~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんにち..
by hototo-gisu at 22:51
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:33
お久です 此処に書くこと..
by ちゃぼ at 13:16
あいちゃんの動画で和ませ..
by kai at 10:43
>鮎猫さん こんばんは..
by hototo-gisu at 21:15

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今期初の大井川釣行


6月28日(土)

天気予報では、明日の方が天気が良いらしいのですが、今日は大井川に行くことにしました。
なぜ、今日なのか・・・。
その一番の理由は、Takeちゃんの仕事のストレス解消ですねー。

この前もよしよしさんから「Takeちゃん、ちゃんと仕事してるの?」と、からかわれていたけど(笑)、最近はお客様からのご依頼のレベルが、「仕事の範疇を越えているのと違うの?」ーーーと思うくらい、難易度の高いものを続々とこなしているんですよ(⌒-⌒)

そんなTakeちゃんは、鮎釣りはもちろんですが、「広々とした河原に車をとめて、その目の前で、の〜んびりと釣りがしたい」というのが希望なんです。
それで先週は「気田川」、今週は「大井川」ーーーという選択なわけです。
興津川でも、7~8年前までは、『茂野島』や『土村』に車をとめて、その目の前で移動もせず、一日中釣っていても、ポツポツ釣り返しも効いたし、今のようにキャンプ客が川に溢れていなかったから良かったんですけどね・・・..( - -)トオイメ

そんなわけで、ストレス解消は早いにかぎるーーーというわけで、大井川に行ってみたのですが…。

な、な、な〜〜んと・・・・


新東名の島田・金谷インターを下りたら、雨がドシャ降りではありませんか(|||_|||)ガビーン!!

ちょっとショックでしたが、大井川のポイントを知らない私達は、今日は「大井川探索」というノリで、川を見ていくことにしたのですが…。

川に釣り人が全然いません???

「Takeちゃん、ココ、解禁してるよねぇ…」
「雨だと、釣りしないのかなぁ…」

マジで、「鮎釣りをしても大丈夫なのか?」と不安になってきた私達…。

とりあえず、去年行ったことのある「水車小屋」のオトリ店に行ってみました。
すると、その近辺には友釣りをしている人達の姿が見えました☆

「ワ〜〜ッ♪ 友釣り、やってるよ〜〜っ\(⌒▽⌒)/♪」

友釣り師の姿を見て、こんなに安堵するなんて・・・(爆)

オトリ店で聞くと、そこより上流は釣り荒れているとのこと。
この付近か、少し下流が良いとの情報だったので、この付近で釣ってみることにしました。
a0056140_1775749.jpg
瀬落ちのトロに鮎が見えていたので、私はそこで釣り始めました。
すると、魚体に似合わない強烈なアタリで1匹目が掛かりました。
a0056140_1710213.jpg
やっぱり大井川の鮎って、アタリが良いんですよね。
水面が鏡になっていたので良く見えたのですが、掛かり鮎がギラギラ〜ッと上流に走るのです。
1匹バレたのなんかは、なんと、掛かり針を引ったくって上流に逃げていきました!Σ( ̄□ ̄|||)
掛かった〜〜っ♪・・・と思って抜きの態勢に入ろうとしたら、強烈なギラギラが上流に行ったな〜と思いきや、フッと軽くなったのです。
オトリを引き寄せて見てみたら、ハリス留めからハリスの付いた針ごとスッポ抜けて消えていました。
ハリス留めにハリスを2重にして掛けてるのに、これじゃ、3重にしろってことかしら?
(・・・と思って、その後はそうしてましたが・・・)

結局、釣り返しはきかなくて、この場所で4匹釣ってパタッと釣れなくなりました。
a0056140_17223118.jpg
Takeちゃんも釣れてなかったので、午後は上流に移動してみることにしました。

昭和橋の下流に移動したところで、河原でのんびりとお昼を食べていたら、遠くの方に白いベストで赤い竿、赤いタモの釣り師が釣っていました。
私達のところからは、川がどうなっているか全然見えなかったのですが、その人がタモを取り出し、引き抜きをしたのが遠目に見えたのです。

「Takeちゃん、あの赤い竿の人、釣れたみたいよ。」

そう言っていたら、またタモを出して取り込んだようです。

「あっ、また釣れたよ!」
「あの人って、もしかしたら、スー師匠だったりして・・・」
「白いベストで赤い竿で赤いタモだから…似てるよね〜。(…と、あたりを見回し、スー師匠のらしき車がないか見渡す私達…) でも、車もないし、釣り方が違うような気もする。」

その方がまた3匹目を釣りました。

私達の目の前にも良い感じの瀬があり、ハミ跡もたくさんあったのですが、Takeちゃん曰く「釣られてしまった後のハミ跡」のようにも見えました。

私はTakeちゃんに先駆けて、ちょっと遠いのですが、その赤い竿の人がいる場所に行ってみることにしました。

すると、赤い竿の方の上下にも1人づつ、黒い竿と黒っぽいウェアの釣り師がいたことに初めて気付きました。

1つの瀬に3人も入っていますが、瀬肩が空いていたので、そこに入ることにしました。

その瀬は先ほどの瀬よりも石の輝きが良いように見えましたので、Takeちゃんにもケイタイで教えてあげて、釣りを始めると・・・
a0056140_17365481.jpg
すぐに1匹目が釣れました。
その後もポツポツと掛かるのですが、ある程度の範囲内で掛かる鮎は1匹だけで、釣り返しも効かない感じです。
私の下流で釣っていらした黒いウェアの釣り師の方がいなくなったので、どんどん釣り下ったのですが、赤い竿の釣り師の方が釣ったとおぼしきエリアに入ってからは全然掛からず…。
仕方がないので、木が覆い被さった対岸のヘチにオトリを入れると掛かりましたが、他にも魚影が見えたにもかかわらず、他の鮎は追いません。
ーーーっていうか、私の釣り方が悪いのに違いないのですが・・・(^-^;

で、結局、午後に入って好調だったのは最初だけで、その後、続けざまに2匹バラしてからは釣れなくなりました。
そこにTakeちゃんが来たので事情を話すと、Takeちゃんが23センチぐらいのを釣ったという瀬落ち付近で釣ってみることを勧められました。
a0056140_22015069.jpg
(画像はTakeちゃんが釣った23センチの鮎です。釣ってすぐは追い星が真っ黄色だったそうです。)

ーーーっが、やっぱり釣り返しは効かないんですってばヽ(`⌒´メ)ノ
Takeちゃんが釣った後は、さっぱり釣れません。
「それじゃ、その上のタナは? あそこは釣ってないから…」と言うので、言われたところを釣ったら来ましたよ〜\(⌒▽⌒)/♪
a0056140_21000767.gif
釣れた鮎は小さくて追い星も無い鮎でしたが、アタリは良かったです。
天然遡上の鮎なのかな〜と思いました。

ポイントも何もわからずに大井川に来ましたが、11匹釣れたので充分です。
掛かったら上流に走る「大井川のスーパー鮎」に今年も会えて嬉しい♪
7月1日からは大井川の上流が解禁になるので、今、釣り荒れ気味になっているこのエリアも釣り師が分散されることで、もう少し釣りやすくなるかも…と期待しています☆

それにしても、今日は雨がひどくならず、釣りが出来て良かったです。
太陽が照らなかったので、私としてはとても助かりました(⌒-⌒)
こんなこと言ってたら、鮎釣り師、失格ですね(^-^;

     *     *     *     *     *

最後に、バラの2番花が咲き始めたのでアップさせていただきます(^-^)
a0056140_21243982.jpg
バラのことも書きたいことがいっぱいあるけど、鮎釣りシーズンが終わるまでおあずけになりそうです。
それまで、写真はいっぱい撮っておこうと思っています(⌒-⌒)b







[PR]
by hototo-gisu | 2014-06-30 21:40 | 鮎釣り | Comments(14)

こんなに混んでるなんて…( ̄▽ ̄;)@気田川

6月21日(土)
ええ、そうなんですよ。
Takeちゃんが、「次の土曜日は気田川にご一緒しませんか?」とよしよしさんにお誘いの電話をした時は、6月28日に気田川で「県大会」が開催されるなんて全然知らなかったんです。
そして、その「下見」とおぼしき人達で、今日こんなに混むなんて、これっぽっちも予想しなかった私とTakeちゃんは、甘かったのですね。
スー師匠とよしよしさんに、申し訳ないことをしましたm(_ _)m

・・・とまぁ、前置きが長くなりましたが、行ってきました気田川に!
いつもの「中道おとり店」に行きましたら、中道師匠はいらっしゃらなかったのですが、金曜会の錦ちゃんがいました。

するとTakeちゃんがいきなり、「錦ちゃん、木の切り株は入手出来ませんか?」と、聞いているではありませんか!(*_*)
(私が勘違いしてて「錦ちゃんは木材関係の仕事だったと思う」とTakeちゃんに言ったからなんですけどね(^-^;)
そしたら錦ちゃん、「樫の木だったら、あるよ。あとで川に持って行って、車のトコに置いておいてあげるよ。」とおっしゃるではありませんか!(◎o◎;)
聞いてみるもんですね〜っ。
(この件につきましては、鮎釣りの記事の後に書かせていただきます(^-^)b)

そして、今日のポイントを教わったのですが、下流はカヌーのラフティングやキャンプ客で賑わっているというので諦めて、「天狗裏」に行ってみました。
すると前述の通り、来週の県大会の下見と思われる人達で、川は結構な混みようでした。

それでも、鮎がそこそこ見えていたので、なんとかなるでしょう・・・と思ったし、思った以上に渇水していた為、他のポイントに移動するにも、どこに行ったら良いかわからなかったのです。

私とTakeちゃんは、車を停めた目の前の「深場狙い」で釣り始めました。
a0056140_2320599.jpg
すると、すぐにTakeちゃんに1匹目が釣れました♪
a0056140_2320526.jpg
20センチぐらいの良型じゃないですか〜☆
そのあとも、すぐに2匹目をゲットしました。

それを見た私も、真似して深いところを狙っていたところ・・・

いきなり「バシャッ!!」と30~40センチぐらいの銀色の魚影がオトリをくわえてジャンプしたのか何なのか、とにかく水面に姿を見せたかと思うと、首をグングン振りながら、激しく抵抗を始めました。

ア〜ッ、今日のラインは0.05だったんだわ〜。 せめて0.07だったら…

などと思って、ちょっと気が緩んだ隙に、頭をブンブン振られながら、物凄いパワーで岩の向こう側に逃げ込まれてしまい、水中糸の途中でプツンと切られてしまいました。

なんということでしょう・・・( ̄□ ̄|||)
大きさからして、たぶんニゴイではなかったのでは・・・?
ハナカン周りの仕掛けが付いたままで、可哀相なことをしてしまいました。
それもそうだし、今朝、オトリを買う時に「ここのオトリは元気で良く泳ぐから、オトリは1匹でも大丈夫ですよ。」なんて言った私でしたが、こんなことになるなんて…(;д;)

しばらく竿を畳んで、茫然自失していましたが、Takeちゃんが釣れていたので養殖オトリを譲ってもらい、気を取り直して、釣りを続行しました。

さっきのトラブルがあるので、深いポイントはとりあえずパスし、そこそこの瀬を釣ることに…。

おそらく入れ替わり立ち替わり釣り師が攻めているので、良さそうな筋ではアタリがありません。
下がって、う〜んと手前の流れの筋を引いたら掛かりました。
a0056140_2345537.jpg

その後、お昼の時報が鳴った頃には、入れ掛かりとは言わないまでも、調子良く釣れたので楽しい〜♪となりましたが、「腹が減っては戦が出来ぬ」ということで、お昼休みにしました。
a0056140_23494384.jpg
実はTakeちゃん、今日は鮎釣りもさることながら、新しい方式で「1人でタープを張る方法」を試したくて、気田川に来たかったらしいのです。
皆がお昼御飯を食べ始めていても、Takeちゃんは1人でタープを張るのに試行錯誤していました。
もぉ〜っ、根っからこういうことが好きなんですねぇ(;¬_¬)
御飯を食べた後も、「まだ試したいことがあるから、皆で先に釣ってて♪」なんて言ってましたから…(苦笑)

私はスー師匠やよしよしさんと一緒に釣り始めました。
a0056140_011371.jpg
スー師匠が釣れば・・・
a0056140_021563.jpg
よしよしさんも釣ります。

先ほども書きましたが、今、気田川は超〜渇水状態で、攻められ過ぎだと思います。
それでも魚影は濃いので、そこが救いなのです。
私やTakeちゃんは解禁以来、鮎がワラワラに泳いでいる河川を見たことがなかったので、これだけ鮎の姿が見えると、それだけで釣れない気はしないのです。
でも、ちょ〜っと混み過ぎで、思ったように好きなポイントが選べないのが残念でした。
a0056140_092481.jpg
釣り師が入り過ぎてて、スー師匠やよしよしさんに、各々が釣りたい場所で清々と釣りを楽しんで頂けなかったのが心苦しく残念でした。
そんな状況でも、お二人は初めての気田川で良く釣って下さいました(⌒-⌒)
Takeちゃんも、木の切り株の入手やら、タープの張り方などを試していたわりには、深場や荒い瀬の中など“竿抜け”を釣って、20センチクラスの良型を主体に15匹も釣っていました。
私は13匹という釣果だったけど、いろいろ勉強になった釣行でした。
今度来たら、もっと釣れるような気がする〜♪

     *     *     *     *     *

さて、Takeちゃんの「木の切り株が欲しい」の一件についてですが・・・

釣りを始める前に、錦ちゃんのお宅に寄らせていただきました。
一般的には「木の切り株」なんて、通常のお宅には置いてないものなので、突然のTakeちゃんの質問に「ウチにあるよ。」と即答する錦ちゃんに、「???」だった私達ですが、錦ちゃんのお宅に着いてお庭の一角を拝見した時に、「!!!」と合点がいった私達です。
a0056140_1410524.jpg
錦ちゃんのお宅には「薪ストーブ」があって、その燃料に「薪」をストックしてあるんですね!
そのモトになっているのが、「樫の木の切り株」というわけです。
(←画像は、Takeちゃんが譲って頂いた切り株です)
Takeちゃんによると、樫の木って、「備長炭」の原料になっているそうです。
その木を薪ストーブに使うなんて、なんか贅沢というか、理想的というか、羨ましいなぁ〜〜〜と思いながら、そのストックを眺めていたら・・・。

錦ちゃんが「ココ、見てみて♪」と、薪置き場に隣接する一室を見せてくれたのですが・・・
a0056140_1420956.jpg
4畳ほどの一部屋に、無線の機械やらがビッシリ!!
以前から錦ちゃんがアマチュア無線をやっているのは聞いていましたが、これほどまでに本格的とは想像していませんでした。
錦ちゃんから、これまで交信した世界各国からのQSLカードを見せてもらいながら(確か「ボスニア・ヘルツェゴビナとかタヒチとかもありました)、そういえば私も小学生高学年の頃に「ハム」とか「CQCQ・・・」とかに憧れて、アマチュア無線の資格を取るための方法とか模擬試験とか調べて、結構難しそうだったので諦めてしまったいきさつが、フラッシュバックのように頭に甦ってきました。
あの頃って、ラジオとかで、聞いたことのない外国の言葉を受信すると胸がワクワクしてました。
錦ちゃんとTakeちゃんと私は同級生という年齢なので、あの頃の夢をこうやって具現化している錦ちゃんに、拍手したくなっちゃいました☆
気田川も歩いて釣りに行ける距離だし、庭には畑や茶畑もあって、薪ストーブもあって、お洋服を着たお行儀のいい猫ちゃんも飼ってて、さらには「無線基地」まで持ってるなんて、いい暮らし(LIFEという意味で)をしてるね〜っ!!
基地の壁には「キャンディーズ」の写真が飾られてあって、Takeちゃんとしみじみ「同世代だな〜っ♪」って思ったものでした(^-^)

「ねぇTakeちゃん、錦ちゃんの基地を見て、私も『アトリエ』とまでは言わないけど、粘土細工とかの専用の作業机が欲しくなっちゃった!」と、気田川から帰る車の中で“おねだり”してみました。
そうしたら、考えて用意してくれるとのこと\(⌒▽⌒)/♪ ヤッホ〜〜ッ♪♪

ーーーというわけで、「気田川が釣り師で混んでいた」のは誤算でしたが、それ以外はいい一日で記憶に残る一日になりました。

6月22日(日)
Takeちゃんは朝から、昨日いただいてきた切り株をカスタマイズしていました。
a0056140_1512764.jpg
皮を削り取り、木の幹との間に潜んでいる虫を駆除したりして、少しでも長く愛用出来るように表面をきれいにして、天然成分で出来ている塗料を塗るという工程です。

画像は、Takeちゃんのお父さんの形見の「内丸鉋(かんな)」を使い、幹の外側のくぼみをきれいにしているところです。
「樫の木って、杉の木とかと違って、年輪が『放射状』になっているんだね!」と、Takeちゃん。
確かに、よく見ると、年輪ではなく、幹の一点から木目が放射状になっています。
こういうの初めて見ました(*_*)!
a0056140_15214767.jpg
透明な塗料を塗って、ほぼ完成です。
Takeちゃんが最近ハマっているブッシュクラフト(先人の知恵を生かす技術の総称らしいです)で、ナイフを使って木を切ったり、細工したりする時の台に使うために、木の切り株を探していたそうです。
樫の木は硬いので、台にするのに最適な切り株が思いがけず入手出来て、ホントにラッキーでした!
錦ちゃん、ありがと〜〜っ\(⌒▽⌒)/☆

・・・で、私もこの前の「鹿」に塗装し、ニスを塗りました。
a0056140_15324678.gif
ちょっと色黒ですが、「夏毛」のオスジカってことで…。(^-^;
外に置きっぱなしにしても大丈夫なように、耐水性&耐久性があるニスで仕上げました。
まるで「陶器」のような仕上がりですが、それはそれで良いかな〜と。
洗えるぐらいのほうが、扱いやすいです♪

次は「ウコッケイ」を作ってみたら・・・とTakeちゃんから提案がありましたので、ちょっと試しに作ってみようと思っています。

最後は、今日のコジローのコーナーです。
最近またコジローが「Takeちゃん、好き好き病♡」が再発していて、困ったものです。
a0056140_15405815.jpg
元気な証拠ですから大目にみてあげるけど、私の存在を無視しないでね〜っ♪(爆)
[PR]
by hototo-gisu | 2014-06-24 16:38 | 鮎釣り | Comments(2)

見えないけど、居る・・・?@玉川(中河内川)

6月14日(土)
鮎釣りのことに触れる前に、自分の記録として残しておきたい事から書いておきますが…。
6月11日はコジローをお迎えしてから3周年の記念日でしたが、お昼にちょっとした事件が起こりました! (って言っても、いつものように私個人的な出来事ですので、スルーして下さって結構です(^-^;)

パンを食べていたら抜けたんですよ、歯が!
その歯がタダの歯ではありません。
なんと、30歳を過ぎた頃に前歯の裏(後ろ?)に何やら白い歯のようなものが出てきたのですが、それが歳とともに徐々に大きくなってきた(生えてきた?)のです。
「埋没歯」と言われているそうなのですが、本来の位置に生えてないので抜くにも困難が伴います。
数年前、歯医者さんにもその旨話したら、「大きくなるはずはない」なんておっしゃっていたのですが、去年の5月20日に激痛に襲われ、抜くか抜かないかで問題になったのです。
その時は鎮痛剤を一度飲んだだけで、その後は今まで全然痛くなかったのですが、最近(グラグラするなぁ〜)とは気になっていたのです。
そしたらアナタ、その歯がポロッと抜けてくれたんですよ♪(実際には“欠けた”わけですが…)
なんか、長年悩まされてきた憑き物が落ちたみたいで、妙に嬉しくてたまりません。
乳歯が抜けて大人の歯が生えてくるような、生まれ変われるような錯覚?(爆)
まだ根っことかが残っているし、これから治療があるのですが、きっと上手くいくでしょう。
そんな気がする・・・。

ーーーーとまぁ、そういうわけで前置きが長くなりましたが、今日は今期初めての『安倍川』に行くことにしました。
去年も良い鮎が釣れたので、今年も・・・と期待しているわけですが、まだ少し濁ってました。
友釣り師も入っていたし釣れないことはないと思いますが、私が朝から頭痛で弱っていたせいもあり、今日はチャレンジはやめて、のんびり玉川で釣ろうということになりました。
郷島にある『岩崎おとり店』に寄ると、釣り名人のご主人は川に出掛けてしまった後でしたが、昨日中河内川で釣れたという大きな鮎が生け簀で泳いでいました。
西河内川でも大きな鮎が釣れているという噂で混んでいるらしいのですが、去年もおととし(もしかして、3年前だったっけ?)も、中河内川と西河内川は大水の後、川が変わってしまってダメだったので、少し復活のきざしが見えてきたのかな・・・と嬉しく思いました。

玉川に行って最初の橋の上から川見をしましたが、鮎は全然見えませんでした。
でも、石はなんとなく良さそうな感じ・・・。
「玉川は鮎が見えにくい川なんだよ。前、スー師匠たちと来た時も見えなかったじゃん。『見えないけど、居る』よ、きっと。」と、Takeちゃん。

そうして、橋の下で釣り始めました。
天然遡上らしい群れ鮎がワラワラ〜ッと見えたので、石が磨かれているのは、この子たちのせいかなぁ?

下流のほうにも鮎釣り師が数人入っていたのですが、そのうちの1人がTakeちゃんに近づいてきて、
「おとりは替わったかね?」と聞いてきたそうです。
「いえ、まだ釣り始めたばかりですから…」とTakeちゃんが答えると、「石は良い色をしているんだけどなぁ〜」と言いながら立ち去ったそうです。

・・・ということは、釣れていないってことかなぁ・・・。

と、思っていたら、Takeちゃんに待望の1匹が釣れました☆
a0056140_1822697.jpg
泳がせていたら掛からなくて、引いて止めたら掛かった!ーーーそうです。
その後もテンポ良く釣れて、1時間ぐらいで6匹釣りました。
a0056140_1841682.jpg
釣れた鮎は16~17センチぐらいの海産馴致のような鮎で、1匹だけ「静岡2系」みたいなのが混じっていたとか…。
あれっ? 安倍・藁科川漁協って、静岡2系、放流してるんだっけ??

かたやワタクシは、まだ1匹も釣れていません。
でも、午後からなんとかなると思う。
根拠はないけど、そんな気がしてました。

午後からTakeちゃんの指導のもと、鮎釣りを開始しました。
a0056140_18101795.jpg
まだ頭痛が治ってなくて、集中力が出ないんです(;д;)
Takeちゃんってスパルタだから、後ろで見られてるの嫌だわ〜。
・・・なんて思って釣っていたら、ようやく1匹目が釣れました♪
a0056140_1814279.jpg
「1匹釣れたから、もう良いよ〜。」ということで、安倍川本流に移動しようと行ってみたのですが・・・。
なんと、朝よりも濁っていました!Σ( ̄□ ̄|||)

仕方がないので、また玉川に戻り、別の場所で釣ることにしました。

そこは以前、良く釣れた場所ですが、やはり砂が多くなって、石はヘチに僅かしかありません。
a0056140_18181558.jpg
でも、こういう平瀬が好きな私は、テンションが上がってきましたよ〜♪
セオリー通りに石まわりで掛かって、午後から6匹釣れたところで竿を畳みました。
a0056140_1822159.jpg
Takeちゃんは、午後からはほとんどちゃんと釣ってないので(私の指導やら、河原を探検したりしてました)午後からは2匹の、トータル8匹でした。
・・・が、二人とも充分、満足でした。
なぜなら、約3年ぶりに玉川でまともな釣りが出来たからです。

帰ってから塩焼きにして食べたら、杉川の鮎と比べると脂は少ないですが、ワタも苦くなくて、身は海の魚のような味わいの、クセのない美味しさでした。
本来の玉川の鮎の感じではないなぁ〜という印象ですが、これはこれで美味しいので良かったです(⌒-⌒)
なにはともあれ、玉川復活、おめでとう〜〜!!\(⌒▽⌒)/☆

     *     *     *     *     *

次の日も休みでしたが、鮎釣りはお休み。
Takeちゃんは庭の芝刈り、私もバラの手入れや家事をしつつ、粘土細工をしておりました。

家事の合間をみながら、こんなの作っていたら・・・
a0056140_18495589.jpg
Takeちゃん、「それ何、ドーベルマン?」ですって?ヽ(`⌒´メ)ノ

a0056140_18505335.jpg
この前、Takeちゃんから「庭に置くオブジェで、『リス』を作ってみて♪」と頼まれたので作ってみました。(←の画像がそれです)
すると、「なかなかいいじゃん。『森の仲間たち』というシリーズで、今度は『鹿』を作ってみて! 『バンビ』ちゃんみたいなのが良いな〜。」とリクエストされたのです。
それで「鹿」を作っているのですけど・・・それが、なにか?(笑)

しかし・・・、作り進めてみましたら、ちょっと胴長だったみたいです。
メスジカを作っていたのですが、カクカクシカジカで、急遽、ツノを付けまして・・・
a0056140_20323794.jpg
オスジカにしました。(^-^;
今週、色を塗って仕上げたいと思います。
メスジカは次回、作りますm(_ _)m

梅雨入りして、鮎釣りが出来ない時に粘土細工をしようと思っていたけど、この分だと来週も大丈夫そうですね。
ゲリラ豪雨も困るけど、カラ梅雨も困る・・・まったく身勝手ですが、そう思う、今日この頃です。
[PR]
by hototo-gisu | 2014-06-16 20:52 | 鮎釣り | Comments(6)

まさか、濁っていたとは・・・@興津川

6月7日(土)
昨夜も雨が降っていたけど、朝、興津川の「宮原おとり店」のHPを見たら、「午前5時現在 10センチ高」で、ほとんど濁りもない様子。
興津川の上流部は攻められ過ぎて釣れないし、中流部はマスターズと「がまかつ」の大会があったばかりで釣り荒れているだろうし、「天然遡上鮎の多い下流部で竿を出してみようか」・・・ということで、最下流で川をのぞいてみると・・・

なんと、茶色く濁って、増水しているではないですか!Σ( ̄□ ̄|||)

まさか、濁っていたなんて・・・。

もしかしたら、小河内川とかの濁りが入っている可能性もあるので、徐々に上流に向かってみることにしました。
a0056140_15145416.jpg
今年初めての『清地』。
橋の上から川見しましたが、下流よりも濁りが薄いけど、鮎も薄いような気がします(^-^;
KOJIさん、今年は解禁に来なくて正解でしたね〜☆

さらに上流に車を走らせ、『茂野島橋』で川見をしましたが、やっぱり鮎は見えません。
さらに上の『黒川合流付近』でも全然見えないので、鮎は諦めて(?)、産直めぐりに方向転換しました(苦笑)。

その後も川見をしつつ、ブラブラしながら、結局また下流に戻りました。

『承元寺堰堤下』に行ってみると、濁りが薄くなってきたのでボチボチ竿を出す人の姿が・・・。

しばらく川を見ていたら、鮎がポチャッと跳ねました。

「オトリになるサイズだね。」
「濁っているけど、なんとか釣りになりそうね。」
「梅雨入りしたから、来週また釣りが出来ないと寂しいし、竿を出してみようか。」

・・・と意見が一致し、オトリを買いに行ったのですが、1軒目も2軒目も閉まっていました。
もう午後2時半ですからね〜、無理もありません。
「『鮎釣りをやめて、帰ったら?』・・・ってことかな?」なんて弱気発言も出ましたが、3軒目でオトリを確保出来ました♪

そして川に入ってみたのですが・・・
a0056140_15381981.jpg
増水していて濁りもあり、石はほとんど見えません。
川を歩いてみた感じ、去年に比べて、だいぶ「砂」が増えているようです。
私の好きだった左岸側も、砂で浅くなっちゃって、見る影もありません(泣)。
a0056140_15423579.jpg
しばらくしてTakeちゃんのほうを見たら、手を上げて合図していました。
(Takeちゃん、ケイタイを車に置き忘れていたそうです)
遠いので良くわからないけど、手のひらを広げているから、「5匹釣れた」って合図かしら?
そうか〜、ヘチの深場で釣れてるのね〜。
私は、そう解釈しました。

じゃ、私もヘチの深いところを狙ってみよ〜っと(⌒-⌒)b

そう思って釣り開始しましたら、すぐに掛かりました。
a0056140_15474622.jpg
ちゃんとオトリになるサイズが釣れるのね〜♪
・・・と思ったら、次に釣れたのは10センチ未満のミニミニサイズ。
3匹目は12センチぐらいかなぁ…。
a0056140_15531264.jpg
4匹目も12センチぐらいの天然遡上鮎でした。

もともと私のお気に入りポイントだった左岸側では、1人の釣り師の方が、釣れるサイズは小さいながらもポツポツと掛けているようでした。
「過去の栄光をもう一度・・・」じゃないけど(^-^;、私も左岸側を釣ってみることにしました。

・・・っが、1匹も釣れませんでした。
途中から強風が吹き荒れて、竿を支えるのがやっと・・・という感じでしたので、そこでやめておけば良かったのかも・・・。
今年は「夕のぼり」は期待薄のようです。

てっきり5匹釣れていると思っていたTakeちゃんも4匹だったそうです。
実釣時間は2時間半ぐらいでしたが、すっごく濃い釣りをした感じ・・・。
これで来週釣りが出来なくても、いいかな〜と思いました。
ーーーっていうか、これだけ鮎が見えないと、どこで釣ったら良いかわかんな〜い!!(爆)

     *     *     *     *     *

帰り道に、また「ちきゅう」が清水港に停泊しているのを見つけました☆
私が「ちきゅう」を見つける度に騒ぐので、Takeちゃんが思いっきり近くまで車を寄せてくれました\(⌒▽⌒)/☆
a0056140_16113784.jpg
近くで見ると、ホントに大きいんです。
この突き出たパイプの塔に、海底2,500mから深さ7,000mまで掘削できるパイプが搭載出来るようになっているらしいので、こんな形になっているんですね。
「ちきゅう」が「ちきゅう」という名前でなかったら、私もあまり関心が持てなかったかも知れません。
「地球」に生きる私達・・・当たり前と思いがちな「平和な自然」に感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。

      *     *     *     *     *
羽が抜け替わっているコジローも、体重が少し減っているけど元気です。
毎朝、Takeちゃんと「かくれんぼ遊び」するのが日課なんですよ♪
a0056140_17192722.gif

少食なコジローですが、もっと私に似て、たくさん食べてくれればいいんだけどな〜っ(^-^;
[PR]
by hototo-gisu | 2014-06-09 21:06 | 鮎釣り | Comments(8)

気田川の解禁に行ってきました〜\(⌒▽⌒)/☆

6月1日(日)
今年は解禁日が運良く日曜日に重なったので、気田川に行くことにしました。
第二東名が出来たことで気楽に行けるようになったこともあるし、解禁で沢山の釣り師が入っても、どこか空いているだろうという安心感もあるし・・・中道師匠や金曜会の人達に会えると嬉しいし〜♪

8時少し前に「中道オトリ店」に着くと、錦ちゃんや、お馴染みの方達のお顔がありました。
(今年も鮎釣りが始まったんだな〜っ☆)という喜びがフツフツと湧いてきました。
中道師匠から本流のポイントを教えていただいたのですが、「杉川」で釣りたい気持ちがあったので、とりあえず目指すポイントへ行ってみることにしました。

ーーーっが、そこはすでに車がズラッと停まっていて、停めきれなくて戻ってくる車と鉢合わせになる始末…。
その前後のポイントも釣り師だらけで、むしろ本流よりも混んでいるんじゃないかと思ったほどでした。
今年の私達は、「目指すポイントには先客があって入れない」という宿命なのです(;д;)

でも、なんとか入る場所を見つけることが出来ました。
a0056140_17131399.jpg
気田川は河原が広々として気持ちがいい〜\(⌒▽⌒)/
今日も真夏日になるようですが、Takeちゃんが日除けのタープを張ってくれるので安心です。
a0056140_17304775.jpg
ここで釣りを開始したのですが、太陽が真正面にあるではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)
困ったなぁ〜。バンパイア体質なので、頭痛になりそうで気が気ではありません。
a0056140_1734947.jpg
陽射しが気になりながらも、釣り始めて3分ぐらいで1匹目が釣れました♪
a0056140_17351944.jpg
静岡2系かな? すごく状態が良い鮎です。
こんなに早く掛かるなんて、今日は釣れそうな予感がしてきましたよ〜〜〜♪
なにげに、Takeちゃんも入れ掛かりになっているようです。

・・・しかし・・・。
やはり陽射しが気になって、私は釣りに集中できません。
先日から腕は痛いし、目は「ものもらい」で腫れてるし、体調がイマイチなので、体調優先で対岸から竿を出すことにしました。
a0056140_17435818.jpg
護岸に乗っかって釣るのは釣りにくいし、ポイントも潰しているような気もするけど、陽射しを背にするには、こうするしかないのです。007.gif
a0056140_17451189.jpg
Takeちゃん、ホントに絶好調です☆
このままだと、今日は50匹越えちゃうかも〜っ005.gif

今日釣れたポイントは、ごく“真っ当な”ポイントです。
ある程度水深があり、比較的流れが速いところに沈んでいる石まわりで釣れていました。
最初、17〜18センチぐらいの静岡2系がパタパタ〜ッと釣れたあと、16〜17センチぐらいの「海産馴致」らしい鮎が掛かり出しました。
a0056140_17555589.jpg
これはよく見ると「静岡2系」なのですが、海産馴致の鮎はこの画像の鮎に良く似ていて、背中の色が青っぽくて体型も良く、ヌメリが強くて綺麗な鮎でした。
あ〜っ、なんで写真を撮ってなかったんだろう・・・。(それだけ、心に余裕がなかったってコトですか…(^-^;)
そして、わずかに天然遡上鮎も掛かったのですが、体長12〜13センチで生育が良く、今後がとても楽しみな感じです。

午前中、私は16匹、Takeちゃんは30匹ぐらい釣って、お昼休みにしました。

ジムニーにタープを張り、日除け対策は万全です。
今日は30度を越えていたのですが、風は爽やかなので救われました。
Takeちゃんなんか、ビールを2缶も飲んじゃって、すっかり余裕をかましていたのですが・・・

そんなことをしていたから、他の釣り師(2人も!)に入られちゃいました。
解禁日ですから、仕方がありません。
Takeちゃんが来るまでポイントをキープすべく右岸側で釣り始めた私ですが、陽射しが真正面から照りつけることはなくなっていたので、そのまま右岸側で釣りが楽しめました。

おかげで数匹の入れ掛かりもあったし、午前中もこっち側から釣っていたらもっと釣れていただろうな…と思いますが、身体が大事なのでやむを得ません。
a0056140_18272145.gif
午後から12匹ぐらいまではラクに釣れていたのですが、それからパタッと釣れなくなりました。
鮎は跳ねているので居るんですけど、釣れないーーー解禁日以降に鮎が釣れなくなるのも、なんだかわかる気がしました。

Takeちゃんはビールを飲んでリラックスしちゃったせいもあるし、他の釣り師が入って動けなかったせいもあるし・・・で、午後からはあまり真面目に釣りをしていませんでした。
本人としては、午前中に楽しい釣りが出来たので、もう充分満足したみたいです。

しかし私としては、せっかく右岸側で釣りが出来ているし、なんとか30匹にしたいと思い、毎度のことながら往生際の悪い釣りをして(苦笑)、Takeちゃんのアドバイスにより、ようやく最後の1匹をゲット出来ました☆
a0056140_18412176.jpg
あ〜あ、やれやれですぅ〜〜042.gif
a0056140_1844446.jpg
解禁日とはいえ、夫婦共稼ぎで、こんなに大漁なのは初めてです。
Takeちゃんは39匹(ホントはもっと釣れたのに、本人は「川の神を怒らせないように39匹で良い」と言って竿を畳んだのです)、私は30匹でした。

帰り支度をのんびりしていたら6時をまわってしまったのですが、中道師匠に報告したくて「中道オトリ店」に寄ると、運良くいらっしゃいました。
お話を伺うと、なんと「三桁」釣った方もいらっしゃったようで、70匹、80匹釣った方もいて、概ね好調な解禁日になったようで良かったです。
中道師匠も漁協の組合長という重責を担っていらっしゃって、最善を尽くしても自然相手のことなので大変だとお察ししますが、今日のような解禁日を迎えられてホッとなさっていらっしゃるのではないかと思いました。
お疲れ様です、そして、今日もありがとうございました。

「錦ちゃんも『あの衆ら(私達のこと)が、釣れてくれればいいが…』と言っていたよ。」と師匠。
ハイ。いつも錦ちゃんに情報を教えていただくのに、期待に応えられずにスミマセンです(^-^;
錦ちゃ〜〜ん、今日もありがとね〜〜(⌒▽⌒)/☆

それにしても、Takeちゃんの午前中の爆釣はスゴかったねー(*_*)
昨日なんか、「釣れなかったら、道の駅めぐりでもするから、釣れなくてもいいよ。」なんて言ってた人がねぇ〜(;¬_¬)
それも、あの、たった35メートルぐらいの区間で、二人して良く釣ったね♪
楽しかったね〜〜\(⌒▽⌒)/♪

帰宅してから、あの綺麗な海産馴致の鮎を塩焼きにして食べてみましたら・・・
a0056140_20471038.jpg

「この鮎、違うよ!」とTakeちゃん。
そうです。前回食べた興津川の鮎と、また全然違う味わいでした。
こちらのほうが脂がのっていて、皮がパリッと焼き上がっています。
(グリルの受け皿には、黄金色の脂がたくさん落ちていました。)
鰻と比べるのもヘンですが、静岡の「かん吉」の鰻の皮のような感じで、皮がパリッと歯切れが良く、身はホクホクアツアツで、味は川臭さがなくて万人が美味しいと思うであろう味わいです。
そして、肝はメチャクチャ苦い!!・・・でも、それが美味しくてクセになりそうです。
「この前の鮎も美味しかったけど、これはまた全然違う美味しさだね〜〜っ♪」 
「写真もちゃんと撮ってないし、また海産馴致の鮎を釣りにいかないといけないね!」
そんな話をしたのでありました。

ちなみに次の日、静岡2系を焼いてみたのですが、やっぱり海産馴致のほうが、皮の感じとか味が良いような気がしました。
塩焼きが思いのほか美味しかったので、気を良くして「干物」や「南蛮漬け」も作っちゃいました。
a0056140_2191396.jpg
今回は、なんとなく冷凍にはしたくなかったのです。
でも、冷凍ストックも欲しいから、また釣りに行かないとね☆

     *     *     *     *     *      *

最後に・・・。
鮎釣りが始まって、早朝からのお留守番が増えたせいか、ちょっと甘え気味のコジローの画像で締めさせていただきます。
a0056140_2122134.jpg


 
[PR]
by hototo-gisu | 2014-06-03 21:29 | 鮎釣り | Comments(12)