~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:16
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 22:02
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 21:55
こんばんはー  最近何..
by ちゃぼ at 23:28
こんばんわ^^ 雨..
by nigapeclub at 22:08

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

サンマと物作りの秋〜♪

9月25日(日)
度重なる大雨で、川は増水しているので、鮎釣りはお休みです。
今日は久しぶりに雨が上がったので、夕方、七輪でサンマを焼いて食べました。
a0056140_23275981.jpg
a0056140_23281984.jpg
長かった猛暑も終わり、ようやく秋の気配が感じられるようになりました。

私達の創作意欲も、出てきましたよ〜。

Takeちゃんはミシンで「ポーチ」を作りました。
a0056140_23335775.jpg
a0056140_23342334.jpg
ファスナーを開くと、口のところにぐるりと入れてあるワイアーが大きく開いて、中の物が取り出しやすくなっています。
中にもポケットがたくさんあって、とっても使い勝手が良さそう♪

しっかし・・・こういうファスナーとか、他の布地と一緒に”裏返し”にしてミシンで縫うわけですが、縫った後、表にひっくり返した時に、ちゃんとした形になるように設計?するなんて、一体、どーゆー頭の構造をしているのかしら?
ーーーなんて思ったら、Takeちゃんも、「実はネットで動画を見ながら作ったんだけど、これを作っている先生って、どうしたらこういう風に出来るって、思いついたんだろう?」と感心していました。
世の中には、「3D」的発想に長けた人がいるんですねー。

何はともあれ、Takeちゃんの「鶴の恩返し」状態は、いまだに継続中です♪
(「鶴の恩返し」では、鶴が機を織っているところを覗いてしまったら、機を織るのをやめて、空へ帰ってしまったという話なので、私もTakeちゃんがミシンで縫っているところは決して見ないようにしているのです。)
おかげで、私は苦手な裁縫から解放され、繕い物などは全部、Takeちゃんがやってくれているので、助かっています\(⌒▽⌒)/

私もクレイアートを再開しました。
手始めの「スズラン」を作った後、課題の「猫」を作ろうと思っていたのですが、ある時、YouTubeでPrinceのギターに一目惚れしたのです。
(ギターそのものも美しいのですが、Princeのギターがホント、素晴らしくて美しい音色で、この動画でも、他のそうそうたるミュージシャンを圧倒していました。惜しい人を亡くしました。合掌。。。)
それが日本人が設計した「MAD CAT」というギターということを知り、日本人であることを誇りに思いました。
そして、偶然の「猫」つながりで、「猫にMAD CATを持たせよう」と思ったわけです。

・・・で、指がまだ不安定な時から、ギターだけは作っておいたので(出来がイマイチですが)、今、猫を製作中です。
a0056140_027133.jpg
・・・首が無いと、不気味ですね(^-^;

しばらく製作をしていなかったので、色々と忘れたり、思ったように指が動かなかったり・・・と、反省しきりです。やっぱり「継続は力なり」ですね。
でも、作ることは楽しいです。
どんな「MAD CAT Cat」(?)が出来ますことやら。。。







.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-09-28 00:36 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(4)

「目からウロコ」って感じです☆@興津川

9月17日(土)
明日は興津川上流域で「日刊スポーツ」の大会があるので、下見の人達で混んでいるだろうと思い、今期初めて下流で釣ることにしました。

オトリを買いに「いしがき小屋」に寄ると、私の大好物の「いちじく」が!053.gif
先月は、いちじく目当てに安倍川に通っていたーーーと言っても過言ではないほど好きなんです。
こちらの「いちじく」は珍しい緑色の品種なのですが、とっても甘いと数年前に聞いていました。
で、今回、初めてありつけることが出来て(苦笑)、人目もはばからず食べまくるワタクシ…。
美味しくて、鮎釣りのことなど、頭から吹っ飛んでおりました(^-^;
a0056140_1791051.gif
(「ウチのオカメインコも、いちじくが大好きで、一緒に食べているんですよ〜」と、コジローの分までいただいてきました。ちょっと図々しかったですね〜。m(_ _)m) 

そんなワタシを恥ずかしく思ったのか、「あかみちさんは、いらっしゃってますか?」と話題を変えるかのように訊ねるTakeちゃん。
「こちらで勉強会とか、なさっているんですよね。」と聞くと、あかみちさんのブログで話題になっている「T林先生」が昨日も興津川にいらして、35匹も釣ったそうなのです。
あかみちさんのブログにも、T林先生が毎回、他の人の数倍も釣っていらっしゃると書かれていますし、その「釣法」について、あかみちさんが勉強しつつ、解説して下さっているのですが、実際に釣りを見たこともないし、話を伺ったことがないせいか、(人の何倍も釣れる名人)ぐらいな認識で、「ピン」と来ていなかったのかもしれません。

・・・が、いしがきさんから話を伺ううちに、あかみちさんが心底、T林先生の釣法をマスターしたいと思う気持ちがわかりました!
T林先生の釣法は、これからの鮎釣りに一石を投じるような、新しい概念の釣りかもしれません。
T林先生の釣りについて、いしがきさんからもっと聞きたいことがあったのですが、お客様がいらしたので聞くことが出来なかったのですが、私にとっては今回伺ったお話は「目からウロコ」で、今後の私の鮎釣りに大きな影響を与えてくれたことに間違いはありません。

「先生がおっしゃるには、『1匹でも“群れ鮎”と考える』らしいです。」と、いしがきさん。
私が興味を持ったのは、”群れ鮎”とは言っても、T林先生の釣りは、群れ鮎を「交通事故」的に掛けるのではなく、”群れ鮎”を追わせるように、オトリ鮎を操作する釣り方だということです。

それを聞いて、以前、茂野島でTakeちゃんが「新興宗教の教祖」みたいになった話をブログに書きましたが、そんな感じで、私も入信しそうな勢いです(^-^;
先週ボウズになったばかりなので、「溺れる者は藁をも掴む」という感じでしょうか。

「目からウロコ」で、少し目の前が明るくなってきたワタシは、俄然釣る気が湧いてきました。
a0056140_18121273.jpg
来たのは、『承元寺』の橋の上流です。

あかみちさんや、いしがきさんから得た情報を頭の中で私なりに脳内変換しつつ(正しくはないと思うけど)、これまでの釣りを一切捨てて、今日は釣ってみようと決心しました。
まっ、これまでの私の釣り方が古過ぎるというのもありましたから、良いきっかけかも☆

というわけで、これまでの釣り方では、掛けることが出来なかったであろうと思われる鮎が釣れました。
a0056140_18182511.jpg

この釣り方は、興津川みたいな「追う気のない鮎がたくさんいる川」には有効だと思うし、今後、そういう「追い気の薄い鮎」が増えてくる傾向にあるとしたら、習得する努力が必要だと思いました。
a0056140_18295415.gif
慣れない釣りで、疲れちゃって、身体の向きも変えないで引き抜いている横着な私です(^-^;

今までの釣り方では釣ることが出来なかった鮎を、今日は7匹釣ることが出来ました♪
新しい鮎釣り・・・ちょっと面白いな〜って思いました。
いしがきさん、今日は色々とありがとうございましたm(_ _)m

今日はもう一つ、楽しかったことがありました♪
お昼に「釣れましたか?」と声を掛けて下さった方が、(どこかでお会いしたような・・・)と思っていたら、思い出したのです!
去年、お会いしていきなり、「アナタ、仕事は何をしているのかね?」とTakeちゃんに話しかけた方でした。
(その時のブログはこちらです。)
その方は来年70歳になられるそうで、その時は仕事を引退し、鮎釣りをするために移住を考えていらっしゃるとか…。
今は仕事も鮎釣りも、冬はスキーもバリバリなさっているそうで、私達もお話を伺っていて、とても楽しい気分になり元気をいただきました。
見た目もハツラツとして若々しいし、私達も見習っていきたいものです☆








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-09-19 23:09 | 鮎釣り | Comments(4)

・・・・・(~_~;)@興津川

9月11日(日)
大雨で1m以上水位が増したという興津川に行ってみました。
・・・が、さすが興津川、増水後の回復が驚異的な早さです。
おかげで今日も満員御礼。
の〜んびりと11時過ぎに川に着いた私達に、入れるところはありません( ̄▽ ̄;)
a0056140_11432251.jpg
なんとか空いているところを見つけて入ってみましたが・・・。
1時間ほど竿を出して、ギブアップしました。

そして大きく移動して、今年解禁してからず〜っと“超〜不人気”なあそこへ・・・(^-^;
a0056140_11495677.jpg
他は混んでいるのに、ココは、ぐる〜っと見渡す限り、2人しか釣っていませんでした。
それはなにを意味するのか・・・。
覚悟はしていましたけど・・・。

最初は丁寧に釣っていたのですが、あまりに釣れないので、だんだんヤケ気味になってきて、上の画像はもう諦めの境地に達している様子。(苦笑)

・・・が、Takeちゃんが立て続けに釣ったのです!
おっ、これからがゴールデンタイムか〜?\(⌒▽⌒)/☆

そこでTakeちゃんの釣った元気印の野鮎を譲ってもらい、同じようなポイントを引くと・・・

ガガーーーン!!

と、引ったくるような強いアタリとともに、掛かりました♪

・・・が、直後にフッと軽くなり、針が外れたようです・・・(泣)
針をチェックしたら、6.5号の4本イカリが、クシャッとよれて、3本イカリになってました( ̄▽ ̄;)

その後はどこを攻めても、掛かりませんーーーで、今期2度目のボウズとなりましたm(_ _)m
Takeちゃんには釣れたので、やっぱり「ポイント」ではなく、私の釣り方が悪かったのかも…。
「ボウズ」になり、ちょっと落ち込むワタクシでした(/-\*)...

a0056140_14233413.jpgそんな時、ジッと右手を見ます。
忘れもしない、3月5日から半年が経ちました。
そこで、2ヶ月ぶりに病院に行き診察して頂いたところ、「骨は砕けたところ(黄色い矢印部分)はそのままですが、それについては時間とともに吸収(肉に?)されるケースもあります。いずれにしても爪が生えてきたので、これ以上の処置は、よほど痛みが出ない限り、必要ありません。 メインの骨にあったヒビは消えているし、もう診察も必要ないと思われます。」と言われました。

救急の先生や外来の先生から、「指先は壊死すると思われますが…」と言われ、当初はその覚悟だったこととか、その後、新しい先生に診て頂いてからは、毎晩、患部を水道水で洗うことが日課とされ、そのつど、辛い傷と向き合い、突然、ポロッと、もげてしまうのではないかと、内心ドキドキだったこととか・・・。

怪我をした直後、一気に山を下り、車まで戻ったのですが、それが身体にも、もちろん色んなことで精神的にも負担になったことが原因なのか、Takeちゃんも目に異常が起きてしまって、眼科で検査してもらったこととか…。
3月はTakeちゃんの仕事が繁忙期だった事と重なり、私が家事がほとんど出来ず、Takeちゃんには本当に大変な毎日でした。

今、こうして指がくっついて、爪も生えて、パッと見は傷も目立たなくなったことが、奇跡のように思えます。
それは、Takeちゃんをはじめとする家族の支えだったり、ブログで元気づけて下さった皆様のコメントだったり、旬の野菜や元気の素を送って下さったKさんや、ネット上の同じようなケースを拝見して希望を持つことが出来たこととか、セカンドオピニオンでの先生の「これは良くなると思います」の一言だったりとか、今、振り返ると、いろいろな方の支えがあって、この指が回復したのだと思います。
皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
a0056140_15301181.jpg
コジローも、パニックのことなど何もなかったかのように、オレ様ぶりを発揮しています。
やっぱり健康が一番だねっ、コジロー☆








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-09-13 15:49 | 鮎釣り | Comments(4)

やっぱり大網はシブかった・・・@興津川

9月3日(土)
台風12号の影響で、今日は「曇り のち 雨」の予報でしたが・・・。
a0056140_15415386.jpg
ピーカンで、肌を刺すような陽射しが照りつける一日となりました。

「非常食用にストックしてあったカップ麺、今月で賞味期限切れになるので、川に持って行って食べよう♪」とTakeちゃんが言ったので、このようなランチになりました。
普段、カップ麺なんて食べないので、なんか人目に触れると恥ずかしいような感じ・・・。
まだ何個か残っているので、川で私達がカップ麺を食べていたら、「ああ、非常食の分ね。」と思って下さいね。
しかし、非常食が賞味期限切れで残っているということは、災害を免れていることを意味しているので、本当にありがたいことです。

ーーーと、前置きが長くなりましたが、久しぶりに興津川に来ました。

橋の上から川を見ると、鮎が少しは見えるのでヤル気満々で始めたのですが、1時間ほど釣って、釣果はゼロでした(^-^;
まぁ、想定内のことですから、凹むこともなく…。
想定外だったのは、予想以上に川が混んでいたことです。
唯一、空いていたのが、ココ、『大網』。(←あえてポイント名を明記します! 釣れないから!!(爆))
a0056140_16171191.jpg

鮎は見えるんですけどねぇ…。
ココの鮎は、ガンとして釣れません。 
ガンコ! あまのじゃく! ヘソ曲がり〜〜ヽ(`⌒´メ)ノ    
a0056140_16214636.jpg

ただ、午後からは、追い気が立つ時間帯が、わずかですがあるようです。
1匹目が掛かったのですが、「目」に掛かって「出目金アユ」になったので、いつものように写真も撮らずに釣り続行すると、2匹目が掛かりました☆
a0056140_16339100.jpg
これも掛かりどころが悪くて、「心臓掛かり」。
オトリとして、しばらく出動させたのですが、写真を撮ってる間に弱ったのかパワーがありません。
仕方がないので、養殖オトリさんに出動願って、釣りを続行しました。

鮎は跳ねているし、見えるのですが、掛かりません。
でも、粘っていると、掛かりました。
そして、間を置かずにオトリを送り出すと、掛かりました。
そこで3連チャンでしたが、その後はパタッと釣れませんでした。
大網の「午後のサービスタイム」は、ほんのちょっとしか無いんですねー。 イジワル〜(◎`ε´◎)

まぁ、『大網』っていうところは、いつもこんな感じです。
このイジワル〜な感じが、懐かしかったりします。 (Mか?)
それに、今日は「ツエツエバエ」の襲撃に遭わなかっただけでもマシだと思わないと!(^-^)b

・・・というわけで、久しぶりの興津川は、いつも通りで、なんか良かったです。
変わらないことが、ありがたい・・・と、そんなふうにも思えるのです。
a0056140_1652734.jpg
我が家のコジちゃんも、先日のパニックから順調に回復しています。
私の怪我した中指も、3月からちょうど半年が経ち、新しく伸びてきた爪も、ほぼ生え揃いました。
指を曲げると痛むのですが、以前のように、引き抜きの時に力が抜けてキャッチミスをすることはなくなりました。
来週は2ヶ月ぶりに病院に行って、診察を受けてこようと思っています。

また台風13号が発生しましたが、被害が起きないことを願っています。





.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-09-06 21:20 | 鮎釣り | Comments(4)

久しぶりに雨に打たれて鮎釣りしましたが…@安倍川

8月27日(土)
台風10号の影響で、これから大荒れの天気になりそうです。
興津川は行楽客でいっぱいでしょうから、また安倍川に行くことにしました。

朝、のんびり支度していると、ニコパさんからTakeちゃんにCメール(笑)がきました。
NAOさんと「竜西橋」付近に入ったとのこと。

そこで「竜西橋」に行ってみたところ・・・
a0056140_153395.jpg
橋の上下とも、釣り師で満員御礼状態じゃないですか!( ̄□ ̄|||)
先週は空き空きだったのに、ビックリです。

まずは、ニコパさんとNAOさんの車を探して河原を走っていると、偶然ニコパさんの車とすれ違いました。
「会社から連絡があって、ちょっとコンビニに行かないと・・・」とのこと。
経営者は辛いねぇ〜(;´ー`)  
しかし、ニコパさんはエライ☆
私には、「窮地の時に連絡がつかないのが社長」ってイメージがあるので(笑)、ニコパさんとこの社員さんは恵まれてるな〜って、しみじみ思いました。
a0056140_15451990.jpg
用事を済ませたニコパさんに会って様子を聞いてみたところ、ニコパさんは1匹釣ったけど、回りも釣れてないとのこと。 
確かに、石とか見たらいかにも釣れそうなんだけど、私達もしばらく見ていましたが、誰も釣れなかったし…。
これじゃあ私達には手に負えないので(^-^;、上流のほうに向かうことにしました。

NAOさんは竜西橋の少し上で釣っていらっしゃると聞いたので、橋の上から探してみることに・・・。
肉眼じゃ全然わかりませんでしたが、さすがTakeちゃん、狩猟で鴨を見つける技と、デジスコで遠距離撮影した経験を生かして、ビデオでとらえました☆
a0056140_1674969.jpg
おそるべし、光学40倍ズーム・・・(*_*)

・・・で、いつもの「岩崎おとり店」に行ったら、数日前、新聞に「安倍川の『竜西橋』で釣れている」って載ったということで、今日も釣り師がいっぱい来たらしいのです。
あらまぁ〜、それであんなに混んでたのね〜。 
新聞の影響力も、凄まじいものです。

私達はそれを避けるかのように、まだ行ったことのない上流部へと向かいました。
今後のために、釣り場の新規開拓をしつつ、今日の第一の目的は、私のウェーダーの修理具合を確認することでもあったのです。a0056140_16311550.jpg

2週間前に釣行した際、ウェーダーの股間付近から水がダダ漏れして、
しかぶったみたいに、なっちゃった〜(>_<)」のです。
*「しかぶった」とは、九州弁で「お漏らしした」という意味です(*^o^*)
・・・で、今後のこともあるし、「SA-S」(ウェーダーの最小サイズですが、グローブライド社しか扱っていません)を探したのですが、どこも在庫がなく、メーカーも今期終了とのことで、入手不可能とわかりました。
ーーーまぁ、過去にも何度か同じ経験をしてますから、想定内でしたが…。
そこでTakeちゃんが、アクアシールと阪神素地の「補修用ボンド」と古いウェーダー生地を駆使して漏れた箇所を補修し、「染めQ」のブラックを使って、色褪せたウェーダーを黒々と蘇らせ、おまけに、撥水生地の「アイロンシート」をフリーハンドでカットして、アイロンでくっ付けて(オレンジ色のラインがそれです)、パッと見、新品のウェーダーのようになりました\(⌒▽⌒)/☆

果たして、補修の効果のほどは・・・

立ち込んで、しゃがんでみましたが、全然漏りませんでした♪
今期はこれで、終盤まで釣りに支障がなさそうです。
ーーーが、釣りメーカーさんも、ウェーダーに関して、もう少し女性用のサイズのことも検討していただけない・・・でしょう・・・か?  
子供用ってことでも、いいし…。
宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
a0056140_1733111.jpg
・・・で、釣りのほうですが。
なかなか良い渓相で、釣れる気がしていたのですが、時折、雨脚が強くなったりして、濁りが入ってきました。
a0056140_17336.jpg
なんと、Takeちゃんは入ってすぐに掛けたのですが、野鮎が掛かって、2匹がキラキラッと下流に下る・・・やいなや、「プンッ!」と付け糸が切れてしまったそうです。
切れた付け糸を私も見たのですが、なんと、ハイテクラインとの繫ぎ目のところではなく、付け糸の中間付近で切れてました。
Takeちゃんの付け糸は、私のよりも太い、「0.4号」なのに・・・。
それも、今回は付け糸を付け替えただけでなく、仕掛け糸全体を新しいものにしてあったのに・・・です。
私は何が嫌いって、魚が掛かって「高切れ」とか「親子ドンブリ」するのが一番イヤなので、仕掛けのチェックは入念にするし、ラインも皆さんは0.05を使っていらっしゃいますが、あえて0.07にしています。
(あれこれ悩むのが面倒だっていうのも、ありますが…(^-^;)
せっかく、すぐに掛かったのに、しょっぱなから「親子ドンブリ」では、調子狂っちゃいますよね。(;д;)
Takeちゃんは「製品ムラじゃないか?」と言ってくれますが、原因は不明です。
ラインが劣化してるのかなぁ?
仕掛け作り担当としては、ちゃんとチェックしておかなくては!

ーーーそれにしても、依然として鮎は釣れません。
そんなに降らないだろうと思って、レインコートを着てこなかったのですが、雨はひどくなるばかり・・・。
濁りも一時は薄くなりましたが、またひどくなって、鮎釣り不可能なレベルになってきました。
まだ3時前でしたが、オトリも弱ってきたので放流して、竿を畳み、ニコパさんとNAOさんの釣りを見に行くことにしました。

お二人の車はすぐに発見出来たのですが、川を見渡す限り、お二人の姿は見えません。
Takeちゃんが双眼鏡を取り出し、下流を見たところ、遥か遠くに人影らしき影が見えるとのこと。

車で近くまで行ってみて、吊り橋の上からニコパさんに連絡をとると、吊り橋から見える釣り師はNAOさんで、ニコパさんは、さらに下流にいらっしゃるとのこと!Σ(◎o◎;)
エーーッ?!  二人とも、どれだけ健脚なのぉ〜〜!Σ( ̄□ ̄|||)
a0056140_2226198.jpg


とりあえず私達は、雨に濡れない場所に移動して着替えを済まし、またお二人の車のところに戻りました。
a0056140_22433074.jpg
雨の中、お疲れ様でした。
今日は不運にも、新聞の人寄せ効果と重なっちゃって、残念でした。
また興津川でお会いしましょう\(⌒▽⌒)/☆

帰宅してから、夕食後、「なんか、やけに身体がだるいね。」と、Takeちゃん。
「久しぶりに、雨に打たれながら鮎釣りをしたからね〜。 『滝行』をしたみたいな感じかも。」と、私。

そう、そう、「滝行」に違いありません。
少しは修行のご利益があるでしょうか?
ーーーそれについては謎ですが、雨で身体を冷やしちゃったので、風邪をひかないように気を付けようっと♪









.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-08-30 23:16 | 鮎釣り | Comments(10)

「どうぞ、釣ってみて下さい」と言われても@安倍川&中河内川

8月20日(土)
今日も安倍川に行ってみました。
岩崎おとり店に寄ると、いつもの常連さん達から「安倍川は今週2度ほど大雨が降ったので、垢が飛んじゃってるよ。」と聞かされました。
どおりで釣り師の姿が少ないわけです。

ダメなのを承知で、とりあえず数週間前に良かったポイントへ・・・

すると、その辺りは釣り師がいっぱい・・・。
垢が残っているように見えるからかも知れません。

・・・が、鮎が全然、見えません。
鮎のハネも無し・・・。

そこへ、下流で釣っていた方が近づいてきました。
「ココは、水曜日が一番釣れたんだが、昨日もおとといも釣り師がたくさん入って、もう釣り切られたみたいだ。全然釣れない! 鮎のハネもない! 鮎、いなくなっちゃったよ。 どうぞ、釣ってみて下さい。」

そう言い残して、どこかへ消えてしまいました。
「釣ってみて下さい」って、それって、「やっても無駄ですよ」と同義語のように聞こえましたけど・・・( ̄▽ ̄;)

ただ私としては、せっかく来たし、一応前回は釣れた場所ですから、なんとかなるような気も正直していました。
a0056140_14505088.jpg
ものすご〜いシビアなところで1匹ゲット♪

・・・が、そのあとが全然釣れません。
その瀬の端から端まで、思い残しのないくらいに攻めまくって、ワタシ的には、もう諦めがつきました。

かたやTakeちゃんは、誰も人がやらないようなところを(実際、見渡す限り、誰もいなかったらしいのですが)攻めて少し釣れたようで・・・。

次に場所移動して、こんな渓相バツグンなところを攻めてみましたが・・・
a0056140_14574227.jpg
ハミ跡から、鮎がたくさん居たであろうと想像するも、時すでに遅しという感じでした。

そんなところでも、ちゃ〜んと竿抜けを釣ってくるTakeちゃんは、やっぱり”アブノーマル”ですね( ̄^ ̄)b
ノーマルなワタクシは、太刀打ち出来ませ〜ん( ̄* ̄;)  

ーーーというわけで、撃沈して帰宅したワタシを待っていたのは、久々にオカメパニックを起こして傷ついたコジローでした。
a0056140_15124532.jpg
いつも窓際にケージを置いているのですが、そこでは気温が上がり過ぎるだろうと思い、ケージを移動していたのが災いしたのかも…。
なにしろ、オカメインコっていうのは、「習慣」や「決まり事」、「時間」とかに忠実で、それはもう、驚くくらいですから、きっと、ウトウトして、ちょっとした物音でパッと目が覚めた時、いつもとは全然違う風景が目に飛び込んできたものですから、パニックになってしまったのかもしれません。
・・・というか、コジローのパニックは、本人が心身共に絶好調な時に起きやすいようにも思われます。
前回パニックになった時を調べてみたら、去年の9月末頃なので、約1年前。
過去の経験からも、ちょうど「忘れた頃」に起きる・・・って感じもします。
オカメパニックも「忘れた頃にやってくる」。
ここのところ元気が有り余って呼び鳴きがひどかったコジローですが、この一件ですっかり大人しくなっています。
静かなのは結構ですが、やっぱり元気なコジローが一番☆
うるさくてもいいから、早く元気になってほしいです。








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-08-24 16:09 | 鮎釣り | Comments(6)

釣れそうだったのは、気のせいでした@中河内川

8月12日(金)
ほぼ3年ぶりに中河内川(安倍川水系)に行ってきました。
橋の上から見たら、鏡のトロ場に群れ鮎がいっぱい☆
こんなふうに見えるなら、瀬にもいるでしょ♪・・・と、Takeちゃんと手分けして、瀬を攻めてみるも、何の反応もなし・・・。

お昼を食べながら、鏡のトロ場を釣っているスペシャルな方(ダイワの”スペシャル”でキメていらっしゃる釣師を私達はこう呼んでいます)の釣りを拝見していました。
すると、ポツ、ポツですが、釣っていらっしゃいます。

私達に群れ鮎が釣れるかどうか自信はありませんでしたが、上流のほうの瀬には他の釣師が入っていたので、とりあえず目の前のトロ場にチャレンジしてみましたら・・・
a0056140_18121388.gif
a0056140_18123761.jpg
群れ鮎の中にも、こんなヤル気のある鮎がいるんですねー。
しかし、なかなか辛抱のいる釣りです。
a0056140_18144329.jpg
Takeちゃんも釣れました☆

しかし、あまりにもトロ場で変化がなさ過ぎて、飽きてきました。
もともと、上のほうに良い瀬があると聞いていたので、そこが気になったのもあり、場所移動しました。

・・・が、その瀬は垢腐れもひどく、青ノロもひどくて、とても釣れそうには見えません。
きっと、数週間前までは、釣れていたのではないかと思われます。

その後、右往左往し、私はかなり下流のほうまで釣り下りましたが、下流に行くほど「青ノロ」が瀬にビッシリでガッカリしました。
今日は、石組みが良さそうな瀬ほど、「青ノロ」がひどかった感じでした。

最初に釣った鏡のトロ場が、一番、石が綺麗で、青ノロも無かったということが、最後の最後に判明。
あのスペシャルなお方は、やっぱりスペシャルなお方でした! m(_ _)m

私は、今日は釣れる気マンマンだったのに撃沈してしまったので、深〜〜く反省した一日でした。
まっ、いつものこと・・・と言えば、それまでですが・・・(^-^;

ず〜っとまとまった雨が降っていないので、近隣の河川は、どこも渇水で厳しいですね。
ほどほどの一雨が欲しいところです。
a0056140_184288.jpg
3月に指を怪我してから中断していた「クレイアート」を再開することにしました。
そして、最初に作ったのは「スズラン」。
数年前に作って、外のテーブルに飾ってあったのが、さすがに汚れて色褪せてきたので、新調しました。
花言葉は「再び幸せが訪れる」だそうです。
クレイアートが再開出来て、本当に幸せ。(⌒-⌒)
その中指ですが、新しく生えてきた爪がほぼ生え揃ったので、今週から「テーピング」するのをやめてみました。
骨は砕けたままなので、指先が何かに触れるとビリビリして痛みはあるのですが、テーピングしていると何かと面倒だったので、「生指」は本当にラクです♪
新しい爪は、生え始めの先っぽのほうが変形しているのですが、元のほうはだいぶ綺麗な爪が生えてきているので、来月あたりには、パッと見、他の指と変わりなく見えるようになるのでは・・・と思います。
当初、指先が無くなることを覚悟して過ごしていたのを思い出すと、ここまで回復したことが本当に「奇跡」とさえ思えてきます。
突然の怪我で、お医者様からも絶望的な言葉を散々聞かされ途方にくれていた時、ネットで同じような症例とその経過を見て、私も同じように回復する可能性があるのではないかと思えるようになりました。
諦めないで、勇気を出してセカンドオピニオンを聞きに行ったことも結果として良かったと思います。

折しもオリンピックが開催されていますが、最後まで諦めないで、自分を信じて戦う姿に感動させられます☆
私も諦めないで、鮎釣り、頑張ろうっと♪






,
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-08-14 20:34 | 鮎釣り | Comments(4)

安倍川釣行&清水みなと祭り花火大会

8月6日(土)
今日は広島に原爆が投下された日です。
71年前の今日も、今朝のように青空が広がっていたそうです。
それが原爆投下によって、一瞬のうちに闇になってしまったということに、あらためて思いを馳せました。
私達はもう二度と戦争を起こしてはならないと強く思う。
そのためには、過去の出来事から学び、平和であることに感謝して、世の中が誤った方向に突き進んでいかないように、一人一人が良く考えていくことが大事なのでは…と思うのです。

青空を見ながらそんなことを思い、照りつける太陽に(ちょっとカンベンして欲しいなぁ)・・・と思いながら、今日も趣味の鮎釣りが出来ることに感謝をしつつ、安倍川に行きました。

先週の雨で、僅かに増水しているように見えましたが・・・。
いや、確かに先週よりも増水はしているのですが、垢腐れが進んで、川の流れ自体が弱いように感じられました。

しかし、先週Takeちゃんが「7.5号3本イカリ」で快調に釣っていたので、増水しているなら、なおさらそういう針が良いだろうと思い、私も「7.5号3本イカリ」を使って、瀬を釣ってみることにしました。

・・・が、最初に掛かった鮎は水中バレ。
こんな大きめの3本イカリでバレるなんて、どーゆーことよ?

気をとりなおして、ようやく掛かった2匹目はコレでした。
a0056140_18213529.jpg
大きめの3本イカリは傷が大きいなぁ…と思いつつ…。

3匹目は目に掛かり、4匹目は心臓直撃で即死状態。
これでは、何匹釣ってもオトリになりません(;´ー`)

そこでランチタイムになりました。
午後からは、4本イカリを使うことにしました。
これが正解だったようで・・・
a0056140_1142052.jpg
今日は背掛かりの鮎は少なかったのですが、4本イカリだと掛かりが浅いので、傷のダメージが少なくてすみます。
それに、私のようなせっかちな釣り師には、やっぱり4本イカリがいいのかも☆
おかげで、こんなに釣れたし♪
a0056140_11485452.jpg

なんだか、いままで3本イカリを使って節約していたようで、実は損をしていたような気分になりました(^-^;
来週からも釣れそうな予感♪ (←先週はストレスで「肋間神経痛」とか言ってたのに、どの口が言っているんだか…(爆))

そして、誰よりも遅く竿を畳む、このワタクシが、先に竿を畳んで、Takeちゃんの釣りをビデオカメラで撮影しました。
a0056140_11534268.jpg
初めてビデオカメラを使ってみたけど、撮影するのって結構難しいんだな〜って感じました。
でも、ちゃんと引き抜きシーンも撮れて、良かったです♪

8月7日(日)
今日は昨日にも増して、暑い一日になりました。
a0056140_14143439.jpg
夕方、コジローがいる部屋の温度計を見たら、なんと「34.9度」(*_*)!
いくらオカメインコが暑いのに強いとはいえ、32度を越えると辛そうな感じ…。
明日はもっと気温が上がるという予報なので、コジローのケージも臨機応変に移動させようと考えています。
a0056140_14233134.jpg

この暑い中、今日は「清水みなと祭り」の花火大会が開催されるので、毎年恒例となった「屋上での花火見物」の準備をしているTakeちゃん。
a0056140_14324489.jpg
屋上の桟敷席も設置が終わり、転落防止用のロープを張っているところです。

去年は一眼レフで花火撮影に忙しかったTakeちゃんですが、今年はビデオカメラを設置して、花火を撮りっぱなしにする計画です。
a0056140_14393336.jpg
今年は焼き鳥と焼きトウモロコシを用意しました♪

そして花火大会の幕が開けました☆
a0056140_14432485.jpg
今年は珍しく夜空が綺麗で、花火の左側には美しい「三日月」が見え、頭上は満天の星でした。
毎年思うのですが、この「清水みなと祭り」の花火大会は、ホント見応えがあって、豪華で美しい、お国自慢出来る「花火大会」なのです。
1時間の間、ほぼ絶え間なく打ち上げられる花火を見ながら、猛暑の中、この花火大会のために尽力して下さった方々のご苦労を思い、花火に協賛して下さっているスポンサーの方々にも感謝しました。
どうか来年も、そしてこれからもずっと変わりなく、花火大会が開催されますように☆

そして私達も、いつまでこんなふうに屋上に上がれることが出来るのかわかりませんが(^-^;、無理をせず、これからも恩恵を賜ることが出来ますように・・・と思ったのでした。








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-08-09 16:30 | 鮎釣り | Comments(2)

胃痛→肋間神経痛?@安倍川

7月30日(土)
解禁当初は厳しかった気田川や大井川が、最近、良く釣れるようになったとのことで、ようやく本格的な鮎釣りの季節がやってきた感じがして、嬉しいです♪
しかし今日は安倍川の花火大会があるので、帰りの渋滞のことを考えると、安倍川の私達が行く場所ならそれを回避出来るかも…ということで、本当は先週行くはずだった安倍川に行くことにしました。

そんな感じですから、あまり釣れることは期待していません。
新調したタイヤで安倍川の河原を滑走するのが楽しみなTakeちゃんと、安倍川沿いは「イチジク」の産地なので、産直のイチジクをゲットするのが目的なワタクシは、とりあえず釣具屋さんに行ってお買い物♪
その後、産直に行くと、アレアレ? イチジクがない??
売り場の人に聞くと、「イチジクは、お盆の頃だから、まだ早いです」とのこと・・・アーア、とっても楽しみにしてきたので残念。。。
そこで「スイカ」の試食をさせて頂きながら、「鮎釣り? 今日は『土用』なので、鮎は土用隠れしているのでは?」と言われ、ハッとする私達。
「土用隠れ」のこと、すっかり忘れてました(爆)

そしてようやく到着した「岩崎おとり店」。
去年も一昨年も安倍川・中河内川に来なかったので、なんと3年ぶりです!! 
常連さんが「解禁からずっと小物しか掛からなかったのに、大きい鮎が掛かるようになった。放流もしてないのに不思議だねぇ。昔から『鮎はウジ虫のように湧いてくる』って言うけど、まさにその通りだね。」とおっしゃっていました。
「場所ムラはあるねぇ。そういえば新聞に『平野で釣れている』って書かれてたから、そこは人がいるだろうね。」ということでしたが、新聞にも載ったってことは、もう一通り、釣られてしまった後かもしれません。(;д;)

ーーーということで、とりあえず川に着いて鮎を確認しようとしましたが、全然、魚影は見えませんでした。
「安倍川の鮎は見えないけど、いる。」というTakeちゃんは、いきなりガンガン瀬から攻め始めました!Σ( ̄□ ̄|||)
すると、すぐに1匹目が掛かり、なんと2匹目もすぐにきました!(*_*)
私は誰でも竿が入れられるところを釣っていたので、ウンともスンとも言いません。
そうこうしていると、Takeちゃんが4匹目を掛けて、「ホトちゃんも、こっちを釣ったほうが良いよ。」と、釣れたばかりのオトリをくれて、場所を譲ってくれました。

・・・が、広々とした河原に、ものすご〜い強風が吹き荒れていて、竿を支えるのが精一杯!
心が折れそうになった頃、ようやく1匹目が釣れました。
a0056140_1105063.jpg
a0056140_111126.jpg
安倍川らしい容姿をした良型の鮎が釣れたので、「やったぁ〜♪」と思いました。

その後ランチをとり、私は先ほどの瀬を攻めてみましたが、全然釣れず・・・。

先に場所移動して、随分下流のほうに行ったTakeちゃんが「型は小さいけど、天然っぽいのが釣れてるよ。」というので行ってみると、そこは2人で釣るには狭い感じの瀬でした。
「Takeちゃん、どんどん釣っちゃって! 食材は任せたからねっ♪」と言い、私は鮎をもとめて放浪の旅へ・・・。

暑いし、釣れないし、普段は「胃痛」なんて無縁のワタクシですが、キリキリと胃が痛み始めました。
釣れないから痛いのか?
自分でも良くわかりませんが、下流には釣師がいたので、しばし休憩することに・・・。

しばらくすると、その方がいなくなったので、釣りを再開しましたところ・・・。
a0056140_11203256.jpg
こんな青っぽい鮎や・・・
a0056140_1121159.jpg
こんな良型鮎が掛かりました☆
必ずしも瀬だから良いというのではなく、常連さんがおっしゃった通り場所ムラがあるようです。
その証拠に、「下流の瀬はダメだった」と言いながら、Takeちゃんが戻ってきたからです。

「それじゃ、ワタシはこの川幅の半分ぐらいしか攻めていないから、向こう側、釣ってみたら?」とTakeちゃんにすすめたところ・・・
a0056140_11304461.jpg
下竿なんだけど、引き釣りのようで、なおかつ、ちゃ〜んと泳がせているという独特の釣り方で、大きい鮎を掛けていました!(◎o◎;)
a0056140_1135028.jpg
これはTakeちゃんが釣った鮎です。
車の近くまで戻ってきてから撮ったので、暗くなってしまいましたが(^-^;、22センチぐらいの鮎もいたりして、結構手応えのある鮎釣りが楽しめたようです。
ちなみにワタクシも、良型がポツポツ釣れたので、それなりに楽しい釣りが出来て大満足だったのですが・・・

帰ってきたら、左脇腹が痛くて、たまりません。
次の日も痛みが激しいので、ネットで調べてみたら、「肋間神経痛」の症状にピッタリ当てはまりました!
「肋間神経痛」の原因は、「ストレス」だとか・・・。

この前、ある方から「ホトさん、今年は『大殺界』?  指を怪我したり、なんかそんな感じじゃないかと思って。」と言われ、(大殺界は数年前に終わったから、そんなはずはないと思うけど・・・)と、その時は思いました。
・・・が、そういえば、あまりにも色々あったので気になって調べてみたら、今年は「健弱」という「小殺界」らしいのですが、ワタシの場合は「霊合星人」とやらで、「小殺界」が「大殺界」のようになるとのことなのです( ̄□ ̄|||)

そりゃあ、ストレスも溜まりますわ(爆)

まぁ、来年は少しは良さそうなので、今年はそういう年と割り切って、なるだけ明るく乗り越えるようにしよ〜っと♪
さ〜て、好きなロックでも聴いて、後片付けをしよ〜かな♪♪









.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-08-02 20:54 | 鮎釣り | Comments(4)

曇っていると、テンション上がる〜♪@興津川

7月23日(土)
先週は具合が悪くなるくらい暑かったのに、今朝はなんだか涼しいゾ〜♪
鮎の追いは悪いかもしれませんが、私にとっては絶好の”鮎釣り日和”です。

興津川の狙っていたポイントに着いたら、誰もいません。
「3匹釣れたら、電話してね。」と、Takeちゃんは上流へ、私は下流へ、それぞれ釣れる自信満々のポイントに向かいました。

「すぐ3匹ぐらい釣れる」と、根拠もなく信じて釣り始めたら、一投目(?)で掛かりました。
a0056140_1723232.jpg
やっぱり、4本イカリよね〜♪
もうね、3本から4本に換えたら、釣れる気がしてなりません。

・・・なぁ〜んて調子に乗っていたら、その後はパタッと釣れませんでした。
砂地には、古いのやら、真新しい足跡やらがたくさんあり、いかに攻められているかがわかります。
その後も釣り下っていったのですが、いつもなら釣れる感じのところでビリっともきませんでした。

それはTakeちゃんも同じだったようです。
午前中でこのポイントには見切りをつけて、先週釣った場所に行きました。

・・・が、なかなか釣れません。
先週に比べて、水温も低いので、活性が下がっているのでしょうか・・・?

でも、こんな涼しい日は、私の活性は高いですよ〜(*^o^*)
a0056140_17131453.jpg
こんな真っ黄色のが釣れたら、時合いも良くなったのか、調子よく4匹釣れて・・・。

その後、明らかに竿抜けらしきポイントでも釣れて、最後にもう一匹・・・と粘っていたら・・・
a0056140_17173273.gif
Takeちゃんがビデオを回していた時は釣れませんでしたが、ビデオを止めたとたんに掛かったみたいで、慌ててスイッチをONにしたら、かろうじて撮れてました☆
せっかく撮ってくれているのに、被写体であるワタクシの腕が悪いせいで良いショットが撮れなくて、ゴメンなさいね〜m(_ _)m

おわびに、Takeちゃんのリクエストに応えて、鮎を開いた状態で「唐揚げ」にしました。
a0056140_17294322.jpg
Takeちゃんは、アマゴの唐揚げよりも、こちらのほうが気に入ったみたいです。
ちなみに、私は先週から食べたかった「南蛮漬け」を作りました♪ (左の画像が南蛮漬けです)
鮎が釣れないと、食べたくても作れませんからね・・・(^-^;

a0056140_17383339.jpg
次の日の午後、くつろいでいたら、Takeちゃんから突然、帽子を被せられ、写真を撮られました。
以前作った帽子の型紙を2種類組み合わせて作った「新作」だそうです☆
型紙を合作するなんて、斬新なアイディアですね(*_*)
私用ではないのでサイズが大きいのですが、なかなか素敵でしょ♪
最近人気のハワイ柄で、夏はこのくらいでも全然派手な感じはありません。
Takeちゃんにも似合っていましたよ♪
ただ、本人は色々と納得がいかないようで、また作る気でいますが・・・。
試行錯誤して、また作って、だんだん良いものが出来上がるのも楽しみなのかもしれません。
Takeちゃんがこんなに裁縫にハマるなんて、ホントびっくりです。
一方で、クレイアートにハマってしまった自分自身にもビックリですけど・・・(^-^;

私も指を怪我して中断していたクレイアートを、ボチボチ再開してみました。
中指の先が使えないと、なにかと不便ですが、あせらず丁寧に作ることを心掛けてやってみます。








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-07-25 18:35 | 鮎釣り | Comments(7)