~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>坪ちゃん こんばんは..
by hototo-gisu at 22:16
芸術は爆発だー!って言い..
by 坪ちゃん at 11:08
>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 00:10
〉柔軟性に富んだ発想 ..
by よしよし at 19:58
>kaiさん こんに..
by hototo-gisu at 16:26

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2015年 鮎釣りシーズンのスタートです☆

5月23日(土)
昨日、洗濯物を干していたら、空にこんなヘンな虹が・・・
a0056140_22384383.gif
太陽を囲むように、虹が二重にかかっていました。
(もしかして、地震の予兆?・・・)
仕事中のTakeちゃんを呼び出し、写真を撮ってもらいました。

「地震とは関係ないんじゃない? むしろ、ラッキーなことが起きる前兆かもよ♪」

ほんとぉ・・・? だったら、明日の鮎釣り、釣れるといいなぁ・・・。

ーーーそんな出来事があったのでした。
(これは「halo(ハロ)」といわれる現象で、高度の高い所に薄い雲が掛かると起こることがあるとか…)
(*追記…太陽を囲むようにかかっている虹(ハロ)の下に写っている虹は「環水平アーク」と呼ばれる、別の珍しい現象らしいです。同時に見られたのは珍しかったそうです。)

そして迎えた、私達の待ちに待った鮎釣り解禁日☆
20日の解禁日から、すでに3日経っております。
追いの良い鮎は抜かれてしまって、だいぶシブくなっているようですが、解禁日なんて「お祭り」みたいなものですから、気にしない、気にしない。
ただ、入りたいポイントに入れなくなるといけないので、頑張って“4時起き”して、6時過ぎにはポイントに到着しておりました(⌒-⌒)v

すると、なじみのある声が聞こえました。
a0056140_2323427.jpg
なんと、すぐそばに「キジ」さんが現れました。
私達には、キジとかカルガモに会うと、良いことがあるっていうジンクスがあります。
Takeちゃんは今朝、田んぼにカルガモが居るのも見つけていました(*_*)。
果たして、ジンクスが当たりますかどうか・・・。

解禁最初の土曜日なのに、川はガラガラ。
好きなところに入ることが出来ました♪

約半年ぶりの鮎釣りは、緊張はしないけど、何をしてもギクシャクしてしまいます。
あちこちにラインや針を引っ掛けたり、釣っていても竿角がピシッとしません(;´ー`)

それでも、10分ぐらいで1匹目が釣れましたよ〜♪
a0056140_2319026.jpg
13センチぐらいの「静岡2系」っぽい鮎です。
Takeちゃんの話によると、興津川の解禁日に他所からいらした方々のブログに「最近にしては、こんなに青い鮎が釣れるのは驚きだ」とか「綺麗な鮎が釣れた」と書かれていたそうですが、たぶん、コレのことですねー。
私も「静岡2系」を初めて知った時には、カルチャーショックでした。
興津川で「追加放流しました」ってアナウンスがあると、釣り師が殺到して、50だの60だの釣るーーー放流したての鮎がすぐに追うかしら・・・?って懐疑的だったけど、実際、放流後に釣ってみたら、瀬の流芯に居着いていて、ガンガン追ってくる。ーーー今まで養魚場で育てられていた鮎とは信じられないほどの泳力を持つ鮎なのでした。
おまけに、追い星やしっぽまで真っ黄色で、ヒレはビレビレ長くて、インパクトのある姿。
人工産鮎って、ここまで進化したんだなぁ・・・と驚いたものでした。
しかし7、8年ぐらい前から、この「静岡2系」がめっきり弱くなってしまって、深いトロ場に群れるようになり、川の荒廃とともに、「2系もダメだな。」と言われるようになっていたのであります。
今年はサイズこそ小さいけど、久しぶりに「静岡2系」が元気になっているのかも☆
a0056140_23343639.jpg
これは3匹目に釣れた鮎。
背びれが切られているけど、何か意味があるのかな?
どの鮎も、例年よりはサイズが小さいけど(13センチぐらいです)、鮎独特のスイカのような香りが握った手からも漂ってきます。
やっぱり鮎は、こうでなくっちゃ!
a0056140_23472841.jpg
Takeちゃんもボチボチ釣れているみたいです(⌒-⌒)

しばらくして、スー師匠とよしよしさんも合流しました☆
a0056140_2343181.jpg
遠目に、お二人も釣れているみたいです。
当然ですけどね〜(*^o^*)

だんだん釣り師の数も増え、鮎のアタリも少なくなってきました。
釣れる鮎も、静岡2系に混じって、10センチちょっとの「天然遡上」らしき鮎が掛かるようになってきました。
今日の鮎は、身体は小さくても追って掛かっているので、アタリが良くて楽しいです。

早朝からの疲れが出てきたので、お昼休みをとることになりました。
a0056140_23532374.jpg
私の白い帽子は、SHIMOTSUKEの“サンバイザー”をTakeちゃんが“帽子”に作り換えてくれたものです。
初めっから“帽子”だったみたいに良く出来ていて、白いベストにも合いますねー。
「馬子にも衣装」とは、良く言ったものです。(笑)

「今年は天候が悪かったから、鮎の育ちが遅いのでは・・・」と、スー師匠。
(確かに4月は晴れた日が数日しかなく、雨が多かったです。)
「このぶんだと、追い気の良いのはすぐに釣り切られてしまって、パタッと釣れなくなってしまうかもね」と、よしよしさん。
「もうすでに釣れなくなってきているみたいだから、今入っている人達も場所移動して、午後からは空くかもね。」

ーーーな〜んて話をしていたら、川を見てビックリ!
竿が等間隔に並んでいて、川を横切る隙もないほどです。
「車は増えていないので、きっと下流のほうから移動してきたんだね。」と、Takeちゃん。
下流も厳しくなってきたのかもね…。

実際、午後に入ってからは、あまり釣れません。
釣れないところにきて、早朝から活動している疲れが出てきて、注意散漫の疲労困憊状態で、もう釣りに集中出来なくなっていました。
バレを連発するわ、釣った鮎を友舟に入れる際にスルッと逃がしたりするわ・・・(;>_<)

こんなことじゃアカン!
気を入れ直して、もう1匹釣ったら竿を畳もう。

そう思いながら神経を集中させていたら、本日一番の大物が掛かりました。

慎重に引き抜いてみると・・・

なんと、20センチちょっとのウグイでした(;д;)

これでは終われない!
また仕切り直して、先程バラしたところを引き直してみると、ようやく釣れました。

ふと上流に目をやると、さっきまで見えていたスー師匠が居なくなっていました。
私も上がりますよぉ〜〜。

もう、疲労困憊でフラフラですぅ。
Takeちゃんのところへ行ったら、「あれ? もうやらないの?」と、意外そうな顔をされました。
まだ4時半頃でしたが、もう鮎釣りは“お腹いっぱい”です(;´ー`)┌

釣った数を数えてみると、Takeちゃん21匹、ワタシは23匹でした。
a0056140_14202697.jpg
釣れた鮎は小さかったけど、アタリも良かったし、元気いっぱいでした。
ここ数年、鮎が釣れても「アタリが弱くて、『おかしいな…?』と思っていたら、いつのまにか掛かっていた」というケースが多かったのですが、今日は違っていました。
去年の解禁はツ抜けも出来なかったので、今年は上出来でしょう。

a0056140_14584254.jpg川から上がった時、眼性疲労からか頭痛がしていたのですが、すぐに鎮痛剤を飲んで、家に着くまで助手席で寝ていたら、着く頃には痛みもなくなっていました。

スー師匠から、「サイズが小さい鮎だから、塩焼きで内臓に火が通るまで焼くと身が焼け過ぎちゃうから、唐揚げにすると美味しいですよ♪」とアドバイスされていたので、天然遡上の小振りの鮎は、内臓そのままで唐揚げにしました。
静岡2系は、背開きにして内臓を取り出して掃除したので、明日、調味液に浸けて、「干物」にしようと思います。

「今年もこうやって、鮎釣りが出来ることが何よりだねー」と、口々に話していた今日の解禁日。
いろんなことに感謝をしつつ、今シーズンも無事に、鮎釣りを楽しみたいと思っています。

5月24日(日)
今日は、午前中は雨マークだったのに、なぜか晴れました。嬉しい誤算です(⌒-⌒)
おかげで、干物作りも順調に出来ました。
a0056140_15195043.jpg
昨日の疲労もそれほど残っていなくて、それも嬉しい誤算ーーーといったところでしょうか。
バラの手入れも出来たし、充実した休日が過ごせました。
a0056140_1526434.jpg
画像のバラは、グリーンアイス(左)とフェッツアー・サイラ・ロゼ(右)です。
右のロゼは今年で2年目の若い苗だからか、4月の天候不順がたたって、ちょっと元気がありません。
鮎といっしょで、今後の成長を見守りたいと思います。
[PR]
by hototo-gisu | 2015-05-25 16:17 | 鮎釣り | Comments(12)

アマゴ、ツ抜け?

5月16日(土)
来週からは鮎釣りが解禁になるので、今日は“ヨモギ摘み&アマゴ釣り”に出掛けました。
まずは、とある支流の奥にヨモギを摘みに行ったのですが、山道には穴が空いていたり、あちこち落石があり、沢は崩れた岩や倒木だらけで、無惨なことになっていました。
ついこの前も大雨が降ったばかりなので、落石に巻き込まれてはならないと思い、よもぎを採取した後は急いで下山しました。

そして、お昼休みをとることに・・・
a0056140_2191650.jpg
Takeちゃんが自作したタープを張りましたが、組み立てもシンプルで超〜簡単♪
私でもラクラク組み立てられそうです。

「ニコルさんに見せたかったなー」とTakeちゃん。

そうね、今振り返ると、ニコルさんが興津川にいらした時のタープはグズグズでしたものね。
きっと天国で苦笑いして見てくれていると思います(⌒_⌒)

その後、アマゴ釣りをしたのですが・・・
a0056140_2118728.jpg
開始してすぐに、チビアマゴちゃんが釣れました。
私にとっては、これが今期初のアマゴです(^-^;
小さいけど、アマゴは引きが違いますねー。
a0056140_2119563.jpg
その後も、浅瀬などでチビちゃんが入れ掛かりでしたが、あまりの小ささにキープ出来かねました(^-^;
もっと大きく育って釣られてきてね( ^_^)/~~~

さて、気になる鮎の状況ですが・・・

『茂野島橋』の上からは、鮎は見えませんでした。
もっとも、増水後でアカがとんでいるから・・・でしょうけど・・・ということにしておきましょう。
土村の堰堤の溜まりには群れがいたのですが、全体的にサイズが小さいようです。
解禁は少々、厳しいかも・・・?
まぁ、解禁はお祭りみたいなものですから、今後の天気の回復とともに鮎が大きく育ってくれることを期待したいです☆

5月17日(日)
a0056140_21435845.jpg
いつもなら鮎釣りの解禁とバラの満開が重なって、もどかしい思いになっていたのですが、ことしは開花が1週間ほど早いようです。
おかげでバラの花をゆっくりと楽しむことが出来て嬉しいです\(⌒▽⌒)/♪
a0056140_21523634.gif
「アイ・オープナー」がその名の通り、目を惹きます。
a0056140_21553490.jpg
玄関の「レッドキャスケード」も、日陰にめげず、開花を始めました。
クレイの青い鳥とのコラボもイイ感じで、植えて良かったな〜と思います。
a0056140_2158370.jpg
Takeちゃんの実家に植えた「ポンポネッラ」も、植えてから今年で3年目。
理想通りに、ラティスを覆うようになってくれました。
花持ちも良くて、香りも高いし、病害虫にも強い品種だということがわかり、初心者の方にはオススメの小型のツルバラです(⌒-⌒)
a0056140_228475.jpg
「須磨」(左)、「グリーンアイス」(右上)、「ジジ」(右下)。
どのミニバラも、それぞれ良いところがあって、みんな好きです☆

バラの手入れに追われながらも、クレイのほうも色付けが終わりました。
a0056140_22154910.gif
kaiさんがおっしゃるように、「ヘッドスライディングをしているリス」に見えますねー。
「滑り込みセーフ」・・・みたいな。(笑)
これ、あくびをしながらストレッチをするシマリスが可愛かったので、そのイメージで作りました。
a0056140_2219205.jpg
「シマリス」と「コジロー」の名前をアレンジして、「シマジロー」と名付けました。
今後もいろんな「シマジロー」を作っていこうと思っています。

ーーーーーさてさて、鮎の解禁、どうなりますやら・・・。
せめて天気に恵まれると良いのですが・・・。
[PR]
by hototo-gisu | 2015-05-18 22:37 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(4)

鮎解禁前に、いろいろと・・・

5月9~11日(土~月)
今週の渓流釣りは、お休み。
バラの花もだいぶ咲き始めたので、お手入れに励みました♪
a0056140_1862364.jpg
ミニのツルバラの「舞姫」(画像左と右上)とL.D.ブレスウェイト(右下)
a0056140_188485.jpg
ミニバラのスタンダード「エイボン」(画像上)、モーティマー・サックラー(中左)、マルゴ・コスター(中右)、ミニバラのチュチュとカーラ(下左)、ブライス・スピリット(下右)

ーーーと、続々と開花を始めました。
しかし、写真が上手く撮れなくてザンネンな画像ばかり・・・。
朝日が当たっているバラっていうのは、光が乱反射して、キレイに撮れないのね・・・。
一眼レフのカメラも欲しいけど、カメラの問題じゃないのかもねー(;´ー`)┌

10日は「母の日」でしたので、我が家の咲いているバラやマーガレットでアレンジして、Takeちゃんのお母さんにプレゼントしました☆
a0056140_18213324.jpg
イングリッシュローズは花持ちが悪いので、蕾みを多めにしたのですが、それなりにゴージャスな感じになってます(*^o^*)
お母さんにも、とても喜んでもらえて良かったです。

そしてTakeちゃんは、仕事部屋の窓に日除けを取り付ける枠を作って・・・
a0056140_18275958.gif
なんと、日除けのクロスも1m220円の農業用虫除けネット?を買ってきて、ミシンで自作し・・・
a0056140_18291192.jpg
取り付けもバッチリでした☆
たぶん、あの日除けが「虫除けネット」で出来ているなんて、誰も気付かないでしょうね(^-^;
a0056140_18295384.jpg
Takeちゃん、ミシンを使いこなしてますね〜。
私には、ムリ無理!
だって、ミシンって、“machine”マシーンが語源なんですって!
「機械」が語源だなんて、「機械音痴」の私には、もう聞いただけで頭痛がしそうだわ{{(;+_+)}}

「私が好きなマシーンは、『マシーンヘッド』のLPぐらいよ。」
「『マシーンヘッド』って、ギターの一番上にある、弦を巻いている部分のところを言うんだよ。ちなみに日本語では『天神』って書くんだけどね。」
「へぇ〜っ、マシーンヘッドって、そういう意味だったのぉ〜(*_*)! 『天神』だなんて、ぜひリッチー・ブラックモアに教えて上げたいものだわ〜」

いや、ホントに、リッチーさんのメロディーラインは素晴らしいですものねー。

------っと、話がそれてしまいましたが・・・
a0056140_18471529.jpg
土曜日にベイドリームに行ったら、アジアン雑貨のお店が閉店セールで全品半額になっていたので、アロマポットを買いました。
今まで「お香」を焚くことはあったけど、アロマポットを使うのは初めて♪
クレイアートを作るのに精神を集中させたくて、「ユーカリオイル」を焚いてみましたが、なんだかとっても良い感じで、すっかりハマっています。

それで、次の作品も、ここまで仕上がりました♪
a0056140_1852510.jpg
これは、何だ? 
リスのブリッジ??
いえいえ違います。
a0056140_18543356.jpg
ネットで、あくびをしながら伸び伸び〜〜っとしているリスが可愛くて、難しそうだけど作ってみることにしました。
上手く色付け出来るかなぁ・・・。
前回作った「シマリス」が好評だったので、「シマジロー」という名前を付けました。
他にもいろんなバージョンのシマジローを作ってみたいな・・・。

     *     *     *     *     *

今、5月12日の午後9時30分過ぎですが、豪雨が降り続いています。
さっき、雨の重みであじさいの鉢が倒れてしまい、Takeちゃんが救出するために外に出ましたが、一瞬のことなのにビショ濡れになっちゃいました。
バラの鉢は倒れないように縄でおさえていますが、花はともかく、枝が大丈夫かな。。。
…っていうか、今になって、風も凄く強くなってきました。
もう外に出れる状態じゃありません。
川も大増水していると思われます。
こんなに早い時期に、こんな大きな規模の台風なんて、いったいどうなっているのでしょう。
どうか被害がありませんように・・・。
[PR]
by hototo-gisu | 2015-05-12 21:34 | バラ、ガーデニング | Comments(4)

生態反応、ゼロ。。。

5月2日(土)
今日は私達にとって、GWの1日目。
晴れて気温もどんどん上がって、絶好の行楽日和です。

渓流釣りもするつもりですが、まずはフキを採ってから、のんびりとランチタイムを楽しむことにしました。
a0056140_15113651.jpg
つい先日まで、寒い寒いと言っていたのに、今日は日向では真夏のような暑さです。
でも、ここは「渓流域」。
道路の脇にちょうどいい広さの空き地をみつけたので、テーブルをセットしました。
涼しい風が吹いて、暑い下界と比べたら極楽ですぅ〜\(⌒▽⌒)/
これからも、暑い時はここに“避暑”に来ようかな♪

そして、午後からは渓流釣りをしました。
a0056140_1529965.jpg
この渓は一昨年初めて入渓したのですが、アマゴとイワナが混在していて魚影も濃い場所だったのです。
去年もサラッと釣ったのですが、魚影は走るし、ポツポツ釣れました。
この周辺には沢山の渓がありますが、その中でも目立ちにくい場所にあるし、「ココは困った時の“テッパン”ポイント」ということで、今日も「アマゴの顔が拝めたらいいね♪」ぐらいの軽〜い気持ちで入川したのですが・・・
a0056140_15592759.gif
二人で丹念に攻めたのですが、アマゴやイワナどころか、アブラハヤでさえ、な〜〜んにも釣れません。ーーーっていうか、アタリも全然ありません。

オカシイ・・・。 こんなこと、ありえません。

上手い釣り師が釣り切っちゃったのでしょうか?
でも、アブラハヤは残るでしょう?
あれだけ魚影が濃かったんだから、どこかには残っているでしょう。

そう信じて、どんどん釣り上がりました。

途中、倒木が覆いかぶさって竿が出せない大場所がありました。
そこは、去年もおととしも、ずっとそうなっていた場所です。
去年まではスルーしていたのですが、今日は意を決してTakeちゃんが臨みました。

まずは、「本当に釣り師が竿で攻められない場所かどうか」を確認し直したそうです。
倒木は何本にも折り重なって、魚が潜んでいそうな深みを覆っていて、どの方向からも釣ることは不可能だとわかりました。
さらに、釣り師が邪魔な木を払った形跡がないか確認しましたが、その形跡もなし。
・・・ということは、このポイントは2年に渡り攻められていないので、魚が残っているはずです。

そこでTakeちゃんは、魚に警戒されないように注意しながら、倒木をナイフ(緊急時用に携帯しています)で切り払って、なんとか竿が出せるようにしました。
そして釣ってみたそうなんですが、何のアタリもなかったそうです。

そうやって、私達は黙々と釣り上がっていったのですが、そろそろ4時半をまわる頃になりました。

すると、とある畑のような開けた場所に出たので、もしかしたら道路に繋がっているのではないかと思い、畑のほうに上がってみました。

なんとか山道にたどりつくことは出来たのですが、もうヘトヘトです。

それから山道を下り、やっとジムニーの姿が見えた時には、安堵の気持ちでいっぱいでした。

ーーーそれにしても、どうしてあれだけ良かった渓に「生態反応」が無かったのか。

確かに、この周辺の渓には「見るからに魚が潜んでいて当たり前なのに、生態反応の無い」沢がいくつか存在するのは経験済みです。
釣り師に釣り切られてしまったのか、何なのか?
私達としては、去年までの魚影の濃さや、アマゴとイワナが混在していた優れた渓流だったイメージが強過ぎて、今日の出来事が本当に信じられませんでした。

釈然としない思いが頭の中をグルグルして、次の日の朝も、そのことが頭から離れませんでした。

「流れの中は、夢いっぱい」

細山長司さんが色紙に書いて下さった言葉ですが、いつも釣りの最中は一投、一投が、魚と出会える期待でワクワクしながら、流れに餌(友釣りの場合はオトリ鮎)を投じているので、まさにこの言葉通りなのです。
オフの時にも、(あの渓にはアマゴやイワナが息づいている)ということを想像するだけで穏やかな気持ちになれるから、最近では釣果よりも、アマゴやイワナに会えることが肝心だったりして…。

いやいや、私達が攻めたのは、長い渓のホンの一部です。
絶滅したわけではないでしょう、きっと。
(そんなに深刻に考えなくても・・・(^-^;)

ーーーというわけで、気持ちを切り換えて、山で採ってきたフキで「きゃらぶき」を作ったり、同じく河原で摘んできたヨモギで「草餅」を作ったり・・・
a0056140_1704049.jpg
それから、他のバラに先駆けて咲き始めた「コーネリア」の画像も載せちゃう♪
a0056140_1735039.jpg
これは、夕暮れ時に撮った写真です。
毎朝、マメコガネ(小さいコガネムシ)が花を食べに来るので、心を鬼にして退治しています。
a0056140_1763064.jpg
独特のオレンジ色が印象的な「パットオースチン」も開花し始めました。

ついでに、コジちゃんのカワイイ写真もアップしちゃいます〜☆
a0056140_1781990.jpg


ーーー鮎が解禁になるまでに、あと1回ぐらいは渓流釣りに行けそうですが、どうかアマゴさんの顔が拝めますように☆
[PR]
by hototo-gisu | 2015-05-05 19:05 | 渓流釣り、本流釣り | Comments(12)