~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:53
子供の頃、川潜りで遊んで..
by よしよし at 23:21
>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 14:58
私も15日の釣行でしたが..
by kai at 23:16
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:29

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鮎をもとめて三千里(^-^;(ウソデス!)

10月27日(土)
先週のリベンジをするために、やってきました興津川。
特にどこが良さそう…ということもないので、どうせ釣るなら自分の好きな場所に行きましょうーーーということで、私の独断と偏見で『和田島』に行きました。
a0056140_16114994.jpg
ココは今期初めて来ましたが、流れがまるで変わっちゃったのねー!Σ(◎o◎;)
私が好きだった「左岸」の流れは、どこへ行っちゃったの〜??(泣)

意外に鮎師が多くて、等間隔で釣っているので、どんどん下流へと歩いていった私達。
a0056140_16205615.jpg
Takeちゃんは『第二東名』の下で釣り始めることにしました。

かたや、ワタクシは・・・
a0056140_16221369.jpg
鮎をもとめて三千里・・・っていうか、鮎が付きそうなところをもとめて、どんどん下流に行き・・・なんと、先週釣った『高瀬』まで歩いていってしまいました。

「もう今期最後だから、好きな『和田島』で釣る!」なんて言っておきながら、和田島では全然竿を出さず、高瀬で釣るとは・・・。トホホホ。。。(;д;)

野鮎はワラワラ見えたのですが、群れで移動してました(^-^;
あの手この手で掛けようとしましたが、私の腕では釣れませ〜ン。
午前中でギブアップして、場所移動いたしましたm(_ _)m

次に行った先は『土村』。
苦し紛れに竿抜けを狙ったんですけど、先週の大雨で流れがまた変わっちゃって、垢も飛んでます。
ま、ダメもとで、ちょこっとやって、また場所移動すればいいよね。ーーーなぁ〜んて話しながら、のんびりランチタイムです。

すると「八王子ナンバー」のご夫婦が通りかかったではありませんか!003.gif
お久しぶりですぅ〜〜! お元気ですかぁ〜!!
旧友に久しぶりに会ったような、そんな感覚にとらわれました。
なんだか、とっても懐かしくて嬉しくて、Takeちゃんも「ココに来たのも、あのご夫婦に会えただけ、行った意味があったね。」なんて言いながら、あまり釣れることを期待せず川に入りました。

すると・・・瀬の落ち込みのところで反応があり、鮎が掛かりました。
a0056140_16473019.jpg
なんとハナカン仕掛けを付けた鮎でした。
しかし、鮎は養殖オトリではなく「野鮎」☆ これで天然オトリが手に入ったど〜\(⌒▽⌒)/
天然オトリなら、なんとか勝負になると思うんです。
急いでTakeちゃんのところに戻りました。
a0056140_16552279.jpg
最近、Takeちゃんの「泳がせ釣り」にますます磨きがかかってきて、(これで掛からなきゃ、私にだって釣れる鮎はいない)と思うくらいです。
だから、こんなところで時間を消費するのはもったいないので、早く例の場所に行ってみましょうよ!

ーーーというわけで、今日3番目に行った場所は、『高瀬』の中河内川合流点上の瀬です。
ここからが本当のリベンジなのです。

さっき手に入れたばかりの野鮎に仕掛けをセットしました。
その野鮎は「オス」だったのですが、そんなの関係ない! 「養殖」じゃなきゃ良いのです。
そうしたら、すぐに掛かりました♪
a0056140_1725093.jpg
やっぱりね〜、オトリが「天然」じゃないと見向きもされないのよねー。

・・・そう思って、釣れた鮎をオトリにしてツツツツ〜ッと上流に泳がしたら、ガガガガ〜ン!っと、また釣れました☆
おお〜っ、これは入れ掛かりのパターンか?

ーーーと思い、写真を撮るのも後回しにして釣りを継続しましたが、その後はシーン。。。。

結局、それからはビリッともせず、本日の釣りは終了となりました。
本日の釣果3匹。
実際、風も強くなって冷え込んできたし、疲れで集中力もなくなっていたので、仕方がありません。

家に帰ると、ご近所の方から釣れたばかりの「イナダ」を頂きました。
すぐにおろして、半身は「締めサバ」ならぬ、「締めイナダ」にし、半身は「塩焼き」で明日、いただくことにしました。
鮎がダメなら、「イナダ」!(笑)

明日は雨の予報なので、家でのんびりと過ごすことにします。

10月28日(日)
昨日歩き過ぎたので、ホトホトくたびれました〜(;´ー`)┌
昨日の感じからして、鮎釣りもいよいよ厳しくなってきたかもしれません。
ーーーいえ、今までだって、今年は厳しかったんですけどねぇ。。。ふぅ〜っ。。。
来週からの鮎釣りが思いやられますが、先のことを憂いてもしょうがないので、余計なことは考えないことにしましょう。

a0056140_17512350.gifa0056140_1723586.gif
ご近所からいただいた柿を干し柿にすることにしました。
干し柿を作るのは初めてですが、この魚干しネットでも、上手く出来るかなぁ…。

そして「締めイナダ」ですが、「締めサバ」よりもあっさりとした味わいで美味しく出来ました。
Takeちゃんは「もっと酢が効いていた方がイイ」って言うので、今後の参考にします。
もしかしたらブログをご覧になられているかもしれないので、この場をお借りして・・・
「塩焼きも美味しく頂きました。どうもありがとうございました\(⌒▽⌒)/☆」

ーーーそして「芸術の秋」ということで、思い立って「粘土細工」をしようとしていた私にTakeちゃんが、「タイルが余っているから、タイルに絵でも描いたら?」と言うのです。
なるほど〜、タイルねぇ・・・。そういえば無地のマグカップが1つあるから、それに描いてみようかな…。
思い立ったが吉日ーーーということで、オカメ友達の「もんじろうくん」をモデルにして描いてみました。
a0056140_17404370.jpg
毎日、コジローを見ているだけあって、オカメインコだと筆がすすみます〜♪
ほぼ半日で描き上げ、焼き付けも完了しました\(⌒▽⌒)/
焼き付けると、ヘタな絵にも味が出て、なんだか有り難みがあります(^-^; 自分で言うのもナンですが…。
これに気を良くして、また描いてみようと思っています♪

先週もふれましたが、このブログを始めてから、10月29日でちょうど7年になります。
その間、いろいろありましたが、このブログのコンセプトであり、私の心の拠り所でもある「自然の中で遊ぶ幸せ」を続けられていることを心から幸せに思い、多くの方々に感謝しています。
なかでも、一番の理解者であり協力者であり、支えでもあるTakeちゃん、本当にいつもありがとう(⌒-⌒)

最後にコジローの楽しげな「バンザイ!」で締めくくりたいと思います。
(*注…音声が出ますので、ご注意下さい。)

[PR]
by hototo-gisu | 2012-10-29 20:22 | 鮎釣り | Comments(10)

おんなごころと、秋の空

10月20日(土)
a0056140_15432827.jpg
今日は秋晴れ。
数日前は風邪でダウンしていたので、今日は大人しく釣ろうかと思い、「鮎が見えていたし、釣れると思いますよ☆」と情報をいただいた『高瀬』に入りました。
確かに吊り橋の上から見たら、鮎がワラワラ見えたんですけど、川に入ったら見えなくなりました。
でも「2時過ぎたら掛かるから!」とも聞いていたので、Takeちゃんと二人して粘ったんですけど、一向に掛かる気配はありません。
普通だったら移動したと思うんですけど、そんな気も起こらず・・・。

そのうちに私のオトリ鮎は、掛け針が顔に刺さって、ちょっと弱ってしまいました。
もうオトリ鮎を放流してやめようかな〜と思っていたところに、「監視員」の方がアンケートのハガキを渡しながら話しかけてきました。

「あなたがレイカさん?」
「いえ、違いますよ。レイカさんは私よりも、一回りも二回りも若いから、レイカさんに失礼ですよ(^-^;(二回りっていうのは言い過ぎでしたが)
「でも、ブログ、やってますよね。」
「ええ、やってます。」
ブログのランキングで何位の方ですか?
「・・・(しばし絶句)。 そういうの好きじゃないから、ブログ村には参加してないんです。」
「じゃ、何と言うブログですか?」
「『鮎と山女魚とキジさんに…』って長いタイトルなんで、『ホトトギス、鮎』で検索してみて下さい。」
「では、帰ってから見てみますね。」

なんか、フクザツな気持ちになりました。
弱ったオトリ鮎を放流して、Takeちゃんのところに行って、事の一部始終を話しましたら、大笑いされちゃった041.gif
「『ブログ村で、何位か…』なんて、すごいねぇ、その質問! ブログに書かなくちゃね♪」

なんか、鮎釣りって、釣れる数を競ったり、確かに腕の良し悪しで釣果に差が出る釣りではあるけれど、ブログでも「ランクイン」されてないと認められてないような、惨めな気持ちになってしまった私。。。
きっと病み上がりのせいで、気持ちも弱ってるんだと思う。

Takeちゃんが、「今、鮎が跳ね始めたから掛かるかも…。このオトリがやけに元気に泳ぐようになったから、これで釣ってみたら?」と、自分の竿を私に渡してくれました。
それで気を取り直して、二人で1つの竿を交替で持ち替えながら釣り始めたら、ようやく釣れました♪
a0056140_1619899.gif

その前に、掛かったと思ったら水中バレしたり、あ〜だ、こ〜だと鮎を泳がせたり、ポイントに投げる練習をしたり…。
ちょっと落ち込んでたけど、釣っているうちに心も晴れてきました。

今日は1匹しか釣れなかったけど、来週はきっとリベンジするゾ〜〜!!
…っていうか、もうすぐシーズンも終わるし、少し鮎をストックしておかないとねー。
来週はベストコンディションで、頑張りたいと思います☆

10月21日(日)
今日は朝からTakeちゃんが、実家の家の壁のペンキ塗りに行きましたので、私もピザの生地を作ったり、ちらし寿司の具を煮たりして、その後は庭の花を眺めたり、ボケ〜ッと過ごさせてもらいました。
a0056140_16334546.jpg
a0056140_1634520.jpg
今年は残暑が厳しかったので心配していましたが、秋のバラもチラホラと咲き始めてきました。
手入れが行き届かなくて申し訳なく思っているのに、ちゃんと花芽を付けてくれて、ありがとう。
バラの辛抱強さや力強さは驚くほどで、私はいつも元気づけられています。

午後からは「ベイドリーム清水」に出掛けました。

コジローの餌の「麻の実」がなくなりそうなのでペットショップに行ったら、なんと「麻の実」だけ売り切れてました(泣)
すると、その時、店内アナウンスで「ただいまから、ペットコーナーで『カンムリヅル』に餌をあげる催し物が開催されます。お子様連れでお越し下さい。」と放送されました。
「カンムリヅル」? そういえば、この前来た時は寝ていたから、顔が見れなかったっけ…。

ーーーで、子連れではないけど行ってみると、餌やりをさせてくれました\(⌒▽⌒)/♪
a0056140_16484252.gif
首の動きがメチャ速くて、顔がちゃんと撮れてませんが、頭の金色の毛が針金のようにピンとしていて、硬そうな感じです。

Take「もともとは草原に棲んでいるんでしょうか?」
店員「もとは『ウガンダ』原産らしいですが、この子は兵庫生まれの奈良育ちらしいです。このスペースよりも狭くても大丈夫な感じじゃないかなぁ。」

え〜っ、こんなに狭いのに?!

でも、この子は店員さんにとても懐いていて、性格も明るそうで陽気な感じに見えました。
ホントのところは良くわかりませんが…。
その様子を見てると、なんか癒されました。
前回来た時は値札があって、確かすごく高かった記憶ですが、今回は値札が見えませんでした。
どうかいい人に飼ってもらえますように…。

鳥つながりで、ウチのコジローの画像もついでにアップしちゃお♪
a0056140_1659129.gif
コジローは何にでも噛み付くので、放鳥する時は油断禁物です。
ヘンなものを口にすると中毒になったりするし、パソコンのコード類は齧られると大事になるので(って、マウスのコードとか、いろいろやられてしまいましたが…)コードカバーを買ってきて巻き付けました。
ヤンチャ娘ですが、私達のことが(特にTakeちゃんが)大好きなのが、その表情から伝わってくるのでカワイイです。

     *     *     *     *     *

先日、Takeちゃん特製の燻製器で初めてベーコンを作りましたが、あちこち改良して、また作ってみました。
a0056140_17132495.gif
いろいろ優れているのですが、ここではとても紹介しきれません(^-^;
こんな感じになっております・・・と、取り急ぎ、報告のみさせていただきます(^-^;

そして嬉しいことに猛禽生活IIを綴っていらっしゃるkaiさんから、穫れたての「にこまる」というお米と、地元宮崎の麦焼酎「つめかんかん」をいただきました。
a0056140_17173397.gif
「にこまる」は去年もいただいたのですが、粒が大きく、モチッとした感じが今風で、旨味と甘みが口いっぱいに広がり、とても美味しいお米です。
こちらでは九州のお米はお店で売っていないのですが、きっと取り扱ったら人気になるだろうな〜と思います☆
それと麦焼酎の「つめかんかん」ですが、陶器のボトルが味があって、「アウトドアにぴったりだねー」と、まずはボトルの使い道がいろいろと頭に浮かびました。(笑)
で、肝心の中身ですが、とてもクセがなく香りも爽やかで、「今日はお酒やワインはちょっと…」という体調の私が、これのお湯割りはとても美味しくいただけて、おかげで食欲もアップしました♪

「つめかんかん」っていう変わったネーミングですが、「宮崎で、受けた杯が空になったことを証明するため、親指の爪の上でトントンとお猪口を叩いて返杯するという作法をいう」のだそうです。
kaiさんのおかげで美味しい宮崎の焼酎を知り、今ではTakeちゃんもビールのかわりに焼酎を飲むようになりました。焼酎のほうが身体にいいので、とても感謝しています。
kaiさん、どうもありがとうございました(⌒▽⌒)/

     *     *     *     *     *

「おんなごころと秋の空」で、昨日ちょっぴり落ち込んだ気持ちの私でしたが、もうすっかり元気になりましたよ〜ん♪
思えば、今月末でブログを始めてから、ちょうど7年になります。
kaiさんとは、ブログを始めた頃からのお付き合いですし、その後もたくさんの方にコメントをいただいたり、楽しくお付き合いをさせていただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
コメントしない方でも、「毎週火曜日にはホトトギスブログがアップされているのでは…」と、いつも読んで下さる方がいらっしゃることは、アクセス数から感じられます。
人のためではなく、自分のために続けているブログで、多分に自分よがりな内容ではありますが、これからもスタンスを変えることなく、「自然の中で遊ばせてもらえる幸せ」を主に綴っていきたいと思っています。
今日も読んで下さって、ありがとうございました。m(_ _)m
[PR]
by hototo-gisu | 2012-10-22 18:05 | 鮎釣り | Comments(14)

急に「イワナ、欲しいんだけど…」って言われても…

10月12日金曜日に、友人から電話が・・・。

友人「ホトちゃん、“岩魚”、一匹でいいから、ない?」
ホト「えっ?! イワナですかぁ? アマゴだったら少しはあるけど…」
友人「困ったわ〜、あてにしていたAさんが、『今年は10匹しかストックがないから、分けられないなぁ』っておっしゃるのよ。」
ホト「へぇ〜、あのAさんがねぇ…」
友人「どうしても、イワナの骨酒が飲みたいって方がいて、約束してしまったものだから…」
ホト「もう少し早くわかっていたら良かったのに・・・。あさってから渓流釣りは“禁漁”になるんですよ。Takeちゃんに相談して、もし釣れたら、連絡しますね。」

電話を切ってから、Takeちゃんに相談したら・・・

「先週、連休前に言ってくれないと困るよねー。それに、例の25センチの鮎が釣れたばかりだから、鮎も釣っておきたいところだし…。まぁ、土曜日の様子次第だね。」

10月13日(土)
ーーーと、いうわけで、先週と同じ、『承元寺堰堤下』へ行きました。
a0056140_15263423.jpg
ココは、先週半ば(10月11日)に「コロガシ」が解禁になったばかりなので、友釣り師は敬遠しているのか、先週よりも友釣り師は少ない感じです。
そのかわりに、コロガシ師が数名入川して、川をコロガシの竿を振りながら縦横無尽に行ったり来たりしていました。

そういうのには慣れているので、あまり気にしないで川に入ってみたけど、なんだか先週と様子が違います。
鮎がさっぱり見えないのです。
どんなに上飛ばししても、ビリッともしません。
先週もいらっしゃっていた方に会いましたので「どうですか?」って聞いたら、その方も全然釣れていないとのこと。
お連れの方も釣れていないし、「やっぱりコロガシが入ると鮎が石の下に隠れて、出て来ないんだね。先週とは全然、状況が違うねー。明日は別な場所に行ってみるよ。」とおっしゃっていました。

ふぅ〜ん、そうなんだぁ〜。
でも、コロガシの人も、全然釣れてないみたいだから、そのうち諦めて来なくなっちゃうかも…。
今年はもともと鮎が少ないんだから、コロガシやっても、仕掛けが無駄になるだけよ〜〜。
・・・などと思いつつ、自分だって今日はボウズですから、オトリ代とか、その他モロモロ、無駄だらけかもねぇ…( ̄~ ̄;)
ま、Takeちゃんが1匹釣ってくれたから、少しは救われましたけど・・・(^-^;
a0056140_15393352.jpg
エライね〜、Takeちゃん!
この辺りでは、1匹でも「竿頭」かもね〜(⌒-⌒)v
型はオトリと同じくらいのサイズでした。

いずれにしても、この辺りは当分は釣れなさそう・・・。
来週からは、どこで釣ったらいいのかなぁ〜(;´ー`)┌

ーーーそんなわけで、明日は思いもかけず「渓流釣り」・・・それも思いっきり上流の「山岳渓流」をやる羽目になってしまいましたとさ。(笑)

10月14日(日)
イワナですよ〜っ、「イワナ」。
「イワナを釣って!」って、そう簡単に言われても普通はムリですよー、奥さん!(笑)
そういった意味では、少し気楽な部分もあります。 だって、ムリなものは、ムリなんだもん♪

よりによって、今日は「渓流釣り」最終日。
それも、足場の悪い「山岳渓流」ときたもんだ!(笑)
こんな展開になるとは、私達ですら、これっぽっちも想像していませんでした。
a0056140_1556636.jpg
歩き始めて3分ぐらいで、(こんな渓流釣りは、もう3年も経ったら、絶対、出来ないだろうな〜)なんて弱音を吐いてた私です。
だって足場が悪いので、危険だからです。
以前はそんなこと、ぜ〜んぜん気にならなかったから、トシをとった証拠ですねー。
a0056140_1612245.jpg
私の友人の頼みとはいえ、Takeちゃんにも付き合わせてしまって、ケガとかしないでねーと祈る気持ちです。

とはいえ、釣り始めると、それなりに面白くなってきました。
a0056140_1635867.jpg
釣り竿を振りつつも、時々、顔をあげて周りを見ると、それはもう、至福を感じる美しい景色が広がっています。
a0056140_16373067.jpg
美味しそうなアケビ(画像左)も実っていましたが、あえて採りませんでした。
今年の異常気象で、山も実りが少ないのでは…と思ったからです。
Takeちゃんが、「川を横切る、猫のような大きさの黒い動物を見た! 小熊じゃないよね…」と言ってましたが、この辺りには熊はいないでしょう。
そういった小動物のためにも、アケビは残しておいて良かったと思いました。
それに「二兎を追うもの一兎も得ず」っていう言葉も、頭をよぎったし…(^-^;

すると、まもなくイワナが釣れました\(⌒▽⌒)/
a0056140_16485075.jpg
あまり大きくはないけど、「骨酒」にするには充分でしょう。
なんだか、肩の荷がおりた気がしました(⌒-⌒)
すると同じ頃、Takeちゃんも1匹釣っていたようです。
a0056140_16511587.jpg
こうやってみると、イワナって「黒目がち」で、なかなか可愛い顔をしています。
「ニッコウイワナ」って種類ですね。絶滅危惧種の「ヤマトイワナ」は、白い斑点が無いそうですから…。
a0056140_1655389.jpg
なんだかこの画像の私、まるで「女サスカッチ(ビッグフット)」みたいじゃないですかぁ〜(爆)
Takeちゃんに「新種の昆虫」とか言われているワタクシですので、指摘される前に、自己申告しておきました(^-^;a0056140_1784875.jpg

そのうちに、ふと、自分が降り立った岩を見ると、見覚えのある花が一輪だけ咲いていました。
あ、これが野生の『ホトトギス』?!
自然の中で咲いているホトトギスを見るのは初めてなので感激しました☆
そういえば、今日出掛けてくる時に、我が家のホトトギスの鉢も数輪、花が開いていました。
今回、思いがけず渓流釣りをしたことで、こんな出会いがあるなんて、想像もしていませんでした。

そして、その岩の上から糸を振り込んだら、この子が釣れました。
a0056140_17154642.jpg
ホトトギスを踏まないように気をつけながら取り込みました。

Takeちゃんも同じくらいのイワナを1匹追加し、合計4匹になったところで、川を下ることにしました。
「秋の夕暮れはつるべ落とし」な上に、山は暗くなるのも早いので、足場を気にしながらも急いで下りました。

下ったところで、「ここでハラワタの処理をしたら?」というTakeちゃんに促されて川に近づこうとしたら、なんと、1時間くらい前に上流で落としてしまった朱色の仕掛け巻が、川の波が当たる砂場に流れ着いているではありませんか!Σ(◎o◎;)
上流で流した時、すぐに拾おうとしたのですが、岩の上に乗っていたし、思いのほか流れるのが早かったので、とっさの判断で諦めたのです。
気に入っていた物ですが、仕掛け巻1つ失くしただけで、今日の釣りを無事に終えることが出来るなら、それでいいじゃないーーーと思ったのです。
それが、こんなタイミングで、ココで見つかるとは…。
Takeちゃんもビックリしていました。「堰堤の下とかだったら、水流の関係で反転したりしてて、一時とどまることだってあると思うけど、こんなところで…。」
それに、「ココでハラワタの処理をしよう」って言われなかったら、そのまま河原を見ることもなく、車のほうに戻ってしまったわけですから、仕掛け巻を目にすることも出来なかったのです。
a0056140_17404310.jpg

なんだか奇跡的ですねー。「仕掛け巻」が「ココに流れてきたよ〜」って教えてくれたような気がしながら、少し暗くなってきたので、急いでハラワタとエラを処理しました。

というわけで、思いがけずの渓流釣りでしたが、心から、やって良かったと思いました。
イワナが釣れたことも良かったのですが、人間の手付かずの自然の美しさを見て、心が洗われる思いがしたからです。
今日、最初に思った「もう3年も経ったら…」っていう話が現実になるとしたら、やはり来ておいて良かったし、もし来年の渓流シーズンも、出来ることなら来たいな〜と思いました。

ただ一つ気になったことがあります。
それは、去年の台風の影響か、河原には多くの木が根こそぎ倒れていて、大きな岩もかなり動いたようでした。
そして山の一部では「土石流」が発生したのか、こんな風景があったのです。
a0056140_16425724.gif
この辺りは人家がなかったので幸いでしたが、もしも人家があるところでこのような土石流が起こってしまったら…と思うとゾッとします。
どうか、この美しい自然が、これ以上崩壊しないで欲しい・・・。
切に、そう願わずにいられません。
[PR]
by hototo-gisu | 2012-10-15 18:23 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(14)

ビッグなサザエに、ビッグな鮎・・・の巻

10月6日(土)
3連休の初日です。
だけど、安倍・藁科川は濁っているし、興津川は鮎、少ないし・・・。
せっかくの貴重なお休みなのに、川がねぇ・・・。
ーーーなぁ〜んて愚痴っててもしょうがないから、出掛けたのですが…。
a0056140_1872940.jpg
秋晴れの良いお天気で、気持ちのいいこと♪
お気に入りのポイントに行ったら、鮎も少しですが、見えるではないですか♪

ウキウキしながら、友舟からオトリを出したら・・・a0056140_20451591.jpg
なんとまぁ、オトリさんがプカ〜ッとしているではないですか!Σ( ̄□ ̄|||)
でも、完全にご臨終になっているわけではありません。
仕方がないのでそのポイントは諦め、こんなオトリ鮎でも野鮎に追われそうな、ガンガン瀬が落ち込んでいる深場にオモリを付けて沈めてみたのですが、やっぱりプカ〜ッと浮いてしまうのでダメでした(泣)
こんなこと初めてです。

ゲンが悪いので、オトリ鮎を買いつつ、場所移動して『但沼』に行きました。

しかし、ココも厳しいです。
全然、釣れません。
a0056140_20572722.jpg
一休さんがいらっしゃって(画像の白い服の方)、「釣れますか?」と聞かれましたので、「全然釣れません。」と答えると、
「釣れないのが普通です。釣れる人は異常!!(笑)」と、なぐさめてくれました(^-^;

Takeちゃんは今日、朝から体調不良らしくて、さっきまでグッタリしていたのですが、私がやけにヤル気マンマンなので、休み休み付き合ってくれていました。
a0056140_2135687.jpg
(画像:私のオトリを遠くのポイントに投げてくれているTakeちゃん)
でも、やっぱり釣れそうもないので、最後に「本命ポイント」をやることに…。
すると・・・
a0056140_218128.jpg
釣れました〜\(⌒▽⌒)/☆ 執念の一匹です♪

ーーーしっかし、釣れませんねぇ〜。
これじゃあ、例年よりも早く「納竿」する人も多いかも・・・。
そんなことを思わせる一日でした。

10月7日(日)
昨日の疲れもあるし、今日はのんびりと過ごすことに・・・。
午前中はDIYの部品を仕入れにホームセンターに行って、帰りに清水港の「河岸の市」に寄ろうとしたら・・・なんだか、清水駅にも沢山のテントが並んでいて、「河岸の市」に続く道路は人の波であふれていました。当然、駐車場に入る車も長蛇の列です。
人混みは苦手なので、方向転換して、「しずてつストア」へ…。
何か炭焼きに出来る海産物がないかな〜と探したら、私の握りこぶしよりも大きいサザエが売られていたので買ってきました☆
夕方、炭に火を起こして、「五目釜飯」と「炉端焼き」を楽しむことにしました。

ところで・・・前回、ケーキを焼いた際に「風防」の話が出ましたが、Takeちゃん、もう作っちゃいました!Σ(◎o◎;)
a0056140_21395941.gif
「風防」と「タイル張り保温部品」の効果を試すため、自家製オーブンでピザを焼いてみましたが、200度までしか測れない温度計が振り切れてしまうほどの保温効果が実証されました。
この「風防」は、焼き鳥の時にも効果を発揮しましたよ〜♪
a0056140_21435271.jpg
怒濤のように、アウトドア料理をしちゃっていますね〜(^-^;

Takeちゃんは、合間に、こんなものまで作っていました。
a0056140_2147377.jpg
「ランタン」です。
ーーーって言っても、ランタンの外枠は100円ショップで買ったものですが、中身が電池式の電燈だったので、それを取り外し、ロウソクで使えるように改造しました。
まわりに耐熱ガラスを貼り、ランタンを吊るす土台はモルタルで作り、針金で吊るしました。
なかなかお洒落で、ロマンチックです☆
しかし、よくもまぁ次から次にいろんなものを作り出すものですね〜(*_*)

ーーーと、話は戻って「五目御飯」ですが、上手く出来ましたよ\(⌒▽⌒)/
a0056140_21562484.gif
この「釜」は、以前も紹介しましたが、お古の炊飯器の「釜」を流用しています。
直火にかけても大丈夫なんですね〜。
Takeちゃんの発想には、ホント、脱帽ですm(_ _)m

それと、「炉端焼き」も・・・
a0056140_2159198.gif
「風防」がとっても役立っています。
特大サザエのつぼ焼きも最高でした☆ 
これからの季節は、「牡蠣」かなぁ・・・、
長崎の「魚魚の市」で買った牡蠣が懐かしく思い出されました。

10月8日(月)
今日も秋晴れの良い天気になりました。
土曜日にオトリにトラブルがあって釣るのを断念した場所に出掛けました。
a0056140_22164532.jpg
今日は鮎が全然見えません。
Takeちゃんに話しかけてきた方によると、土曜日は午後から来て8匹釣れたのに、今日は全然釣れない…とのこと。

「これじゃあ、ボウズの人、続出だろうね。」
「そうね、5匹も釣れれば、竿頭でしょうね。」

そんな話をして釣っていたのですが、チャラ瀬でポツ、ポツと釣れました。
a0056140_22231996.jpg
1匹目が釣れ…
a0056140_22234452.jpg
これは3匹目。
いずれもチャラ瀬ですが、魚体は大きくないけどアタリは良くて楽しい〜♪
なんとか「自称・竿頭レベル」(?)の5匹を釣り上げました。(笑)

それなのに、ああ、それなのに、それなのに・・・

Takeちゃん、こんなの釣っちゃうなんて、信じられな〜い!Σ( ̄□ ̄|||)
a0056140_22292958.jpg
何? この背中の盛り上がりは〜〜(驚)
帰って測ってみたら25センチ弱でしたが、生きているうちは25センチ超えていたと思います。
a0056140_22332789.gif
画像奥の鮎も22センチぐらいで良型なのですが、体高がまるで違います。「シュワルツネッガー鮎」です!
それにしてもTakeちゃん、いきなりコレを引き抜いちゃったですか!? 
無謀と言うか、怖いもの知らずというか・・・。仕掛け切れなくて良かった〜♪
だって、興津川でこんな鮎、これまでだって釣ったことないし、これからも釣れるかどうか・・・。
狩野川で今、鮎の尺物が上がっているそうなんですが、それは早い時期に遡上した天然物の鮎らしいのです。
このシュワちゃん鮎も、きっと早い時期に上流まで遡上して、大きく育ってから下流に下ってきた天然鮎ちゃんなのではないかと思いました。
a0056140_22543523.gif
シュワルツネッガー鮎に敬意を表して、炭火で塩焼きにしました。
a0056140_22472321.jpg
食べてみると、卵は片腹で、身はホクホク、皮もパリッと焼けて、とっても美味しかったです☆

ーーーというわけで、なかなか厳しい鮎釣りを強いられていますが、連休最後に「ご褒美」がいただけましたので、まだまだ諦めないで頑張ろうかな〜っと♪
a0056140_237471.gif
締めくくりは、コジローが「ビリケンさん」に変身する画像をお楽しみ下さい。
「幸福の神様」ビリケンさんにちなんで、皆様も幸せな一週間が過ごせますように・・・。
[PR]
by hototo-gisu | 2012-10-09 23:31 | 鮎釣り | Comments(12)

ボウズ覚悟で上流を釣るということ。

9月29日(土)
あ〜あ、やっちゃったぁ〜、興津川でのボウズ。(泣)
a0056140_1535639.jpg
ど〜しても上流で釣りたかったのです。
鮎が下っちゃったのかどうなのか、まだ婚姻色の出ない鮎が釣れるのかどうか…知りたかったもので…。
だからといって、『土村キャンプ場』はないでしょ!(笑)
イシグロの大会とか、報知とかの大会が終わったばかりだというのに、先週も日刊スポーツの大会が行われたばかりだというのに、そんなトコに入った私が悪い。
おまけに増水後で垢も付き始めたばかり…その増水で、またまた砂が流入し、土村キャンプ場前の淵上は砂だらけになっていました。

・・・土村キャンプ場上流から釣り始めた私は、そんなこんなで川の変わり様にショックを受けつつ、鮎の姿を追いつつ、どんどん歩いて下って行って、気がついたら『自治会館』と『大網』の中間地点まで来てしまいました( ̄~ ̄;)
上の画像は、もう疲れ果てて、ダレているホトさんの図です。(爆)

そんなホトさんの為に、土村から自治会館まで車を持ってきてくれたTakeちゃんですが、そういう善良なお方には、興津川の神様も味方してくれるものです。
a0056140_15201997.jpg
なんと、このプレッシャーが高い場所で、立て続けに2匹もゲット!
やっぱり『大網』『自治会館』では、Takeちゃんにかないません。
じゃ、『和田島』でなら、勝ち目はあるのか?(爆) 
ダメダメ、もう、今年の興津川では、上流部はやめておきましょう。ーーーと言いつつ、性懲りもなく、やっちゃうかも知れないケド…( ̄▽ ̄;)a0056140_15524892.jpg

ま、今日は「秋の行楽」ということで栗も少し拾えたし〜、ボウズになっても気にしない、気にしない♪

ところでTakeちゃんが釣った鮎ですが、2匹ともメスで、婚姻色も出てませんでした。
大型の台風17号が来ているので、また状況は大きく変わりそうですが、もともとの鮎の数が少ないので、鮎釣りはさらに厳しくなってきそうです。

9月30日(日)
今日は夕方から用があるので、TakeちゃんはDIYです。
前回のブログで紹介したオーブンを使ってパウンドケーキを焼いてみたところ、性能はほぼ完璧なのですが、1つだけ「弱点」が見つかったのです。
a0056140_16192318.gif
その弱点とは、「風」!
このオーブンは熱効率がとても良く、短時間(5分)で200度ぐらいまで上がっていましたが、このケーキを焼いた時は台風18号の余波で強風が吹いていたのです。
午後2時にコンロにのせてスタートしたのですが、2時15分にようやく175度まで達しました。
…っが、ちょうどその時に来客があり、風よけに立っていた私がその場を離れると、また温度が下がり始めたのです。
私一人が立って風を防いだだけでも効果があるのなら、「風よけ」さえちゃんとすれば、オーブンとしては完璧な出来上がりなのではないかと思いました。

そこで夕方、カルガモの胸肉を焼いてみることにしたのです。
とりあえず段ボール箱で簡単に「風よけ」を作り、オーブンの上にもタイルを載せて上部の放熱を防いでみたところ、すぐに200度を超えてしまいました。
思ったよりも「風よけ」が有効でしたので、ちょっぴり肉を焼き過ぎちゃったみたい…(^-^;
a0056140_1651466.gif
「風」の問題さえクリアすれば、冬だってオーブン料理が出来そうな感じです(⌒-⌒)

そこでTakeちゃんが着手しました!!
a0056140_16584159.gif
今回は「設計図」を書いたみたいですね(^-^;
作るのは、着脱可能な「タイル製保温ガード」だそうです。
Takeちゃんのモットーは、「簡単&コンパクトな収納」ですから!
かさばる物は携帯に面倒だし、かといって、組み立てるのが面倒だと、だんだん使わなくなってしまいます。
道具は、パパッと取り出せて、ササッと使えなくては、だんだん出番が減ってくるに決まっています。

ーーーで、完成しました! (早っ!005.gif
a0056140_1793750.jpg
見た目もステキではないですかぁ〜☆
タイル加工の技術がアップしているので、こういうものも作れちゃうんですねー。
次は折りたたみ式の「風防」を作る予定だそうです。

そもそも「アウトドアで使う」ことが前提で、秋刀魚焼き器から始まったプロジェクト(?)ですが、ついにここまで来ちゃいました。
最近ネットで調べてみたら、その昔(昭和30-40年代)は家庭用のコンロの上に載せて使う「レンジトップ・オーブン」という商品(「ピース天火」と言うらしい)があったらしく、今でもそういう使い方にニーズがあり、他に類似品が無い為、ピース天火(中古品)は現在オークションで2万円を超える価格で取引されているようです。

Takeちゃん製のこのオーブンも、もともと「魚焼き器」を基盤としているので、レンジトップ・オーブンとして使えそうです。
(それなら、「風防」も「保温タイル」も必要ないし♪)
今後、いろいろ使ってみたいです☆

さて、大型台風が東海地方に上陸か・・・という時に外出する予定の私達のもとに、北海道の「オカメママ友」から、いろんな食材&食品が届きました\(⌒▽⌒)/
a0056140_17382890.jpg
コジローには、新鮮な「オーツ麦」「チコリ」「小麦穂」「デントコーン」などなど、私達には、生の「ルバーブ」や紫蘇の実、行者ニンニクの三升漬け、「ハスカップ&ルバーブのジャム」です。
ルバーブはジャムにする予定ですが、かれこれ◯十年近く前に菅平に合宿に行った時に食べて以来です。まさかこんなに早く送って頂けるとは思っていませんでした。
紫蘇の実は塩漬けにしようと思っています♪
そして、行者ニンニク!! これも、こちらでは絶対に手に入らない食材ですよねー。
香りが強いけど、とっても美味しくて、身体にも良いんです。三升漬けは初めて食べましたが、麹が醤油にとけて甘くなり、御飯のおともに最適です☆
a0056140_17473091.jpg
それもこれも、コジローのおかげかな〜(⌒-⌒)
コジローは美味しそうに「小麦穂」をついばんでいます。(小麦穂なんて、私も初めて見ました!)

どんな人が、どのようにして、どんな気持ちで育てたものかーーーそういった「素性の確かな」食材を料理して食べることが出来るって幸せだな〜と常々思います。
だから、鮎やアマゴやイワナや猟で獲れる鴨もそう・・・。
山のような食材(コジローのも含めて)を目の前にして、大事にしたい気持ちでいっぱいで、必死で下処理をしていたら、いつのまにか右手の親指にマメが出来ていたみたいで、皮がむけるまで気付きませんでした〜おバカなワタシですぅ( ̄▽ ̄;)

そして夕方出掛けたのですが、出掛ける時に雨が強く降っていましたが、早めに帰ることになり、おかげさまで強風が吹き荒れる直前に家に戻ることが出来ました。
今回も風が強かったのですが、時間的には前回よりも短かったので、この付近では被害がなかったようでホッとしています。a0056140_182228.jpg

それにしても・・・。
今年は鮎釣りが異例な年ですから、ブログの内容もゴチャゴチャですねぇ…。
タイトルは鮎釣りだけど、内容はDIYだったり、食材だったり、コジローだったり…。
そんな時にかぎって、ヘンな依頼が舞い込んでくるものです。
Takeちゃんの従兄から突然電話があり、「12月15日に横浜でライブがあるから、リードギターで出てくれ」との命令とか…!( ̄□ ̄|||)
この従兄の方のおかげで出会った私達ですから、その点では恩義があるのですが、あまりにも突然です。
演目の5曲は、22年前のクリスマスパーティーでやった曲らしくて、あわてて昔のビデオを引っ張り出して見ました。
(画像の一番右に映っているのが22年前のTakeちゃんです。ちなみに、演奏しているのはボンジョヴィの「You Give Love A Bad Name」。ニコパさんから軟派だなぁ〜って笑われそう♪)
果たして、Takeちゃんの動向はいかに・・・(^-^;
[PR]
by hototo-gisu | 2012-10-02 20:21 | DIY、物作り、クレイアート | Comments(14)