「ほっ」と。キャンペーン


~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
鳥猟、エアー・ライフル
料理、日本酒、ワイン
渓流釣り、本流釣り
バラ、ガーデニング
DIY、物作り、クレイアート
ジムニー&エッセ・カスタム
自然
ロック(ブリティッシュ系)
と或る日常のこと

最新のコメント

>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 15:24
クレイアートの方は苦心さ..
by kai at 23:42
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:00
IT化が進んでるようです..
by kai at 14:26
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:02

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

必見☆誰でも作れる! 串焼きが超簡単に出来る部品を紹介します♪

1月24日(土)&25日(日)
全国の渓流釣り師、鮎釣り師、キャンプ愛好家、アウトドア料理愛好家の皆様に朗報ですっemoticon-0171-star.gif
まずは、これをご覧下さい。
a0056140_1535058.jpg
バズーカ砲・・・じゃありませんよ(^-^)
「目玉クリップ」にパイプをワッシャーとビスで留めただけですが、これが何か?ーーーと仰るなかれ。
a0056140_1573986.jpg
a0056140_1584160.jpgこの部品をお手持ちの網にパチッと留めるだけで、ア〜ラ不思議!「串立て器」に早変わりです。

「焼いてる時に、クリップが外れたりしない? 強度は大丈夫??」
そんな心配、ご無用ですよん〜。
まぁ、だまされたと思って作ってみて下さい。
実物を網に付けてみたら、その強度の確かさに信頼が持てると思います。

これまで散々、いろんな串立て部品を作ってきたTakeちゃんですが、金曜日の夜に突然、ひらめいたそうです。
「これだ!!」と。
そこで早速、土曜日の朝にホームセンターと100円ショップで部品を調達し、アッ!と言う間に作っちゃいました。
ーーーっていうか、たぶん私にも作れちゃいます。メチャ簡単ですから♪
作り方は、Takechan☆Houseをご覧下さい。

ねっ、簡単でしょ?(⌒-⌒)b
鮎のハナカン周りの仕掛けを作るより、簡単! 早い!!
冬の手持ち無沙汰なこの時期に、これを幾つか作って、車に積んでおいてみては(“積む”っていうほど大げさな部品じゃないけど)いかがでしょう?
皆がバーベキューをやっている時に、網の空いているところにパチッとはさんで、今、釣ってきたばかりの鮎(ヤマメでも、アマゴでも、シシカバブーでも♪)を串に刺して、これに差し込めば、「串焼き炉端」がなくても、簡単に串焼きが出来ます。
キャンプやアウトドアの愛好家の方々にも、ぜひおすすめしたいですね♪

考案したTakeちゃんは「ぜひ沢山の人達に作ってもらって、アウトドアで気軽に串焼きを楽しんでもらいたいな〜」と申しております。
そうです、リンクフリー&拡散OKです。emoticon-0100-smile.gif

そうそう、それに合わせて、針金で波々の形状の差し込むものを作ると、焼き鳥を焼くための台にもなります。
a0056140_15574784.jpg
この画像の右側のは、耐熱モルタルで作った串立て器を使用していますが、左側のように「目玉クリップ串立て器」だと簡単ですよねー。

河原で釣ったばかりの鮎を食べるの、最高の贅沢ですよね。
「串焼き炉端」や他の方法でもそうですが、串に刺して魚を立てて焼く場合には、周りをアルミ製のキッチンガード(100円ショップでも購入可)で囲むと、熱効率良く、上手く焼けますよ。

どうぞ皆様で、楽しんで下さいね〜っ\(⌒▽⌒)/♪

ーーーというわけで、役立つ情報はここまで。(笑)

私も今年のクレイアートの手始めということで、以前から作りたかった「青い鳥」を作りました。
a0056140_161512100.gif
「架空の動物」というか、キャラクター的なものは、私、苦手ですぅ〜。
それでも、ちょっと作ってみたかったというか、庭のアクセントを作ってみたかったというか…。
なんとか自分なりに満足がいくものが出来て、この子を見る度に心がポッと和みます。

さて、次のお題は「やませみ」です。(Takeちゃんがそう言うので…)
「やませみ」も近くでマジマジと見たことがないので困りましたが、ネットを駆使して情報収集して、ようやく着手しました。
a0056140_1626990.jpg
初めて買った粘土を使ってみましたが、どうなりますやら・・・。
コツコツ、丁寧に作っていこうと思います。

そして、コジローのことですが・・・。

1月21日(水)のこと…。
夕飯が終わって、コジローを放鳥する時間になったので迎えにいったところ、ケージに抜けた翼の羽が散乱していました。
もう1年以上もパニックになっていなかったので安心しきっていたら、こんなことに…。
迎えにいく数十分前にテレビの地震速報で「東海地方で震度1の地震がありました」と出ていましたが、まさか震度1ぐらいでこんなふうになるなんて…。
a0056140_16334234.jpg
画像左がパニックを起こしてから2日目のコジローですが、羽が抜けた左側の翼がだらりと落ちてしまっています。
時々、「伸び〜〜っ」と羽を伸ばすので、折れてはいないようです。
ネットで探索したら「脱臼」とかではないか・・・と思われました。
そうだとしたら病院に連れて行ったとしても手の施しようもなさそうで、しばらく保温に注意して、安静にさせておくことにしました。

ネットには、「脱臼して、肩が下がって飛べなくなりましたが、もう20年もそのままで元気に過ごしています」とか、「ウチのオカメも肩が落ちたまま、11歳になりました。」とか体験談が書かれてあって、(コジローも肩がそのままでも、生きてくれていればいい。)と思うことにして、まずは食べさせることが大事だと思い、あの手この手で少しでも食べるようにと努めました。
(オカメインコは“食い溜め”出来ないのと、新陳代謝は優れているので、食べさえすれば回復は早いからです。)
パニックになって3日目のお昼には、Takeちゃんと二人がかりでコジローの翼を広げて「触診」もしてみました。
羽が数本、根元の先のほうからねじれていたので、翼のおさまりが悪いように見えたので、思い切ってその部分をカットしました。
今日は5日目になりますが、肩の位置も元に戻り、以前のように“ぶりっ子声”でTakeちゃんに甘えるようになったので、もう大丈夫のようです。
なぜオカメインコだけ「パニック」を起こすのかわかりませんが、そういう「個性」を持つ鳥なのだということを忘れずに、そして、それ以上の長所をたくさん持っているオカメインコであるコジローと今後も末永く生きていきたいな・・・って、あらためて思った出来事でした。
[PR]
by hototo-gisu | 2015-01-26 17:13 | DIY、物作り、クレイアート | Comments(16)

バラの土替え&石灰硫黄合剤塗りが終わりました♪

寒風吹きすさぶ中、一連のバラのお手入れがようやく終わりました\(⌒▽⌒)/♪
あとは、2月10日頃に「本剪定」をすれば、冬の重要な作業は完了したことになります。
ここ数年、バラの芽が動き出すのが早くなったような気がしていて、(硫黄合剤も早く塗ってしまわないと…)と焦っていましたが、我が家のバラとTakeちゃんの実家分全てを1日かけてやりとげました。
ふぅ〜〜っ。。。
a0056140_1561023.jpg
冬のバラの庭というのは、メッチャ地味ですね〜。
おまけに硫黄合剤を塗ったものですから、枝も白っぽくって、生気がありません(^-^;
・・・っが、これから春に向けて、徐々に芽が膨らんでいき、緑の葉っぱが成長していく様を見るのが毎日とても楽しみなのです。

そんなこんなの前祝いというわけではないのですが、17日(土)はゴージャスなディナーになりました。
a0056140_15205629.gif
たまたま「ベイドリーム」の生鮮館に寄ったら、三陸の牡蠣が一皿(3つ)で400円、三皿だと千円というではありませんか(*_*)!
「切り出し七輪」を手にしてからというもの、Takeちゃんは牡蠣とかホタテを焼いて食べたかったらしく、ネットで検索したりしていました。
でも、やっぱり目で見て選ぶのが一番ですね☆
三陸の牡蠣は、中身も丸々としていて食べごたえがあり、とても美味しかったです。
生で食べるのも好きですが、なんか炭火で焼くと情緒があっていいですね(⌒-⌒)
a0056140_15313673.jpg
マグロのカマも塩焼きにしてみました。
「切り出し七輪」って、新しい炭を追加してもすぐに火がつくし、炭の持ちが普通の七輪に比べて何倍も良いです。
Takeちゃんなんか「火鉢の代わり♪」とか言って、炭火が消えるまで足下に置いて、暖をとっていました。
(6時頃点けた炭火が、11時頃まで残っていました。さすが岩手切炭!)
ア〜ア、こんなに楽しく使えるんだったら、もっと早くに切り出し七輪を買っていれば良かったね!

ーーーそして、Takeちゃんの「ねこ」3作目が出来上がりました。
a0056140_1540319.jpg
これはTakeちゃんのお姉さん用に作ったものです。
私のと違いショート丈ですが、可愛いシルエットになりました。
画像はありませんが、白いムートン地にヒョウ柄の生地を使って作ったソックスも作って、一緒にお姉さんのところへ送ったところ、大好評だったようです☆
「プロみたいだね〜。まだミシン、続けるよね?」って言われたそうです(笑)。
そんなに飽きっぽい性格だと思われているのか、作って欲しい洋服があるのか…?
お姉さんは、ボランティアで楽器の演奏をやっている方なので、きっと舞台で着たい衣装があるのでしょう。
まだ「ツルの恩返し」状態は継続中ですので、大丈夫ですよ、お姉さん♪

最後に「今日のコジロー」です。
a0056140_16153381.jpg
毛繕いをする時に見せるこの表情が、チャールズ・ブロンソンに見えてしまう私…(^-^;
この寒い中、新しい羽を増産中のコジローですが、その羽が生え揃った頃には、静岡はそろそろ暖かくなっているかも・・・?
早く、バラの花が咲くのが見たいわ〜〜☆
(ちょ、ちょっと、せっかち過ぎません?)
[PR]
by hototo-gisu | 2015-01-20 18:40 | DIY、物作り、クレイアート | Comments(2)

バラの土替え&誘引 ~Vo.3~ その他もろもろ。

a0056140_22351373.jpg1月10日~12日(土~月)
主なツルバラの土替えや誘引が終わったので、残りのバラに着手することに…。
本当は12月中にバラの葉は全て取り除いておかなければいけなかったのですが手が回らなかったし、花が咲いているのもあったので、気にはなっていたのですが、(お正月に花があったほうが良いかな〜)と、そのままにしていました。
ようやく花を切り取って、葉っぱも取り除きました。
そして、この3連休にかけてほとんどを終わらせたいなぁ…と思っていたわけですが…。

結果は、あと数鉢残すだけになりました♪
その後は石灰硫黄合剤を塗る作業になります。
それが終わったら、バラに関しては、しばらくのんびり出来るかな〜。emoticon-0141-whew.gif
a0056140_22521290.jpg
この画像は、去年、解禁後(興津川)初めての鮎釣りに出発する日の朝に撮った、我が家の庭です。
手間隙かけて咲かせたバラも、ちょうど鮎釣りと重なってしまって、のんびりと楽しめないのが難ですが…。
でも、道を通る方々が見て喜んで下さるのが、バラにとっては幸せなことかな〜と思います。

そんな我が家のバラさん達ですが、去年は事件が起こっていたのです。

それは、2013年12月17日のお昼のことでした。

その日は午後から、ピアノの調律の方がお見えになる予定になっていて、私は気ぜわしく過ごしていました。
すると、Takeちゃんが「バラの鉢のところに、魚が落ちてる!」と言うではありませんか!

慌てて見に行ったら、少しひからびた、サバぐらいの大きさの魚が「エイボン」の鉢の後ろに落ちていました。(魚はフッコの小さいのだったようです。)

「野良ネコが運んできたのかなぁ?」

そんなことを話しながらも、私達は大変な事態が発生していることに気付いたのです。
なんと、エイボンの主枝の一つが、肝心なところからボッキリと折れているではありませんか!Σ( ̄□ ̄|||)

えっ?! なぜ枝が折れているの?

ーーーというのも、エイボンは「スタンダード仕立て」になっていて、いわば地面からだいぶ高いところから枝分かれしているので、ネコが飛び乗ったりすることは不可能だからです。

その時は、あまりのショックと事態を収拾するのに精一杯で(おまけに来客も控えていたし)写真を撮る余裕がなかったのですが、おおよそ、下記のような状態だったのです。
a0056140_23283433.jpg
(*注…画像は、今年の剪定後のエイボンの画像を元に作成しました)
この状況から判断するに、「何者かが上から魚を落として、そのせいで枝が折れた」としか思えません。
なぜなら、枝が折れたところの後ろの壁に、その魚の「ウロコ」と思われるのがくっついていたからです。
魚が勢い良く枝に当たって枝を折り、魚はそのまま壁に当たって下に落ちたと思われます。

いったい魚を上から落としたのは何者か?

魚の大きさや種類からして、人間がわざわざそんなことするとは考えられません。
それでは何が・・・?

きっと「トンビなどの、“猛禽類”に違いない」という結論になりました。
実際に、そういう似たような事例もあることがあることもわかりました。
私達も川で、トンビが水面にダイブしてウグイなどをつかまえて空に持ち去るのを何度も目撃しています。
きっと猛禽類が魚をつかまえて空を飛んでいたところ、何らかの事情で(カラスとかに邪魔された?)手から魚を落としてしまったのではないかと推測しました。

何が起こったか、本当のところはわかりませんが、エイボンの大事な枝が折れているのを放っておくわけにはいきません。

枝は2つにバックリと裂けるように縦に割れて5センチほども折れていて、接ぎ木テープだけではラチがあきません。
Takeちゃんが「添え木」のかわりに「針金」でガッチリとグルグル巻きにしてギブスにしてくれたので、接ぎ木テープで巻いた傷がなんとか固着してくれるのを祈るのみでした。
(参考までに、私が使用している接ぎ木テープは「ニューメデール」という商品です。最近では近所のホームセンターでも購入出来るようになりました。)

そして迎えた2014年のバラの開花時・・・。
エイボンは見事に復活してくれました。
a0056140_23491175.jpg
a0056140_23491599.jpg
エイボンは何事も無かったかのように、枝を茂らせて、花も綺麗に咲かせてくれました。
葉をかき分けて見ると、「針金ギブス」がしっかりと枝を支えてくれていました。
a0056140_10524565.jpg
これは、今年の剪定前に撮った、ギブスを外す前の画像ですが、光の加減で見にくかったですね。すみませんm(_ _)m
折れた時期が冬で、バラの木が冬眠中だったことも不幸中の幸いだったと思います。
しかし、何時バラの枝を折っても、決してあきらめずに「接ぎ木テープ ニューメデール」で包帯のように巻いて、必要に応じて「ギブス」をすると良いようです。
バラって、見かけよりも強いですから(⌒-⌒)b

バラと言えば、最も怖い病気と言われている「根頭癌腫病」についてですが・・・。
(あら〜〜っ、バラの話を書き出すと、止まらなくなっちゃった〜〜っ( ̄▽ ̄;))
数年前に根頭癌腫病を発症し、たくさんの蕾を付けたのに咲かせず、樹勢が衰えてしまった「パットオースチン」ですが、はっきり言って、もうダメだと(枯れてしまう)と諦めておりました。
大方のバラのサイトを見ても、「廃棄処分」すべきであるように書かれています。
しかし、とあるサイトで、「木酢液が根頭癌腫病の菌を抑えるのに有効だ」と書かれてあったのです。
私はダメモトで、その年の冬、パットオースチンを植え替える際に、根に付いていた癌腫の塊をナイフで取り除いて廃棄し、希釈済み木酢液(原液を2~3倍に薄めたもの)にパットオースチンの根を1時間ほど浸しておいて(「木酢液風呂」ですね♪)、それを新しい土を入れた鉢に植えました。
そして、浸けてあった木酢液をその鉢にジャブジャブかけちゃいました。
冬は冬眠しているので、そのくらい強い「殺菌」をしても、大丈夫だと信じて・・・。
すると次の年には蘇り、その後も問題なく育って、新しいシュートも出て、立派な花をたくさん咲かせてくれています。
直近のパットオースチンの様子はこちらで見れます。
確かに「根頭癌腫病」は恐ろしい病気で、他のバラにも感染する可能性があり注意を要しますが、好きで家に迎えた大事なバラですから、生きる可能性にかけたいと思いました。

我が家にはパットオースチン以外に、「モーティマーサックラー」と「グリーンアイス」が癌腫病にかかっていますが、どれも「木酢液風呂」のおかげで大事には至らず、毎年他のバラと変わらず元気に育っています。

・・・と言いつつも、今回は植え替えの際、木酢液が品切れだったため、「モーティマーサックラー」には木酢液風呂に入っていただけず、土を替えた後に木酢液の希釈液を鉢に与えただけの処置になってしまいましたが、今年はダメでも来年があるさ・・・と、思うことにしています。
a0056140_11414877.gif
(画像は、今年剪定後のモーティマーサックラーとブライス・スピリット、そして開花している画像は昨年の5月のもので、奥からモーティマーサックラー、ブライス・スピリット、そして、昨冬植えたばかりのミニのツルバラ「スィート・ドリームス」です。)

ーーーしつこいようですが(笑)、バラの開花時期と鮎釣りシーズンが重なっているので、ブログもついつい鮎釣りの話題になってしまいます。
そのため、バラのことを書く機会をず〜〜っと失っていたのです。
「いつ書くの?」
「今でしょ!」
というわけで、今日は書かせていただいております。(^-^;

次の「ボニカ‘82」も、去年の冬に、奥の庭に「地植え」していたものを掘り出して、Takeちゃんが作ってくれた木製の鉢に移植したのですが、移植して最初の年だからとあまり期待はしていなかったのに、見事な成長と花を見せてくれましたので、ここにお披露目しておきます。
a0056140_114647100.gif
剪定後の画像は、つい最近、剪定が終わって誘引した後のものです。
鉢植えですから、これ以上大きくしないようにコンパクトに育てるのはなかなか大変ですが、さすが「バラの殿堂入り」を果たしている「ボニカ‘82」ですから、コンパクトでも圧倒の存在感と美しさで、我が家のシンボルになってくれると思います。

シンボルと言えば、私的にはこの「レッドキャスケード」もお気に入りなんです。
a0056140_1242740.gif
今年は鉢で買ってから3年目になるので、結構見応えのある(って言ってもミニバラですが…)感じになると、今から期待しています。

ーーーというわけで、今回のバラの話題はこのくらいにして・・・と。emoticon-0137-clapping.gif

Takeちゃんは、先日入手した「切り出し七輪」用の部品を、従来の七輪のものが使い回し出来るにもかかわらず、新たに作ることにしたようです。
a0056140_11545133.jpg
トタンで作ったものに、耐熱塗料を塗り、薪ストーブで熱して、塗料を焼付けしているところです。
薪ストーブ、久しぶり〜〜〜♪

そして出来上がった部品がこれです。
a0056140_1232850.gif
焼き鳥の串を置く波形のワイヤーの下にセットする銀色の板状のものは、焼いている時に串の持ち手部分が焼けて熱くならないように工夫されたものです。
簡単に分解出来て、収納もしやすくなっています。
黒い「ゴトク」を作ったことにより、焼き網も高い位置にセット出来るので「強火の遠火」が可能になっています。
おまけに、画像はありませんが、トタンで作った筒を置いて蓋をかぶせると、オーブン調理も可能です。
(これらの部品に使っている耐熱塗料は、650度の熱まで大丈夫らしいので、オーブン調理もOKです)
よくもまぁ、こんなにアイディアが浮かんでくること(*_*)!
「切り出し七輪」の会社の人達に、「こんな使い方をしてるんですよ〜っ♪」って、教えてあげたくなっちゃいました(^-^)
a0056140_1636233.jpg
そしてーーー

せっかく久しぶりに薪ストーブを出したので、ピザを焼くことにしました。

・・・っが、薪ストーブって、意外に熱効率が悪いのね〜。
確かに、シチューとかおでんとかの煮込み料理には、ピッタリなのかも…。

これでは、ピザ釜内の温度がちっとも上がりません。

シビレを切らしたTakeちゃんは、途中から従来の七輪を使う方法に切り換えちゃいました。
a0056140_1642527.jpg
炭の量も半分以下なのに、風防も使えたことによって、釜の温度はグングン上がり、あっという間にピザが焼けちゃってビックリです!
a0056140_16452529.jpg
久しぶりの「やませみピザ」、美味しかったです☆
作った後で気がついたんですけど、「切り出し七輪」のほうが、さらに熱効率も良いので、この前みたいにカニが室内で焼けるなら、ピザも室内で上手く焼けるんじゃない?
ーーーというわけで、次回は室内で「切り出し七輪」を使って焼いてみることにします♪

それから・・・

冷え性の私の為に、Takeちゃんがルームソックスを作ってくれました\(⌒▽⌒)/☆
a0056140_16515737.jpg
前回作ってくれた「ねこ」(ねんねこ半てん)の余った布で作ったそうです。
試作品ということで、Takeちゃん本人は改良したいところがあるらしく、不満足のようですが、私の足にはぴったりで、ムートンのようなフワフワの生地が温かくて、極上の触り(履き?)心地です。
ヒョウ柄の「ねこ」を着て、このソックスを履くと、何だか自分が「ヒョウ」に変身していくような気分です。
それって、先日、映画「妖怪人間ベム」を観たせいかも知れませんねemoticon-0136-giggle.gif

最近、バラの植え替えに忙しくて、クレイのほうはご無沙汰になっていますが、ライチョウのジオラマの背景は仕上げてみました。
a0056140_1772665.jpg
なんか、夕方、日陰で撮ったので暗い・・・。
ちゃぼさんのリクエストで、立山連峰の「剣岳」を“参考”にして描いてみたんですが…。
まぁ、目をつぶってやってくださいませ(^-^;

お正月に家族で集まった時、Takeちゃんの甥っ子が、このライチョウのオスをスマホで撮影していたそうです。
Takeちゃんはメスも持ってきて、「これも撮ったら?」と無理矢理勧めたそうですが、他のには興味がなく、オスが気に入っていたらしいです。
それを聞いて、少し自信になりました。
こんな私の作品でも、気に入ってくれる人がいるんだな〜って。

バラが一段落したら、クレイアート、頑張ろ〜っと♪
[PR]
by hototo-gisu | 2015-01-14 18:39 | バラ、ガーデニング | Comments(2)

2015年 新しい年が始まりました☆

新年、あけましておめでとうございます。

今年の年賀状に、「謹賀新年」といった新年の挨拶の代わりに「和気致祥」という言葉を用いたTakeちゃん。
「和気祥に到る」と読み、「気持ちが穏やかでいると、自然と幸せになる」という意味らしいです。
私などは、つい、さまざまな雑念にかられて、なかなか「穏やかな気持ち」になれないものですが、この言葉を思い出して心を鎮め、穏やかな気持ちでまわりの人とも接し、ともに幸せな日々を過ごせるように努めていきたいと思います。

ーーーと心に誓うも、今日はもう1月4日。
去年の暮れからバタバタと忙しくしていました。
それもこれも、日頃からお掃除を手抜きしていたツケがたまって(苦笑)、新年に家族を迎えるにあたり、大掃除やらなんやらで、穏やかな気持ちとは程遠い毎日を送っていたのであります。
そんな自分を戒めつつ、心に留めておきたい画像をサラッとブログに残しつつ・・・( ̄▽ ̄;)
a0056140_16512064.jpg

なんとか無事に大晦日を迎えて、おせち料理も整ったのでありました。(⌒-⌒)
a0056140_16354492.jpg


そして1月2日には、恒例の家族会が行われました。
a0056140_18154267.jpg
暮れに買った「切り出し七輪」もテーブルの上でカニを焼くのに大活躍♪
ーーーしかし、カニが焼ける時に「ジュッ♪」とカニ汁が炭に垂れると灰が舞うのです。
皆が帰った後、そこかしこに灰の残骸が散乱し、お部屋もいまだにカニの匂いが残っています。
まっ、いいか♪
家族が今年も集まれて、楽しいひとときが過ごせたということが大事。
ホスト&ホステス役の私達は、まさに「和気祥に到る」心境になったのであります。

昨日(1月3日)は近くの神社に初詣をし、今日はTakeちゃんはDIYです。
a0056140_18231210.gif
トタン板で、切り出し七輪の上部カバーを製作していました。
トタン板で円形の内側を丸く切り出すのは結構大変みたいですが、手慣れたものですね〜。
「トタン板細工教室」でも開いちゃいましょうか(⌒-⌒)b
a0056140_18255295.jpg

a0056140_18275430.gif
私はというと、昨日から頭痛が続いていて何もする気が起きないのですが、Takeちゃんが冷蔵庫を開ける度に荒巻鮭の頭が気になるらしく「ニセ・サツキマス」とか言っているので、とりあえず「氷頭なます」の下ごしらえだけは済ませました。

そんなこんなで、アッという間に年末年始を駆け抜けましたemoticon-0141-whew.gif
新年早々、「燃え尽き症候群」気味・・・。
しかーし! 私の今年の目標は「クレイアート」をもっと上達することです。
早く体調を直して、頑張りたいと思いま〜す☆
a0056140_21351461.jpg

[PR]
by hototo-gisu | 2015-01-04 21:41 | と或る日常のこと | Comments(10)