~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:53
子供の頃、川潜りで遊んで..
by よしよし at 23:21
>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 14:58
私も15日の釣行でしたが..
by kai at 23:16
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:29

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

入漁料をタダにするからと言われても・・・

2月22日(土)
来週の土曜日「3月1日」は静岡県下の河川の“渓流釣り解禁日”です。
私達は解禁日に「興津川」で釣るつもりなので、前もって「年券」を購入しておこうと思い、興津川に行くことにしました。

それに先だって、先日、興津川漁協のHPを見てみたところ、こんな案内が掲載されていました。
a0056140_14224429.jpg
家計を預かるワタクシとしては、入漁料が実質500円になるのは助かります。
それだけでなく、女性や子供の入漁料が無料(500円は掛かるらしいけど)ということになると、初心者が気軽に竿を持てる機会が増えるということで、もしかしたら、川釣り人口が増えることになりはしないかと、心弾む気持ちにさえなりました。
・・・が、よ〜く考えてみると、これまで高齢者は入漁料が割引されていた措置がなくなり、一般の入漁料金と同じになるだけでなく、昨年まで一般入漁者の年券は6千円だったところが、今年から7千円に値上がりとなりました。
ここ数年の興津川の変わり様と釣果の厳しさを考えると、値上げっていうのは、「釣り人離れ」に繋がらなければ良いんだけど…なんて思ったりしてたんですが・・・。
a0056140_14472872.jpg
「興津川漁協」のところには数台の車が停まっていて、数人の人が見えました。

「漁協、やってて良かったね♪」「事務所の電気も付いてるから、証明書出してもらえるね!」

・・・と言いながら、漁協の入り口に入ろうとすると・・・。

「今日は、やってないよ。」との声が・・・。

ホト「えっ? 今年から女性は証明書が必要だということで、発行してもらいに来たんですけど…」
男性「土日は休みなので、平日に来て下さい。」
ホト「でも、解禁日も土曜日ですよ。」
男性「解禁日はやります。」
タケ「何時からやっているんですか?」
男性「五時には、やっています。証明書は写真を撮ってパソコンでやらなくちゃならないので、それが出来る者が1人しかいないんです。」

ーーーーーーこんなやりとりが、ありました。

「平日に来てくれって、仕事がある人は来れないよねぇ〜。そもそも、『写真を撮る』ってどういうこと?」
「普通、釣りに来るために川に来るんだから、『証明書』をもらいに平日に来るなんて、遠方の人はムリだよ。」
「解禁日に5時からやってくれても、申請する人は1人じゃないんだし、列を作って発行手続きをしていたら、他の人に(ポイントに)入られてしまうよねぇ。」
「普段は重役出勤の私達でさえ解禁日は早く釣りたいから、こうやって事前に証明書を発行してもらおうとしてわざわざ来たのに、また平日に来いって、ヘンじゃない?」
「第一、『写真を撮る』なんてHPにも書いてなかったし、そんな個人情報を取られるなんて嫌だよね。」
「年券を買う人は写真の必要がなくて、どうして女、子供、障害者の写真が必要なの?!」

わざわざ時間を割いて興津川に来たのに、また平日に来てくれと言われて釈然としません。
きっとこれでは、他の人も納得がいかなくて、問題になるのではないかと思いました。

帰ってから、また興津川のHPを見たところ・・・
a0056140_18392612.jpg

休業日は「日曜日」って、書いてあるではありませんか!
「土日は休み」って、あの男性はおっしゃっていたけど・・・。

とにかく、3月1日の解禁日の土曜日には間違いなく担当の方がいらっしゃると思う(たぶん)ので、当日に行ってみようと思っていますが、ホント、釈然としませんヽ(`⌒´メ)ノ

なんで「写真」を撮るんでしょう? この「個人情報」について神経質なこのご時世に!!
さっきも書きましたが、年券購入には写真が必要ないのに、どうして女性や子供、障害者は必要なの??
タダじゃなくてもいいから、去年と同じ4千円払うから、年券にして欲しいです。
おそらく、私と同じように思う方も少なくないと思います。

せめて「おとり店」や「年券取り扱い店」で証明書を発行してくれるような措置をとらないと混乱が起きるのでは?
どうしても漁協で証明書を発行したいというのであれば、お役所もそうしているように、必要な書類と写真、切手を貼った返信用封筒、証明書発行手数料の500円分の郵便小為替を同封の上、事前に郵送にて証明書を入手してくださいーーーとすれば、遠方からの釣り師の方にも親切なのではないかと思います。

今回の措置は興津川漁協の方々が「釣り人の裾野を広げる」ために良かれと思って決めて下さったことだと思います。
県下では初めての試みだと思いますので、最初から何もかも順調に行かないのは、当然のことです。
せっかくの善意が裏目にならないように、改善されればいいな・・・と思います。
今度、漁協に伺った時には、私も思ったことを伝えたいと思います。

     *     *     *     *     *

そうやって、わざわざ興津川に出掛けて、ちょっと不満ブツブツで帰る道すがら・・・

キジでも居ないかと眺めていたら、猛禽らしき鳥を腕に乗せた男性を発見しました!!
「Takeちゃん、猛禽がいたよ〜〜っ!」と、車をUターンしてもらって、現場に戻りました。
そこには、競技会に向けて訓練中だという「オオタカ」がいました。
a0056140_1134488.jpg
旦那様が飛ばして、奥様が受けていました。
私、猛禽の渡りを見たのは、これが初めてなんです☆
このオオタカはまだ1歳だそうですが、さすが猛禽、風格がありますねぇ〜(*_*)

私が「宮崎の友人がハリスホークで猟をしてるんですよ〜」と言うと、「今年の4月には、いいヒナが入荷するので、ぜひ始めてみてはいかがですか?」と、旦那様。
「いえいえ、とんでもない! 『鷹匠』になるのは、来世で・・・と決めてますんで。」と、ワケのわからない返事をして、丁重にお断りしました(^-^;
銃猟を辞めたばかりで「今度は鷹匠になります」なんて、ブログネタにはなりますが、それはちょっとムリでしょ(^-^;

話を聞いてみると、このご夫妻は東名清水インターそばにある猛禽を販売しているお店「生きものや 若家」をやっていらっしゃる方のようです。
以前、茂野島でチョウゲンボウを見せていただいた方が「清水インターのそばの『猛禽屋』で買いました」とおっしゃっていたので、そのお店に間違いありません。
車には他にもハリスホークとオオタカのメスがケージに入っていて見せて頂きましたが、とっても綺麗で、心がグラグラしちゃいました(苦笑)
でも、奥様にも「ウチにはオカメインコがいるので…」と申し上げて、気持ちを切り替えることに成功☆
とても気さくで親切なご夫妻でしたので、また機会があったら寄ってみようかな〜と思いました。

     *     *     *     *     *

そんなこんなで、鷹が見れたことで、今日のモヤモヤも薄れた感じ。
3月1日の解禁日には、寒いけど頑張るゾ〜〜〜\(⌒▽⌒)/♪
[PR]
by hototo-gisu | 2014-02-25 12:04 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(11)

ありがとう、FXサイクロン☆

2月11日(火)
鳥猟の猟期は2月15日までなので、今日も出猟しました。
・・・が、鴨は全く居ません。

こうなったら、山越えして別河川に行ってみるしかありません。
a0056140_14563153.jpg
南アルプスの山々を眺めながら、あわよくば「ヤマドリ」に出会えないかと期待しながら行きましたが、ヤマドリどころか、キジも鴨も、な〜んも居ませんでした。

ーーーあっ、“ヘラブナ釣り”の池には、「オオバン」が居ましたけど・・・
a0056140_1502965.jpg
オオバンは非狩猟鳥獣ですから、こうやって残っているのかなぁ…。

そんなわけで、今日も「出会い」がありませんでした。
この前の猟で「レンジファインダー」の不具合があったことを発見したので、「出会い」さえあれば、今度こそは獲れるのに…と思っていたのですが・・・。

さぁ、泣いてもわめいても、出猟出来るのは15日(土曜日)を残すだけになりました。
どうか、「出会い」がありますように・・・。

2月15日(土)
先週に引き続き「南岸低気圧」のせいで、昨日は大荒れの天気になりました。
私の住んでいる所は、今回も雪は降らなかったのですが、暴風雨がひどくて、まるで「台風」が来たかのようでした。

どこの川も増水しているのは容易に察しがつくのですが、キジも探しつつ、人生最後の狩猟に出掛けました。
a0056140_1514296.jpg
しかし、キジとの出会いもなく、途中から大雨に見舞われました。

そんな中、雨の中に佇む「ヤマセミ」を発見!
久しぶりの出会いです。
自然環境の変化の中、生きにくい世の中だけど、どうか“しぶとく”生き延びて下さいね。

a0056140_15223379.jpg

その後、ようやくカルガモを見つけたのですが、80m越えだったので(…と、距離のせいにする!)当たらなくて獲れませんでした。

(*画像は本文とは関係ありませんが、今日撮影した「ちきゅう」です。)

地元の方に話を聞いてみても、今年は渡り鳥が少なかったとのこと。
「鳥インフルエンザのせいかなぁ?」と、おっしゃっていました。
確かに今シーズン、私達がマガモを見たのも、とある場所の、わずか1km弱の区間の1箇所だけですから…。
いくら出猟した回数が少なくったって、こんな年は初めてです。
1羽獲れたのは、「奇跡」だったかも☆

こんなに出会いが少ないのでは、たとえ猟を続けていても、先が思いやられたかも…。
私のように「狩猟」が主な目的の銃所持者は年々減っていくのかもしれません。
a0056140_15473246.jpg
私の「FXサイクロン」君。
近々譲渡する予定なので、念入りに最後のお手入れをしました。
ストックを新品に交換したせいもあるけど、まるで買ったばかりのような綺麗さです。
2006年1月末に購入して以来、ろくに射撃練習もせずに実猟で使うだけだったので、撃った弾の数は恥ずかしいぐらい少なかったのです。
「撃った弾数のわりには、獲物は獲れてるよね。」と、Takeちゃん。
最初の頃は半矢を作ったりして苦戦したけど、ヘッドを狙うようにしてからは、ウソのように獲れるようになりました。
それはひとえに、このサイクロン君の性能が素晴らしいからに他なりません。
そしてTakeちゃんが鴨を見つけるのが上手くなったし、鴨との知恵比べにも勝てるようになってきたのが好猟果につながったのだと思います。

このサイクロン君は私が所持しているより、きっと新しい持ち主の方に使って頂いたほうが、本来の才能が発揮出来て幸せなんじゃないかな〜と思う。
そういう銃だと、心底思います。
別れは辛いけど、サイクロン君の未来のために、笑顔でお渡ししよう001.gif
そう、心に誓いました。

サイクロン君、楽しい猟の思い出を、ありがとう!
a0056140_1754043.jpg

[PR]
by hototo-gisu | 2014-02-18 17:17 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(13)

キジさんと鬼ごっこ♪

2月9日(日)
昨日は関東でも45年ぶりの記録的な積雪となったそうで、静岡県でもかなり積もった所があったようです。
・・・が、私が住んでいる所では、雨は降ったのですが雪は全然・・・でした。

今日は雨も上がり、暖かくなりそうだという予報。
朝からソチオリンピックの競技を観て、上村愛子選手は惜しくもメダルと逃したのですが、もはやメダルの色など関係なく、感動と勇気を与えて下さってありがとう!!ーーーと思い、私も頑張らなくっちゃ!!ーーーと、気持ちだけはパワー全開で猟に出かけました。

川は思ったほど増水してなくて、ガッカリでした。
「きっと雪になって積もったからだよ。雪シロが出たら、増水するかもよ。」と、Takeちゃん。
静岡で「雪代」なんて、なんだか新鮮☆

そんな話をしながら車を運転していたTakeちゃんが、突然停車しました。
数台の車をやり過ごして、おもむろにバックさせ、右のほうのボサを見ているようです。

すると、ボヤ〜ッっとキジらしい色の物体が見えるではありませんか!Σ(◎o◎;)
a0056140_1435339.jpg

このキジは、見られていると気付いているのか、ただお腹が満腹で動けないのかわかりませんが、ピクリともしません。
でも、キジであることに間違いはありません!
Takeちゃんが初めて自らキジを発見した、記念すべき瞬間です☆

さて、どうやって攻めましょう。

角度的には、キジの真横の1線上からでしか、キジが見えません。
他の角度では、ボサがじゃまをして、全く見えないのです。
真横まで行って撃つとなると、キジから丸見えになります。

一か八か、キジの斜め後ろ側から近づくことにしました。

…が、やはり気付かれたようで、ガサガサと音を立て、ボサの深くに入り込んだようです。

空気銃ですから、姿が見えないと話になりません。
そのボサ一帯をグル〜ッと注意深く目視したのですが、全然見えません。
でも、たぶん遠くには行っていないはずなのです。

そこにTakeちゃんが来て、「(ボサのところに)溝があるみたいだよ。そこに隠れたのかも…」と言って見に行くと、

ドドドド〜〜ッ!!

っと、羽の音を響かせて、川むこうの岸に降りるのが見えました。

降りた所は確認したので、その付近をスコープで見たのですが、ボサが深くて見えません。

すると、Takeちゃんが川を渡って降りたあたりを見に行くと、キジが背中を向けて逃げるのが見えたそうです。
で、「ココ、ココ!!」と大げさにジェスチャーした瞬間、また、

ドドドド〜〜ッ!!

と飛び立ちました。
そして、すぐ上のボサに降りたようです。

今度は私も川を渡って、ボサのところとか、茶畑の畝の間(静岡のキジは、こういう所に逃げ込むらしいのです(^-^;)も覗いて探したのですが、見つけられませんでした。

アーア、散弾銃だったら、獲れたのに・・・。

「私達が散弾銃を持っていたら、静岡のキジ、絶えちゃうね!」
そうなんです、これまで何度も「踏み出し」でキジを出したし・・・。
キジを見つけるのが得意な私ですが、ついにTakeちゃんまで、その能力が開花したのですから、おそるべし私達であります!! (←自画自賛♪)
静岡のキジさんを保護する為、私達は今後「鬼ごっこ」するのみーーーに自粛する所存でございます。(笑)

キジが食べた〜〜い☆ーーーのが本音なので、獲れなかったというか勝負出来なかったのはホントに残念でしたが、出会いがあっただけでもラッキーだったと、今はそう思えます。

時間も忘れて、キジと鬼ごっこをしたので、お腹がペコペコになっちゃいました。
・・・で、「ネオパーサ清水」に寄ってみたのですが・・・。

a0056140_14392194.jpg
駐車場は除雪されていないし、車も10台弱しか停まっていません。
(車が少ないのは、もうお昼時を過ぎていたからだと思っていました。)
当然、足下は雪だらけで、「これじゃ、私達のように長靴を履いていないと、利用出来ないよね〜」と言いながら中に入ってみると・・・
a0056140_1443945.gif
なんと、どこも店が閉まっているではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)
確かに、もう1時半頃ですが、そんなに早く閉めなくてもいいでしょ!ーーーと一瞬思ったりしたけど、そういう問題じゃありませんでした。

なんと、新東名高速道路は本日も通行止めだったのです!Σ( ̄□ ̄|||)
確かに、同じ清水とはいえ、こんなに雪が積もっているんですものね〜。
子供がいたら連れてきて、「雪合戦」でもさせたい気分になりました。
まったく雪が降らなかった所から来た私達には、こんな事態になっていたなんて想像もつきませんでした。

さて・・・お腹ペコペコなのに、開いているのはラーメン店と「かわせみバーガー&ベーカリー」だけ。
a0056140_1450387.jpg
しかし、よく考えてみると、高速道路が通行止めなのに営業しているなんて、な〜んて「キトク」なお店なんでしょ☆
ーーーというわけで、まずは“清水名物”と書いてある「清水ラーメン」を食べました。
スープの色が濃いのにビックリでしたが、魚の出汁がベースの、見た目とは裏腹のあっさりしたラーメンでして、麺の量も、肉体労働してきた私達にとっては、ちょっと少なめでした(^-^;
コレ幸いと、Takeちゃんは「かわせみバーガー」、私は「かわせみベーカリー」の「いでぼく牧場の牛乳を使ったシュークリーム」を買って食べてみました。
「かわせみバーガー」は、メキシカンなチリソースがベースのバーガーで、シュークリームは、文字通り、いでぼく牧場の牛乳の風味を生かしたクリームがたっぷり入っていて、シューはパイ風でサクサクとしていて、食べごたえがありました。

ーーーで、しっかり腹ごしらえをしたので、カモを獲る気マンマンでしたが・・・。

せっかくのカルガモとの1チャンスがあったのに、手前のボサが邪魔をし、三脚なしで「ほふく前進」して「腹這い」のまま撃ったのがアダとなり、外れてしまいました。

ーーーというわけで、今日も撃ったのはたった1発だけでした。
弾もエアーも、全然、減りません(^-^;
a0056140_1593194.jpg

帰りに清水港のそばを通ったら、「ちきゅう」を見つけました。
(前回の「ちきゅう」についての記事はコチラ)
ちきゅう、おかえりなさい(⌒-⌒)
「地球」の将来のため、どうかこれからも頑張って下さい。

     *     *     *     *     *

我が家では、今日もコジローが「オレ様」ぶりを発揮していました。
a0056140_15422829.jpg
コジローは普段、Takeちゃんの前では「猫をかぶって」大人しくしているのですが、時々このように「本性」をさらけだします(爆)
私の前では、「ヤンキー」そのものですからねぇ〜( ̄  ̄メ)

そういえば(っていうか、ぜんぜんコジローと関係ないけど)私は先週末が銃の所持許可証の更新を申請する期限だったのですが、意図的に申請しませんでしたので、来月の誕生日には所持許可が失効することが確定しました。
泣いてもわめいても、これで銃とは「おさらば」です007.gif
最後に青首を獲って、今は亡き「利根川のG.W.ニコル」さんに報告をしたいって思っていたけど、青首が居ないのでムリそう・・・。
っていうか、青首どころか、カルガモも獲れなさそう・・・。
いやいや、上村愛子選手を少しでも見習って、最後まであきらめずにやってみます。
ニコルさ〜ん、応援して下さいね〜072.gif
[PR]
by hototo-gisu | 2014-02-10 18:48 | 鳥猟、エアー・ライフル

ようやく、バラのお手入れが完了しました☆

2月1日(土)
今日から2月。
猟期も残すところ、あと15日です。

先日獲ったマガモを「鴨南そば」で食べたら、もぉ〜絶品の美味しさ♪
そのせいか、Takeちゃんが「今日は鴨を見つけたら、チャチャッと連射して、2羽獲ろう!」と、張り切って出掛けたまでは良かったのですが。。。

川が超〜〜ド渇水で、これじゃあ鴨が “足が底に付いちゃって” 浮かんでいられません( ̄▽ ̄;)
・・・っていうか、私達でさえウェーダーを履かなくても、長靴で川が渡れそうな感じです。
天竜川もダムの水が少なくなってきたので、先週から「取水制限」になったようだし…。
県下の川は、どこも渇水状態かも…。
アマゴさん達大丈夫かなぁ…。鮎の遡上もそろそろじゃないかなぁ…。
気が気ではありませんが、とりあえず、「カモ」「鴨」!

ーーーで、ようやくマガモのペアを見つけたのですが、100m以上あります。
なんとか83mまで近づいて1発撃ったのですが、頭の右に外れてしまいました。
結局、今日もワンチャンスを生かせず…(;д;)

明日は雨の予報なので、この際、ガッツリと降って、川の渇水状態を緩和して欲しいものです。

2月2日(日)
予報通り、朝から雨が降り始めました。
鉢バラの植え替えも少し残っていますが、今日は室内で過ごすことに…。

実は昨日、川の支流が気になったので山道を車で上って行くと、途中、造花のようなものが落ちていたんです。
とても綺麗な花に見えたので拾ってみると・・・なんと、本物の椿でした。(◎o◎;)
で、おもわず上を見上げると、木の上のほうにチラホラと花を付けているではありませんか。

そこで、落ちていた花と蕾みを拾い、咲いている枝も「ごめんなさい!」と謝りながら、1輪だけいただいてきました。
a0056140_15395491.gif
蕾みの向かって右側にある花が、最初に見つけた、落ちていた花です。
今年に入ってから作り始めた「クレイフラワー」で、なんとか似せて作れないものかとやってみましたが・・・。

作りながら、花の構造などをしみじみと見て・・・まぁ、いつも思うことですけど、「自然の造形物はなんて美しいのだろう」と。
それに、このバランスのとれた(幾何学的ともいえる)花びらの構造が、素晴らしい・・・と。

山奥の人目のつかないところにひっそりと咲く山椿は、いったい、どうしてこんなに美しいのでしょうか。
渓流釣りで源流に行くと、目の前に広がる別世界のような美しい風景に圧倒され、人間が作り得ない自然の美しさに畏敬の念を抱くのに似た気持ちを持ちながら、粘土をこね続けました。
私が作ったクレイフラワー(2輪写っているものの、葉っぱが付いていない左のがそれです)は、結局、似ても似つかわないものになってしまいましたが、これも修行の一環だと思って葉っぱも付けて、完成させたいと思います。a0056140_15563737.jpg


そうして、私が粘土をコネコネしている間じゅう、Takeちゃんはというと、早くも渓流釣りを想定して道具を用意したり、ロープワークを練習したりしていました。

同じ空間にいて、一言も発さず、かたや粘土をこねる人、かたやロープワークを練習する人ーーーハタから見たら、随分とヘンな二人に見えるでしょうね(^-^;

・・・それにしても・・・。
つい、この間まで「お正月」だったのに、もうすぐ渓流釣りも解禁になるんだなぁ〜って、なんだか気が焦りますね。
その前に、バラのお手入れも済まして、サイクロンを譲渡して、銃の所持許可の返納を終えないと…。
気忙しい日々が続きますが、着々と事をこなしていくことにします。

2月3日(月)
今日は暖かい一日になりました。(18度ぐらいになっていたかも・・・)
残っていたバラのプランターと鉢の土を土壌改良し、根も整理して植え直しました。
あとは「石灰硫黄合剤」を枝に塗る作業を残すのみとなりました。a0056140_16181498.gif

「石灰硫黄合剤」は、気温が15度以上になると「薬害」が起きるらしいので、明日以降の気温が下がる日ではないと作業が出来ません。
ですので、思い立って、「バラの接ぎ木」をしてみました。

実は…おととい河原の薮こぎをしていた時に「野バラ」の良さそうなシュートを見つけたので、数本切ってきたのです。
芽とトゲを取り去り、枝の先に接ぎたいバラの穂木を挿して接ぎ木テーブでグルグル巻きにし、根っこになる部分には「ルートン」をまぶして、赤玉の粉で作った「団子」をくっつけて、バーミキュライトの中に挿しました。
「接ぎ木」と「根出し」を同時にやる裏技!!
我が家では以前、「マルゴコスター」を接いでスタンダード仕立てを作った事があるのですが、今回は主に「ミニバラ」品種を接いでみたので、形成層が上手く合っているか不安ですが、もしダメでも、また挑戦しようと思っています。
なぜなら、接いだ部分が乾燥しないようにビニールで覆いをしなくてはならず、結構面倒だったのですが、今回Takeちゃんが「養生テープ(その名も『マスカー』)」で「簡易温室」みたいにしてくれたので、今後は気軽にチャレンジ出来そうだからです。

まぁ、世の中そんなに甘くないから、1、2本でも成功すればいいかな〜。
a0056140_16434631.jpg

コジちゃんの背伸びのように、バラさんの新芽が伸び伸びと育ってくれますように・・・☆

2月4日(火)
昨日とは、うってかわり、真冬に逆戻りの寒さですぅ〜〜〜。
おかげさまで、我が家とTakeちゃんの実家のバラ、総勢70本近いバラの枝を剪定し「石灰硫黄合剤」を塗り塗りし、冬のバラのお手入れがこれで全て完了しました。
a0056140_16503149.jpg
しかし・・・。
昨年暮れから今年にかけて、その前の年よりも気温が低い日が多いという気がしていましたが、バラの芽吹きを見ても、盆栽の梅の開花を見ても、なんだか今年は草木の成長がいつもよりも早いような気がします。
芽が伸び過ぎていて、石灰硫黄合剤を塗れない箇所も多かったので、今日の作業はロザリアン(バラを育てる愛好者の総称)としての「気休め」でしかないのかな〜、来年はもっと早く着手しなくてはいけないな〜と反省しきりです。

寒い中、やれるだけのことはやりました。
あとはバラさん達の「答え」を待つのみです。
「答え」っていうのは、「ココがアカンかったよ〜( ̄  ̄メ)」とか、「ココをこうしてくれて、ありがとう\(⌒▽⌒)/」という、バラさん達の成長具合でわかる、「声なき声」です。

a0056140_1754068.jpg

「声なき声」と言えば、盆栽の梅が例年よりも1週間ぐらい早く開花しました。
去年の猛暑で、私の気配りが至らなくて、だいぶ花芽を落とし、可哀相なことをしました。
それでも頑張って咲いてくれて、ありがとう。

ーーーそれにしても・・・
雨がまとまって降ってくれないかなぁ・・・・。カミサマ、オネガイシマスm(_ _)m
[PR]
by hototo-gisu | 2014-02-05 17:51 | バラ、ガーデニング | Comments(4)