~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
料理、日本酒、ワイン
鳥猟、エアー・ライフル
自然
と或る日常のこと
ジムニー&エッセ・カスタム
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ちゃぼさん こんにち..
by hototo-gisu at 22:51
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 22:33
お久です 此処に書くこと..
by ちゃぼ at 13:16
あいちゃんの動画で和ませ..
by kai at 10:43
>鮎猫さん こんばんは..
by hototo-gisu at 21:15

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ウェブページ翻訳

画像一覧

ちょっと、凹んでいる時には・・・

a0056140_20575970.jpg楽しい想い出の写真を眺めると、脳に
○○波が現れて、心が癒されるという。

初めて”ハンティング”という言葉を
聞いた時は、(なんて、野蛮なことを
するのだろう。)と思った。

・・・がある時、猟犬のポインターを
散歩に連れて行った時のこと。

私の前を歩いていたアン(その猟犬の
名)が、小高い丘の斜面のボサの前で
立ち止まったかと思うと、シッポをピーンと
立てて、頭を低くし、キッとした面持ちで
ボサを睨んだ。 そして、今度は私を見て、
「早く来て!」と、目で訴えているのが
わかった。
その気迫から、(これがポイントなのかな)と思った。

当時、猟のことはナ~ンも知らなかった私だし、「私は鉄砲、持っていないのに・・・」と、
のろのろとアンに近づいた。 その間、ボサと私の顔とを繰り返し見ていたが、
私がアンの後ろに立ち止まったその時、アンがボサに突っ込んだ。

すると、物凄い羽音とともに、キジのオスがボサから飛び立った。

私はそれまで犬を飼った経験がないので、犬がこんなに利口だとは知らなかった。
アンは、私がそばに行くまで、キジが飛ばないように睨みをきかせていたのだ。
そして見事に私にキジを見せてくれたのだった。

私が銃の所持をするキッカケは「キジが食べたい」からだったが、ハンティングの
素晴らしさは、自分の猟犬と心を通わせて、野生の獲物を追う醍醐味だと思う。

私が初めて飼った猟犬が、この「チェリー」だった。
アンのようなポインターが欲しかったが、当時北国に住んでいたので、ポインターだと
寒さに弱いので可愛そうだということで諦めた。 セッターも良かったが、ポインターが
「アッケラカン」とした性格なのに反して、セッターは、ちょっと性格が暗い。(ゴメン!)
いや、非常に繊細だし、鳥の捜索も丁寧なので、いいにはいいのだが、私は自分が
ネクラな性格だから(?)、セッターは、自分と同じようで、見るに忍びないのだ(笑)。

ある年の5月、サクラマス釣りに行った先の旅館のご主人が、フランス・ブルトンという
種類の猟犬を飼っていて、ちょうど子犬が産まれたばかりだった。
7,8匹いたうちの1匹が、私の胸に這い上がってきて、オッパイを探すしぐさをした。
「これこれ、私はお母さんじゃないのよ、オッパイだって、小さいしねっ!」といいながらも、
(絶対、この子を育てたい!)と思ってご主人にお願いし、3ヶ月経ったらつれて帰ることに
決まった。
サクラマス”Cherry Salmon”にちなんで、「チェリー」と名付けた。
猟期は11月15日解禁で、チェリーはまだ生まれて6ヶ月だったが、血統がいいのか、
訓練が良かったのか、すでに、ポイント、突っ込みも上々だったし、銃癖もないし、
後は、半矢のキジの捜索と、回収をどれだけ実践でやってくれるか・・・だった。
ブルトンは、セッターやポインターに比べて随分、小柄な犬である。
ましてや、まだ6ヶ月なので、結構重いキジをくわえて、私のところに持ってくることが
出来るのだろうか・・・と思っていたが、解禁になって、そんな懸念はすぐに吹っ飛んで
しまった。
まだ6ヶ月とは思えないほどの芸をたくさん見せてくれた。

当時住んでいたところは、銃禁との境で、キジも家のすぐそばに何羽もいた。
訓練するには最高だったが、ある日の朝。。。。

朝、起きたらチェリーが小屋から離れて、いなくなっていた。
呼んでも、全然、気配がない。
その頃、猟が楽しくて、猟欲が強くなっていたので、きっとセルフハンティングに
行ったんだと思った。
しばらくたって戻ってきたが、私の顔を見たとたん、「シマッタ~!」という表情で、
人間の子供と同じで、いたずらを見つかって怒られる時に見せる感じそのものだった。
本人は充分反省していたんだと思う。 ちょっと下向き加減で、シュンとしていた。
でも、私はすごく心配していたので、チェリーの両頬を手ではさんで自分の顔の正面に
向け、ついつい、くどくどと説教をしてしまった。
その後、猟に出掛けた。 2人で猟をして、犬もそれぞれの犬を引いていたのだが、
その時に限って、車を私が移動させる為、チェリーをそのままにして車の方に戻った。
いつもなら、2頭でそのまま猟を続けるのだが、チェリーは今朝私に叱られたことが
頭に残っていて私を探そうとしたのか、あるいは、猟欲が強くて、道路の向こうの
キジを追おうとしたのかわからないが、道路に飛び出して、大型トラックに撥ねられて
死んでしまった。
ブルトンは小さいので、運転手も、猫か何かぐらいにしか思わなかったのだろう。
これが、ポインターやセッターだったら、トラックでもブレーキを踏んだかもしれない。

私にとって、チェリーは本当の子どものようだった。
鉄砲もやめよう・・・と本気で思った。
なぜ、あんなふうに叱ったりしたんだろう・・・。
なぜ、車に戻る時に、チェリーも一緒に連れて行かなかったんだろう・・・。
考えることは、チェリーのことばかりだった。

ニコルさんのところのメイちゃんが亡くなった時、ニコルさんの気持ちが
痛いほどわかった。
ニコルさんも、自分を責め続けていた。
あの時の私と一緒だった。 
ニコルさんに初めてメールをした。 それが今の交流のきっかけになっています。

チェリーは短い生涯だったけど、猟犬として生まれて、早くから、他の犬の何倍も
キジやヤマドリに出会って、一緒に野山を駆け巡って、楽しかったよね。

チェリー、 いつかまた私が散弾銃を持つ日がきたら、きっと一緒に猟をしようね!
きっと生まれ変わって、私のところに戻ってきてね!

今日は凹んだことがあったけど、チェリーのことを思い出して忘れることが出来ました。
ありがとう、チェリー。
[PR]
# by hototo-gisu | 2006-01-05 22:59 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(9)

新春の初富士です。

a0056140_1834426.jpg元旦は見れなかったし、
昨日も雨だったし・・・
今日も先程まで雲に
隠れていたが、
コーヒーを飲んで
いる間に、姿を
現してくれました。

・・・が、ケイタイのカメラの限界か、風が冷たくて手が震えていたからか、
画像まで震えているように見えますね!
でも、こんな画像でも、2006年1月3日の大切な思い出。

明日は、仕事始めです。
オフには、頭をカラッポにして遊びに打ち込めるように、仕事にも全力投球で
立ち向かいます!!
(そのくらい”気合”入れないと、仕事にやる気が出ないんだも~ん!)
[PR]
# by hototo-gisu | 2006-01-03 18:22 | 自然 | Comments(0)

鴨の燻製、出来上がりました♪

a0056140_19462140.jpgクリスマス・イヴに香辛料をモミモミ
してから今日で10日。
同じ方法で作ったはずなのに、
出来上がりがビミョーに違うので、
ちょっと不安な私・・・

脂のノリのせいか・・・
やっぱり、一工程忘れてしまったのか・・・
オッチョコチョイな私だけど、忘れては
いないと思うんだけどなぁ。。。

そう、この皮のところに黒いブツブツが
現れるはずなのだけど・・・まぁ、無い方が
見た目は美しいのですが。→

この見た目に美しい方を、ニコルさんのところに「里帰り」させてあげようと思う。
――が、しかし、一工程忘れたがために、味がボケてしまっているといけないので、
もう1羽の胸肉も少し付けて送ろうと思います。

お味は、一言でいうと、「鴨のハム」ってところかな。
ただ、美味しいからといって、食べ過ぎると、あとで胃が重くなるので気をつけようっと。
野生の肉はブロイラーと違い、肉が締まっているから満腹感が大きい。
薫煙もかかっているから、日持ちがする上、日が経ってからの方がかえって
美味しくなるような気もする。
この作り方だと、あらゆる皮と肉が無駄なく食べられるのですが、鴨の骨をガツガツ
かじる姿は、人前では、お見せ出来ませんね!(笑)

そうそう、DVDのお礼に、たけちゃんにもお裾分けしないと!
野生の鴨って初めてだろうから、大丈夫かなぁ・・・
[PR]
# by hototo-gisu | 2006-01-02 20:28 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(10)

謹賀新年! 2006年のスタートです。

a0056140_20494822.jpg朝のうちは曇っていたが、次第に晴れて
風もなく暖かな一日となった。

近くの神社に初詣に出掛けた。
空気が澄んで、鳥の鳴き声が
爽やかで、心もピーンとした。

おみくじは「小吉」。
「我が心、すべてのことに励みなば
悪しきは良きに立ち代わるらん」

今年はエアー・ライフルも持てるし、
猟も始められるが、何事にも
慎重に、用心を忘れずに励みたい。
[PR]
# by hototo-gisu | 2006-01-01 21:10 | 自然 | Comments(2)

今年も一年、ありがとうございました。

a0056140_19342436.jpgあっという間の1年だったが、
良~く思い出すと、いろんな事が
あった・・・

どんな出来事も私という人間の
カケラのひとつ、ひとつに
なっているのかな。。。
この一年で私の心の持ち様が
大きく変わったことは確かです。

ブログを始めてからは、
他の誰から認められなくても、
自分で自分のしたことを
ちゃんと頑張ったんだねって
労ってあげる事が出来るように
なりました。
それまでは、私なんて取るに足らない、
生きる価値さえない人間だと思っていたので、生きているのが辛かったのです。

「こんな私ですが、支えてくださってありがとうございます」って、皆に伝えたいです。
年は変わっても、私は変わらずに、一瞬一瞬を大切に生きていきます。

来年も皆が元気で、良い年でありますことを、心からお祈りして・・・

ほんとうに、今年一年、ありがとうございました。
[PR]
# by hototo-gisu | 2005-12-31 20:31 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(2)

美味しい物は、一人で食べるのはもったいないし・・・

a0056140_21523150.jpg特に鍋物は一人じゃ味気ない。

先日、警察の面接の時に
「緊急時の連絡先は?」と
きかれ、叔母の名前と連絡先を
伝えたが、実はまだ叔母には
銃の所持免許についての
話をしていなかった。
その面接の後にあわてて
電話で報告したら、

「また、何でそんなこと始めるの?」
と、批判的なお言葉・・・
いいトシをした私にいまさら
やめなさいとも言えず・・・ってトコかな。

そんなわけで今日は、アコウダイの鍋材料とワインを引っさげて、ご機嫌取り(?)に伺った。
「鮎釣りのお友達からアコウダイを頂いたんですよ♪」
「まぁ、アコウダイって有名よね! 美味しそう・・・」
「今日は二人で忘年会しましょ~~」
と、銃免許のことには触れずに、カンパ~イ!!

「アコウは、鍋が最高!」と友人から言われたが、まさに、おっしゃる通り!
叔母も、終始ご機嫌で、「美味しい!」と繰り返していた。
「叔母さん、今度は、美味し~い天然の”鴨鍋”をご馳走するから、楽しみにしてね。」
「事故とかに気をつけるのよ!!」
シメシメ、これで無事に了承を取り付けたということで・・・☆

ワインも入っているし、ついでに・・・
「あのねぇ~、乗用車じゃ山道走れないから、軽のジープでも買おうかと思うの。」
「そうねぇ、○ちゃんみたいにしょっちゅう山に行っているんじゃ、必要かもねぇ。」

そうか、そうか、やっぱり必要か・・・
よしよし・・・前向きに検討しよう♪ 
人生、一寸先は闇ならば、出来ることは先延ばしにしないで、今やるしかない。
[PR]
# by hototo-gisu | 2005-12-30 22:31 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(2)

メデタイ、 目出タイ??? アコウダイで~す♪

a0056140_20234668.jpg

クリスマスの日、秋田の親友(兼、山女魚釣りの師匠)から電話がかかってきた。
「今、何してる~?」
「雑誌読んでたの。」 ←銃砲店から山のように借りてきた『狩猟界』という月刊誌
「あのさぁ~、○ちゃんに、ものすご~く、恥かしい頼みがあるんだけどさぁ~」
「恥かしいって、ナッ・・・なぁに?・・・」 ←内心、あせるワタシ・・・

「実はさぁ~、ここのところの大雪で、市場に魚が無いのよ~。 魚、食べたくてさぁ~。
オレがこんなこと頼むなんて、考えられないだろう? そのくらいスゴイ雪なわけよ~。」

そりゃそうよねぇ。 釣具屋やって船の手配もしているから、いつも魚を送ってもらって
いるのはこっちのほうだもんね!

「任せて~!! 今から市場に行って、送るから待ってて~!」

その前に、マリーナ勤めの友人に電話して、新鮮な魚が入手出来るか聞いてみた。
「海が荒れてるからねー。 水曜日に船が出せて、魚が獲れたら連絡するよ。」
「水曜日? 緊急を要しているみたいだから、今回はいいです。ありがとうございます!」

バスで魚市場まで行き、いろいろ見繕って送ってあげた。

――― そして、今日は仕事納め。
会社の大掃除が終わったところで、マリーナの友人から電話がかかってきた。
「魚が獲れたから、持って行ってあげるよ、1匹だけど・・・」
「ありがとうございます! この寒さだし、自転車だから、ビニール袋でいいですよ!」

で、届いたのが、コレ↑
「アコウって言うんだよ。 タイの仲間。 深海魚なんだ! 深さ600メートルかな・・・
だから目が飛び出ているんだよ。」
そこへ私の上司が・・・
「オッ、アコウダイか! キンメより、美味しいんだよな。」
「そうです。 鍋が最高かな!」
a0056140_20552512.jpg私は、魚1匹だというのは、てっきり、
「イナダ」か、「メバル」のことだろうと
思い込んでいた。
”ビニール袋で持って来て”なんて、
失礼なことを言ってしまった!

鍋は明日のお楽しみにして、早速、
お刺身と煮魚で食べてみた。
新鮮過ぎるので、刺身にするには
まだ早かったみたい。
カブトとアラは、もう、メチャウマ!! 
飛び出ていたお目目も、煮ると、
くぼんでしまうんですね。
ほっぺたの身が、歯応えがあって
魚の身にしては、初めての食感
だった。 両頬とも、同じだったので
これはアコウの特徴だと確信した。

今の季節、「牛頬肉の赤ワイン煮込み」なんていうのが仏料理のメニューに
載っているのだろうが、「アコウダイの頬肉の和風煮込み」も美味しゅうございました。

こんなに美味しい魚を一人で食べているとバチが当たります。
明日は叔母さんのところにも、お裾分けしてあげようっと☆
[PR]
# by hototo-gisu | 2005-12-29 21:31 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(0)

「ニコンの、レンジ・ファインダー400ありますか?」

a0056140_2049383.jpg・・・と、銃砲店に聞いてみた。
「400は廃番になってね、600なら
7万円ぐらいであるけどね。500も
ゴルフ用にあるらしいけど・・・」

「エッ? 7万円?!!」

とんでもないわ~。
「レンジファインダーはニコンの400」
――と、教えて下さったダックハンティング
クラブのLuckyさんに、早速、泣きついた。
すると・・・「今、ヤフオクで出てますよ。」
見てみると、落札期限まで残り24時間!

ネットオークションなんて初めてだし、
『商品は米国からの発送』だなんて、
大丈夫かしら・・・

こう見えても慎重なワタシ・・・
まずは出品者のこれまでの評価をチェックし、支払方法なども慎重に調べ、
必要な手筈を整えてから、入札に挑んだ。
最初の価格は、23,900円だったが、すでに値が上がっていた。
「26,400円」で入札した。 私の他に3人が参加しているらしい。
期限は次の日の夜、11時36分だった。
11時過ぎても、私の指値を上回る入札がなかったが、ギリギリでどんでん返しが
あるのでは・・・と、気が気ではなかった。 でも、やるだけやったし・・・という、
変な満足感があって、ダメでも悔いはないな~と思いながら、11時37分が過ぎた。
入札画面が消え、別の画面をチェックしたら、私が落札したことが表示されていた!

やったぁ~~♪

今日、ようやく国際郵便で到着した。
もう外は暗いので、性能のチェックは明日の朝にしようっと♪
説明書には、日本語がないが、どうやらヤードだけではなくてメートル表示も
出るみたい。 想像より、はるかに小さくて、はるかに軽い!!
もともとゴルフで残り何ヤードか測る為に使うものらしい。
これには「ニコン440」と表示してあるが、メートルだと400なので、これぞ
Luckyさんおすすめの、「ニコン400」!!
これで正確に距離を測って、スコープの目盛りを合わせて、引き金を引く。
アバウトな私の性格からは、想像出来ないようなライフルの世界・・・

でも、これを突き詰めると、鴨さん達を苦しめることなく”ご昇天”させて
あげられる。 美味しいお肉(命)をいただくかわりの、せめてもの
気遣いだと思って、腕を磨かなくては!!
[PR]
# by hototo-gisu | 2005-12-26 21:36 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(0)

Merry Christmas! 鴨さん達と一緒に☆

a0056140_20341371.jpgクリスマス・イヴには鴨料理に
しようっと♪・・・と思っていたら
またもやテレパシーが通じたのか
ニコルさんから電話があった。

「連日大荒れの天気で、鴨が
定数獲れてますよ♪
カルガモ2羽送りますので
燻製、お願いしますね!」

そうそう、約束してたんだっけ!
2羽送ってくれたら、燻製にして
1羽は送りますよ~って。

クリスマス・イヴだし、他からは
贈り物もないから、これを勝手に
クリスマス・プレゼントだと思って
喜ぼうっと☆
a0056140_20431017.jpg
で、今日届いたので、毛を
むしろうと思ったら電話が・・・

「○○駐在所の者ですが、銃の所持許可
申請をされていますね。
その件で面接に伺いますので
宜しくお願いします。」

だって! まったく~、クリスマス・イヴで
出掛けてたらど~するのかしら!
ブツブツ・・・と思いながらも、面接を
受けた。

「車は?」 「レンタカー借りてます」
「ヤクザとの付き合いは?」 「ありません」

といった具合に無事、終了。
それから、鴨ちゃん達の毛をむしったが、どちらもメスみたいですね。
一羽は、画像のように、いっぱいドングリを食べていた。
脂もたくさんのっていて、美味しそう♪――と、ルンルンしながら
毛をむしっていたが、こんな姿を会社の人が見たら卒倒するかも・・・
「まさか、あの○○さんが・・・」って、思わないか!・・・アハハ♪
しかし、ニコルさん、凄すぎるぅ~ 1羽は頭と片羽、もう一羽は首と片羽に
しか、弾が入っていない。 急所をおさえてある名人技である。
弾は、6号ですか? レミントンの3Hマグナム?
散弾銃でこんなにキレイに鴨が獲れたら料理も楽ですね!
香辛料をまぶして(画像で黒っぽく見えるのは香辛料です)、
良~くモミモミして、マッサージを繰り返し、寝かせること約1週間。。。 
そしたらボイルして、燻煙をかけて・・・と。
「美味しくなってねぇ~~☆」とマッサージしながら願う。
こんな風に丁寧に自分のお肌も手入れすれば、少しはマシになるかも
しれないのに・・・  反省。

燻製の仕込みが終わったところで、友達の、そのまた友達のいとこのMさんが
興津川の風景を動画で撮ったDVDを届けにきて下さった。
来年の渓流解禁まで、これを眺めて心を癒そう。

鴨料理の定番、”Duck with orange sauce”を作って、CAVAを飲んだ。
心が休まる、静かなクリスマス・イヴが過ごせて私はとても幸せだと思う。
静かに、皆に感謝したい。 ありがとうございます。
[PR]
# by hototo-gisu | 2005-12-24 21:33 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(8)

この双眼鏡はスゴイ!!

a0056140_17301047.jpg残業続きで宅配便が受け取れず、
今朝、やっと届いた!

自慢じゃないけど、獲物を
見つけるのは得意な私。
猟にハマっていた頃は、走っている
車中から見る風景の残像で、
「アッ、キジがいた!」とわかった
くらいだ。

ある時は、「キジのオス!」と思い
Uターンしてみたら、「ヤマドリの
オス」だったということもあったなぁ・・・

人間も鍛えると、”第六感”が研ぎ澄まされてくるのだと思う。

そんな私も寄る年波に勝てず・・・
数年前から「白内障」だと宣告され(「まだ若いのに!!」と医者は慰めてくれたが)、
視力も落ちてきたので、せっかく第六感があっても、鳥を確認出来ないのでは
話にならない。 以前から、「いい双眼鏡=目が疲れない、良く見えるもの」を
欲しいと思っていた。
某HPのエアーライフル達人が、この双眼鏡を使って実績をあげているので、
どうしたら入手出来るかを教えて頂いた。
高価なので躊躇したが、今日手にして、そんな思いは吹っ飛んでしまった!
視野が広くて、はっきりと見える。 おまけに手振れ防止機能付き!

妥協して、わけのわからないものを買わなくて良かった。
素直に先人の知恵をお借りすることの大切さを、しみじみと実感した。
[PR]
# by hototo-gisu | 2005-12-23 18:02 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(8)