だとしたら、同じ九州出身の私としては、球磨川産の鮎サン達が、少し可哀相に思えてなりません。
a0056140_16485635.jpg

今日の夕食は、先週獲ったカルガモを焼肉にしました。
塩・コショウを強めにして、少しなじんだ頃に軽く焼いて食べると、柔らかくて美味しかったです。
炭火だと、もっと美味しいだろうなぁ〜。
春になったら、アウトドアで焼いて食べることが出来るように、鴨を獲ってストックしておかなきゃ(⌒-⌒)

2月5日(日)
さ〜て、猟期も残すところ、あと10日になりました。
昨日のカルガモも美味しかったけど、マガモの焼肉も食べたいよね〜。
ーーーというわけで猟に出掛けましたが、どのポイントも何もいません。
やっぱり、猟期が僅かだから…って、他の猟師がまわった後なのかなぁ…。

そう思って諦めかけていたら、なんと、ウジャッと鴨の群れらしきシルエットが遠くに見えました。
「たぶんコガモね。」
「それか、アイサだね。」
そんな感じで、何の期待もなく、双眼鏡をのぞいたTakeちゃん、「あれ、マガモだよ!Σ( ̄□ ̄|||)」
エ〜〜〜〜ッ?! マジっすか〜〜?(゜o゜;)
a0056140_1739447.jpg
うわぁ〜、あんまり群れっていうのも、ありがたくないよねぇ…。
ひそんで近づいても、1羽が警戒すると、すぐに飛ばれちゃいますから…。
どうやら私の存在に気がついてしまったようです。
Takeちゃんがオトリになって、マガモ達の気を惹いてくれているのですが、もう限界。。。
距離78mでしたが、2ミルドット下で頭を狙って引き金をひきました。
・・・が、外れちゃいました〜〜(;_;)
a0056140_17450100.gif
群れで飛んで行く様子を目で追って、「南のほうに飛んで降りたんじゃない?」と私。
「いや、南に降りると見せかけて、また上昇して北の方に飛んで行って降りたよ。」とTakeちゃん。

エ〜ッ? そうかなぁ〜。
半信半疑でしたが、最近は鴨に関してはTakeちゃんのほうが熟知しているので従います。
・・・すると、Takeちゃんの読み通りのところに、先ほどの群れがいました。
だけど、敵もさるもの、これまた狙いにくい所にいるんです。
近づいていきましたが、82mで限界!
「さっきみたいに外してもいいから、飛ばすつもりで撃ってみたら?」とTakeちゃんからの指令です。
こんなに距離があると、胴体に着弾する撃ち方でも…という悪魔の声が頭の中で囁きそうになりますが、そんなことして後悔すると夜眠れませんので、シビアに頭を狙います。
・・・が、やっぱり外れました。

「じゃ、次はあの辺だろう」と向かった先に、また降りてました。
今度は75m。
撃ち下しですから、1ミルドット下で狙いましたが、また外れ。。。
「3度目の正直」は、ありませんでした。(;д;)

飛んで行った先の方向は、「最初に居た所じゃないかなぁ…」とTakeちゃん。

そこに向かうと、なんと目の前に、まさにマガモが降り立つところでした!(◎o◎;)

「なんだ、マガモよりもジムニーのほうが早いってことか?」

いや、そういうわけじゃないんでしょうけど・・・。(^-^;
さっきよりも群れの数が少ないので、きっと分散したんでしょう。その作戦会議かなんかで、時間が掛かったのかもしれませんね。

最初は失敗したので、今度は私の存在を極力悟られないように、そして、時間をかけてマガモが近づいてくるのを待ちました。
すると48.5mの所に来たのですが、それをレンジファインダーで確認した時に気付かれてしまったようです。
急いで銃を三脚にセットして撃ちました。おそらく50mぐらいで間違いないので。
すると、頭に当たりました。
…が、念のため2の矢もかけたら、それも首に命中しました。
やっぱり、単細胞で不器用なワタクシは、50mゼロインだと、50mしか当てられないのです(^-^;a0056140_1891054.jpg

鴨キャッチャーだと届かない所で腹を上に向けて水面に浮いていたので、ウェーダーに履き替えて、私が回収に行きました。

「4度目の正直」で、念願の青首が獲れて、本当に嬉しかったです。
Takeちゃんの読みが当たったおかげですねー、感謝、感謝ですm(_ _)m

今期も「チームやませみ」としてやっているから、獲れているんだな〜って、つくづくそう思います。
今猟期も来週の週末を残すのみとなりましたが、最後まで気をぬかずに、事故や怪我などのないように気持ちよく猟をしたいものです。




ーーーさて、去る2月3日は節分でした。
全国各地で観測史上最低気温が更新された寒〜い一日で、静岡でもマイナス3度になりました。
寒さに弱いコジローくんにとっても過酷な日々ですが、無事に初節分の日を迎えることが出来ました。
a0056140_20524972.gif

節分の日に鬼退治なんて、でかしたねっ、コジローくん!
a0056140_20543020.jpg
アレ〜ッ? コジローったら、私を通り越して、Takeちゃんのほうに行っちゃうなんて、とんでもないヤツだわ〜(-"-;)
まっ、いいか、元気でなによりです(⌒-⌒)
寒さが厳しいのも、もう少しの辛抱ですね☆
[PR]
by hototo-gisu | 2012-02-06 21:05 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(6)