~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 21:58
こんちわ^^ 縁側..
by nigapeclub at 16:58
>鮎猫さん こんにちは..
by hototo-gisu at 14:45
こんにちは~ 恥ずかし..
by 鮎猫 at 12:58
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 23:59

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

FXサイクロンは絶好調のようですが…

a0056140_11174211.jpg12月23日(日)
昨日は年賀状作りに追われながら、粘土で作った「巳」の置物にニスも塗り、なんとか仕上げました。
大掃除も途中だし、他にも山積みのアレやコレやがありますが、今日は猟に行って骨休め(?)することにしました。

・・・っが、鴨は全然、見えません。
っていうか、「重役出勤」してるので、他のハンターさん達が撃ってしまった後を回っているのかも知れませんが…(^-^;

でも、そこは「チームやませみ」!
鴨を発見する能力に磨きがかかってきたTakeちゃんの眼力で、ついにカルガモを見つけました!!
a0056140_11355881.jpg
思いっきり拡大しているこの写真だと近くにいるように見えますが、実際に見つけたのは200mぐらいも離れた所からです。

せっかくのこのチャンスを逃すわけにはいきません。
慎重に近づいていって、土手の所に腹這いになり、銃ケースを依托台にしてサイクロンを構えました。
距離はちょうど60mです。

「Takeちゃん、60mなんだけど、クロスで頭のてっぺんを狙ったらヘッドに当たるよね?」
「うん、向かって右の鴨を狙うといいよ。矢先の草に気をつけて。」
「了解。」

地面に腹這いになって撃つの、これで2度目かなぁ・・・。
銃ケースが硬くてしっかりしているし、鴨も気付いていない様子なので、落ち着いて狙えました。

「プシュッ。」

一発目でひっくり返りましたので、頭かネックに当たったと思いましたが、すかさずもう一発撃ちました。
しかし、それは外れました。

「急いで車に戻って、乗って!! 鴨が流れるから追いかけるよ!」と、Takeちゃん。

鴨はひっくりかえって足をバタつかせていましたが、もう大丈夫だと判断したんでしょう。
スコープで追っていると、意外にそういった判断がしにくいものなので助かります。

そして・・・
a0056140_11511947.jpg
車で下流に移動し、回収しやすい場所で無事に回収出来ました\(⌒▽⌒)/☆
脂ののった大きな鴨で、鴨鍋にも最高な感じです。

それにしても「FXサイクロン」、絶好調ですね☆
ちゃんと依托して撃てば、50m前後の射程距離の獲物は外さないって感じです♪
なのに、肝心のマガモさ〜ん、どこにいるのよ〜〜っ(泣)
a0056140_11565347.jpg
そもそも、今猟期にコガモを見たのも今日が初めてなんです。
今年は「渡り」が少ないのか…? それとも、私に怖れをなして、どこか素通りして行っちゃったのかぁ〜??(笑)
とりあえず、1月に期待することにします(^-^)
a0056140_1816661.jpg
コガモは撃ちにくい場所にいたので諦め、早々に帰宅してから、いただいていた「ゆず」で、「ゆずピール」を作ってみました。
先日、スーパーで「ザボンピール」を見つけ、懐かしさのあまりに買って食べてから、こういった砂糖漬けの柑橘類が手放せなくなりました。
「ザボン」といえば、長崎出身の私のソウルフードの一つなんですが、今日、思いがけなく、小型の「ザボン」を頂きました。これで「自家製ザボンピール」も作れそうです♪
私のソウルフードといえば「高菜漬け」が筆頭に上げられますが、有難いことに生の高菜も頂けたので、今、仕込み中であります。
来たるお正月は、そういったソウルフードや、自分達で獲った鴨のローストや、鮎の甘露煮など、自然の恵みに彩られた食卓になりそうです。

12月24日(月)
今日は、クリスマス・イヴ。
10月から進めてきた、Takeちゃんの「実家の庭、大改造プロジェクト」も、そろそろ終盤というか、完成を迎える時が来ました☆
キクちゃんも高齢になり無理がきかなくなってきたので、「草むしり」などの手間を省き、はびこる笹竹を根こそぎ整理し、木やお花のお世話がしやすいようにと、Takeちゃんがコツコツ、作業をすすめてきました。
そして今日は私も手伝って、その庭を飾る花々を鉢に植える作業を終えました。
a0056140_1850149.gif
クリスマスに間に合わせるなんて、Takeちゃんも頑張ったねー(⌒-⌒)/
キクちゃんも喜んでくれました☆
ささやかな親孝行が出来て良かったです。

花を植えるついでに、盆栽の梅と桜の土を入れ替え、苔を貼りました。
a0056140_2125525.gif
この苔は、なんとミニバラのプランターに生えていたものです。
バラのプランターに苔を生やしていいのか・・・?
バラの追肥を撒く時に、生えかけていた苔を取り除こうとしたら、「苔を育成しているんだから、取らないで!!」とTakeちゃんから言われたものですから、そのままにしていたのです。
おかげで(?)、盆栽を立派に飾ってくれたから、まっ、いいか!

夕方には、クリスマス・イヴ恒例のローストチキンを焼きました。
a0056140_20253032.gif
今年は、Takeちゃん自作のブリキオーブンや風防を使い、七輪で作ることに挑戦!
初めてのシステムなのですが、温度も順調に180度ぐらいに上がり、途中、油断して温度が150度ぐらいに下がってしまいましたが、最後は200度を超えていました(*_*)!
この寒風が吹きすさぶ中で、こんなオーブン料理が出来るなんて、すごいな〜〜と思いました。
a0056140_20345230.jpg
ちょっと背中が焦げてしまいましたが、味は最高でした\(⌒▽⌒)/♪
そういえば…Takeちゃんがブリキを加工して、いろいろなアウトドアグッズを作出し始めましたのは、今年からでしたよねー。
外でケーキも焼いたりしましたっけ・・・。
焼き鳥に関しては、プロも顔負けのものが焼けるようになったと自負しています。
(…と言っても、焼くのはTakeちゃんが担当ですが…(^-^;)
来年もアウトドアで、炭火を使って、た〜くさん美味しい料理が作れたらいいな〜☆

そんなこんなで、慌ただしい年の瀬を送っています。
来年早々のイベントに向けて、まだまだ忙しい毎日が続きそうです。
そのせいか、コジローは最近ちょっとイラッとしているみたい・・・。
a0056140_2054519.jpg
人間だって、つらいのよ〜。
でも・・・「苦あれば楽あり」。
2012年も残り数日ですが、悔いのないように過ごしていきたいと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2012-12-26 21:23 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(11)

鴨に、カモにされました( ̄▽ ̄;)

12月16日(日)
a0056140_1844183.jpg
        (*画像…キクちゃんのお庭に植えたミニバラ)

今日は選挙の投票に行ってから、猟に出かけました。
そろそろ獲っておかないと、お正月のおせちに「鴨のロースト」が入れられなくなっちゃいますからね〜(;´ー`)

しかし、鴨がいません・・・。 ちょっと焦ります(^-^;
…で、ようやくカルガモを見つけたのですが、私の姿を見た途端、どんどん遠ざかるではありませんか!
鴨界では、私のことを「要注意人物」として、語り継がれているに違いありません。( ̄^ ̄)

そこへ、Takeちゃんから「オスキジが出た〜〜っ!」とトランシーバーで連絡が…!

急いでTakeちゃんのもとに行き、キジが隠れた付近を探してみたのですが見つからず・・・。
きっと早足で逃げちゃったのでしょう。
でも、いることがわかったので、それだけでも大収穫です♪

ーーーで、鴨を再度、追っかけてみたのですが・・・。

いました!!
2羽でクルクルと泳ぎ回っています。
レンジファインダーで距離を測ると、63メートルと出ました。
(ちょっと遠いなぁ・・・)と思っていたら…。
なんと、私の方に向かって泳いでくるではありませんか!(◎o◎;)
私、銃を三脚に依托して、アナタ達を撃とうとしているのよ、銃が見えないのぉ?

どんどん近づいてきたカルガモペア。

あんまり近づかないでぇ〜。かえって、撃てなくなっちゃう〜〜。
だって、50メートル以外、自信がないんだもん・・・(;д;)

それまで泳いでいたカルガモペアが、泳ぎを止めました。
撃つなら、今がチャンス♪
レンジファインダーで距離を測ると「37メートル」と出ました。

えっと、え〜と、37メートルだと半ミルドットぐらい上で狙えばいいんだっけ…?
頭のてっぺんに1ミルドット上を合わせたら、ちょうどかなぁ…。

そんなことを考えて躊躇しているうちに、またどんどん泳がれて、あっという間に遠くに行かれてしまいました。

車に戻ってTakeちゃんにその旨を報告すると・・・

「今度からは、思い切って撃ってみたら? シビアにヘッドを狙っているから、外れても胴体に当たることはないと思うし、むしろ外して飛ばれて、逃げた先で狙い直す事だって出来るしね。」

と、言われました。

「それもそうね〜。今度からそうする! 
 それにしても、今のカルガモペア、私のことをマジマジと見てから逃げていったのよ〜。
 まるで、『鴨に“カモ”にされた』気分…。

「いいじゃん、今度狙った時に『あの人、銃を構えてるけど、撃たないから大丈夫!』って油断するかも知れないし…♪」

そんな話をしながら、再度挑戦することにしました。

よーく見ると、全部で4羽いました。
a0056140_18362444.jpg
最初は遠くの方にいたのですが、私が三脚と銃をセットすると、だんだん泳いで近づいてきました。(苦笑)
そして、画像のようにお尻を丸出しにして、水中の何かを一生懸命に食べているようです。

逆立ち・・・しては、頭を上げ・・・の繰り返しで、一向に止まる気配はありません。

そのうち数羽は、泳いで移動を始めました。

さっきのTakeちゃんのアドバイスを思い出し、少しでも止まったら、思い切って撃とうと思いました。
幸い、距離は50〜52メートルのところをウロウロしています。

肉眼で様子を見ていて、動きが止まりそうな一羽を確認し、スコープをのぞいて止まった瞬間にヘッドを狙って引き金を引きました。

弾が当たった瞬間、血が吹き出したのが見えました。首か頭に当たったようです。
でも、羽をバタバタさせていて、ひっくり返ってはいません。
念の為、ヘッドを狙って2発目、3発目を続けて撃ちましたら、動きが止まりました。

「完全に止まったと思うよ。」とTakeちゃんから言われ、回収に行きました。
a0056140_17164396.jpg
今猟期は、これが初めての発砲だったのですが、50メートルだと迷いがなく当たるんですよねー。

実は、「迷わなくてもすむように」と、Takeちゃんがレンジファインダーに「虎の巻」を貼ってくれているのですが、この際、初公開します。
a0056140_1727331.jpg
FXサイクロンを所持したばかりの頃に、Luckyさんが「弾道計算ソフト」でFXサイクロンと、私が使用しているブッシュネルのスコープ「レジェンド」の9倍での50メートルゼロインでの弾道を算出して下さったので、Takeちゃんが一目で見てわかるように作ってくれたものです。

それでも、いざ獲物に照準を合わせると、(え〜っと、弾道が上に行くから銃口は下で「0.6ミルドット上」なんだな〜)とか、頭が悪いワタクシには、「猫に小判」の虎の巻になっております。
もちろん役に立った事も、何度かありますが…(^-^;

「狙撃手がスポッターの指示で撃つように、撃つ人は“迷い”があると当たらなくなるんじゃないかなぁ。だから、ホトちゃんは『50メートルだと大丈夫』だって思っているので“迷い”がないから、当たるんじゃないの?」

確かに、50メートルだと当たるんだって「サイクロン」の性能を信じてるもん♪

今回のカルガモは、頭と首に弾痕がありました。狙い通りでした。
やっぱり鴨は「急所」である「頭」を狙わないと、生命力が強いので、飛ばれて逃げられてしまいますから…。
今猟期も「半矢率ゼロ」を目指して、頑張ります\(⌒▽⌒)/☆
カルガモさん、美味しくローストして大事にいただきますので、成仏して下さいねm(_ _)m

それにしても、今日は少し歩くと汗ばむほどの暖かさでした。
サイクロンと三脚を持って野山を歩くのも、結構な筋トレになります(;´ー`)┌フゥ〜ッ。。。
途中、上着を脱いでしまったので、銃の免許や弾入れ、トランシーバーも、ウェーダーのお腹部分に入れて腹ボテになっちゃいましたが(まるで、ドラえもんのポケットみたい…)、背に腹は代えられません???

さて、最後は「今日のコジロー」です。
ここのところ寒さが厳しかったので、コジローには今日の暖かさはありがたい一日だったと思います。
a0056140_18183570.jpg
年の暮れに向けて気忙しい毎日ですが、コジローの愛らしさに癒されつつ、コツコツこなしていきたいと思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2012-12-17 18:50 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(12)

この人達には頭が下がりました・・・m(_ _)m

12月8日(土)
「『爆弾低気圧』が4つも日本に来てるんだよ。」とTakeちゃんが言ってたけど、朝から物凄い風が吹き荒れてます( ̄~ ̄;)
ちょっと外に出るたびに目に砂ぼこりが入るし、どこからともなく、いろんなものが飛んできたり、舞ったりして、外に出ないほうが無難かも・・・。
「暴風になるのは午後から…」って予報には書いてあるけど、ウソだよねー。

・・・と言いつつも、気分転換に川に行ってみました。
しかし、外に出ると「ビュ〜〜〜〜〜〜ッ!!」と突風が吹き荒れて、私なんか飛ばされてしまいそうな勢いです(^-^;
a0056140_1756935.jpg

こんなんじゃ、鴨を見つけても、エアライフルの弾が風に流されて、当たりません。
ーーーと言っても、鴨は何一つ、いないんですけど…。
もしかして近郊の鴨サン達は、例の新しく出来た禁漁区に集結しているんじゃないかしら…。
せっかく“狩猟モード”になってきたのに…ねぇ。。。

出掛けたついでに、あちこち見て回っていたら、川に人が・・・???
まさか鮎釣りをしているんじゃないでしょうね…と、双眼鏡をのぞくも、良く見えません。
近づける所まで行って再度双眼鏡で確認してみると、ナント、友釣りをしているじゃありませんか!( ̄□ ̄|||)
ヒェ〜〜ッ、この強風と寒さの中、鮎の友釣りをしているなんて、信じられない!!
a0056140_1822850.jpg
いえ、友釣りをしているだけならまだしも、なんと、私達が見ている目の前で赤いシャツの方が2匹も釣りました!!
ほんの十数分の間にです!
肉眼では見えないので、ずっと双眼鏡で覗いていたのですが、掛かった鮎は錆もなく、白く輝いて見えました。
掛かった姿を動画で撮ろうとしたのですが、タイミングが合わずに撮れなかったのが残念です。
でも、私達の目でしっかりと記憶に焼き付けました。
タモに納めた時、「パチパチ〜〜☆」と拍手したのですが、きっと風の音で届かなかったでしょう。
山梨ナンバーのお二方、暴風や寒さにめげず真摯に鮎を釣る姿に、私達は頭が下がりました。
こんな時期に釣らなくても・・・とか、いろんな声があるかもしれないけど、実際にこの目で見たお二人の姿には、何か感動すら覚えた私達です。
来年も、ぜひ良い鮎釣りが出来るといいですね☆
a0056140_18224242.gif
帰り道に「エスパルス・ドリームプラザ(通称:ドリプラ)」に寄って、「カルディ」でチーズ、「篠田酒店」で「初亀」と「どぶろく」と「秘伝豆ペイ(お豆腐の味噌漬け?)」なるものを買いました♪
クリスマスとお正月の買い物が出来て良かったなぁ〜♪(…って、お正月まで、お酒が残ってるとは思えませんけど…(^-^;)

a0056140_23165383.jpg

それにしても、今日は寒くて風が強かった!
今年は例年に比べて寒さが厳しいようです。
でも、お正月の家族イベントの準備で、寒いとかなんとか言ってられないかんじ…。
今、Takeちゃんがリフォームしている実家のお庭には、ツルバラやミニバラを置いて私がお世話することも決まったし…。
なにかと責任重大なのであります。

ーーーそして・・・。
「責任重大」なことは、続けて起きるようでして・・・

私事ですが、このたび「静岡県内水面漁場管理委員会」の委員に任命されました。
どういう委員会なのかというと、県内の内水面の「遊漁規則」の内容について答申したり、内水面の漁業権における目標増殖量等の審議決定などを行なう機関なのですが、すご〜くかいつまんで説明すると、「遊漁を不当に制限することなく、内水面(川)の遊漁魚類が枯渇しないように保護すべく県の漁場計画に基づき、漁業権者(漁協)とも公聴会等で話し合いをし、検討し審議決定する」というものです。
委員構成が10名(うち少なくとも4名は女性が選出される)とされ、そのうち2名が遊漁者代表から選ばれる規則なので、私は遊漁者代表ということで選ばれました。
12月4日に辞令の交付式と委員会が開催されたのですが、気田川漁協組合の中道組合長や、サツキマスの研究に尽力なさっている、東海大学の赤川教授をはじめとした有識者の方々と同席させていただいて、本当に緊張してしまいました。
その委員会でも活発な意見が交わされて、事務局側である経済産業部水産業局の水産資源課の方々のお話や、委員会の方々の発言を聞いても、私達「遊漁者」の立場に立った意見であったことを遊漁者代表として嬉しく思いました。a0056140_050879.jpg

「世が世なら」このような委員会があることで内水面に係ることが適正に運営され、資源も保護されていくはずなのですが、ここ数年、異常気象等で川自体が劇的に変化しているので、そのことがとても気掛かりです。
任期4年なのですが、「4年」ということで振り返って、2008年から今年までに変化した川の状況を実際に振り返ってみても、どれほど川が変わって、鮎の友釣りも非常に厳しくなっていったかが、わかるからです。
これからの4年も、果たしてどのように変化するのか、誰も知る由もありません。
しかし、毎週のように川に通い、変化を目の当たりにしている私は、現場の状況をふまえつつ委員会に参加して、遊漁者代表としての任務を果たしていきたいと思っています。
静岡県の美しい川で釣りを楽しめるこの幸せを、少しでも多くのこれからの世代の人達に体験してもらえるように、私も何かしら努力していきたいです。

さて・・・明日は、庭の大改造計画のお手伝いをしようかな。
ツルバラやミニバラを植える準備もしないと・・・。

では、最後にコジローのひょうきんな正面顔で締めたいと思います。
a0056140_1192234.jpg

来週は強風が止んで、猟に行けるといいな〜☆
[PR]
by hototo-gisu | 2012-12-11 01:24 | 鮎釣り | Comments(13)

ツルバラ&修景バラを誘引しました☆

12月1日(土)
今日から12月。
猟に出ても出会いがなさそうなので、気になっていたツルバラ&修景バラを整理し、誘引することにしました。
a0056140_23124522.jpg
植え付けて3年目のコーネリア(ツルバラ)が今年はゲリラ的に成長し、ラティスの垣根を超えて二階にまで伸びる勢いでした。
コーネリアを育てるのは初めてだし、ネットで情報収集しても、やっぱり自分で育ててみないと、そのバラの性質はわからないものです。
a0056140_23195134.gif
     (*画像…我が家の「コーネリア」の今年の開花の様子)

実際に咲かせてみるまでは、もう少し大きな花のイメージだったのですが、小さな花が束になって咲きます。
こんな可憐な花を咲かせるバラが、1本の木で、こんなに大きくワサワサに茂るとは思ってもみませんでした。

このラティスには、もう1本のバラが一緒に植えられています。
修景バラの「ボニカ'82」です。
a0056140_232818.gif
     (*画像…我が家の「ボニカ'82」の今年の開花の様子)

ボニカ'82は「修景バラ」という種類で、普通はグラウンドカバーとして花壇のボーダーとして使われるバラなのですが、垣根にも使えそうだったので、ラティスの下の部分をボニカで彩ろうと考え植えたのです。
・・・が、これまた思ったようにはいかないもので、このラティスがあるところは日当りが若干悪いので、ボニカちゃんが太陽を浴びようと、上に上にと伸びてしまったのです。
確かに、「コーネリアだけに太陽の陽射しを横取りされたくないわ!」って気持ちも、わかりますけど…(^-^;

ーーーというわけで、どういう風に誘引するかはともかくとして、まずは残った葉っぱを取り除くことから始めました。
ツルバラの誘引作業は通常12月中旬以降にするのですが、今年こんなに早く着手したのは、コーネリアがラティスを超えて育っている為、隣家に落ち葉が落ちないように…との配慮もあったからです。
…っが、これがなかなか大変手間取りまして・・・。
葉っぱが元気過ぎて、なかなか取れない!! だからといって、荒っぽくむしると、葉っぱの根元にある「芽」の赤ちゃんを痛めてしまいます。
しぶといところはハサミでカットし、慎重に作業を進めました。
・・・で、ようやく葉っぱを整理しました。
a0056140_23511498.gif
さて、ここからが大変なのです。
ラティスから枝を全部外して、誘引し、ラティスに結び留めなくてはなりません。
今年のコーネリアの成長具合からして、もっと下目に誘引しておかないと管理が大変そうです。
可憐な花に似つかわず、枝が太くて立派だし、トゲは鋭いし…枝の方向を変え、水平にしながら、思いっきり引っ張ったりするので、枝が跳ね返ったり、服にトゲが刺さるわ、帽子に引っ掛かるわ、顔に当たるわ、手は傷だらけになるわ・・・。
a0056140_002846.jpg
そんなこんなで作業は難行して、とうとう暗くなってしまいました。
「明日は川に行こうね。」って話していたけど、これじゃあムリ!!
明日もバラの枝との格闘に苦戦しそうです(^-^;

12月2日(日)
今日は午後から雨が降る予報なので、急いで作業を終えないと!
トゲ予防に皮手袋をして誘引するんですけど、ラティスに紐で結わえるのに、手袋だと結べません(泣)
手袋で誘引し、口で手袋を外して紐を結び・・・もう、面倒で素手でやり始めちゃいました。

それがねぇ・・・今朝、Takeちゃんがこんなこと言ってたのです。

「バラの“トゲ”って、何のためにあるんだろうね? 虫避けにはなってないし、バラを食べる動物なんていないでしょ? 単なる“見た目の良さ”のためかなぁ〜? 茎が『ノペ〜ッ』っとしているより、トゲがあったほうがカッコイイもんね♪」

え〜〜っ?! 見た目ですかぁ????

それで、苦労しながら誘引していると、Takeちゃんが言ってた言葉が頭にグルグル浮かんでくるのです。
「バラのトゲは何のため?」「必要ないのにねぇ。」「見た目のため?」
ア〜〜ン、もぉ〜っ、うるさ〜〜い!!
ホント、なんでトゲなんてあるのよぉ〜〜ヽ(`⌒´メ)ノ

・・・なんて思いながら誘引してると、やっちゃいました!
太い枝をボキッ!っと。

あわてて「接ぎ木テープ」でグルグル巻きにしました。
真っ二つに折れたわけではないので、なんとかこれでくっついてくれることを祈るしかありません。
12月は木が眠った状態になるので、好きな方向に誘引出来ますーーーって本には書いてあるけど、無理は禁物ですねー。

午後から雨・・・の予報が、早まって、小雨が降ってきました。
でも、そんなの関係ない。
もくもくと格闘を続け、どうにか誘引作業を終えることが出来ました。
a0056140_1113588.jpg
ボニカちゃんもなるべく中心に目立つように誘引してあげました。
(ちなみに、画面の中央付近に白っぽく見えるところが、折れた枝を接ぎ木テープで包帯してある箇所です。)
a0056140_11153656.jpg
これは今年の様子ですが、コーネリアのほうが先に開花し(5月6日に満開しました)、ボニカちゃんは他のバラが咲き終わったころに満開になります。
一斉に咲くと見事だろうな〜と思っていた私の思惑とは違ってしまったのですが、どちらも好きなバラなので、かえってゆっくり楽しめていいかも♪

「バラを育てる」って一口に言うけど、この休眠期である冬の手入れが最も重要で、8割がたを占めているのではないかと思います。
バラが成長し開花する状態を想像しつつ手入れするのは、若いワインが10年後にどう熟成するかを想像するのに似た楽しみがあります。ーーーなぁ〜んちゃって、カッコイイこと言ってますが、やっぱり大変・・・( ̄~ ̄;)
早く来年の5月になって、この苦労が報われる姿が早く見たいものです\(⌒▽⌒)/☆

「苦労」というのではないけど、今年の春に「ラブリーモア」というバラをどうしても欲しくて、ネットで探したのですが、どこも売り切れ。(泣)
そこへ、ネットオークションに出ている1株を見つけて、なんとか手に入れたのですが、届いた苗は「2年もの」といわれたものの、ヒョロヒョロでとても弱っていました。
「鉢には◯◯◯◯(ちょっと思い出せませんが)を施しているので、そのまま育てて下さい」と書かれてありましたが、Takeちゃんからも勧められて、思い切って植え替えて剪定しました。
すると、新しいシュートが伸び、新しい葉もたくさん出て、秋には蕾みもつけてくれました。
急に気温が下がったので咲くかどうか微妙でしたが、ようやく開花してくれました(⌒-⌒)
a0056140_20565580.jpg
これは今日の「ラブリーモア」の画像です。
見事に生き返ってくれました☆
今年は「根頭癌腫病」から蘇ったパットオースチンとか、数年前に接ぎ木した「ストロベリーミルフィーユ」の順調な成長とか、ブログでは紹介しきれなかった(っていうか、いつも釣りの話題ばかりなので機会がなかったのですが)我が家のバラさん達の話題がたくさんあるのですが、これから冬の手入れが本番になってくるので徐々に書いていきたいと思います。

一番心配だったツルバラと修景バラの誘引が終わったので、少し気が楽になりました。
羽があったら、こんな風に飛び上がりたい気持ちです〜♪
a0056140_21124090.jpg


ーーーいやいや、来週は大事な仕事も控えているし、気を抜かずに頑張らなくては!!(⌒-⌒)b
でも、誘引でホトホト疲れちゃったので、今日は眠らせて下さい。。。zzz



 
[PR]
by hototo-gisu | 2012-12-04 21:26 | バラ、ガーデニング | Comments(0)