~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

今雌雄は土曜日の三面川の..
by 雪だるま at 21:34
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:37
今回はガイド役でしたか♪..
by kai at 17:46
>KOJIさん こんに..
by hototo-gisu at 15:20
なんか、自分に鮎釣りを教..
by 狂的KOJI at 19:00

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クロスカントリー鮎釣り♪@安倍川

8月24日(土)
最近、気田川や大井川といった「河原を走り、川のそばに車を停めて目の前を釣る」スタイルに、すっかりスポイルされているチームやませみ。
向かった先は、今、鮎釣り師で溢れかえっている「安倍川」です。
「竜西橋」から下流付近でコンスタントに数が釣れているーーーとの情報で、その付近は河原にも車が入って賑わっていました。

「へぇ〜っ、あそこまで車が入れるんだね!」「イイねぇ〜♪」

鮎釣りに行っているのに、話題になるのは「河原まで車で行けること」ばかり。(^-^;
かといって、混んでいるところが大嫌いな私達が目をつけたのは、そこより少し上流の所です。
「無駄に長い吊り橋」(命名by Takeちゃん)を渡って川見をしたら、ところどころに鮎の姿も見えます。
「たくさんは見えないけど、釣れないことはないよね。」ということで、なんとか河原に入る道を模索しながら行ってみることに・・・

途中、行き止まりになっていたり、ちょっとした崖に出くわしたりしながら、来た道を行ったり来たりし、ついにTakeちゃん、崖を下ることを決意!
「ちょっと、大丈夫? 結構急になってるよー」と、とめる私の言葉も聞かず、4駆モードにしながら「ローで行くから大丈夫!」とかなんとか言って、下る気マンマンのTakeちゃん。
「私、目をつぶってるからねー」と言いながら、ハラハラドキドキ・・・。
そんな箇所を2箇所も越えて、ようやく河原に到着しました。。。
a0056140_16164674.jpg
「さすがジムニーだ! こういうことを試してみたかったんだ〜。今日の目的は7割ぐらい達成した!!」と、チョ〜ゴキゲンなTakeちゃん。
かたや、恐怖のあまり緊張しまくった私は、今日の7割ぐらいの体力をすでに消耗した感が否めません( ̄▽ ̄;)

そのせいかどうか知らないけど、釣り始めていきなり水中バレ!
そして、次に掛かったのも身切れだか何だか、とにかくバレてしまいました。

なのにTakeちゃんは・・・
a0056140_16215058.jpg
こんな綺麗な鮎を3連続でゲットです。

そこに、よしよしさんからケイタイが・・・

どうも、すぐ下流のところで釣っているらしいです。 
もともと私達も、今日はその辺りに入る予定だったし、せっかく苦労して河原まで来たけど、釣り師が上流からも下流からも迫ってきていたので、移動せざるを得ませんでした。

先週釣ったあたりまで下ってみると、よしよしさんを発見!
a0056140_16275088.jpg
スー師匠もよしよしさんも、好調に釣れているようです。
もっと下流にも良さそうなところがあるらしいーーーということで、どんどん下ってみることにしました。
a0056140_16303737.jpg
スー師匠、今日も快調に釣れていますね〜(⌒▽⌒)♪
スー師匠の釣った後に私達の釣れる鮎はいないから、もっと下流に行きますね!
a0056140_16324012.jpg
よしよしさんは、今日は「オモリ」を使った釣りを研究していたらしいです。
なにか良いヒントがつかめたみたいで、良かったですね☆

ーーーで、私達は「川のすぐそばに車を停めて、目の前を釣る」のがテーマのはずだったのに・・・???

あまりに釣れないので、どんどん下ったり、右往左往してました。
すでに、車から相当な距離、歩いてきてしまいました( ̄▽ ̄;)
なのに私は、いまだにボウズ・・・007.gif
そこに、私の窮地を知ってか知らずか、よしよしさんからケイタイが掛かってきました。

…っが、さっきもそうですが、電波のせいなのか、よしよしさんが何をおっしゃっているのか、わずかに途切れ途切れしか聞こえません。

 よしよしさん 「・・・・・の・・ほうが・・・・・アタリがあった・・・」
 ホトトギス  「えっ? どこですか? 聞こえません!」
 よしよしさん 「・・・見て・・・指すから・・・・・」

よしよしさんの姿が遠目に見えていて、指をさす方角も見えたので、本流側の流れのほうが良いとのことだろうと推測しました。
そこで、そっちのほうに行ってみて、丹念に探ってみると・・・。
a0056140_16475117.jpg
ようやく1匹目が釣れました☆
もう、オトリ鮎がヘロヘロだったのでオモリを付けながらの釣りでした(^-^;
この元気なオトリが手に入ったおかげで、全長70メートルぐらいの1つの瀬で5匹の鮎を釣ることが出来ました。
よしよしさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m
大井川の時と同様、私にとっては「救世主」ですね☆ 足を向けて眠れません!(^-^;

結局その後は全然釣れませんでしたが、5匹の鮎の引きが楽しかったので、それで充分です043.gif

今日はちょっと歩き過ぎちゃって・・・?、あっ、それだけじゃなくて、その前にやった「ジムニーでクロスカントリー」が、手に汗握る、緊張の連続だったんだっけ!
そのせいで、もう疲労困憊してグッタリです。。。
明日はTakeちゃんが仕事なので、私は少し、まったりと過ごさせてもらおうと思います。

最後にオカメインコの話題ですが、今、「インコ臭」が人気で話題になっているそうです。
インコの中でも、オカメインコは「甘いケーキの臭い」がするそうで、「オカメインコアイス」と銘打ったアイスクリームまで販売されているとか…。
a0056140_1731478.jpg
ウチのコジローも、「バニラケーキのような香り」と「お陽様にお布団を干したフカフカの良い香り」がします。
穀物のエサしか食べていないので、そういう香りになるのかな?
以前から鼻を近づけて、クンクンしていましたが、そういう話題を聞くと、なおさらクンクンしまくりで、コジローからますます煙たがられている私なのであります012.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2013-08-25 18:39 | 鮎釣り | Comments(8)

蒼い鮎に癒されて@玉川&安倍川

8月18日(日)
今日は夏休みの最終日。
最近トシのせいか、遊んだ疲れはすぐに出ず、2日ほど遅れてからドッと襲ってきます。( ̄▽ ̄;)
おととい大井川で遊んだ疲れと、連日の猛暑のせいか、今日は鮎釣りをしたいのは山々だけど、
身体がだるくて仕方がありません008.gif
かといって家にいるのもナンだし…。

「ホトちゃん、ウェーダーに水が入っちゃうんでしょ? 新しいの買いなぁ〜」
「エッ?! いいの? じゃ、遠慮なく買っちゃうよ〜っ♪」

ということで、午前中は釣具屋さんに行って、午後からのんびりと玉川に行ってみよう・・・ということになりました。

安倍川の郷島の「岩崎おとり店」に着くと、ご主人がちょうどお昼休み中で、くつろいでいらっしゃいました。

安倍川は雨が降っていないにもかかわらず、本流は水位が安定していて、相変わらず調子が良いようです。
私達が「玉川に行ってみようと思います。」と言うと、

「16日にエサ釣りが解禁になったばかりだから、どうかなぁ〜」と、あまりオススメ出来ない様子。
「でも、日陰でのんびり釣ろうかと思って…」と言うと、
「おお!日陰はあるなぁ。水も冷たいぞ♪」
「今日は「川見」がてら、のんびりやろうと思っています。」

ーーーということで行ってみました。

玉川(中河内川)は下流にキャンプ場がありますが、おととしの台風で川が随分変わって、「砂だらけ」になってしまいました。
行楽客にとっては好都合で、たくさんの人と車で「大磯ロングビーチ」状態です。(ホントか?)
いつかCACの方々と釣った瀬も、どこまでも「砂場」と化してました(;_;)

少しずつ上流に向かうにつれ、石がちゃんと残っているポイントが現われてきたので、ホッとしました。
今は渇水気味ですが、少し水が出たら、渓相的には問題ないのですが…。
鮎は少ないみたいです。
エサ釣りの人は見かけなかったし、友釣りの人も全部で3人ぐらいしか見ませんでした。

とにかく身体を休めたくて、日陰でお昼休みをすることにしました。
a0056140_15315494.jpg
上流のほうも行楽客で賑わっていましたが、少し歩くと、人混みが避けられました。
日陰は風も涼しくて、川の水もほどほどに冷たくて、とっても気持ちイイ〜〜♪
ずーーーーーっとココでのんびりしたい・・・なんて思ったけど、小さい鮎が水中でキラッとヒラを打つのが見えたので、急に釣りモードに…(^-^;

でも、世の中、甘くありません。
岩崎おとり店のご主人が言葉を濁らせていたのもうなずけました。
鮎の姿をもとめて下流にどんどん下って行きましたが、「ココで見えなきゃアウトでしょ!」という上に木々が覆い被さった淵の落ち込みで見える鮎は、見るからにチビ鮎の群れで、それも数が少ないのです。

それでもTakeちゃんは、このあたりでは一番の荒瀬にオトリを入れて、貴重な1匹を釣り上げました☆
a0056140_15414479.jpg
画像だと良くわかりませんが、実物は背中が「蒼く」て、とても美しい鮎でした。

その後、大きく移動して玉川キャンプ場の下に入りましたが、鮎の姿はココでも見えず、石も磨かれておらず、全然反応ナシでした…。

仕方がないので、安倍川本流で釣ることにしました。

1人の鮎師の方が動かないで同じポイントで釣っているので、きっと釣れているに違いありません。
そのポイントと似たような場所なら掛かるかも…。
そう思って釣り下って行くと・・・
a0056140_15491786.jpg
a0056140_15494026.jpg
蒼っぽい鮎が釣れました☆
これ、「静岡2系」系統の鮎みたいですね♪
さらに釣り下ると、また釣れました☆
a0056140_15514081.jpg
蒼くて綺麗な鮎です。
香りもスイカのような香りで、めちゃ美味しそう〜〜♪
a0056140_15523722.jpg
Takeちゃんも釣れ始まったのですが、ココに来たのが遅かったし、今日はお互い4匹ずつ釣れたところで竿を畳むことにしました(⌒-⌒)

蒼い鮎に会えたら、疲れも吹っ飛んじゃった♪\(⌒▽⌒)/

・・・と言いたいところですが、やっぱりダルい。。。(;_;)
来週は、数はどうせ釣れないから(自虐的発言(^-^;)、「少数精鋭」ということで「蒼い鮎」狙いでいきたいと思います☆

      *     *     *     *     *

ここでお知らせです☆
Takeちゃんが、久しぶりにTakechan☆Houseを更新しました。

特集記事は「アウトドアクッキングのためのDIY」です。

アウトドアクッキングだけでなく、災害時の炊き出しなどにおいても、参考になれば幸いです。
[PR]
by hototo-gisu | 2013-08-20 16:57 | 鮎釣り | Comments(2)

ホトトギス・スランプ脱出作戦@大井川

8月16日(金)
おととい、藁科川であやうくボウズに…っていうか、ほとんど完全にボウズになりそうだった私。
相方のTakeちゃんは、13匹も釣っていたのにもかかわらず・・・です。
最近そういうパターンが多く、よくご一緒するスー師匠やよしよしさんが、「なんとかホトさんに釣らせてあげたい」と気遣って、「ホトさん、Takeちゃんが釣れている時は、すぐ向かい側に立って、同じところを釣らなきゃダメだよ!」とアドバイスして下さったりしてます(^-^;

今日、大井川上流部に行きたかったのは、日陰の場所もあると聞いていたし、冬の趣味に向けて、道や場所を確認しておきたかったからなのですが・・・

大井川のオトリ屋さん(「天狗邑」という店名だそうです)に着くと、スー師匠がこっそりTakeちゃんに「今日は、よしよしさんがホトさんに釣らせてあげるように、付きっきりでアドバイスするから!」ということをおっしゃっていたそうです。(←あとから聞いた話です)
a0056140_14453981.jpg
そんなこととは、つゆ知らず、峠越えの道も涼しくて快適だったし、河原には車で入れるし、日陰もあるしで、初めての大井川上流に来て、大コーフンの私♪
(画面、左端に写っているのが、川の説明をしているよしよしさんと、それを聞いている私です)
かたや「スランプ脱出作戦」の総監督であるよしよしさんは、前回来た時よりも川の状況が悪くなっていることに愕然とし、顔を曇らせていました。
でも、ゲリラ猛暑が続いているし、まとまった雨も全然降ってないので、川の状況が日に日に悪くなるのは仕方がないことですもん。
それでも、初めての場所ですから、ワクワクしながら釣りました♪

しかし、午前中は、私とTakeちゃんは仲良くボウズ。
まぁ、私達は「午後3時までボウズ」・・・っていうのも、よくあるパターンだし♪(^-^;
a0056140_154188.jpg
時々、「ポ〜〜ッ♪」という郷愁をさそう汽笛の音とともに、SL列車が鉄橋を通りぬけます。
ハァ〜ッ、癒されるわ〜〜〜\(⌒▽⌒)/
鮎釣りも楽しむけど、半分は行楽に来た気分で、この場の雰囲気を充分に満喫していた私達なのでした。

大井川の河原も、ジムニーならラクラク走れるので、午後からよしよしさんとTakeちゃんは下流のほうに探検に行ってみることにしました。
a0056140_15115694.gif
すると、下流に良さそうな瀬を見つけたそうです。

そこで、よしよしさんとTakeちゃんは下流へ、スー師匠と私は上流へ行って釣ることにしました。

途中、拳大の大きさの石がビッシリを入っているポイントがあり、たくさんの鮎がキラッ、キラッ☆とするのが見えました。
群れ鮎で追わないかも知れないけど、私が大好きな「平瀬」なので、試しにやってみようと思い、釣り始めると・・・
a0056140_15192253.jpg
ようやく1匹目が釣れました♪
20センチぐらいの、ちょうど「オトリごろ」な鮎です。
それをオトリにして釣ると、また釣れました!
・・・で、3匹目に掛かったのは・・・
a0056140_1522887.jpg
幅広のデカ鮎ちゃんでした!
手前が浅いので寄せ取りがしにくいので、思い切って抜いちゃいました(⌒-⌒)
その後もポツ・・・ポツ・・・と掛かり、大きさは20センチ前後なのですが引きが強いので、もう楽しいのなんのって♪
a0056140_15431069.jpg
上流のほうでスー師匠も釣れているようです。
(画像は「機関車トーマス」風の顔立ちの列車と、瀬を釣るスー師匠です。)

その後、スー師匠も私の少し上流で釣り始め、スー師匠は私よりもう〜んとヘチから静かに泳がせて、取り込みも静かに寄せ取りしていました。
a0056140_15504415.jpg
やはり、こういうポイントは静かに釣って静かに取り込むーーーをスムーズに繰り返すと、釣果が伸びるんでしょうね。
私みたいに、鮎に主導権を握られまいと下流に下ったりして場を荒らすと、掛からない時間が長くなるような気がします。
ただ、スー師匠がいらっしゃるのを意識し、緊張して釣りをしていると集中力が上がって、それが功を奏して、ココのポイントだけで12匹釣れちゃいました♪

同じく午前中ボウズだったTakeちゃんも、ヘロヘロの死にかかったオトリにオモリを付けて、荒瀬の白波の落ち込みに沈めて「起死回生の1匹」をゲットし、それから4匹釣れて、そこでは5匹釣れたそうで良かったです。
a0056140_1623628.jpg
上流組のスー師匠、今日もこんなにたくさん釣りました!

スランプ脱出作戦の総監督のよしよしさんは、私の面倒をみたり、午後からは同じくボウズのTakeちゃんの面倒をみたりで、今日は御自分の釣りに専念出来なかった様子で、少し申し訳なかったです。
おかげさまで、私は久しぶりに好調に釣れ、楽しい思いが出来ました♪
よしよしさん、スー師匠、本当にありがとうございました!!\(⌒▽⌒)/

a0056140_165292.jpg
「ありがとうございました」・・・といえば、この前、よしよしさんからベストを譲っていただいたTakeちゃん、それを着て釣った藁科川で13匹も釣れたのですが、今度はスー師匠からもベストをいただいて、それを着て今日は釣っていたのです。
そのご利益もあって、今日も良い釣りが出来たみたいね〜。
イイナ、イイナァ〜 うらやましい〜(;¬_¬)
私も太ったら、ベスト着れるって???
ムリムリ、やめとこ〜。

そんなTakeちゃんが、久しぶりにTakechan☆Houseを更新しました。

特集記事は「アウトドアクッキングのためのDIY」です。

アウトドアクッキング、ならびに災害時の炊き出しなどにおいても参考になれば幸いです。
[PR]
by hototo-gisu | 2013-08-19 18:48 | 鮎釣り | Comments(8)

ボウズだけは、ゆるして!@藁科川

8月14日(水)
今日から日曜日まで夏休み。
よしよしさんから、「川小屋」の永浜さんがトヨタカップで優勝したと聞き、お祝いの言葉をかけようと藁科川に出掛けました。
さぞや優勝して浮かれているかと思いきや、当の本人の永浜さんは飄々としたもんです。
優勝賞品はトヨタ車「ヴィッツ」で、TVでよく見かける、大きな金色の車のキーのレプリカがお店の玄関に飾られていて、優勝したことは間違いないらしいのですが…(爆)
なにはともあれ、おめでとうございます\(⌒▽⌒)/☆

川小屋店裏では、よしよしさんとスー師匠が釣っていらっしゃると聞き、私達もそこで釣ることにしました。
・・・が、いつも大量釣果を上げ、昨日も大井川で75匹も釣ってきたという手島名人が、「今日の藁科の鮎は追わないので、“からめ獲る”ような釣り方じゃないと釣れない」とおっしゃるくらいの渋さでした。

実際、私も川に入って「上飛ばし」で釣っていたら、すぐに1匹掛かったのですが、針掛かりが浅く、抜こうと思ったら「ポッチャン!」と外れてしまったのです。
ここのところ1匹目はいつもトラブルがあって、「またか・・・」と落胆したせいか、不注意にも木の枝にラインを引っ掛けてしまい、オトリ鮎も弱るわ、仕掛けがダメになるわ・・・で最悪のスタートだったのです。
おまけに予備の仕掛けは、長さが通常よりも10センチぐらい短いツンツルテンではありませんか!!Σ( ̄□ ̄|||)
車に戻ったら他の仕掛けもあるけど、今日は始めからトラブル続きだったので、「プッツン」してしまったのかもしれません。

そんな時、「まっちゃん師匠」が登場!
思わず私の竿を渡して、お釣り頂くことになりました。
a0056140_1135045.gif
初めて、まっちゃんの釣りを拝見しましたが、それはそれは見事な竿さばき!
私の短竿を初めて持ったにもかかわらず、ツンツルテンの仕掛けも(私は黙っていたのですが)上手に持ち手で調節して、的確なポイントに鮎を沈めていました。
普通だったら絶対掛かると思われましたが、今日の藁科の鮎は追いません!
残念でしたが、まっちゃん師匠の竿さばきを拝見出来たことはラッキー♪でしたので、良かったです(⌒-⌒)v

どこも今日は厳しそうな状況なので、皆で上流に行ってみました。
・・・というか、私がバンパイア体質だということを思いやって下さった皆の優しさではないかと感謝です。
a0056140_11455710.jpg
今日も相変わらずの猛暑日です。
しかし、上流部の木陰の下は風もあり、とっても快適でした♪
おかげで頭痛にもならず、身体を休めることが出来ました。
これで鮎が釣れたら、サイコー♪なんですけど・・・
a0056140_1423330.jpg
少しの群れ鮎はいるのですが、全然追いません。
石にもハミ跡がみられないし、ヘンな虫の大群が岩に貼り付いているし…。
a0056140_1462157.jpg
でも、今日はなにげにノッているTakeちゃんは、ココでも2匹釣りました!
a0056140_14113822.jpg
そのうちの1匹は、本来の「藁科鮎」らしき、背中が青紫色した美しい鮎でした☆
川がもっと回復して、このような鮎がまたたくさん釣れるようになるといいな〜☆

ーーーそして暑さもピークを過ぎた頃、また午前中に釣っていたポイントに戻りました。
気がつけば、私はいまだに1匹も釣れていません( ̄▽ ̄;)
まさに「ボウズだけは、ゆるして!」の心境です。
a0056140_144021100.jpg
Takeちゃんは、先日よしよしさんから譲っていただいた鮎ベストを着ているご利益なのか、この厳しい藁科川で今日は13匹も釣ったそうです。
「もっと向こう岸の、ヘチギリギリで掛かるよ。普通の場所では全然ダメ! 下が砂だろうが何だろうが、ヘチがいいみたいだから、あの辺釣ってみて!」
ーーーということで、言われた通り、砂地のヘチで泳がせていたら掛かりました♪
a0056140_14522463.jpg
a0056140_14524310.jpg
ふぅ〜っ、なんとかボウズは免れました。
あやうくボウズ・・・だなんて、お恥ずかしいかぎりです(^-^;
今日は最初の鮎をバラし、仕掛けは木の枝に引っ掛けてダメにしたり・・・と出鼻をくじかれて、釣りに集中しているようで出来てなかったと深く反省しました。
出鼻をくじかれようが、何があっても、また1から出直すつもりでやろうと心に誓いました。

     *     *     *     *     *

さて、ここから先は、鮎釣りとは関係のない、私のひとりごとを書かせてもらいます。

今日、藁科川から帰りテレビをつけると、「ザ・世界が仰天ニュース」という番組で、2012年8月20日にシリア内戦を取材中に凶弾で亡くなったジャーナリストの山本美香さんのことについて特集されていたのを観ました。
女性でありながら、危険な戦場に身を置くジャーナリストという職業を選んだ山本さんの強い意志を、この番組を見て初めて知りました。
世界で起こっている、「女性でなくては取材出来ないこと」「女性だから知り得る真実」をありのまま伝えることを山本さんは自分の使命だと思い全うしたわけですが、山本さんの使命感の原点となった「アフガニスタン」における女性の非条理な立場が、タリバンによる「イスラム教」の「独自の解釈」によるものだと知り、怒りというか、なんともいえない憤りを感じました。
現在、世界各地で起こっている紛争も、根本は「宗教の解釈の違い」によるものが多く、本来なら人の心を支える神の存在を説く宗教が、権力者の勝手な解釈により利用され、多くの人々を苦しめていることに矛盾を感じ、人間の弱さや浅はかさを思うのです。

今、「日本国憲法」について安倍内閣は是が非でも改正したいと考えているようですが、まずは「第96条」を改正して・・・などという論議の胡散臭さを聞くにつけ、世界で問題になっている「宗教の解釈の違い」や、「権力者の思うまま」「独裁政治」に通じるものを感じ、私達国民はもっと慎重に、真剣にこの問題について考えなくてはと危機感を感じています。
もしも「第96条」を改正すれば、その時々の権力者の都合で、国民の平和と人権を守るべき日本国憲法が変えられるという事態になりはしないでしょうか?
第9条があることで「平和憲法」とも言われていて、アジア諸国からも現在の日本国憲法だからこそ均衡が保たれている部分が大きいのではないでしょうか。
今、尖閣諸島問題で中国から「領海侵犯」されていますが、「領海侵犯」ぐらいで終わっているのは憲法9条があるからだと思っています。
憲法9条が改正されてしまうと、中国に都合のいい口実(excuse)を与えることになり、事態が悪化する懸念があります。

明日の終戦記念日を前にして、私達は二度と悲しい戦争を繰り返してはならないーーーと、強く強く思うのです。
事なかれ主義とか、理想憲法と言われようが、安易に憲法を改正することは、決してしてはいけないと思います。
東日本大震災の惨事で、平和と家族を失った悲しみを私達は忘れてはならないのです。
同じ悲しみを、人自らが「戦争」で起こしてはならないのです。
憲法改正を軽々しく言う人達には、「人の命の重さ」をもっと深く考えて欲しい。
心から、そう願ってやみません。
[PR]
by hototo-gisu | 2013-08-17 16:33 | 鮎釣り | Comments(6)

好きな場所で釣りたかったんだも〜ん@興津川

8月10日(土)
あぢ〜〜〜008.gif
あまりの暑さに、思考能力もどんどん低下しております。
こーゆー時は、何も考えずに、好きな場所で釣りたいんですっ!!!ヽ(`⌒´メ)ノ

・・・というわけで、興津川で一番好きなポイントにやってきました。
とはいえ、もう何年ぶりでしょうか? 
ず〜っと釣りたかったのに、いつも釣り人が入っていたり、諸々の理由で諦めていた場所です。
今日も「青年の家 川遊びエリア」のロープが張られていたので諦めかけましたが、(子ども達の邪魔にならないように釣るから、今日は許して!!)と思って、入らせてもらいました。

すると、竿を伸ばし始めるなり、係の男性の方がいらして、今から川遊びが始まりますとのこと。
はぁ〜っ、間が悪いったらありません。
でも、邪魔にならないように係の方の了承も得て、少し上のほうで釣り始めました。
親切にも、その係の方が「その上のほうで、昨日はたくさん釣れていましたよ。」と教えて下さったからです。
a0056140_14452622.jpg
(下流で一人、竿を出しているのはTakeちゃんです。)

いかにも掛かりそうなんだけど、全然釣れません。
しかし、私の竿1本分上流で釣っていらっしゃる方は、テンポ良く釣っていらっしゃいました。
やっぱり、いかに早く養殖オトリを野鮎に変えられるかにかかっているのかなぁ…(;´ー`)┌

今日は場所もそうですが、久しぶりに勝治さんも一緒なのです♪
勝治さんとは電話で時々話をしているから久しぶりな感じが全然しないのですが、もう1年以上顔を会わせていなかったかも…。
その勝治さんも、さっきから連チャンで掛けているのが遠目に見えました。
a0056140_1502019.jpg

さすがだわ〜っ! 
それに比べて、私の体たらく・・・。 
この場所、得意だったのに釣れないなんて、もう鮎釣りやめたほうが良いんじゃない?
・・・などと、暑さに麻痺した頭で、ぼぉ〜っと考えておりました。

そろそろお昼近くになったので勝治さんが上流から戻っていらっしゃった時、「ホトさんの上で釣ってる人、Oさんっていう名人だよ。知ってるでしょ『チームあこがれ』って。トーナメントでいつも上位だし、有名な人だよ。」とおっしゃるではありませんか。
「そうなんですかぁ〜、どおりでポンポン釣ってらっしゃいました。その方の釣りを真似をしながら釣っていたんですけどねぇ…」

そこで勝治さんに釣れた鮎を2匹いただいて、川遊びの子ども達が上がった後を釣ってみたら、すぐに1匹釣れました。
a0056140_17152322.jpg

そこでTakeちゃんに「やっと1匹釣れたから、先に勝治さんとお昼御飯食べてて!」と連絡し、3匹釣れた時点で駐車場に戻りました。

「Takeちゃん、釣れた?」
「7匹ぐらいかなぁ。入ってすぐに掛かったよ。」
「どうやったら釣れた?」
「どうやったら・・・って、どうやっても掛かったって感じだったけど。」

クゥ〜ッ・・・なにそれ〜?

っていうか、冷静に考えてみたら、私達がココに着いたのは10時半頃でしょ?
あの名人が釣った後を私は釣っていたのかも知れない・・・って、ようやくその時に気付いたのでありました。

Takeちゃんは午後から移動したそうな様子でしたが、私はまだこの場所で釣り足りません!
いつもなら「移動してもいいよ。」と言う私ですが、今日はワガママを通させてもらいました(^-^;
a0056140_15443567.jpg
勝治さんも私と同じ「バンパイア体質」だそうです。
今日も34度ぐらいになっているから、ホント、辛いですねー。
ただ、今日の私の場合は「好きな場所で釣らせてもらってる」ことが幸いして、テンションが全然下がらないんです。
もう、ホント、どれだけココで釣りたかったか・・・。(;_;)
これでまた1年ぐらいココに来なくても禁断症状が出ないくらい、ガッツリ釣らせてもらいました(笑)

結果、Takeちゃんも移動せずにココで釣っていて正解だったかもよ♪
a0056140_15552236.gif
監視員の方にお話を伺ったら、今日はどこも良くなかったみたいだし…。
興津川は土日になると行楽客でいっぱいだから、どこに移動してもいっしょだったかも…。
移動しなかったおかげで、Takeちゃんは17匹も釣れました。
ちなみに私は13匹。ホントは14匹だったけど、タモから脱走されちゃいました(^-^;

それにしても…監視員の方も、暑い中、本当に御苦労さまです☆ 
「監視員」の方の姿と赤い腕章は、最近増えてきた、モリとか危険な魚獲り漁具を使おうとする入漁証も持たない行楽客の抑止力になっていると思うので、これからも宜しくお願いします☆

話はあちこち飛びますが、こんな話題も出ました。

勝治さん「ところで、明日、大井川に行かない? 川のすぐそばに車を停めて、ホトさんにはボクがヘラブナの大きなパラソルを貸してあげるから、皆の釣りを見てればいいじゃん。行こうよ♪」
Take  「パラソルの下で皆の釣りを見てろっていうのは、それは『拷問』じゃないですか!(笑)」
Hoto  「エッ? パラソルを持っててあげるから、その下で釣ればイイよ・・・って話じゃないの?!」

まったくもぉ〜、この暑さで、皆、思考能力が低下してるんじゃないのぉ〜(爆)
大井川も楽しそうだけど、この暑さじゃ、私の身体が持ちそうにありません。
このモーレツな猛暑が続いている間は“木陰で釣りが出来る場所限定”で鮎釣りをしたいーーーそう切に願う私なのであります。

さてさて、人間サマは暑さで弱っていますが、コジローは32度ぐらいまでは全然平気みたいです。
むしろ30度ぐらいだと、絶好調のようでして・・・
a0056140_16473668.jpg
やんちゃ攻撃、炸裂です☆
時々、ヒナの時の病弱だったコジローのことを思い出すたびに、やんちゃでイタズラでも、健康が1番って思っちゃう親バカな私が口ずさむのは、「健康1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」なんだけど、本来の歌詞(1番のトコ)って、どんなだったかな〜???(爆)

皆様もどうか身体に気をつけて、お過ごし下さい☆
[PR]
by hototo-gisu | 2013-08-12 17:21 | 鮎釣り | Comments(6)

藁科川の鮎で、花火見物〜♪☆

8月3日(土)
昨晩モーレツな雨が降ったので、今日は鮎釣りは無理だろうな〜と思って、心の片隅でホッとしていた私。
いくら鮎釣りが好きでも、たまには休みたい時もある今日この頃。。。
朝、Takeちゃんが国交省の「ライブカメラ」で藁科川を見たら、濁っているどころか澄んでいるし、水位さえ増えてない!Σ(◎o◎;)
後で知ったのですが、興津川は40センチ高の濁流になったらしいから、いくら隣の河川だからといって同じ状況だとは限らないということを肝に銘じておかなければ!

そういうわけで、川が無事なら、行くしかないでしょ♪
・・・というわけで、藁科川に出掛けました。
a0056140_1185592.gif
スー師匠とよしよしさんが『新間』にいらっしゃると聞き、行ってみました。
川がだいぶ変わっちゃっていて、ジムニーだと川のそばまで近づけるのね〜♪ チョ〜楽チン♪
・・・なんてノー天気に喜んでる場合じゃないでしょ! それだけ釣り師が入りやすくなって、釣り荒れてしまってるようです。

そこで午後から『水田の瀬』に移動して釣ることになりました。
a0056140_11214324.jpg
「この辺り、鮎が見えるよね」ということで、私とTakeちゃんはココで竿を出してみることにしました。

鮎が時々キラッとするから居ることは間違いないのですが、なかなか掛からないんです、これが!
でも、Takeちゃんは釣れているみたい・・・
a0056140_11272274.gif
いいなぁ〜大きい鮎が釣れて!
その後もポツポツ掛けるのですが、バラシもしているみたい…。
私も水中バレをしたりして、追いは決して良くないみたいです。
私にもようやく釣れたのですが・・・
a0056140_11303676.gif
掛かりどころが悪くて「内臓破裂」していて(この画像では見えませんが)、これを撮った直後にご臨終しました。
アーア、最近、「最初の1尾」を取るのに苦労するなぁ〜・・・テンションがド下がりです。。。

その後、上流の本命『水田の瀬』に移動すると・・・
女性の鮎釣り師が釣っていましたので、(もしかしたら、ゆうさん…?)と思い、思い切って声を掛けてみました。

「もしかして、ゆうさんですか?」
「はい、そうです(⌒-⌒)」
「はじめまして〜♪」

・・・と話を始めたら、鮎が掛かったではありませんか!
すかさずTakeちゃんが動画で撮りました!!
a0056140_11415987.gif
鮎が掛かってから引き抜き、すかさず袋タモに水を入れる一連の動作が流れるようにスピーディーで無駄がありません。
今年は「ぎふレディーストーナメント付知川大会」で優勝したり、ダイワマスターズ東海地区興津川大会の予選で、上流エリアをトップの匹数で決勝に進んだり…と、今まさに注目のトーナメンターの1人なので、その実力をかいま見たひと時でした。
a0056140_1152891.jpg
今日は師匠のS名人と旦那様の3人でいらしてました。
スー師匠やよしよしさんの話では、師匠のS名人もスゴい方で、全国大会での優勝経験もあり県下では有名な方とのこと・・・確かに「泳がせ」でバンバン釣っていらっしゃる様子がタダ者ではありません。
あとでお話をさせて頂いたら、とても気さくな楽しそうな方なので、またお会い出来たらいいな〜と思いました。
ゆうさんの旦那様も、どことなくお顔が諏合正一さんに似ている気がしたので(諏合さんに似ているなんて、やっぱ鮎釣りが上手いんだろうな〜)と勝手に思った次第です(^-^;

・・・で、私ですが、ヨレヨレの養殖オトリでは何ともならず、スー師匠におねだりして、1匹元気の良いオトリ鮎を分けて頂きました♪(スー師匠、ありがとうございました)
そのおかげでようやく2匹釣れたけれど、そのあとは続きませんでしたm(_ _)m

それに比べてTakeちゃんは、S名人の釣りを見習ったおかげで順調に掛けていたのですが、バレも多発させたようです。
14匹も掛けたのにキープ出来たのは8匹・・・本人はとても残念そうでしたが原因に心当たりがあるようです。
それだけ掛けられてやりとりが出来たんだから、私に比べたらいいじゃないの〜。
それに、よしよしさんから「鮎ベスト」も譲っていただいたし〜。イイナ、イイナ〜っ♪
私もなにか、おねだりしようかな〜。 (ウソウソ!)
よしよしさん、ありがとうございました\(⌒▽⌒)/〜〜☆

そして・・・
帰りの道すがら「川小屋」さんに寄ったら、久しぶりにまっちゃんに会えました(⌒-⌒)
そして、有望なポイントを教わったのです☆
だんだん元気も出てきたし、明日はがんばろう〜〜という気力も湧いてきました!
明日、また来れるといいな〜☆

8月4日(日)
今日は「清水みなと祭り」の最終日で、夕方は花火大会があります。
車の混雑を避ける意味もあるけど、花火も見たいので、今日は早く帰ってこないと!!

ーーーというわけで、いつもより1時間ほど早く川に着きました。
a0056140_13585224.jpg
場所は『日向』。
そうです、毎回撃沈しているポイントです。
まっちゃんから「居ればすぐ釣れるから、もしダメだったら人が入った後だから移動したほうが良い。」と言われていましたが、上流のほうに数名、鮎師が入っているようです。
その人達の車は上流に停めてあるので、下流ならまだ釣っていないだろう・・・ということで、赤い橋の下流で釣り始めたら、すぐに釣れました。
a0056140_1423958.jpg
今日は最初からトラブルもなくて、釣れそうだわ〜♪
・・・と喜んだのもつかの間、その後はピタッと釣れなくなりました。
a0056140_1434910.jpg
Takeちゃんは少し上流でやっていたのですが芳しくなく、こちらに来て、木がおもいっきり覆い被さっている竿抜けポイントにオトリを滑り込ませるとすぐに掛かって、そういうポイントで3連チャンでした。
やっぱり人が入った後なのかも…。 昨日釣られちゃったのかな〜? タッチの差だったかな〜。
私もその後1匹追加しましたが、魚影はほとんど見えないので、お昼御飯を食べてから移動することにしました。

すると・・・

見覚えのある車が2台つながって下ってきて、私達の目の前で停まりました。
ああ、やっぱり上流に入っていた鮎師は、ゆうさん達だったんだ〜! 
Takeちゃんが「上流に行った時に見えたのが赤い竿だったから、目が悪いからハッキリ見えないけど『ゆうさん』じゃないか」って話してたんです。

S名人「小さい天然がいっぱい居るけど、ココはやめて移動したほうがいいよ。」
ゆうさん「こんな小さい鮎が6連チャンで釣れたけど、小さ過ぎて…。」

いえいえ、そんな小さい鮎を6連チャン出来るアナタはスゴイです。(^-^;

ーーーというわけで、移動することにしましたが、どこに行ったらいいのか…。
Takeちゃんはビールを飲んじゃったので私が運転していたのですが、Takeちゃんが急に「そこ、曲がって!」って言うから、初めてのトコだけど曲がってみました。
で、道なりに行ったら、川に出ました。

川幅狭いねぇ…。

車を降りて川を見ると、トロ場で良型混じりの鮎の群れがギラギラやってます。
他にも群れ鮎がドワ〜ッ、ドワ〜ッと移動していたので、中には追う鮎も石に付いているかも…。
せっかく来たから、竿を出してみました。

・・・っが、見える群れ鮎は、やっぱり釣れません。
仕方がないので瀬を引いてみると、ガガーン!と強いアタリがあって釣れました♪
a0056140_14354441.jpg
まぁ〜っ、ホレボレするような静岡2系だこと☆
この野鮎をオトリにしたら、すぐ釣れるかな〜〜と思いましたが、世の中そんなに甘くありません。
ただ、掛かる時は、似たようなポイントで掛かりました。
Takeちゃんに、「こういうポイントで、こうやってたら掛かったよ〜」って解説しながら釣っていたら釣れました♪
a0056140_14413593.gif
a0056140_14421424.jpg
なかなかの良型です。
でも、この鮎って、どういう種類の鮎かしら・・・???

とりあえず今日は、このくらいで勘弁しておこう! ーーーたった6匹しか釣ってないけど。(笑)

a0056140_14474684.jpg今日釣れた鮎は、キクちゃんと、偶然いらしていたTakeちゃんの従兄に差し上げました。

そして急いで帰宅し、昨日『水田の瀬』で釣った鮎を炭火で焼いて、2階の屋根の上にハシゴで上がって、花火見物をすることにしました。
a0056140_1449277.jpg
真っ暗な中で鮎を食べるのって、ちょっと大変でした(^-^;
でも、見えない分、じっくりと味わって食べることが出来ました。
藁科川の鮎は、川が変わって、鮎も以前とは違っているように見えるけど、食べてみて美味しかったのでホッとしました。
ただ…Takeちゃんが釣った22〜23センチの鮎は、皮が硬かったなぁ〜。
大井川の鮎もそうでしたが、渇水が続いている河川の良型鮎って、皮が硬くなっちゃうんですね〜。
炭火でじっくりと焼いたおかげかも知れませんが、水分が程良くとんで、身にコクがあって美味しかったです。
a0056140_14582632.jpg
「清水みなと祭り」の花火大会は、なかなか迫力があって見ごたえがあります。
次々に上げるので、間延びしないところも良いですね〜☆
こうやって花火を楽しめるのも、平和な証拠…。ありがたいことです。
花火を眺める度に思うのは、来年も、また再来年も、同じように花火が見れますように…ということと。
私が・・・ではなく、たくさんの人々がそうであってほしいと、心からそう思いました。
私達の家の近所も、東日本大震災で被災した方々が多く移住していらっしゃいますが、この花火を見ながら思うことがたくさんあることでしょう。
いつ、どんな災難が起こるか知れない不安定な世の中ですが、今、こうしていられることを深く感謝しつつ、被災した方々のことも忘れないで祈りたいです。

ニコパさんの真似をして、心打たれた歌をひとつ、貼らせて頂きます。



最後は、甘酒に目がないコジローのお茶目な画像で締めたいと思います。
a0056140_1540215.gif

[PR]
by hototo-gisu | 2013-08-06 15:50 | 鮎釣り | Comments(4)