~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:53
子供の頃、川潜りで遊んで..
by よしよし at 23:21
>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 14:58
私も15日の釣行でしたが..
by kai at 23:16
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:29

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

祝☆富士山世界遺産登録 & 久々の興津川釣行

6月22日(土)
興津川も厳しそうですが、久しぶりに『承元寺堰堤下』に行ってみました。
空いているかと思いきや、竿1本間隔で鮎師がビッシリと並んでいるではありませんか!005.gif
お気に入りの場所はとても入れそうにないので、とりあえず隙間にコソコソと入れさせてもらい、釣りスタートです。
a0056140_11514166.jpg
Takeちゃんは開始まもなく3匹ゲット!
でも、天然遡上のチビちゃんだったので、養殖オトリを続投させて釣ってたそうです(^-^;

ただ、その後はしばらく沈黙が続き・・・

しびれを切らしてワタクシに電話してみたそうですが・・・

なんとワタクシは、いまだに1匹も釣れていないという体たらく…(^-^;

ちゃんと興津川に有効な上飛ばしで、ていねいに釣ってるんですけど・・・。
鮎も居るらしくて、対岸のトロでは時々跳ねているんですけど、それが掛からないんです。
よしよしさんからアドバイス頂いていたように、移動しようにも移動出来ないし、移動しても、他の人もあまり釣れていないようですし…。
おまけに、晴れているのにチョ〜寒い!
竿を持つ手が震えて、内ポケットからティッシュを取り出すにも手がかじかんで、なかなか取り出せません。
ワタシの上手で釣っていた方も「寒いなぁ〜」って言ってたから、(ワタシだけじゃないんだ)と妙に安心したりして…。
鮎は釣れないのに、なぜかボウズハゼは良く掛かる…( ̄  ̄メ)
しまいには、こんなのが掛かって・・・
a0056140_16592629.jpg
「カマツカ」が釣れた時点で、「もう、上がろう。」と思いました。
時間は4時20分頃。

しかし、そこからTakeちゃんがバカバカ釣れ始まったのです!
a0056140_1711528.jpg
ワタシがカマツカを釣った時、Takeちゃんはこんな良型の鮎を釣ってたんですよ!
a0056140_1742925.jpg
それからわずか1時間ほどで10匹の良型鮎を釣って、Takeちゃんの今日の釣果はなんと13匹!!
つねづね、興津川の神様はTakeちゃんびいきだと思っていましたが、これほどとはねぇ…。
ーーーえっ? ワタシはどうなったかって?
寒い寒いと震えながら、Takeちゃんから天然オトリを譲ってもらい釣りを続行するも、1匹バラして撃沈…。しかし、ここで辞めては女がスタルと思い続行…。
雨も降ってきましたが、濡れながら釣り続け、なんとか1匹、釣り上げることが出来たとさ。
興津川の神様…少しはワタシにも優しくしておくんなまし〜m(_ _)m

そういうわけで釣りはいまいち(ワタシはねっ!)でしたが、思いがけないビッグニュースが飛び込んできました!
なんと、富士山の世界遺産登録が決定し、なんと「除外宣告」されていた、地元の三保松原も構成資産として世界遺産登録されることになったのです☆
川勝知事が「奇跡が起こった」とおっしゃっていましたが、まさに奇跡のニュースでした。

時期的に今頃の季節が一番、富士山が拝みにくい時なのでオススメ出来ませんが、晩秋から春にかけての三保から臨む富士山は、感動の美しさです。
ここに、Takeちゃんがウチの裏の浜から撮った富士山の写真を紹介します。
a0056140_17335992.jpg
a0056140_17341317.jpg
a0056140_17342883.jpg
私は、富士山が世界遺産登録されたことについては、良いことなのかどうなのか正直言って良くわかりません。
私が思うことは、日本人にとって「富士山」の存在がとても大事なものであること、心の支えのようなものであることは確かで、その表れとして日本各地に「◯◯富士」と名のつく山が存在し、昔からその山を仰ぎながら日々の生活が営まれてきました。
そういう「心の拠り所」としての富士山のことが、日本人のみならず世界の人々にも理解して頂けたような気がして、単純に嬉しく思ったのです。
大げさかも知れませんが「地球の財産」として、未来永劫、後世の人々にも心の拠り所になるように残していかなくてはいけない・・・そのためならば、「世界遺産登録」されたことは、とても重大な意味のあることなのではないでしょうか。
近年の異常なまでの天変地異が今後も続くことが懸念され、富士山噴火も囁かれている現在、私達は富士山、そして各地で◯◯富士と仰がれている山に臨む度に、人々の平和と無事を祈りたいと思うのです。

6月23日(日)
昨日が下流なら、今日は上流部で勝負よ〜♪
行ったのは『八幡温泉』です。
a0056140_20495716.jpg
水は少ないけど、下流には良い感じのチャラ瀬がありました。
オトリ君を放つとチャラ瀬の芯を良い感じにのぼってくれたんですけど、ピリッともきません。
八幡温泉は私にとって、結構げんのいいポイントなのですが、この釣り方で釣れないんじゃ、お手上げです。
しかし・・・Takeちゃんはちゃんと1匹釣りましたけど・・・。
やっぱり、“腕の差が明らか”ってことなのでしょう・・・ねぇ(^-^;

そこで、少し下流の『片瀬』に移動しました。

ーーーで、そこでもTakeちゃんが釣りました。
a0056140_2113575.jpg
いいなぁ〜、私にも釣れないかな〜( ̄ε ̄;)
全体的に浅い瀬なのですが、その中でも少しだけ深みがあるところを泳がせると・・・
a0056140_21152783.jpg
ようやく1匹目が釣れました♪
嬉しい〜っ\(⌒▽⌒)/ なんか、釣れそうな気がしてきましたよ〜〜☆

このポイントも鮎師の方達が何人か釣っていらしたのですが、場所移動は充分出来るくらい離れていたので、ここぞとばかりに、どんどん釣り下がり、ポツ・・・ポツ・・・と足で稼ぎました。
a0056140_21221096.jpg
久々の「静岡2系」も釣れました!
今年はホント、見かけないですものねー。 たまに釣れると“旧友”に会えたような嬉しさがあります(^-^;

午後から4時頃まで釣って、二人とも6匹づつ釣りました(⌒-⌒)
昨日、苦戦した私にとっては充分過ぎるほどの釣果です。
6匹釣ったぐらいでこんなに楽しい気分になれるなんて、なんだか、お得な感じですね(^-^;

さて、昨日・今日と興津川を釣った感想をワタシには語る資格はなさそうですが、釣り場でお会いした方々は口々に「先週放流した鮎が、まだ群れで移動している状態で、バラけていない」とのこと。
「今年の春、遅くまで工事していた影響で、天然遡上鮎が上流まで来てないようだから、この辺りは厳しいな」ともおっしゃっていました。
来週の日曜日は「静岡県あゆ友釣り選手権大会」が興津川で開催される予定ですが、皆さんの日頃の成果が出せるように、鮎がバラけて追ってくれますように・・・と願っています☆

終わりに、癒しのコジローの画像を・・・
a0056140_21443469.jpg
コジローも“キメポーズ”を作っちゃったりして、「あまちゃん」のファンなのかな?(⌒-⌒)

それから・・・
また美味しい枇杷をいただいたので、生でも美味しくいただいたのですが、ジャムとコンポートを作ってみました♪
a0056140_2146206.jpg
a0056140_21464818.jpg
「枇杷ジャム」ってあまり聞きませんが、今回作って、その理由がわかったような気がします。
枇杷って繊維質が多くて水分が多く、ジャムにすると「かさ」が減るのと、酸味がないのでジャムっぽくないからかも知れないのですが・・・味はとっても美味しいのです。
黙って人に食べさせると、「桃か何か?」って感じで、枇杷の風味はありませんが、味は和風なテイストで、お菓子として美味しい甘みのジャム…というか「餡」になりました♪
そして「コンポート」のほうですが、枇杷のコンポートは、なかなかオススメです!
枇杷の風味もちゃんと残っていますが、例えれば「桃のかんずめ」の食感と味にかなり近いです。
「これで『枇杷ゼリー』を作って」…と、Takeちゃんにリクエストされているのですが、あまりの美味しさに食べるのがセーブ出来ないため、もしかしたら、リクエストに応えられないかも(^-^;
鮎釣りとは何の関係もありませんが、なんらかの参考になれば・・・と思いアップしてみました。

来週の県大会は、お天気に恵まれて、鮎が釣れるといいですね☆
[PR]
by hototo-gisu | 2013-06-25 22:24 | 鮎釣り | Comments(8)

鮎はいるのに、釣れませ〜ん(-"-;)@藁科川

6月15日(土)
「台風3号は局地的な大雨をもたらす」という予報でしたが、静岡市は特に大雨も降らず、川の渇水状態は依然として解消されていません(;´ー`)
しかし、また藁科川に行ってみることにしました。

場所は『夜打島』。
2年前に鉄砲水に遭い、危うくTakeちゃんが遭難しそうになった所です。
(その時のブログはコチラをクリック♪)
その年の大増水で藁科川もすっかり様変わりしてしまい、今日はこんなにチャラチャラの流れです。
a0056140_14495111.jpg
そのわりには、あまり垢腐れもしていません。
きっと鮎の数が多いから、群れで石を磨いているんですね♪

釣り始めて、いきなり「秒殺で釣れた!」とTakeちゃんが叫びました。
a0056140_14544022.jpg
さっき、竿に仕掛けをセットするなり、「長さが短いよ〜」と訴えていたTakeちゃん。
仕掛け作り担当はワタクシですが、はっきり言って、最近、仕掛け作るのに気合いが入ってなかったから、そんなことも起こるのね〜(;´ー`)

「ゴメンネ〜、他の仕掛けに張り替えて釣ってくれる?」と、ワタシは言ったのですが…。

ーーーじぇじぇっ? その短い仕掛けのままで、Takeちゃん、釣ってる??
それも、3匹、入れ掛かりですって?!(◎o◎;)
a0056140_15183145.jpg
いいなぁ〜、アタリもイイみたいで、楽しそうだなぁ〜。。。

かたやワタクシは、ピリッともきません。
午前中は見事にボウズでしたm(_ _)m

午後からは、Takeちゃんが釣った鮎をオトリにして釣り始めましたが、沈黙は続きます。。。

そこへ、スー師匠が現われました☆

「スー師匠ぉ〜、全然釣れなくて、鮎釣りがわからなくなっちゃいましたぁ〜」と泣きをいれるワタシにスー師匠が、
「あの葦の際を攻めて野鮎がとれたら、それからは掛かりますよ!」と心強いお言葉をいただきました。
キャッシュなワタクシは、その一言で、俄然釣れる気になってきましたよ〜っ\(⌒▽⌒)/
a0056140_15261972.jpg
時々スー師匠の釣りを拝見させていただきながら、「葦際、葦際・・・」と念仏のようにつぶやきながら釣るワタシ。。。

すると、ようやく、本日1匹目が釣れました☆
a0056140_15284052.jpg
クゥ〜ッ、この1匹が掛からなくて、今日はホント、辛かった。。。

それからはポツ、ポツ。。。と追加し、今日の釣果は3匹でした042.gif
渇水で浅いから、水中の掛かり鮎が突進してきてオトリ鮎にアタックする様が目視出来たから、結構面白かったです。
たった3匹でしたけど・・・。 それが何か?( ̄  ̄メ)(爆)

Takeちゃんは8匹でした。
二人合わせて、なんとか「ツ抜け」です(^-^;
でも、川にはたくさんの鮎が見えるので、この渇水が解消され梅雨が明けたら、きっと楽しい釣りが出来ると思います☆
それまでは、忍耐の釣りが続きそうかな・・・(;´ー`)

6月16日(日)
昨晩のまとまった雨で、20センチ減水していた興津川も平水に戻ったらしく、藁科川も若干増水して濁ってしまいました。
今日は「静岡市民鮎釣り大会」が藁科川で開催予定だったらしいのですが、これじゃ中止でしょうね( ̄~ ̄;)
でも、この雨は「恵みの雨」ではないでしょうか。
渓流域のアマゴやイワナさん達が、ホッと一息ついている様子が目に浮かびます(^-^)
週末釣りが出来なくても、ほどほどに増水して川が潤ってくれないと困りますものね。

a0056140_15582682.jpg
コジローも我が家に来て丸2年が経ちました。
家族の一員として、「おぬし、良くわかっとるではないかい〜」と思わせる行動をとるのには感心させられます。
非常にお利口さんなのですが、ワタシのことを「同列」「同じレベル」と認識しているのだけは相変わらずです。
確かに、レベル的には一緒なのかも〜(^-^;
そんなレベルですので、鮎もなかなか釣れないわけですが、まっ、イイっしょ♪
釣れなかったら凹み、少しでも釣れたら爆釣出来たかのように嬉しい☆ーーーそんなキャッシュな自分が「しょ〜がないなぁ〜」と思いながらも嫌いじゃない今日この頃です。
[PR]
by hototo-gisu | 2013-06-17 17:22 | 鮎釣り | Comments(14)

“全然釣れないつもり”で行ってみた藁科川

6月8日(土)
先週は興津川で1匹しか釣れなかったし…藁科川も解禁2日目からパッタリと釣れなくなったみたいだし…安倍川や玉川の情報は皆無だし…。 
どこに行ったらいいのやら…(;´ー`)┌
Takeちゃんは「気田川が気持ちいいから、行ってもいいけど…」と言い出すし…(^-^;
気田川は、天然鮎がもう少し大きくなったら行こうかーーーということになり・・・。
「どうせ興津川に行っても釣れないだろうし、藁科川はもっと釣れなさそうだけど、解禁になってから行ってないから、川見がてら行ってみよう」と、いうことで、藁科川に決定しました☆
a0056140_1655485.jpg
以前から釣ってみたかった『釜戸』に来ました。
「釣ってみたい」って思った時には、下流に大きな淵があり、その上流には、大きな岩がゴツゴツと点在した瀬が広がっていたのですが、一昨年の台風後は砂が流入し、淵も埋もれて、今じゃすっかり変わってしまっていました。
それでも、上流部に比べたら、まだ少し「岩」が残っているだけマシだと思う。

川に入ると、私達の影に反応して逃げ惑う鮎の姿がたくさん見えました。

「思っていたより鮎が見える」ことでテンションも上がってきました♪

ただ…この場所は先日、シニアの鮎釣り大会が行なわれたばかりなので、普通の場所の鮎は釣り切られているのではないかと…。
そういうことで、私は短竿の長所を生かして、木の下の攻めにくい場所とか、ヘチとか、超浅いチャラ瀬ばっかり狙いました。
すると、そういう「竿抜け」ポイントで、ポツ、ポツと掛かりました♪
a0056140_1725874.jpg
噂では、5月29日に成魚放流が行なわれて、解禁日には20センチぐらいの鮎が釣れたそうですが、今日私が釣ったのは、こういうカワイイ感じの鮎ばかりでした。

しかし・・・?
a0056140_17273019.jpg
Takeちゃんは「普通に瀬で掛かっているよ!!」と言うではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)
a0056140_172853100.jpg
釣れてる鮎も、成魚放流の鮎ではないけれど、まずまずの型であります。
アタリも強くて、良く言う「目が覚めるような」アタリだったとか!

「普通に瀬で掛かる」

こんな「当たり前」なことが最近では「珍しい」だなんて、鮎釣りの事情もどれだけ厳しくなりつつあるのでしょうか。

それに今日は同じ場所での「釣り返し」は、一切、ありませんでした。
ただ、今日くらいの「鮎師密度」なら場所移動も可能だったので、その点は問題なかったです。

「全然釣れないだろう」と覚悟して来ただけに、今日は思いがけなく楽しい釣りが出来て、嬉しいような気味悪いような…(^-^;
だって、我々は藁科川を「修行の川」と呼び、楽しい釣りが出来るなんて、めったに無いのですから。
a0056140_1751587.jpg
釣果は、私が11匹、Takeちゃんは10匹でしたが、サイズは圧倒的にTakeちゃんの鮎のほうが大きかったです。
そうなのです。
渓流釣りでもそうだったように、鮎釣りでも、大きい鮎はTakeちゃんが釣る・・・。
それが「世のならい」なのです。 (なんのこっちゃ(笑))

大きい鮎は塩焼き用としてストックし、私が釣った小さい鮎は「干物」にしました☆

実は先日、気田川で釣った鮎を塩焼きで食べたほか、「鮎のハケ」も作ってみましたところ・・・
a0056140_184984.jpg
鮎の旨味もそのままで、頭から骨、しっぽまで、丸々美味しく食べられました。
今後、たくさん鮎が釣れたら、またハケを作って、いろんな食べ方を試してみたいと思います。

6月9日(日)
今日も藁科川に行ってみました。
「新東名」の橋から川を見ますと、大小たくさんの鮎が見えましたので、橋の下流で釣ってみることに決定☆
a0056140_18255677.jpg
釣り始めて間もなく釣れました♪
a0056140_18265194.jpg
昨日よりは良型です。
今日は幸先がいいゾ〜♪

・・・が、その後、パッタリと釣れません。
a0056140_18283469.jpg
かたやTakeちゃんは“5連チャン”とかで、今日も楽しそうです(^-^)
私に場所を譲ってくれたのですが、私のウデが悪いのか、やっぱり釣り返しがきかないのか、さっぱりでした(^-^;

それでも諦めずに釣り続け・・・
a0056140_18303023.jpg
a0056140_18314072.jpg
私の今日の釣果は3匹でした。
そして、Takeちゃんは7匹!
今日も型が良かったので、数のわりにはタモに沢山入っているように見えます(^-^;
二人分合わせて「ツ抜け」でした!!(爆)

「藁科川が釣れているらしい」と昨日のうちに情報が広まったせいなのか、昨日は閑散としていた感じだったのに、今日は釣り師が多かったようです。
田んぼに水も引かれているので、川の水もますます渇水してきました。
少し雨が降って欲しいです☆ 
た〜んとは、降らないでねっ☆☆

思っていたよりも鮎がたくさん見えた藁科川。
…っていうか、気田川本流もそうだったし、今年は天然遡上鮎が多くて、これからが楽しみです。

a0056140_18434741.jpg
さて、ここからは鮎釣りとは全然、関係ないけど・・・。

最近、マイブームのミニバラ053.gif
画像のバラは「エイボン」というバラです。
白い複数に重なった花びらとおしべとめしべの色合いとバランスが、とっても美しくて気に入っています。
他にも幾つか新しいミニバラを入手したのですが、追々ご紹介させていただきます。
去年ぐらいからミニバラに惹かれ始めたのですが、今年は好みが確立されてきたというか…。
河原で「野バラ」の枝を調達してきて、それに芽や枝を接いで、いろいろと試してみたいと夢をふくらませています。
いつも河原を歩く時、野バラを吟味しているんですよ♪
そういった意味では、鮎釣りをするのも「一石二鳥」かも・・・???

来週はどんな鮎釣りが出来るかな〜?003.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2013-06-10 21:34 | 鮎釣り | Comments(10)

気田川の鮎釣り解禁に行ってきました♪

6月1日(土)
今日、静岡県下の大多数の河川で、鮎釣りが解禁になりました☆
数日前の雨で増水が心配されましたが、どこも、あまり影響がなかったようで良かったです。
大河川ほど天候に影響を受けやすいので、解禁に竿が出せる状態であることから「気田川本流」に行くことにしました。

「中道おとり店」に8時頃着くと、「もう、どこのポイントも人でいっぱいだよ。」って言われちゃいました(^-^;
いいんですよ〜、解禁はお祭りですから♪ 
中道師匠や金曜会の面々とお会い出来ただけで、充分来たかいがあります。
もちろん釣れたらHAPPYですけど〜\(⌒▽⌒)/☆
そうしたら、とっても嬉しい情報をいただきました。

なんと、「気田川金曜会のブログ」が出来たそうです☆
アドレスはこちらです→「気田川金曜会の釣り情報」http://ketagawakinyokai.hamazo.tv/

こういうの、待ってたんですよ!!
これでいつでも気田川の情報がゲット出来るので助かります。
作って下さって、ありがとうございます☆

そこで、そのブログの管理人さんが一押しのポイントへ行ってみることにしました。
a0056140_16542798.jpg
秋葉山神社のキャンプ場の下流付近です。
「混んでる」って言われても、確かに河原に車はたくさん停まっていましたが、川幅が広いので向かい合って入っても、声が届かないくらい距離があります。
そういう清々としたところも、気田川の魅力の一つですね(⌒-⌒)
瀬肩に入り釣り始めると、すぐに釣れました\(⌒▽⌒)/☆
a0056140_1713043.jpg
ちょっと小柄で天然っぽい鮎です。
こういうのがたくさん釣れたら、美味しい干物が作れるゾ〜(^-^)v
すると・・・
a0056140_1734093.gif
真向かいで釣っていたTakeちゃんにも掛かりました!
おお〜っ、Takeちゃんのはサイズが大きかったようです。 
二人して幸先いいぞ〜♪ 今日は爆釣かも〜〜☆

ーーーと思って色めきだったのに、その後は、チ〜〜ン。。。。
長らく沈黙が続きました。

少し上流に歩いて行くと、川幅の三分の一に石がビッシリと敷き詰められた場所があって、そこには無数の鮎がワラワラしていました。
そこで、二人して「群れ鮎くずし」に挑戦しましたが、撃沈。。。
ニコパさんの「ロンパールーム釣法」もやってみましたが、ダメでした(^-^;

お昼近くになったので、大きく場所移動して、「杉川」の合流点下に行ってみました。
お昼御飯を食べて釣り始めると、ポツ、ポツ・・・と掛かります。
a0056140_17125756.jpg
そこでTakeちゃんも呼んで対岸で釣り始めると、Takeちゃんも釣れました。
a0056140_17134786.jpg
でも、釣れるのは放流した「静岡2系」ではなく、天然ものばかりのようです。
Takeちゃんによると、私の上流の1名の方が入れ掛かりしていたとか・・・。
Takeちゃんが見ていた僅かの間に20匹は掛けていて、それも型が良いのか、とても慎重に取り込み、途中でラインまで張り替えていたそうで…。
すると、すぐ下流で釣っている人が上飛ばしして、そのポイントに入れると釣れたらしいのです。
去年もそうだったけど…っていうか、どこの川もそうですが、最近の「静岡2系」は“ひとかたまり”になる傾向にあるようで、以前みたいに、放流後もすぐに瀬に入って追ってくれる気骨のある2系君が少ないのは寂しい限りです(;´ー`)

なんか戦意喪失しちゃった私達は、馴染みのある「コーチ裏」のポイントへ行ってみることにしました。
そこも流れが変わっていましたが、右岸側に以前の渓相が残されていました。
a0056140_1737545.jpg
そこで釣り始めて、ようやく「静岡2系」君に会えました☆
a0056140_17381072.jpg
今年は天然遡上が多くて、噂通り「足の踏み場もないほど、鮎がいる」状態の気田川ですが、天然遡上の鮎はまだ追いが今イチみたいですので、現時点では静岡2系君が釣れてくれないと釣果が伸びないのです(^-^;
お恥ずかしい話ですが、ワタクシ、今日の釣果は、たったの7匹でしたm(_ _)m

でもでも、すっごく楽しかったです。
いつ来ても、河原が広々としてゴミもなく、車で走れて気持ちがいいし、ホント、「美しい気田川・守ろう清流」の言葉通りで、とっても景色が良くて最高の気分です。
今日は「ニゴイ」ではなく、「サツキマス」らしき魚体も目撃出来たし、Takeちゃんは幅広の本流アマゴも目撃したようです。
それに「カワセミのひとりごと」(*音声が出ます)というHPの管理人さんにもお会いして、お話することが出来ましたし、声を掛けて下さった地元の釣り師の方々も口々に「今日はたくさん釣って帰って下さい」って、おっしゃってくれました(^-^;

たくさん見えていた天然アユちゃん達が追い気を見せてくれるようになったら、また行きたいです。
そのためにも、気田川金曜会のブログは“要チェック”ですね(⌒-⌒)b

6月2日(日)
今日はホームリバーの興津川に行ってみました。
他の河川が解禁になったから、さぞや空いているのでは・・・と思ったからです。
さすがにマスターズの大会エリアは下見の人達で混んでいましたが、その他はガラガラでした。
a0056140_18293092.jpg
先週、鮎がワラワラ見えていた『清地貯水池前』に行ってみましたら、なんと、誰もいません!Σ( ̄□ ̄|||)

こういう時に良い思いをしたことは、一度もないんですよね〜( ̄ε ̄;)

案の定、私は全然釣れません。

a0056140_18354419.jpgTakeちゃんは1匹釣れたんですけど、鮎が先週のように見えないのです。
チャラ瀬に群れ鮎が見えるのですが、ワタシには群れ鮎はくずせませんでした(爆)

“ボウズ”やむなし・・・と思って諦めモードだったのですが、Takeちゃんが釣った野鮎をオトリにして釣ってみたら…と譲ってくれ、「あの三角岩の裏は釣ってないから、やってみたら?」というアドバイスに従ってオトリを入れてみたら、すぐに釣れたではありませんか(*_*)!
a0056140_18425891.jpg
おチビちゃんでしたが、釣れてくれてありがとう!

そんなわけで、興津川も鮎が「雲隠れ」・・・いや、「土用隠れ」のような状態です。
渇水気味だし、今後もしばらくは厳しい釣りになりそう…かな?

釣れないと、疲れがドッと身体にこたえますね〜(;´ー`)┌
そんな時はコジローちゃんのウキウキ、ワキワキ姿を見て癒され・・・
a0056140_19485152.jpg
さらには、故郷を思いおこされる贈りものにパワーをいただきながら・・・
a0056140_19513951.jpg
来週も頑張るゾ〜!!ーーーと気合いだけは満々のホトトギスなのでありました001.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2013-06-03 20:12 | 鮎釣り | Comments(12)