~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
自然
と或る日常のこと
料理、日本酒、ワイン
ジムニー、エッセ、ハスラー
鳥猟、エアー・ライフル
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:49
こんばんは(^^) 気..
by kai at 18:20
>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:02
あっ、気づいたけど、これ..
by よしよし at 18:33
>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:27

記事ランキング

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

検索

ファン

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

画像一覧

ブログジャンル

アウトドア
釣り

懲りない面々 〜チームやませみ〜 (;´ー`)┌

3連休だったのですが・・・最近、とみに物忘れが早くて、昨日の出来事を思い出すのが精一杯なワタクシですが、今回は2日目の藁科川のインパクトがあまりに強過ぎまして、あとの記憶がぶっ飛んでおります(^-^;
ハァ〜ッ。。。。。(;´ー`) 

とりあえず明るい話題として、Takeちゃんの「キンカ炉端風・オーブン&スモーカー」に新しい部品が加わりましたので紹介します♪
a0056140_15514620.gif
我が家の七輪は、金串が立てて刺せるように「穴」をあけてあるのですが、穴のない普通の七輪でも串が刺せるようにーーーという目的で作り始めた今回の部品は、なんと「モルタル製」であります。
これを七輪に載せるだけで、串刺しにした鮎を立てて焼くほかに、針金で作った上部が波立っている金具を挿せば、串焼きや焼き鳥用の棒を横に渡して焼いたりできるし、上部が平らな金具には焼き網を載せることが出来ますので、「遠火の強火」で調理することが可能になりました☆
実は、前回の「鮎の塩焼き」の後、「秋刀魚」も焼いてみたのですが、どうも「焼き網」がイカン・・・となりまして・・・(^-^;
それで今回の新部品の開発に至ったワケですが、まだまださらなる新兵器を導入しそうな勢いです。
ーーーというのも、川が不調で鮎が釣れないからかもね〜。
そのことが、TakeちゃんをDIYに駆り立てている一番の原因だと思います( ̄^ ̄)b

a0056140_16502647.jpg
9月15日(土)
先週は仕事もハードだったTakeちゃんは、今日はちょっと息抜きがしたかったみたいです。
午前中は一人で山に行って、栗を拾ってきました♪ 
しかし…台風で倒れたり、猛暑や日照り続きでまったく実を付けていない木も多くて、これだけ採るのも大変だったそうです。
鮎も栗も…年々、自然界は厳しい状況になってくるのでしょうか。

・・・さて、かたやワタクシですが…。
先週も良い鮎が釣れたので(って、数は釣れないけど)、なんとか同じような鮎を釣りたくて、あの手この手を用意して臨みました。

渇水で非常に追いが悪くなっているので、最初に使ってみたのは「ダブル蝶針」
この前、3本イカリを巻いていたら、ポロっと1本、針が抜けてしまったので、「ええ〜い、それなら、ダブル蝶針にしちゃお〜っ!」と、針の間隔も良くわからないけどテキトーに巻いて作ったシロモノであります。
先週ニコパさんが「ダブ蝶、使ってないの?」とTakeちゃんに聞いていたらしいので、きっと効果があるに違いない・・・と読んだワタシ。
ですが、結果は・・・ウンともスンとも言わず・・・。

それなら、これでどうだ!
・・・と、導入した次なる兵器は、「ヤナギ針」
去年だったでしょうか、よしよしさんに教えて頂いて使ってから、その効果は実証済みです☆
しかし・・・あまりに鮎が少なく、追いも悪い場合は、さすがのヤナギ針もお手上げなのでしょうか、全然掛かりませんでした。

で、しょうがないから6.5号のスピード3本イカリにしたら、ようやく釣れました♪
a0056140_17214036.jpg
針は関係なくて、ただの時合いだったのでしょうか?
でも、まだ(?)12時半だし…(^-^;

野鮎がゲット出来たところで、お昼休みにし、午後からTakeちゃんも一緒に鮎釣りを始めました。
a0056140_203097.jpg
引き釣りだか、泳がせだか、なんとも意味不明な感じの釣り姿ですが・・・
a0056140_2035582.jpg
2匹目が釣れ・・・。
すぐに3匹目も掛かったのですが、水中バレしてしまい・・・。
そうなると、次がなかなか釣れません。
約1時間後・・・
a0056140_2071554.jpg
ようやく3匹目をゲット☆
その後2匹追加し、今日の釣果は5匹となりました☆
どれもまずまずの型で綺麗な鮎だったのですが、氷で締めると、お腹部分に婚姻色が現れました。
いよいよ鮎も終盤戦になってきたのかもしれません。

「台風が来てるし雨が降りそうだから、濁る前に“藁科川”に行ってみる?」
「そうね、これがラストチャンスになったら、泣くに泣けないもんね〜」

というわけで、明日は藁科川に行ってみます♪

9月16日(日)
藁科川に出掛ける前に、スー師匠とよしよしさんに電話をしたTakeちゃん。
どうも藁科川は想像以上に厳しそうです。
でも興津川だって同じようだし、昨日も言ったように濁る前にやっておかないと、後で後悔するもんね(^-^)b

ーーーと意気揚々と出掛けた私達でしたが・・・

久しぶりに見た藁科川は、超〜渇水状態でしたが、至る所に砂が流入していて淵という淵が埋まり、石が減っていました。
渇水していたので石や水中の様子は見やすかったのですが、鮎の姿は全然見えませんでした。
「炭焼き」の瀬も、二人して双眼鏡で鮎の姿を探しましたが、一匹も見えず…。
なんだか川全体に“生気”が感じられないのです。

川の荒廃ぶりにショックを受けながらも、かろうじて鮎師で賑わっていた『八幡』で竿を出してみることにしました。
a0056140_217175.jpg
『八幡』は私が初めて藁科川に来て鮎を釣った思い出の場所です。
その時に釣れた“紫色を帯びた青い鮎”の美しさに感動したことを、昨日のことのように思い出しました。
でも、目の前の流れは大きく変わってしまって、その時の川の面影は、対岸の小高い山の様子だけです。

なんとか『八幡』の鮎が見たくて、頑張ったのですが釣れません。
a0056140_21201874.jpg
私のすぐ上で釣っていらっしゃる方が2匹掛けたのを見ました。
だから鮎がいないわけでは、ないのでしょう。
でも、目をこらしても鮎は見えないし(小さい鮎が群れになって移動しているのは見ましたが)、オトリ鮎も頑張って上に泳いでくれていましたが、全然釣れず…。
なんとか1匹だけでも・・・と針を替え、場所も変え・・・その方の真似をしてみたりしたのですが、やはり釣れませんでした。
Takeちゃんもダメだったそうです。
こんなことなら、その釣れていた方に釣れた鮎を見せて頂けば良かった…と後悔しました。

前回もボウズで撃沈し、意気消沈して、「もう藁科川に来たって、私達に釣れる鮎はいないから来ない!」って思ったのに、「喉元過ぎれば、なんとやら〜」で、また同じ目にあうなんて、私達って、ホント、「懲りない面々」だね〜 (;´ー`)┌

と、そんな事を私が言っているのに、
「次に来るのは『納竿会』かぁ〜」と、Takeちゃん。
「『納竿会』って、藁科川でまた釣るってこと〜?!Σ( ̄□ ̄|||)」
「そうだよ。藁科川の鮎の顔を拝まないと・・・」
「無理よ、無理! 藁科川は絶対ムリ!! 私に釣れる鮎はいないって!」
「今年は玉川(中河内川)でも釣ってないなぁ〜」
「そうねぇ、こんなに釣れないんじゃ玉川でも一緒ね。いっそ玉川でも行く?」
「じゃあ、納竿会は『安倍・藁科川』で・・・ということで!」

ハァ〜ッ、ますます「懲りない面々」って言われそう・・・( ̄▽ ̄;)

それにしても・・・藁科川を見て暗澹たる思いになりました。
もう、背中の青い鮎に会うことは、かなわぬ夢になってしまいそうです。

9月17日(月)
2日続けて鮎釣りをした疲れなのか、昨日の藁科川のことが原因なのか、今日は身体がだるくて、たまりません。
でも、憂さを晴らすかのようにTakeちゃんは朝からDIYに燃えていました。
a0056140_22263675.gif
「秋刀魚」を焼くには、普通のメッシュ網では皮が引っ付きやすいということに気付いたTakeちゃん。
昨日、藁科川で早めに上がったので、帰りがけにホームセンターで「縦スリット」の取っ手付き魚焼き器を入手し、新たにTakeちゃん特製の魚焼き器をブリキで作っていました(⌒▽⌒) コンパクトな折りたたみ式です。
a0056140_2242080.gif
そして、なんと、さらに改造し、耐熱塗料でシルバーに塗り、上蓋を持ち上げる取っ手や、焼き具合をチェックする“のぞき窓”まで作って、元がブリキとは思えないし、市販品にも見まがう出来映えではありませんか(゜o゜;)

a0056140_22475345.jpg
私はというと、Takeちゃんが採ってきてくれた栗を2日間かけて煮て「マロングラッセ」を作りました♪
本格的なマロングラッセは煮るのに5日以上掛けるそうなので、私のは「マロングラッセ風」と言うのが正しい言い方かもしれません…。
採ってきた本人のリクエストにお応えして作ったので、とりあえず失敗しなくて良かったです(^-^;

そして今日は「敬老の日」ですので、「お赤飯」を炊いて、キクちゃんのところでお夕飯を食べました。
川や鮎も、そして自然もどんどん変わっていくし、自分も周りの人も皆、年を重ねるごとに変わっていきますが、決して変えてはいけないこともあるので、そういったことを心に留めながら、これからも生きていかなくては・・・と思いました。

最後はコジローのコーナーです。
コジローも相変わらずヤンチャで、なんでもカジカジと噛んでしまいます。
変な物を口にすると危険なので用心しているのですが、マウスのスクロールするボールの部分をクリクリ回されて、見ている私達もまさかそんなことで壊れるとは思わないし、面白がってそのままやらせていたら、ある時からスクロールが出来なくなってしまいました(泣)
コードとかも、すぐにカジるので、あちこち補強しています。
私のお手製の「スダレ橋」も、直したそばから「破壊活動」しますので、困ったものです。
a0056140_23265047.jpg
一つ壊すと、面白いのか、次から次に壊すので、今じゃこの「スダレ橋」は、ガタガタのボロボロになってしまいました(TεT;)
まぁ、女の子ですから、もう少し“おしとやか”になってほしいものですが、ワンパクでもいいから、たくましく育って欲しい・・・とも思う、複雑な親心なのであります。
[PR]
by hototo-gisu | 2012-09-19 07:45 | 鮎釣り | Comments(10)
Commented by ちゃぼ at 2012-09-19 11:40 x
こんにちは
TakeちゃんのDIYには脱帽です。
ヤフオクに出したら売れるね(^^

 藁科川で釣りしたことはないけど、よく通過してました(^^
どこへ?って? 山越えして、川根、千頭へ行くときです。
 途中、藁科川の上流分岐するところ、赤沢に入るとこに「ふるさと茶屋」ってのがありそこで、よく「おでん」を買って食べました。付け味噌がおいしくって・・・・味噌に惹かれて食べてたのかな?(^^;わざわざ「味噌おでん」だけ食べに行ったことも。
途中の「わらびこ」ってふれあいセンターみたいなのがあって日帰り風呂にも入ったような記憶があります。もう十年も前になるのかな~・・・・光陰矢のごとし(--;
相も変わらず、コジローがどんどんHotoさんに似ていく?(^^

魚のほうは、先日行ってきました。掛かった鮎はどれも大きく、22-23㎝くらいで抜くのがこわい(^^;
<針は魚が大きい分、大きめの針使ってます(7.5)>

Commented by hototo-gisu at 2012-09-19 16:22
>ちゃぼさん
こんにちは(⌒-⌒)
ちゃぼさんも、そろそろお友達と一緒に秋刀魚を焼くでしょ?
おひとつ、いかがでしょう?(笑)

おお〜っ、赤沢の「ふるさと茶屋」!!
私も藁科川に行った際には、必ず立ち寄ります。
新鮮な野菜が安くで売られているんですよね〜♪ 
実は今回も寄って、キュウリとオクラを買いました(^-^)
生産者が明示されているし、新鮮でホント、美味しかったです。
「わらびこ」のお風呂も、入ったことあるんですか(*_*)!
なにしろ午後3時までしかやっていないので(今もそうかな?)、釣った後に入りたくても遅過ぎちゃって…(T_T)

コジロー、全然似てませ〜ん! “おしとやか”なワタシに少しは似て欲しいものです。(爆)

魚って、ホームリバーのほう?
数は釣れなくても、大鮎とファイトするのも楽しいですよね〜♪
終盤も楽しみましょう\(⌒▽⌒)/☆
Commented by よしよし at 2012-09-19 21:22 x
おひさしぶりです。
あららっ、藁科ダメだったんですね~
たけちゃんに電話でレクチャーしたんだけど(^^ゞ効果なしか(笑)
今の藁科は、動き回らないと釣れないし、粘るなら鮎が居ると確信をもった場所じゃないとね。

今日、ちょこっと藁科を見てきました。
濁流になってましたよ。回復する頃にはシーズン終わりかな(笑)
これでいっそう興津川が激混みの予感。
Commented by hototo-gisu at 2012-09-19 23:03
>よしよしさん
ご無沙汰してます(⌒-⌒)
たけちゃんにレクチャー? ダメダメ、人の言う事聞かないから〜(爆)

藁科、やっぱり濁っちゃいましたか…。
また時間が掛かりそうですね…玉川もそうでしょうね…(泣)
興津川激混み? 
今までもそうでしたから・・・でもこれからは行楽客が少なくなる分、まだマシだったりして…( ̄▽ ̄;)
Commented by combatfox at 2012-09-20 18:21 x
急激な秋色で鮎も極端に追いが落ちたのでは?私自身もびっくりするぐらい突然の秋ですからね~(笑 今年は忙しすぎて栗拾いいけませんでした( ̄∇ ̄;)元栗林・・・現在、耕作放棄地ってのが私の借りている山の畑の裏にあるんですよ~w随分前に、放棄されたようでジャングル状態です。最初見つけたときは山栗かな?と思ったのですがあたりを散策したらどうも昔は栗畑だった痕跡がうかがえ、栗自体も明らかに栽培品種でした(暴  来年こそとりに行きたいな~w  TAKE様のDIYはなんだか本職じみてきた気がしますwDIYの域こえちゃってますよね~w秋刀魚が楽しみですねw
さてさてコジローちゃんですがヤンチャが激しくなってきましたね~wインコやオウムの仲間はカジカジは普通なのでしょうけど、あまりひどいようだと困りますよね~お医者さんやペットショップの方などと相談してカジカジおもちゃなんていうのもありかもしれませんね~とうもろこしをそのまま干したやつとか、良いのでは?理由があってかじってるんでしょうからね~猫の爪とぎと同じ感じかな~?
Commented by hototo-gisu at 2012-09-20 23:36
>combatfoxさん
猛暑続きでしたので、先週、川で彼岸花を見た時は(もう、そんな時期なんだぁ)って、ちょっとびっくりしました。
栗拾いもうっかりすると忘れてしまいそうでしたが、なにしろ川が不調なものですから、かえって良かったかも…。
combatfoxさんの畑の裏にある栗林、いいなぁ〜☆
近かったら私も採りに行きたいです(⌒-⌒)

今日、「新兵器」を使って秋刀魚を焼いて食べました!
すぐに火も起きるし、網に魚の皮もくっつかないし、網ごとひっくり返して焼けるので、すごく便利です。
近かったらcombatfoxさんにも食べさせてあげられるのに…(;д;)

コジローは、他のオカメちゃん達に比べて、まだ良い方かもしれません。
カジカジが強力過ぎて、怪我をする飼い主さんもいるみたいですし…。
ちなみに我が家の「コジローランド」は、カジカジしても大丈夫な素材で出来ているし、カジカジおもちゃも与えています。
嘴も伸びてくるらしいので、そういった硬いものをかじらせることも必要なんでしょうね。
でも、「すだれ橋」は壊れたままだと足を挟んだりするといけないので、明日、きれいに直そうと思っています(⌒-⌒)
Commented by kai at 2012-09-21 14:21 x
またもや新作の登場ですか!?
Takeちゃんの創作意欲は留まることを知らないようですね♪
この魚焼き器は燻製にも使えそうな・・・?

元気いっぱいのコジローですね☆
楊枝をくわえた渡世人みたいです(^m^)
Commented by hototo-gisu at 2012-09-21 22:26
>kaiさん
こんばんは(⌒-⌒)/
Takeちゃん、まだまだ作りそうです。
本人曰く、「トライ・アンド・エラー」だそうです(^-^;
折りたたみ式になっているので、手軽に燻製をするのにも使えそうですね♪

コジローはヤンチャで元気いっぱいです(⌒-⌒)
女の子なんですけどねぇ…名前がいけなかったんでしょうか(^-^;
Commented by cet6161 at 2012-10-02 14:33
初めまして,いつもブログを楽しく読ませていただいています
自分は渓流釣りをするのですが,ブログを読ませていただいてから
友釣りもいいな,と思い来年は友釣りを始めようかなと思っています
今度興津川で見かけたら声を掛けさせていただきます。
Commented by hototo-gisu at 2012-10-02 20:36
>cet6161さん
はじめまして、こんばんは(⌒-⌒)/
渓流釣りをなさっているんですねー。
私も最初は渓流釣りしかしていなくて、夏も渓流釣りをしていました。
でも、鮎の美味しさに目覚めてから、友釣りを始めたんですよ(^-^;
今年は静岡県内のどの河川も、鮎が不漁で残念でした。。。
来年は今年みたいなことがないといいんですけど…。
Takeちゃん曰く「渓流釣りと友釣りをすると、源流から本流下流まで、遊べるフィールドが広がって楽しいですよ♪」だそうです。
興津川で見かけたら、どうぞ遠慮なく話しかけて下さいね☆