~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

今雌雄は土曜日の三面川の..
by 雪だるま at 21:34
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:37
今回はガイド役でしたか♪..
by kai at 17:46
>KOJIさん こんに..
by hototo-gisu at 15:20
なんか、自分に鮎釣りを教..
by 狂的KOJI at 19:00

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

安倍川釣行&清水みなと祭り花火大会

8月6日(土)
今日は広島に原爆が投下された日です。
71年前の今日も、今朝のように青空が広がっていたそうです。
それが原爆投下によって、一瞬のうちに闇になってしまったということに、あらためて思いを馳せました。
私達はもう二度と戦争を起こしてはならないと強く思う。
そのためには、過去の出来事から学び、平和であることに感謝して、世の中が誤った方向に突き進んでいかないように、一人一人が良く考えていくことが大事なのでは…と思うのです。

青空を見ながらそんなことを思い、照りつける太陽に(ちょっとカンベンして欲しいなぁ)・・・と思いながら、今日も趣味の鮎釣りが出来ることに感謝をしつつ、安倍川に行きました。

先週の雨で、僅かに増水しているように見えましたが・・・。
いや、確かに先週よりも増水はしているのですが、垢腐れが進んで、川の流れ自体が弱いように感じられました。

しかし、先週Takeちゃんが「7.5号3本イカリ」で快調に釣っていたので、増水しているなら、なおさらそういう針が良いだろうと思い、私も「7.5号3本イカリ」を使って、瀬を釣ってみることにしました。

・・・が、最初に掛かった鮎は水中バレ。
こんな大きめの3本イカリでバレるなんて、どーゆーことよ?

気をとりなおして、ようやく掛かった2匹目はコレでした。
a0056140_18213529.jpg
大きめの3本イカリは傷が大きいなぁ…と思いつつ…。

3匹目は目に掛かり、4匹目は心臓直撃で即死状態。
これでは、何匹釣ってもオトリになりません(;´ー`)

そこでランチタイムになりました。
午後からは、4本イカリを使うことにしました。
これが正解だったようで・・・
a0056140_1142052.jpg
今日は背掛かりの鮎は少なかったのですが、4本イカリだと掛かりが浅いので、傷のダメージが少なくてすみます。
それに、私のようなせっかちな釣り師には、やっぱり4本イカリがいいのかも☆
おかげで、こんなに釣れたし♪
a0056140_11485452.jpg

なんだか、いままで3本イカリを使って節約していたようで、実は損をしていたような気分になりました(^-^;
来週からも釣れそうな予感♪ (←先週はストレスで「肋間神経痛」とか言ってたのに、どの口が言っているんだか…(爆))

そして、誰よりも遅く竿を畳む、このワタクシが、先に竿を畳んで、Takeちゃんの釣りをビデオカメラで撮影しました。
a0056140_11534268.jpg
初めてビデオカメラを使ってみたけど、撮影するのって結構難しいんだな〜って感じました。
でも、ちゃんと引き抜きシーンも撮れて、良かったです♪

8月7日(日)
今日は昨日にも増して、暑い一日になりました。
a0056140_14143439.jpg
夕方、コジローがいる部屋の温度計を見たら、なんと「34.9度」(*_*)!
いくらオカメインコが暑いのに強いとはいえ、32度を越えると辛そうな感じ…。
明日はもっと気温が上がるという予報なので、コジローのケージも臨機応変に移動させようと考えています。
a0056140_14233134.jpg

この暑い中、今日は「清水みなと祭り」の花火大会が開催されるので、毎年恒例となった「屋上での花火見物」の準備をしているTakeちゃん。
a0056140_14324489.jpg
屋上の桟敷席も設置が終わり、転落防止用のロープを張っているところです。

去年は一眼レフで花火撮影に忙しかったTakeちゃんですが、今年はビデオカメラを設置して、花火を撮りっぱなしにする計画です。
a0056140_14393336.jpg
今年は焼き鳥と焼きトウモロコシを用意しました♪

そして花火大会の幕が開けました☆
a0056140_14432485.jpg
今年は珍しく夜空が綺麗で、花火の左側には美しい「三日月」が見え、頭上は満天の星でした。
毎年思うのですが、この「清水みなと祭り」の花火大会は、ホント見応えがあって、豪華で美しい、お国自慢出来る「花火大会」なのです。
1時間の間、ほぼ絶え間なく打ち上げられる花火を見ながら、猛暑の中、この花火大会のために尽力して下さった方々のご苦労を思い、花火に協賛して下さっているスポンサーの方々にも感謝しました。
どうか来年も、そしてこれからもずっと変わりなく、花火大会が開催されますように☆

そして私達も、いつまでこんなふうに屋上に上がれることが出来るのかわかりませんが(^-^;、無理をせず、これからも恩恵を賜ることが出来ますように・・・と思ったのでした。








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-08-09 16:30 | 鮎釣り | Comments(2)

胃痛→肋間神経痛?@安倍川

7月30日(土)
解禁当初は厳しかった気田川や大井川が、最近、良く釣れるようになったとのことで、ようやく本格的な鮎釣りの季節がやってきた感じがして、嬉しいです♪
しかし今日は安倍川の花火大会があるので、帰りの渋滞のことを考えると、安倍川の私達が行く場所ならそれを回避出来るかも…ということで、本当は先週行くはずだった安倍川に行くことにしました。

そんな感じですから、あまり釣れることは期待していません。
新調したタイヤで安倍川の河原を滑走するのが楽しみなTakeちゃんと、安倍川沿いは「イチジク」の産地なので、産直のイチジクをゲットするのが目的なワタクシは、とりあえず釣具屋さんに行ってお買い物♪
その後、産直に行くと、アレアレ? イチジクがない??
売り場の人に聞くと、「イチジクは、お盆の頃だから、まだ早いです」とのこと・・・アーア、とっても楽しみにしてきたので残念。。。
そこで「スイカ」の試食をさせて頂きながら、「鮎釣り? 今日は『土用』なので、鮎は土用隠れしているのでは?」と言われ、ハッとする私達。
「土用隠れ」のこと、すっかり忘れてました(爆)

そしてようやく到着した「岩崎おとり店」。
去年も一昨年も安倍川・中河内川に来なかったので、なんと3年ぶりです!! 
常連さんが「解禁からずっと小物しか掛からなかったのに、大きい鮎が掛かるようになった。放流もしてないのに不思議だねぇ。昔から『鮎はウジ虫のように湧いてくる』って言うけど、まさにその通りだね。」とおっしゃっていました。
「場所ムラはあるねぇ。そういえば新聞に『平野で釣れている』って書かれてたから、そこは人がいるだろうね。」ということでしたが、新聞にも載ったってことは、もう一通り、釣られてしまった後かもしれません。(;д;)

ーーーということで、とりあえず川に着いて鮎を確認しようとしましたが、全然、魚影は見えませんでした。
「安倍川の鮎は見えないけど、いる。」というTakeちゃんは、いきなりガンガン瀬から攻め始めました!Σ( ̄□ ̄|||)
すると、すぐに1匹目が掛かり、なんと2匹目もすぐにきました!(*_*)
私は誰でも竿が入れられるところを釣っていたので、ウンともスンとも言いません。
そうこうしていると、Takeちゃんが4匹目を掛けて、「ホトちゃんも、こっちを釣ったほうが良いよ。」と、釣れたばかりのオトリをくれて、場所を譲ってくれました。

・・・が、広々とした河原に、ものすご〜い強風が吹き荒れていて、竿を支えるのが精一杯!
心が折れそうになった頃、ようやく1匹目が釣れました。
a0056140_1105063.jpg
a0056140_111126.jpg
安倍川らしい容姿をした良型の鮎が釣れたので、「やったぁ〜♪」と思いました。

その後ランチをとり、私は先ほどの瀬を攻めてみましたが、全然釣れず・・・。

先に場所移動して、随分下流のほうに行ったTakeちゃんが「型は小さいけど、天然っぽいのが釣れてるよ。」というので行ってみると、そこは2人で釣るには狭い感じの瀬でした。
「Takeちゃん、どんどん釣っちゃって! 食材は任せたからねっ♪」と言い、私は鮎をもとめて放浪の旅へ・・・。

暑いし、釣れないし、普段は「胃痛」なんて無縁のワタクシですが、キリキリと胃が痛み始めました。
釣れないから痛いのか?
自分でも良くわかりませんが、下流には釣師がいたので、しばし休憩することに・・・。

しばらくすると、その方がいなくなったので、釣りを再開しましたところ・・・。
a0056140_11203256.jpg
こんな青っぽい鮎や・・・
a0056140_1121159.jpg
こんな良型鮎が掛かりました☆
必ずしも瀬だから良いというのではなく、常連さんがおっしゃった通り場所ムラがあるようです。
その証拠に、「下流の瀬はダメだった」と言いながら、Takeちゃんが戻ってきたからです。

「それじゃ、ワタシはこの川幅の半分ぐらいしか攻めていないから、向こう側、釣ってみたら?」とTakeちゃんにすすめたところ・・・
a0056140_11304461.jpg
下竿なんだけど、引き釣りのようで、なおかつ、ちゃ〜んと泳がせているという独特の釣り方で、大きい鮎を掛けていました!(◎o◎;)
a0056140_1135028.jpg
これはTakeちゃんが釣った鮎です。
車の近くまで戻ってきてから撮ったので、暗くなってしまいましたが(^-^;、22センチぐらいの鮎もいたりして、結構手応えのある鮎釣りが楽しめたようです。
ちなみにワタクシも、良型がポツポツ釣れたので、それなりに楽しい釣りが出来て大満足だったのですが・・・

帰ってきたら、左脇腹が痛くて、たまりません。
次の日も痛みが激しいので、ネットで調べてみたら、「肋間神経痛」の症状にピッタリ当てはまりました!
「肋間神経痛」の原因は、「ストレス」だとか・・・。

この前、ある方から「ホトさん、今年は『大殺界』?  指を怪我したり、なんかそんな感じじゃないかと思って。」と言われ、(大殺界は数年前に終わったから、そんなはずはないと思うけど・・・)と、その時は思いました。
・・・が、そういえば、あまりにも色々あったので気になって調べてみたら、今年は「健弱」という「小殺界」らしいのですが、ワタシの場合は「霊合星人」とやらで、「小殺界」が「大殺界」のようになるとのことなのです( ̄□ ̄|||)

そりゃあ、ストレスも溜まりますわ(爆)

まぁ、来年は少しは良さそうなので、今年はそういう年と割り切って、なるだけ明るく乗り越えるようにしよ〜っと♪
さ〜て、好きなロックでも聴いて、後片付けをしよ〜かな♪♪









.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-08-02 20:54 | 鮎釣り | Comments(4)

曇っていると、テンション上がる〜♪@興津川

7月23日(土)
先週は具合が悪くなるくらい暑かったのに、今朝はなんだか涼しいゾ〜♪
鮎の追いは悪いかもしれませんが、私にとっては絶好の”鮎釣り日和”です。

興津川の狙っていたポイントに着いたら、誰もいません。
「3匹釣れたら、電話してね。」と、Takeちゃんは上流へ、私は下流へ、それぞれ釣れる自信満々のポイントに向かいました。

「すぐ3匹ぐらい釣れる」と、根拠もなく信じて釣り始めたら、一投目(?)で掛かりました。
a0056140_1723232.jpg
やっぱり、4本イカリよね〜♪
もうね、3本から4本に換えたら、釣れる気がしてなりません。

・・・なぁ〜んて調子に乗っていたら、その後はパタッと釣れませんでした。
砂地には、古いのやら、真新しい足跡やらがたくさんあり、いかに攻められているかがわかります。
その後も釣り下っていったのですが、いつもなら釣れる感じのところでビリっともきませんでした。

それはTakeちゃんも同じだったようです。
午前中でこのポイントには見切りをつけて、先週釣った場所に行きました。

・・・が、なかなか釣れません。
先週に比べて、水温も低いので、活性が下がっているのでしょうか・・・?

でも、こんな涼しい日は、私の活性は高いですよ〜(*^o^*)
a0056140_17131453.jpg
こんな真っ黄色のが釣れたら、時合いも良くなったのか、調子よく4匹釣れて・・・。

その後、明らかに竿抜けらしきポイントでも釣れて、最後にもう一匹・・・と粘っていたら・・・
a0056140_17173273.gif
Takeちゃんがビデオを回していた時は釣れませんでしたが、ビデオを止めたとたんに掛かったみたいで、慌ててスイッチをONにしたら、かろうじて撮れてました☆
せっかく撮ってくれているのに、被写体であるワタクシの腕が悪いせいで良いショットが撮れなくて、ゴメンなさいね〜m(_ _)m

おわびに、Takeちゃんのリクエストに応えて、鮎を開いた状態で「唐揚げ」にしました。
a0056140_17294322.jpg
Takeちゃんは、アマゴの唐揚げよりも、こちらのほうが気に入ったみたいです。
ちなみに、私は先週から食べたかった「南蛮漬け」を作りました♪ (左の画像が南蛮漬けです)
鮎が釣れないと、食べたくても作れませんからね・・・(^-^;

a0056140_17383339.jpg
次の日の午後、くつろいでいたら、Takeちゃんから突然、帽子を被せられ、写真を撮られました。
以前作った帽子の型紙を2種類組み合わせて作った「新作」だそうです☆
型紙を合作するなんて、斬新なアイディアですね(*_*)
私用ではないのでサイズが大きいのですが、なかなか素敵でしょ♪
最近人気のハワイ柄で、夏はこのくらいでも全然派手な感じはありません。
Takeちゃんにも似合っていましたよ♪
ただ、本人は色々と納得がいかないようで、また作る気でいますが・・・。
試行錯誤して、また作って、だんだん良いものが出来上がるのも楽しみなのかもしれません。
Takeちゃんがこんなに裁縫にハマるなんて、ホントびっくりです。
一方で、クレイアートにハマってしまった自分自身にもビックリですけど・・・(^-^;

私も指を怪我して中断していたクレイアートを、ボチボチ再開してみました。
中指の先が使えないと、なにかと不便ですが、あせらず丁寧に作ることを心掛けてやってみます。








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-07-25 18:35 | 鮎釣り | Comments(7)

そして誰もいなくなった@興津川

7月16日(土)
連日の猛暑で身体もヘタレ気味ですが、興津川に行ってきました。
最近、狩野川も含めて、近隣の河川が好調になってきたようで、興津川も空いているかもしれないと思ったからです。

ーーーで、目的地に着いてみると・・・釣師が1人しかいません・・・。
「釣師が居ない」 イコール、「鮎が釣れない」ポイントか?
そういう、お決まりのパターンなのか?

Take「あの荒い瀬で、オトリをゲットしてから、チャラをやろうと思う。 オトリがダメになったら『おかわり』すればいいと思って♪」
Hoto「そうね、Takeちゃんはそのほうがイイと思うよ。私は唐揚げサイズをたくさん釣って、南蛮漬けでも作りたいな♪」

そう言って、分かれて釣り始めました。

私は今日から「4本イカリ」を復活させました。
以前はほとんど「4本イカリ」で釣っていたのですが、Takeちゃんが「3本イカリ」で遜色なく釣るのを見て、それなら3本イカリのほうが経済的と思い、私も「3本イカリ」オンリーでやってきたのです。
・・・が、この際、初心に戻ることにしました。

すると、やっぱり4本イカリは勝負が早いです。
a0056140_14235945.jpg
こんなチビちゃんが、釣れました。
「唐揚げサイズ」とは言いましたが、これはちょっと小さ過ぎるような・・・(^-^;
そしてすぐに2匹目も・・・またもやチビちゃんでした。
これではオトリになりません。

1人だけいた釣師も、いつのまにか居なくなってしまいました。
きっと、こういうチビちゃんしか残っていないからかも・・・。

そこにTakeちゃんからケイタイが・・・
「こっちは、この前放流したらしき魚体も釣れたけど、ほとんどが解禁の頃に釣れていた、良型でヌメリがある鮎が掛かって、 もう10匹は釣ったと思う。 こっちに来たら?」とのこと。

「荒瀬でオトリを取って・・・」なんて、セオリー通りじゃないところがTakeちゃんらしいし、こんな釣り荒れた興津川でも釣れる秘訣だと思いました。
a0056140_14541987.jpg
いつのまにか小雨が降ってきました。
私のオトリにも反応があるのですが、なぜか掛かりません。
後から反省したのですが、針が合ってなかったのかもしれません。
針をTakeちゃんと同じ「7.5号3本イカリ」に換えたら、ようやく釣れました。
a0056140_14582967.jpg
Takeちゃんが釣った鮎よりは小さめですが、これが釣れたことによって、次もすぐに釣れました。
・・・が、後が続かず・・・(;д;)
a0056140_1515310.jpg

Takeちゃんも、午前中に自分が釣ったポイントは釣り返しが効かなかったようです。
上の画像は、オトリ鮎やチビ鮎等を放流した後の二人の釣果です。
ほとんどがTakeちゃんが釣った鮎で、唐揚げにするには大き過ぎました・・・(^-^;
でも、「誰もいなくなった」ポイントで、伸び伸びと釣りが出来て楽しかったです\(⌒▽⌒)/♪
a0056140_1514888.gif
次の日、カンカン照りの中、ちょっと人混みに出掛けたところ、頭痛がひどくなり・・・。
お夕飯が終わった後、ついにダウンしてしまい、目が覚めたらTakeちゃんが食器を洗ってくれていました。
そばには、大人しくしているコジローの姿が・・・。
その様子が可愛かったので、寝ぼけ眼でシャッターを押したのが上の画像です。
アーア、この「バンパイア体質」、なんとかならないものでしょうか・・・。 (←グチですので、サラッと聞き流してくださいね012.gif









.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-07-20 15:38 | 鮎釣り | Comments(4)

ジムニーのタイヤを新調しました☆

7月10日(日)
昨日は台風1号の影響で、こちらも大雨警報が出ました・・・が、思ったほど降らなかったのでホッとしました。
おかげで鮎釣りは出来なかったのですが・・・。

今朝は午前9時半に予約してあった、ジムニーのタイヤ交換に行ってきました。
a0056140_23132216.jpg
7年前に純正のタイヤから「ジオランダーA/T-S」に換えたのですが、Takeちゃんはここ最近、ヒビが気になっていたそうです。
振り返ると、ジムニーを買ってから純正タイヤを付けていた3年間の間に、なんと3回もパンクを経験した私達ですが、この「ジオランダーA/T-S」にしてからは、何のトラブルもありません。
ちょっと燃費が悪くなったのは残念ですが、ジムニーで河原を走るのが鮎釣りよりも楽しいTakeちゃんとしては、タイヤは命です!
ーーーということで、今回も同じ「ジオランダーA/T-S」にしました。
そして、試運転をかねて、興津川へ行ってみました♪
a0056140_2338998.jpg
心なしか、乗り心地まで良くなったような感じ(⌒-⌒)
まだまだジムニーちゃんには活躍してもらう予定なので、思い切って換えて良かったね!

そして興津川ですがーーー昨日の雨の影響もなく、鮎釣り師で賑わっていました。

茂野島が混んでいたので、久々の『大網』へ・・・。

早めのランチを済ませてから、鮎釣りを開始しました。

水量は普段より高めですが、垢は残っていました。
鮎が見えたところで粘ってみたのですが、やはり群れ鮎は難しいですね。
ふとTakeちゃんを見ると、鮎が掛かったみたいです005.gif
a0056140_23554364.jpg
慌ててシャッターを切ったので、ズームするのを忘れてました(^-^;
何匹か掛けたようなので(そろそろ時合いかな〜)と思い、私も集中して釣っていたのですが、小さい鮎しか掛からなかったので、場所移動することにしました。

Takeちゃんによると、鮎の跳ねもあるし、水中でヒラを打つ鮎も見えるとのこと。

確かに、よ〜く見ると、鮎がキラッ、キラッとしていました。
そういうところで止め気味にしていたら、フラフラ〜ッとした感じで掛かりました。
a0056140_062061.jpg
これは2匹目に釣れた鮎ですが、今日釣れた鮎は、どれもこんな感じ。
型は16センチぐらいで、頭の形がシュッとしてなくて、ちょっとデコッパチ風(?)。
掛かり方も、追いが弱くて、口とか頭付近に針掛かりして、なぜかダンゴになってしまうパターン。
Takeちゃんが釣った鮎も、同じような掛かり方だったようです。

今日はこのあと、選挙の投票に行く予定だったので、そろそろ上がろうかな〜と思いながらも、針を4本イカリに換えたばかりだったので、早く上がったTakeちゃんを尻目に釣り続行していた私・・・
a0056140_0201659.jpg
Takeちゃんが動画で撮ってくれたので、改めて自分の釣りを見ると、いろいろ反省する点が見つかりました。
いやぁ〜、勉強になりますね〜。 たぶん、今後の釣りに大いにプラスになるだろうと思われます。

私がいつものように往生際が悪い釣りをしていた時(苦笑)、これまでも何度か興津川でお会いしたIさんがTakeちゃんに話しかけてきて下さったそうです。
あれっ? じゃあ、私に手を振って下さった方は、Iさんだったの??
a0056140_0304975.jpg
私が釣りを始めて間もなく、下流に居た方が手を振って下さったので、私も手を振り返したのですが、その時は誰だかわからなくて・・・m(_ _)m
これまでIさんにお会いした時は、釣り姿じゃなかったですものね(^-^;
誰だろうと気になってチラチラ見ていたのですが、釣り姿は小澤剛さん似で、良く釣れていたようでしたので、ますます誰だろうと思ってしまいました(^-^;
a0056140_0581845.jpgTakeちゃんの話では、鮎釣りとかではなく「バラ」を検索していて、私のブログを見たのがきっかけだとか・・・。
バラもツルバラやミニバラは意外に難しいので、「強健種」で四季咲きのフロリバンダから自分好みのバラを選んで育ててみるのがいいかも(^-^)
今度手を振られたら、釣りをやめて行きますので、また会えますように☆(⌒▽⌒)/

アレッ? 
コジローも首をかしげて、何か思案中ですか?
なになに?
「ホトちゃんは、『今日は早く帰ってくるからね♪』って言ってたのに、今日も遅かったのはナゼかな〜?」ですって?
まぁまぁ、そうおっしゃりますな!
釣りじゃなくて選挙に行ったから遅くなったのよ。(・・・ということに、しておこう。(^-^;)

ーーー最後に、Takeちゃんが撮った水中の鮎の動画を、パラパラ画像にしたものを載せておきます。
a0056140_1401439.gif








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-07-12 08:30 | 鮎釣り | Comments(8)

大井川上流部、解禁二日目に、行ってみました

7月2日(土)
大井川の塩郷ダム上流部が昨日、解禁になったはずなのですが・・・。
昨日から今朝にかけて、ネットを駆使して何か情報が得られないかと探してみたのですが、何一つヒットしませんでした(泣)
先日、勝治さんにお会いした時、「もし良さそうだったら、一緒に行きましょう」とおっしゃっていたので、何も連絡がないということは、おそらく行ってもダメだろうーーーということなのでしょう。

「鮎釣りは期待出来なくても、ドライブがてら、行ってみようよ。 仕事のストレスを解消しないと、やってられないよ。(`ε´)」

・・・とTakeちゃんが言うので、大井川上流に行くことにしました。

ーーーが、川には、誰〜〜〜も居ません。
吊り橋の上から川見をしたのですが、流れのあるところは垢が飛んでいるみたいだし、ヘチの深みには鮎の姿はありません。
アラアラ、鮎釣りはやっぱりダメかもねぇ。。。
そう思いましたが、せっかく来たから、大井川最上流のオトリ店「高橋オトリ」に寄ってみました。
a0056140_113039100.jpg
一応、大井川上流の解禁二日目に来たんですよ〜♪という、”証拠写真”を撮ってみました〜♪

すると・・・

「ここから上流は垢も付いて、釣り人も入っていますよ。昨日の解禁日には、60匹とか40匹釣った人もいましたよ。昨日は人が多かったから、今日のほうが良いかもしれません。」

と、店主の方がおっしゃるではありませんか(*_*)!

聞くと、「『長島ダム』がダム底の堆積土砂を下のほう(汚泥が酷いもの)を放出しているので、去年は全く釣りにならなかったが、今年は、この上流の解禁の為に向けて、それを止めてくれたので、今のところは釣りが出来る。 今後はどうなるかわかりませんが・・・。」とのことでした。

そういえば、6月1日から解禁になっている大井川下流は、大雨のたびに「長島ダム」が下のほうの汚泥土砂を放出していたので、川底にヘドロのような垢が溜まってしまっていて、これでは鮎が居ないどころか、他の水生動物も棲めない「死の川」になるのではないかと心配されているそうです。
そういうことを聞いていたから、私達も今年はまだ大井川に来ていなかったわけですが・・・。

なんとか釣りが出来そうなので、上流のキャンプ場のところに行ってみました。
a0056140_11573324.jpg

今日は気温が33度を超えて陽射しも強く、とても日向にはいられません。
遠くの山を眺めると、空気が白くモヤが掛かっているように見えて、湿度がかなり高くなっているのを実感しました。
a0056140_17433346.jpg
こんな時は、日陰が一番♪
しかし、こんな日陰でさえ、石の垢は腐れ気味で、歩くと滑りやすいので注意が必要でした。
a0056140_17551658.jpg
流れの緩いところは、石垢が腐っていて、青ノロが発生していました。
鮎のハミ跡もほとんどない感じです。
鮎の姿も確認出来ませんでした。

よくよく考えてみたら、長島ダムの汚泥放流で大井川下流が壊滅的被害だったわけですから、この場所だって長島ダムの下流なわけですから、同じ条件なわけです。
ただ、「7月1日の解禁に向けては、汚泥放流をしなかった」というだけで・・・。

解禁二日目でしたが、鮎釣り師もパラパラ・・・という感じで、空いていました。
釣れたのを見たのも、1回だけです。

せっかく来たのですから、他の場所にも行ってみました。
すると、もの凄い強風が吹き始めて、7.5mの竿でさえ、支えるのが大変でした。
・・・が、瀬肩にそれなりの数の鮎がギラギラ見えたので、もしかしたら掛かるかも・・・とスケベ根性丸出し(?)でやってみたのですが、全然掛からず・・・。

Takeちゃんは上流のほうに行っちゃったし、私はもう上がりたかったのだけど、車の鍵がないし・・・(;д;)
・・・で、強風の中、弱ったオトリにオモリを付けたりして、その辺り一帯をやってみましたが、釣れませんでした。
Takeちゃんも釣れなかったということで、揃ってボウズ♪ 
やっぱり大井川は厳しかったですね〜。

珍しく4時台に竿を畳んだ私達は、大井川沿いを下流に下ってみました。
塩郷ダム下流の馴染みのある釣り場も、水は澄んでいるのに、釣り人は一人も見えませんでした。
こんなに広大な大井川で釣りが出来ないなんて、なんて「もったいない」・・・と思いました。
興津川なんか、あんなに狭いのに、釣り人がひしめき合って釣ってますからねー。
それもこれも、長島ダムが、ダム底に堆積した汚泥を放出しているという、いわば「人災」が原因だなんて・・・。

そういえば、ちょうど今日、上流で釣りをしていた時に大井川鉄道の機関車が通りました。
a0056140_21294276.jpg
森の中を抜ける鮮やかな赤色が印象的で美しく、思わずシャッターをきりました。
Takeちゃんも動画で撮影していました。
a0056140_21333259.gif

「あれは、『アプト式』って言って、急勾配でも列車が走れるように、二本のレールの真ん中に、列車の歯車とかみ合うようなレーンがもう一つ作られているんだよ。もともとはダムの建設のために、重い資材を運ぶために作られたんだと思う。三保にも昔、鉄道があったんだけど、資材運搬が目的で作られたからね。だから、ダムの堆積した土砂とかも、あの鉄道を使って搬送すればいいのに。」と、Takeちゃん。
「あっ、それね、静岡大学大学院工学研究所の戸田三津夫先生が、『佐久間ダム』の堆積した砂を鉄道を使って下流域に運搬することを提案していらっしゃるんだけど、それと同じかも!」
「原発もそうだけど、作って順調に運営出来ているうちはいいけど、老朽化したり不都合が生じることを想定出来てても、その対処法をきちんと構築しようともしない。今さえ良ければ良いって考えなんだね。全国各地にあるダムも、土砂がどんどん堆積していくのは避けらず、そのうちに水が溜められなくなって、そうなればダムとしての機能が果たせなくなってしまう。それで、長島ダムのように汚泥を川に排出すると川がダメになり、やがては海に悪影響が及ぶことになるよね。」
「なんとかしないと、『鮎が釣れない』だけの問題では、なくなるよねー。」

そんな話になりました。
国土交通省の関係者の方々、どうかよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

最後に・・・
a0056140_22363410.jpg
ただいま羽が抜け換わっている真っ最中のコジローです。
抜け毛のせいで、目の上に「眉毛」のような模様が・・・(笑)

急に猛暑が始まりましたので、皆様もどうぞ体調をくずさないようにお過ごしください☆








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-07-05 23:06 | 鮎釣り | Comments(8)

鮎釣り出来るだけで、感謝です☆

6月26日(日)
水曜日の夜から木曜日の朝にかけて、台風のような暴風雨が降りました。
その上、昨日も雨だったので「白川状態」かもしれないけれど、久しぶりにスー師匠とよしよしさんが興津川にいらっしゃるということで、いそいそと興津川へ♪

ーーーで、着いてみたら、私、デジカメを持ってくるの忘れてました!008.gif
まっ、いいか! Takeちゃんがビデオ持ってるし、今日の記録はおまかせ・・・ということで(^-^;
(実際、最近の私のブログは、Takeちゃんが動画撮影したものをキャプチャーした画像を多用してます)

Takeちゃんは、スー師匠とよしよしさんを探しつつ下流に行ったので、私は石のよさそうな瀬肩で釣り始めました。
時折、鮎が跳ねるのですが、ワタクシの腕を持ってしては、こういう鮎は全然掛かりません。(キッパリ!)
これが、午後になると追い始めたりするので、午後に期待です☆

かたやTakeちゃんは、よしよしさんを発見したのですが・・・。
「1匹しか買わなかった養殖オトリが、使う前から色がヘンで全然泳がない」と聞き、「それなら、そこの瀬に無理やり沈めて、釣るしかないですよ。」と言い放ち、一旦、その場を離れたそうな。(笑)
・・・が、(そうだ、自分のオトリをあげれば良かった。)と気付き、よしよしさんのところに戻ってみると・・・
a0056140_11172629.gif
ちゃ〜んと、釣っているじゃありませんか!(⌒▽⌒)
良かった、良かった。 これでオトリが野鮎に変わったし、ビデオでキャッチするところも撮れたし♪
よしよしさんは、その後もその瀬で、数匹追加したそうです。
スー師匠の養殖オトリも同じような状態だったらしく、午前中は苦戦したみたいですが、午後からは大丈夫でしょう。
a0056140_11415279.jpg
久しぶりに再会して、積もる話に花が咲きました。
去年お会いしてから半年ちょっとの間に、お互い色々あったんですね〜。
よくよく振り返ってみたら、お二人と知り合ってからもう10年以上になりますから、いつの間にかトシもとっているわけです(苦笑)
でもまた、こうやって会えて、鮎釣りが出来ることが、ありがたいことですね。
「川が厳しくなって、ますます鮎が釣れなくなってきたけどね〜っ。」というオチが付きましたが。(爆)
a0056140_11594893.jpg
午後からスー師匠の釣りを真似しながら、釣ってみました。
スー師匠はここで2匹釣って上流に移動しましたが、真似しながら釣っているワタシには、一向に掛かりませんでした(泣)
今日は最初からボウズも覚悟していたので前回のように気落ちはしませんでしたが、最後まで諦めません!
(『諦めない』と言えば聞こえがいいけど、単に『往生際が悪い』だけかも?(^-^;)

Takeちゃんが話していたポイントを見てみようと思い、上流に向かっていると、よしよしさんを発見!
その少し上流はまだ攻めていないそうなので、よしよしさんの釣りを真似しながら引いてみると、強いアタリとともに、良型の鮎が釣れました!!\(⌒▽⌒)/☆
(アーン、デジカメがないので、釣れた鮎の画像が残せなくて、残念です〜(;д;))
これでボウズが免れました〜♪

オトリが野鮎に変わったので、これから少しは釣れるかな〜とテンションが上がり、今日のポイントは早瀬かな?・・・と続いて攻めてみましたが、今日の興津川はそんなに甘くありませんでした(^-^;で

いつもなら誰よりも遅くまで竿を出すワタクシが、珍しくすんなりと竿を畳みTakeちゃんのところに行くと・・・。
先ほどよしよしさんから電話があり、スー師匠もよしよしさんもお帰りになられたそうです。
聞くと、お二人とも午後からもしっかり釣っていらっしゃったようで、やはり我々とは違います。

私達なんか、今日の鮎釣りについて、どんな話をしていたと思いますぅ?

Take「今日の養殖オトリね、あのガンガン瀬にポチャっと入れたら、流芯の一番強い流れを上にのぼっていったんだよ〜。普通は石のヨレとかを行きそうでしょ? だから、もしかして掛かった野鮎がオトリを引っ張ってのぼっているんじゃないかと思って、ちょっと水面に上げてみたら、なにも掛かってなかった。」 
Hoto「確かに、大井川の鮎なんか、オトリを引っ張って上流に走るもんね! それにしても、強い養殖オトリだったね。」

鮎が釣れなくても、オトリの話題で盛り上がる私達・・・なんて平和なんでしょ♪(*^o^*)

まぁ、今年は渓流解禁早々にあんな事件が起こったものですから、鮎釣りが出来るだけで嬉しいし、感謝なのです☆
1匹しか釣れなかった私ですが、今日は全然、残念だと思わない。
これでいいのか・・・?
釣れても釣れなくても、どっちにしても、最後に「楽しかった〜っ\(⌒▽⌒)/♪」と思えるほうが絶対イイに決まってる!
来週も楽しく釣れますように・・・☆

あっ、デジカメ、忘れないようにしよ〜っと♪






.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-06-28 23:29 | 鮎釣り | Comments(4)

私、絶不調なのです。

6月18日(土)
今日は久しぶり(2年ぶり?)に、勝治さんと再会しました。
積もる話をしながら、まずはランチです♪ 
a0056140_17165380.jpg
a0056140_17171227.jpg
2年も会わないと、その間にいろんな出来事が起きているものですね。
お互い、年相応と言えば良いのか、病院のお世話になっていたりして・・・(^-^;
でも、こうやって再会出来て、おまけに鮎釣りも一緒に出来るなんて、本当に嬉しいことです。

釣りは二の次でしたが、やっぱり釣りしたいですよねー。
先日の雨で、少しは川の状況が改善されているかと思いきや、渇水状態であることに変わりがなく、垢腐れが酷くなっていました。
a0056140_1727894.jpg
Takeちゃんは下流に、私と勝治さんは上流で釣り始めました。
a0056140_1728924.jpg
もともと「泳がせの名人」である勝治さんですが、当時は「泳がせを封印して、引き釣りをマスターする」とおっしゃっていました。
しかし、今は本来の泳がせ釣りに徹しているそうです。
この日も泳がせ釣りで、テンポ良く掛けていらっしゃいました。
見回したところ、この付近で釣れているのは勝治さんと、私の下流で釣っている方だけでした。

私は・・・と言うと・・・

野鮎が針掛かりするも、竿を立てて引き抜き体制に入ろうとすると、「ポロッ。。。」と外れてしまい・・・。

気を取り直して、さらに続けると、また同じ現象でバレ。。。

3匹目は引き抜き体制に持っていこうとするも、右手のコントロールが上手くいかず、あたふたしているうちにバラしてしまいました。

それを見ていた下流の方からは「もっと竿を溜めないとダメだ。 自分の目の前より上流を釣らないとダメだ。」とダメ出しされ・・・。

そんなこんなで、すっかり心が折れてしまった私。。。
実は今日は、今までの「ソリッド穂先」から、「チューブラー穂先」に換えてみたのです。
それで針掛かりが浅かったりするのかも・・・。
おまけに、右手中指の簡易ギブスが浮いて取れそうになっていたから、気になっていたのもあります。

(車に戻って、ソリッドに換えてこようかなぁ…)とも思いましたが、今日は混んできたので、他の人にポイントを取られるのがイヤだったというのが本音です。

すると勝治さんが、未使用の養殖オトリと、釣れた鮎で一番大きな鮎をオトリとして譲って下さいました。
おかげで、ようやく1匹目が掛かり、なんとか引き抜きも上手くいって、ゲットすることが出来ました☆
a0056140_17572085.jpg
下流の釣師の方も、私が釣れたのを見て、笑顔を返して下さいました。

その後も釣りを続けたのですが、やっぱり何だか、しっくりきません。
竿操作から、引き抜きから。もうグズグズです。 
「ドツボにハマる」とは、まさに今の私のこと、そのものです。
a0056140_1832739.jpg
オトリを分けて下さっただけでなく、自分の釣りを中断して、私に「泳がせ釣り」を指導して下さった勝治さん。
今日はありがとうございましたm(_ _)m
(そうそう、釣れた鮎も下さって、ありがとうございました!)

Takeちゃんも今日は原点に返り、「7.5号の3本イカリで引き釣り」で、楽しい釣りが出来たようです。
私も「原点回帰」したいんだけど、ドツボにハマったままなので、「どうしたもんじゃろ〜のぉ〜。」(;´ー`)┌
まぁ、中指の爪も途中までしか生えてないし、骨折も治ってないし、焦ってもしょうがないですね。
鮎釣り出来るだけで、「御の字」なのですから・・・001.gif
来週からは、最初っから「リハビリ」のつもりで、気負わずマイペースでやろうっと♪ 045.gif





.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-06-21 18:32 | 鮎釣り | Comments(2)

ドライブ気分で♪ 鮎釣りも少々

6月11日(土)
県内河川は、どこも遡上が悪かったからなのか、放流も上手くいかなかったのか、5月の大雨が原因なのか・・・で、鮎が例年よりも少ない感じらしい。
おまけに今は渇水状態で、まことに芳しくない。

ーーーというわけで、今日は某河川に行ってきました。
(名を伏せるのは、この川を愛する人達の暗黙の了解らしいので、私達もそれに準じます。)
ここもご多分にもれず、一雨待たれる状態のようです。

川に着いたら、下流にそれなりの数の釣師が入っていました。
そのうちの一人に、今日ご案内下さったKさんが声を掛けました。

「釣れましたか? 型は小さい?」
「10匹ぐらいは釣ったよ。 オトリにならないのは2つぐらいかな。」

そう答えた方も、他の釣師も、「鏡のトロ」を釣っていました。
Kさんに川を案内して頂くと、橋の上から顔を出したとたんに、サ〜ッと鮎が逃げてしまいます。
こんなに素早く警戒する鮎を見るのは初めてです。 
ですが、橋から離れた石を見てみると、鮎がたくさんいて、中には型の良いのも石を食んでいるのが見えます。

「橋の上から、こんなに鮎を見たのは久しぶり!」と、私達。
「天然がまだ小さいから、ぜひ梅雨明けに釣りに来て下さいよ。 今日はお二人もご存知のTOMさんが釣りに来ていて、もう7匹ぐらい釣ったそうです。ホトさん達にオトリを分けて下さいと話したら、『いいですよ』とおっしゃっていました。」

ということで、TOMさんのところへ行きました。
a0056140_16132045.jpg
お久しぶりで〜す\(⌒▽⌒)/♪
TOMさんは繊細な泳がせ釣りが上手い方という印象ですが、Kさんによると、「TOMさんはね、『この川は釣れない』、『釣れない』と言いながら、毎回来るたびに沢山釣って帰るんですよ。」とのこと。
それじゃ・・・ということで・・・
a0056140_4161615.jpg
「オトリを3つ、下さ〜い」と言うと、「どれでも元気が良いのを持って行って♪ この川はオトリが元気じゃないと釣れないから。」とおっしゃって、快くオトリを分けて下さいました。
「また藁科川か興津川でお会いしましょう。」とおっしゃっていましたが、案外、次回お会いするのもこの川になりそうな予感がします(^-^;
TOMさん、元気な天然オトリをありがとうございました(⌒-⌒)/☆

鮎もたくさん見えたし、釣れる気マンマンで上流のポイントへ入った私達。
a0056140_4172288.jpg
トロ場に鮎がいるなら、瀬や落ち込みの深みにもいるでしょーーーと、そういうところ狙いで釣り始めた私達。

Takeちゃんは、すぐに1匹目をゲットしました☆
a0056140_16391660.jpg
これは幸先いいぞ〜と思ったら、次は「ボウズハゼ」。
その次も、またその次も、・・・・・・で、なんとボウズハゼ 7連チャン
「ボウズハゼの釣り方がわかった!」と断言出来るくらい、ボウズハゼの猛襲に遭って、戦意喪失して午前中の釣りを終えました。

私は落ち込みの深みをやったのですが反応がなく、その上の瀬で小さい天然ちゃんを掛けたのですが、例の中指をかばっているせいで、またキャッチ出来ず・・・。
今日はソリッドからチューブラーに換えてきたので、掛かりも浅かったのかなぁ…。
まっ、午後から頑張ろう♪

河原に降りて、ま〜ったりとランチタイムをとりました。
家から3時間、初めてのルートで来たので緊張しましたが、お天気に恵まれて美しい景色を楽しみながら来れたので、運転をしてきたTakeちゃんもご機嫌なドライブだったようです。
ただ、帰りの運転もあるので、今日は余力を残そうと思い、午後からの釣りはほどほどに・・・と、あえて力を抜いて釣りをし、ビデオ撮影とかをしていたようです。
a0056140_172634.jpg
そんなTakeちゃんの気持ちをよそに、私は「このままでは、美味しいと評判の鮎が、食べられなくなってしまう〜(;д;)」と、なんとか釣りたいと思っていました。
手元には、午前中温存していたTOMさんオトリが一匹います。
Takeちゃんも言ってたけど、TOMさんの鮎は逆さ針が1ヶ所しか切れてなくて傷が小さい・・・と。
釣れない私とは、繊細さが全然違います。
私が誰かから、「オトリを分けて」って言われても、私のオトリじゃ恥ずかしくて見せられないわ・・・。

そして午後一、その元気なTOMさんオトリで、せっかく瀬肩で掛けた良型の鮎を、また目の前でポチャッと落としてしまいました。
やっぱり無意識に中指をかばっているのです。
「逃がした魚は大きい」と言いますが、その鮎は「大きいし、とても美味しそうでした」(;д;)

その後、瀬肩から瀬を釣るも反応がなく、上の画像のような「鏡のトロ」を釣り始めたところ、ようやく1匹ゲット出来ました☆
a0056140_1711163.jpg
今度は中指も意識をして、慎重にキャッチ出来ました♪
そして、このオトリで上飛ばしをしたら、次のが良いアタリで掛かりました☆
a0056140_1714278.jpg
午後一の逃げられた鮎よりは小さいけど、綺麗な鮎ですね〜。
ここでようやく気がつきました。 
今日、この川で掛かるポイントは「鏡のトロ場」だということに。
(気付くの、遅過ぎっ!( ̄  ̄メ))
そういえば、下流の釣師は皆、そういうところを釣ってたでしょう?
TOMさんも瀬肩のトロ場に立ってたし・・・。
裏をかいて、瀬を釣ったり、落ち込みの深みを狙ったりした私達が間違ってましたm(_ _)m
やっぱりどの川も、川によって癖とか傾向とかがあるから、そういうのをいち早く会得するのも大事だと痛感した次第です。

その後、鏡のトロで2匹追加しましたが、その一帯では釣り返しがきかず・・・。
(「釣り返しは効かないよ」とTOMさんからも言われてました。その通りでした。)
a0056140_1734936.jpg
最後に、午後一で良型をバラしたところをやってみましたが、何の反応もありませんでした。
これで、本日の釣り終了です。

帰りにKさんのところに寄ると、TOMさんの今日の釣果は、30数匹だったそうです!(◎o◎;) 凄〜い。。。
私達もこれに懲りず、再挑戦しに来たいと思っています。
それまで、天然ちゃん達、大きく育って待っててね〜っ\(⌒▽⌒)/☆








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-06-13 19:12 | 鮎釣り | Comments(16)

思いがけず、楽しい釣りが出来ました♪

6月4日(土)
6月1日に静岡県内の他の河川が鮎釣り解禁になりました。
選択肢は広がったわけですが、先週興津川でボウズになったにもかかわらず諸事情から、またもや興津川に行くことに・・・。
しかし、腰が重かったですよ。
釣れるアテはまるで無し。 
いつもならオトリを購入したら、早く釣りたくてウズウズするワタクシですが、今日は「いしがき小屋」で「ちょっと休んでっていい?」とベンチに腰をおろしてしまいました。
Takeちゃんが「承元寺の堰堤下に行こうかと思うんですけど…」と石垣さんに言ったら、「やめときな〜。下流に行っても全然釣れなくて、結局またオトリを買いにきて、上のほうに釣りに行くって感じだから。」
ーーー確かに、下流はどこもガラガラだものねぇ。。。
「では、どこに入ったらいいでしょうか?」という私達に、「和田島あたりが良いと思うよ。」と。
そこにいらっしゃった他の釣り師の方も、「和田島の橋の上に鮎がいっぱい居たよ。」とおっしゃるし、先日漁協が追加放流をしたので、今まで追わなかった鮎も追いが活発になってきたらしいです。

と、いうわけで、素直にアドバイスに従い、『和田島』にやってきました。

和田島橋の上流は釣り師が入っていたので、下流に入ることに・・・。

そこも2人の釣り師がいたので、その方達を避けて釣り始めましたが一向に掛かりません。
隣りで釣っていた方から、「どうかね。」と聞かれたので「全然釣れません。先週も茂野島でボウズだったんですよ。」という話をしたら、掛かるポイントを教えて下さいました(^-^;

そのおかげで待望の1匹目が釣れました☆
a0056140_18184342.jpg
野鮎がゲット出来ると、次が早いです。
2匹目は良型でした☆
a0056140_1817509.jpg

順調に4匹釣ったところでTakeちゃんが下流から戻ってきたのでランチにしました。
いつもならランチを食べている間にポイントを取られてしまうのですが、今日は誰も来ません。
いいですね〜、いつもこのくらいの混み様だったらいいのに・・・。

そして午後からは気温も上がり、掛かりも良くなってきたようです。
a0056140_17155257.gif
Takeちゃんも順調に釣れているようで、途中からは右手にビデオカメラを持ち、左手で竿を持ちながら、ビデオで自撮りしながら「ビデオを撮ってると掛かるんだよね!」と言いながら釣っていました( ̄▽ ̄;)
先週、あまりに釣れなかったので、今日ぐらいに釣れると気持ちに余裕が出てくるんでしょうね(⌒-⌒)

私も釣れた鮎を、近くで水遊びしていた子供達に持たせたりして、余裕、余裕♪
a0056140_17231289.gif
とはいえ、中指の骨折が治っていないので、引き抜きで失敗しても良いように河原でキャッチするように心がけていました。
意識して引き抜きをしていたので、キャッチミスも一度だけで済みました。ホッ♪
a0056140_1757153.jpg
ただ、あとで思ったのですが、次回の釣りからはソリッドではなく、チューブラー穂先に戻して釣ろうかと…。
ソリッドがコントロールしにくいわけではなく、チューブラーでの釣りのほうが私には合っているのかも・・・と、なんとなくそんな気がしたわけです。
「原点回帰」してみようかと・・・。
ダメなら、またソリッドに戻せばいいわけですから・・・。 

そして、3時を過ぎたあたりからは、パタッと釣れなくなりました。
それでも釣れた時間があったおかげで、今日は久しぶりに楽しい鮎釣りが出来たな〜という満足感が…。
今まであまりにも釣れなさ過ぎたので、二人揃ってツ抜けしたぐらいでも、楽しいって思えちゃうんですよねー。
帰ってからもルンルンで、釣った鮎を明日干せるように、干物用に仕込んじゃいました(^-^)
a0056140_1864212.jpg
来週も楽しい鮎釣りが出来るといいな〜。








.
[PR]
# by hototo-gisu | 2016-06-05 22:51 | 鮎釣り | Comments(6)