~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:58
こんちわ^^ 縁側..
by nigapeclub at 16:58
>鮎猫さん こんにちは..
by hototo-gisu at 14:45
こんにちは~ 恥ずかし..
by 鮎猫 at 12:58
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 23:59

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鮎が釣れる感覚を忘れてしまいそうで…( ̄▽ ̄;)

7月28日(土)
今週末こそは、野鮎の顔を拝まないと・・・!!
先週もボウズだったし、このままでは鮎釣りってどんなだったか忘れてしまいそうで、これではイカン!!
そんな意気込みで、今日は我々には珍しく早朝出勤し、『小島中学下流』のポイントを目指したのですが・・・
なな〜んと、そこは“満員御礼”で、とても割り込んで入る感じではありませんでした。
Too late, too late, too late~ to make the change~~~~emoticon-0159-music.gif
土曜日なのに、混んでるのねぇ〜!( ̄□ ̄|||) 
昨日、成魚放流したっていうのもあるし、他の県内河川が厳しいから興津川にでも…と望みをかけて皆、集まっているのね〜きっと。
a0056140_15161868.jpg
仕方がないから、『あこがれ亭裏』のところに行ってみました。
『立花橋』の上から川を下見したら、岩盤のヘチを食んでいる鮎が見えたから、この辺りがイイかな〜って思ったからです。

ところがどっこい、ギッチョンチョン! emoticon-0107-sweating.gif
私は『あこがれ亭裏』から下流にかけて釣り下りましたが、鮎はほとんど見えません。
以前なら、深い岩盤のところにギラッ、ギラッと良型がたくさん見える場所なのですが、その鮎が居ないんです!
鮎を探して三千里・・・じゃないけど、そのまま『旧天』まで釣り下りました。
途中、ヘチを逃げる鮎を数匹見ましたが、追って掛かる感じではありません。

釣り下ったはいいけど、それからさらに、炎天下の中、『旧天』から『あこがれ亭裏』まで、オトリ鮎が入った友舟を持って急ぎ足で車まで戻ったせいで、精魂尽き果ててしまいました(;´ー`)

今日はスー師匠とよしよしさんも『梨の木堰堤下』にいらっしゃっているのでお会いしたかったのですが、先週の感じからして『梨の木堰堤下』には私が釣れる鮎は居そうにありません。
ーーーっていうか、興津川のどこに行ったら鮎が見れるのか、もう途方にくれて力尽きそうです(;д;)

「20hotoパワー」しか残されていない気力を振り絞って、上流まで川を見に行くことにしました。

『漁協裏』『冷水』では、鮎が付いている石が見えました。
『和田島堰堤』には、放流したと思われる鮎がワラワラと見えました。
『大網』にも、ところどころ鮎が付いている場所がありました。

結局『大網』まで来て、Uターンして下ることにしました。
どこに入っても、同じような感じだし・・・。鮎がワラワラ見えるところもないし・・・。
解禁の時に入りたいと思っていた『清地の貯水池』が空いていたので、こんなチャンスはめったにないので、ココにしよう・・・ということになりました。

川に入ると、鮎師の方が今、上がろうとしていたところで…。
「いやぁ〜、鮎は居ないね。2匹しか釣れない。釣れたのは大きかったけどね。」とのこと。
そっかぁ〜、ココも厳しそうだなぁ・・・。

でもまぁ、前から釣りたかった場所だから、入れて嬉しい〜♪っていうのはあります。
ちなみにココは、私達は「NAOさんポイント」と名付けているところです。
数年前に「やなやん軍団」(今は改名して「チーム エキサイト」となっています)の方々と釣った時にNAOさんがココで爆釣したからです。

渓相はいいし、これで鮎が見えると良いんだけど・・・。

そしたら、岩の前でギラッとしたのが見えました(*_*)!
すかさずオトリを誘導して、しつこく攻めまくりましたら、掛かりました!!
a0056140_1643836.jpg
あれまぁ〜、久しぶりに鮎を掛けたので、慌てちゃいましたよ〜(笑)
それに意外に大きかったです。
ただ、なぜだかわからないけど、「もしかしたら冷水病の鮎で、すぐ弱っちゃうかも〜」と思った私は、ろくに釣れた鮎を見ないで、そのまま釣りを続行しました。
すると、ポツ・・・ポツ・・・ポツって感じで、4匹釣れたんです。
(ちなみに、冷水病だと思ったのは、私の勘違いでした。最初にギラッと光った感じが冷水病のソレに見えたので、ついつい早トチリしちゃったんです。)
この間、写真を撮る心の余裕は全くありませんでした。
釣れた鮎は静岡2系は1匹もいなくて、15〜18センチぐらいでした。 
a0056140_16172877.jpg
Takeちゃんはボウズは回避出来たけど、あまりに釣れないのに嫌気がさして、手長エビ獲りを始めちゃったし・・・a0056140_16211355.jpg

どうにか5匹釣ったけど、その後が全然釣れません。
その時に1人だけ掛かっていた方がいて、私が見ただけでも4、5匹上げていました。
←それが、この方。
私が恨めしそうな眼差しで見たからかどうか(爆)、釣れたばかりの野鮎を私に下さって、場所を譲ってくれました。
「このオトリで、泳がせて釣って下さい。こういう黄色っぽい石のところが良いですよ。」と釣り方まで教えてくれました。
なんとか期待に応えようと頑張ったのですが、なにしろ今日は慣れない「早朝出勤」と、午前中にhotoバッテリーがほとんど使い果たされて集中力も出ませんから、釣れるはずもありません。
「利根川のニコル」さんに良く似た風貌の方だったので、ニコルさんのことを思い出してしまいました。
またココに来たらお会い出来そうです。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

7月29日(日)
今日は「藁科川」に行く予定でしたが、ネットで調べると「時期尚早でしょう」ということになりました( ̄~ ̄;)
よって、懲りもせずに「興津川に行こうか〜」って話になりました。
a0056140_1641316.jpg
まぁ、昨日の教訓からして、急いで行っても釣れるわけじゃないし、Takeちゃんは「手長エビハウス」のお掃除、私もバラの手入れなどをして、いつもの通りの重役出勤となりました。

さて、どこに行こうか・・・という話になりまして・・・。

昨日、和田島の堰堤に鮎がワラワラ居たので、その辺で釣ってもいいし、とりあえず『茂野島橋』から川を眺めてみようと見てみますと・・・。

鮎がたむろしているのが見えました! 放流したばかりの追わないヤツかもしれないけど、今年は「見える鮎」しか釣れない気がしますので、ココに入りたいな〜とも思ったのですが…。
ココにいるなら、この辺にも居るかも・・・と思い、『茂野島橋』と『和田島堰堤』の中間点の瀬に入ってみました。
a0056140_1650526.jpg
良い瀬になっているけど、ここも大増水の影響で、下の淵は埋まっちゃったし、だいぶ川が変わっちゃいました。
これでは鮎だけでなく、アマゴの付き場もなくなっちゃったなぁ〜。(;д;)
a0056140_16533274.jpg
ボ〜ッと釣ってたら、マグレで1匹、掛かりました。
これは天然遡上の鮎に間違いありません、
でも、仲間はあんまり居なさそう・・・。
ホントに魚影がないので、場所を移動することにしました。

次に行ったのは『土村』。
案の定、夏休みの行楽客で大賑わいです。
キャンプ場入り口でアンケートを書かされたのですが、係員の方が「この前、この奥に漁協が鮎を放流したんだけど、キャンプ客が潜って突いたりしてるんだよねぇ〜。危ないから、怒って漁協にも申し入れたんだけどねぇ、困ったもんだよ。」とおっしゃっていました。
まぁ、例年なら目くじらを立てることも無いけど、こんなに鮎が見えないんじゃ、貴重な資源を獲らないで・・・って言いたくもなります。
はっきり言って、今年のこの状況は「異常事態」ですからねぇ。

夕方、行楽客が少なくなったら「夕のぼり」を狙おうーーーと思って来てみたのですが、なんと川が変わっちゃって、河原が増えちゃったせいで、行楽客の多さが例年の2倍です!(◎o◎;)
おまけに去年も『冷水』に居た、外国人のパーティーが「ドンドカ、ドンドカ…」と打楽器の音楽を大音量スピーカーで鳴らしてるし、こんな中で鮎釣りするの?・・・って我ながら疑問に思うも、もう来てしまったので、やってみるしかありません。

とりあえずキャンプ客の喧噪を避けて、上流に向かったけど、果たして鮎は居るの?

2人の鮎師が釣っていたので、その少し上流に入ってみようかと川を眺めていたら・・・

また昨日みたいに、石の所にギラッとしました!
今年は「見える鮎しか釣れない」私にとっては、このチャンスを見逃せません!!
早速釣り始めたところ・・・
a0056140_17131429.jpg
まぁ、マグレというか、キセキというか、良く釣れたもんです。

ーーーなんて、のんびり感心していたら、突然、叩き付けるような雨が降り始めました。
a0056140_17173388.jpg
水面に大粒の雨が降っているのがご覧頂けますか?
竿にもガンガン当たって、釣りどころではありません。
今日は雨の予報ではなかったのですが…。

雨はすぐに止んだのですが、なんだか気持ちが萎えちゃいました。

で、キャンプ場のほうに戻ると、川で遊んでいた行楽客が雨のせいで撤退しているではありませんか!
さっきまで行楽客が遊んでいたので、「竿抜け」であることは間違いありません。

でも、鮎は見えないし、鮎、居るのかなぁ・・・?

昨日の『清地』もそうだけど、興津川って人気河川だから、釣りたい場所が空いてることって、めったにないことなんです。
そう思うと、「今、釣らなくて、いつ釣るの?!」って、ついつい刹那的になってしまう私…。

この瀬も今期、最後かも・・・。

そんなことを思いながらも、丁寧に釣り上がって行きましたら、掛かりました!!
a0056140_17265319.jpg
「海産馴致」の鮎なのかなぁ? 
こんな所がポイントなのかなぁ?
じゃ、これからポツポツ掛かるかも〜♪

と思って、Takeちゃんを呼んで一緒に釣り始めたら・・・。

上流に置いてあったTakeちゃんの友舟が、フラフラ〜ッと流れてきました。
アラアラ、いつも私よりもちゃんと石を置いているはずなのに・・・。
「Takeちゃ〜ん、友舟が流れてきたよ〜」と、一応声をかけました。

そして釣り続けていると、大きな木の枝が川の真ん中に流れてきました。
そして、また同じ大きさの木が同じように流れて来て・・・。

(もぉ〜っ、誰か嫌がらせしてるのかなぁ?)と思った瞬間、アッという間に川が濁ってきました。
a0056140_1733538.jpg
まさか鉄砲水?!
去年、藁科川で経験したことが脳裏に蘇りました。
石を載せてあった私の友舟もすでに水底に沈んでいて、危うく流されるところでした。
アッという間に10センチ以上増水した感じです。

富士宮からいらした鮎師の方も、危うくオトリ缶を流されそうだったそうです。
2人で川に潜っていらっしゃいましたが、「鮎が見えない」っておっしゃっていました。
確かに、潜って鮎がいるかどうか確かめたくもなりますよね〜。
今は単なる「土用隠れ」で、来週になったらウソのように鮎がワラワラと見えるようになるといいのですが…(⌒-⌒)

川が急に濁って増水したのは午後4時20分頃なのですが、その後5時過ぎに和田島に行ったのですが、全然濁っていませんでした。
鉄砲水も「タイムラグ」があるんだな〜って思いました。
ココは雨が降っていなくても、上流は降っているかも…っていうのを常に念頭において、気をつけなくちゃいけないな〜って改めて思った次第です。
a0056140_21543367.jpg
今朝、Takeちゃんが「手長エビ」の水槽をキレイに洗って「模様替え」したのですが、2匹のエビちゃん達、すっかりくつろいでいる様子でした。
小さなイカの切り身を白い糸で結わえたものを2つ用意して水槽に入れると、それぞれのエビちゃんが小さなハサミの付いた腕でイカの切り身を器用につかんで食べ始めました。
ネットで、「手長エビのエサには、ドジョウの餌が食いが良い」と書いてあったらしくてTakeちゃんが買って来たのに、それにはあまり反応が良くありません。
なんとかエビちゃん達にも、この暑い夏を乗り切って、元気でいてほしいものです。

最後に、元気いっぱいで、オカメインコの「ママ友」からお裾分け頂いた「乾燥オーチャードグラス」を嬉しそうに食べているコジローの画像で締めたいと思います☆
a0056140_2219067.jpg

[PR]
by hototo-gisu | 2012-07-30 22:44 | 鮎釣り | Comments(17)

イヤというほど釣りましたが、釣果ゼロ!

7月21日(土)
また金曜日に雨が降りました。嫌がらせでしょうか?(^-^;
おまけに、おとといは「気温34度の猛暑日」で、昨日も32度だったのに、今日は最高気温が20度!
20度とだけ聞くと、さほど寒くなさそうですが、身体が暑さに慣らされていたので半袖じゃいられません。
川では長袖の麻のセーターを着た上からレインコートを着込みました。

ホントは鮎釣りがしたかったんですけど、まだ先週の増水からの回復が遅れているようなので、今日は「ウ」釣りに変更です♪
a0056140_1752548.jpg
おやおや、また冠羽が抜けそうね(⌒-⌒)
ホント、一年中羽が抜け替わっている感じで、オカメインコもラクじゃないね〜(;´ー`)┌
コジローのお告げ通りに、釣れるといいな〜〜〜♪

・・・釣れる気マンマンで、丹念に頑張ったのですが、そんなに世の中甘くありません。
a0056140_2102732.jpg

Takeちゃんがモクズガニをゲットしただけに終わりました。
でも、モクズガニにエサを取られることはしばしばですが、タモに入れることって結構難しいんです。
しかし今は「禁漁期間」中なので、リリースしました。
秋まで、たらふく食べて、大きくなってね〜☆

ーーーとはいえ、エサになる「鮎」が、はっきり言って全然見えません。
私達の目が「ふしあな」なのでしょうか? 
それなら、そのほうが良いんですけど…。

明日は鮎釣りをしてみようと思っています。

7月22日(日)
昨日よりはマシですけど、今日も寒い!
おまけに雨も降ってます。嫌がらせでしょうか?(爆)
でもねぇ、竿が出せる時に鮎釣りをしておかないと、いつまた大増水で、釣りが出来なくなるかわかりません。
レインコートを着込んで、いざ出陣です!!

・・・と、そこへいらっしゃったのは・・・

ア〜ッ、スー師匠じゃないですかぁ〜\(⌒▽⌒)/
a0056140_18265394.gif
今日は友釣りというよりも、「ドブ釣り」にいらしたそうです。
去年亡くなられたお父様が遺した毛鉤を見せていただきました。
以前は興津川も「ドブ釣り」が盛んで、この下流域にも深い淵がたくさんあり、1つのポイントで50〜60人ものドブ釣り師で賑わっていたそうです。
毛鉤が納められた箱は、防虫効果のある「楠木」で出来ているそうです。香りをかがせてもらいましたが、とても懐かしいような良い匂いがしました(⌒-⌒)

ドブ釣りに上流に向かったスー師匠と別れた私達は、さっそく友釣りを始めたのですが・・・
a0056140_2124771.gif
なんと、Takeちゃんが釣りを始めて5分も経たないうちに、1匹釣りました!Σ( ̄□ ̄|||)
私達はいつもスー師匠からオトリ鮎を分けて頂いているので、今日はそのお返しをしたいと思ったTakeちゃん、すぐにスー師匠に連絡を入れていました。

ーーーが、その後、沈黙。。。
私も全然、釣れません(泣)

お昼になり、スー師匠にドブ釣りについて聞くと、今日は釣れなかったそうです。
周りの人も釣れてなかったみたいです。
やっぱり鮎が少ないのかな…。
a0056140_21313336.jpg
午後からスー師匠も友釣りを始めました。
そして、周りが竿が曲がらない中、2匹も釣って下さって、鮎を増やして下さいました♪

ちなみに、途中からTakeちゃんは「ウ」探索を始めてしまいまして・・・。
私はそれでも友釣りがしたくて、周りの釣り師がいなくなるまで釣り続けました。

ボウズを回避したかったからでは、決してありません。
台風や集中豪雨で、また友釣りが出来ない週末が来るかもしれないので、竿が出せる時は出来るだけ釣りをしておきたいという思い・・・ただそれだけなのです。
「食いだめ」ならぬ、「釣り溜め」ですね。
しかし、とうとう1匹も釣れませんでした。
それでも今日は悔しくありません。 なぜなら友釣りが出来たからです。
釣れないと楽しくない・・・って今までは思っていたけど、こんなに毎週末に友釣りが出来ない状態が続くと、もう釣りが出来るだけラッキ〜\(⌒▽⌒)/って思えるようになるんですねぇ…シミジミ。。。

スー師匠がドブ釣りを教えて下さるっておっしゃっていたのに、Takeちゃんは「ウ」に、私は友釣りにすっかり夢中になってしまって、失礼いたしましたm(_ _)m。反省。。。

で、Takeちゃんですが、ウは釣れなかったけど、「手長エビ」を2匹ゲットしました☆
a0056140_21441339.jpg
同じ穴にいたので、夫婦じゃないか?ーーーと思ったけど、どうもそうじゃないみたい…。
スー師匠から「水分を拭き取ってから唐揚げにすると、すごく美味しいですよ!」と教えて頂きましたが、2匹の様子を見ていると可愛く思えてきて、飼いたくなってしまったTakeちゃん。
早速水槽を引っ張り出して、2匹を入れてみました。
a0056140_21481714.jpg
2匹のうち、小さい方がとても活発で愛嬌を振りまいてくれます。
どんなエサをあげたらいいのかわからないので、とりあえず「ミミズ」を投入したら、そのチビちゃんがミミズを捕まえて、見る見るうちに食べてしまいました。
一方のデカちゃんは動作が遅くて何も食べてないので、冷凍のエビ(タイ産)を輪切りにしたものに糸を付けて目の前に垂らしてあげたら、チビちゃんに横取りされながらも、少しは食べたようです。

手長エビって、ハサミを付けた長い両手だけでなく、よ〜く見ると、小さい両手があるんですね。
そして、その小さい手を使って器用に、目をカキカキしたり、脇の下に手を突っ込んでカキカキしたりして、そのしぐさがとてもカワイイんです♪
a0056140_21551540.jpg
ア〜ン、美味しい手長エビの唐揚げを食べるつもりが、すっかり情が移っちゃったじゃないのぉ〜(TεT;)

そんなわけで、私自身は2日間、釣果ゼロでしたemoticon-0106-crying.gif
来週も厳しそう・・・っていうか、静岡県下の河川はどこも厳しそうです。

秋田の友人から、昨日、米代川水系の「阿仁川」に行ってきたとの電話が…。
2メートルも増水した後で、まっ白の白川状態だったけど、残り垢狙いで10匹釣れたそうな。
「型も18〜20センチだし、鮎はたくさんいるから、8月は楽しみだぞ〜。」って言ってました。
今年は米代川漁協が釣れた鮎を1匹200円で買い取ってくれるという試みも始めたそうです。
鮎がいるわりに釣り人がほとんどいないそうなので、釣り放題かも・・・。
ちなみに友人が入ったのは、阿仁前田の少し上流の「おおだい」というところです。
今年は角館の桧内川や、横手川も釣れているそうです。
ぜひ遠征をお考えの方は、秋田も視野に入れてみてはいかがでしょうか(⌒-⌒)b

さて、来週はどうしようかな〜(;´ー`)┌
[PR]
by hototo-gisu | 2012-07-23 22:16 | 鮎釣り | Comments(16)

お盆の中日の出来事

7月15日(日)
3連休を前にして、また大雨が降り・・・興津川も50センチ高で、かなり濁っていました。
晴れて気温もグングン上がり、30度を越える暑さで、こんな日に鮎釣り出来ないなんて…と嘆きたくもなりますが、九州では「経験したことのない大雨」が降り、大災害になっていることを思うと、それどころではありません。
いつ興津川もそんな大雨を経験するかわからないし、海のすぐそばに住んでいる私達は津波の恐怖と隣り合わせです。
もはや日本全国、どこに住んでいても安全とは言えない昨今であることを自覚しつつ、日々、大切に生きていくしかありません。

私も体調がいまいちなのですが、家にいても元気になるわけでもないので、川に行くことにしました。
a0056140_15282883.jpg
今回の大雨では、一時2mぐらい水位が上がったそうで、ここ『丸渕』も、またもや川が変化していました。
(前回までの『丸渕』の様子はコチラをクリック)
こんなにしょっちゅう大水が出ると、鮎も餌が食べられないし、ウナちゃん達も穴は埋まるし、ホント、人間だけでなく、生き物にとっても過酷な状況に違いありません。
a0056140_15381576.jpg

それにしても今日はメチャ暑い・・・。
川は増水して濁っているし、いくら“ウ”が釣りたくても、こんな時はムリムリ!
ヘタレな私じゃなくても、誰もがそう思うような状況でした。
ーーーでも、Takeちゃんは違っていました。 
“ウ”釣りには、特別な思い入れがあるんだな〜って思います。

結論から言うと、Takeちゃん、今日は見事にウナちゃん1匹をゲットすることが出来ました。a0056140_15543420.jpg

Takeちゃんを、ここまで「ウ釣り」に突き動かすものは何でしょうか?
折しも今日は、地元ではお盆の中日です。
以前にも書いたかも知れませんが、Takeちゃんは小さい頃、お兄さんと一緒に、今は亡きお父さんに連れられて、近くの岩壁にウナギ釣りに行っていたそうです。
今でも実家には、その頃にお父さんが釣ったウナちゃんの魚拓があるそうです。

お父さんが亡くなってしばらくたってから、Takeちゃんとお兄さんはその頃のことを思い出して、岩壁にウナギ釣りに行ったそうです。
すると、その時に近くで釣りをしていた人達から、「海でウナギなんて釣れるわけない」って大笑いされたそうです。
結局ウナギは釣れなくて「アナゴ」が釣れたそうなのですが、Takeちゃんの心には、ずっとウナギ釣りの楽しかった思い出が残っているのでしょう。

それは、私がいまだに狩猟をやめられない思いと通じるのです。
小さい頃に弟と一緒に野原を駆け巡ったり「基地」を作ったりした、自然まっ只中のフィールドで遊んだ楽しい記憶・・・。
先日「となりのトトロ」で野山を思いっきり駆け巡るサツキとメイを見た時、(こんな風に遊んでたなぁ〜)って、とても懐かしい思いにひたりました。
狩猟をしていると、自然の中にどっぷりとひたって、道無き道を歩いたり、昔の原体験が出来るのです。
私には何の財産もないけど、そんな遠い昔の幸せな記憶が、私の大切な宝物です。
きっとTakeちゃんにとっては「ウナギ釣りをお父さんとしたこと」が大切な記憶であり、宝物の一つなんだと思います。
だからその思いが、Takeちゃんを「ウ釣り」へ突き動かしているんだと私は思っているのです。

お盆で帰ってきて下さっているお父さんも、きっとこのウナちゃんを見て、喜んでいることでしょう。
お父さんはウナギを釣るだけじゃなくて、キクちゃんに捌き方を教わって、自分で捌いていたそうです。
だからTakeちゃんにとっては“ウナギを捌くこと”も重要事項の一つなのであります。
しかし「お盆に殺生をしちゃいけない」と言われているので、獲れたウナちゃんの料理はお盆が終わるまで保留です(⌒-⌒)

それと・・・。
ウ釣りだけでなく、Takeちゃんが研究していることがもう一つあって・・・
a0056140_1631076.jpg
先日、combatfoxさんからバイスをいただいたことから発展して、今、凝っているのは「メッキ」。
今朝は、ライフルの空薬きょうを原料(?)にして、クリップがメッキ出来るか試していました。
薬きょうは「真鍮」で出来ているので、「真鍮」のメッキを期待していたのに、なぜか「胴メッキ」になってしまったらしいのですが…( ̄▽ ̄;)

すでに、ライターとかスプーンとかマグカップとか、もういろいろ「銅メッキ」が出来上がりました♪
a0056140_1635517.gif
「思い立ったが吉日」っていう言葉があるけど、Takeちゃんは思い立ったらすぐにやってみるタイプ。
かたや私は、やろうと思っていることがあるのですが、少し試しつつネットで調べたり本を読んだり、なかなか先に進みません。
まぁ、ヤル気だけはあるから、イイかな〜って、そんな風に思っています。
そのうちにブログにアップ出来る・・・はず??・・・いつになるやら?・・・(^-^;

最後に我が家のアイドルの“ヘン顔”で締めたいと思います。
a0056140_1640754.jpg

[PR]
by hototo-gisu | 2012-07-16 17:30 | 鮎釣り | Comments(18)

天然鰻に「天然鮎のお造り」をあげてきました…マル。

7月7日(土)
毎度のことですけど、また昨日の夜に雨が降り始めまして、今朝も降っていました。
Takeちゃんによると、今日は『川の日』だとか・・・。
川をこよなく愛するチームやませみとしては、雨だろうがなんだろうが、今日は川に行かんとあかんでしょ!( ̄  ̄)v(苦笑)
風のたよりに「スとヨ」さんが興津川にいらっしゃるらしいと聞いていたのですが、この雨だといらっしゃらないかも…なんて話をしながら、興津川に向かいました。

・・・すると、興津は晴れてるではあ〜りませんか!Σ( ̄□ ̄|||)

でも私達は当初の予定通り、「ウ」の探求を始めたのですが・・・。
(オイオイ、いつから&誰から、単語を短縮するようになっちゃったの?(笑))
なんと、Takeちゃんがこんな生き物をゲットしちゃいました!Σ(◎o◎;)
a0056140_1652275.jpg
まさか、川に亀がいるとは…(絶句。)
さすが「外道の大家」の相方だけのことはあります。

   「ウナギだと思ったんだけどなぁ〜。」
   「針は大丈夫だったの?」
   「それがね、餌につられて、自分から出てきたんだよ。」
   「池や沼じゃあるまいし…。さすが興津川、なんでもいるのね〜。」
   「スッポンじゃなくて良かったよ。」
   
スッポン? それはそれで、ありがたそうな食材だけど、私、料理出来ないしねぇ〜(^-^;
とりあえず、食材にならない亀チャンは川に戻してあげました。

それにしても、この亀、ちょっと変わっていません? ペットとして飼われてたのかな?
よしよしさ〜ん、何ていう亀なのか、わかりますか? (⌒▽⌒)/
(ちなみに、甲羅の大きさはTakeちゃんの手のひらぐらいだったそうです)

そして午後からは、スー師匠とよしよしさんが釣っていらっしゃるところに行きました。
その頃には、天気予報が丸外れで、すっかり晴れて暑くなっていました。
スー師匠とよしよしさんも午前中は「ドブ釣り」をしていて、今、友釣りを始めたばかりとのこと。
a0056140_178266.gif
これまた毎度のことながら、スー師匠からオトリ鮎をわけて頂いて、私とTakeちゃんも友釣りを始めました。
a0056140_179457.jpg
・・・っが、なかなか釣れません。
Takeちゃんもあまりの渋さに嫌気がさしちゃったみたいで、またまた「ウ」を始めちゃいました。
a0056140_17113425.jpg
     (画像は、「ウ釣り」体験中のよしよしさんです。)

後で知ったのですが、明日、「川小屋」さんでグローブライド主催の鮎釣り講習会が行われるとのことで、川小屋塾生であるお二人が興津川に来た目的は明日のオトリをゲットする為だったそうです。
そんなこととは知らず、いつものようにスー師匠に甘えちゃって貴重なオトリ鮎をいただいちゃいまして…。
これまた毎度のことですが、お別れの挨拶もせず、大変失礼しましたm(_ _)m
(竿をたたんで挨拶に行こうとしたのですが、上下の釣り人にはさまれて、ちょうど岩盤の深いところを横切れず、ウロウロしているうちに機会を失ってしまったのです。。。グスン。。。)
でも、いいオトリ鮎をわけていただいたおかげで、5匹釣れました♪ 
スー師匠、どうもありがとうございましたm(_ _)m

先日の大増水後、また状況が変わって、鮎釣りは厳しそうです。
(こうやって「キビシイ、キビシイ」って騒いでいると、いつのまにか爆釣する川に変身する興津川なので、あえて「厳しい」と書かせていただきます(笑))
明日、鮎釣りをしても撃沈しそうなので、また「ウ」探索することにします♪

7月8日(日)
興津川に行きましたけど、どのポイントも鮎師で賑わっていました。
昨日よりも混んでいます。 他の川があまり芳しくないから興津川にでも行こうか…ということなんでしょうか?
これじゃあ、清々と「ウ」探索が出来ません(泣)
お昼には雨も降り始めて、水温も随分と冷たくなってきました。

(あまり水に入りたくないなぁ…)と石の上を歩いていたら・・・

石の隙間のトロが鏡状になっていて、水中で何か動いたのが見えました。

その残像に、間違いなく「ウ」だ! ・・・と思いました。

餌を竿先にセットして、「ウ」が引っ込んだところに持っていきました。
どう見ても、「穴」らしきものが見えないので、突っ込めないのです。
仕方がないので、引っ込んだところに停止させていたら、いきなり頭を出して、餌を引ったくったではありませんか!( ̄□ ̄|||)
やっぱり「ウ」でした!!

その後も数回、餌をひったくられました。
針掛かりさせるために餌をおくったり、私なりに努力してみたのですが、お手上げです(;_;)
「ウ」のサイズは全長を見ていないからわからないのですが、私が初めて獲った「ウ」よりも一回りぐらい小さい感じです。
その小さい「ウ」ちゃんが、すでに餌である鮎を半身ぐらい食べているのです。
もう食わないかな…と思いつつも、ケイタイでTakeちゃんに連絡しました。

「すぐに行くから!」

そう言って、すぐに駆けつけてくれたTakeちゃん。
果たして、ウちゃんは食ってくれるでしょうか?

早速、Takeちゃんも挑戦し始めました。

なんと、ウちゃん、果敢にも頭を出して、食ってきたではありませんか!Σ(◎o◎;)

すっごい食欲〜〜〜( ̄▽ ̄;)

その後、Takeちゃんも散々その『ウ』に弄ばれて、敗退しましたemoticon-0141-whew.gif

   「あの『ウ』、鮎をほとんど1匹分、食べちゃったね〜。」
   「ホント、貴重な『天然鮎のお造り』を一皿、ペロリだったね。
    それにしてもTakeちゃんにも、あの『ウ』を見てもらえて良かった〜。」
   「獲れなかったけど、いろいろと勉強になったよ♪」

今日も頑張ったけど、「『ウ』に餌をあげてきました。」・・・という結果でした(^-^;
だけど、日に日に『ウ』への興味というか、カワイイと思う気持ちが芽生えてきました☆
ピアスちゃんが居た穴や、前回に私がTakeちゃんが獲った穴、そのどれもが台風の大増水で埋もれてしまったけど、へこたれないで、挑戦し続けたいです☆

     *   *   *   *   *   *   *   *

毎度のことながら、釣果はさっぱりでしたが、先週はとても嬉しい贈り物が届きました。
a0056140_034614.gif
朝獲れたマイカとイサキ、ワタリガニなどを夕食に間に合うようにと手配して下さったのです。
蓋を開けた時には、まだイカがピクピクと生きていました。
「生きがいいので『キモ醤油』で召し上がって下さい。」とのお言葉通り、キモ醤油でいただき、イサキもお刺身にし、ワタリガニもお味噌汁にして、家族皆で「美味しい、美味しい♪」と夢中になって食べました。a0056140_0151665.gif
イサキはその後も塩焼き、煮付け、カルパッチョにしていただき、マイカは超新鮮なので、初めて「塩辛」や「一夜干し」を作りました。素材が新鮮で美味しいので、何を作っても最高に美味しかったです☆

一緒にいただいたニンニクも、フライドガーリックにしたり、醤油漬けにしました。
醤油漬けにすると、すごく長持ちするし、和洋中いろんな料理に使えて便利です。
ちょっと身体が弱っていた時だったので、食材そのものも嬉しかったのですが、贈って下さった方の気持ちがなによりも嬉しかったです。

すると、これもシンクロニシティというのか、combatfoxさんからも採れたてのカボチャや、以前から興味があったフライのバイス、ラーメン、そして偶然にも「イカがデザインされたポストカード」が届きました。
a0056140_16163.gif
キクちゃんにカボチャが届いたことを伝えたら、一つはお盆のお供えに使いたいとのこと。
こちらは7月13日からお盆で、その時にカボチャもお供えする風習だそうです。
カボチャの煮物は大好物だし、天ぷらにもしたいな〜って思っています。
フライのバイスはcombatfoxさんが愛用していたものですが、Takeちゃんの頭の中では、いろいろと使いみちが膨らんできているようです。
ラーメンは、なんと九州人にはメジャーな「マルタイ」製! 
いつもご近所の熊本出身の奥様から熊本ラーメンをお裾分けして頂いていますが、佐賀ラーメンは初めてです。楽しみだな〜☆
そして極めつけは、「イカのポストカード」。
combatfoxさんは、我が家ではイカがブームであることを知る由もなく、combatfoxさんの地元限定ということで添えて下さったとか…。
2枚あるけど、もったいなくて使えないですね〜。それに、これをとっておいたら、将来見た時に、今回いただいた、いろいろなマイカ料理やイサキ料理などの記憶も一緒に思い出されますから大事にしたいです。

本当にありがたい贈り物をいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。
いつも思うけど、この気持ちに見合うお返しが私達に出来るのかと恐縮してしまいます。
私達がこれからも元気でいることを、きっと応援して下さっているんだろうなって思いつつ、ここで重ねて御礼申し上げますm(_ _)m

なんか元気出てきたぜぇ〜。(ワイルドだぜぇ〜の真似か?(^-^;)
来週は、餌をあげた「ウ」ちゃんに会えるかな?
今回、餌を食べ過ぎたからイッキに太っちゃって、「穴が窮屈だから、お引っ越し♪」なんてことに、なってないといいんですけど…( ̄▽ ̄;)
[PR]
by hototo-gisu | 2012-07-10 00:56 | 鮎釣り | Comments(11)

モクズガニに餌をあげてきました・・・。マル。

6月30日(土)
興津川に行ってきました。

宮原おとり店で「高瀬から下流じゃないとダメ!」って言われました。
でもねぇ、オススメの『清地』も鮎師でいっぱいでしたし、今日はけっこう混んでますよ〜。
下流に行っても、もう入るトコ、ないんじゃないの?

ーーーということで、“人の言うことをきかない”チームやませみは、大胆にも『やまびこ橋」に行ってみました。
そして橋の上から1匹の鮎を確認したので(苦笑)、ここに入ることにしましたが・・・。
a0056140_14511357.jpg
釣れません。
↑ 釣れないのに、威張ってるTakeちゃん。(爆)

鮎も影も形も見えないので、移動することにしました。

ーーー行った先は、今日、もともと入る予定だった『片瀬』。
宮ちゃんから「片瀬? やめたほうがいいです。」って言われたのに、言うことをきかない私達です。

確かにね〜、鮎釣り師は全然いません。
見渡す限り、貸し切り状態。
しかもね〜、鮎の影は全然見えません。 もちろん、垢はとんでいるので、ハミアトもありません。
a0056140_14572639.jpg
でも、そろそろ新垢がついてる頃だし、ここら辺は鮎が好きな場所だったはず・・・どっかにまとまっているんじゃないの?
(画像:後ろ姿が、なにげにフテ腐れて歩いているように見えます。ガニ股にも見えるし恥ずかしいっ( ̄▽ ̄;))

そうして、どんどん釣り下っていると、Takeちゃんから「釣り始めたら、静岡2系がすぐに掛かったよ♪ なんか釣れそうな気がするよ。」とケイタイで連絡が…。
「そ〜なの? う〜ン、でも、ちょっと下って、川の様子を見てみる。」と、またまた言うことをきかないで、下ることにしました。

でも、鮎のアの字も見えません。 オトリ鮎に対しても無反応です。

こんなんじゃぁ、鮎釣り、わからなくなっちゃう〜。

なんと、『片瀬』から『西里堰堤上』まで、延々と釣り下りましたが、生体反応ゼロ。

『西里』まで車をまわしてくれたTakeちゃんに「あれから釣れた?」と聞くと、「全然釣れなかった。」とのこと。

やっぱり、興津川で釣り人がいない場所は、釣れないってことなんですねぇ。。。シミジミ。。。

でも、我々には「ウナギ釣り」があるではありませんか!

気を取り直して、ウナギ釣りを始めたのですが・・・。

ウナギのアタリはなく、モクズガニに餌をとられて終了しました。ガッカリです。。。
やっぱり「養殖オトリ鮎」じゃ、ウナギも見向きもしないのかも…。
宮ちゃんも「養殖鮎? ウナギが『なんかヘンな臭いだな』って思うんじゃないの?」って言ってたけど、確かに養殖オトリ鮎って、鮎らしい脂が無いもんねぇ…。鮎の臭いがしないっていうか…。

アーア、くたびれました。
「パーフェクトボウズ」なので、疲れも倍増ですぅ〜(;´ー`)┌

やっぱり鮎は中流部より下なのかなぁ?
来週はちゃんと鮎を釣って、それを餌にしてウナちゃんもゲットしたいものです。

7月1日(日)
今日は一日中、雨の予報なので、休養することにします。

先日、とある方から「コジローをお迎えして一周年の記念に…」と、コジローの絵を頂きました。
a0056140_15371124.jpg
女性らしいタッチの、とってもステキな絵です。

ーーー絵といえば、Takeちゃんが5~6年前に「デジスコ」に凝っていた頃に描いた絵がひょっこり出てきたのですが、そのどれもがコジローに激似で、ビックリしてしまいました。
なぜなら、その頃は私自身も「オカメインコ」っていう鳥の存在すら知らなかったし、鳥を飼うようになるなんて、思ってもみなかったからです。

出てきた3枚の絵の一つはコレ。
a0056140_15512146.jpg
「ベニマシコ」という鳥です。
Takeちゃんに描いた理由を聞いたら、「こんな感じの鳥が好きだったから」とのこと。
もう一枚は「サンコウチョウ」なのですが、やはり尾が長くて、頭の形もコジローにそっくりなのですが、驚くのは、3枚目のコレです。
a0056140_1555079.jpg
冠羽といい、ホッペタが赤いところといい、胸の模様とか、ヤンチャそうなところまで、コジローにそっくりではありませんか!Σ(◎o◎;)
a0056140_1559698.jpg
いや、コジちゃん、似てると思うよ〜。
「予知夢」っていうのは聞いたことあるけど、これって「予知絵」?
Takeちゃんの秘められた能力なのか〜〜???( ̄▽ ̄;)

ーーーそれはともかくとして、その絵を描いた方もオカメインコを数羽飼っていらっしゃるので、簡単な玩具を作ってプレゼントして差し上げようと作り始めたTakeちゃんでしたが・・・。
オカメちゃん達の遊ぶイメージがどんどんふくらんで、なんと、あっという間にこんな遊び場を作っちゃいました。
a0056140_1611424.gif
なんと、オーナー様のお好みに応じて、止まり木の位置とか自由に変えられるようになっています。
ハシゴも止まり木のどこにでも掛けられるほか、スダレのところにも掛けられるようになっています。
看板付きのブランコも、どこにでも掛けられるし・・・。
「劇的ビフォーアフター」の匠のような仕事ぶりですねー(*_*)
でも、O型気質のTakeちゃんは、人から頼まれたり、商売となると、とたんに創作意欲がなくなるタイプなので、そこがテレビ番組の匠達とは違うかな〜(^-^;

それと今日は“極秘”に、ウナギ釣りの新兵器を作ったTakeちゃん。
フッフッフ、来週はこの新兵器でウナギをゲットするゾ〜〜〜\(⌒▽⌒)/

・・・そのためにも、餌の天然鮎をゲットしないと・・・。
はたして、釣れるかなぁ〜? ( ̄▽ ̄;)
[PR]
by hototo-gisu | 2012-07-02 16:28 | 鮎釣り | Comments(20)