「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

解禁4日目に初出陣するも・・・

5月24日(土)
5月20日の興津川の解禁日には行けなかったので、今日が今年初めての鮎釣りとなります。
a0056140_13453052.gif
毎年そうですが、満開のバラに見送られながら、予定時刻を10分ほど遅れて、5時10分に家を出発しました。

どこに入るか迷ったのですが、解禁から4日も経つので、どこも同じでしょう。
せっかくですから、解禁日に入りたかった場所で釣ることにしました。

ポイントに着いて鮎竿を伸ばし、仕掛けをセットして、ベストのポケットに手を伸ばした時、右腕に激痛が走って、竿を後ろに落としてしまいましたemoticon-0107-sweating.gif
1ヶ月ほど前から「40肩?か、50肩?」みたいなのですが、鮎釣りが出来るワクワク感で、そのことをつい忘れていたのです。

ああ、もう完全に竿が折れちゃったと思いました。
静かな川に「カ〜ン♪」と乾いた音が響き渡り、上流で竿を出していた方が思わずこちらを振り返って見ていました。

念のため、竿をたたんでチェックしたところ、特に目立った傷もなく、無事そうなのでホッとしました。
釣り早々、こんなことをしてたんじゃ、この先が思いやられる・・・と、さっきまでのワクワク感も忘れて釣り始めると・・・
a0056140_1455747.jpg
1匹目が釣れました!!\(⌒▽⌒)/☆
型は15センチぐらいでしょうか、こうやって画像で確認すると、「静岡2系」っぽいです。
「静岡2系」は5月の高水で全滅した・・・と噂で聞いていたので、生き残っていてくれてありがとう!ーーーという感じです。

オトリが替わったし、上流に誰もいなくなっていたので、好きな所釣り放題です♪
2匹目、3匹目が連続して釣れたので、「3匹釣れたら、連絡する」というTakeちゃんとの約束を果たすべく、ケイタイで連絡していると・・・また、掛かったみたいです。

Take「入ってすぐに2匹掛かったけど、それからは釣れない。」
Hoto「また掛かったみたい! 今から釣れ始まりそうな予感がするよ〜!」
Take「じゃあ、こっちも釣れ始まるかなぁ・・・。もう少しやってみてダメだったらそっちに行くよ。」

そんな話をしていたら、掛かっていた鮎がバレてしまいました。

それからが、釣れないこと、釣れないこと・・・。
a0056140_14201030.jpg
しばらくするとTakeちゃんも来たので、きっと下流のほうも釣れなかったのに違いありません。

午前中、なんとか8匹まで数を伸ばして、お昼休みしました。
a0056140_14215313.jpg
解禁日に良い釣りをしたスー師匠とよしよしさんとご一緒させていただきました。

よしよしさん「こんなに渋いとは、思わなかったね。」
Take「今日、よしよしさんとスー師匠が来てくれて、良かったですよ〜。」
Hoto「・・・・・?」
よしよしさん「そうだよね〜、『え〜っ? 釣れてないって? 解禁にあんなに良かったのに、そんなはずないでしょう。』って言われちゃうよね。」

なるほどね〜、川が悪過ぎるという「証人」になってくれるってことね!(笑)

スー師匠とよしよしさんの話では、解禁の時よりも石が「垢腐れ」していて、おそらく、鮎が釣られてしまったせいで、垢(コケ)が食まれないからではないか・・・ということでした。
解禁後の興津川の情報がないのも、きっと解禁で釣り荒れちゃって、その後パタッと釣れなくなってしまったからなのでしょう。

朝はとても良い天気だったのに、雲がどんよりとしてきて、雨もパラパラしてきました。
川がこんなに厳しいなら、きっと明日は釣りに来ないから、今日のうちに釣っておかないと!!

そう思って午後からも頑張ったのですが、午前中に鮎が跳ねていた場所も、全然鮎の気配がありません。
結構、上流のほうまで釣り上がったのですが、いつもは相性の良いポイントも全くの無反応でした。

せめて解禁前に鮎を見つけていたポイントを釣ってみようと行ってみると、赤いDAIWAのベストを着た釣り師の方が「背バリとかオモリとかで工夫しないと釣れないよ。」とおっしゃりながら、下流の場所を譲って下さいました。
そこでようやく1匹(10センチぐらいのミニ鮎ちゃん)が釣れ、やっとのことで9匹になったのですが、それからの1匹がどうしても釣れず・・・emoticon-0106-crying.gif
a0056140_14581360.jpg
「夕のぼり」に期待しましたが、「夕のぼり」する鮎は皆無でした。

a0056140_1513476.jpgでも、1箇所だけ反応があり、鮎も数匹跳ねたので相当しつこく攻めたのですが、どうやっても掛からず、完敗でした(;д;)

というわけで、午後から夕方5時まで粘ってたったの1匹しか釣れず、今日の釣果は9匹で、ツ抜けならず…(泣)

Takeちゃんが「あのDAIWAの赤いベストの人が、『いやぁ〜、今日は“ツ抜け”するのも死にもの狂いだよ。』って言ってた。」というから、私が苦戦するのも当たり前ですよねー。
a0056140_15125570.jpg
ただ・・・今日を振り返ってみると(良かった…)と胸をなでおろすこともありましたので、これはベストに着けている「鮎子」のおかげかな〜と思いました。

朝一で竿を落としたにもかかわらず、竿が折れなかったこと。
とりあえず、釣りたいポイントで心置きなく釣りが出来たこと。
最後に、右手をかばって左手で友舟を持って歩いていたら、バランスをくずしてズッコケて、左足の膝下を石にぶつけるも、打ち身ぐらいで済んだこと・・・などなど。
今日は鮎子がなかったら、竿を2本ぐらい折っていたかも…???(^-^;
なんとか早く、右腕の痛みがおさまってくれることを祈るのみです。

a0056140_15233133.jpgーーーで、夕食に初物の鮎を塩焼きで食べたのですが・・・。
思いのほか美味しかったので、今日の疲れやモヤモヤがいっぺんに吹っ飛んじゃいました(⌒▽⌒)☆

興津川の鮎はここ数年、腹に砂が入っていたりしてウーーン。。。という感じだったのですが、今日のは砂もなく、ワタも美味でした。
お裾分けしたキクちゃんからも「香りが良くて美味しかった」と、とても喜ばれました。

「結局、今日の興津川は『いつもの興津川』だったよね。」とTakeちゃん。
そのココロは、「いつもの“釣れない”興津川」と言うことね!(⌒-⌒)b
梅雨明けまでに、天然遡上鮎が育ってくれることを期待しましょう☆
[PR]
by hototo-gisu | 2014-05-26 16:05 | 鮎釣り | Comments(18)

新緑と川のせせらぎと、ブッシュクラフト講義???

5月17日(土)
今朝の我が家のバラの様子です。
a0056140_236164.jpg
ようやく全種類が咲きそろってきました。
毎日、マメコガネムシと戦い、バラのトゲと戦いながらも花がら摘みなどに大忙しですが、咲いている花を見ると苦労が報われる思いです。
いくらでも眺めていたい気持ちをおさえて、新緑の興津川に出掛けました。

今日は、スー師匠とよしよしさんが鮎釣りの下見にいらっしゃっていたので、一緒に河原でランチを楽しむことになりました。

久しぶりにお会いしたのですが、話題は渓流釣りや鮎釣りよりも、最近のTakeちゃんの関心事である「沢登りグッズ」や災害時に役立つグッズなどの紹介というか、説明というか・・・emoticon-0107-sweating.gif
スー師匠も、よしよしさんも“聞き上手”なものですから、Takeちゃんも話が止まりません。
そろそろ終わりそうかな・・・と思った頃、よしよしさんが「そのロープはどうやって使うの?」とか聞いて下さるものですから、嬉々としてロープワークを始めるTakeちゃん・・・( ̄▽ ̄;)
a0056140_23333036.jpg
もぉ〜〜っ、お二人が渓流釣りをする時間がなくなっちゃうんじゃないのぉ〜〜emoticon-0107-sweating.gif

あまりに熱心なTakeちゃんの講義を聞いて、よしよしさんが、

「ホトさん、Takeちゃんはいったい、何を目指しているんだろうね。」
「私にもさっぱり、わかりません(;´ー`)」 (爆)

Takeちゃんの説明では、そういった一連のことを「ブッシュクラフト」と言うそうです。
わかっているのは、今年の3月11日に東日本大震災の津波災害の画像を観たTakeちゃんが、自分が持っている沢登りグッズが災害時にも人命救助などに役立ちそうなことに気付いて、ますます興味を持って、さらなる向上をはかっているらしい・・・ということです。
東海地震や南海トラフ地震が懸念されている昨今、そういった道具を用意したり技術を習得することによって、いざ起こった時にも冷静に対処出来るような心の準備が出来るのではないかと思い、Takeちゃんが熱心に学んでくれていることは、ありがたいことだと思っています。

ーーーーで、ようやく講義が終わり、スー師匠とよしよしさんは渓流釣りを始めました。
a0056140_0243924.jpg
よしよしさんは上流へ入り、岩の影から静かに攻めていました。
a0056140_011998.jpg

スー師匠の頭上では、遅い藤の花が満開になって、新緑の中に彩りを添えていました。
自然の景色の美しさは、どんな庭園でも表現出来ない素晴らしさがあります。
バラもいいけど、やっぱり自然が一番だな〜っ\(⌒▽⌒)/♪
a0056140_0183064.jpg
そんな美しい風景や、お二人の釣りを眺めながら、スー師匠の奥様が手作りして下さった美味しいチーズケーキを味わいながら、日陰でゆったりとコーヒーを味わった私達。
なんて贅沢で、至福の時なんでしょう・・・・

ーーーと、すっかりくつろいでいたら、よしよしさんの竿が大きく曲がっているではありませんか!
a0056140_031958.gif
遠目に見ても、結構な良型でした。
a0056140_6594394.jpg
25、6センチはある、丸々とした綺麗なイワナでした。
(*イワナの画像は、よしよしさんのブログから拝借しました)

そして、スー師匠も・・・
a0056140_731519.gif
遠目に見て、こちらも良型だとわかったのですが、すっかり「イワナ」が釣れたんだと思い込んでいたら・・・
a0056140_752048.jpg
なんと、体高のある「アマゴ」でした!
動画を撮っていて、「イワナ!」なんて叫んでいたワタシ・・・間違ってスミマセン(^-^;

この辺りは「激戦区」なのですが、やっぱり狡猾な魚は残っているものなんですね〜。
それを釣り上げたお二人は、お見事でした☆

ハァ〜〜ッ、今日も、山の景色と美味しい空気と川のせせらぎに、癒されました〜〜っemoticon-0102-bigsmile.gif
興津川の神様、ありがとうございましたm(_ _)m

スー師匠とよしよしさんも、Takeちゃんの「ブッシュクラフト講義」をご清聴下さり、まことにありがとうございましたm(_ _)m

もうすぐ解禁する鮎釣りシーズン。
今年も楽しい鮎釣りが出来ますように・・・☆
[PR]
by hototo-gisu | 2014-05-19 07:38 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(6)

ケモノの気配は、何だったのかなぁ…?

5月11日(日)
前回の「山ヒル襲撃事件」から約1週間。
あの、おぞましい体験が頭にこびりついて、渓流に行くのがコワくなっちゃいました。
・・・が、「きゃらぶき」を作るために「フキ」を採りに行かないと!!

ーーーというわけで、「河原でランチを楽しみつつフキを採り、ちょこっと釣りもするプラン」で出掛けました。
a0056140_16582054.jpg
a0056140_16584493.jpg
「こんな木の下でのんびりしてたら、上からヒルが落ちてこない?」
「大丈夫だよ、お互い監視していれば。落ちてきたら、即、撤収だよ。」

そんな話をしていたのですが、ヒルが落ちてくることもなく、と〜っても平和で気持ちの良い木陰と周りの風景に心底癒されました。
フキも、きゃらぶきを作るくらいの量は採れたので満足です♪

そしてーーー目の前に川もあるし、せっかくエサも持ってきたので、この渓を釣ってみることになりました。
a0056140_17143833.jpg
以前この下流を釣ったことがありますが、良い渓相なのにイワナが2匹しか釣れなかった記憶があります。
攻めやすい場所なので、きっと激戦区なのに違いありません。
釣り始めて1時間ぐらいしてもアタリがないので、(やっぱりダメかなぁ〜)と思いました。
上流を攻めていたTakeちゃんのところに行ってみると、「何か、ケモノのような、ケモノの糞のようなクサい臭いがしない?」と聞かれました。
私は臭いには敏感なほうですが、そんな臭いは全然しません。
「私には臭わないけど…? よく、熊のニオイがケモノ臭いとか、なんともいえぬクサいニオイがするっていうけど、まさか熊がいるわけないよね〜。」と私。
「念のため、熊を威嚇するために笛を吹いておこう。」と、すぐさまTakeちゃんは災害用の笛を取り出して、「ピィーッ!」と吹きました。

さらに上流に行くと、今日一番の大場所がありました。
「ホトちゃん、ココ釣っていいよ。」というので、今日はココで竿を畳むつもりで釣ると・・・
a0056140_1734628.jpg
食い渋っていましたが、なんとか釣れました☆

竿を畳もうかと思い上流を見ましたが、Takeちゃんが見えないので、もっと釣り上がったんだろうと思い、せっかくですから、さらに同じ場所で粘ってみると・・・
a0056140_17412794.jpg
少しサイズが落ちましたが、2匹目が釣れました♪

写真を撮ったり、仕掛けを直したりしていると、上流からTakeちゃんが下りてきました。

「尺越えが釣れたよ。」と言って見せてくれたのは、金粉を散りばめたような、背中が青っぽいイワナでした。
a0056140_180669.jpg
a0056140_1802242.jpg
Takeちゃんが言うには、釣れたポイントは、ほんの小さな溜まりだったそうです。
釣っていたら、向かいの方からケモノの鼻息のような音が聞こえたんだそうです。
「もしや、熊では?」と気になりながら釣りを続けたそうですが、そうすると、また同じ方から同じような音がしたんだとか。
でも、ケモノの姿は見えません。
そして、ポイントに仕掛けを振り込んだ直後、3度目の鼻息音が聞こえたので、ハッとして、音の聞こえた方に注意を向けた時、仕掛けが落ち込みの吸い口に吸い込まれそうになり、咄嗟に根掛かりを避けるために仕掛けをグッと煽ったら、この大イワナが掛かったそうなんです。

「その鼻息の音って、どんなの?」
「よく、馬が『ヒヒ〜ン』と鳴いた後にブルブルッってするでしょ? その『ブルブルッ』のような音と『フンッ!』っていう鼻息のような音の中間というか…。でも、3度目に聞いた時に空耳じゃないって確信したんだよ。」
「そうなの…。・・・あっ、そういえば、今日、ランチをしていた時に、下流に何か、人のような、何かが動いたように見えた瞬間があって、『誰か釣り上がって来たのかな?』と凝視していたら、何も動きがなかったの。だから『気のせいか…』と思ったんだけど、そんな勘違いをすることって、これまでになかったから、もしかしたら気のせいではなかったのかも…。」
a0056140_1825438.jpg
私達二人揃って、「霊感」とかが全然無い人種なんです。(笑)
だから、今日の出来事は不思議だわ〜。

「そういえば、今、気がついたけど、今年もこれで『尺もの』が釣れたから、渓流釣りを始めてからの毎年尺ものを釣っている連続記録が更新されたよ。今年はさすがに無理かなぁ〜と思っていたから、忘れていたんだけど。」
「そうよね〜。来週は用事があるし、再来週は鮎が解禁になるし、もし今日釣らなかったら、記録がストップになったところね。」
「あの、ケモノの気配に気を取られたおかげで釣れたなんて、ほんとに不思議だ。」

渓流釣りを始めてから6~7年のTakeちゃんですが、なんか持ってます。(笑)

そのあと、ゆっくりとコーヒーを楽しんでから、せっかくなので帰り道に『茂野島橋』の上で鮎の姿を確認しようと目を凝らしたのですが・・・

鮎が1匹も見えません???

そんな、バカな…。
私達の見方が悪いとは思えません。

「最近の放流鮎は、落ち込みのところにかたまっているから、こんな浅瀬には居ないんだよ。」とTakeちゃんが冗談めいて言っていたら、下流の落ち込みのところで魚が跳ねる姿が見えました。
「ほらね、言った通りだ。だから、解禁の時は、1人の人が僅かなスペースで爆釣するんだよ。」

そうね〜、ここ数年、そんな感じね。
でも、ここはダイワのマスターズの会場でしょ? こんなんで大丈夫なのかなぁ…。
他人事ながら、心配になりました(^-^;

今年は鮎釣りが良さそうな気がするーーーなんて言っていたワタクシですが、前言撤回しといたほうが、良さそうかな…(苦笑)
上流の川の石は、去年よりマシになった気がするんですが、鮎が居ないんじゃ話になりません。

     *     *     *     *     *     *   
a0056140_21152465.jpg
コジちゃん、今日もお留守番ありがと〜っ☆

そして・・・数日前から開花を始めた「パット・オースチン」の画像をアップさせていただいて、締めたいと思います。
a0056140_2143471.jpg

[PR]
by hototo-gisu | 2014-05-12 21:52 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(11)

山ヒルの襲撃に遭っちゃいました( ̄□ ̄;)

5月3日(土)
今日から連休。
張り切って渓流釣りに出掛けたのですが・・・またもや先客の車があって断念しました。
奇しくもそこは、私達が解禁日に早起きして行ったのに、すでに車が陣取っていた場所。
よほど、この場所には縁がないのか・・・(泣)。

そして、このせいで、今日の釣行の歯車が大きく狂ってしまったのでした・・・。
a0056140_1616312.gif
仕方がないので、その近場の沢を釣り登ることに・・・。
そこがまた、険しい斜面を巻いて行くところなんですよ。
急な斜面を登ったり降りたり・・・。
鮎釣りでも汗をかかない私ですが、今日は山の釣行だからと着込んでいたので、汗だくになりました(^-^;

そうして苦労して釣行したわりに、魚のアタリはまるでゼロ。
ポイントに立ってみると、足下に比較的新しいミミズが捨てられてあるし〜。(;¬_¬)
釣る前からテンションが下がっちゃいましたが、気を取り直して釣ってみたら、ようやく1匹だけ釣れました。
a0056140_16283684.jpg
今日の私の釣果は、この子だけ。
険しい釣行なので、リリースしてあげました。
a0056140_16321485.jpg
Takeちゃんも今日は良型は釣れず・・・。

代わりに、こんな生物と急接近したそうで・・・。
a0056140_16433234.jpg
帰ってから検索しましたら「シマヘビ」だったそうです。
もうヘビが出没する季節になっちゃったんですねぇ〜。
a0056140_21105413.jpg

最後に、こんな滝壺も釣ってみたけど、お留守だったようです。

「骨折り損のくたびれもうけ」という言葉が思い浮かぶような釣行だったのですが、山を下る途中で山菜を発見したので、Takeちゃんと一緒に採っていたら・・・。

Takeちゃんのウェーダーに「尺取り虫」のような生物がくっ付いているのを発見!

なんと、「山ヒル」ではありませんか!emoticon-0104-surprised.gif
慌ててあたりを見回すと、枯れ草の上にポツ、ポツと山ヒルがうごめいていました!!

「Takeちゃん、山ヒルがいるよ〜!!」

そう言いながら自分のウェーダーも見てみたら、なんと山ヒルが数匹、ウェーダーにくっ付いているではありませんかemoticon-0107-sweating.gif
おもわず払い除けようとしたのですが、強力にくっ付いているので、ちょっとやそっとの力では離れません。
ゴム手で思いっきり叩いて落としました。

Takeちゃんは釣りのペンチでつまみ取り、そのペンチで挟んで切ろうとしたところ、全然切れなかったそうです。
そこで、思いっきり踏みつけて、グリグリ踏みつぶしてみたそうですが、ビクともせず…( ̄▽ ̄;)
ついには、ライターで焼いてみたそうですが、丸くなったので焼けたのかな?…と見せかけて、しばらくしたらビヨ〜ンと元通りの身体に戻り、ピンピンしているではありませんか!( ̄□ ̄|||)
恐るべし、不死身の山ヒル!!

二人で狂ったように、身体中をゴム手で叩き回し、首や顔回りもチェックして、ヒルがくっ付いていないか確認しました。

それでもなお山菜に執着していたTakeちゃんでしたが、どうも「山ヒル」は、木の上から落ちてきているようなのです。
あたりには、まだ山ヒルがうごめいているし、早くその場から離れたほうがいいと判断した私達は、泣く泣く山菜を諦めることにしました。

そして、陽当たりのいい、頭上にも木がない場所に移動して、とりあえず身に着けているものを全て下ろして、ウェーダーやシャツ、持ち物全てに山ヒルが付いていないかチェックしました。

すると、ウェーダーに装着していた沢登り用の「アイゼン」と靴底の隙間に数匹潜んでいました。
ウェーダーにも数匹くっ付いていました。
おそるべし、山ヒル・・・・。

しかし、山ヒルって、季節的には、まだ少し先だと思っていましたが・・・。
その昔、秋田の渓流釣りの師匠に山ヒルの“おどろおどろしい”話を聞かされていた私は、山ヒルのいる場所は極力避けていたので、生きた山ヒルを見たのは今回が初めてです。
聞きしに勝る山ヒルの“おどろおどろしさ”に、すっかり怯えてしまいました。

山ヒルの襲撃に遭ったせいで、渓流釣りに行くのも気が引けちゃいそう。。。
a0056140_17344962.gif
結局、4連休のうち渓流釣りに行ったのは、この初日だけでした(^-^;

残りの3日は、バラの手入れにいそしんだり・・・。
(バラは「コーネリア」です。花に「マメコガネ」(コガネムシの小さいヤツ)が付いて花を食べるので、見つけては退治しています。)
現在咲いているバラはコーネリアだけですが、他のバラ達もあと1週間ぐらいしたら咲いてくれるかな…☆
a0056140_17425946.jpg
TakeちゃんはDIYでラティスを直したり、災害時に役立つ物を自作したりしてました。
a0056140_1745652.jpg
コジローは、羽が抜け換わっている最中なので、毛並みが酷いことになっています。
頭の羽も乱れて、何か、ツノが生えたみたいになってるぅ〜。
何かに似てると思って写真を撮ったけど、何に似てるんだか、思い出せない・・・(苦笑)
a0056140_1823498.jpg
また、鮎子と山女魚子(ヤマコ?)も作りました。
(画像はニスを塗っているところです。ニスを4回塗った後、ストラップを付けて完成です。)

楽しい創作活動もこのくらいにして、そろそろ鮎の仕掛け作りと針巻きに着手しないといけないなぁ〜(^-^;
[PR]
by hototo-gisu | 2014-05-07 21:13 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(18)